1 : 以下、名... - 2015/09/23 19:46:38.48 E+TU/X8Ao 1/21

・モバマスSS
・誰も死なない

元スレ
アイドルドッキリdeモバマス
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443005198/

2 : 以下、名... - 2015/09/23 19:47:29.72 E+TU/X8Ao 2/21

ちひろ「うふふふ」

モバP「ちひろさん、今日は幸せそうですね」

ちひろ「ええ。実は、SAKURAI&HAMMERの株を買っちゃったんです!」

モバP「ああ、航空宇宙開発を手掛けている大企業ですね。たしか、ロケットから戦闘機まで作る会社ですね」

ちひろ「これからは宇宙開発ですよ、プロデューサーさん。(金銭的に)ロマンがあります」

モバP「宇宙ですか、ロマンがありますね」

3 : 以下、名... - 2015/09/23 19:49:55.51 E+TU/X8Ao 3/21

ぎぃぃ ……い


桃華「………」ぬっ

モバP「うお!死にそうな顔をしてどうした!?風邪かー?」

ちひろ「桃華ちゃーん、おはようございます!」

桃華「実は……」

ちひろ「元気がありませんね~ちひっーす!うふふ」

4 : 以下、名... - 2015/09/23 19:51:07.40 E+TU/X8Ao 4/21

桃華「わたくしの……櫻井家の事業が失敗しまして」

モバP「マジか」

ちひろ「!?」

桃華「櫻井グループは終わりですわ。プロデューサーちゃま…わたくし、どうしたら……」

モバP「そうか。まぁ、ダメなときもあるさ!命さえれば、何とかなるって」

ちひろ「あばば」

5 : 以下、名... - 2015/09/23 19:52:15.98 E+TU/X8Ao 5/21

桃華「もう、プロデューサーちゃまに、お寿司、ステーキ、ローストビーフなどもご馳走できませんわ」

モバP「なんだ、そんなことか。大丈夫だよー」

モバP(今まで、食費0円で過ごしてきたけど…長くは続かなかったな)

モバP(当分、昼食は……みくにゃんが残した弁当のオカズだな。また、焼鮭の切り身か)

桃華「落ちぶれたわたくしでは、今までのように……スーツも革靴もシャツですら」

桃華「プロデューサーちゃまに、オーダーメイドで作って差し上げることすら、叶いません」

7 : 以下、名... - 2015/09/23 19:54:14.59 E+TU/X8Ao 6/21

モバP「俺は有能だから、ジャージでも仕事できるぞ!下着パンツ一枚でも、アイドルをスカウトできる」

モバP(今度、スーツを買うときは、昔のように19800円のスーツか)

桃華「そのようなハシタナイ服装でも、不審者として通報されませんの?心配ですわね」

モバP「木場さんはジャージと水着でランニングしても、職務質問も通報もなし、問題なし!」

桃華「まぁ、そうなんですの!?」

モバP「木場さんは、そんな…ぶっ飛んだ格好でもな、真剣に立派に社会人をしていた!」

モバP「だから、そんな立派な木場さんをプロデュースした俺も、パンツ一枚で大丈夫だ」キリッ

桃華「プロデューサーちゃま……ますます立派になられましたわね」うるっ

8 : 以下、名... - 2015/09/23 19:55:28.77 E+TU/X8Ao 7/21

桃華「わたくしの屋敷の一室をかして差し上げて、出張のホテル代金を浮かすことも出来ませんのよ?」

モバP「ああ、アレな。気にしない、気にしない。十分、儲けたからね」

モバP(アイドルに食事やお菓子を奢ったら、全部消えた。貯金しとけばよかった)

モバP(そういえば、周子っていつもお菓子を食べてる…奢るの控えよう)

桃華「プロデューサーちゃまがお気に入り、朝食マグロの刺身盛り合わせ…」

桃華「昼食伊勢海老とロブスター、夕食牛肉ヒレステーキも、振る舞えませんの」

9 : 以下、名... - 2015/09/23 19:57:05.87 E+TU/X8Ao 8/21

モバP「マグロ、伊勢海老とロブスター、牛肉ヒレは無理だけど」

桃華「……」

モバP「俺が桃華に、朝食タラ、昼食ブラックタイガー、夕食鶏ササミ肉を、奢ってやるぞ」

桃華「プロ…プロデューサー…ちゃま…」うるっ

モバP「安いモヤシとジャガイモは、オカワリ自由だ!!いつでも俺を頼れ!!」ドヤァ

桃華「プロ……ちゃま…ぐすっ」

モバP「ハンカチ使えよ」

桃華「うっ…ありがとうござい…ぐすっ」

モバP(桃華に買ってもらったハンカチだけど。そういえば、アイロンかけてない)

10 : 以下、名... - 2015/09/23 19:58:02.15 E+TU/X8Ao 9/21

ジャジャジャ~ン♪


ありす「ドッキリでした。櫻井グループ企業は、オール黒字です。安心してください」

モバP「ドッキリか……」

モバP(マジで安心した)

ありす「もう少し、慌てるかと思いましたが…意外に冷静でしたね」

桃華「プロデューサーちゃまを試すようなことをして、申し訳ありませんでしたわ」

モバP「俺は大人だから!」ふんす

モバP(汗でパンツがびしょ濡れだよぉ……)

11 : 以下、名... - 2015/09/23 19:58:58.06 E+TU/X8Ao 10/21

モバP「あれ?ちひろさんは…?」

ありす「居ませんね」

桃華「GPSで追跡いたしましょう」

モバP「流石だなぁー桃華。ちひろさんの捜索も完璧じゃないか」

ありす(あれ?人間の生身は、GPS追跡できないはず……)

桃華「ええ、わたくしに抜かりはありませんわ!」

12 : 以下、名... - 2015/09/23 19:59:44.51 E+TU/X8Ao 11/21

モバP「俺が遭難しても、捜索して助けてくれそうだなー」

ありす(……ということは、位置情報を特定する物が……体のどこかに……?)

