1 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:00:07.25 nIDpKkIUo 1/36


雨嘉「そっちに逃げたよ、鶴紗!」

鶴紗「すばしっこいヤツだ。梅様が一緒なら、すぐにでもカタを付けてやるのに!」 ダァン

神琳「ないものねだりはできません、ならば全力を尽くすまでです!」

ヒュージ「───!」 シュバッ

雨嘉(あのヒュージ、機動力が高い……! あんまり得意じゃないけど、ここは接近戦で勝負をつけないと!)

** **
鶴紗「よし、作戦どおり上手く崖に誘い込んだ。これで逃げ場はない!」 ジャキ

神琳「お待ちください鶴紗さん、ヒュージの様子が……!」

ヒュージ「───グォォォ!」 タタタァン

雨嘉「な、なにをしてるの……? 空に向かって撃ち続けてる……?」

鶴紗「勝ち目がなくなって念仏でも唱えたくなったか? 生憎とヒュージにかける情けは持ち合わせてない。これで終わりだ!」 バッ

ヒュージ「───」 ズバァン


元スレ
【アサルトリリィ】鶴紗「未来を撃ち抜け、雨嘉!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1631592006/

2 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:01:56.30 nIDpKkIUo 2/36


二水『こちら作戦完了しました! 鶴紗さん、そちらの状況はどうですか?』

鶴紗「二水か、そっちは無事でなにより。いま最後の一体を片づけたところだよ、またあとで合流しよう」

神琳「しかし……わざわざ戦力を分散して各個撃破を誘うだなんて、何か裏がありそうですね」

雨嘉「さっきのヒュージの行動も気になる。いったいなにが目的だったんだろう?」


鶴紗「敵の狙いがわからない以上、ここからは慎重に行動すべきだと思う。神琳、わたし達はこれからどうすればいい?」

神琳「そうですね、まずは周囲を警戒しましょう。鶴紗さん、レアスキルをお願いしてもいいですか?」

鶴紗「わたしと同じ意見だね。了解した、やってみよう───《ファンタズム》!」 キィィン

3 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:03:13.03 nIDpKkIUo 3/36


─────────

ズダァンッ

雨嘉『───? ───……』 ドサ

神琳『───っ!? ───!!』 ダッ

雨嘉『───、───……。───』 ゴプ

神琳『───っ! ───……!』 ポロポロ

─────────


鶴紗「な!? そ……狙撃だ! 逃げろ雨嘉ぁっ!!」

神琳「雨嘉さんっ!!」 バッ

雨嘉「え───」


ズダァンッ

4 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:04:11.23 nIDpKkIUo 4/36


神琳「あぁぁっ!? ぐ、ぅっ……!」 ズシャァ

雨嘉「神琳!? そんな、わたしを庇って……!」

鶴紗「大丈夫か、神琳!」

神琳「これしきのこと、と言いたいですが……げ、ほっ。少し、無茶をしてしまいました、ね……」 ドサ

雨嘉「ごめん、ごめんね神琳……っ! わたしがもっと、しっかりしていれば……!」

神琳「誰のせい、でもありません。ですが、いまは撤退が先です……!」

鶴紗「くそっ、聞こえるか二水! 神琳が負傷した、作戦失敗だ! これより撤退する───!」


二水「神琳さん、怪我の具合は大丈夫なんですか?」

神琳「うふふ、心配してくださるのねふーみんさん。ですが申し訳ございません、すぐに戦線へ復帰するのは難しいと……」

雨嘉「本当にごめんね……わたしが気付かなかったから、わたしの代わりに神琳が……」

神琳「雨嘉さん、その話はもういいでしょう。わたくしたちより敵の機知が上回っていた、それだけのことです」

ミリアム「しかし……今回の作戦、やけにヒュージの動きが組織的じゃと思わんか?」

鶴紗「やっぱり、ミリアムもそう思う? わたしも同意見だよ。おそらく最初から雨嘉が狙いだったんだ」

雨嘉「わたしが……?」

5 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:05:03.31 nIDpKkIUo 5/36


神琳「なるほど。こちらの分断を誘い、狙撃位置を空への発砲で伝える───仮痴不癲とはこのこと、追い詰められていたのはわたくし達でしたね」

二水「あの長遠距離射撃に対抗できるのは雨嘉さんだけです。高機動型を囮にしたのも、雨嘉さんを誘い出すための罠だったのかもしれません……」

ミリアム「じゃが、これからどうする? ワシら以外のメンバーは百合ヶ丘を留守にしておるぞ」

鶴紗「夢結様や梅様達は東京のレギオンと合同作戦中だ。わたしたちだけでやるしかない……!」

二水「む、無理です! 神琳さんまで負傷している以上、他のレギオンに応援を頼んだほうが───」


百由「お、いたいた。ぐろっぴも無事みたいね!」

ミリアム「も、百由様!? なんでここに───」

百由「あら、わたしは可愛いシルトの顔を見に来ちゃダメかしら? 傷つくわね~」

神琳「百由様。茶化しにきたのではないのでしょう?」

