1 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 13:52:26.65 zGRHmeoVO 1/40

事務所

ガチャッ

貴音「おはようございます」





うぎゃー!……ガヤガヤ……

貴音「……おや?何やら奥で話し声が……」スタスタ




「プロデューサー!ジッとしてよ~!」グイグイ

P「ひ、響!そんなくっついて来ちゃ……」

「仕方ないでしょ!ハム蔵がプロデューサーの髪の中に入って出てこないんだから!」

元スレ
貴音「……あなた様?」P「っ!!」ドキッ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411102346/

2 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 13:56:30.56 zGRHmeoVO 2/40

「ほら!ハム蔵を取り出すからじっと座ってて!」グイグイ

P「ひ、響、胸が、胸が顔に当たって……」ドキドキ

「ハム蔵ー!出て来てよー!」グイグイ

貴音「………………」




貴音「………………」


「やっと出て来た!もう!そんな所にいちゃダメだろ?ハム蔵?」

P「そんな所ってなぁ……」

「じゃっ、レッスン行ってくるね!」タタタ

P「はいはい、気を付けてな」

「あっ!貴音!」

P「……えっ!?」ドキッ

3 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 13:58:50.12 zGRHmeoVO 3/40

「ん?どうしたの?プロデューサー?」

P「………い、いや……」

P「……………」

「…………?」

貴音「……………」


「まぁ、いいや」

「貴音!はいさい!」

貴音「はい、おはようございます、響」ニコッ

「じゃあ、自分レッスンに行ってくるね!」タタタ

貴音「はい、頑張るのですよ」

6 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 14:06:13.65 zGRHmeoVO 4/40

貴音「………響は、練習に行きましたね?」

P「………あ、あぁ……」

貴音「………あなた様?」

P「っ!!」ドキッ

P「……な、なんだ?」

貴音「………」スタスタ





貴音「えいっ」ギュッ

P「わっ、わぁ!!」

P「きゅ、急に腕に抱きついてくるなよ……」

貴音「……ふふふ」ギュウウ

P「貴音、む、胸が、腕に……」

貴音「…….あなた様」ギュウウ

貴音「約束、覚えていますか?」

P「……………」

P「もちろん覚えているけど、貴音は……」

貴音「………」ギュウウ…

7 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 14:09:40.01 zGRHmeoVO 5/40

P「………はぁ、わかったよ」

P「好きにしてくれ……」

貴音「……はい」ギュウウ

9 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 14:19:44.83 zGRHmeoVO 6/40

次の日 事務所

ガチャッ

貴音「おはようございます」





恥ずかしいですゥ……ガヤガヤ……

貴音「………昨日と同じく、何やら部屋の奥で話し声が……」

貴音「…………」スタスタ


雪歩「も、もう、5分くらい経ちました?プロデューサー?」///

P「まだ30秒しか経ってないよ」

雪歩「うぅ……ドキドキしますぅ……」///

10 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 14:25:06.75 zGRHmeoVO 7/40

P「頑張れ!1分間俺と手を握っていれば、男性恐怖症も治ったも同然さ!」ギュッ

雪歩「そ、そうかもしれないですけど、相手がプロデューサーじゃ……」

雪歩「恐怖とは違う……ドキドキが……」///

P「……よしっ!1分経った!」

雪歩「ふぅ……し、心臓がバクバクですぅ……」///

P「凄いぞ雪歩!よくやったな!」なでなで

雪歩「あ……は、はいぃ……」///

P「………雪歩、顔が凄く赤いぞ?大丈夫か?」

雪歩「だ、大丈夫、ですぅ……ちょっと、暑くなっただけですから……」///

P「そうなのか?」

雪歩「はい……だから、屋上で風に当たって行きますね……」///スタスタ

11 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 14:31:37.32 zGRHmeoVO 8/40

