1 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 01:08:15 PWn 1/12

晶葉「むむ……今日はウサミンとウサミンのプロデューサーさんが私のラボに来る予定なのだが……遅いな」

菜々「ごめんなさい、晶葉ちゃん。遅れちゃいました……」ウィーン

P「いやぁ、ごめんね池袋さん。ちょっと菜々さんがギックリ腰やっちゃって」ギュッ

晶葉「いや、それは構わないんだが……」ジロジロ

P「?」

晶葉「どうしてウサミンはプロデューサーさんに抱っこされてるんだ?」

菜々「あはは……」ギュッ

元スレ
【モバマス】晶葉「助手に抱っこされてみたい……!」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1537718895/

2 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 01:08:35 PWn 2/12

P「菜々さんが腰が痛くて動けないって言うから。俺が抱っこしてあげてるんだ」

菜々「お恥ずかしいです……」

晶葉「ほぉ……」ジロジロ

菜々「あ、あんまりじろじろ見ないでくださいよぉ……」

晶葉「……ウサミン。どんな感じだ?」

菜々「?」

晶葉「その、男の人に抱っこされるって、どんな感じだ?」

菜々「なっ、べ、別にどうもありませんよ。安定感あるなーとしか」

晶葉「あらゆる質問に正直に答えてしまうスイッチ」ポチッ

菜々「幸せです……私のとは全然違う、男の人の腕の中ですっぽり抱えられてると、とても安心できて、落ち着いて……」

菜々「それも、大好きなプロデューサーさんの体ですから……もっと甘えたくなっちゃいます……」ウットリ

菜々「って何言わせるんですか!」

P「ははは。菜々さんは嬉しいこと言ってくれるなぁ」ナデナデ

菜々「も、もー……」

晶葉「……」

3 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 01:08:47 PWn 3/12

数日後



晶葉(私も助手に抱っこされてみたい……!)

晶葉(しかし……愚直に『私を抱っこしてくれ』何てお願いは羞恥心の都合上、できない)

晶葉「というわけで!できたぞ!担当アイドルを抱っこしたくてたまらなくなるスイッチだ!」

菜々「すごいですね」

晶葉「早速助手をラボに呼び出すぞ!」

P(菜々Pとは別)「用ってなんだ?晶葉」

晶葉「それはだな……」

菜々「あらゆる質問に正直に答えてしまうスイッチ」ポチッ

晶葉「助手に私を抱っこして欲しいんだ!」

晶葉「!?」ボッ

5 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 03:47:53 PWn 4/12

P「……抱っこ?」

晶葉「な、なんてことしてくれたんだウサミン!」

菜々「ふっふっふ……ナナにプロデューサーさんの目の前で恥ずかしいことを言わせた罰ですよぉ……」

晶葉「これではまるで私が助手に抱っこして欲しい子供みたいではないか!」

菜々「まさしくそうでは……?」

P「何かよく分からんが、とにかく晶葉を抱っこすればいいんだな?」

P「ほい」ヒョイッ

晶葉「!?」ギュウッ

P「よしよし晶葉。よしよし」ムギュッナデナデユサユサ

晶葉「はふぅ……確かに、これは、良い物だな……」

晶葉(まさか中学生にもなって、赤ちゃんみたいにあやされるのがこんなに心地いいとは……)

菜々「……」ウンウン

晶葉「助手……今日はずっとこうしてもらってもいいか……?」

P「晶葉のためなら、いついつまでも」

6 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 03:48:15 PWn 5/12

事務所の廊下



「……」テクテク

晶葉「お、凛じゃないか。おはよう」

「あ、晶葉……おはよう……?」

晶葉「ん?どうかしたか?」

「いや、何で抱っこされてるの?」

晶葉「それはな。助手に抱っこされると幸せな気持ちになるからだ」

P「それじゃ、晶葉これからレッスンだから」テクテク

「あ、はい」

「抱っこか……」

(そんなに良い物なのかな……?)

