1 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:06:13.770 a2uaOunh0 1/21

町長「町を襲う魔物を倒して頂き、ありがとうございます」

勇者「いえ、当然のことをしたまでです」

勇者「ところで、これから我々は船で他の大陸に渡りたいのですが……」

町長「でしたら、北の町に行くのがよろしいでしょう。大きな港がありますから」

勇者「ありがとうございます。それじゃみんな、今度は北の町に行こう!」

戦士「おう!」

女魔法使い「オッケー!」

女僧侶「分かりました!」

元スレ
勇者「もしかしてこの世界、ここまでしか作ってないんじゃ……」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1638435973/

4 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:09:31.298 a2uaOunh0 2/21

スタスタ…

勇者「北はこっちだよな」

戦士「北の町ってどんなところなんだろうな」

女魔法使い「楽しみ~!」

女僧侶「おいしい海の幸を食べられるといいですね!」

スタスタ… スタスタ…

ザザーン…

勇者「海に着いた」

戦士「町なんかどこにもないぜ!?」

5 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:12:23.546 a2uaOunh0 3/21

勇者「ここが大陸で一番北の地点のはずだ……」

戦士「じゃあ、俺らが町を見逃したってことか」

女魔法使い「まっすぐ北に向かってたつもりだったけどね」

女僧侶「もしかしたら、北といっても“北東”だとか“北西”だったのかもしれませんね」

勇者「仕方ない、北の町を探そう!」

……

勇者「ない……どこにもない!」

戦士「ああ……“北の町”なんて見当たらないぜ!」

女魔法使い「私なんて、北の町を教えてくれた町長さんがいる町まで戻っちゃったわよ」

女僧侶「これはどういうことでしょう?」

勇者「あまり考えたくなかったが、これはもしかすると……」

6 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:15:16.745 a2uaOunh0 4/21

勇者「この世界、ここまでしか作ってないんじゃ……」

女魔法使い「え?」

女僧侶「どういうことです?」

勇者「この世界を創造した“神”という存在がいたとして、その神はここで世界を作るのをやめてしまったんだ」

勇者「だから、北の町なんかどこにも存在しない……」

勇者「下手すると、この大陸以外の大陸や、俺たちが倒すべき魔王すら存在してないのかもしれない」

戦士「ってことは俺らはどうなるんだよ!?」

勇者「どうもこうもない。俺たちの冒険は……ここで終わりだ」

8 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:18:32.294 a2uaOunh0 5/21

女魔法使い「そ、そんなぁ!」

戦士「こんなのあんまりだぜ! みんなの期待を背負って旅立ったのに!」

勇者「……」

女僧侶「教えて下さい! どうして神は作るのをやめてしまったんでしょう?」

勇者「俺に聞かれても……。だけど、推測はできる」

勇者「神様はきっと忙しくなったとか、あるいは飽きちゃったんじゃないかな」

戦士「飽きたって、そんな理由で俺らをほっぽり出したのかよ!」

女魔法使い「飽きるくらいなら最初から作らないで欲しかったわ! 私たちどうすりゃいいのよ!」

勇者「……」

11 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:21:51.847 a2uaOunh0 6/21

勇者「こうなったら考えを変えよう」

女魔法使い「え?」

勇者「ないのなら……作ればいいじゃないか」

女僧侶「作るって何をです?」

勇者「とりあえず……どこにもなかった、“北の町”を」

勇者「家を建てて、道を整えて……と町を作れば、きっと住民が集まってくる!」

勇者「神様がもう見てるか知らんが、俺らだけでもやれるってところを見せてやろうじゃないか!」

戦士「そりゃいいな! 賛成だ!」

女魔法使い「目のつけどころが違うわね!」

女僧侶「さすが勇者さんです! 私たちを勇気を与えてくれる!」

12 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:25:12.307 a2uaOunh0 7/21

勇者「さいわい、木は沢山あるからな。斬るぞ!」

戦士「おう!」

スパッ! ズシン… ズパッ! ズズン…

勇者「そして、これらの木材を使って……家を建てる!」

戦士「大工仕事もなかなか楽しいもんだな!」

トンテンカン… トンテンカン…

13 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:28:17.872 a2uaOunh0 8/21

女魔法使い「私はこのあたりを掃除するわ」

女魔法使い「風よ……塵を吹き飛ばしたまえ!」

ビュゴオッ!

女魔法使い「うん、スッキリ! ……あんたは何をしてるの?」

女僧侶「祭壇を作ってるんです」

女魔法使い「祭壇? 神に祈るための?」

女僧侶「そうです。やはり心の拠り所は必要ですから」

女僧侶「ただし、祈るのはこの世界を放り出した神様にではなく……」

女僧侶「これからの世界に対してです。そうすれば、きっと新しい神様が生まれるはずです」

女魔法使い「なるほどね。しっかり神官を頼むわよ」

女僧侶「はいっ!」

15 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:31:23.175 a2uaOunh0 9/21

ワイワイ…

「こんなところに町が出来たのか」

勇者「噂を聞きつけて人が集まってきた」

「ここに住んでいいのかい?」

戦士「もちろんだ!」

「道路も丁寧に舗装してあるわねえ」

女魔法使い「私がやったのよ! すごいでしょ!」

「おおっ、この祭壇は……!」

女僧侶「皆さん祈って下さい。この新しい世界が栄えることを!」

17 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:34:50.016 a2uaOunh0 10/21

ワイワイ…

「いらっしゃい、いらっしゃーい! 安いよー!」

「ママー、こっちこっち!」

「ウ~イ……酒がうめえや」

勇者「産業が活性化して、人口が増えてきたな」

戦士「ああ、存在しなかった北の町が誕生したんだ!」

女魔法使い「すごいわ私たち!」

女僧侶「この世界を作った神様にざまあみろしたい気分ですね!」

19 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:39:24.499 a2uaOunh0 11/21

やがて――

勇者「この町もだいぶ栄えてきた」

勇者「そろそろ、町から“国”へとランクアップしたいと思うのだが……」

ワァァァ… ワァァァ…

勇者「みんな、賛成のようだね。さて……“王”に相応しいのは誰だと思う?」

「勇者!」 「勇者!」 「勇者!」 「勇者!」 「勇者!」

勇者「……!」

21 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:42:04.537 a2uaOunh0 12/21

勇者「俺がこの国の王で……いいか!?」

オオオオオッ!!!