百由「……そうね。今回の件はちょっと大ごとになりそうだから、わたしから話しておくことがあるわ」

6 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:06:10.96 nIDpKkIUo 6/36


雨嘉「百由様、お話ってなんですか?」

百由「えー、おほんっ! ───あなた達が接敵した狙撃型ヒュージは、現在百合ヶ丘に向けて前進してるの。明後日にはここら一帯が射程に入るわ」

二水「が、学園が直接狙撃されるってことですか!?」

ミリアム「それってかなりマズいじゃろ……学園はどう対処するつもりなんじゃ?」

百由「複数のレギオンを募って討伐隊を派遣するみたいね。だけど被害は免れないハズよ」

鶴紗「わたしたちは射線から逃げるのに精一杯だった。あんなのに近づいて倒すだなんて自殺行為だ……!」


百由「そこで学園から指示が降りたわ。一柳隊は先行狙撃分隊を結成し、狙撃型ヒュージを攻撃せよってね」

鶴紗「はぁ!? 冗談じゃない……! さっきの戦いで神琳だって負傷したんだぞ!?」

神琳「しかし、理にはかなってますね。雨嘉さんの狙撃で先にあのヒュージを倒すことができれば、学園の被害は最小限に抑えられます」

雨嘉「で、でもっ……! わたし、神琳がいないと……!」

ミリアム「神琳よ、お主本気で言っておるのか……?」

7 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:07:13.13 nIDpKkIUo 7/36


百由「言いたいことはわかるし、わたしもこの作戦は危険すぎると思う。だけどもし成功できれば───」

神琳「なにを勘違いなさっているのですか? わたしは雨嘉さんの身が最も大事だと言っているのです。たとえ誰を敵にまわしたとしても……」 ギロ

二水「や、やめてください神琳さん! いまはケンカしてる場合じゃありません、CHARMを降ろしてください~っ!」

雨嘉「神琳……ごめんなさい百由様、わたしこれ以上神琳を泣かせたくはないです……」

百由「そっか。いや、わたしもこれで良かったと思うわ。それじゃあ上には適当に話を付けておくから───」


鶴紗「待った、百由様! 待ってくれ……みんな」

雨嘉「鶴紗……?」

鶴紗「わたし達は一柳隊だ。もし梨璃がここにいたら、なんて言うと思う?」

鶴紗「きっとアイツはこういうだろ。だからみんな梨璃についてきた、アイツに救われてきた……そうじゃないのか?」


梨璃『わかりました、やりましょう! 他でもないわたしたちが、みんなを守るんです!』


8 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:08:26.29 nIDpKkIUo 8/36


神琳「っ……ですが今回は話が別です。わたくしの他に誰が雨嘉さんを守れると?」

鶴紗「わたしが、やる。今度は絶対に守り抜く! 必ずだ、約束する……!」

鶴紗「だから、お前もわたしを信じてくれ。神琳!」 ガシ

神琳「───……」


神琳「……ふふっ、そんな表情もできるんですね。別にわたくしはただ、鶴紗さんを少しからかっただけですよ」 フイ

雨嘉(神琳……やっぱり悔しいんだ。こんなに白くなるほど、手を握りしめて……)

ミリアム(夢結様から聞いておったが、お主やっぱり難儀な性格しとるの)

鶴紗「ありがとう。雨嘉の命は、代わりにわたしが預かる」

百由「あなた達、本当にいいの? 命惜しさに逃げるのも、時には必要なことだってあるのよ?」

鶴紗「わたしたちはリリィの前に一柳隊だ、梨璃ならきっとそうする。それに百由様なら、この状況を打開する秘策があるんだろ?」

9 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:09:21.36 nIDpKkIUo 9/36


百由「ふっ……当然よ! わたしが立案する作戦だもの、絶対に誰も死なせたりしないわ!」

百由「それじゃあこれより作戦を説明するわね。狙撃手は雨嘉さん、護衛は鶴紗さん。観測手は二水さんが担当よ!」

二水「へっ? わ、わたしも参加するんですか~!?」

神琳「あら、頼もしい。これなら雨嘉さんも安心して背中を託せそうですね?」

雨嘉「観測手……ふーみんがやってくれるのなら、心強いかも」

ミリアム「ここまで来たのじゃから一蓮托生じゃ。ここで一人逃げようたってそうはいかんぞい?」


百由「解析によると、狙撃型ヒュージは20機の小型浮遊機にマギリフレクターを搭載しているの。装甲もかなり硬いわ……そこでコイツよ!」 ガシャン

鶴紗「ずいぶん懐かしいシロモノだな。アステリオン・マギカノンか」

百由「その通り! このマギパーティクルカノンは従来より荷電粒子の拘束率が23.1%、マギ効率が9.6%も向上した改良試作型で───」

ミリアム「おい、百由様」

百由「とにかく! 雨嘉さんはまわりの浮遊機を全部撃ち落として、この子でトドメを刺してもらうわ。明日の調整までぐろっぴは借りるわね?」 ガシ

ミリアム「は? 明日!? ワシは聞いとらんぞ百由様!」

10 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:11:15.74 nIDpKkIUo 10/36


