1 : VIPに... - 2014/12/14 11:24:06.52 QBY/8axO0 1/40

艦これSSです。
キャラ崩壊注意。

前スレ
雷「青葉ショッピング?」
https://ayamevip.com/archives/53997213.html

雷「お料理行進曲?」
https://ayamevip.com/archives/56300573.html

2 : VIPに... - 2014/12/14 11:24:38.90 QBY/8axO0 2/40


「やあ夕張さん。ちょうどいいところに」

夕張「あら、響ちゃんどうしたの?」

「この荷物がうちに間違って配達されたので夕張さんに渡そうと思って」

夕張「あら、ありがとう」



夕張「ってこれ秋雲当てなんだけど・・・・」

3 : VIPに... - 2014/12/14 11:25:17.47 QBY/8axO0 3/40

「秋雲当ての荷物はよくうちに誤配送されるんだよ」

「うちは暁がいるからね」

「で、秋雲のところに持っていったら・・・」

「それは夕張さんがあえて秋雲当てにカモフラージュした荷物だと聞いてね」

「そんなにオタバレするのが嫌かい?」



夕張「オ、オタクじゃないわよ!」

4 : VIPに... - 2014/12/14 11:26:02.33 QBY/8axO0 4/40


「ちなみにこの荷物はゲームみたいだが」

「これレーティングが明らかに重巡以上なんだが、夕張さんがやってもいいのかい?」

夕張「中身見たの!?」

「そうじゃない。ここに書いてる」



中身;弩スケベHENTAIゲーム




夕張(ぎゃあああああああ!!宅配テロォォォォォォ!!)

5 : VIPに... - 2014/12/14 11:26:50.55 QBY/8axO0 5/40

「というわけで口止めにこういうゲームを貰ってきたわけだ」

「というか私たちに話しちゃ駄目でしょ・・・・」

「司令官に言うな、と言われただけだしね」

「私話すわよ。司令官に」

「構わないよ。君たちは口止めされてない」



(酷いのです・・・・)

6 : VIPに... - 2014/12/14 11:27:32.65 QBY/8axO0 6/40

「で、そのゲーム。レー・・何とか・・・」

「レーティング」

「そ、そうよ。それは大丈夫なんでしょうね?」

「まるゆ以上なら誰でも出来るそうだ」


(まるゆちゃんは出来ないのですか!?)

