1 : VIPに... - 2014/09/24 15:53:52.52 3rEmmoH90 1/18


伊吹「おーっ。P、ほどよくヒマそうじゃん!」

伊吹「よかったらさ、ちょっとアタシの趣味に付き合ってよ」

伊吹「別に大した事じゃないからさ。見てるだけでいいんだ」

伊吹「へへ、たまには外で遊んでみないとね。良い天気だし」

伊吹「それじゃ、広場にゴー!」

伊吹「ほらP、急いで急いで!」


元スレ
小松伊吹「乙女脳でどこまでも」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411541622/

3 : VIPに... - 2014/09/24 15:59:02.05 3rEmmoH90 2/18


伊吹「じゃーん! スケボーだよ!」

伊吹「Pはやったことないの? 楽しいんだよーこれ」

伊吹「こう、坂をシャーっと滑ったりとかさ」

伊吹「段差に乗っかったり、溝を飛び越えたり……」

伊吹「とりえあえず、見てもらったら早いでしょ!」

伊吹「よーし、気合入れちゃうぞーっ」

4 : VIPに... - 2014/09/24 16:10:20.76 3rEmmoH90 3/18


伊吹「こんな格好で転んだらケガするって?」

伊吹「あはは! 平気だよ!」

伊吹「これでも結構な腕前なんだよ♪」

伊吹「まーそこで見ててよ!」


伊吹(プロデューサーの前だし、派手に決めるッ!)

伊吹(……いや! それもいいけど───)

伊吹(あえて転んだりしたら、お姫様抱っこされちゃうとか……)

5 : VIPに... - 2014/09/24 16:18:54.99 3rEmmoH90 4/18



『派手に転んだけど、大丈夫か伊吹?』

『ほら、足を擦りむいてるじゃないか。これじゃ歩けないだろう』

『ダメだ。無理しないで、俺が運んでやるから』

『……いやいや、子ども扱いなんてしてないぞ。だって伊吹は俺の……』

『俺だけのお姫様……だから、な?』


伊吹(……こんな展開もアリじゃない!?)ぽわわ

6 : VIPに... - 2014/09/24 16:27:35.64 3rEmmoH90 5/18


伊吹(いやいやそれは……いやいやでもでも……)


『傷は大したことないみたいだな……よかった』

『後できちんと、手当てしてやるからな』

『……いや、唾つけただけじゃ治らないだろ』

『それとも……そんな生意気を言う口は、塞いじゃえば治るのかな……?』


伊吹(……こういう展開もアリだったり!?)ぽわわ

7 : VIPに... - 2014/09/24 16:33:12.21 3rEmmoH90 6/18


伊吹(いやいやこれは……いやいやそれとも……)

伊吹「……ん?」

伊吹「あれ、プロデューサーはどこに……」

伊吹「あっ……やばっ」

伊吹「わっ、わわっ!?」

8 : VIPに... - 2014/09/24 16:38:58.12 3rEmmoH90 7/18


伊吹「あーあいたた……こんな段差でつまずくなんて……」

伊吹「変なこと考えてるからだよもう……」

伊吹「あ、プロデューサー……ううん、転んだだけだよ」

伊吹「えへへ。ついつい滑り続けちゃって、失敗失敗!」

伊吹「……ん? これ?」

伊吹「あー、転んだときに擦りむいちゃって……」

伊吹「あはは、ただの擦り傷だってば。気にしなくても……」

伊吹「え、いや、本当に大丈夫だってば……!」

伊吹「自分で歩けるって……ちょっと、ちょっ……」

伊吹「わ、わあっ!?」

9 : VIPに... - 2014/09/24 16:48:06.43 3rEmmoH90 8/18


伊吹「プロデューサー、自分で歩けるからッ……!」

伊吹「じ、事務所まで運ぶつもりなの!?」

伊吹「み、見られるって! 見られてるから!」

伊吹「うう……」


伊吹(さ、されてる……お姫様抱っこされてる……!)

伊吹(これは……予想以上に嬉し恥ずかしい……!)

10 : VIPに... - 2014/09/24 17:02:03.65 3rEmmoH90 9/18


伊吹「ねえ、P……そろそろおろしてくれても……」

伊吹「ああ……うん。ダメだよね。諦めたよもう」

伊吹「……その、重くない?」

伊吹「そ、そう……それならいいんだけど……」

伊吹「……」

伊吹「……えへへ♪」

12 : VIPに... - 2014/09/24 17:17:38.84 3rEmmoH90 10/18


伊吹「……あのさ、プロデューサー」

伊吹「……あっ、いやちがっ、降りたいんじゃなくて!」

伊吹「あ、そのっ……あ、あはは……」

伊吹「えっと……少しだけ。少しだけ、遠回りしていかない?」

伊吹「ちょっとだけで、いいから……」

伊吹「……うん。ありがと、プロデューサー♪」


伊吹(……このままどこまでも……)