百由「いい? 1機でも撃ち残しちゃダメよ。さすがにマギリフレクターで減衰すると一撃で仕留められなくなるわ」

雨嘉「全部撃ち落とすって……そんなこと、わたしにできるのかな」

神琳「きっと大丈夫ですよ雨嘉さん。自分と百由様の腕を信じてください」

二水「わ、わたしもできる限り頑張ります! みんなであのヒュージをやっつけましょう!」

百由「みんなありがとう。それじゃ作戦開始は明日だから、それまで英気を養って頂戴ね。ほら行くわよぐろっぴ?」

ミリアム「あぁああぁ~……ごきげんようなのじゃぁあぁぁ……」 ズルズル


鶴紗「すまない神琳。雨嘉を危険に晒すようなマネをしてしまって……」

神琳「いえ、構いませんよ。わたくしも皆さんと共に戦うつもりですから」

二水「え!? ダメですよ神琳さん、そんな身体で無茶です!」

神琳「ええ。ですから鶴紗さん、あなたには代わりにこれを託します」 ガシャン

11 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:12:20.35 nIDpKkIUo 11/36


鶴紗「お前、それは……」

神琳「慣れ親しんだCHARMではないかもしれません。ですが所有者とその周りの者を護る楯としての性能は、あなたのティルフィングよりも上です」

鶴紗「だが、兄貴たちの形見だろう?」

神琳「はい、ですから後で必ず返してくださいね。あなたの手で直接、わたくしに」

鶴紗「───わかった。コイツと共に、雨嘉を守り抜くよ」

神琳「それでは、媽祖聖札と契約を。ふふ……まさかわたくしがこの子を手放す時が来るとは、思いもしませんでしたね」

雨嘉「神琳。わたし、やってみる。何があっても、絶対に鶴紗と一緒に神琳の元へ帰ってくるから……!」 ギュゥゥ


二水(梨璃さん、楓さん───お二人を泣かせるわけにはいきません。かならず作戦を成功させてみせます……!)


─────────

12 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:13:23.28 nIDpKkIUo 12/36


鶴紗「こちら狙撃班、配置についた。二水、敵の位置は見えるか?」

二水『はい! 敵狙撃型ヒュージ、現在百合ヶ丘へ向けて時速40kmで移動中!』

鶴紗「あの時は隠れて見えなかったけど、なんて大きさだ……まるで動く城壁だな。小型浮遊機といっても、車ほどの大きさはあるじゃないか」

二水『敵はまだこちらに気づいていません。いまなら先制攻撃が可能です!』

鶴紗「よし……作戦開始。準備はいいか、雨嘉!」

雨嘉「《天の秤目》……! 大丈夫、いつでもいけるよ鶴紗!」

鶴紗「こちらから狙撃すれば、必ず反撃してくるハズだ。向こうの砲撃準備に合わせて《ファンタズム》を使う」

二水『射弾観測は任せてください! もっとも、雨嘉さんに必要かどうかはわかりませんが……』

雨嘉「そんなことないよ。この作戦は誰か一人でも欠けても、きっと成功しないと思う……!」

二水『恐縮です! ───皆さん、そろそろ敵ヒュージが有効射程距離に到達します!』

鶴紗「わかった。必ず生きて神琳の元に戻るぞ、雨嘉!」

雨嘉「了解。いくよ───っ!」 ジャコン


ズダァンッ

13 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:14:08.47 nIDpKkIUo 13/36


ヒュージ「───!」

二水『初撃命中、敵上部の浮遊機を1機撃墜! 左舷砲門に動きあり、気を付けてください!』

雨嘉「残り19……18……っ!」 ダァン

鶴紗「そろそろ来るか。いくぞ、《ファンタズム》!」 キィィン


─────────

ズドォンッ

雨嘉『───! ───っ』 ドシャァ

─────────


鶴紗「一度食らった手だ、二度は通用しない! 弾の方向とタイミングさえ掴めば、わたしでも防ぎきれるッ!」 ギィン

雨嘉「16……15っ……!」

二水『敵砲門の出力構造、機銃型へ変化! 危険です、下がってください!』

14 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:15:28.53 nIDpKkIUo 14/36