7 : VIPに... - 2014/12/14 11:28:20.32 QBY/8axO0 7/40

「ま、ゲームと言えばこの暁様よね」

「ひたすら一人で落ち物パズルゲーやってるだけじゃない」

「しかも対戦は嫌うのです」

「勝てないからに決まってるでしょ!!」



「おい・・・」

8 : VIPに... - 2014/12/14 11:29:16.91 QBY/8axO0 8/40

「ゲームはやはりシュミレーションに限る」

「格ゲーでしょ!KOF(艦娘オブファイターズ)とか面白いし」

「ス、スマホゲーが・・・」



「ま、それはそうとこのゲームだが」

「提ハート?」

「鎮守府にやってきた提督候補5人を艦娘が攻略するゲームらしい」


「やるわよ!!!!」

9 : VIPに... - 2014/12/14 11:29:55.52 QBY/8axO0 9/40


「主人公は職種は駆逐、巡洋、戦艦、空母、イージスから選べるそうだ」

「イージス!?」

「まあ素人が想像した間違った鎮守府なんだろう」

「艦娘の存在は世間は知ってても詳細は極秘なのです」

「KOFのボスも咸臨丸だしね・・・・」



「面白そうだからイージスにしよう」

10 : VIPに... - 2014/12/14 11:30:40.77 QBY/8axO0 10/40

------------------------------------------------------------

???「私この鎮守府に務める艦娘でイージス艦の『みらい』」

------------------------------------------------------------


「いや、その名前はまずい」



------------------------------------------------------------

みらい「素敵な恋がしたいなぁ。何処かにいい男は落ちてないかしら?」

みらい「そのついでに日本の平和も守っちゃうぞ、てへっ」

------------------------------------------------------------


「こいつ舐めてるよね?」

「艦娘を何だと思ってるんだ?」

11 : VIPに... - 2014/12/14 11:31:23.12 QBY/8axO0 11/40

------------------------------------------------------------

みらい「そんな私は今日も鎮守府に遅刻しそう」

みらい「また先輩に『泥棒猫』なんて言われちゃう!」

みらい「急がねば」

------------------------------------------------------------



「普通遅刻したからって『泥棒猫』とは言われないでしょ・・・」

「どう考えても普段の素行がやばい」

12 : VIPに... - 2014/12/14 11:32:06.69 QBY/8axO0 12/40

------------------------------------------------------------

みらい「朝ごはん食べる暇も無いから走りながら食べてるんだけど」

みらい「日本人はやっぱり白飯よね」

みらい「そんなご飯食べながら全力疾走してた時、ちょうど曲がり角で・・・」

------------------------------------------------------------


「お約束でぶつかるね」

「っていうか走りながらパン食べるならまだしも、ご飯って・・・・」

13 : VIPに... - 2014/12/14 11:32:48.13 QBY/8axO0 13/40


------------------------------------------------------------

どんっ!

みらい「きゃっ!」

???「大丈夫かい?」

みらい(す、素敵な男性が!)

一郎「僕は今日からここに来た提督候補の一郎さ。怪我は無いかい?」

みらい(私この人から目が離せない!何故!?)

------------------------------------------------------------

「パンツ一丁だからでは無いでしょうか・・・・」

14 : VIPに... - 2014/12/14 11:33:35.48 QBY/8axO0 14/40

------------------------------------------------------------

一郎「ところで君は奇跡を信じるかい?」

みらい「え?」

一郎「僕は信じるよ」

一郎「僕は今鎮守府に遅刻しそうで朝ごはんを食べながら走ってたんだ」

一郎「日本人は味噌汁だよね」

------------------------------------------------------------


「アホばっかりなのです!」

「味噌汁飲みながら走るとびしょびしょになるわよね?」

15 : VIPに... - 2014/12/14 11:34:24.21 QBY/8axO0 15/40

------------------------------------------------------------

一郎「その味噌汁が君とぶつかった瞬間」

一郎「君のご飯にかかったらしい」

一郎「見てごらん。『味噌汁がけご飯』の完成だ」

みらい「まあ素敵!」

------------------------------------------------------------

「『まあ素敵!』じゃねえええええ!!」

「汚ねーよ!」

16 : VIPに... - 2014/12/14 11:35:09.36 QBY/8axO0 16/40

------------------------------------------------------------

選択肢

1、鎮守府を案内する

2、味噌汁がけご飯を食べる

3、殺す


------------------------------------------------------------


「選択肢がおかしいのです・・・」

17 : VIPに... - 2014/12/14 11:36:05.30 QBY/8axO0 17/40

「普通に考えると1だね」

「2は絶対嫌だ」

「意表をついて3とか?」

「まあ攻略対象だし死ぬことは無いのです」



「じゃ、3で」

18 : VIPに... - 2014/12/14 11:37:20.11 QBY/8axO0 18/40

------------------------------------------------------------

一郎は死んでしまった。

同僚のイージス艦「こんごう」が逮捕された。

------------------------------------------------------------


「濡れ衣ーーーーー!!!」

「ほんとに死んじゃったのです!!」


------------------------------------------------------------

みらい「うー、遅刻遅刻」

------------------------------------------------------------


「またこのパターンか!」

19 : VIPに... - 2014/12/14 11:38:10.61 QBY/8axO0 19/40

------------------------------------------------------------

どんっ!

みらい「きゃっ!」

???「大丈夫かい?」

みらい(す、素敵な男性が!)

