1 : 以下、\... - 2016/06/12 22:53:55.626 Vm0yyDeep 1/36

みく「あっ プロデューサーだにゃ」

武内P「前川さん こんにちは…」

みく「ん?プロデューサー元気ないにゃ?」

武内P「いえ、そんなことは…」

みく「みくの目はごまかせないにゃ こう見えてもみくは周りには気を使える人間にゃ!」フンス

武内P「お見通しなのですね…実は、自信のあった企画の実施が延期になってしまいまして…」

みく「えっ!?それってプロデューサーが最近ずっと考えてたやつ!?」

武内P「そうです…他の部署の新人アイドルを押し出すため、今は我慢して欲しいとのことでした…」

みく「プロデューサー頑張ってたもんね~ それは落ち込むよ」

武内P「ですが、どうしてそれを?」

みく「言ったはずにゃ!みくはなんでも分かってしまうのにゃ!」ドヤ

みく「でも延期ってことは、もっとじっくり企画を考えるいい機会になるんじゃないのかにゃ?」

武内P「なるほど…そう考えることもできますね」

みく「そうにゃ!プラス思考で頑張るにゃ!みくが元気出るように猫パンチしてあげるにゃ!」

武内P「猫パンチですか…?」

みく「ほらほらプロデューサー、背中向けて!」

みく「プロデューサー!頑張るにゃ!頑張るにゃ!」トントントントン

武内P「これは…肩たたきではないですか?」

みく「シャーー! これは猫パンチにゃ!訂正するにゃ!」ポカポカ

武内P「そうですね…前川さん、猫パンチありがとうございました」フフッ

みく「どういたしましてにゃ!」




「ふーん…」

元スレ
渋谷凛「ふーん…」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1465739635/

2 : 以下、\... - 2016/06/12 22:54:42.921 Vm0yyDeep 2/36

武内P「…」トコトコ

「プロデューサー…」ヌッ

武内P「!…渋谷さん、いつの間に…」

「えい」ペチペチ

武内P「?? 急にどうしなさったのですか? 」

「プロデューサー、私もついてるよ」

武内P「?」

「これあげる」

武内P「これは…」

『プロデューサーの相談に乗る券』

「いつでも使ってよ プロデューサーのこと、その…心配だし…」

みく「これもあげるにゃ!」

『プロデューサーに猫パンチする券』

武内P「お二人とも…ありがとうございます!本当に…嬉しいです」

武内P「また、頑張ります! これに頼ることもあるかも知れませんが…」

「うん プロデューサー、応援してる」

みく「ファイト!プロデューサー!」

武内P「はい!」




みく「上手くいってよかったにゃ!」

「みく、ありがとう 手伝ってくれて」

みく「凛ちゃんとプロデューサーの為ならお安い御用だにゃ!」

みく「それにしても…凛ちゃんも気配り上手にゃ!みくの次にね!」

「ふふっ…みくには負けるよ」

みく「よーし!みく達も頑張るにゃ!」オー!

「そうだね」オー

3 : 以下、\... - 2016/06/12 22:55:51.763 Vm0yyDeep 3/36

李衣菜「♪~」シャカシャカ

武内P「おはようございます…」

李衣菜「♪~」シャカシャカ

武内P「あの…」ヌッッ

李衣菜「うわっ!びっくりした!…なんだプロデューサーかー」アハハ…

武内P「驚かせてすみません…後ろから声をかけたのですが…」

李衣菜「あぁごめんごめん…音楽聞いてたからさ」

武内P「何を聞いてらしたんですか?」

李衣菜「そりゃもちろんロックだよ!」

武内P「多田さんは本当にロックがお好きなんですね」

李衣菜「…!そう…そうなんだよ!ほら、プロデューサーも聞く?」スッ

武内P「…では…」スチャッ

李衣菜「どうどう?」

武内P「…とってもかっこいい曲ですね」

李衣菜「だよね!さすがプロデューサー!このロックが分かるなんてすごいよ!」ガシッ

武内P「はぁ…」




「ふーん…」

4 : 以下、\... - 2016/06/12 22:56:38.845 Vm0yyDeep 4/36

「プロデューサー」

武内P「おはようございます、渋谷さん」

「おはよう…実は昨日、家で新曲の練習したんだけどさ…その…あんまり自信なくて…」

「録音したからプロデューサーにもチェックして欲しいんだけど…」

武内P「私でよろしければ…」

「ここ座っていい?」

武内P「もちろんです どうぞ」

(プロデューサーは右に座ってるから…こっちか)スッ

武内P「ありがとうございます…」スチャッ

(で私がこっちを…ってあれ!? 渡す方間違えた…)

