1 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:21:07.870 bjsLIZD60 1/23

おじさん「やあ、よく来たね」

少女「こんにちはー!」

おじさん「おじさんのマツタケ見るかい?」

少女「見るー!」

「すみませんが、少しの間よろしくお願いします」

おじさん「ええ、任せて下さい」



おじさんはパートに出かける主婦などから子供を預かり、よく面倒を見てくれるので、

近所でも評判となっている。

元スレ
おじさん「おじさんのマツタケ見るかい?」少女「見るー!」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1632561667/

4 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:24:42.712 bjsLIZD60 2/23

おじさん「こっちに来てごらん」

少女「はーい!」

おじさん「これがアカマツだよ」

少女「立派な木!」

おじさん「そして、根元に生えてるのが……」

少女「マツタケだー!」

おじさん「そう、マツタケ。このアカマツは不思議とよくマツタケを生やしてくれるんだ」

6 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:28:09.493 bjsLIZD60 3/23

おじさん「どれ、一本取ってみよう」

ズボッ

おじさん「匂いを嗅いでごらん」

少女「……」クンクン

少女「いい香り!」

おじさん「ほう、その年で分かるとはなかなか通だね」

少女「えへへ」

おじさん「“香り松茸、味シメジ”という言葉もあるほどで、マツタケの香りは珍重されてるんだ」

おじさん「もっともおじさんのマツタケは味だって一流だがね」

少女「すごーい!」

7 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:31:37.617 bjsLIZD60 4/23

おじさん「そうだ、さっきお吸い物を作ったから、一緒に飲もうか」

少女「いただきます!」

少女「……」ゴク…

おじさん「どうだい? おじさんのマツタケで作ったお吸い物は」

少女「とってもおいしい!」

おじさん「ハハ、ありがとう。おじさんのマツタケもきっと喜んでるよ」

12 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:36:04.981 bjsLIZD60 5/23

「どうもありがとうございました」

おじさん「いえいえ、こちらこそ楽しいひと時を過ごせました」

少女「わたしもー!」

おじさん「ああ、それとこれ」

「これは……マツタケ! いいんですか?」

おじさん「ええ、ぜひご自宅で食べてみて下さい」

「ありがとうございます」

少女「おじさん、ありがとー!」

15 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:38:07.967 bjsLIZD60 6/23

「今日は松茸ご飯よ」

「お、すごいな。だけど高かったんじゃないのか?」

少女「ううん、マツタケのおじさんがくれたの!」

「ああ、あの人か。こんな立派なマツタケ、店で買ったら一本数千円はするぞ」

「ホント、気前がいいわよね」

少女「いただきまーす!」

17 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:41:20.451 bjsLIZD60 7/23

……

「この前、あのおじさんにマツタケをいただいて」

主婦「うちもよ。とってもおいしかったわ」

「それにしても、あんなにマツタケが取れるなんて、不思議なアカマツよね」

主婦「それがどうも、あの松、あのおじさんにとって色々な思い出があるらしいのよ」

「えっ、そうなの?」

19 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:44:52.593 bjsLIZD60 8/23

主婦「なんでも亡くなった奥様が大切にしてた松らしいの」

「あら、ご結婚なさってたの。知らなかったわ」

主婦「それで、奥様が亡くなってから、あの松にはマツタケがよく生えるようになったみたい」

主婦「もしかしたら、亡くなった奥様からのプレゼントなのかもしれないわ」

「ただお優しいおじさんだと思ってたけど、そういう過去を持ってらっしゃるのね」

主婦「あの年で独り身は色々と大変だと思うけど、いつまでも元気でいて欲しいわね」

「ホントね。あんないいおじさん、なかなかいないもの」

21 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:47:22.756 bjsLIZD60 9/23

ある日――

美食家「失礼するよ」

おじさん「はぁ、どちら様でしょう?」

美食家「む……私を知らんのかね。まぁいい」

美食家「私は美食家。ここのマツタケがおいしいという評判を聞いてねえ。ぜひ食べたいと思ったのだ」

おじさん「そういうことでしたら、マツタケを差し上げますよ」

美食家「おお、私に食べてもらえることを光栄に思うがいいぞ」

23 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:51:39.930 bjsLIZD60 10/23

美食家(さっそく家で、さまざまなマツタケ料理を作ってみたが……)

美食家「まずは、松茸ご飯……」パクッ

美食家「おお……うまい!」

美食家「土瓶蒸し……これもイケる!」

美食家「では贅沢に丸々七輪で焼いてみよう……」

美食家「うまいぃ!」

美食家「このマツタケ……なんという美味さだ!」

美食家(高級品のマツタケにも決して劣らない……)

美食家(これほどのマツタケをあんな冴えない中年が管理してるなどもったいない!)

美食家(宝の持ち腐れにも程がある!)

