1 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:11:16.395 ETYnynq70 1/25

ピンポーン

「はい」

女魔王「こんばんは……」

「お隣さん。どうしました?」

女魔王「世界を征服しすぎちゃって……よかったら半分いかがですか?」

「世界を……!?」

女魔王「はい……」

「分かりました、半分いただきますよ」

女魔王「ホントですか! ありがとうございます!」

元スレ
隣人の女魔王「世界を征服しすぎちゃって……よかったら半分いかがですか?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1633079476/

3 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:15:19.330 ETYnynq70 2/25

……

大臣「陛下」

「……」

大臣「陛下!」

「なんです?」

大臣「なんですじゃないでしょう。政務のお時間ですよ」

「政務?」

大臣「忘れたのですか。あなたは東世界の王でしょう」

「ん、ああ……そうだった」

(お隣さんは西世界、俺は東世界の王になったんだった)

4 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:18:30.453 ETYnynq70 3/25

「これより政務を始める! 何か東世界で問題は起こっているか?」

長官「では私から」

「申してみよ」

長官「国内各地を山賊や盗賊が暴れ回っており、甚大な被害が出ております」

「世界は征服されて間もない。まだまだ治安は安定していないということか」

「よし、俺自ら兵を率いて、賊の討伐に出かける!」

大臣「陛下自らですか?」

「俺は王としてまだまだ未熟。民のために体を張るところを見せねば、誰もついてこないだろう」

5 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:21:36.482 ETYnynq70 4/25

「兵士達よ! これより賊を討伐に向かう!」

「民の平和を脅かす悪に遠慮は無用! 徹底的に叩きのめせ!」

「さあ、ゆくぞ!」

オーッ!

兵士A「へえ、あれが新しい王か。悪くないな」

兵士B「ああ、王自ら先頭に立つとは……」

兵士C「情けない王だったら反乱してやろうと思ったが、その必要はなさそうだな」

ザッザッ…

6 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:25:09.188 ETYnynq70 5/25

ワァァァ… ワァァァァ…

ガキンッ! キンッ! ザクッ! ウギャァァァァ…

山賊「ちくしょう、王自ら出張ってくるなんて!」

「王になったばかりだからな。体を張るのは当然だ」

山賊「だったら王になったばかりであの世に送ってやるよ!」

ギィン!

「ぐ……!」

山賊「死ね!」

「でやぁぁぁぁぁ!」ザシュッ!

山賊「ぎゃっ!」

「さすがにこんなすぐに死んだらお隣さんに顔向けできないからな」

7 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:28:22.734 ETYnynq70 6/25

大臣「どうにか国内の治安は回復しましたな」

「うむ、各地に治安維持のための兵を配備したし、これでなんとかなるだろう」

使者「大変でございます!」

「どうした?」

使者「水害が発生いたしました! 川の水が氾濫し、多大な被害が……」

「分かった、すぐに向かう」

大臣「なにも陛下が向かわなくても……」

「王が顔を出せば、民は安堵するものだ。上はちゃんと見ているとな。そういった心の働きは侮れない」

大臣「なるほど……」

8 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:31:20.180 ETYnynq70 7/25

ワイワイ…

被災者A「おお……王様が来て下さった!」

被災者B「ありがとうございます!」

被災者C「ご覧のような有様でして……」

「東世界の王として宣言する!」

「この地を速やかに復興し、かつ二度とこのような水害を起こさないことを誓う!」

「どうか希望を捨てず、生きることに力を尽くして欲しい! 絶望してはならぬ!」

ワァァァァ…

大臣(陛下が来なければ、自害する者も出ていたかもしれないな……)

12 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:34:31.135 ETYnynq70 8/25

……

大臣「陛下、北地区で飢饉が発生しているようです」

「なんだと。このところ気候がよくなかったからな。ただちに視察に向かう!」

大臣「相変わらずのフットワークの軽さですね、陛下」

「なにしろ、それぐらいしか取り柄がないものでな」

「備蓄している食糧も開放し、民を飢えから救うのだ! 腹が減っては戦も何もできん!」

大臣「ははっ!」

13 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:37:29.298 ETYnynq70 9/25

市民A「おお……陛下が来て下さった!」

市民B「ありがとうございます……」

「もう大丈夫だ。お前たちを飢えさせはしない」

「兵士達よ、この土地を耕し、用水路を開け! 肥沃な土地に改良するのだ!」

兵士A「はいっ!」

兵士B「よっしゃ!」

兵士C「任せて下さい!」

ザクッ… ザクッ… ザクッ…

大臣(土地を開拓できる、兵士をトレーニングできる、一石二鳥だな)

14 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:41:37.797 ETYnynq70 10/25

「おぬしは優れた商人のようだな」

商人「はい……」

商人(なんだろう? 儲けすぎを咎められるのか……?)

