1 : 以下、名... - 2021/09/02 09:19:42.84 l5VR3/oDO 1/25

パチュッパチュッ

「あっ、あ!、あぁ……!」

ミリP(以下P)「いいぞ、育。もっと腰を動かすんだ!」



ビクビクッ

「あ。ああ゛っ!!」

スリスリ

P「下から突き上げるのがいいのか?」

「は……はへっ!……はぅ……んっ!」ピクピク

ドチュドチュドチュッ

P「中ぬるぬるだな……」ズルルルッ

「あああぁ……!」ビク

「や、やだぁ……抜いちゃ……やだぁ!」

ズンッ

「……んっ!!?」

タパッタパッ

ヌプッヌプッ

「あ────!あ……!」ビクビクビク

P「出すぞっ」ズンッ

「はあっ!!」

パチュパチュッ

「ぷ、プロデューサー……さんっ、来ちゃう……おっきい…のきちゃう……っっ!」

P「やば……イっ……!」ビクビクッ

ギュギュギューッ

「う゛……あ~~!」ビクンッ





「っはぁ、あ、あ!……は……」

元スレ
【ミリマス】育「桃子ちゃんの……ご主人様のペットで……す」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1630541982/

2 : 以下、名... - 2021/09/02 09:29:36.86 l5VR3/oDO 2/25

「はぁ……はぁ……」



「好き……」

ズチュチュ

「はうっ?!」

ズチュッズチュ

「は……あぅ……ま、待って。私まだ……」

ギュプッギュプ

「もぉっ、くるし……」

コリッ

「ふぎゅっ……ぎっ、ん……らめぇっ!!」ズチュチュ

「お、奥……らめらのぉ……」

3 : 以下、名... - 2021/09/02 09:32:09.09 l5VR3/oDO 3/25











「はぁぁっ!」ガバッ

「あ、あれ?」



チュンチュン



「ゆ、夢なの?」キョロキョロ

「そっか、夢なんだ……あははっ」

グチュ

「っ!?」

バババッ

「っ?!」サスサス



「やだ……パジャマまでぐしょぐしょだよぉ……」

4 : 以下、名... - 2021/09/02 09:34:15.03 l5VR3/oDO 4/25

トコトコ

「はぁ……あんな夢をみたせいだよ……」

「プロデューサーさんに顔を見られたくないよぉ……」

「でも、そういうわけにはいかないからなぁ……」

「はぁぁぁぁ……」





「あれ?」



桃子「育……?」

「あ、桃子ちゃん」

5 : 以下、名... - 2021/09/02 09:36:52.52 l5VR3/oDO 5/25

桃子「どうしたの?三徹のお兄ちゃんみたな顔をして?」

桃子「それか、薄い本が律子さんに見つかった焼鳥みたいな……」

「あははは……」



「それならまだよかったかも……」



桃子「?」

6 : 以下、名... - 2021/09/02 09:39:05.07 l5VR3/oDO 6/25







桃子「レッスンも見に入らないし、本当にどうしたの?」

「えっと……ね……」







「ちょっとえっちな夢を見ちゃって」

桃子「えっちな由愛……?」

桃子「346プロにいる、むっつりすけべな中学生のこと?」

「そっちの由愛さんじゃないよ」

7 : 以下、名... - 2021/09/02 09:42:34.49 l5VR3/oDO 7/25

「今朝、夢の中である人にえっちなことをされちゃって……」

「それで、私そうされたいのかなぁ……って思っちゃって……」

桃子「……ふぅん」

「桃子ちゃんはどうかな?そういう夢って見ないのかな?」

桃子「桃子?」

桃子「そりゃ……少しぐらい見るわよ」

「へぇ……よかった……」

桃子「よかったって……何よ」

「私だけじゃないんだなって……」

「安心しちゃったよ」ニコッ



桃子「」キューン

8 : 以下、名... - 2021/09/02 09:48:05.34 l5VR3/oDO 8/25

「でもよかったぁ……私だけじゃなくて」セノビ



チラッ

桃子(あ……ミニの中からショーツ……)

桃子(……ふぅん。黒かぁ)



「桃子ちゃん……?」スッ

桃子「ぴゃっ!」アトズサリ



「ど、どうしたの?急に後ずさりして?」ムネノタニマー



桃子(ぶ、ブラジャー?!)

