1 : 以下、名... - 2022/07/17 20:39:28.74 G1i1io+P0 1/23

女性声優A(ネット配信)「ほんっとBちゃんってカワイクて~、オフの日はいっつも二人でデートしてて~♡」

女性声優B(ネット配信)「Aちゃんってお料理超得意なんですよ~、いつでもお嫁に来てくれ~、みたいな~♡」



邪神ちゃん「なーんか最近、こういうの増えたよなぁ」

邪神ちゃん「ファンの野郎どもは、こいつらの言うことを真に受けて色めき立ってるんですの?なんだかなぁ…」

邪神ちゃん「こんなの百合営業に決まってますの。安易にカレシの気配が消せて、オタ受けもよくてさ」

邪神ちゃん「あー、ヤダヤダ…」

邪神ちゃん「おっと、もうこんな時間ですの」

邪神ちゃん「よっこらしょ。そんじゃ、そろそろ始めますかぁ……」



邪神ちゃん「邪神ちゃんドロップキックも、百合営業!」ビシイッ

元スレ
邪神ちゃん「安易な百合営業に手を染めてやりますの」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1658057968/

2 : 以下、名... - 2022/07/17 20:41:40.10 G1i1io+P0 2/23

邪神ちゃん「だって、元手ゼロで簡単に始められて、うまくやればヒットコンテンツになれるんですのよ?」

邪神ちゃん「こんなチョロい儲け話、乗っとかない手はないだろぉ~w」ケラケラ

邪神ちゃん「とはいえ、百合をやるには相方、いわゆるカプが必要だから…さて誰を選んだものか……」

邪神ちゃん「う~ん。百合だけに…ゆりね?」


ホワワ~ン…


ゆりね『ジャッ・スウィン・チュワン……///』ンチューッ

邪神ちゃん『YU・RI・NE……///』ンチューッ


邪神ちゃん「おっええええ…!きっもちわりぃぃぃ…!」

邪神ちゃん「ないない。ゆりねだけはありえねーですのwww」

3 : 以下、名... - 2022/07/17 20:43:10.25 G1i1io+P0 3/23

邪神ちゃん「んま、お手軽なところでメデューサでいっか。アイツ私にべた惚れだしな」

邪神ちゃん「さっそく呼び出しますの」プルルル…


メデューサ『もしもーし』


邪神ちゃん「おほん。あのな、メデューサ、大切な話があるから今すぐ来てほしいんですの」

メデューサ『あ、お金だよね?いいよ。今回はいくら必要なの?』

邪神ちゃん「マジで!?そんじゃあ少々多目に持ってきといて──」

邪神ちゃん「じゃなくて!もっと大切な話があるんですのっ!いいからさっさと来い!」

メデューサ『え~?なんのお話だろう?』

邪神ちゃん「はあ~っ…お前ってけっこうニブイよなぁ…」

4 : 以下、名... - 2022/07/17 20:44:42.44 G1i1io+P0 4/23

邪神ちゃん「その…/// なんとなくわかるだろ。こうやって改まって呼び出してるんだからっ…///」

メデューサ『も、もしかして邪神ちゃん…///』

邪神ちゃん「ほら、私らも知り合ってずいぶんになりますの」