「おぬしを……これから築く商業都市の市長に任命したい」

商人「ええっ!?」

大臣「陛下、いくら優れてるとはいえ抜擢が過ぎるのでは。一商人を市長という要職に据えるなんて……」

「能力ある者はそれを発揮できるところへ配置する。それが俺の主義だ」

大臣「は、ははーっ!」

15 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:44:15.305 ETYnynq70 11/25

「厳正なる審査の結果、第一回包丁職人コンテスト優勝者は……」

職人A「……」ゴクッ

職人B「……」ドキドキ

職人C「……」グッ

「おぬし!」ビッ

職人A「や……やった! ありがとうございます!」

「これからも研鑽を積むがいい。敗れた者たちもいい腕前をしていた」

大臣(こうして自分の腕前を披露できる場が与えられるのは、職人にとってモチベーションとなるだろう……)

17 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:47:01.258 ETYnynq70 12/25

ワイワイ… ガヤガヤ…

大臣「東世界はだいぶ豊かになりましたね」

「うむ」

大臣「臣民は皆、一人の例外もなく陛下を慕っております」

「ありがたいことだ」

(そういえば、西世界のお隣さんはどうしてるかな?)

(あの人のことだ。きっと俺なんかよりずっと世界を繁栄させてるに違いない)

(そうだ、留守は大臣に任せ、西世界を見学しに行くか!)

18 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:51:10.719 ETYnynq70 13/25

兵士長「陛下、ここから西世界の領域です」

「うむ……しかし、関所らしい関所がないとは……」

兵士長「わりとオープンな感じにしてるのでしょうか?」

「だといいのだがな……ん?」

ヒャッハーッ! イェーイ!

ドドドドドド… ドドドドドド…

「なんだ、あのならず者たちは……」

兵士長「女子供が襲われています! いかがいたしましょう!」

「聞くまでもない! 助けるのだ!」

19 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:54:02.292 ETYnynq70 14/25

ならず者A「な、なんだこいつら!?」

ならず者B「誰だ、俺たちの邪魔すんのは!」

「貴様らに名乗る名などない!」

ズバッ! ウギャー!

……

「ありがとうございました……」

「助かりました……」

「いえ、それより安全な場所まで送りましょう」

20 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 18:56:25.758 ETYnynq70 15/25

兵士長「陛下、少し調査しましたが、西世界はどこもこのような有様です」

兵士長「ならず者や賊が跋扈し、国として全く機能していません」

「どうなってるんだ……」

兵士長「いかがいたしましょう?」

「西世界の長に会いたい。ならず者を討伐しつつ、中央に向かおう」

兵士長「ははっ!」

21 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:00:41.929 ETYnynq70 16/25

「お隣さん!」

女魔王「あ、男さん……!」

「お久しぶりです」

女魔王「ええ、本当に。いつ以来でしょうか」

「さっそく聞きたいことがあるのですが」

女魔王「は、はい。なんでしょう……」

「あなたが治めてる西世界、はっきりいって無法地帯になっています。これはどういうことですか!」

女魔王「ええと、それは……」

22 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:03:07.359 ETYnynq70 17/25

女魔王「実は私、西世界を手に入れたはいいものの、どうすればいいか全く分からなくて……」

女魔王「それで、自由にさせるのが一番かなと思って……」

女魔王「『みんな好きにして下さい』というお触れを出したのです」

「それで……この有様なわけですか」

女魔王「ご、ごめんなさいっ!」

女魔王「私が至らぬばかりに……世界をメチャクチャにしちゃって……」

「な、泣かないで下さい!」

24 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:06:19.506 ETYnynq70 18/25

「俺の軍も協力させますから、とにかく治安を回復させることが最優先です」

女魔王「は、はい! 軍隊で説得するんですね!」

「いえ、こればかりは力で黙らせるしかありません。圧倒的な力で……」

女魔王「力……でしたら私の得意分野です!」

「え?」

女魔王「ならず者の皆さんを、私が黙らせてみせます!」ゴゴゴゴゴ…

(すごいオーラだ……!)

