1 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 13:32:38.92 2tGVvpEZO 1/20



ガチャッ

あずさ「おはようございま~す」

あずさ「……あら?すごく静か……誰もいないんですかー?」

あずさ「……鍵が開いてたから、誰かいるとは思ったけど……」

あずさ「とりあえず、だれか来るまでソファで待ちましょう」スタスタ

P「………………………」

あずさ「あ、プロデューサーさん!居たんでs……」

あずさ「……!!!??」

P「………………」

あずさ「ぷ、プロデューサーさん!?な、何で……」







あずさ「何で赤ちゃん頭巾を被って、オムツ一丁何ですか!?///」

2 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 13:37:39.09 2tGVvpEZO 2/20


P「………………」

あずさ「何なんですか!?その格好!?///」

あずさ「よく見たら靴下も履いてますけど……」

あずさ「けど、その格好じゃ風邪ひいちゃいますよ!?///」

P「………………」

あずさ「……ぷ、プロデューサーさん?」

P「………………」

P「ばぁぶー」

あずさ「!?」

4 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 13:42:10.50 2tGVvpEZO 3/20


P「マァマァ、マァマァ」ヨチヨチ

あずさ「……えっ!?えっ!?よ、ヨチヨチ歩き!?」

あずさ「というか、ママって……私の事ですか!?」

P「マァマァ、マァマァ!」ガシッ

あずさ「あ、足に抱きついて……」

P「マァマァ、あちょんで、あちょんでー!」キャッキャ

あずさ「……あ、遊んで、欲しいの?」

P「いにゃいいにゃいばー!いにゃいいにゃいばーちてー!」キャッキャ

あずさ「い……いないいないバー?」

5 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 13:47:00.24 2tGVvpEZO 4/20


あずさ「あ、あの……プロデューサーさん、どうしたんですか?」

あずさ「何か悪い病気にかかったんじゃ……」

P「…………………」

P「ううぅ〜………」グスッ

あずさ「!?」

P「ぅあぁぁぁぁぁあああん!!」ビエェェ

P「いにゃい!いにゃい!ばー!ちてぇぇぇぇええ!!」ビエェェ

あずさ「あ、あらあら、ご、ごめんなさい」アセアセ

あずさ「ほ、ほら、Pちゃん?いないいなーい……」スッ

あずさ「ばぁ〜!」ババァッ!

P「キャハハハハ!!」キャッキャ

あずさ(……よ、よかった、泣き止んでくれたわ)ほっ

7 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 13:51:37.47 2tGVvpEZO 5/20


あずさ(……プロデューサーさん、もしかして知能が退化してしまったのかしら……)

あずさ(きっと、どこかで頭を打ったとか、悪いもの食べたとか、黒ずくめの2人組に変な薬を飲まされたとか……)

あずさ(何かの原因で、いまの状態になってしまったんだわ……きっと)

あずさ(普段真面目に仕事をこなしてるプロデューサーさんが、こんな事を故意にするはずないもの)


P「もっきゃい!もっきゃいぃ!」キャッキャ

あずさ「うふふ、はいはい」ニコニコ

あずさ「いないいな〜い……」スッ

P(………………)

P(ぐひひ……まんまと引っかかってくれたようだな)

9 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 13:57:18.34 2tGVvpEZO 6/20


P(ここまでは上手く行ってるようだ)

P(目的の為に日夜仕事を真面目にこなすフリをしたり、あずささんと信頼関係を築いて来たお陰で、怪しまれていないようだ……)

P(ふふふ……もうすぐ……もうすぐなんだ)

P(あと少しで……あずささんの乳を吸えるんだ!!!)

P(ふふふ……油断してボロが出ないように、慎重に、少しずつ作戦を実行するぞ!)

P(………げへへ……楽しみだなぁ……)ニヤニヤ

あずさ「ばぁ〜!」BBAッ!

P「げヒヒっ……」

あずさ「えっ」

P「あっ……キャハハハハ!おもちりょーい!」キャッキャ

10 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:01:22.64 2tGVvpEZO 7/20


あずさ(……だけど、困ったわ〜……)

あずさ(こういう時ってどこに助けを求めたらいいのかしら……小児専門病院?)

