1 : VIPに... - 2013/09/25 21:53:33.93 wxCDWJJUo 1/23

「どうしたのプロデューサー?」

P「どうしたのって、まずお前ら誰だよ」

菜緒「ひどいなあ、なんなんだよ」

花蓮「あなたの担当アイドルの三人だよ、忘れたの?」

P「いや、忘れたとかそんなんじゃなくてだな」

P「(一体これはどういうことだ?)」

P「(俺の担当アイドルはどこに行ったんだ?)」

P「(そして凛、奈緒、加連によく似ているこの三人は、どこから来たんだ?)」

元スレ
モバP「誰だお前ら!?」凜「ん?」菜緒「え?」花蓮「何?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380113613/

3 : VIPに... - 2013/09/25 21:59:01.27 wxCDWJJUo 2/23

???「どうかしたの?」

「プロデューサーがなんか変なこと言ってるんだよ」

P「この声は……」

さひろ「どうしたんですか? プロデューサーさん」

P「あれ、なんか違う!?」

さひろ「え?」

P「ど、どちら様?」

さひろ「ちょっとプロデューサーさん、何言ってるんですか?」

花蓮「あれじゃない? 毎日忙しすぎて疲れてるんじゃない?」

菜緒「さひろさんが酷使するから……」

さひろ「え、私のせいになるんですか!?」

4 : VIPに... - 2013/09/25 22:04:39.92 wxCDWJJUo 3/23

P「どういうことだ……」

P「ちひろさんによく似た別人がいるぞ……」

さひろ「あー、そうですね」

さひろ「スクドリ一本、サービスしますよ?」

P「あ、ありがとうございます……?」

ガチャ

卵月「おはようございまーす!」

末央「おっはよーい!」

P「誰だぁ!?」

卵月「えっ!?」

末央「いきなりどうしたのプロデューサー!?」

P「卯月と未央によく似た別人が来た!」

卵月「一体何が?」

「プロデューサー、疲れてるらしいよ」

末央「通りで様子がおかしい訳だー」

5 : VIPに... - 2013/09/25 22:10:42.72 wxCDWJJUo 4/23

末央「こんな時はさ」

末央「プロデューサーにマッサージしてあげよう!」

卵月「そうですね!」

P「あ、ああ、悪いな……」

末央「これくらいどうってことないよ!」

卵月「いつもお疲れ様です!」

P「(落ち着こう、貰ったスタドリ飲んで落ち着こう……?)」ゴク

P「(……これよく見たらスタドリじゃなくてスクドリだ!?)」

P「(なんか味違うと思った! スクドリって何の略なんだ!?)」

P「(そういえばちひろさん、によく似た別人がスクドリって言ってたような……)」

末央「うっわ! すごい肩凝ってる!」

6 : VIPに... - 2013/09/25 22:16:51.89 wxCDWJJUo 5/23

ガチャ

きらい「にゃっほーい☆ おっすおっす!」

智絵理「お、おはようございます……」

P「誰じゃあ!?」

きらい「にょわ!?」

智絵理「え、え!?」

卵月「うわっ! いきなり動かないでくださいよ!」

P「きらりと智絵里に似てるんだけどさあ! でも誰だよ!」

智絵理「ど、どうしたの?」

末央「なんか疲れてるらしいよ?」

きらい「そぉなの? きらいがハピハピすぅ?」

P「い、いや、大丈夫だ……うん」

P「(何なのこれ何なのこれマジ何なのこれ)」

さひろ「……一度休んだ方が良くないですか?」

P「そうかもしれない……ちょっと仮眠室で寝てくる……」

P「(もしかしたらこれは夢で次に起きたら元に戻るかもしれない)」