25 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:10:07.436 ETYnynq70 19/25

女魔王「ならず者の皆さん! えいっ!」

ドゴォォォォォォン!!!

グラグラグラ…

「ひええっ!」 「地面に大穴が……!」 「強すぎる……」

女魔王「これからは大人しくしないと……私が本気で怒りますよ! 乱暴したら許しません!」

「は、はいっ!」

「……」

(すっかり忘れてた……。お隣さんって、単独で世界征服を成し遂げたんだった……)

(俺はそのおこぼれに預かったに過ぎない……)

26 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:13:15.472 ETYnynq70 20/25

「あとは、すっかり荒れ果てた環境を整えましょう」

女魔王「そうですね」

女魔王「山を砕いて土地を作り、大地を引き裂いて水路を作り、天候を操って雨を降らせ……」

ズガァンッ! ドゴォン! バゴォン!

「……!」

女魔王「この調子で、世界中全て造り変えてしまいましょう」

「ちょ、ちょっと待って下さい!」

女魔王「なんでしょう?」

27 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:16:24.050 ETYnynq70 21/25

「あなたが何でもかんでもやったらまずいですよ」

女魔王「どうしてです?」

「あなたが何もかもやってしまったら……西世界の民は、あなたに頼りきりになってしまう」

「どんな災難が起こっても、すごい力を持つお隣さんに頼めばいいや、となってしまいます」

「それでは……真に豊かな世界になったとはいえません」

女魔王「それは……そうですね。ごめんなさい……」

「な、泣かないで下さい」

「我々東世界も協力しますから、一刻も早く西世界の住民にも教育を施し、自立させましょう」

女魔王「はいっ!」

29 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:20:25.899 ETYnynq70 22/25

ワイワイ… ガヤガヤ…

「西世界も東世界に負けないほど豊かになりましたね」

女魔王「これもあなたのおかげです。ありがとうございます!」

「いえいえ、お隣さんの力があったからこそですよ」

女魔王「今回の件で、私思い知りました」

女魔王「軽い気持ちで世界を征服したら、人々を苦しめて、あなたにもご心配をかけて……」

女魔王「私には……世界を征服する資格などなかったのですね……」

「……」

30 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:23:24.660 ETYnynq70 23/25

「そんなことないですよ」

女魔王「え……」

「あなたには世界を征服する力があった。それは十分“資格”といえます」

「ただ……その後、自分のイメージ通りの世界にするプランに欠けていただけなのです」

「知識と経験を得た今なら……立派な王になれるはず」

女魔王「ありがとうございます。ですが私、やはり一人では不安です」

女魔王「これからは……東西の世界を二人で統治しませんか?」

「あなたがよろしいのであれば……」

女魔王「ありがとうございますっ! これからは一緒に頑張りましょうね!」

「は、はい!」

32 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:26:30.809 ETYnynq70 24/25

世界は統一された。

それからは基本的な統治は男が行い、

とてつもない災害が起こった時のみ、女魔王が出動するというスタイルとなった。



大臣「お二方、地方で大規模な噴火が起きたという情報が……」

「なんだと!?」

女魔王「ちょっと止めてきます」

「お願いします、お隣さん」

女魔王「はい、任せて下さい!」

33 : 以下、5... - 2021/10/01(金) 19:29:22.308 ETYnynq70 25/25

女魔王「噴火を止めてきました。1000年以上は大丈夫かと」

「お疲れ様です。さあ、夕食にしましょう」

女魔王「はいっ、今日も世界は平和ですね!」



人々は恐るべき力を持つ魔王に物怖じせず、対等に世界を統治する男を大いに尊敬し、

いつしかこう呼ぶようになった。

“勇者”と――







END

記事をツイートする 記事をはてブする