桃子(桃子だってまだなのに?!)ジーッ



「ん?」

「あ、ブラジャー見てるの?スッ」タクシアゲッ



桃子「(///)!?」

「こないだお母さんと買物した時、ついでに買ってもらったんだ」

「変……かな?」



桃子「ふぅふぅ……」

「桃子……ちゃん?」

9 : 以下、名... - 2021/09/02 09:51:42.01 l5VR3/oDO 9/25





桃子「サソッテルヨネ……サソッテイルノヨネ……」ユラリ

「え……何…?…そんなハイライトをオフにしてど、どうしたの?」



桃子「モモコハ、ワルクナインダカラネ……」ガシッ

「な、何……?」



バタッ

「きゃっ!」

桃子「イク……イクゥゥゥ!」ズルズル

「え?やっ!何でスカート……や!パンツ下げないで!!」

桃子「ジタバタシナイデ……シバルワヨ」ギュッ

「や、やぁ……離して……やだぁ!!」

10 : 以下、名... - 2021/09/02 09:54:21.10 l5VR3/oDO 10/25







「な、なんで……裸にして……助けて……」ブルブル

桃子「……」ズブブッ

「やぁ、痛い!変なとこに指入れないで!!」

ズブブッ

「やぁ……やだってばぁ……!」



―二時間経過

グチュグチュッ

「あぁ……んっ、やだぁ……んくっ!」ビクビク

「な、なんなの……桃子ちゃん……?」

11 : 以下、名... - 2021/09/02 11:38:09.57 l5VR3/oDO 11/25

クチュクチュ

「やぁ……っ……やめてってば……」ハァハァ

グチュ

「ひぃんっ!やだ……中で指、動かさないでぇぇぇ?!」

桃子「……ジュルジュル」

「ふぇ……?や、やだやだぁ!」ビクビクッ

「し、舌入れないでよぉ!」

「あぁぁ、あっ!ふぁっ!!」

12 : 以下、名... - 2021/09/02 11:46:29.95 l5VR3/oDO 12/25

桃子「ふふふっ……」

「え……あ……?」

(絶頂しそうになりながら、必死に耐えていた私を見ながらそれは起きた)

(急に笑い出した桃子ちゃんを見て……息を飲んだ……)

(桃子ちゃんの……下着みたいなのに……)

(まるで……おち○ちん……みたいなのがついていたから……)

(イ、いつのまに?)

(な、なんなの……アレは……)

(まさか……)





(桃子ちゃんに……)

(犯される……!?)

14 : 以下、名... - 2021/09/03 09:42:03.00 f7wV1Q6DO 13/25

「や……そんなのやダァ……」ズリズリ

(手を縛られて動かせないながら、必死に逃げようともがいた)





(でも)

ガシッ

桃子「ダメだよ、今から気持ちいいことするんだから」グイッ

「きゃっ!」グググッ

桃子「この体勢、まんぐり反りって言うんだよね。女の子を強制的に性行為する時にマッチするんだって」

桃子「そうお兄ちゃんの持っていた本にあったから」グリグリ

「やっ……やぁ……そんなとこ弄らないで……」グチュグチュッ

桃子「そんなこと言って。……じゃあ、育のここから出てるトロトロってしたコレは何かな?」ネバァ

「……っ!」フイッ

桃子「いい加減、気持ちいいって認めないと……」グチュグチュッ

「ふぁ……は、はぅっ!あ、やだぁ……くぅん!」ニュルッニュル

(や……私、桃子ちゃんに犯されそうになってるのに……)

