4 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 17:33:31.57 zTavtj4EO 1/9

まゆ「…プロデューサーさん、抱きしめてください。」

P「えっ…?」

まゆ「まゆは…プロデューサーさんの体温が欲しいです…」

P「まあ、それならそれで良いんだけどよ…」

ギュッ

P「…暖かいか?」

まゆ「…はい♪」

「…あのー、プロデューサーさん?」

P「どうした、ちひろさん。」

ちひろ「事務所内でいちゃつくのは結構なのですが、出来れば人目のないところでやってもらえないかなーって…」

P「それもそうか、無闇に見せつける必要もないしな。んじゃ、仮眠室を借りますよ。」

ちひろ「1時間後には仕事ですから、手短にお願いしますね!」

元スレ
モバP「まゆ?どうした?」 まゆ「……」スッ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417336126/

9 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 17:41:38.99 MYhgN2beO 2/9

P「…まゆ、最近甘えん坊になったな。」

まゆ「プロデューサーさん、最近まゆにあんまり構ってくれないから…」

P「済まん…最近は仕事が立て込んでるしな。ほら、まゆも記念ライブに出るだろ?」

まゆ「そうなんですけど…プロデューサーさん、最近凛ちゃんにばかり構ってるように見えて…」

P「あー…そうだな。総選挙の覇者はここ最近が一番の大仕事になるし、どうしても面倒を見る人が足りないんだ。」

まゆ「むぅ…」

P「…そうだ、二人でまた組めばいいじゃねーか。」

まゆ「独り占めがいいんです…」

P「独り占めの件は…クリスマスから正月にかけて付き合うから、それまで我慢…じゃダメか?」

まゆ「お約束ですよぉ?」

P「ああ、約束する。」

コンコンコン
ちひろ(そろそろ時間ですよ!)

P「おし、行くか!」

まゆ「はぁい♪」

10 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 17:49:19.46 MYhgN2beO 3/9

P「ライブ直前で悪いが、セットリストを少し変更する。」

「え?」

菜々「そ、そんな急に言われても困りますよ!?」

P「いや、そこまで大きな変更じゃない。凛とまゆで1曲、タッグを組んで歌ってもらう。」

蘭子「記せし定めが歪むというのか?」(曲順も変わるんですか?)

P「ああ…具体的には、エヴリデイドリームをNever sey neverのすぐ次に。更に次が凛とまゆ、以降は順番にズレる。」

「杏にはあまり関係なかったね…帰っていい?」

P「ダメに決まってんだろ。その関係で、凛とまゆは本番まで二人で練習してもらうぞ。」

「わかった。」

P「んじゃ、コンビ結成の握手を頼むぜ。」

まゆ「……」スッ

「…よろしく。」ギュッ

11 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 18:02:44.34 MYhgN2beO 4/9

P「んー…意外と難しいな…」


まゆ「ハァ…ハァ…」

「ふぅ…まゆ、大丈夫?」

まゆ「ま…まだ、大丈夫です…」

マストレ「…佐久間、無理をしてないか?」

まゆ「いえ…大丈夫…です…」

マストレ「…ダメだ。今日はこれ以上やらせるわけにはいかんな。」

まゆ「でも…」

「…まゆ、焦ってない?」

まゆ「えっ…?」

マストレ「確かに、動きが力み過ぎてたな。佐久間、なにか不安でもあるのか?」

まゆ「…えっと…」

P「…もしかして、失敗したら俺が…とか考えてたか?」

まゆ「…はい…」

「…まゆらしいね。」

P「別に俺は失敗をグチグチ責めたりはしないぞ。それと、離れる気もない。」

「プロデューサー、結構甘い人だからさ。」

まゆ「…そう、ですね。」

マストレ「ふむ…少しテンポを落としてみるか。プロデューサー殿、音源の準備は出来るか?」

P「また難題を振りますね…なんとかしてみます。まゆ、焦んなよ!」

「ほら、プロデューサーもそう言ってるし。」スッ

まゆ「…はい。」

マストレ「だが、レッスンのペースはこれ以上落とせないぞ。明日からは気合を入れて励んでもらおう!」

まゆ「「はい!」」

12 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 18:12:38.70 MYhgN2beO 5/9

