1 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:47:09.58 CjczBLsc0 1/38

りんぱな「はぁー………」

「みかんが美味しいにゃー……」

花陽「お茶も温かくて美味しいねぇ…」

「そしてなにより……このこたつ」

「中にこもって丸くなりたいにゃー」

真姫「ちょっとふたりとも」



元スレ
真姫「花陽と凛とこたつ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416739619/

2 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:49:32.85 CjczBLsc0 2/38

真姫「いつまで現実逃避してるのよ」

真姫「そんなんじゃいつまでたっても冬休みの課題、終わらないじゃない」

真姫「なんのために花陽の家で勉強会してると思ってるのよ」

「真姫ちゃんみかん食べる?」

真姫「いらないわ。ていうか私の話スルーしないで」

花陽「あ、真姫ちゃんお茶新しいの用意してくるね」スクッ

真姫「ありがとう花陽……て、そうじゃなくて」

「じゃあ、アイスにするー?後で皆で買いに行くにゃー」

3 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:50:57.41 CjczBLsc0 3/38

真姫「ああもう………凛。課題どれくらい終わらせたの?」

「…………かよちーん!お茶まだー?」

「ちょっとまっててー」

真姫「はぁ………」

ガラッ

花陽「おまたせぇー」

4 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:52:15.23 CjczBLsc0 4/38

花陽「さっきね。お母さんが皆にってケーキ買ってきてくれたんだ」

花陽「せっかくだし食べよっか」

「わぁー!食べる食べるー!」

花陽「ほら、真姫ちゃんも」

花陽「チョコレートにチーズケーキにモンブラン」

花陽「それにティラミスにイチゴのショート。たくさんあるから好きなの食べてね」

真姫「もおー……これ食べたらちゃんと課題しなさいよ?」

5 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:53:22.37 CjczBLsc0 5/38

――――――――――――――――

「あー美味しかった♪」

花陽「ついつい2個食べちゃった♪」

真姫「さて、じゃあそろそろ――――」

「なんだか眠たく――――」

真姫「凛。そろそろ真面目にしないと本気で怒るわよ?」

「さ、さあて………そろそろ課題進めるにゃ」

7 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:54:54.26 CjczBLsc0 6/38

花陽「じゃあ花陽はお皿とか片付けてくるね」

「あ、凛も手伝うよ」

真姫「ダメよ。凛は課題進めなさい」

真姫「片付けは私が手伝うわ」

花陽「うん。ありがとう真姫ちゃん」


ザー

真姫「こんなものね」

花陽「ありがとう真姫ちゃん。おかげで早く終わったよ」

真姫「別に、私はお皿を拭いただけだし」

花陽「ふふ、そうだ。落ち着いた皆で少しでお出かけしない?」

花陽「コンビニにアイスクリーム買いに」

8 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:56:14.77 CjczBLsc0 7/38

真姫「それって凛が言ってたやつ?」

花陽「聞こえちゃったの。凛ちゃんが言ってたの聞いてたらなんだか食べたくなっちゃった」

真姫「もう、花陽ってば。太るわよ?」

真姫「それともまた海未に地獄のダイエットメニュー組んでもらいたいのかしら?」

花陽「ひぎっ……!?」

真姫「なんて、冗談よ。冗談」

9 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:57:08.50 CjczBLsc0 8/38

ガラッ

花陽「凛ちゃんお待たせー」

「すぅ……すぅ……」スヤスヤ

花陽「ふふ、凛ちゃん寝ちゃってるや」

花陽「ほら、こたつで寝ちゃ駄目だよー?風邪ひいちゃうよー?」ユサユサ

「うーん………」ムニャムニャ

真姫「…………ちょっと花陽。どいて」

10 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:58:37.83 CjczBLsc0 9/38

真姫「りーんー!私怒るって言ったわよねー!」グイー

「にゃ!?あがが!」

「いひゃい!いひゃいにゃー!?」

真姫「その前に言う事あるんじゃないのー!?」グイー

花陽「ま、まぁまぁ。真姫ちゃんそれくらいにしないと凛ちゃんのほっぺ取れちゃうよ」

真姫「自業自得よ!」

「ご、ごへんにゃはーい……!」

11 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 19:59:28.02 CjczBLsc0 10/38

真姫「まったく……」パッ

「かよちーん!真姫ちゃんが虐めるにゃー!」ギュ

花陽「え、ええっ!?」

真姫「なに?反省してないみたいね?」ジロ

「うう………」ウルウル

真姫「いつまでも遊んでないで早く課題終わらすわよ」

12 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 20:00:44.74 CjczBLsc0 11/38

真姫「終わらしたらアイス。買いに行ってもいいから」

「真姫ちゃん…?」

真姫「嫌な課題なんて早く終わらせて、トランプでもして遊んだ方が楽しいでしょ?」

真姫「そもそも課題、それほど多い量じゃないんだし、解らないところは私や花陽に聞きなさい」

真姫「皆でやればすぐに終わるわ」

「……真姫ちゃん、真姫ちゃん!」ギュー

14 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 20:01:52.52 CjczBLsc0 12/38