武内P「…」♪~

(仕方ない…こっちを…)

(…近い近い!プロデューサーが近い!///)

武内P「特に問題無いと思いますが…」

「…」ポー///

武内P「渋谷さん?」

「…ハッ!あ、ありがとうプロデューサー!私、時間ないんだった!」アセアセ

武内P「まだ後半が残っていますが…」

「また今度よろしく!」スタスタスタ

(次は普通に渡そ…)フゥ

6 : 以下、\... - 2016/06/12 22:57:53.905 Vm0yyDeep 5/36

きらり「~♪」

きらり「あっ!Pちゃん!」

武内P「諸星さん、おはようございます」

きらり「おっすおっす!今日もお仕事頑張るにぃ☆」

武内P「…そういえば、諸星さんは私のことをPちゃんと呼んでいましたね」

きらり「あっ…嫌だった?嫌ならすぐやめるにぃ…」シュン

武内P「いえいえ!ただ…どうしてそうなったのか気になりまして…」

きらり「きらりはちょっとみんなより大きいでしょ?だからPちゃんのこともあんまり怖くなかったんだ~」

きらり「むしろ頑張ってるところとか可愛いなぁ~と思って、だからPちゃんって呼ぶことにしたんだにぃ☆」

武内P「可愛い…」

きらり「Pちゃんてば照れてる~!」バシバシ

武内P「いえ…そのようなことは…」イテテ…

きらり「そうだ!Pちゃんもきらりのこと、きらりって呼んでいいよ!」

武内P「きらり…さん…今日も頑張りましょう」

きらり「うん!Pちゃんもね!」




「ふーん…」

7 : 以下、\... - 2016/06/12 22:58:27.166 Vm0yyDeep 6/36

武内P「…」スタスタ

「あっ…P…P…」

武内P「渋谷さん、おはようございます」

「P…」

武内P「ピ?」

「P…ピアノ!」

武内P「ピアノが…どうかなされましたか?」

「練習…始めたんだ…」ハァ…

武内P「それは素晴らしい心掛けです 頑張って下さい!」

「うん…」



蘭子(どうしたんだろう…?)

9 : 以下、\... - 2016/06/12 22:59:13.617 Vm0yyDeep 7/36

「えぇ~働きたくないよ~」

武内P「まぁ、そうおっしゃらずに…」

「杏はもう今日は十分頑張ったよ~」

武内P「そろそろ出発の時間です 表に車は手配しましたので、急ぎましょう」

「歩くのも面倒臭いんだよね~あっ!そうだ!」ピコン!

武内P「?」

「プロデューサー、玄関まで運んでよ」

武内P「いえ、そういう訳には…」アセアセ

「もう時間無いんでしょ~?」

武内P「…」

武内P「では、失礼します」ヒョイッ

「おっさすが~!プロデューサーに抱っこしてもらうの最高だよ~」ニコニコ




「なんだあれは!!!!!」

未央「うわっ!しぶりんいきなり大声出さないでよ~びっくりした~」

「あれはさすがに恥ずかしいな…」ブツブツ

未央「しぶりん?」

10 : 以下、\... - 2016/06/12 23:01:19.499 Vm0yyDeep 8/36

蘭子「我が同胞よ、今日もご苦労であった」

武内P「はい、お疲れ様です」

蘭子「我の輝きは天界の神々まで届いていたであろうか…」

武内P「素敵なステージでした」

蘭子「漆黒の中で身につけた翼で、今こそ羽ばたこうぞ!」

武内P「はい、明日も朝早くからですので、今日はゆっくり休んでください」

蘭子「では、闇に飲まれよ!」

武内P「……お気をつけて」

蘭子「…」ジーッ

武内P「…闇に飲まれよ…」ボソッ

蘭子「~♪」ニコニコ




「ふーん…」

11 : 以下、\... - 2016/06/12 23:01:49.029 Vm0yyDeep 9/36

「闇に飲まれよ」

「闇に飲まれよ」

「よし…言えそう…」グッ

武内P「…」

「闇に…「渋谷さん?」

「あああああああああ!!!!!!!」

武内P「渋谷さん!大丈夫ですか!」

(闇に飲まれたい)