邪神ちゃん「いつまでもフワフワした関係でいても仕方ないし、そろそろ身を固めることも考えないとなっ」

邪神ちゃん「お互いに、いつまでも若いワケじゃないんだし」

メデューサ『嬉しい…/// 嬉しいよ…邪神ちゃん……///』ホロリ

邪神ちゃん「そういうワケだからダッシュで来い」

メデューサ『わかったよ。あっ……』

メデューサ『シャ、シャワー浴びて…行くからねっ……///』プツッ


邪神ちゃん「あんにゃろ…早く来いっつってんのに」ツーツー

5 : 以下、名... - 2022/07/17 20:46:33.02 G1i1io+P0 5/23

邪神ちゃん「う~ん。でも、どうなんだろ…?」

邪神ちゃん「メデューサのやつ、な~んかガチっぽいんだよなぁ…」

邪神ちゃん「ガチ百合まで行っちゃうと、ジャンルが変わってかえって離れてくファンも出るんじゃねーですの?」

邪神ちゃん「それでは本末転倒。私はあくまで、ファン層を広~く浅~く開拓したいだけなのだから」

邪神ちゃん「多数派の心を掴むには、ほんのり百合程度でとどめておくのがベスト…これを肝に銘じねば」

邪神ちゃん「そっかー。マズったなぁー。呼び出す前に気付けばよかった…」

邪神ちゃん「ま、別にいっか。メデューサだし」

邪神ちゃん「てか、そう考えたらちょっと怖くなってきましたの。アイツ、なんか欲情してたし…」ゾクゾク

邪神ちゃん「なるほど。だから浴場でシャワーを浴びてくると。なーんつって~w」



邪神ちゃん「……身の危険を感じるからミノスのとこに避難しますの」

6 : 以下、名... - 2022/07/17 20:48:22.08 G1i1io+P0 6/23

邪神ちゃん「ちわーす」

ミノス「よっ、邪神ちゃん。丁度ヒマしてたんだ。上がってきなよ♪」

ミノス「そだ、なんか飲む?つっても麦茶かプロテインくらいしかないんだけど」

邪神ちゃん「麦ティーで」

ミノス「うっし。ちょっと待っててな」ヨッコラショ

邪神ちゃん(こいつ、立ち上がるとでっけーんだよなぁ…いや、乳もだが背がな)

邪神ちゃん(そうだ!)ピコーン


邪神ちゃん「その、ミノスって…けっこう身長あるんですのね…///」モジモジ

ミノス「ん?まぁ平均よりは上になるのかなぁ…てか、今更かよw」

邪神ちゃん「学校でも女子からモテモテでしたの。ラブレター貰ったりして」

ミノス「あはは。あったなぁそんな事も」

7 : 以下、名... - 2022/07/17 20:49:15.15 G1i1io+P0 7/23

邪神ちゃん「スポーツ万能で、弱い者には優しくて…いつもクラスの中心にいて……」

邪神ちゃん「きっと女の子達にとっては、クラスのバカ男子なんかよりよっぽど理想の王子様に映ってたんですのね///」

ミノス「ま、まぁみんな子供だったって事だよ…」

ミノス「てか、どうしたんだよ。今日は随分おだててくれるじゃん。言っとくけど、金は貸さないからなー?」

邪神ちゃん「そっ、そんなんじゃないですのっ!」プクーッ

ミノス「お、おぅ…そっか。まぁ、あんがと…」

邪神ちゃん(う~ん、いまいち反応にとぼしいですの。しゃーない。もうちょい押してくか…)