7 : VIPに... - 2013/09/25 22:22:01.60 wxCDWJJUo 6/23

P「……」チラ

おちる「フゴフゴ!」

めあ「……よく食べるのね」

二奈「パンの気持ちになるです?」

小悔「そ、それは止めたほうが……」

P「(みちるでものあさんでも仁奈でも小梅でもねえ……)」



友記「優勝バンザー……むにゃ」

P「友紀……によく似た別人がビール缶片手に潰れてやがる……」

P「うーん、ベッドが占領されてて寝れないぞ……」

8 : VIPに... - 2013/09/25 22:28:45.69 wxCDWJJUo 7/23

P「どうしたもんかな……」

P「……そうだ! 晶葉なら何とかしてくれるんじゃないのか!」

???「呼んだか?」

P「お、丁度いいところに」

昌葉「こんなところでどうしたんだ、助手?」

P「駄目だったーー!?」

昌葉「うお!? どうした?」

P「(誰だこいつ!晶葉に似てるけど別人じゃん!)」

P「(いやしかし、晶葉ポジションの奴なら、ダメ元でも相談してみるか?)」

P「実はな……」

9 : VIPに... - 2013/09/25 22:35:15.93 wxCDWJJUo 8/23

P「……というわけなんだが」

昌葉「ははは、何を馬鹿な」

P「一蹴された!?」

昌葉「最近仕事を詰めすぎて疲れたのだろう、休んだほうがいいぞ?」

P「あーもう分かったよ、早退するよ早退、じゃあな」

P「これ以上ここにいると頭がおかしくなりそうだ」

昌葉「体に気をつけてな」

10 : VIPに... - 2013/09/25 22:40:19.03 wxCDWJJUo 9/23

P「そんなわけで早退します」

さひろ「その方がいいですね……」

さひろ「ゆっくり休んでくださいね?」

ガチャ

B「おはようございまーす」

B「いやぁ参りましたよ、交通事故があって渋滞に巻き込まれちゃって」

P「……ん!?」

B「んん!?」

「え!?」

二人「誰だお前ー!?」

菜緒「プロデューサーが二人!?」

花蓮「ど、どうなってるの!?」

12 : VIPに... - 2013/09/25 22:46:24.93 wxCDWJJUo 10/23

P「俺によく似た別人がいるだって!?」

B「お、おーい、凜、菜緒、花蓮!」

B「これはどういうことなんだ!?」

「わ、私達だって分からないよ!」

P「(あっちはこのよく似た別人アイドル達と面識があるのか?)」

B「さひろさん! 何やったんですか!?」

さひろ「うええ!? なんで私のせいにするんですか!?」

P「(こ、これは……俺が部外者なのか!?)」

B「じゃあ昌葉か!? 昌葉ー!」

昌葉「どうした助手、ってうわあ!? 二人!?」

P「ぬおおおお!」ガチャ

B「あ、ちょっと!?」

13 : VIPに... - 2013/09/25 22:53:02.89 wxCDWJJUo 11/23

P「……」

P「思わず事務所を飛び出してしまった」

P「一旦家に戻って寝よう、うん」

「はあ……」

P「……ん?」

P「確かあの子は765プロの……」

「どうしてみんな……」

P「何やら落ち込んでるようだが……」

「…あれ?」

P「こっちに気付いた」

14 : VIPに... - 2013/09/25 22:58:33.77 wxCDWJJUo 12/23

「確かあなたは、CGプロの……」

P「えっと、菊地 真さん、だよね?」

「!!!」

「今なんて言いました!?」

P「え?」

「菊池じゃなくて菊地って言いましたよね!? 池じゃないですよね!?」

P「えっと」

「ほら! 紙とペンあるんで、書いてみてください!」

P「あ、ああ……」カキカキ

P「これでいいか?」[菊地 真]