7 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 03:48:29 PWn 6/12

「おはよう」

P(晶葉Pとは別)「おはよう」

(抱っこ……どんな感じなんだろう)
 
(プロデューサーの腕が私のお尻を支えて、背中にも腕を回されて……)モンモン

(私はプロデューサーの胸板に全体重をかけて、肩に手をしがみつくように……)モンモン

(抱っこ……抱っこ……)

P「何か考え事か?」

「抱っこ……」

P「うん?抱っこ?何の話だ?」

「しまった」

8 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 08:41:15 PWn 7/12

P「ほほぉ……つまり凛は俺に抱っこしてもらいたいと」

「ちがっ、別にそういう訳じゃ……ただ単純に、どんな感じなのかなって思っただけで……」

P「ふーん……ところで俺は今、凛を抱っこしたいんだが。俺に抱っこされてくれないか」

「プロデューサーのそういうとこ好き」

P「よっこいせっ」グイッ

「わぁぁっ……」

P「どうだ?」ポンポン

「もっと背中ぽんぽんして……」

(これは……全力で甘えてるって感じがして……良い……!)ムギュー

加蓮「……」パシャッ

「!?」

9 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 08:41:57 PWn 8/12

奈緒「おい加蓮。写真撮るのはやりすぎだろ」

加蓮「だってさー。あの凛が、赤ちゃんみたいに……ふふっ」

「あ……あっ……!」カァァ

加蓮「グループに貼っとこ」ライン

「あぁーっ!」バッ

P「あっ、おい。急に降りると危ないぞ」

加蓮「あっ。メッセ返ってきた。『しぶりん子供みたい』『凛ちゃん可愛いですね!』『自慢の娘です』」

「最後の奴プロデューサーじゃん!プロデューサーのそういうとこ嫌い!」

P「ははは」



抱っこ状態で事務所を徘徊する晶葉……!出回る凛の抱っこ画像……!
「気持ちよさそう」「私も抱っこされてみたい」そんな思いがアイドル達の中で生まれ、増幅し……!
事務所内に抱っこブームがやってきた……!

10 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 08:42:13 PWn 9/12

幸子(ボクも抱っこされてみたいですね……!)

幸子P「抱っこブームだってさ。幸子は俺に抱っこして欲しいとかない?」

留美(私も抱っこされてみたいわね……)

留美P「抱っこブームですって。留美さんはこういうのに興味ないですか?」

かな子(私も抱っこされてみたいなぁ……)

かな子P「抱っこブームかぁ……かな子も抱っこして欲しいとか思うのか?」

まゆ(まゆも抱っこされてみたいですねぇ……)

まゆ「何か抱っこが流行ってるみたいだな。まゆも抱っこされてみるか?」

11 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 08:42:51 PWn 10/12

幸子「べ、別に!?抱っこして欲しいとか全然思ってないですけど!?」

幸子P「へぇー。ところで俺は幸子を抱っこしたいけど」

幸子「……プロデューサーさんのそういうとこは、評価してあげてもいいですね……」


留美「……別に。大の大人が、抱っこして欲しいとか思うわけないでしょう」

留美P「僕はめっちゃ留美さんのこと抱っこしたいですけどね」

留美「……プロデューサー君のそういうとこ。好きよ」


かな子「い、いえそんな。プロデューサーさんのお手を煩わせるような……」

かな子P「何かウェイトトレーニングしたくなってきたな」

かな子「プロデューサーさんのそういうとこ大嫌いです!」


まゆ「はい。お願いします」

まゆ「よし。おいで、まゆ」

まゆ「うふふ。プロデューサーさぁん……」

12 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 08:43:06 PWn 11/12

晶葉「いやぁ……改めて考えると、助手はズルいな」ムギューッ

P「ズルい?何がだ?」ユサユサ

晶葉「私がいくら気を張っても、助手にこうして抱っこされるだけで、全てを助手に預けてしまう。心も、体も」

晶葉「全くズルいよ助手は。ズルいズルい……まぁ、惚れた弱みという奴だな」スリスリ

P「それを言うなら、晶葉だってズルいぞ」

晶葉「何?」

P「こうやって甘えられるだけで、俺は晶葉の言いなりになってしまうんだからな。晶葉が可愛すぎて、逆らえない」

晶葉「……フフフッ。それなら、おねだりを一つ追加しようか。ずっとこのまま一緒に居てくれ……助手……」



  ーおわりー

13 : 名無しさ... - 18/09/24(月) 08:43:22 PWn 12/12

以上になります。

ギックリ腰の人を抱っこしてあげるのが正しい対処なのかは知らないけど抱っこされる菜々さんが可愛いことは絶対に間違ってない。

あとかな子Pの人はすみませんでした。

ありがとうございました。

記事をツイートする 記事をはてブする