8 : 以下、名... - 2022/07/17 20:50:37.06 G1i1io+P0 8/23

邪神ちゃん「いや~、ね。ほんっとミノスさんは、背も高くてね…」

ミノス「それはさっき聞いたって」

邪神ちゃん「魔界小学校では理想の王子様、なんて呼ばれてまして、ね…」

ミノス「それも聞いた。てか、誰に向けて宣伝してんのさ」

邪神ちゃん「あ、あとなんか…牛肉とか″漢″って感じ、するよね…?」

ミノス「いや、するよね?って聞かれても…」

邪神ちゃん「イケメン!おっぱいのあるイケメンなの、ミノスは!」

ミノス「邪神ちゃん、もしかして酒入ってる…?」

邪神ちゃん「ひとことで言えばボーイッシュ!男前っ!だから、自分の役割わかるよなっ?なっ!?」

ミノス「……」


邪神ちゃん「ど、どーしたんですの?急に黙りこんじまって…」

ミノス「……あんまり男の子っぽいとか、言うなよなぁ…」ウルウル

邪神ちゃん「へ?」

9 : 以下、名... - 2022/07/17 20:52:32.15 G1i1io+P0 9/23

ミノス「あたしだって、ちょっとは気にしてるんだからさぁ…」ショボン

邪神ちゃん「あ、あ~…そーなん。なんか、スマン…」

ミノス「なぁ邪神ちゃん、あたし、男っぽいから人気ないのかな…?」

邪神ちゃん「い、いやどーだろう…よく知らんけど」

邪神ちゃん「てかミノス、人気ないことないだろー?スピンオフの漫画なんてあるのお前だけだぞー!」バシバシ

ミノス「でもあれ、もうずっと休載してるし…」

邪神ちゃん「き、きっと大人の事情があるんですの…」

ミノス「身長だって、下手したらファンの人達よりデカいからダメなのかなぁ…」

邪神ちゃん「あ、あんまそういうこと言うと某女性プロゲーマーみたいに炎上するからさっ!」

ミノス「……」ドヨーン

邪神ちゃん「あ、あ~…そんじゃ、私はここいらでお暇しますの……」

10 : 以下、名... - 2022/07/17 20:54:04.01 G1i1io+P0 10/23

邪神ちゃん「あまりの気まずさに耐えられず出てきてしまった…何をやってるんだ私は……」トボトボ

ペルちゃん「こぉーらぁー!待てーっ!」

邪神ちゃん「二世か…」

ペルちゃん「邪神ちゃん、ミノスちゃんに何かイジワル言ったでしょ!?どーしてそういう事するかなぁ!」プンスカ

邪神ちゃん「うっせえなぁ。今はガキの相手してやる気分じゃ…」

邪神ちゃん(いや、待てよ…!これは近年じわじわニーズを増している″おねロリ″ってヤツが成立するんじゃねーですの!?)ニヤリ

ペルちゃん「なに怒られてニヤニヤしてるの?はっきり言って気持ち悪いよ!」

邪神ちゃん(くっふううう~!相変わらず生意気なガキですの…!)

邪神ちゃん(ま、待て待て…こういう態度は、大好きな私に素直になれないじれったさの裏返し…そう思い込むんだ!)