(アソコ……気持ちよくて……)ハァハァ

(プロデューサーさんにしてもらった時だって……)トローン





桃子「……むっ」

桃子「……この顔、お兄ちゃんにシテもらった時のことを考えてるのね」



桃子「……」グイッ

ズチュチュッ



「あ!あぁぁぁ……あぁっ!!」グチュチュチュッ

15 : 以下、名... - 2021/09/04 06:25:36.21 BK6B41qDO 14/25

グチュルルッ

「やぁ……あっ、あぁっ──!」グチュグチュッ

(や、こ、これ……プロデューサーさんのより)

(ずっとおっきいから……わ、私のあそこがこ、こわれちゃうよぉ)

「痛いっ、痛い!やぁ、動かないでぇ」ププッグブブッ

「いいっ、いぎっ……いだっ、やだやだぁ!」ツブッフチュッ

(破れちゃう!私の中が破れて……)

「も、もう動か……ないでっ……」グジュゥウウッ

桃子「……ふぅふぅ」

桃子「これ知ってるかな……育」

「……?」ハァハァ

(急に動きが止まり、やっと終わったのかとうっすらと桃子ちゃんを見る)

(終わったなんてことが全然違っていたのを知ったのは、桃子ちゃんがそのスマホと連動したリモコンを見せてからだった)

「あ……や…だぁ………」





桃子「コレ……動くのよ」

「ひぃっ!!」タジッ



(そして私の中でプラスチックのそれが動き出す)

ヴーッ

ヴーッ

ヴヴーッ

「あっ!ひぁっ!…ぁ…あっ!あっ!」ビクビクッ

「いたっ!あぁっ!やだやだっ、やめ……っ!」ガクガクッ

16 : 以下、名... - 2021/09/04 06:29:48.91 BK6B41qDO 15/25

桃子「はぁ……はぁ…」ブルブルッ

桃子「いい……いいよ……羞恥で顔が歪む育もいいけど、やっぱり育は……」ハァハァ





桃子「壊れるぐらい痛め付ける時が、一番イイ顔をしてるわ!」ガバッ

グブブッ

「や……」



「いやぁぁぁぁぁっ!!」

17 : 以下、名... - 2021/09/04 06:34:34.95 BK6B41qDO 16/25









(それからどれぐらい経ったのかわからないけど……)

(やっと桃子ちゃんのそれが終わった……)

(私はもう何回イカされたのかわからなくて……縛られた腕はともかく何回もバタバタさせた足はもう鉛のように重かった)

(やっと終わったのかと思った……)

クニッ

「え?な、何……」

(でも、アソコにアレが入ったまま、お尻に何か刺された瞬間、それは違うと感じた)

「だ、ダメだよ、そっちはおし……おし」

ズブブブブッ

「り…イイーッ?!!」

18 : 以下、名... - 2021/09/04 06:39:11.04 BK6B41qDO 17/25

「あ゛あ゛あ゛あ゛っ、う゛あ゛っ……」

(何かお尻に入れられているのはわかった)

(でも激痛で身体が動かなくて……さらにアソコが刺されたままで首を動かしても何をされてるかわからなくて……)

「も、桃子ちゃ……ん……?」



桃子「ふふっ、注射されるのが好きな育のために、特別に太い注射器を用意したのよ」

「注射……器……?」

(な、私……)

(お尻の中に注射器を入れられてるの?)





(待って、注射器って?)

19 : 以下、名... - 2021/09/04 06:44:21.43 BK6B41qDO 18/25

(そう思った瞬間だった)

グチュルルル

「ひぎぃぃぃ!」

(冷たい液体が、腸の中に入れられたのを感じたのは)

「止めて、止めっ!」ジタバタ

「……い、痛っ」

(入れられるのを阻止しようと動くけど、お尻とアソコに刺された物体が身体の中で変に動き、激痛が走る……)

(だから……身体の中に何か入れられるのを止めることなんかできない)

「あ……あ゛っ……」ポロポロ

(お腹の中が拡張されているような痛みで、涙が止まらない)