P「あ、あぁ。俺に出来ることがあるなら言ってくれよ」

雪歩「はい、ありがとうござ……あ、四条さん」

貴音「……………」

P「…………えっ!?」ドキッ

雪歩「………どうしました?プロデューサー?」

P「い、いや、何も……」

P「……………」

雪歩「…………?」

雪歩「あ、四条さん。私、ちょっと屋上に行って来ますね」スタスタ

貴音「はい、体調管理は大切ですからね」

雪歩「じゃあ、行って来ますぅ」

12 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 14:37:40.48 zGRHmeoVO 9/40

貴音「…………行きましたね」


P「………あ、あぁ……」

貴音「………あなた様」

P「っ!!」ドキッ

P「………なんだ?」



貴音「……………」ギュッ

P「……え、えっと……」

P「た、貴音が俺の手を握る必要は、無いんじゃ無いか?」

貴音「………約束、お忘れですか?」ギュッ

P「……………」

P「はぁ……わかったよ。」

P「雪歩と同じ、1分間か?」

貴音「…………ずっと、です」ギュッ

13 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 14:43:19.97 zGRHmeoVO 10/40

P「はぁ……わかったよ」

P「貴音の気が済むまで付き合うよ」

貴音「………そ、それと……」

P「?」

貴音「………なでなで、も」///

P「………ははは!」

P「全く……昔と違って、すっかり甘えん坊になったな」なでなで

貴音「……心地よい、感触です」///

16 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 14:54:23.40 zGRHmeoVO 11/40

次の日 事務所

ガチャッ

貴音「おはようございます」

兄ちゃーん!……ザワザワ……

貴音「………………」

貴音「………………」スタスタ



亜美「ほら!兄ちゃん!頑張って!」

P「ふ、2人いっぺんには無理だって……うおぉ……」ハァハァ

真美「ほらぁ!亜美が待ってるYO!兄ちゃん!」

17 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 15:00:45.11 zGRHmeoVO 12/40

P「無理だってば……2人いっぺんにお姫様だっこは……」

亜美「むぅ!兄ちゃんもっと筋肉つけないと!」

真美「今日から筋トレして!筋トレ!」

P「お前達の注文のレベルを下げる考えは無いのか……」

真美「そんなのダメだYO!」

亜美「ゲームに負けたらなんでもする約束だったでしょ!?兄ちゃん!?」

P「だからってなぁ……」

貴音「そうですよ、プロデューサー」

P「っ!?」ドキッ

18 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 15:08:31.70 zGRHmeoVO 13/40

真美「あっ、お姫ちん」

貴音「約束は、守るものですよ?」

亜美「ほら!兄ちゃん!お姫ちんも言ってる事だし!」

貴音「しかし、亜美?今のプロデューサーでは、2人を抱えるのは困難のようです」

貴音「ですので、少し鍛える時間を与えみてはどうでしょうか?」

亜美「うーん……そうだね!」

真美「指一本で軽々持ってくれる兄ちゃんになるまで、真美達待つYO!」

P「もはやお姫様だっこじゃない……」

20 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 15:18:56.19 zGRHmeoVO 14/40

貴音「さぁ、プロデューサーが効率良く鍛えるために、よい運動があるかどうか調べると致しましょう」

亜美「あっ!じゃあ亜美、ダンストレーナーの姉ちゃんに聞いてくんね!」タタタ

真美「あぁ!真美も行くYO!」タタタ


貴音「………行きましたね」

P「……そうだな」

貴音「…………あなた様」

P「っ!!」ドキッ

P「いや、今回ばかりはちょっと……」

貴音「……………」バッ

P「そんな、準備万端と言わんばかりに立たれても……」

21 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 15:23:17.40 zGRHmeoVO 15/40

