1 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:02:36.52 cE9c1yYW0 1/12

北斗「先生…、冬馬はあとどれくらいですか?」

医者「あと数時間って所でしょう…」

北斗「そんな…」

医者「手は尽くしましたが…」

翔太「冬馬君…」

冬馬「………」ピッ ピッ

元スレ
冬馬「おっぱいを…揉ませてくれ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412766146/

2 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:04:45.62 cE9c1yYW0 2/12

翔太「冬馬君、何か欲しいものとかない?」

北斗「何でも言ってくれ、どんなことでもする!」

北斗「せめて死ぬなら嬉しい思いをして死んだほうがいい!」

冬馬「…い…」

冬馬「何だって?」

冬馬「おっぱいを…揉ませてくれ…」

北斗「おっぱいが揉みたいんだな、わかった」

北斗「ほら、手を出して」

冬馬「うう…」スッ

ガシッ

モミモミ

冬馬「!?」

北斗「ん///ほら、おっぱいだ///」

冬馬「………」

3 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:05:47.40 cE9c1yYW0 3/12

冬馬「ゴフォッ!」ブハァ!

北斗「うわああああ! 血を吐いた!」

冬馬「ハアーーーッ、ハアーーーッ、ハアーーーッ!」ピーピーピーピーピー

医者「いけない! 今ので寿命が縮んだ!」

翔太「そんな!?」

北斗「やっぱり女性じゃないとダメなのか…」

翔太「どうするの? このままじゃ冬馬君、満足に死ねないよ!」

北斗「落ち着け! 落ち着くんだ!」

冬馬「ハアーーーッ、ハアーーーッ!」

4 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:06:41.22 cE9c1yYW0 4/12

北斗「そうだ! 翔太、お前確かお姉さんが3人もいたはずだろ?」

翔太「うん」

北斗「電話して頼んでみるんだ、冬馬のためにおっぱいを揉ませてやってくれと伝えてくれ」

翔太「わかった」

北斗「俺は妹に相談してみる、彼女のおっぱいは凄まじいから揉み応えがあるぞ!」

北斗「詳しいことを知りたかったらSideMの俺の雑誌をチェックだ!」



翔太「ごめん…、北斗君なら良いけど冬馬君に対しては嫌だって…」

北斗「こっちも兄さんの変態と言われて切られてしまった…」

5 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:07:39.72 cE9c1yYW0 5/12

冬馬「ハア…ハア…おっぱい…おっぱい!」ピーピーピー

北斗「まずい! このままじゃ冬馬はおっぱいを揉めずに死んでしまう!」

翔太「そうだ! 確か冬馬君にはファンクラブがあったはずだよ!」

北斗「なるほど、ファンのエンジェルちゃん達に相談しておっぱいを揉ませようという作戦か」

北斗「でかしたぞ翔太、たしかコイツの携帯に電話番号が載ってあったはずだ」

北斗「じゃあ早速…」ピッ

北斗「あ、もしもし? ジュピターの伊集院北斗ですけど」

北斗「あ、はい 興奮しているところ悪いのですが…」

北斗「実はかくかくしかじかでどうかおっぱいを…え? 無理?」

北斗「いくらファンでもそれはできないって? そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!」

北斗「このままじゃ冬馬はおっぱいを揉むことなく死んで…え、おっぱいおっぱいうるさい、キモイ?」

北斗「ああ、そうですか わかりました…それじゃあ」ピッ

北斗「ちくしょう! 世の中の女全員デビルだ!」

冬馬「おっぱい…おっぱい!」ピーピーピー

翔太「どうするの!? 冬馬君の顔、絶望してるよ!」

6 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:08:38.90 cE9c1yYW0 6/12

医者「持ってあと20分って所でしょう…」

翔太「ああ、もう…こんなときジョバちゃんはなにやってるの!?」

北斗「冬馬のお父さんを迎えに行ってるが遅いな…、渋滞に巻き込まれてるのか?」

翔太「ねぇ、他に女の子の当てないの?」

北斗「たくさんいるけどすんなりハイどうぞといってくれるとは思えない…」

北斗「ちくしょう…友が目の前で死に掛けているのに友の望みすら叶えることができないなんて…」グスン

翔太「泣かないで北斗君…、北斗君に責任はないよ…」

北斗「だがこのままじゃ…」

7 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:11:09.42 cE9c1yYW0 7/12

ガラガラ

冬馬父「冬馬!」

北斗「冬馬のお父さん!」

冬馬「ぉ…ぉゃ……」

冬馬父「ああ、冬馬…すまない! 息子がこんな姿になってるのに遅れてしまった私を許してくれ…」

冬馬「……ぉっ…ぃ…」

冬馬父「なんだ? なんかほしいのがあるのか? なんでも言ってくれ! できることならなんでもする!」

冬馬「おっぱいが…もみたい………」

冬馬父「おっぱいか? わかった、なら私のを…」

北斗翔太「わああああああああ、ストップストーーーーーップ!!!」

冬馬父「なんだ!?」

北斗「そんなことやったら冬馬は一瞬でお陀仏ですよ!」

翔太「父の乳なんか揉んでも喜ぶ人なんて誰もいませんよ!」

冬馬父「た、確かにそうだな…すまなかった…」

10 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:18:06.05 cE9c1yYW0 8/12

ガラガラ

「冬馬君!」

翔太「あ、ジョバちゃん」

「しっかりして、冬馬君!」

冬馬「ぁ………ぁぁ……」

北斗「ついにまともに話すことすらできなくなったのか」

翔太「どうするの!? もう時間がないよ!」

冬馬父「息子におっぱいを揉ませることができないなんて…」

北斗「もうだめだ…冬馬、すまない 非力な俺を許してくれ…」

「え? おっぱい?」

北斗翔太冬馬父「あっ…」

「え、何?」

11 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:19:19.93 cE9c1yYW0 9/12

冬馬「ぁぁ…ぁぁぁ……ぁぁ…」

「冬馬君、おっぱいが揉みたいんでしょ?」

冬馬「ぅ…ぁ……」

スッ

冬馬「ぇ…?」

「手を私の服の中、ブラの下に入れて…」

モミッ

「んん///」ビクッ

冬馬「…!?」

13 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:20:02.23 cE9c1yYW0 10/12

冬馬(…ははっ、この感触、この突起)

冬馬(やっと揉めた…、本物のおっぱい……だ………)ガクリ

ピーーーーーーーーーーーーーー

冬馬父北斗翔太「!?」

「冬馬ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

14 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:21:13.06 cE9c1yYW0 11/12

こうして、天ヶ瀬冬馬は17歳というあまりにも短い生涯を終えた

しかし冬馬は事切れた後でも見事な笑顔を保っていた

その顔は今まで見た笑顔の中で最高に切なく、そして最高に清々しいものだった

後にジュピターのマネージャーこと三条馬静は一人の男の子を授かる

その少年は特徴的なアホ毛を持ち、口調が悪いが正義感が強く、おっぱいが大好きであった

もしかしたら彼の生まれ変わりかもしれない

終わり

15 : ◆5m18GD4M5g - 2014/10/08 20:23:02.36 cE9c1yYW0 12/12

何でこんなの書いたんだろ?

記事をツイートする 記事をはてブする