11 : 以下、名... - 2022/07/17 20:55:27.39 G1i1io+P0 11/23

ペルちゃん「ねぇ、なんとか言ったらどうなの?」

ペルちゃん「それとも、こんなガキに言い負かされて反論できなくなっちゃった?情けないなぁ~」

邪神ちゃん(耐えろ…!きっとこーいう関係性が、たまらん人達にはたまらんのだッッ!)ギリギリ

邪神ちゃん「や、やれやれ…相変わらずの天邪鬼ですの。でも、私にはそんなのすべてお見通し…」フフフ

ペルちゃん「急になに言ってるの?迷惑だからこれ以上頭おかしくならないでよね」

邪神ちゃん「ぐうううううっ…!!」プルプル

邪神ちゃん「い、いいんだぞ?そんな風に強がらなくても…邪神ちゃんお姉さんには、本当の気持ちをさらけ出して……」

ペルちゃん「そりゃ、私だって出来る事ならストレートに『〇ね』って言いたいけど、いろんな所に引っ掛かるから我慢してるんだよ」

邪神ちゃん「我慢してんのはこっちだゴルアアァァァァ!!」プッチーン

ペルちゃん「顔近づけないで。ソーシャルディスタンスっ!」

ペルちゃん「あと、フツーにくさい」

邪神ちゃん「くさっ…くさいワケあるかっ!フツーに傷つくだろうが!取り消せえええーっ!」

ペルちゃん「取り消さないもーん」

12 : 以下、名... - 2022/07/17 20:56:53.95 G1i1io+P0 12/23

邪神ちゃん「くっそぉー!なんなんだよあのガキはっ!」プンスカ

邪神ちゃん「おや、ここはぺこらの住み着いてる公園ではないか」

邪神ちゃん「よぉーし!この鬱憤をぺこらにぶつけて晴らしてやりますの!」

邪神ちゃん「……おっと、いかんいかん。目的を見失っては」

邪神ちゃん「ふむ。天使と悪魔、本来は敵対する間柄での百合かぁ…」

邪神ちゃん「異色に見えて、なにげに古くからある王道百合ですの!これは熱い!″萌え″でなく″燃え″っ!!」


ぽぽろん「ちょっと、そこ邪魔なんだけど」


邪神ちゃん「お、おぅ…のえるさんか…」

ぽぽろん「公園の入り口でブツブツ独り言って…相当ヤバイ奴に見えるよ?」

邪神ちゃん「気をつけますの。んで、そっちもぺこらに用事なん?」

ぽぽろん「別に用ってほどじゃないけどさ。ぺこら様ー、いるー?」

13 : 以下、名... - 2022/07/17 20:59:39.38 G1i1io+P0 13/23

ぺこら「おおっ!ラーメンっ!!」ジュルリ

ぺこら「本当によいのですか?いただいてしまって」

ぽぽろん「勘違いしないで。出前のオーダーミスしちゃったからぺこら様に証拠隠滅させてるだけ」

ぺこら「オーダーミスしたのなら、こんなところに寄り道してないで早く帰らないといけないのでは?」

ぽぽろん「う、うっさい!だから早く食べちゃってって言ってるの!つまらないこと気にしないでっ!!」

ぺこら「そ、そうですね。それでは遠慮なく…♪」ズゾゾ…

ぺこら「ぶほっ!?」

ぽぽろん「あーあー、もう…なにやってるんですか」

14 : 以下、名... - 2022/07/17 21:00:50.26 G1i1io+P0 14/23

ぺこら「けほっ…!けほっ…!す、すみません。温かいものって久々で…」プラーン

ぽぽろん「ぷっw ちょっと、鼻から出てるって。汚いなぁ」

ぽぽろん「ほら、ティッシュ。あ、両手ふさがってるか。仕方ない、私がかんであげるからチーンってして」

ぺこら「チ──ン!」

ぺこら「えへへ。すみませんね、何から何まで…」

ぽぽろん「ホントだよ。あまり世話ばかり焼かせないで」


邪神ちゃん「なんつーか、お前ら…尊いな!」

ぽぽろん「は…はあああああああああああっ///!?」