鶴紗「わたしの後ろに隠れろ、雨嘉!」 ガキキィン

雨嘉「っ、すごい弾幕。鶴紗、平気?」

鶴紗「安心しろ、神琳の媽祖聖札が守ってくれている。それに向こうも永遠には撃ち続けられないハズだ、そこを狙う───《ファンタズム》!」 キィィン

鶴紗「視えた! 約5秒後に弾幕が途切れる、その瞬間を狙え!」

雨嘉「わかった。すぅ───いまっ!」 ズダァンッ

二水『初撃左2・下1mの誤差、次弾命中! 敵右舷の砲門開きます!』

鶴紗「どんな手を使ってきても見切ってやる……! 《ファンタズム》!」 キィィン


─────────

ギィン

鶴紗『───!? ───!』 ベシャッ

媽祖聖札『』 ジュゥゥ

─────────

15 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:16:47.90 nIDpKkIUo 15/36


鶴紗(油脂焼夷弾! こちらのCHARMを破壊しにきたか!)

鶴紗「チッ、あまりこの手は使いたくなかったが仕方がない……! 《アルケミートレース》!」 ザシュッ

雨嘉「鶴紗、なんで手首を……血が!」

鶴紗「心配するな、血も傷もすぐ元に治る。だが神琳の魂を壊されてたまるかぁっ!」

鶴紗(血液で複製した媽祖聖札で防ぐ! ティルフィングならこの方法は使えなかった……!)ブンッ

ゴウゥッ

鶴紗「なにをしている雨嘉! この方法はあまり持たないっ……敵に弱みを悟らせるな、撃て!」

雨嘉「っ……鶴紗が稼いでくれた時間、無駄にはしない!」 ダァンッ

二水『敵浮遊機、残り10機! 敵艦首の砲門、こちらへ向きました!』

鶴紗「いまさらなにをしても無駄だ! 《ファンタズム》、ゔっ!?」 ビキィ

鶴紗(くっ、短時間にレアスキルを使い過ぎたか……! 頼むから持ってくれよわたしの身体、雨嘉を守る間だけでいいから……!)


─────────

バシュッ

雨嘉『!? ───?』 ケホッ

二水『───、───!』 ザザッ

─────────

16 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:17:58.99 nIDpKkIUo 16/36


鶴紗(な、なんだ……? ここにきてただの煙幕か? いや、毒ガスか……!)

鶴紗「雨嘉、次に飛んでくる砲撃を撃ち落とすんだ!」

雨嘉「わかった、やってみる……!」 ダァン

バシュッ

二水『鶴──ん、──で──!』 ザザッ

雨嘉「えっ? ふーみん、どうしたの……!?」

鶴紗「なっ……しまった、チャフ弾か!? 通信がやられた……!」

雨嘉「鶴紗、どうしよう……!? 次の指示を!」 ダァン

鶴紗(二水がいない以上、わたし一人でやるしかない……! 絶対に雨嘉を守り抜け、安藤鶴紗!!) キィィン


─────────

パキィィンッ

─────────

17 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:19:18.75 nIDpKkIUo 17/36


鶴紗(なに!? 音も視界も、まったく視えなくなっただと!? レアスキルが失敗した……?)

鶴紗「いや、違う。これは───音響閃光弾か! 雨嘉!!」 バッ

雨嘉「ひぁっ……! た、鶴───」 パキィィン


鶴紗(おそらくヤツは気づいてる。わたしが《ファンタズム》持ちだってことを……! わたしを潰すために、確実な方法を取ってきている!)

鶴紗(鼓膜はすぐに治るが、暗順応は別だ……焼き切れた視界が回復するまであと何分かかる? それまで誰が雨嘉を守るんだ?)

雨嘉「鶴紗、しっかりして! わたしはここにいるよ!」

鶴紗(ふざけるな。雨嘉を失う以上に、なにを恐れているつもりだ! アイツを護れない役立たずの眼なんか、いるかぁ!!) ザシュッ

鶴紗「よ、し……見えるぞ、眼は治ったか……!」

雨嘉「やめて、そこまでしなくてもいいよ鶴紗! これ以上自分を傷つけちゃダメ……!」

鶴紗「いいや、まだだ! わたし達が生き残るには、これしか方法は───な!?」 ハッ

鶴紗(流星、群……? いや、違う───残りの浮遊機をすべて弾道ミサイルに変えて撃ち込んできたのか!?)

18 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:20:31.74 nIDpKkIUo 18/36


鶴紗「は、はは……たった二人を相手に、豪華すぎるだろ……!」

雨嘉「た、鶴紗。わたし最期まで一緒にいるよ……でも!」 ギュッ

鶴紗(もう未来を視るまでもない……最初から、無駄なあがきだったのか? 勝ち目のない相手だったのか……?)