12 : 以下、\... - 2016/06/12 23:03:08.611 Vm0yyDeep 10/36

武内P「城ヶ崎さん、こんにちは」

莉嘉「あっ!Pちゃん!」

莉嘉「今日はこれから雑誌の表紙撮影だよね!」

武内P「そうです そろそろ行きましょう」

莉嘉「あっそうだ!莉嘉今日のためにセクシーポーズ研究したんだよ!見て見て~」クルクル

武内P「はぁ…」

莉嘉「ちゃんと見てよ~!これで男子を悩殺するんだから!」ウッフーン

武内P「なるほど…?」

莉嘉「Pちゃんもこれで悩殺だよね?」

武内P「そうかも、知れませんね…」




「ふーん…」

13 : 以下、\... - 2016/06/12 23:04:36.487 Vm0yyDeep 11/36

「この間雑誌に載ってた美波のグラビア…」ガサゴソ

「これだ!」ジャーン

「この色気…うーん…素晴らしい」ペラペラ

「これを研究すれば…」




武内P「渋谷さん、おはようございます」

「おはよう」ジーー

(私の研究が正しければ、美波の色気の秘訣はあのどことなく切ない目!アレが再現できれば…)ジトーーーー

武内P「渋谷さん その、表情が険しいですが…何かあったのですか?」

「えっ」

美波「あっ 凛ちゃん プロデューサーさん、おはようございます! 」ネットリ

武内P「新田さん、おはようございます」

美波「凛ちゃん、今日も頑張ろうね!」ネッットリ

「うん…」

(私には早かった…)