勇者「ありがとう……。みんな、ありがとう」

勇者「それでは本日より、俺は王となり、仲間だった三人は貴族とする!」

戦士「よろしくな!」

女魔法使い「これからも私たちを応援してね!」

女僧侶「皆さん、祈りを忘れずに」

勇者「きっといい王様になってみせる! 期待していてくれ!」

ウオオオオオオッ!!!

…………

……

22 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:46:25.878 a2uaOunh0 13/21

……

侍女「ワインです」

勇者「うむ」グビッ

勇者「不味い」パリンッ

侍女「え……」

勇者「このような不味いワインを作った職人は処刑せねばな」

侍女「えっ……!」

勇者「そして、このようなワインを運んできたお前の右手には……罰を与える」グイッ

ボキッ!

侍女「あああああっ!!!」

25 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:50:09.495 a2uaOunh0 14/21

勇者「さて、風呂に入るか」

勇者「……」チャプ…

勇者「ぬるい」

勇者「今日の風呂、湯加減を担当したのは誰か!?」

使用人「わ、私でございます」サッ

勇者「そうか。正直に名乗り出た勇気に免じて、寛大な処分をしてやろう」

使用人「あ、ありがとうございます!」

ザンッ! ボトッ…

勇者「拷問無し。一瞬の斬首という処分でな」

27 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:53:06.519 a2uaOunh0 15/21

戦士「女を連れてこい!」

「よ、よろしくお願いします……」

戦士「ほぉ~う、なかなか素朴そうな女じゃないか。俺好みだ。そそるぜ」

戦士「俺のパワーに耐えてくれよ。前の女は、全身骨折させちまったからよぉ」

「ひいっ……!」



女魔法使い「これがあなたの持ってきた宝石?」

宝石商「そうでございます……」

女魔法使い「輝きがにぶい。私に相応しくないわ。あなたは炎に焼かれて死になさい」

ボワァァァッ!

宝石商「あぎゃぁぁぁぁぁ……!」

28 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:56:23.909 a2uaOunh0 16/21

女僧侶「これっぽっちですか?」

信徒「え?」

女僧侶「神への寄付金……これっぽっちかと聞いてるんです」

信徒「申し訳ございません! これ以上払うと生活ができなく……」

女僧侶「生活ができぬのなら、あの世に送って差し上げましょう。神罰を受けなさい」

ズオオオオ…

信徒「が……か、体がく、くさる……」ブスブス…

女僧侶「死体は再利用してあげましょう。私の忠実なしもべとしてね」

29 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 18:59:25.790 a2uaOunh0 17/21

勇者「王と貴族は何をしても許される……」

勇者「神よ、この世界を中途半端に作ってくれて感謝するぞ!」

勇者「おかげで俺たちに刃向かえる勢力はどこにもないのだから!」



権力と名声は人を変えてしまう。

勇者と三人の仲間は瞬く間に堕落し、暴君と化した。

いつしか三人の仲間は“三鬼族”と呼ばれるようになり、勇者は“魔王”と恐れられるようになった。

創造した神がいなくなった以上、もはやこの世界には絶望しかない。

しかし――

30 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 19:03:35.626 a2uaOunh0 18/21

少年「だーっ!」バシッ

「うわっ! ま、参った!」

「うーむ、お前の剣筋は天性のものがあるな。とても敵わん」

少年「ありがとう」

「お前ならもしかしたら……」

少年「うん、ぼくが世界に平和を取り戻してみせる。ぼくが魔王を倒す!」



作りかけの世界にて、少年の冒険が今始まる――

チャラッチャーン

…………

……

31 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 19:07:25.056 a2uaOunh0 19/21

「……」

「ずいぶん回りくどいストーリーだな、このフリーゲーム。勇者は主人公だと思ったら悪役かよ」

「お、セーブできる。とりあえずここでセーブするか……」

「ちょっとー! 来てちょうだーい!」

「はーい」

「ちぇっ、せっかくいいところだったのに」スタスタ

32 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 19:10:21.164 a2uaOunh0 20/21

「買い物行ってきてくれる?」

「え~?」

「たまには手伝いぐらいしなさい」

「分かったよ。なに買ってくればいいの?」

「商店街で、トイレットペーパーと電池、あとお米も買ってきてちょうだい」

「はーい。で、商店街ってどこだっけ?」

「ここから南に行って、郵便局曲がったらあるわよ」

「分かった。行ってきまーす」

33 : 以下、5... - 2021/12/02(木) 19:12:37.095 a2uaOunh0 21/21

「あれ……?」キョロキョロ

「ちゃんと言われた通りにしたのに、商店街なんてどこにもないじゃん」

「なにもない大地が続いてるだけ」

「あ、そうか。もしかしてこの世界も……」







END

記事をツイートする 記事をはてブする