鶴紗(終わりだ……すまない神琳、梨璃……それに父さ───)


『諦めちゃダメ、鶴紗!』


雨嘉「鶴紗! わたし、死にたくない! 鶴紗に死んでほしくないよ!」

鶴紗「───っ!! そうだ、わたしは───」

鶴紗(雨嘉を護ると神琳に誓った、わたし自身を護ると梨璃に誓った! いまは、死ぬよりも恐ろしいことが山ほどある!!)

鶴紗「こんなところで、諦めて───たまるかぁぁぁ!!」 キィィンッ

鶴紗「あぐぅっ……絶対に、生きて帰るんだ!! 受け取れ雨嘉、わたしの掴んだ未来を!!」

19 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:21:48.20 nIDpKkIUo 19/36


雨嘉「テレパス……! 鶴紗の未来、わたしにも視えたよ!」

鶴紗「たとえ手足が千切れても、内臓を燃やし尽くされても! 必ず帰ると約束した!! 走れ雨嘉、トリガーから指を離すなぁ!!」

雨嘉「もう外しはしない! わたしも鶴紗を守りたいから!」 ダダァン

─カッ

鶴紗「わたしから離れるなよ、雨嘉!! く……あぁぁああぁぁぁ!!」 ドォォン

雨嘉「絶対に離さないよ、鶴紗!!」 ギュゥゥ


ズザァッ


鶴紗「げほっ、ぐっ……やった、やったぞ雨嘉! もうヤツに防御の手は残されてない、わたし達が勝ったんだ……!」

雨嘉「鶴紗……でもアステリオンが……」 ボロ

20 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:22:40.23 nIDpKkIUo 20/36


鶴紗「心配はいらない、ヤツはもうマギリフレクターを展開できないんだ。あとはもう一丁のマギカノンでヤツを倒すだけでいい!」

雨嘉「う、うん。わかった……!」 ガシャン

ヒュージ『──────』

鶴紗(マギも限界が近い。だがヒュージ、これでわたしたちの勝利───)


パシュン


鶴紗「発煙弾……? 二水か、いったいどうしたんだ?」

雨嘉「……嫌な、予感がする」

鶴紗(二水のことだ、きっとなにかある。だが、これ以上限界を超えてレアスキルを発動すれば……)

鶴紗「いいや、振り返ってる余裕はない。ここは仲間を信じる───! 《ファンタズム》!」 キィィン

21 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:23:33.13 nIDpKkIUo 21/36



鶴紗「───ぐ、ぅっ……は、……」 ドサ

鶴紗「はは、ちくしょう……そういう、ことか……!」

雨嘉「なにが視えたの鶴紗……? テレパスは使わないの?」

鶴紗「……雨嘉。いまからわたしの言うことをよく聞いて」

雨嘉「……?」


鶴紗「ヤツはあと一機、浮遊機を隠し持ってる」

雨嘉「え……!? でもわたしのアステリオンはもう……!」

鶴紗「けど、1機だけのマギリフレクターで全身を覆うのは無理らしい。隙間を狙えば勝ち目はある」

鶴紗「だが……」


─────────

雨嘉『───!』 ズガァァンッ

ヒュージ『──────』 バキィィン

────────


鶴紗「ヤツは雨嘉がどこを撃つのかを察知できるんだ。たぶん、銃口の向きから予測してるんだと思う」

雨嘉「そんな……ここまで追い詰めて、どうしたら……」

22 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:25:05.54 nIDpKkIUo 22/36


鶴紗「色々な並行世界を視てきた。けど、どの未来でも切り札の一撃は防がれていたよ……たった一つを除いてね」

雨嘉「よかった……わたし、やるよ。どんな困難でも乗り越えてみせる……だから指示を、鶴紗!」


鶴紗「───わかった。ならわたしごとヤツを撃て、雨嘉」 ザッ

雨嘉「……え?」


雨嘉「なに、言ってるの? 鶴紗……なんで、そんなこと」

鶴紗「こうすれば撃つ瞬間までヤツは銃口が見えない。マギリフレクターを避けて、アイツの胴体に風穴をあけられる」 ガシ

雨嘉「は、離して! そんなことしたら、鶴紗が死んじゃうよ!」

鶴紗「わたしは強化リリィだから、そんなことで死にはしない。わたしを信じるんだ」

雨嘉「できないよ! それでもし鶴紗が死んじゃったら、わたし……!」

鶴紗「ならこのまま二人とも死んでいいのか! 百合ヶ丘のヤツらはどうなる!?」

雨嘉「でも……だけど!」

雨嘉(それじゃどうして鶴紗は、テレパスでわたしに未来を視せてくれなかったの……?)