桃華「もちろんですわ。火の中水の中、どこでも探しましてよ?」

モバP「ハハハ、安心して遭難・失踪できるし、誘拐されても安心だ!」

桃華「ヘリコプターから潜水艇、必要であれば原子力空母、軍隊、国家…何を使っても」

桃華「万策を尽くして海底から宇宙空間まで、すみずみまで捜し、必ずや見つけて差し上げますわ」ニコッ

13 : 以下、名... - 2015/09/23 20:01:20.10 E+TU/X8Ao 12/21

――なぜか事故が多い某駅

モバP「ちひろさん、線路に飛び込みなんてやめましょうよ!」

ちひろ「プロデューサーさん!とめないでくださいいいいいいいいいい」

ちひろ「SAKURAI&HAMMER の株と、あとはSkurai Nutrition 社の株を買ってあったんです」

モバP「食品とサプリメント製造をやっている企業でしたね。うちにも、ビタミン剤とかあります」

ちひろ「桃華ちゃんの話…聞きましたよね?櫻井グループはもう、終わり」

ちひろ「ということは、私が買ったSAKURAI&HAMMER の株もるすっわああああああああああああああ」

14 : 以下、名... - 2015/09/23 20:06:47.88 E+TU/X8Ao 13/21

モバP「あれ、ドッキリだったんです。ありすがネタバラシしましたよーハハハ」

ちひろ「あへあ……へ……」

モバP「ちひろ……さん?」

ちひろ「フヒッ…ありずずぅっ…ぢゃんんん…」


じょぼぼぼっ


ちひろは安堵して、膀胱が緩んだ。股から液体が漏れたが

『ああ、スタドリか。おしっこかと思ったぜ』 ―――と周囲の人間は理解した。

15 : 以下、名... - 2015/09/23 20:08:07.27 E+TU/X8Ao 14/21

――とある別の日


「ふぅ……」

モバP「奏どうした?今日は、テンション低めだな」

「ちよっと、難しい問題があって……それが頭をチラつくせいかしら」

モバP「ほほう、学校の問題?数学か英語かー?」

16 : 以下、名... - 2015/09/23 20:10:42.39 E+TU/X8Ao 15/21

「何を言っているの?家族の問題よ」

モバP「えっ?」

「父と母の介護、自宅と車のローン」

モバP「  」

「さらに、両親に孫の顔はまだかと言われちゃって……結婚もしてないのに。おかしな話よね」

モバP「ちょ……ち、ちょっと待て。奏はJK(女子高生)のはずだよね?」

モバP「アレなのか、ウサミンと同じやつ?そっち系を個性にすんの!?」

17 : 以下、名... - 2015/09/23 20:12:01.86 E+TU/X8Ao 16/21

「……はい?」

モバP「……えっ?」

「何を言っているの?JKではなく、OLよ」

モバP「マジかよ」

「『年齢はJKなのに、OLに見えていたけど、マジでコイツOLだった』って顔しちゃって失礼ね」

モバP「すみませんでした」


18 : 以下、名... - 2015/09/23 20:13:49.67 E+TU/X8Ao 17/21

「ちなみに、38歳だから」

モバP「マジか……奏、どんだけ若く見えるんだい。人生の先輩だったのか」

「敬語を使ってちょうだい」

モバP「すみませんでした……楓さん」

「プロデューサー、くん」ギロリ

モバP「あ、ヤベ……」

20 : 以下、名... - 2015/09/23 20:18:58.23 E+TU/X8Ao 18/21

モバP「す、すみません!『カエデサン、カナデサン』…ね?」

「………」

モバP「ほら、似てるから間違えてしまって…」

「随分と無礼な後輩君」壁ドンッ!


くいっ


奏はモバPの顎を、指でもちあげた。

モバP「ぐ……ぬぬ」

「反抗的な眼をしているのね」

モバP(クソババアが偉そうに…すぐに契約解除して)

21 : 以下、名... - 2015/09/23 20:22:01.73 E+TU/X8Ao 19/21

ジャジャジャ~ン♪


伊吹「ごめんうそ、ドッキリでした♪」

モバP「ドッキリか……マジで騙されたぞ!本当に、JKだよな?生のJKだと言ってくれええええええ」

「生のJKよ、生」

モバP「よっしゃああああああああ!ナマナマナマァアアアアアアアアアアアアアア」

モバP「生だったぞ、生だ、生のJKだ!本物の十代だ、現役JK、未成年ヒャッホー!!」

22 : 以下、名... - 2015/09/23 20:25:50.18 E+TU/X8Ao 20/21

伊吹「アタシの名字が伊吹、名前が小松って、ドッキリの案もあったんだけど」

モバP「そっちドッキリの方が、俺の精神と頭皮にやさしかったぞ…」

伊吹「奏の年齢ドッキリにしましたイェーイ、楽しんだ?」

モバP「ハゲそうだった…よ」

モバP(クソガキどもめ……)

「フフッ」

モバP「ぐぬぬ……奏の演技に上手く騙された」

モバP(こんなクソガキだけど、契約解除せずに済んで、よかった)

23 : 以下、名... - 2015/09/23 20:27:26.68 E+TU/X8Ao 21/21

おわり

小松伊吹小松伊吹
伊吹小松伊吹小松
小松伊吹小松伊吹
伊吹小松伊吹小松

記事をツイートする 記事をはてブする