邪神ちゃん「いやぁホント、参考になるわー」

ぽぽろん「う、うっさい!見られてると気が散るから帰ってよ!」

ぺこら「そーいえば、今日はお前は何をしに来たのですか…?」

15 : 以下、名... - 2022/07/17 21:02:50.24 G1i1io+P0 15/23

そうして…



邪神ちゃん「先生!教師と生徒の禁断の恋はいかがっすかー!?」

ペルセポネ「うふふ。私には愛する夫がいるから」



キョンキョン「それじゃ、邪神ちゃんはお父さん役ってことカ?ならばキョンキョンはお母さん役ネ♪」

邪神ちゃん「お前とだと、おままごとにしか見えんのよなぁ…」



邪神ちゃん「ほ~れ、お菓子をあげるからお姉さんとイイコトしよ~う?」

リエール「誘拐犯のマネごとか?板につきすぎだろ」



邪神ちゃん「お前らは人気も出番もないし、二人まとめてでいいなら組んでやらん事もないぞ?」

遊佐「なんの事だか知りませんが、とてつもない無礼を言われている事だけは分かりますね…」イライラ

浩二「……」ムカムカ



邪神ちゃん「ええっと、あの、一日だけでもあなたより長生きしますのっ!」

ぴの「……管理人さんつながりだからって安直すぎません?」



芽衣「大蛇まr」

邪神ちゃん「っ!?」←全力逃走

16 : 以下、名... - 2022/07/17 21:04:08.80 G1i1io+P0 16/23

邪神ちゃん「はぁ…結局私にふさわしい相方は見つからなかった…」トボトボ

邪神ちゃん「今日は慣れない事をしてぐったりの一日でしたの…」

邪神ちゃん「だが、百合というものに対しての理解が深まった一日でもある!」

邪神ちゃん「まぁ、だからってそっちの道に目覚めたわけでは断じてないけどなー」

邪神ちゃん「ふぅ…やっと我が家ですの。ただいまー」ガチャ


メデューサ「あっ邪神ちゃん/// 待ってたんだよっ♪」


邪神ちゃん「げっ!?コイツのこと忘れてましたの!」

17 : 以下、名... - 2022/07/17 21:05:32.66 G1i1io+P0 17/23

ゆりね「ちょっと邪神ちゃん、ダメじゃない。自分でメデューサ呼び出しといて出かけちゃうなんて」

メデューサ「いいの、ゆりねさん。邪神ちゃんを待ってる間、生きてきて一番幸せな時間だったから……///」ポッ

邪神ちゃん「うわぁ…」

メデューサ「さっ、邪神ちゃん。何も言わなくてもわかってるよ/// 一緒に行こう?」

邪神ちゃん「い、行くってどこへですの…?」

メデューサ「私、こっちでお部屋借りたんだ。まずは同棲から初めてお互いの理解を深めようよ?」

邪神ちゃん「そんな勝手な!」

メデューサ「いつまでもゆりねさんの所にお世話になってたら迷惑でしょ?」

メデューサ「それに、二人っきりになれないと……ねっ///」ポッ

邪神ちゃん「ひっ…!?」ゾクッ

ゆりね「……」

18 : 以下、名... - 2022/07/17 21:07:25.19 G1i1io+P0 18/23

ゆりね「メデューサ、ちょっといいかしら」

メデューサ「はい?」

邪神ちゃん(ゆりね…?)

ゆりね「あなた、また邪神ちゃんに騙されてるわよ」

メデューサ「ええっ!?そ、そうなの邪神ちゃん!?」

ゆりね「そうよね、邪神ちゃん…?」

邪神ちゃん「へ…? あ、いや…まぁ……」

ゆりね「ダメよメデューサ。コイツに何か甘いこと言われたんでしょ?そういう時って絶対ろくでもないこと企んでるんだから」

ゆりね「そうでしょ、邪神ちゃん?」

邪神ちゃん「お…おおう!そうともっ!」

邪神ちゃん「この私の魅力で、お前から過去にないレベルの大金を引き出す一大プロジェクトだったんですの~っ!」ハーッハッハーッ!