次郎「俺は今日からここに来た提督候補の次郎さ。怪我は無いかい?」

次郎「これも運命か。うう、体がうずく!神は俺を何度も試す!」


------------------------------------------------------------


「何だこの中二?」


21 : VIPに... - 2014/12/14 11:39:02.12 QBY/8axO0 20/40


------------------------------------------------------------

次郎「いいだろう。この何度目かの世界線も悪くない。右手よ、静まれ!」

みらい「だ、大丈夫ですか?」

次郎「また心配してくれるのか?この世界でも」

みらい「え?」

次郎「あんたも奇跡を信じるんだな?」

------------------------------------------------------------


「あ、嫌な予感」


22 : VIPに... - 2014/12/14 11:40:51.63 QBY/8axO0 21/40


------------------------------------------------------------

次郎「俺は運命に抗って遅刻しそうだったんだ」

次郎「走りながらシチューを食ってたのさ」

次郎「だがあんたとぶつかった瞬間奇跡が起きた」

次郎「見ろ。あんたのご飯に上にシチューがかかって」

次郎「シチューがけご飯の完成だ!」

------------------------------------------------------------


「ぎゃああああああああああ!!」


23 : VIPに... - 2014/12/14 11:41:40.72 QBY/8axO0 22/40

「ご飯にシチューかけんなぁ!!!」


「え、美味しいよね?」

「美味しいのです」




「いや、ありえない」

「絶対反対!」


24 : VIPに... - 2014/12/14 11:42:37.65 QBY/8axO0 23/40

------------------------------------------------------------

選択肢

1、奇跡に抗う

2、古の契約に基づき右手に封印された因果の法則を打ち破りし十六夜の第六天魔龍の刻印を発動させ伝説の魔以下略

3、病院に連れて行く


------------------------------------------------------------


「3だ」

「頭を診てもらうのです」

「体も診て貰うべきでしょ。『うずく』とか言ってたの内臓の病気かも」

25 : VIPに... - 2014/12/14 11:43:28.66 QBY/8axO0 24/40

------------------------------------------------------------

次郎は死んでしまった。

病が進行しており手遅れだった。

------------------------------------------------------------


「やっぱり」

「あれ?二人目も死んだの?」


26 : VIPに... - 2014/12/14 11:44:18.38 QBY/8axO0 25/40

------------------------------------------------------------

みらい「うー、遅刻遅刻」

------------------------------------------------------------


「だから何で出会いがいつもこのパターンなんだよ!」


------------------------------------------------------------

どんっ!

みらい「きゃっ!」

三郎「俺は提督候補の三郎。提督を足がかりに出世しまくって日本を獲る!」

みらい「素敵!」

------------------------------------------------------------


「ついに心配もしなくなったのです・・・」


28 : VIPに... - 2014/12/14 11:45:07.86 QBY/8axO0 26/40

------------------------------------------------------------

三郎「ちなみに俺は遅刻しそうで今日はボルシチを食いながら走ってたんだ」

三郎「見てみろ!俺の食ってたボルシチがご飯の上にかかっ・・・」

------------------------------------------------------------


「ウラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

「ひ、響!?」

「ご飯にボルシチかけんなああああああああああああああああああ!!!」


------------------------------------------------------------

三郎は死んでしまった。

------------------------------------------------------------


「死んでるーー!!」


29 : VIPに... - 2014/12/14 11:46:11.59 QBY/8axO0 27/40

「攻略対象5人中3人死んじゃったのです」

「どうするのよ、これ」

「と、とりあえず今後は慎重に」

------------------------------------------------------------

四郎「俺は遅刻しそうで今日はカレーを食いながら走ってたんだ」

四郎「見ろ。俺のカレーがあんたのご飯にかかってカレー丼の完成だ!」

------------------------------------------------------------

「カレーはありよね」

「ありね」

(みんな麻痺してるのです!!)