15 : 以下、\... - 2016/06/12 23:06:30.571 Vm0yyDeep 12/36

武内P「では後ほど伺います」

武内P「はい!ぜひお願いします!」

未央「プロデューサー、張り切ってるね~」

卯月「もうすぐサマーフェスですしね」

きらり「きらり達もPちゃんに負けないように、頑張るにぃ☆」




武内P(次はあの資料を読まないと…)フラフラ

みりあ「あっ!プロデューサーだー!」テトテト

武内P(ん…まずい…体が…)パタン

みりあ「プロデューサー!?」

17 : 以下、\... - 2016/06/12 23:07:42.699 Vm0yyDeep 13/36

武内P「…ハッ!」

みりあ「あっ!プロデューサー、おはよう」

武内P「私は…何を…?」

みりあ「プロデューサー、突然倒れるからびっくりしちゃたよ~ その後同僚さんが部屋まで運んできてくれたんだよ」

武内P「そうでしたか…御心配をかけてすみません…」ムクッ

みりあ「あっ まだ寝てなきゃダメだよ!」

武内P「ですが資料が…」

みりあ「ダメ~!また倒れちゃうよ?」

武内P「…はい…」

みりあ「プロデューサー、頑張るのは大事だけど、あんまり無理しちゃダメだよ?」ナデナデ

武内P「そうですね…」

みりあ「みりあは、大人の人もゆっくりした方がいいと思うな!」ナデナデ

武内P「ですがさすがにアイドルの方に撫でてもらうというのは…」ハハ…

みりあ「気にしない気にしない!みりあはもうお姉ちゃんなんだよ!」フンス

武内P「そうでしたね…立派なお姉さんだと思います」

みりあ「そうでしょー!」ニコニコ




「ふーん…」

18 : 以下、\... - 2016/06/12 23:08:49.943 Vm0yyDeep 14/36

武内P「渋谷さん、この後は別の場所に移動しての撮影になります」

「うん 分かった」

武内P「では車でお送りしますので…」





武内P「シートベルトはお締めになりましたか?」

「うん…あっそうだ」スッ

武内P「どうか…しましたか?」

「プロデューサー…」ナデナデ

武内P「え…?」

「うん 出発しよう!」

武内P「…?」

19 : 以下、\... - 2016/06/12 23:10:12.080 Vm0yyDeep 15/36

美波「プロデューサーさん、お疲れ様です」

武内P「お疲れ様さまです」

美波「今日は、次のステージのリハが全員完璧に出来たんですよ」ウフフ

武内P「合宿以来、新田さんにはまとめ役を引き受けていただき、とても感謝しています」

美波「いえ、私もとっても楽しいです」

武内P「新田さんは、とても頼れる存在です」

美波「そんな…ありがとうございます」ウフフ




「ふーん…」

20 : 以下、\... - 2016/06/12 23:11:02.586 Vm0yyDeep 16/36

武内P「…という訳で、トライアドプリムスの単独ライブを行うことになりました」

「…!」

奈緒「や…やったぁ!!」

加蓮「奈緒~嬉しそうだね~」ニヤニヤ

奈緒「い…いいだろ別にっ/// 加蓮は嬉しくないのかよ⁉」

加蓮「私もとっても嬉しいよ?」ニコニコ

武内P「ただ…」

「ただ?」

武内P「今回はバックダンサーもいますので、全体のまとめ役となるリーダーを3人のうち誰かにお願いしたいのですが…」

加蓮「バックダンサーって何人?」

武内P「12人が参加する予定です」

奈緒「12人!?そんなにたくさん!?」

加蓮「結構いるね…私達も入れれば15人か~…大変そうだね」

奈緒「うん…」

「…私、やる」

加蓮「ほんと!?凛がやってくれるなら助かる!」

奈緒「ありがとな、凛!」

武内P「では渋谷さん、お願いできますか?」

「うん」

武内P「ありがとうございます 頼りにしています」

「…うん!!」パァァァァ

加蓮「…なるほど~」ニヤニヤ

奈緒「?」

21 : 以下、\... - 2016/06/12 23:12:17.722 Vm0yyDeep 17/36

アナスタシア「プロデューサー、これは?」

武内P「これは…にいがた、ですね」

アナスタシア「にいがた…場所の名前ですか?」

武内P「そうです 雪の多いところですから、アナスタシアさんにはお勧めかもしれません」

アナスタシア「ハラァショー…素晴らしいです ぜひ 行ってみたいです」

卯月「あれは…?」

美波「アーニャちゃんに漢字の読み方を教えてるのよ」

卯月「へぇ~アーニャちゃん頑張り屋さんですね!」




(閃いた)

22 : 以下、\... - 2016/06/12 23:13:06.101 Vm0yyDeep 18/36

「プロデューサー、ちょっとこれ読んでよ」

武内P「これは…今度の舞台の台本…ですね」

「そう! 男性パートはやっぱり男の人にやってもらう方が練習になるし…」

武内P「でも…私でよろしいんですか…?」

「大丈夫だから ほら20ページから読んで」

武内「…分かりました」ペラペラ

(計画通りッ!)

武内P「スキデス…アナタガ…ズットイエナカッタオモイ…イマ…ツタエマス」

(だめだ…まだ笑うな…しかし…)

(プロデューサーが…好きって言った!私のこと…好きって!!)ニヤニヤニヤニヤ

武内P「アイシテ「しぶりーん!、もうすぐレッスン始まるよー!」ガチャ

「本田ァァァァ 何をやってる!?ふざけるなァァァァァァァ!!!」

未央「ヒッ!!」

24 : 以下、\... - 2016/06/12 23:14:26.187 Vm0yyDeep 19/36

智絵里「カエルさん…カエルさん…」

武内P「大丈夫ですか?」

智絵里「ひぅっ!…あっプロデューサーさん…すみません、緊張しちゃって…」

武内P「そろそろ出番です…笑顔で頑張れますか?」

智絵里「は、はい…」プルプル

武内P「…手を、出していただけますか?」

智絵里「手?…あ、はい…」

武内P「こうやって人という文字を書くといいですよ」サラサラ

智絵里「ふっ…くすぐったいです」アハハ

武内P「あっ…すみません…」

智絵里「大丈夫です!プロデューサーさんのおかげで笑顔になれました!」ニコー

武内P「…それなら良かったです」




「ふーん…」

25 : 以下、\... - 2016/06/12 23:15:22.321 Vm0yyDeep 20/36

「智絵里、お疲れ!」

智絵里「あっ!凛ちゃん!」

「ステージ、とっても良かったよ」

智絵里「見に来てくれてたんですか!ありがとうございます!」

「それでその…ちょっと手、出してくれる?」

智絵里「??…はい、どうぞ…?」

「…」ペロペロペロ

智絵里「えっ!?何してるんですか凛ちゃん!くすぐったすぎます!!」ヒーヒー

「…」ペロペロペロペロ

27 : 以下、\... - 2016/06/12 23:16:35.937 Vm0yyDeep 21/36

(もうすぐバレンタイン…)

(渡すべきか?…いや、一応アイドルだし…ていうかバレたらやだし…)

(うーん…)



かな子「凛ちゃんも食べる?」

「あっ…ありがとう!」

「パクっ」

(美味しい…かな子のクッキー最高…)

かな子「あっ!プロデューサーさん! クッキー食べます?」

武内P「いえ…私は…」

かな子「そうですか…うまく焼けたんですけど…」シュン

武内P「!…やはり、いただきます」ヒョイ

武内P「…とても美味しいです」

かな子「本当ですか?良かった~」パァァ





(ふーん…)