貴音「………約束は大事、ですよ?」じー

P「…………あぁ、分かったよ!」

P「いくぞ?持つからな!」ガシッ

貴音「はい、覚悟は出来ております!」

P「せーの……うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」グイッ

P「……お?以外と軽いな」

貴音「……むぅ。あなた様?」じー

P「あっ、悪い…以外は余計だな。ははは……」

貴音「しかし……よい、心地ですね、お姫様だっことは」

P「貴音のイメージにピッタリだな」

貴音「私のいめぇじ……ですか?」

P「あぁ。お姫様って所がさ」

貴音「そうなのですか……ふふふ」

貴音「では、相手の王子様はどなたなのでしょうか……?」チラッ

P「……さぁな、お姫様の配下の俺には分からないな」

貴音「……いけずです、あなた様」

22 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 15:33:44.63 zGRHmeoVO 16/40

次の日 事務所

ガチャッ

貴音「今日は、誰なのでしょうか……」

ハニー!……ヤンヤヤンヤ……

貴音「…………っ!!」

貴音「何やら、奥の部屋にて不吉な予感……」タタタ




美希「はい!ハニー!チュー!」ンー

P「こ、こら、美希!からかうのはよしなさい!」

美希「ムゥ!ミキは本気なの!」

23 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 15:37:57.45 zGRHmeoVO 17/40

美希「今はハニーとミキの2人っきり何だし……だから、ね?」ンー

P「2人っきりとかいう問題じゃなくてだなぁ……」

美希「……あっ、貴音」

貴音「………………」

P「しまった………」

美希「え?何が?」

P「い、いや、こっちの話……」

美希「それより、ハニー!ほら!」ンー

P「だから、ダメだってば!しかも、貴音がいるから2人っきりじゃないだろ!」

美希「じゃあ、次2人っきりになった時にはしてくれるんだね?」

P「いや、そういう訳じゃ……」

24 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 15:48:50.06 zGRHmeoVO 18/40

美希「約束だよ!ハニー!」タタタ

P「あっ、美希!何処に……」

貴音「………行かれましたね……」

P「………行っちゃったな……」

貴音「…………あなた様?」

P「っ!!」ドキッ

P「………まさか、まさかだよな?貴音?」

貴音「………………」


貴音「……………んっ」///

P「こ、これはダメだって!本当!」

貴音「……………」

貴音「駄目……でしょうか?」

25 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 15:53:41.63 zGRHmeoVO 19/40

P「あの、ほら、美希は未遂だったというか……してないかから!」

P「それに……その……ほら、これは好きな人とするもんでだな」

貴音「……………」

貴音「あなた様は……本当にいけずな方ですね」

貴音「これは、約束だからするのではありません」

貴音「……私が、心の底からしたいから、したいだけなのです」

P「貴音……」

貴音「………あなた様」

貴音「………………んっ」///

P「………………」スッ





伊織「ちょ、ちょっと!何してんのよ!あんた達!!」///

27 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 16:10:51.51 zGRHmeoVO 20/40

P「っ!?」

P「い、伊織っ!?」

伊織「あ、あんた今、き、き、キスを……」///

P「い、いや!まだしてない!!」

伊織「まだって何よ!まだって!!」///

P「い、伊織、待っ……い、痛っ!下腿を蹴るな!」


伊織「変態!ド変態!変態大人!」ゲシッゲシッ

28 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 16:13:00.80 zGRHmeoVO 21/40

数ヶ月前

P「961プロにいた時、大変だったなお前達」

「確かに、社長が悪い事を色々したり、自分に合わないキャラを演じさせられたりして……大変だったな」

美希「でも、響は以外とノリノリで演じてたよね」

「そ、そんな事ないぞ!」

貴音「しかし、くぅるな自分も結構いいな、と前に話して……」

「た、貴音ぇ!しっ!しーっ!」

29 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 16:15:27.39 zGRHmeoVO 22/40