30 : VIPに... - 2014/12/14 11:47:29.19 QBY/8axO0 28/40

------------------------------------------------------------

その後もイベントは進行した。

最初トランクス一丁だった四郎は・・

イベント進行ごとに薄着になっていった。

------------------------------------------------------------

「ついに葉っぱ一枚になったのです」

「はらはらするわね。葉っぱだけに」

「別の意味でね・・・」


31 : VIPに... - 2014/12/14 11:48:17.38 QBY/8axO0 29/40

------------------------------------------------------------

四郎は死んでしまった。

これ以上はレーティングの関係上表現できないので。

------------------------------------------------------------

「レーティングに殺された!?」

「4人死んだのですが・・・・」

32 : VIPに... - 2014/12/14 11:49:04.28 QBY/8axO0 30/40

------------------------------------------------------------

五郎「戦争か・・・・。僕は戦争が嫌いなんだ」

みらい「じゃあ何故提督候補に?」

五郎「それ以上にみんなの悲しむ顔が嫌いだからさ」

------------------------------------------------------------


「あれ?まともだ」


33 : VIPに... - 2014/12/14 11:49:47.68 QBY/8axO0 31/40

------------------------------------------------------------

五郎「両親が深海凄艦に殺されてね」

みらい「私仇を取ります!」

五郎「違うんだ。恨みは連鎖する」

五郎「僕たちはそれに囚われてはいけない気がするんだ」

みらい「五郎さん」

------------------------------------------------------------

34 : VIPに... - 2014/12/14 11:50:29.31 QBY/8axO0 32/40

------------------------------------------------------------

五郎「げほっ、ごほっ」

みらい「五郎さん!」

五郎「そ、そうなんだ。僕の体はもう長くは持たない」

五郎「その前に提督としてみんなに勝利を・・」

みらい「五郎さん!!」

------------------------------------------------------------

35 : VIPに... - 2014/12/14 11:51:10.23 QBY/8axO0 33/40



------------------------------------------------------------

五郎「これが最後の出撃だ」

五郎「深海のボスを倒せばすべてが終わる」

みらい「五郎さん、体のほうは?」

五郎「最近は問題ないよ」

みらい「ではイージス艦みらい抜錨します」

五郎「頼んだよ。みらい」

------------------------------------------------------------

36 : VIPに... - 2014/12/14 11:51:49.80 QBY/8axO0 34/40

------------------------------------------------------------

五郎(ありがとうみらい)

五郎(どうやら僕はここまでのようだ)

五郎(何一つ思い残すことは無い)

五郎(あるとしたらみらいを出迎えられないことか)



五郎(さようなら)



------------------------------------------------------------

37 : VIPに... - 2014/12/14 11:52:31.74 QBY/8axO0 35/40

「五郎おおおおおおおお!!」

「あんまりなのです!かわいそうなのです!」

「ぐすん・・・」

「最後にこんな話が隠されてたとは」


「まだ終わってないわ!ボスとの決着があるわよ!」


38 : VIPに... - 2014/12/14 11:53:16.32 QBY/8axO0 36/40

------------------------------------------------------------

みらい「そ、そんな!ボスがここまで強いなんて!」

みらい「私はここまでなの!?」

みらい「五郎さん・・・」




???「諦めるな!」


------------------------------------------------------------


「誰!?」

39 : VIPに... - 2014/12/14 11:53:58.48 QBY/8axO0 37/40

------------------------------------------------------------

みらい「あ、あなたは四郎さん!?」

四郎「俺は死んだふりをして裏で動いてたのさ」

四郎「そして自らを改造して人間でありながら艦娘に匹敵する力を手に入れた」

------------------------------------------------------------

「何この超展開」

40 : VIPに... - 2014/12/14 11:54:42.03 QBY/8axO0 38/40

------------------------------------------------------------

四郎「名づけて『艦ムスコ』」

四郎「行くぞみらい!ボスを倒す!」

みらい「はい!」


ドゴオオオオン!


ボス「オノレ!アノヨウナタンショウホウケイニワタシガ!」

四郎「大団円だ」

------------------------------------------------------------

41 : VIPに... - 2014/12/14 11:55:25.30 QBY/8axO0 39/40

------------------------------------------------------------

みらい「そんな!五郎さんが!!」

四郎「五郎は俺の弟だったんだ」

四郎「弟を愛してくれてありがとう」

四郎「あいつの意思は俺が受け継ぐ」

四郎「ついて来てくれるか?」

みらい「はい!!」







------------------------------------------------------------

42 : VIPに... - 2014/12/14 11:56:02.49 QBY/8axO0 40/40



「いい話・・・だったのかなぁ?」

「何か美味しいところ全部持ってたわね」

「ま、まあ一応ハッピーエンドなのです」

「まあこれでいいんじゃない」



「ああ、忘れてたけど」

「続編もあるんだ」

「五郎がサイボーグとして復活するという」



「もうごめんよ!!」





記事をツイートする 記事をはてブする