1 : VIPに... - 2013/06/10 17:06:34.26 c/bGnIvk0 1/8

※コレジャナイ感
※短編

以上2点を踏まえお読みください

元スレ
まゆ「幸子ちゃん、いいなぁ」 幸子「えっ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370851594/

2 : VIPに... - 2013/06/10 17:07:33.40 c/bGnIvk0 2/8


「幸子! 前回のライブ、いい感じだったぞ!」

幸子「ふふん、ボクはカワイイですから当然ですよ!」

「そうだな、幸子はかわいいからな」ナデナデ

幸子「な、何撫でてるんですかっ!?」

「あっ、ごめんごめん」

幸子「全くもう……プロデューサーさん、次からは気をつけてくださいね!」

幸子(本当はもっと続けて欲しいけど……そんなこと言えませんもんね。でも、良かったなぁ……)テレテレ

まゆ「……」ジー

3 : VIPに... - 2013/06/10 17:09:06.71 c/bGnIvk0 3/8


まゆ「いいなぁ、幸子ちゃん」

幸子「えっ?」

まゆ「あの人に撫でてもらえて、いいなぁ」ズイッ

幸子「ひっ、ま、まゆさん……近いです!」

まゆ「どうやったら撫でてもらえるの?」

幸子「えっ、何がですか?」

まゆ「だから、幸子ちゃんみたいにどうやったらプロデューサーさんに撫でてもらえるかなって」

幸子「撫でてって……あれは勝手にプロデューサーさんが撫でてるだけです! ボクが誘ったりとかは……」

まゆ「……満更でもなかったですよねぇ」

幸子「……な、なんの事ですか?」

まゆ「ふぅん、とぼけちゃうんだ……まゆは真剣なのに。……幸子ちゃんのいじわる」

幸子「い、いじわるじゃないですよ」

まゆ「じゃあ、教えて?」

幸子「……まゆさんは撫でてもらったことないんですか?」

まゆ「……」

幸子「あっ……」

5 : VIPに... - 2013/06/10 17:13:04.06 c/bGnIvk0 4/8


まゆ「うふふ、幸子ちゃんみたいにプロデューサーさんに撫でてもらえる子ってあんまり居ないんですよぉ……」ジー

幸子「ごご、ごめんなさい!」

幸子(まゆさんの目、本気ですからつい謝っちゃいました……)

幸子(まゆさんがプロデューサーさんに好意を持ってるのは、確かに知ってますけど……)

幸子(それにしても、プロデューサーさんが勝手にやってくるから教えてと言われましても困りますね。うーん……)

幸子「……そ、そうですね、プロデューサーさんに撫でてもらうには……やっぱり、アピールしないといけませんよ」

まゆ「アピール……」

幸子「ボクみたいにプロデューサーさんにカワイイところを見せるんですよ」

まゆ「幸子ちゃんみたいに?」

幸子「まゆさんだってカワイイんですから、自分から積極的にプロデューサーさんにカワイイのを見せていけばいいんじゃないですか?」

まゆ(積極的なつもりだったんだけど……幸子ちゃんぐらいの積極的さの方がいいのかな?)

まゆ「そうなんだ……ありがとう、幸子ちゃん」

幸子「い、いえいえ」

幸子(これで良かったんでしょうか)

まゆ「まゆも、幸子ちゃんみたいにしないと……」タッタッタッ

幸子「……」

幸子「えっ、ボクみたいに?」

6 : VIPに... - 2013/06/10 17:14:49.09 c/bGnIvk0 5/8


まゆ「プロデューサーさん、今日のまゆ、頑張ってましたよね?」

「そうだな、まゆはファンの皆もいつも以上に喜んでたし、今回のライブは凄かった――」

まゆ「ふふ、まゆはカワイイから当然ですよ」

「……えっ?」

まゆ「だから、まゆはカワイイですからそんなの当然ですよぉ。ね、プロデューサーさん」

(な、何だ……幸子の真似か?)

まゆ「どうしたんですかぁ、プロデューサーさん」

「い、いや、何でもない」

~~~~~

幸子(ボクのようにってそういうことですか……なんか、複雑な気分です)

幸子(気になったからロッカーに隠れて見ようと思いましたが、しなくてもよかったかも……)

幸子(それにしても、仕方ないとはいえこのロッカー狭いですね。もうちょっと大きくてもいいんじゃないでしょうか)

幸子(……早く、まゆさんもプロデューサーさんも移動しないかな……)

~~~~~

7 : VIPに... - 2013/06/10 17:18:03.34 c/bGnIvk0 6/8


まゆ「……まゆがカワイイから困ってるんですかぁ?」ズイッ

(近い近い! しかし、確かによく見るとまゆって小柄だし、幸子の真似してるの見ると小動物のようなかわいさが……)

「……」ナデナデ

まゆ「!」ビクッ

「あっ、すまん! つい……」

まゆ「……うふふ、もっとやってもいいんですよぉ、まゆはカワイイですから許しちゃいます」

「そ、そうか……? まゆが言うなら、まぁ……」ナデナデ

まゆ「♪」

「……」ナデナデ

まゆ「うふふ♪」

(かわいい)

(……150cmちょっとだったっけ。幸子ほどじゃないけど、十分小柄だよなぁ)ナデナデ

(しかも、こうやって大人しい時とかってあまり無いから……あー、かわいいなぁ)ナデナデ

~~~~~

幸子(いいなぁ、まゆさん。ボクはあれだけ撫でられ続けたことないのに)

幸子(ボクだって、本当はプロデューサーさんと一緒に居たいし、撫でられたい……)

幸子(というか、プロデューサーさんも満更でもない表情だし……)

幸子(……これは、ボクも負けてられませんね)

~~~~~

8 : VIPに... - 2013/06/10 17:20:44.01 c/bGnIvk0 7/8


「……」

幸子「プロデューサーさん、まゆさんよりもボクの方がカワイイですよね!」

まゆ「幸子ちゃんよりも、まゆの方がカワイイですよね?」

ちひろ「……プ、プロデューサーさん、2人に何かしたんですか?」

「……私は知りません」

幸子「早く決めてください、プロデューサーさん」

「いや、そりゃどっちもかわいい――」

幸子まゆ『どっちの方がカワイイんですか?』

(どうしてこうなった)

―終わり―

9 : VIPに... - 2013/06/10 17:22:10.18 c/bGnIvk0 8/8

本文よりもタイトルを考える方が時間かかりました(小並感

まゆちゃんは病ん病んしてるよりもこっちの健全さの方がカワイイと思います
ちょっと暴走しちゃって考えがズレちゃうのも、仕方ないことなんです、たぶん

記事をツイートする 記事をはてブする