P「……マァマァ〜」

あずさ「……あら?どうしたの?」

P「……膝枕ちてぇ〜!」

あずさ「え、えぇ!?///」

P「ぼく、寝みゅたくなっちゃった……膝枕ちてぇ〜」ウトウト

あずさ「……そ、そうよね、さっきので笑い疲れちゃったのね」

あずさ「じゃ、じゃあ……はい、どうぞ///」ポンポン

P「おぅ」トンッ

あずさ「ど……どう?気持ちいい?///」

P「うん、ボクすぐにでも寝れそぅ」スリスリスリスリスリスリスリスリ

11 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:05:05.08 2tGVvpEZO 8/20


あずさ「そ、そう、よかっ……」

P「ママのにおいとかあたたかさとか、かんしょくややこの水を弾くような肌ツヤ具合、最高だよマァマァ〜」スリスリスリスリスリスリスリスリ

あずさ「……ぴ、Pちゃん、ちょっとくすぐった……///」

P「スー……スー……」スリスリスリスリスリスリスリスリ

あずさ「あ……あらあら、寝ちゃったのね」

あずさ「……この隙に、律子さんに電話してどうしたらいいか聞いてみようかしら」

P「!?」スリスリスリスリスリスリスリスリ

12 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:09:35.10 2tGVvpEZO 9/20


P「お、おきた!おきたよ、ママ!」スリスリス……ガバッ!

あずさ「も、もう起きちゃったの!?」

P「う、うん!もうじゅうぶんすいみんじかんをかくほしたからだいじょうぶ!」アセアセ

あずさ「そ、そう……」

P「……あ、マァマァ?」

あずさ「なぁに?」

P「おっぱい」

あずさ「えっ」

14 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:14:56.58 2tGVvpEZO 10/20


P「ぼく、おなかすいたからママのおっぱいちゅーちゅーちたいのぉ」ムチュー

あずさ「えっ……えぇっ!?///」カアァァ……

P「わかんないかな?乳だよ、乳」

P「ほら、早く出ちて、出ちてぇ〜」ジーッ

あずさ「あ、あの……でも、私は母乳が出ないから……///」

あずさ「急いでミルクを買ってくるから、ちょっと待ってて?ね?」

P「…………………」

P「うっ…………」グスッ

P「うあぁぁぁぁぁぁぁああん!!」ビエェェ

P「ボクは、ママのおっぱいを吸いたいのぉぉぉぉぉおおお!」ウワァァン

P「あずさの乳を吸いたいんじゃあぁぁぁぁぁあ!」ビャアァァァ

あずさ「そ、そんな………///」

15 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:20:32.33 2tGVvpEZO 11/20


P「うっ……うっ……吸わせて、くれ、ないのぉ?」ヒックヒック

あずさ「あの……その……」

P「ボクが、こんな、に、飲みたいって、言って、る、の、に……」ヒックヒック

P「あずさは、ボク、に、乳、を、吸わし、て、くれ、ない、の……?」ヒックヒック

あずさ「うぅ…………」

あずさ(……どうしましょう……プロデューサーさんに授乳だなんて……///)

あずさ(……でも、今はプロデューサーさんは赤ちゃんなのよね)

あずさ(……そ、そうよね、今授乳をせがんでるのは、プロデューサーさんじゃ無くて一人の赤ちゃんなのよね)

あずさ(……うん!そうなのよね!よし!)

あずさ(三浦あずさ、女になります!)

16 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:27:09.71 2tGVvpEZO 12/20


あずさ「……わかったわ、授乳しましょっか?Pちゃん」

P「!!」

P(っシャオラァイ!!)ガッツポ

あずさ「じゃ、じゃあ、今からおっぱい、出しますからね〜……」ドキドキ

P(ヲホォッ、ヲホォホォオォォォォオ!)シュッポッポー

P(ついに、765プロ随一の乳を拝める時があぁぁあ!!)

あずさ「じゃ……い、いきますよ〜……///」ドキドキ

P(うぉぉぉぉぉおぉぇおおお!)ドキドキドキドキ










千早「何してるんですか」

P「何この凄いガッカリ感」

18 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:32:09.73 2tGVvpEZO 13/20


あずさ「あ……千早ちゃん」

千早「あずささん?何をしてるんですか?」

あずさ「えっと……授乳をちょっと……」

千早「早くそのホモサピエンスから離れてください」

P(くっ……千早が来るなんて、計算外だった!)

P(あずささん、玄関の鍵を閉めなかったのか……かといって、俺が締めるわけにもいかなかったし……くそっ!)