23 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:26:22.66 nIDpKkIUo 23/36


鶴紗「わたしなら大丈夫。心臓はただの筋組織……カロリーを蓄える肝臓の大部分と、レアスキルを発動する脳さえ無事なら命を落とすことはないさ」

鶴紗「もう時間がない……百合ヶ丘には動けない神琳もいる、お前の手で大事な人を救うんだ」

雨嘉「そんなこと、言わないでよ……! どっちかだなんて、選べないよ鶴紗!」

鶴紗「───百合ヶ丘に拾われる前のわたしの人生は、はっきり言って最悪だった。生きる理由も分からず、死なないだけの日々を消費していた」

鶴紗「だけど、梨璃と出会って、雨嘉達と過ごしているうちに……もう少し生きたいと思うようになっていったんだ」

雨嘉「……やめて……」 ポロ


鶴紗「この世界は嫌いなもので溢れてるけど、それでも最近はやっと好きなものができたよ」

鶴紗「雨嘉、わたしはお前に生きてほしい。お前のことは、嫌いじゃないからな……」 フッ

雨嘉「やめてってば……! お願い……!」 ポロポロ

鶴紗「───約束する、わたしは絶対に死なない。だからお前はヤツを倒して、神琳を護れ! そのために……!」

24 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:27:35.50 nIDpKkIUo 24/36


鶴紗「わたしの心臓ごと───未来を撃ち抜け、雨嘉!!」

雨嘉「うぅぅうぅぅ……! うぁああぁぁあああぁっ!!!」


ズガァ゙ァァンッ


ヒュージ『──────』 ズゥゥゥン…

鶴紗「や、ったな……ゆー、……」 ドサ

雨嘉「鶴紗!? しっかりして、鶴紗!!」


鶴紗(───夕空を塗り潰した鉛色の雲。吹き抜けた風に揺れる花の音。雨嘉の流した涙が暖かい……)

鶴紗(ああ……酷い人生だったけど、こんな最期なら、まあ……いいか)

鶴紗(ここまで、生きてて……よか……───)

25 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:28:41.31 nIDpKkIUo 25/36


雨嘉「鶴紗……!」

雨嘉(胸の傷、もうほとんど塞がってる。ずっとこんな無茶ばかりしてきたんだ……) ギュゥ

鶴紗「───」

雨嘉「え……鶴紗、息してない……? 脈も!?」 ガバッ

雨嘉「や、やだっ……! 起きてよ鶴紗、約束したよね!? 死んじゃダメだって!」

鶴紗「───」


雨嘉「うそ……わたし、鶴紗を……殺……」 サァァ

雨嘉「ひっ───いやぁああぁああぁっ!! うあぁあぁぁあぁ!?」

雨嘉(なんで、どうしてこんなことになったの!? わたし、鶴紗が傍にいてくれたらそれだけで良かったのに……!)

雨嘉「やだよっ……! 誰か助けて! わたしどうしたらいいの、神琳……!?」 ポロポロ

26 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:29:45.12 nIDpKkIUo 26/36


─────────

神琳『雨嘉さん。戦場で生き残るために最も重要なこと、それはなんだと思います?』

雨嘉『えっと……命を落とさないこと、かな』

神琳『そうですね。わたくしたちリリィはヒュージと違い、脳に酸素を供給できなければ簡単に死んでしまいます』

神琳『逆に言えば、脳さえ無事ならば後はどうにでもなるんです。ですが、そこへ血液を送り出す心臓はどうでしょうか?』

雨嘉『うーん……心臓が動かなくなっても、頭に血が巡らなくて死んじゃう?』

神琳『その通りです。普段は止まることのない臓器ですが、その理由は自動性にあります。つまり心臓は、自らの生み出した刺激で動くということ』

神琳『もし何らかの原因で一度止まってしまったら、外からの刺激がなければ再び正しい鼓動を打つことはないんです』


雨嘉『怖いね……もし心臓が止まっちゃったら、たしか除細動器を使うんだよね?』

神琳『はい。確かに十分な時間と設備が整っていれば、それが最善策でしょう』

神琳『ですが戦場でそれらを確保できるとは限りません。ですので古典的な心肺蘇生術を覚えていれば、わたくし達の生存確率をきっと上げてくれます』

雨嘉『心肺蘇生……わたし、やったことないかも……』

神琳『……少し、練習してみましょうか───』

─────────

27 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:32:10.08 nIDpKkIUo 27/36


雨嘉(そうだ……! 《リジェネレーター》で治ったばかりの心臓は、刺激がないから止まったままなんだ!)