30 : 以下、\... - 2016/06/12 23:18:58.926 Vm0yyDeep 22/36

「こうやってかき混ぜてっと…」

かな子「そうそう!凛ちゃん上手!」

かな子「凛ちゃんもお菓子作りに興味あったんだね!私、嬉しいよ!」♪~

「うん、かな子のクッキー好きだったから私もやってみようと思って…」

かな子「そうなんだ~ますます嬉しいなぁ~」




「焼けた」

「かな子…味見お願い」

かな子「じゃあもらうね…これにしよう」

かな子「モグモグ…うんっ美味しい!凛ちゃん初めてなのにすごいよ!」ニコニコ

(美味しそうに食べる子っていいなぁ…)

(…かな子いつまで味見するんだろ…)

「かな子…それ3枚目…」

かな子「あっ、私ったら!美味しくってつい///」

31 : 以下、\... - 2016/06/12 23:19:32.854 Vm0yyDeep 23/36

バレンタイン当日

未央「えっ!?これしぶりんが焼いたの?」

みりあ「おいしーい!」

卯月「凛ちゃんすごいです!」

「かな子のおかげだよ…」

武内P「みなさん、次のイベントですが…」

「あ、プロデューサー これよかったら食べる?」

武内P「これは…渋谷さんが…?」

「うん まぁね…」ドキドキ

武内P「ではお言葉に甘えて…」パク

「…」バックンバックン

武内P「美味しいです 渋谷さんもお菓子作りなさるんですね」

「いや、実は初めてで…」テレテレ

武内「そうなんですか…初めてでここまで出来るのは素晴らしいと思います」

「あ、ありがと…//」

(最高)