美希「でもミキ、961プロは嫌いだけど、フェアリーは結構好きだよ?」

貴音「私も、同じ気持ちです」

「自分も大好きだぞ!765プロになっても、フェアリーではいようね!」

美希「うん!」

貴音「えぇ」


P「……それなんだけどな、皆」

「?」

P「……会社の事情でな」

P「この先、フェアリーでの活動は大幅に減ると思うんだ」

31 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 16:20:18.39 zGRHmeoVO 23/40

「え、えぇ!?」

貴音「……!!」

美希「どうして!?どうしてなの!?」

P「お前達は移籍という形で来てくれたが、やはり前の961プロのイメージがあってな……」

P「今の765プロでは、会社の問題があって、この3人でのユニットは中々出来ないんだ」

P「正直……解散と言っても過言では無い」

「そんなぁ……」

美希「残念なの……ねぇ、貴音?」

貴音「……………」

美希「…………貴音?」

貴音「は、はい?なんでしょうか、美希」

美希「……どうしたの?何か、変だよ?大丈夫?」

貴音「……大丈夫ですよ、美希」

貴音「その……少しばかりショックを受けただけなので……」

「そうだよね……961プロに入ってから、よく3人でいたのにね……」

32 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 16:24:55.42 zGRHmeoVO 24/40

貴音「…………………」

貴音「すみません、少し用事を思い出しましたので……」スクッ

P「えっ?用事?」

貴音「はい、ミーティング中にすみませんが、抜けさせてもらいますね……」スタスタ

貴音「では……」

ガチャッ

「急用って……何だろ?」

美希「お腹すいたとかかな?」

「い、いくら貴音でも、このタイミングでは行かないぞ!」

P「…………………」

33 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 16:52:05.21 zGRHmeoVO 25/40

30分後

「………貴音、帰ってこないね」

美希「あふぅ……眠くなって来たの」

「美希は呑気だな……心配じゃないの?」

美希「うーん……貴音は響と違ってしっかりしてるから、大丈夫って思うな」

「じ、自分と違うって何だぁ!!」

P「もう日が暮れる……2人とも、帰った方がいい」

「でも……貴音が」

P「きっと、家に直帰したんだろ。連絡してみるよ」

美希「だから安心して帰るの、響」

「こらぁ!美希も帰るんだぞ!」

美希「ヤ!ハニーと2人っきりになりたいの!」

34 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 16:56:18.45 zGRHmeoVO 26/40

P「ほら美希、響と一緒に帰りなさい。親御さんが心配するぞ?」

美希「むぅ……わかったの……」

美希「貴音に連絡ついたらミキにメール頂戴ね、ハニー!」

「……美希、プロデューサーとメールしたいだけじゃないのか?」

美希「バイバーイ!ハニー!」

「貴音の事、よろしくね!」

バタンッ

P「………さて、貴音の家に電話を」

P「………自宅の電話は無いのか……携帯にしてみるか」

P「……………」prrrr…prrrr…

P「ダメだ…出ない」ピッ

P「どうしたんだ……?貴音は?」




ウー……ウー……

P「………外でパトカーが走ってる……」

P「………まさか、交通事故にでも……いや、誘拐とかも……」

P「貴音!!」ダッ

35 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 17:09:36.32 zGRHmeoVO 27/40

河川敷

P「はぁ……はぁ……どこだ、貴音!」

P「ここにいるかな……ん?」

貴音「……………」

P「貴音!!」

貴音「!!」サッ

貴音「ぷ、プロデューサー……?」

P「ここにいたのか……何か今、してなかったか?」

貴音「いえ……別に、何も」

P「そうか……とにかく、よかったよ」ホッ

36 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 17:17:49.54 /86ZOg8aO 28/40

貴音「あの……私に何か……?」

P「いやぁ、貴音に電話しても出ないから、事故にあったんじゃないかって思ってさ……」

貴音「まぁ……それで、必死に私を……」

P「電話にも出ないから、何かあったかと思って……」

貴音「すみません。携帯電話は、事務所に忘れてしまって……」

P「あぁー、それでか……あはは」

貴音「プロデューサー……ありがとうございます」

貴音「どうぞ、これで……」スッ

P「あぁ、ハンカチか。ありがとう」

P「ふぅ……ありがとうな、ハンカチ洗って返すよ」

貴音「お気遣い無く」

37 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 17:26:07.67 /86ZOg8aO 29/40