「……」フルフル

「よっしゃあああああ!! やーりぃいいいい!!」

P「!?」ビクッ

15 : VIPに... - 2013/09/25 23:08:03.57 wxCDWJJUo 13/23

P「……つまり、みんな揃って名前を間違えていると?」

菊地真「そうなんですよ! もうなんだか怖くなって……」

P「(ふむ……うちの事務所で感じたよく似た別人感がしないのはそのためか)」

P「(まあたまに見る程度だからなんとも言えんが)」

菊地真「そういえば……」

菊地真「みんななんだかいつもと違うような感じだったんですよね……」

P「!」

P「君もそう思ってるのかい!?」

菊地真「え? はい」

菊地真「あの、もしかしてあなたも?」

16 : VIPに... - 2013/09/25 23:13:18.19 wxCDWJJUo 14/23

P「これは一体……」

???「ああ、ここにいたんだね!」

菊地真「え?」

菊池真「いやあ、随分探したよ」

菊地真「ぼ、ボク!?」

P「真……によく似た別人!?」

菊池真「ふむ……ボクに違和感を感じるということは、君も同じということ、なのかな」

菊地真「な、何の事?」

17 : VIPに... - 2013/09/25 23:19:18.20 wxCDWJJUo 15/23

菊池真「うーん……なんて言ったらいいのかな」

菊池真「あれだよ、夢って事でいいんじゃないかな」

菊地真「え?」

菊池真「おーい、高音ー! こっちにいたよ!」

高音「やっと見つけました」

菊地真「貴音……じゃない?」

P「な、なあ、これってどういうことか説明してくれないか?」

高音「ふむ……中々難しい事をおっしゃいますね」

高音「……夢、ということで一つ」

菊池真「ボクもそう言ったよ」

P「え?」

菊池真「そろそろ元の世界に返してあげた方がいいんじゃないかな?」

高音「そうですね、それでは……」

P「あ、あの」


高音「げろっぱ」

19 : VIPに... - 2013/09/25 23:25:25.91 wxCDWJJUo 16/23

P「ぬげっ」ガタッ

P「……ん?」

「あ、プロデューサーおはよう」

P「ふあー……? ああ、寝てたのか、俺」

奈緒「なんかうなされてたぞ? 大丈夫か?」

P「なんかこう、変な夢を見てた気がするんだけど」

P「……なんだったかな」

加連「まあ、最近仕事が多いから疲れてるだけでしょ」

「ちひろさん、休ませてあげなよ」

ちひろ「私に言われてもですね……」

20 : VIPに... - 2013/09/25 23:31:10.58 wxCDWJJUo 17/23

ちひろ「あ、そうだ」

ちひろ「プロデューサーさん、765プロからここにアイドルが移籍する話、覚えてますよね?」

P「ええ、そりゃもちろん、今日ここに来るって聞いてますので」

「しかし、あの天下の765プロがねえ」

奈緒「プロデューサーとアイドル達とのスキャンダルが原因で倒産だもんなあ」

加連「世の中何が起こるか分からないね」

ちひろ「うちも気をつけないといけませんね?」

P「ははは、さすがにアイドルには手を出しませんよ」

ちひろ「あなたに言ったわけじゃないですけどね……」

P「え?」

三人「あ、あはは……」

22 : VIPに... - 2013/09/25 23:36:21.58 wxCDWJJUo 18/23

ガチャ

「おはようございまーす!」

P「お、来たな」


「765プロから来ました、菊地 真です! よろしくお願いします!」

P「よく来たね、俺が担当になるPだよ、よろしくな」

「はい! 精一杯頑張ります!」

「……ところで」

P「ん?」

「どこかでお会いした事、ありましたっけ?」

P「んー……? 仕事先で何度かあったと思うけど」

「そうじゃなくて、なんて言うのかな、えーと……」

P「……確かに何か引っ掛かりを感じるけども……」

「うーん、気のせいですかね……?」

24 : VIPに... - 2013/09/25 23:40:49.77 wxCDWJJUo 19/23

「……」

「ライバル出現だよ」

奈緒「待った、認定が早すぎるんじゃないか」

加連「いや、警戒するに越した事は」

ちひろ「こーらー? スキャンダルに気をつけろって言ったばかりですよ?」

三人「!?」ビクッ



P「それで、うちではアイドル達をキュート、クール、パッションに分類してるんだけど」

「キュートで!」

P「え?」

「だから、キュートですってば!」

P「そ、そう……まあ、自己申告だしね……それでいいなら……」

「やーりぃ! へへっ!」



おしまい

25 : VIPに... - 2013/09/25 23:41:18.61 wxCDWJJUo 20/23

誤字ネタでコメディ書こうと思ったのにミステリーになってもた
お前ら、SS投下する前に名前チェックしろよ
荻原雪歩? 忘れてた、ごめんね!

見てくれた人、ありがとう

26 : VIPに... - 2013/09/25 23:42:48.02 zWamSQkAO 21/23

おっつおっつ(加連じゃなくて加蓮だ、気をつけよう)

28 : VIPに... - 2013/09/25 23:44:11.62 wxCDWJJUo 22/23

>>26
(アカン、やっちまった)

32 : VIPに... - 2013/09/25 23:49:01.99 wxCDWJJUo 23/23

おまけ


ガチャ

加蓮「みんな、おはよう」

「ん?」

奈緒「ん?」

ちひろ「ん?」

P「ん?」

加連「えっ」

加蓮「……え?」



誤字ごめんなさい、許してください




記事をツイートする 記事をはてブする