真姫「うぇええっ!?」

「真姫ちゃん!真姫ちゃーん!」

真姫「な、何!?何なの!?暑い!暑いから離れなさいよーっ!」

「凛ね、真姫ちゃんだーい好き!」スリスリ

真姫「ちょ、……なんて事言うのよ!」カアァ

「すぐ顔赤くして照れちゃう真姫ちゃん好きだにゃー」

15 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 20:05:41.05 CjczBLsc0 13/38

花陽「花陽も、そんな真姫ちゃん大好きだよ」

真姫「は、花陽までぇ……」

真姫「からっ……からかってないで……課題!かーだーいー!」カアァ

「はーい♪」

「それじゃあ、はじめよっか。まずは古文から――――」

花陽「そうだね。凛ちゃん解らないところがあったら――――」

真姫「はぁ……はぁ……もう、できるなら最初からしなさいよ……」

花陽「ふふ、アイスクリーム楽しみだね」ニコッ

真姫「べ、別に私はどっちでもいいんだけどっ…!」

16 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 20:16:04.22 CjczBLsc0 14/38

――――――――――――――――

ガラッ

「うぅ……寒い、寒いにゃー」

花陽「寒かったねぇ」

真姫「はやくこたつに入りましょ」

モゾモゾ

まきりんぱな「はぁー………」グデー

17 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:28:46.07 CjczBLsc0 15/38

真姫「まったく花陽のせいなんだからね」

花陽「えへへ……だって肉まん見たら急に食べたくなっちゃって…」

「凛はー。カレーまん♪」ゴソゴソ

花陽「花陽はあんまん♪」

「真姫ちゃんはー?」

真姫「ピザまんよ」

18 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:31:10.01 CjczBLsc0 16/38

花陽「皆違うんだね」

「じゃあ皆で食べ合いっこしよっか」

真姫「えっ?」

「というわけで真姫ちゃんのいただきまーす!」パクッ

真姫「あっ」

「はふはふ…。うーん……あったかくて美味しいにゃー」


19 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:33:14.94 CjczBLsc0 17/38

「はいどーぞ、かーよちん♪」

花陽「それじゃあ、花陽は凛ちゃんの」パクッ

花陽「はぁ……体が温まるよぉ」

真姫「………」

花陽「はい。真姫ちゃん」グイ

真姫「え?」

「え?じゃないよ?食べ合いっこだよ?」

20 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:34:29.65 CjczBLsc0 18/38

花陽「花陽のあんまん。食べてほしいな」

真姫「も、もう………一口だけよ?一口だけ」パクッ

真姫「………」モグモグ

花陽「どうかな?」

真姫「……いいんじゃないかしら」

21 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:36:19.99 CjczBLsc0 19/38

花陽「えへへ、真姫ちゃんに褒められた」

真姫「別に花陽を褒めたわけじゃ」

「いえーい!やったねかよちん」

花陽「うん!」

真姫「………別にふたりがいいならいいわよ。それで」

22 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:37:01.88 CjczBLsc0 20/38

真姫「でも………」

真姫「なんだかこういうの新鮮でいいわね」パクッ

真姫「………おいし」モグモグ

パシャ

真姫「」ビクッ

「真姫ちゃんの貴重なデレシーン撮れたにゃー」

23 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:39:56.20 CjczBLsc0 21/38

真姫「ちょ!?」

真姫「その携帯渡しなさい!消して!」

「やだよー。真姫ちゃんとの大事な思い出の写真なんだもん」

真姫「そういうのいいから、消しなさいよー!」

花陽「凛ちゃん。写真、花陽にもメールで送ってね」

真姫「花陽ぉー!」

24 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:40:43.85 CjczBLsc0 22/38

――――――――――――――――

真姫「はぁー……はぁー……」

「ふぅ……楽しかったぁ」

花陽「いっぱい動いちゃったから暑いや」

真姫「結局凛の携帯奪えなかったし…」

25 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:42:12.49 CjczBLsc0 23/38

「なんだか……食べて体を動かしたら眠たくなって…」

花陽「花陽も……」

花陽「でもダメだよぉ……こたつで寝ちゃ……風邪ひいちゃうよ」

「うん………」

「すぅ……すぅ……」

真姫「寝るの早いわね」

26 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:43:03.13 CjczBLsc0 24/38

真姫「まったく、なんだか小さな子どもみたいね」

真姫「花陽もそう思わない?」

真姫「花陽……?」

花陽「すぅ……すぅ……」

真姫「花陽も寝ちゃってるし」

27 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:44:23.46 CjczBLsc0 25/38