P「それで、何で急に出て行ったんだ?」

貴音「…………」

P「もう急用は済んだのか?」

貴音「そう……ですね。今から、ですね……」

P「今から?」

貴音「えぇ……月を、眺めたかったのです」

貴音「月は見ているだけでも心を癒し、落ち着かせてくれます」

貴音「その月の魅力に、私は惹かれているのです」

P「そうなのか……でも、それって急用じゃ無いんじゃ……」

P(………あれ?)

P(月明かりで今気付いたが……)

38 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 17:40:07.82 /86ZOg8aO 30/40

P「貴音……目、赤くないか?……腫れてる?」

貴音「……!!」

貴音「い、いえ、そのような事は……」

貴音「これは……その……」

P「………もしかして、泣いてたのか?」

貴音「……………」

P「……急用っていうのは嘘で、本当は1人で泣いてたのか?」

P「原因は、さっきのフェアリー解散の事なのか?」

貴音「……………」

39 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 17:45:36.23 /86ZOg8aO 31/40

P「……貴音」

P「一人で悩みを溜め込まないで、俺に相談してほしい」

P「力になれるなら、なりたいんだ」

P「俺は、お前のプロデューサーだからさ」

貴音「………プロデューサー……」

貴音「……………」

貴音「………ぷろじぇくと・ふぇありーは…」

貴音「私にとって、大切な居場所だったのです」

貴音「活動を始めた頃、不安が多く、心細い私を」

貴音「暖かく迎え入れてくれた、響、美希……」

貴音「掛け替えのない友人であり、大切な居場所だったのです」

40 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 17:46:47.25 /86ZOg8aO 32/40

貴音「……それが、もう無くなると思うと……」

貴音「…………うぅっ…」グスッ

P「貴音……」

P(……フェアリーを一番想っていたのは、貴音だったようだな……)

P(961プロにいた頃のように、また、一人で苦しんで、一人で泣いて……)

P(……………)

P「……貴音」

P「もし、お前が寂しくなったり、誰かに頼りたくなったりしたら、俺に甘えてくれ」

貴音「……甘える、のですか?」

P「あぁ、貴音が辛い時、嫌な気持ちになった時は、俺に頼って欲しいんだ」

P「俺が、必ず貴音の力になるから。して欲しい事は何でもする」

P「約束するよ、もう貴音を泣かさないって」

貴音「…………プロデューサー……」///

41 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 17:52:20.46 /86ZOg8aO 33/40

P「……ま、まぁ、俺じゃ頼りないかも知れないがな」

P「あははは……」

貴音「………ふふふ」///

貴音「その様な事は、ありませんよ」

貴音「とても、信頼しております」

貴音「あなたがいたから、私、四条貴音は765プロへと来たのですから」

P「……貴音」

貴音「……では、お言葉に甘え、今日から存分に甘えさせていただきますね」

貴音「……あなた様」///

42 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 17:59:34.28 /86ZOg8aO 34/40

P「……という事を、約束しちゃって……」

伊織「それで、何でキスになるのよ……」

貴音「他の方がプロデューサーに構っている時」

貴音「とても寂しい気持ちになり、羨ましく思い、私も甘えたくなり……」

貴音「つい、同じ事を……」///

P「……らしいんだ」

伊織「らしいんだ、じゃないわよ!!」

P「最初に俺に甘えて来たのは、春香が転けて来た時だったなー」

P「その時貴音に、一日中抱き枕にされてな」

貴音「春香がぎゅっ、とされているのを見たら、羨ましくなり…」

伊織「だからって、一日中抱きつく何てありえないわよ!!」

44 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 18:03:59.32 /86ZOg8aO 35/40