20 : 以下、名... - 2021/09/04 06:53:06.98 BK6B41qDO 19/25

桃子「これぐらいかな……」チュッ

「や゛……あ゛……」

(お腹の中が限界だった。ちょっとでも動くと、あらゆる所が破れて液体が噴出しそうな錯覚に落ちるぐらい……)

(なのに……)



ヴヴヴヴーッ

「あ゛あ゛あ゛あ゛っ、があ゛あ゛あ゛あ゛……」ガクガクッ

(もう、何も考えられなかった……ただ、この行為が終わることだけ信じて耐えていた……)

「ん゛ん゛ん゛っ、ふぁ……や゛あ゛あ゛……」グチュグチュッ



(そして……)

「や゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っ……」ガクガクッ



「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ……や゛ぁぁぁっ!!」ガクッ

バタン



(私は絶頂し……同時に注射器の栓が抜き取られて)

「あ゛……トイレ……やぁ……」グキュゥ

桃子「ふふっ、いいのよ。しっかりカメラに納めてあげるから、ここでしなさい」タブタプッ

「やぁぁぁ、お腹揺すらないで……ダメだよ、こんな……こんなとこ」ブルルッ

「っ!?」ピプッ





「いやぁぁぁぁぁぁっ!」

21 : 以下、名... - 2021/09/04 06:57:32.12 BK6B41qDO 20/25

桃子「さてとっ」

桃子「これがネットに出て欲しくなければ、どうすればいいかわかるよね?」

「ハイ」

桃子「ふふっ、いい返事」

桃子「風花やこのみに琴歌はもっと抵抗したし、瑞希に杏奈はもっと簡単に堕落へ向かったのにね」

「ハイ」





(コウシテ、ワタシハブジニゴシュジンサマノペットニナリマシタ……)

(タクサンノゴシュジンサマノペットトカコマレテワタシハシアワセデス……)

22 : 以下、名... - 2021/09/04 07:01:55.99 BK6B41qDO 21/25

「ア゙ア゙ア゙……」

桃子「ほら、育。まだ4時間した経ってないわよ!」

「ンアアア……ンクッ!」ガクンッ

桃子「イッていいってまだ言ってないのに、もうイッたの……」

桃子「これは、また独房行きね」

「ヤ……ヤダァ」ブルブル



「ヤ、ヤダァ!タスケテ!!」



(デモ、ワタシノコエハダレニモトドカナイ……)

(ソシテ、マワリノミンナミタイニコワレテイクンダロウナァ……)

23 : 以下、名... - 2021/09/04 07:05:05.23 BK6B41qDO 22/25




……

…………

………………

「はぁぁっ!」ガバッ

「あ、あれ?」



チュンチュン



「ゆ、夢なの?」キョロキョロ

「そっか、夢なんだ……あははっ」

グチュ

「っ!?」

バババッ

「っ?!」サスサス



「やだ……シーツまでぐしょぐしょだよぉ……」

「夢ならよかったのに……」シュン

24 : 以下、名... - 2021/09/04 07:12:58.29 BK6B41qDO 23/25

(念のため、自分の顔を抓ってみたけど、ちゃんと起きてるし)

「はぁ……プロデューサーとしちゃう夢の次は、桃子ちゃんとしちゃう夢か……」

「これがいつも小鳥さんが叫んでいる、よっきゅうふまんなのかなぁ」

「とりあえず着替えないとねっ」

「……」サスサス

「夢の中の私……たしかブラをしてたよねぇ……」

「何歳ぐらいだったのかな?」

25 : 以下、名... - 2021/09/04 07:16:16.39 BK6B41qDO 24/25

「じゃあ、いってきまーす」

バタン





―こうして自分の仕事場に向かう少女

―しかし、運命は過酷であった

―その少女の未来が絶望に押し潰されようとしているのを誰も知らない

―もちろん本人も





【中谷育、処女喪失まで後3時間】



おしまい

26 : 以下、名... - 2021/09/04 07:17:34.98 BK6B41qDO 25/25

続きは
【ミリオン】育「お尻とおま○この中に入れられて……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1582714476/
こちらで……(エタってますが)

記事をツイートする 記事をはてブする