1 : ◆SbXzuGhlwpak - 2021/09/27 19:03:03.81 FpkFq5Eu0 1/32

注意事項

・リメイク前の旧作(アルクGoodEnd + シエル先輩残留)を基準に書いています
 ただし話の本筋には関係ない小ネタでリメイクのネタが出てきます

・リメイク版のみプレイした人でも大丈夫な内容(コメディ)になっています

・資料を確認しながら書きましたが、新旧月姫の知識がごちゃ混ぜになっている状態です
 間違い等がありましたら申し訳ありません





「シエル。あなたはなぜ学校に通っているの?」

 ほのかに漂う甘い香りと、鼻をつくスパイスの匂い。
 口で味わう前に自然と鼻で味わってしまいながら、スプーンですくったカレーを口元に運んでいる時だった。
 そんな白い服でカレーを食べて大丈夫なのかという心配を「“任せて!”」と意気込んで答えたはいいものの、薬品の調合をしているかのような慎重と緊張でスプーンを操り、恐る恐る一口ずつルーを食べていたアルクェイドから飛び出た質問である。

「――――――――――」

 本当に意外だったのだろう。
 目をパチクリと見開いた先輩は、その驚きを口にしようとして――自らの口がカレーでいっぱいな事を思い出す。
 答える前に先輩は急いで口の中の物を咀嚼《そしゃく》し始めた。
 その仕草は上品ではなかったけれど愛嬌があり、リスみたいだと言ってしまえば怒られるだろうか。

 咀嚼を終えて呑み込んだ先輩は気を静めるように冷水を一口含み、ついで額《ひたい》に浮かんだ汗をハンカチを拭った。

 そりゃあ汗もかくだろう。かくいう俺も汗をかいている。汗は汗でも冷や汗だが。
 視線を少し下げればテーブルに並んだ食事が目に映る。

 ここはカレーショップ“メシアン”。
 このテーブルに居並ぶは先輩とアルクェイド、そして俺の三人。
 この三人でこの店に入ることになろうとは……!

元スレ
教えて! アルクェイド先生
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1632736983/

続きを読む