P「でも、貴音に約束しちゃったし……」

P「貴音がして欲しい事は、出来る限りする……って」

伊織「だからって、されるがままじゃダメに決まってるでしょ!」

伊織「それに、さっきのキ、キスはもっと無いわよ!キスは!!」

貴音「あれは、美希が発端なのですが……」

伊織「美希も問題あるけど、あんたもあんたよ!」

伊織「いい!?あんたはただ
、他の子に妬いてるだけ!」

伊織「いわゆる、嫉妬よ!嫉妬!」

貴音「嫉妬……ですか」

45 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 18:07:58.43 XLm5GKhH0 36/40

伊織「確かに、頼りたい時にはこいつに頼ればいいわ」

伊織「だからと言って、その約束を利用してプロデューサーにこんなことはしちゃいけないわ!」

貴音「こんな事とは……どのような事なのでしょうか?」

伊織「そ、それは……こ、恋人みたいに、キ、キス、とか……」///

貴音「なんと!こ、恋人、ですか!?」

貴音「私はただ、皆と同じ事をしたいので、同じ事をしたまでなのですが……」///

伊織「……それはそれで、ウチの事務所の人達の問題ね……」

伊織「とにかく、ちゃんと自分の行動を見直しなさい!分かった?」

貴音「はい、分かりました」

P「これで、解決かな……?」

伊織「あんたもあんたよ!バカプロデューサー!!」

P「え、えぇ!?俺も!?」

47 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 18:14:06.16 XLm5GKhH0 37/40

伊織「他の子にデレデレして、恋人紛いな事をして!」

P「俺だって、断ろうとしてるんだがなぁ……」

伊織「ダメならダメって、ハッキリ言いなさいよ!!」

P「は、はい……」

伊織「いい!?2人とも!?ちゃんと、自分の行動を見直しなさいよ!!」

貴音P「は、はい……」

伊織「ふぅ……もう、いいわよ」

P「あー……怖かった」

貴音「…………………」

48 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 18:20:37.00 XLm5GKhH0 38/40

次の日 事務所

ガチャッ

伊織「はぁ……早く、エレベーター直らないかしら……」

伊織「……あら?部屋の奥から声が……」

た、貴音ぇ……駄目だって……

伊織「……プロデューサーの声?」

伊織「何の話してるのかしら……」スタスタ



貴音「……………」スリスリ

P「………や、やぁ、伊織」

伊織「………………」

伊織「何で貴音が、あんたの肩に寄り添ってんのよ……」

貴音「………………」スリスリ

50 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 18:27:19.59 XLm5GKhH0 39/40

貴音「先日伊織に言われた通り、自分の行動を見直したのです……」

貴音「しかし、もしまた他の方が羨ましくなったのならば、どうすればいいか……」

貴音「そのような疑問が生まれたのです」

貴音「私はその疑問を解決するが為、解決策を考えに考えました」

貴音「そして、閃いたのです」

貴音「私が皆より先に、羨ましい事をすれば、羨ましくなくなる……と!」

伊織「……………」

P「………だって」

貴音「ですので、今それを実行しているのです」スリスリ

伊織「…………はぁ」

伊織「もう、好きにして……」スタスタ

51 : ◆p3yuNM37DY - 2014/09/19 18:28:40.31 XLm5GKhH0 40/40

P「…………」

貴音「伊織も、納得してくれたようですね」

P「納得というより、呆れられたような……」

貴音「…………あなた様」

P「ん?」

貴音「……こう、体を密着させていると」

貴音「暖かく、良い心地になれますね……」///

貴音「あなた様の体温が、伝わってきます……」///

P「……そうだな」

P「貴音の気が済むまで、こうしていいぞ」

貴音「はい……」

貴音「では……ずっと、こうしていましょう」

貴音「………あなた様」///スリスリ




記事をツイートする 記事をはてブする