34 : 以下、\... - 2016/06/12 23:21:11.367 Vm0yyDeep 24/36

未央「あなたの…笑顔です…」ズゥゥゥン

卯月「似てます!…未央ちゃんうまい!」

未央「そうでしょー」エッヘン

卯月「あっ…あっ…」ユビサシー

未央「ん??」クルッ

武内P「…」ズォォォォォォォォォ

未央「プ、プロデューサー!おはよう!」アセアセ

武内P「おはようございます…」

卯月「…あっ!私そろそろレッスンの時間です!未央ちゃんまた後で!!」

未央「しまむー!?」

卯月「また後でー!!」ドヒューン

未央「しまむーー!!!」

35 : 以下、\... - 2016/06/12 23:22:04.510 Vm0yyDeep 25/36

武内P「…」

未央「…見てた?」

武内P「はい…」

未央「…」

未央「すみませんでした!」ガバッ

武内P「いえいえ!頭を上げて下さい!」アセアセ

未央「ほんの出来心だったんです!もうやりません!!」ドゲザー

武内P「本田さん!頭を上げて下さい!…その、面白かった…です」

未央「えっほんと!?」

武内P「本当です…自分で言うのも変ですが、よく似ているなぁと…それで覗いてしまったんです…」

未央「そ、そうなんだ…」ホッ

武内P「…もう1度お願いできますか?」ボソッ

未央「えっ」

武内P「あ…無理にとは言いませんが…」

未央「…」

未央「…あなたの…笑顔です」ズゥゥゥン

武内P「やっぱりよく似ています」ハハ…

未央「あっプロデューサー笑った!これって公認ってことでいいの!?」

武内P「そういうことになるかもしれません」

未央「やったぁぁぁ!練習した甲斐があったよ!」ニパー




「ふーん…」

36 : 以下、\... - 2016/06/12 23:22:51.073 Vm0yyDeep 26/36

「まぁ私もできるんだけどね…」

「笑顔です…」ズゥゥゥン

「いえ、まだ見たことはありませんが…」ズゥゥゥン

「ほら、私の方がうまい」

「プロデューサーのこと、よく見てるし…」

「見てるし…///」プシュー



凛ママ「あの子鏡に向かって1人で話してるわ…」

37 : 以下、\... - 2016/06/12 23:23:39.378 Vm0yyDeep 27/36

卯月「ドラマのオーディション、落ちちゃいました…」

武内P「そうですか…それは残念です」

卯月「せっかく紹介してもらったのに…すみません…」

武内P「いえ、また次頑張りましょう」

卯月「…はい!島村卯月、頑張ります!」アハハ…

38 : 以下、\... - 2016/06/12 23:24:31.089 Vm0yyDeep 28/36

武内P「…と、言いたいところなんですが」

卯月「?」

武内P「以前上映されたシン選組ガールズを見ていた監督からオファーがありまして」

卯月「…!」

武内P「島村さんを…ぜひ新作映画のヒロインにお願いしたい、とのことだったのですが…」

卯月「!!!」

武内P「お受けしますか?」

卯月「…」

武内P「…島村さん?」

卯月「…はいっ…受けます…っ」ポロポロ

武内P「だ、大丈夫ですか」アワアワ

卯月「すみません…私、嬉しくて」ポロポロ

武内P「そうですね…私も嬉しいです」フキフキ

卯月「プロデューサーさん、ハンカチ…」

武内P「いえ、お気になさらず」フキフキ

卯月「すみません…止まらなくて…」ポロポロ

40 : 以下、\... - 2016/06/12 23:25:33.542 Vm0yyDeep 29/36

「うづぎ…」ボロボロボロボロ

卯月「ハッ…凛ちゃん!」

「…わだじも、うれじいよ…」エーン

卯月「凛ちゃん…」

「プロデューサー、ハンカチ」ポロポロ

武内P「あっ…はい…」スッ

「ありがど…」フキフキフキ

(プロデューサーと、卯月の…ハンカチッ…感動ッ…)フキフキフキフキフキフキ

45 : 以下、\... - 2016/06/12 23:34:14.079 Vm0yyDeep 30/36

~番外編~

「撮影終わったー」

武内P「お疲れ様です」

「プロデューサー、お疲れ」

武内P「では、事務所に戻りましょう」

「うん」

46 : 以下、\... - 2016/06/12 23:35:07.740 Vm0yyDeep 31/36

サァァァァァァァァァ




「雨…」

武内P「かなり降ってますね」

「傘持ってこなかったなぁ…」

武内P「すみません、私はあるのでそこのコンビニでもう1本買ってきます」

「えーいいよわざわざ…」

武内P「しかし…」

「いいってば! もったいないよ」

武内P「ですが…このままでは…」

「…いいじゃん」

武内P「え…?」

「プロデューサーの傘に入ればいいじゃん…」

47 : 以下、\... - 2016/06/12 23:36:00.638 Vm0yyDeep 32/36

サァァァァァ…

トコトコトコ…



(勢いで相合傘してしまった…///)

(プロデューサーと…)チラッ

武内P「…」トコトコ

(プロデューサーって好きな人とかいるの…?」

武内P「え…?」

(しまった!声に出てた!)アワアワ

武内「いえ…私は特にそういう方は…」





「ふーん…」

48 : 以下、\... - 2016/06/12 23:37:01.428 Vm0yyDeep 33/36

(まぁそうだよね…プロデューサー恋愛したこともなさそうだし)

(相合傘してるのに意識してくれないし…)

(うーん…)

(いやせっかくのチャンス、無駄にはしない!)

(えい///)ギュッ

武内P「渋谷さん…腕が…」

「寒い」

50 : 以下、\... - 2016/06/12 23:39:11.783 Vm0yyDeep 34/36

武内P「大丈夫ですか?よかったらこれ羽織って下さい」ヌギヌギ

「えっ いいよそんな…」

武内P「そのままではお体に悪いですよ」バサッ

(これは…思わぬ展開!)

(やばい…プロデューサーの匂いに包まれてる…抱きしめられてるみたい…)

(抱きしめ…)ジー

51 : 以下、\... - 2016/06/12 23:40:44.317 Vm0yyDeep 35/36

武内P「…どうかなさいましたか?」

「やっぱり…寒い…」ピタッ

武内P「渋谷さん!?あの…外でこういったことは…」アタフタ

「中ならいいのか…?」ハッ

武内P「そういうことではなくてですね!その…アイドルですし、人目が…!」

「プロデューサー、私寒いだけだから…もう少し…このまま…」ドキドキ

武内P「ですが…」アワアワ

「もう少しだけ…」ギュッ

武内P「…はい…」

53 : 以下、\... - 2016/06/12 23:43:17.480 Vm0yyDeep 36/36

(ちょっと震えてるし…なんか可愛いな)フフッ

(プロデューサーがこんなに近い…私の大好きなプロデューサーが…)

(プロデューサー、私本当はすごくあったかいよ…ごめんね)

(あんたみたいな人が私を好きになってくれるとは思わないけど…)

(でも、こうやって少しずつ近づければ嬉しいな)


~完~

記事をツイートする 記事をはてブする