雨嘉「まだ、助けられる……! 絶対に、わたしが鶴紗を生き返らせるんだ!」 バッ

雨嘉「お願いっ、眼を、開けてっ……鶴紗っ! 死んじゃ、ダメだよっ……!!」 グッグッ



鶴紗(ここは……どこだ? 結局ヒュージは倒せたのか? わたしは……)

鶴紗「……なにもない。ただ一面に百合が咲いてるだけ、か」

鶴紗(静かだ。いままでずっと望んでいた、戦いのない穏やかな景色───そうか、ここは。わたしはもう)

鶴紗「ふっ……ロクでもない人生だったけど、最期は仲間のために身を挺して殉死か。わたしにしては上出来じゃないか?」 ドサ


「そんなこと言わないで、鶴紗」


鶴紗「───っ!」 ガバッ

鶴紗「そんなハズはない……!」

鶴紗「お前ともう一度、出会えるハズがないんだ……!」


結梨「ううん。わたしはいつだって、鶴紗やみんなと一緒にいるよ?」 ニコ

28 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:33:10.58 nIDpKkIUo 28/36


鶴紗「結梨!」 ギュゥ

結梨「もう、鶴紗はいつから甘えんぼさんになっちゃったの?」

鶴紗「二度と会えないと思っていた。お前に話したいことが、山ほどあるんだ……!」

結梨「うん。わたしもこうして鶴紗とお喋りできるなんてびっくり!」

結梨「楽しい事とかつらい事。たくさんあったんでしょ?」

鶴紗「あぁ……! あれから本当にいろいろあった。千香瑠に藍、他のレギオンの連中とも仲良くなったんだ。お前にも会わせてやりたいよ」

結梨「お友達たくさん増えてよかったね、鶴紗。鶴紗が嬉しいとわたしも嬉しい!」


鶴紗「一柳隊のみんなも元気にしてるよ。梅様はいつもぐーたらで神琳はたまに変なことするし、雨嘉はおどおどしてるけどね」

鶴紗「二水は意外と頼りになるし、楓は梨璃にべったりだ。ミリアムはあの百由様とシュッツエンゲルを結んだぞ?」

結梨「うんうん。鶴紗、幸せな匂いがする!」

鶴紗「夢結様はまだ過去を断ち切れてないが、いまは梨璃と梅様が傍にいるから大丈夫だ」


鶴紗「梨璃は……お前に会いたがっている。お前がいなくなってから、たまにとても悲しい表情をするようになった」

結梨「……うん」

29 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:33:49.92 nIDpKkIUo 29/36


鶴紗「すまない結梨……他でもない強化リリィのわたしが、誰よりもお前のことを理解すべきだったのに。結局は護ってやれなかった……!」

結梨「鶴紗は心配性だね。ねえ鶴紗、これからどうしたいの?」

鶴紗「……お前を梨璃の元に連れて帰る」 ギュウ

結梨「あははっ。ありがとう鶴紗。でも、もう鶴紗もわかってるんでしょ?」

鶴紗「理屈なんかどうでもいい!!」

結梨「…………」

鶴紗「お前とこうして出会えただけでも奇跡なんだ。次なんてないかもしれない……! なら、どうしてこの手を離すことができる!?」

鶴紗「一緒に帰ろう、結梨! 一柳隊のみんながお前の帰りを待っているんだ!」


結梨「そうできたら良かったけど、ごめんね鶴紗。わたしはずっとここにいるけど、鶴紗はもうここにはいないから」

鶴紗「どう、いう意味……なに!?」 スカ

鶴紗(わたしの身体が透けている!? 意識も、薄れて───)

30 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:34:50.41 nIDpKkIUo 30/36


結梨「ほんのちょっとの間だけど、みんなのこと聞けて嬉しかったよ!」

結梨「でもね、もう時間だから。鶴紗は先にみんなのところへ戻ろ?」

鶴紗「嫌だ……! お前をおいて先に帰るワケにはいかない、ついて来るんだ結梨!」

結梨「梨璃の読んでくれたご本に書いてあったよ。お姫様は、キスされたら目覚めなきゃいけないんだって───」

鶴紗「待て、行くな結梨! わたしはまだ───!」


結梨「鶴紗、約束! わたしの代わりに梨璃やみんなのこと、絶対に守ってね!」

結梨「わたしはいつでも一緒だよ。だから鶴紗も、頑張れ!」


31 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:35:32.11 nIDpKkIUo 31/36


雨嘉「生き返って、鶴紗っ! わたし、鶴紗にっ、まだなにも返して、ないっ! んっ───!」

鶴紗「───げほっ! ぐ、ぅっ……! ゆ……、……」

雨嘉「鶴、紗……? 鶴紗ぁっ!!」 ギュウゥ

鶴紗「え……ゆー、じあ……? わたし、は……」

雨嘉「よかった、本当に死んじゃったかと思った……! 鶴紗のバカ、どうしてあんな無茶なことしたの!?」 ポロポロ

鶴紗(冷えた身体に雨嘉の肌が熱い。二人分の息遣いが聞こえる───そうか、わたしはまだここにいていいのか)