真姫「それじゃあ今のうちに凛の携帯を拝借して……」

真姫「うっ………パスワードが必要なのね」

真姫「はぁ………今度凛が携帯触ってるときに奪うしかないわね」

真姫「………」チラッ

りんぱな「すぅ……すぅ……」

真姫「私も少しだけ、休もうかしら」

28 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:45:10.51 CjczBLsc0 26/38

――――――――――――――――

真姫「すぅ……すぅ……」

「真姫ちゃんの無防備な寝顔いただきだにゃ」パシャ

真姫「ん………ふぅ……」

「ダメだよぉ凛ちゃん。ちゃんと断っておかないと」パシャ

「そういうかよちんだって写真撮ってるくせにー」パシャ

29 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:47:38.98 CjczBLsc0 27/38

真姫「ふぇ………」

花陽「おはよう真姫ちゃん。よだれ出てるよ」パシャ

真姫「………」ボー

真姫「‥‥……!」ゴシゴシ

真姫「ちょっと、凛花陽!これどういうことよー!」

30 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:49:26.11 CjczBLsc0 28/38

「どういう事ってなんのことにゃー?」パシャ

真姫「やめなさいよー!」

花陽「手で顔隠したらいい写真撮れないよ?真姫ちゃん」

真姫「撮らなくていいわよ!」

「んー……だったらー」

「えいっ」コチョコチョ

31 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:51:56.38 CjczBLsc0 29/38

真姫「っ!?」

真姫「ちょ、凛……ふふ、やめっ……あはは…」

「やだよー♪」コチョコチョ

真姫「やっ…はっ……だめ、ふふっ……///」モジモジ

花陽「真姫ちゃんとってもいい表情だよー」パシャパシャ

真姫「り、ん…花陽っ。やめ、本当……本当に怒るから…ふふっ」フルフル

真姫「おぼ、覚えてなさっ……ひっ…」

真姫「覚えておきなさいよぉ……っ」

32 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:52:43.31 CjczBLsc0 30/38

――――――――――――――――

真姫「ふぁ………」テクテク

真姫「散々な休日だったわ」

真姫「でも………たまにはああいうのもいいかもね」

真姫「……はやいうちに凛と花陽の携帯から写真消さなきゃね」

33 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:55:58.86 CjczBLsc0 31/38

「おはよー西木野さん」

真姫「あ、おはよう」

「西木野さんおはよう」

真姫「おはよう」

真姫(なんだか変ね。なんていうのかしら?いつもより声かけられるっていうか…)

「西木野さんおはよー」

34 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:57:03.57 CjczBLsc0 32/38

「ブログ見たよー。可愛かったねー」

真姫「ブログ……?」

「西木野さんああいう表情するんだね。それじゃ、また教室でねー」タッ

真姫「いったい何なの?」

真姫「ブログって、またにこちゃんがない事ない事書いてるんじゃないでしょうね」ポチポチ

35 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:58:36.40 CjczBLsc0 33/38

真姫「…………な」

真姫「なによ……これ…!?」

「真姫ちゃーん」タッ

「真姫ちゃんおはよー」

花陽「真姫ちゃんおはよう……ってどうしたの?」

36 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 21:59:11.64 CjczBLsc0 34/38

真姫「どうしたの?じゃないわよー!」

真姫「どうして凛たちが撮った写真がブログにのってるのよー!?」

「ええっ!?凛は知らないよー!」

真姫「しらばくれたって無駄なんだからねー!」ブンブン

「にゃ、にゃー!?」

37 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 22:01:29.91 CjczBLsc0 35/38

花陽「あ、あの…もしかしたらなんだけど」

花陽「花陽がね。皆に写真をメールで送ったの」

花陽「それがもしかしたら原因――――」

真姫「もしかしなくてもそれよー!」

花陽「ご、ごめんね。でも真姫ちゃん可愛いから」

花陽「可愛い真姫ちゃんを一人占めはやっぱりダメかなって……」

38 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 22:02:09.79 CjczBLsc0 36/38

真姫「かわっ……」

真姫「…………もう///」

(ちょろい)

「そうだよー。真姫ちゃんの可愛いところいっぱいいっぱい撮らなきゃねー」パシャ

真姫「ちょ、また凛はー!」

39 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 22:03:53.80 CjczBLsc0 37/38

真姫「その携帯渡しなさいよー!」

「真姫ちゃんが可愛いからやだよー」

真姫「なにそれ意味わかんないから!」

花陽「赤面の真姫ちゃんが凛ちゃんとくんずほぐれつしていて…」パシャ

真姫「変な事言わないで―!///」

真姫「ああ、ああもーっ!///」


おしまい

40 : ◆UFNnDwMYPk - 2014/11/23 22:05:16.86 CjczBLsc0 38/38

最後まで読んでいただきありがとうございました。
いつも通り真姫ちゃんの性格が崩壊してるかもです。崩壊してたらごめんなさい。

記事をツイートする 記事をはてブする