メデューサ「そんなぁ…」シュン

ゆりね「ごめんねメデューサ。この馬鹿は私がきつく叱っておくから、今日のとこは帰った方がいいわ」

メデューサ「は、はい。そうします……」トボトボ

19 : 以下、名... - 2022/07/17 21:08:43.05 G1i1io+P0 19/23

邪神ちゃん「ゆ、ゆりね…お前……」

ゆりね「なによ?ろくでもないこと考えてたのは当たってるでしょ?」

ゆりね「言っておくけど、別にあんたの為じゃないし、あんたがいなくなるのが寂しいとかでは断じてないから」

ゆりね「あんたのバカに振り回されるメデューサが気の毒だっただけ。ただそれだけよ」

邪神ちゃん「ふ、ふん…!そーかよっ!」プイッ

ゆりね「さ、早く夕飯にしてちょうだい。あんたが遅くまでほっつき歩いてるからお腹空いちゃった」

邪神ちゃん「へーへー。まかせとけーですの」


邪神ちゃん「………りがとなっ///」ゴニョゴニョ


ゆりね「なにか言った?」

邪神ちゃん「なんでもねーよっ!」

20 : 以下、名... - 2022/07/17 21:10:38.97 G1i1io+P0 20/23

邪神ちゃん「ほらよ。できましたの」

ゆりね「…どーしたのよ。私の好物ばかりじゃない」

邪神ちゃん「そーか?冷蔵庫の中身を整理しようと作ったらこうなっただけですの」

ゆりね「まぁいいけど。いただきまーす…」パク

邪神ちゃん「うめーか?」

ゆりね「…おいしいわ。いつもありがとうね、邪神ちゃん」

邪神ちゃん「べ…別に飯作ったくらいで礼なんてけっこうですのっ///」

ゆりね「くす。何よそれ、あんたらしくない」

邪神ちゃん「何をいう。私はいつでも自分らしく生きて…あれ、ソースどこやったっけ?」

ゆりね「ああ、私が使ったままだったわ。はい」

邪神ちゃん「おう」


チョン


邪神ちゃん「…っ///」

ゆりね「な、なによ?ちょっと手が触れただけじゃない」

21 : 以下、名... - 2022/07/17 21:12:14.81 G1i1io+P0 21/23

邪神ちゃん「///」

ゆりね「やっぱり今日のあんたちょっと変よ?熱でもあるんじゃ…」

邪神ちゃん「よ、よせっ…!」

ゆりね「いいから見せなさい!馬鹿だって立派に風邪はひくんだから!」

邪神ちゃん「や、やめろ…/// 顔を近づけるな!私の額に触れるなぁ!」

ゆりね「う~ん…ちょっと熱っぽいかも…」

邪神ちゃん「~///」


邪神ちゃん「も、もういいだろうっ!」バッ

ゆりね「あ、こら!もっとちゃんと見せなさ── きゃっ!」コテン

邪神ちゃん「うおっ…!?」


ドサッ(重なり合い倒れる二人)


ゆりね「あいたた…もう、あんたが暴れるから…」

邪神ちゃん「~っ///」ドックンドックン

22 : 以下、名... - 2022/07/17 21:13:56.64 G1i1io+P0 22/23

ゆりね「ちょっと、なんで顔隠してるのよ」

邪神ちゃん「……なんでもねーですの」

ゆりね「露骨に怪しいわね。あんた、まだ何か企んで──」

邪神ちゃん「だって!!」

ゆりね「…?」

邪神ちゃん「今日一日、ずっと百合のことばかり考えてたから……」

ゆりね「なにを考えてたですって…?」ピク

邪神ちゃん「それで…さっきメデューサから守ってくれたゆりねがカッコよかったからっ…///」

邪神ちゃん「なんだか意識しちゃって…ゆりねと居るとドキドキして……///」


邪神ちゃん「だからっ!こんな真っ赤になった顔……見せられるワケないだろうっ!!」


ゆりね「えっ…///」キュンッ♡




邪神ちゃん「─────お前、いま ″キュンッ♡″てしただろ?」ニヤリ




ゆりね「……は?」

23 : 以下、名... - 2022/07/17 21:15:41.18 G1i1io+P0 23/23

邪神ちゃん「まんまと私の ″同性へ芽生えた淡い想いに戸惑う初心な少女″の芝居に騙されやがって~www」ケラケラ

邪神ちゃん「いやぁ~、今日一日で百合道を極めた私には、さしものゆりねさんも敵わないようですなぁ~www」

ゆりね「……」プルプル

邪神ちゃん「″キュンッ♡″じゃねーよwww ″キュンッ♡″じゃwww」

邪神ちゃん「しっかし、ゆりねはそっちだったかぁ~」

邪神ちゃん「おー怖い。これからは一瞬たりとも気を抜いたら貞操の危機が──」



ゆりね「その前に生命の危機を味合わせてあげるわよっ…!」





いつもよりこっぴどくボッコボコにされた邪神ちゃんであった



おしまい




記事をツイートする 記事をはてブする