P「ついに本番だ…お前ら、準備はいいな?」

「うん。」
まゆ「はい♪」

P「杏ときらりが下がってきたら、すぐに出てもらうぞ。」

まゆ「…プロデューサーさん…」

P「…どうした?」

まゆ「……」スッ

「…プロデューサーに抱きしめて欲しいのかな?」

P「…ああ。」

ギュッ

まゆ「…プロデューサーさんの体温…まゆ、すっごく頑張れる気がします。」

P「俺の加護があるんだ、全力を出してこい!」

まゆ「…はい!」

「まゆ、私にも少し譲ってほしいな。」スッ

まゆ「出来れば独り占めしたいです…」

P「後でもっと補充してやるから、今は少し譲ってやれ、な?」

まゆ「はぁい…」

ギュッ

「…ありがと。」

<ミーンナハッピハッピ!
<アンズハモウヒキアゲルヨ、ツギノヒトタチニマカセル。

P「よし…!」

ポン!

P「行ってこい!」

13 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 18:19:59.23 MYhgN2beO 6/9

ザワザワザワ…

「予定が変わっちゃったけど、次は私、渋谷凛と」
まゆ「佐久間まゆでお送りします♪」

「…さあ、行くよ。」スッ

まゆ「私たちの歌…」スッ

まゆ「「聞いて(ください)!」」

ウォォォォォォ!!



・・・・・


きらり「まゆちゃん、すっごくハッピハッピしてるにぃ!」

「あんな二人、ちょっと見たこと無いかも。」

P「なんてったって、俺の加護があるしな。」

裕子「それはもしや、サイキックですか!?」

紗枝「んもー、そんなすぐさいきっくに繋げたらあきまへんえ?」

P「…ある意味では、まゆに全力以上を出させるサイキック…かもな?」

奈緒「乗るのか!?」

加蓮「ふふっ…でも、凛もいきいきしてる。」

14 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 18:30:22.42 MYhgN2beO 7/9

・・・・・


P「…みんな、今日はよく頑張った!乾杯!」

「「「「「かんぱーい!!!」」」」」



まゆ「うふふ~、プロデューサーさぁ~ん…」

P「おいおいどうした!?なんかフラフラしてるぞ!? …おい!まさか酒を飲ませてないだろうな!?」

瑞樹「この宴会、お酒は無しになってるわよ?」

菜々「あー…ナナがサイダーを飲ませたのが原因でしょうか…?」

P「…ノンアルコールだよな?」

菜々「も、もちろんですよ!ナナはまだ未成年ですよ!?」

P「あーもー…」

まゆ「プロデューサーさぁ~ん…まゆを抱きしめてぇ…くださぁい…」

P「…ダメだこりゃ。」

ファサッ

P「ちょっと部屋に戻してくる。すぐ戻るからあんまり食うなよ!」


みく「お姫様抱っこにゃ!」

「…羨ましいな。」

加蓮「凛も、あれをやってほしいの?」

「…出来れば、ね。」

きらり「りんちゃん元気無いにぃ…きらりんはぐぅー!」

「わっ!?」

「きらりー、あんまり抱きつきすぎないでよー」

15 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 18:36:48.51 MYhgN2beO 8/9

まゆ「ムニャムニャ…」

P「…全く、勘違いで酔っ払った感じになっちまったか。」

まゆ「プロデューサーさんはぁ…まゆと一緒でぇ…」

P「…なんか、日菜子の影響が入ってないかこれ。」

まゆ「小さな…白い…家…で……スー……」

P「…あの未来日記か。」


P「…でも、いつかはあの日記、現実にしような。」

チュッ

P「デコぐらいなら、世間的にもセーフだろ。」




16 : ◆/ZsuQ/MGAE - 2014/11/30 18:42:40.02 MYhgN2beO 9/9

「…見ちゃった。」

(プロデューサー、まゆとキスしてたよね…しかも顔に…ちひろさんや未央に知られたらどうするんだろう。でも、プロデューサーも本気みたいだし…私は止めなくてもいいのかな…うーん…)

「どうしたのしぶりん?」

「みっ、未央!?」

未央「たしかここはまゆちゃんの…ははぁ、盗み聞きですな?」

「ちょっ、そうじゃなくて…!」

ガチャ
P「どうしたんだお前ら?宴会はまだ終わってないだろ?」

「あ…様子を、見に行こうと…」

未央「プロデューサーを呼ぼうと思って!」

P「すぐ戻るって言ったろ…まあ、まゆはしばらく安静だ。疲れ切ってる。まゆの分で、少しは飯を残してやんないとな。」

「うん…」



今度こそ終

記事をツイートする 記事をはてブする