1 : VIPに... - 2013/05/31 21:18:04.19 wZ+VqjwHo 1/8

律子「…………」カコカコ

P「なぁ、律子……その携帯の待ち受け……」

律子「ああ、これですか。プロデューサーですよ」

P「……いつ撮ったんだ」

律子「この間寝てた時に。他にもありますよほら……でも、これが一番良く撮れてますね。送りましょうか?」

P「いや、いいよ……」

元スレ
P「なぁ、律子……それって……」 律子「はい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370002684/

2 : VIPに... - 2013/05/31 21:18:37.13 wZ+VqjwHo 2/8

P「なぁ、律子……そのストラップ……」

律子「ああ、これですか。プロデューサーですよ」

P「……もっと可愛いのつけろよ」

律子「デフォルメが効いてて可愛いじゃないですか。私が作ったんですよ。細部まで丁寧でしょう?欲しいならもう一つ作りますけど」

P「いや、いいよ……」

3 : VIPに... - 2013/05/31 21:19:41.79 wZ+VqjwHo 3/8

P「なぁ、律子……その消しゴム……」

律子「ああ、これですか。無意味に切り刻んでる訳ではありませんのでご心配なく」

P「……何してるんだ?」

律子「ちょっと待ってくださいね……よしっ、できた」

P「…………?」

律子「ほら、こうして……ぺたりと」ペタペタポン

P「………………俺か」

律子「すごいでしょう。髪の感じを再現するのに手間取っちゃって……欲しいならもう一つ作りますけど」

P「いや、いいよ……」

4 : VIPに... - 2013/05/31 21:20:31.03 wZ+VqjwHo 4/8

P「なぁ、律子……その布……」

律子「ああ、プロデューサーがもう着ないって言ってたシャツですよ」チクチク

P「すごいな、律子。裁縫もできるのか」

律子「淑女の嗜みです……よしっ、完成」

P「雑巾か。給湯室の棚に入れといてくれ」

律子「ハンカチですよ。私が使うんです」

P「………………ああそう」

律子「そういえば私もいらないシャツあったな……ハンカチ、欲しいならもう一つ作りますけど」

P「いや、いいよ……」

5 : VIPに... - 2013/05/31 21:21:34.16 wZ+VqjwHo 5/8

P「なぁ、律子……そのソフト……」

律子「…………え?あ、はい。すみません。イヤホンしてて……」

P「……そのソフト」

律子「ああ、この間経費で買って貰えた音声編集ソフトですよ。やっぱり有料版はパワーがダンチですね。機能も多いし……」カチカチ

P「……何を編集してるんだ?」

律子「聴きますか?スピーカーに繋いで……と」カチッ


『涙のハリケェエーーン!!』


P「…………俺か」

律子「ええ、この間のカラオケの音声です。オケの音がしょっぱいので、ちゃんとしたのに差し替えてるんです」

P「そんなことできるのか?」

律子「言ったでしょう?有料版はパワーがダンチだって。多少手間ですけどね……やってできないことは無いんです」カチカチ

P「これ、どこかに出したりとかはしないよな?」

律子「大丈夫ですよ。個人で楽しむだけなので。欲しいなら一枚余分に焼いておきますけど」

P「いや、いいよ……」

7 : VIPに... - 2013/05/31 21:23:41.85 wZ+VqjwHo 6/8

P「なぁ、律子……そのソフト……」

律子「ああ、経費で買って貰えた映像編集ソフトですよ。やっぱり有料版はパワーがダンチですね。機能も多いし……」カチカチ

P「この間のライブの映像か……ステージ裏の映像だけど、これは?」

律子「途中まで編集終わってるので、見てみますか?」カチッ


『春香!足元気を付けろよ……うわぁっ!』ドンガラ


P「…………俺か」

律子「ええ、ライブ中、ステージ裏で起きたプロデューサーの珍プレー好プレーをまとめているんです」

P「よくこれだけ集めたな」

律子「私、こっそりカメラ回してるんですよ」

P「気付かなかった……これ、すごい恥ずかしい。どこかに出したりとかしないよな?」

律子「大丈夫ですよ。個人で楽しむだけなので。欲しいなら一枚余分に焼いておきますけど」

P「いや、いいよ……」

8 : VIPに... - 2013/05/31 21:24:52.32 wZ+VqjwHo 7/8

P「なぁ、律子……そのスマホ……」

律子「ああ、変えたんです。機種変更しても番号は変えなくていいんだから、便利な世の中ですよね」

P「そうだな……あれ、そのロック画面」

律子「ああ、プロデューサーですね」

P「…………だらしない顔だな」

律子「ふふっ、そうですね。ほら、見ててください」

P「…………?」

律子「こうやって口元のよだれを拭ってあげると……」スス

P「…………」

律子「ほらっ、ホーム画面で慌てて起き上がるプロデューサー」

P「いつ撮ったんだ」

律子「昨日ですよ。覚えてないんですか?」

P「……そうだったな」

律子「プロデューサーのロック画面も同じように設定してあげましょうか?」

P「いや、いいよ……」

10 : VIPに... - 2013/05/31 21:28:28.43 wZ+VqjwHo 8/8

P「なぁ、律子……その手紙……」

律子「あっ、見ちゃ駄目です」

P「……いや、見ないけどさ」

律子「あっち行っててください」

P「分かった分かった」

律子「…………」カリカリ

P「…………」カタカタ

律子「……よし、と」トン

P「…………」カチカチ

律子「……~♪」オリオリ

P「…………ふぅー」ギッ

律子「プロデューサー」

P「……あれ、これさっきの」

律子「読んでください」

P「ああ、うん。どれ……」カサカサ


お仕事お疲れさま!いつもありがとう
あんまり無理しすぎないでね!


P「この隅に書いてある顔は…………俺か」

律子「へたっぴかな?やっぱり……」

P「そんなことない。……今日どこか、美味しいところへご飯食べに行こうか」

律子「うん!」




P(…………律子はかわいいなぁ!!!!!!!)



おわりつこ

記事をツイートする 記事をはてブする