伊吹(事務所にじゃなくて、もっと遠くまで……)

伊吹(プロデューサーと、ふたりで行けたらいいのにな……)

13 : VIPに... - 2014/09/24 17:23:24.02 3rEmmoH90 11/18


伊吹「もう事務所なんだ……楽しい時間は、ホントにすぐだよね」

伊吹「あ、ううん。こっちの話……ほら、もう少し頑張れ、王子様♪」

伊吹「ほらほら。早く運んでくれないと、お姫様がイタズラしちゃうよ……?」

伊吹「なーんちゃっ」

「あら、ふたりとも。ずいぶん仲良しさんなのね」

伊吹「て……」

14 : VIPに... - 2014/09/24 17:29:35.87 3rEmmoH90 12/18


「お姫様だっこねぇ……羨ましいわ」

伊吹「え、えっ」

「ねえ、Pさん。私にもしてくれないかしら……ふふ、冗談よ」

伊吹「あ、あ、ああ……!」

「それにしても、伊吹ちゃんも隅に置けないわね」

伊吹「み、見られたーーー!!」

「あら……恥ずかしがることないのに」

伊吹「ど、どうして奏が事務所にいるの!?」

「アイドルなんだから普通じゃない?」

伊吹「そーじゃなくてぇ!」

15 : VIPに... - 2014/09/24 17:34:09.83 3rEmmoH90 13/18


「それにしても伊吹ちゃん……」

伊吹「な……何?」

「ちゃんとあの時、始まってたんじゃないかしら?」

伊吹「なっ!?」

「ああ、始まってたっていうのはね……」

伊吹「奏!! ダメだよ!!」

「やっぱりダメですって♪」

16 : VIPに... - 2014/09/24 17:43:33.61 3rEmmoH90 14/18


「これなら、私も恋愛映画を見ておくべきだったわね」

伊吹「か、奏にはまだ早いんじゃないっ?」

「そうかしら。ならPさんに確かめてもらおうかしら」

伊吹「あ、こらっ」

「ねえPさん。私の魅力、確かめて……くれる?」

伊吹「かーなーでー!」

「やぁん、伊吹ちゃん怖ーい♪」

伊吹「怖ーい、じゃなーい!!」

「逃げるが勝ちね、これは」

伊吹「待ちなさーい、奏ー!」

17 : VIPに... - 2014/09/24 17:48:42.29 3rEmmoH90 15/18


聖來「ふー、わんことただいまー……ってなんだろ、これ」


伊吹「奏ー! さっきのこと黙っといてよー!?」

「あらどうしてー? とっても可愛かったのに、伊吹ちゃん?」

伊吹「どうしてもったら、どうしてもなの!」

「お姫様がイタズラしちゃうよ……うふふっ♪」

伊吹「わぁー、わぁぁー!?」


聖來「奏を、伊吹が追い掛け回して……伊吹の後を、Pさんが救急箱持って追いかけてる……?」

18 : VIPに... - 2014/09/24 17:57:47.03 3rEmmoH90 16/18


「あら、聖來ちゃん。お帰りなさい♪」

伊吹「おかえり聖來!」

聖來「あ、うん。ただいま……なにごとなの?」

「それはね……」

伊吹「奏!! 絶対ダメだよ!!」

「絶対ダメですって♪」

聖來「ま、ますます何事?」

伊吹「知らなくていいから!」

「あぁん。伊吹ちゃんのいけず……♪」

伊吹「いけずじゃなーい!」

聖來「あ、Pさん。お疲れ……なんか異様に疲れてない?」

伊吹「え、あっ……ごめんプロデューサー……さっきので……?」

聖來「さっきの?」

伊吹「な、なな何でもない!」

20 : VIPに... - 2014/09/24 18:13:52.76 3rEmmoH90 17/18


伊吹「もー。奏には困るよ本当に……」

伊吹「いててっ! プロデューサー、消毒液は優しくお願いっ!」

伊吹「ふぅ……あのさプロデューサー、奏の言うこと、真に受けちゃダメだからね」

伊吹「奏はからかって言ってるだけなんだから、調子乗っちゃダメ。わかった?」

伊吹「それにアタシの方がお姉さんなんだし、アタシだってもうちょっと魅力的に……」

伊吹「……そ、そのためにも、ちゃんとアタシのこと見ててくれなきゃ!」

伊吹「アタシとプロデューサーは、どんどん進んでいかないといけないんだからね?」

伊吹「どこまで進むのかって、それは……」


伊吹「ふたりでどこまでも……ねっ!」

21 : VIPに... - 2014/09/24 18:24:45.19 3rEmmoH90 18/18

おしまい
公式がポワる
良い傾向だと思います

記事をツイートする 記事をはてブする