千早「春香に教わった知識が役立つ時が来たわね」カチカチ

P「あっ!携帯いじって……さては、緊急連絡ダイヤルに……!」

P「ま、待て待て!落ち着け千早!ストップストップ!」アセアセ

千早「触らないで下さい」

19 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:36:20.27 2tGVvpEZO 14/20


あずさ「ぷ、プロデューサーさん……元に戻ったんですか?」

千早「どうせこの人の事なんですから、あずささんを騙してただけですよ」prrrrr,prrrrr

P「うあぁぁぁあ!!110に繋ぐな!このペーパーマリオが!」スッ

千早「あっ……携帯を奪われた!」

P「こんな物で連絡するから犯罪件数がカウントされて、日本の犯罪件数が高まるんだぁ!!」

千早「貴方みたいな犯罪者がいるから増えるんです」

あずさ「それであの……プロデューサーさん?」

あずさ「その……さっきの赤ちゃんみたいな行動って……?」

P「………………」

千早「はぁ……黙りですか?そうやってその場を凌ごうとするなんて最低でs」

P「どうやら……」

P「2人には、俺の伝えたい事が伝わらなかった様だな……」

20 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:41:03.39 2tGVvpEZO 15/20


ちはあずさ「え?」

P「……あずささん」

P「あなたは、自分の事より周りを優先する所がある」

P「それはいい……あずささんの魅力であり、優しい個性だ」

P「それを否定するとは言いません……ただ」

P「あなたは、それを過剰に行い過ぎだ……優し過ぎるんだ」

P「もう少し、自分の意見や考え、主張を優先して前に出して欲しいんです」

あずさ「…………………」

21 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:45:36.69 2tGVvpEZO 16/20


P「それから、千早」

P「お前は、あまり周りと協調しようとしないよな」

P「その理由は、きっと1人で練習する時間を確保して」

P「自分の実力に磨きをかけようとしてるからだろ?」

P「確かに、1人になって練習する時も大事だ」

P「だが、それは大切な事を見失う事が多いんだ」

P「その大切な事を教えてくれたり、一緒に見つけてくれるのが」

P「仲間……つまり、俺達なんだ」

P「意固地にならずに、もっと俺達と一緒になって成長して欲しい」

千早「…………………」

22 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:51:11.89 2tGVvpEZO 17/20


千早「……あなたの言い分はわかりました」

千早「でも、それが今回とどう関係してるんですか?」

P「千早……あずささん……俺はですね」

P「もっと2人に、『童心』を思い出して欲しいんです」

あずさ「……童心……ですか?」

P「子供ってのは、まず素直だ」

P「自分がやりたいこと、したいことを何も気にせずに言うもんです」

P「2人には、その童心を思い出してもっと素直になって欲しいんです」

P「あずささん……あなたには、配慮や謙遜を気にせず、自分を主張して欲しい」

P「千早……お前は、意地やプライドを考えず、周りに助けを求めて実力を伸ばして欲しい」

P「俺は、2人にこれを伝えたかったんです」

千早「…………………」

あずさ「…………………」

23 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 14:56:17.46 2tGVvpEZO 18/20


P「……長々と語りましたけど、あずささん」

P「まぁ……あれですよ」

P「今の話は今適当に作った奴です本当はあなたの乳にしゃぶりつきたいだけです乳を吸わせてくださいお願いします!!!!」バッ!

あずさ「嫌です」

千早「仕事して下さい」

P「ウィーーーッス」スタスタ

P「……………」スタスタ

P「はぁ……俺の居場所はデスクだけか……」ストンッ

P「上手くいくと思ったんだがな……何がダメだったんだろ」カタカタ

24 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 15:01:11.25 2tGVvpEZO 19/20


P「あー、もう巨乳ならいいや、乳吸いてぇよ乳」カタカタ

P「はぁ……くっそー……」カタカタ

小鳥「……………」カタカタ

小鳥「……………」カタカ……

小鳥「……………」

小鳥「……ぷ、プロデューサーさん?」

P「はい?」カタカタ

小鳥「……は、はぁ〜い、Pちゃん?授乳のお時間でちゅよ〜?///」

P「!?」

25 : ◆p3yuNM37DY - 2014/12/09 15:05:46.55 2tGVvpEZO 20/20


小鳥「わ、私のおっぱいは、まだ新品で新鮮でちゅよ〜?///」

小鳥「たっぷり、ちゅ〜ちゅ〜ちていいんでちゅよ〜?///」ドキドキ

小鳥「じゃ、じゃあ今からおっぱい、出しまちゅね〜?///」ハギハギ

小鳥「飢えた野獣の如く、襲いかかって来てもいいんでちゅよ〜?///」ハギハギハギハギ…

P「小鳥さん………」










P「いい歳して何してんすか、口動かしてないで手を動かして下さいよ」カタカタ

小鳥「ウィーーーッス」カタカタ


記事をツイートする 記事をはてブする