25 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 18:55:22.742 bjsLIZD60 11/23

数日後――

美食家「頼みがある」

おじさん「あなたは美食家の……なんでしょう?」

美食家「ここで取れるマツタケを、これからは全て私に譲ってくれないかね?」

美食家「それとアカマツの管理権も譲って頂きたい。私ならもっと有効活用できる」

美食家「もちろん、金はそちらの言い値で払おう。頼む!」

おじさん「……申し訳ありませんが、それはできません」

美食家「! ……なぜだ!?」

33 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:00:35.806 bjsLIZD60 12/23

おじさん「私は……あのアカマツには亡き妻が宿ってると考えています」

おじさん「そして、マツタケは……妻からの贈り物だと」

おじさん「それを誰かに譲ったり、まして商売する気などないのです」

美食家「私と手を組めば、あのマツタケでもっと美味を追求できるのだぞ!」

おじさん「なにをおっしゃられようと、これは譲れません」

おじさん「私のマツタケを高く評価して下さったことには感謝しますが、お引き取り下さい」

美食家「くっ……!」

35 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:03:06.922 bjsLIZD60 13/23

少年「おじさん、マツタケ見せてー!」

少女「見せてー!」

おじさん「ああ、いいとも。おじさんのマツタケを見せてあげよう。なんなら持って帰るといい」

ワイワイ… ガヤガヤ…



美食家(なんともったいない……!)

美食家(あのマツタケはそこらのガキに無料で配っていいような代物ではないのだ!)

美食家(私のような一流の人間にこそ相応しいのに!)

37 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:06:02.606 bjsLIZD60 14/23

ある日の夜――

おじさん「ぐぅ……ぐぅ……」

ゴゴゴゴ…

おじさん「……ん?」

ゴゴゴゴゴ…

おじさん「なんだ?」

ゴゴゴゴゴ…

おじさん「庭の方から妙な音が……」

39 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:09:19.420 bjsLIZD60 15/23

美食家「今のうちだ。さっさと掘り返してしまえ!」

業者「分かってますって! 報酬は弾んで下さいよ!」

美食家「あのアカマツさえ手に入れば、金などいくらでも手に入るわ!」

業者「それを聞いて、やる気が湧いてきましたよ」

グゴゴゴゴ…



おじさん(重機を使って、松を掘り返そうとしている……!)

おじさん(なんてムチャなことを!)

43 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:12:32.007 bjsLIZD60 16/23

おじさん「や、やめてくれえ!」

美食家「ちっ、起きてきてしまったか。おい、さっさと掘り返せ!」

業者「焦らせないで下さいよ!」

グオングオン…

おじさん「頼む! やめてくれっ! 大切な松なんだ!」

美食家「早くしろ! 早く!」

業者「だから焦らすなって――」

メキ…

業者「ん?」

美食家「松が……折れていく……?」

46 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:15:22.202 bjsLIZD60 17/23

メキメキ…

美食家「なにやってんだ! 幹を傷つけたのか!?」

業者「んなことしてねえよ! あの木が勝手に折れてるとしか……」

美食家「木が勝手に折れるなんてことあるか!?」

業者「俺に聞くなァ!」

美食家「うわああああっ……!」

業者「倒れてくるっ……!」

メキメキ… ミシミシ… ズシン…

おじさん(妻よ……!)

48 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:19:01.513 bjsLIZD60 18/23

――

――

「松で重機が潰れて、美食家と業者は逮捕されたけど……」

「あのおじさんはすっかり元気をなくしちゃったわね」

主婦「無理ないわよ……長年大切にしてた松がああなっちゃったんだもの」

「根元の方からポッキリいっちゃったらしいわね」

主婦「ええ、もしかしたら奥様がおじさんを守ろうとしたのかも……」

「そういうことだと思いたいわね……」

49 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:22:25.602 bjsLIZD60 19/23

少年「マツタケのおじさん、可哀想だよなー」

子供「ホント、悪い奴に松を折られちゃってさ」

女児「あれから全然家から出てこなくなっちゃって……」

少年「俺らになにかできることってないかな?」

子供「うーん……松を復活させるとか?」

女児「そんなの魔法使いでなきゃ無理だよー!」

少女(あの松を復活……)

少女「……みんな!」

少年「ん、どうした?」

少女「あるよ! アカマツを復活させる方法!」

53 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:25:27.208 bjsLIZD60 20/23

ピンポーン…

おじさん「……はい」

おじさん「あ、君たちは……」

少女「わたしたち、おじさんのために絵を描いてきたの!」

おじさん「絵……?」

少女「あの松の絵!」

少年「俺はマツタケの絵!」

子供「ぼくは料理の絵……!」

女児「えーと、あたしは……」

ワイワイ…

おじさん「みんな……」

56 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:28:06.655 bjsLIZD60 21/23

おじさん「どれも……とても上手だよ」

少年「ホント!?」

少女「やったーっ!」

おじさん「みんなありがとう!」

おじさん(松は折れてしまったけど……子供達の心の中に松やマツタケはちゃんと残ってるんだ!)

おじさん(むろん、私の中にも……)

おじさん(落ち込んでなんかいられない。人生まだまだ先は長いんだから……)

58 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:31:07.912 bjsLIZD60 22/23

しばらくして――

おじさん「……ん」

おじさん「これは……」

おじさん(松の折れてるところから……芽が生えてる!)

おじさん(そうか、ぽっきり折れはしたが、まだ松は生きてるんだ)

おじさん(妻よ。あとどれぐらい生きられるか分からないけど、これからも松を世話していくよ……)

60 : 以下、5... - 2021/09/25(土) 19:34:15.503 bjsLIZD60 23/23

少女「おじさーん、おじさんのアカマツ見せて!」

おじさん「ああ、いいとも」

少女「芽がだいぶ大きくなってきたね!」

おじさん「ああ、根は生きてるし、もしかするとマツタケもまた生えるかもしれない」

少女「ホント? やったーっ!」

おじさん「その時が来るのを……みんなでゆっくりと待つとしようか」






おわり

記事をツイートする 記事をはてブする