鶴紗「みんなと約束、したから。わたし一人が破るわけにはいかないしね」

鶴紗「それに、雨嘉ならきっと連れ戻してくれると信じていた」 ナデ

雨嘉「もう、ズルいよ鶴紗……! そんなこと言われたら、なにも言い返せないよ……!」

32 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:36:38.72 nIDpKkIUo 32/36


鶴紗「よし、それじゃ帰ろう雨嘉。わたし達が守りきった百合ヶ丘に」

雨嘉「うん、そうだね。一緒に神琳の元に戻ろう?」

二水「ぜーっ、ぜーっ……! 雨嘉さぁぁん! 除細動器、持ってきましたぁあぁぁ……!!」 フラフラ

鶴紗「…………」

雨嘉「ぷっ……! ふふっ、遅いよふーみん……!」 クスクス

二水「あれぇ!? 鶴紗さん生き返ってる!? そんなぁ、わたしなんのために頑張ったんですかぁ~!?」 ガク

鶴紗「いや、二水はなにも悪くない。少し間が悪かっただけだ」

二水「あはは、そういって貰えると助かります……あう」 バタン


雨嘉「ふーみんもお疲れ。おぶってあげようか?」

二水「いえ、自分で歩けるので大丈夫ですよ。先に戻ってますから、それよりも鶴紗さんをお願いします!」

鶴紗「わたしも別に、と言いたいけど……流石に限界かもね。頼んでもいい?」

雨嘉「わかった。よいしょっ、と……軽いね鶴紗」

鶴紗「カロリーを使い果たしたからかな。久々に雨嘉の手料理が食べたい気分だ」

二水「いいですね~、わたしもご一緒してよろしいですか?」

雨嘉「わかった。腕によりをかけて、みんなに御馳走を作ってあげるね」

33 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:37:46.92 nIDpKkIUo 33/36


ミリアム「おお、やっと帰ってきおったか! 無事じゃったかお主ら?」

鶴紗「ああ。先行狙撃分隊、目標撃破により帰投した。神琳はいるか?」

神琳「───雨嘉さん、鶴紗さん!」 バッ

雨嘉「わわっ、神琳……もう動いて大丈夫なの?」

神琳「ふーみんさんから聞きました。二人とも命を落としかけたと……!」 ギュゥゥ

鶴紗「お前のCHARMがわたし達を護ってくれた。すまない、少し傷ついてしまったが……」

神琳「そんなもの、あとでみーさんがいくらでも直してくれます。ですがリリィは死んでしまったら二度と生き返らないんですよ?」

神琳「無事でよかった……本当に……!」 ポロポロ

鶴紗「泣くな神琳。わたしの手でこいつを返すと約束したじゃないか」


二水「す、素敵ですぅ……! 戦場で深まるリリィの絆、これはすぐに号外を発行しなければ!」

ミリアム「お? 徹夜明けのワシ死んだかこれ?」

34 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:38:50.33 nIDpKkIUo 34/36


梨璃「一柳隊、ただいま帰りました! 鶴紗さん、雨嘉さん! 無事ですか!?」

夢結「梨璃。静かになさい」 シー


鶴紗「すぅ……すぅ……」

雨嘉「……くぅ……ふふ……」

神琳「うふふ……雨嘉さん……すぅ」

二水「えへへぇ……明日の朝までに書き上げないとぉ……」

ミリアム「」 チーン


「まったく、負傷者が出たと聞いて慌てて帰ってきてみれば。心配した分だけ損しましたわ!」

「みんな気持ちよさそうに寝てるな! 梅も混ざりたいゾ!」

梨璃「よかったぁ……みんなお疲れ様、いまは夢の中でゆっくり休んでいてね?」

35 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:39:46.70 nIDpKkIUo 35/36


鶴紗(いままで何度もこの力を捨てたいと願っていた。いくら傷つけても治るこの身体はまるで呪いそのものだ)

鶴紗(だが大切な友を護るため、そして自分自身を護るために。もうしばらくは利用してやってもいい)

鶴紗(隣で雨嘉や神琳が。そして梨璃が笑ってくれるのなら、わたしはまだ死ぬワケにはいかない)

鶴紗(すまない結梨、もうしばらくお前に寂しい思いをさせてしまうかもしれないな)

鶴紗(だけどお前との約束は忘れない。もう少し、生きてみることにするよ)

鶴紗(だから、わたしの傍で見守っていてくれないか───?)



おわり

36 : ◆0OFFzs.gSU9k - 2021/09/14 13:43:26.20 nIDpKkIUo 36/36

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。
結梨ちゃん帰ってきて……

過去作(Discordリンク):https://discord.gg/q6BRrp67TT

記事をツイートする 記事をはてブする