1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 21:59:14 WPYj+nWg0 1/26

見崎宅

恒一「凄い雨だね」

「台風だからね。榊原君びしょ濡れだけど大丈夫?」

恒一「少し寒いかも…見崎は?」

「ちょっと濡れたけど平気。榊原君の傘なんだから、自分が入らなきゃ駄目だよ」

恒一「入ってたじゃない」

「肩のとこだけね」

恒一「あれ以上入ったら見崎が濡れちゃうだろ」

元スレ
恒一「お風呂沸いたよ」鳴「うん」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340369954/

4 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 22:07:48 WPYj+nWg0 2/26

「くっつけば濡れないよ?」

恒一「そういう気分じゃなかったの。タオル借りるよ」

「…勝手にすればいい」ブスッ

恒一「何むくれてるのさ」

「別にむくれてません。ついでにお風呂沸かして来て」

恒一「はいはい」スタスタ

「…ばか」ボソッ

8 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 22:14:18 WPYj+nWg0 3/26

「…ふー」ノビー

「久しぶりに行ったな…学校。最近は榊原君と遊んでばっかりだったから」

「榊原君のお弁当食べれるなら、また行ってもいいかも」

「まぁ家で毎日食べてるけど」

「…雨止まないな」

「…榊原君まだかな」

「…」ボー

恒一「見崎ー? お風呂先に入る?」

「おそい」ギュッ

11 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 22:21:55 WPYj+nWg0 4/26

恒一「…見崎、僕濡れてるから。君まで濡れちゃうよ」

「どうせお風呂入るじゃない」

恒一「そうだけど…」

「一緒に入る?」

恒一「勘弁してよ…」

「…」ギュー

恒一「痛いって」

14 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 22:30:03 WPYj+nWg0 5/26

「…お先にどうぞ」

恒一「いいの?」

「一人でゆっくり入ってきたらいい」

恒一「…手、離して?」

「…」ジトー

恒一「はぁ…お風呂上がったら何でもしてあげるから」

「なんでも?」

恒一「ある程度のね」

「…特別に認めます」スッ

恒一「何をだよ…。すぐに上がるから、見崎も用意しててね」

「うん」

16 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 22:34:01 WPYj+nWg0 6/26

恒一「ふー…」チャプチャプ

恒一「学校行ったの久々だったな…少し疲れた…」

恒一「見崎と登校して、見崎と喋って、見崎とご飯食べて、見崎とお昼寝して…まぁ普段と変わらないんだけど」

恒一「…さっきのは少し冷たかったかな。でも甘やかすのは…駄目だよね」

恒一「…何言われるんだろ」

17 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 22:42:21 WPYj+nWg0 7/26

恒一「上がったよー」

「! じゃ、じゃあ早速…」

恒一「その前にお風呂。見崎も少しとはいえ濡れてるんだから」

「大丈夫」

恒一「大丈夫じゃない。入ってる間にご飯作っとくから」

「…はーい」シブシブ

19 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 22:47:46 WPYj+nWg0 8/26

恒一「――こんなもんかな」

「ただいま」トコトコ

恒一「お帰――って、何その格好!?」

「変?」

恒一「変ではないけど、Yシャツ一枚って…」

「下着は付けてるよ?」

恒一「そう言う報告はいいから! ふ、服持って来るから、じっとしてて」

「無駄だよ。全部濡れてるから、これ以外」

恒一「…マジ?」

「マジです」

21 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 22:52:50 WPYj+nWg0 9/26

恒一「じゃ、じゃあ霧果さんかお義父さんの服を…」

「ご飯出来てる? 食べよ」スタスタ

恒一「聞いてよ!」

「榊原君」ビシッ

恒一「な、何?」

「榊原君言ったよね? なんでも言うこと聞くって」

恒一「…はい」

「じゃあ一つ目。私の服装に文句を言わないこと」

恒一「…はい」

「じゃ、行きましょ」クイクイ

恒一(多分ここからが本当の地獄だなコレ…)

26 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:01:32 WPYj+nWg0 10/26

恒一(二つ目…食事は僕の膝の上でする)

「親子丼うめぇ」モグモグ

恒一「み、見崎? これ食べにくくない?」

「全然。はい榊原君、あーん」

恒一「あ、あーん」モグモグ

「美味しい?」

恒一「美味しいけど…作ったの僕だよ?」

「でも食べさせたのは私だから」

恒一「はいはい…」

「次は榊原君ね」アーン

恒一「もう…」

33 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:08:19 WPYj+nWg0 11/26

恒一「そう言えば霧果さんと天根さんは?」モミモミ

「霧果は工房へお仕事に、天根は畑の様子を見に行きました」

恒一「桃太郎かよ…」モミモミ

「んっ…榊原君、そこ、もっと強く…」

恒一「ここ?」グリグリ

「あっ…い、いよ…榊原君」ビクッ

恒一(三つ目はマッサージ…これはマッサージ)モミモミ

「あぅ…んっ、ふぁ…」ピクピク

39 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:18:58 WPYj+nWg0 12/26

「じゃあ次は…」

恒一「み、見崎。こんな時間だし、僕もう帰らないと」

「…帰るの?」

恒一「怜子さんも心配してるだろうし…」

「…」

恒一「…」

「…いいよ。またね」

40 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:24:03 WPYj+nWg0 13/26

恒一「えっと、明日もまた、お願い聞くから。あの、だから…」

「榊原君」スッ

チュッ

「…」

恒一「…」

「またね」ニコッ

恒一「…うん。また明日」

43 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:29:16 WPYj+nWg0 14/26

恒一(良かった…怒ってなかったみたいで)ルンルン

恒一(明日のお弁当は見崎の好きな物沢山入れてあげよう)

恒一「お邪魔しましたー」ガチャ

大雨「ようwwwwwwwww」ザー


恒一「…ただいま」ビチョビチョ

「お帰り。思ったより早かったね」

45 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:34:18 WPYj+nWg0 15/26

恒一「また風呂に入る羽目になるとは…」ホカホカ

「あの大雨の中帰ろうとする方がどうかしてる」

恒一「忘れてたんだよ…ていうか見崎知ってたなら言ってよ」

「榊原君が先に意地悪したんじゃない」

恒一「…もういいや。今日泊めて」

「今日は特別に――」

恒一「認めます?」

「…もう」

47 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:40:00 WPYj+nWg0 16/26

恒一「…あ、もしもし怜子さん? 恒一です」

怜子『恒一君? まだ帰ってこないと思ったら…』

恒一「すいません」

「…」ジー

怜子『まあいいわ。今はどこ?』

恒一「今は見崎の家です」

怜子『また? 変な事とかしてないわよね?』

恒一「し、してませんよ?」

「!」ピーン

51 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:43:54 WPYj+nWg0 17/26

怜子『で? 電話して来たのは何で?』

恒一「帰ろうとしたんですけど、雨が酷くて帰れそうにないんです。だから――っ!?」

「…ふふ」サワサワ

怜子『恒一君?』

恒一「い、いえ。何でもないです」
   「ちょ、ちょっと見崎?」コソコソ

「ん?」ムギュー

恒一「ん? じゃなくて…」

「四つ目。私に気にせず電話を続けて?」ゴソゴソ

恒一「ふ、服の中に潜り込まないで!」

53 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:47:31 WPYj+nWg0 18/26

怜子『恒一くーん?』

恒一「は、はい?」

怜子『どうかしたの? 服の中にどうとかって…』

「…」クンカクンカ

恒一「いえ、その…虫が服の中に入って…」

「む」

怜子『そう』

恒一「そ、それで今日は――」

「んっ」チュー

恒一「うひゃっ!?」

54 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:50:28 WPYj+nWg0 19/26

怜子『ど、どうかした?』

恒一「わ、脇腹を刺されて…」

「んちゅー」

怜子『だ、大丈夫?』

恒一「は、はい。これぐらい――」

「…あー」ペロ

恒一「だ、いじょうぶ…です」

怜子『?』

55 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:53:30 WPYj+nWg0 20/26

(しぶとい…)ペロペロ

恒一「そ、それで今日は見崎の家に…っ」

「榊原君…」ボソッ

恒一「み、耳元で喋らないで」ボソボソ

怜子『見崎さんの家に?』

「はむっ」

恒一「うわっ!?」

「(弱点みっけ)榊原君、榊原君…」ボソボソ

怜子『おーい?』

恒一「――きょ、今日泊まります! じゃ!」プチッ

59 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:56:46 WPYj+nWg0 21/26

「あっ…切っちゃった」

恒一「…みーさーきー」

「…」スタタッ

恒一「逃がさない」ガシッ

「っ! は、離して?」ボソッ

恒一「無駄無駄。さて、やっぱり甘やかすと駄目だね」

「榊原君?」ビクビク

恒一「…」スパーン

「ひゃうっ!?」

61 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/22 23:58:34 WPYj+nWg0 22/26

「お、お尻…」

恒一「…」スパーン

「ひぅっ」ビクッ

恒一「…」スパーンスパーン

「んっ! ぁうっ!」

恒一「反省した?」

「…し、してない」

恒一「…」スッパーン

(…アリかも///)ビクッ

65 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/23 00:02:45 lnA8EO0T0 23/26

恒一「これからは」スパーン

「う、んっ!」ピクッ

恒一「ああいう事したら」ペシーン

「あ…っ」

恒一「お仕置きだからね?」ペッシーン

「はぃ、っ!」


恒一「…手痛い」ヒリヒリ

「んっ…あ…」ピクピク

67 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/23 00:04:13 lnA8EO0T0 24/26

恒一「ふぁぁ…」

「もう眠くなった?」

恒一「うん…」

「(ま、いいか)じゃあ布団いこ」クイ

恒一「うん」

69 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/23 00:05:46 lnA8EO0T0 25/26

「榊原君、もっと詰めて」グイグイ

恒一「はいはい」

「腕枕」

恒一「ほら」

「ん。ぎゅってして」

恒一「…」ギュー

「ね。明日はどうしよ」

恒一「いつも通り…かな」

「そっか」ギュ

70 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2012/06/23 00:07:50 lnA8EO0T0 26/26

「Zzz」

恒一「僕より先に寝ちゃった…」ナデナデ

「ふにゅ…」スリスリ

恒一「…かわいいなぁ」

「さかきばら、くん…むにゃ…」

恒一「おやすみ、見崎」


happy☆end

記事をツイートする 記事をはてブする