1 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 15:49:04.55 s8kOvg2E0 1/13

「開けろぉ!!、お願いだから開けてくれ!!」ドンドン

「…悪かったって!、俺が全部悪かったから!」

ドア「……」

「」


(…俺、歯医者行こうか、って言っただけなんだけどなあ…)








(うーん、それか俺が他に何かマズい事を言っちゃったかだが…)


『ただいま戻りましたー、って、そっか、今日はみんな出てる日か…』

蘭子『な、何故…!?、未だ我が預言書に記されし、汝が帰還の刻では無いが…』

『ああ、なんか仕事が前倒しになってな…、あれ?、でも蘭子は休みじゃ…』

蘭子『あ、いや、我が邪悪の念の入りし漆黒の宝具が…』ボソボソ

(…ん、宝具?、忘れ物の事とかだろうか)




元スレ
P「蘭子が引きこもったあッ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442990944/

2 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 15:52:40.54 s8kOvg2E0 2/13

蘭子『我が任務を遂行せねば…、惑わされし因果がめぎゅり…』ズキッ

『…!?、どうした!?』

蘭子『うう…、いたい…、あっ、何、これしきの古傷など…』

『…歯が痛むのか?、俺も予定無いし、今から空いてる歯医者探して…』

蘭子『な、何を!、断じて我が牙に欠けたる点などっにゃいっ!』ズキッ

(これはまた…、重症だな)








『…そんなんじゃあ仕事にも差し支えるだろう、ほら、行くぞ』

蘭子『我が魂に誓ってそのような下賤な病では無い!!、歯医者など汝一人でぇ…、一人でぇ…、うう…』

『何が悲しくて俺一人で行かなきゃいけないんだよ…、そんなに歯医者が嫌か?』

蘭子『…あのキーンってなるのが、すごくイヤで…、な、何故そのような目でこちらを見る!?』

(い、今のを真顔で聞けってのは無茶だろ…、おまけに虫歯って認めちゃってるし…)


3 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 15:56:18.84 s8kOvg2E0 3/13

蘭子『…忌まわしき甘味めえ、これ程までに我を愚弄するとは…』

『甘味って、もしかして夜のおやつでも我慢出来なかったとか?』

(全く…、中学生もまだまだ子供なんだな、まだまだ可愛いもんだ)フフフ

蘭子『わ、笑うな!汝まで我を愚弄するとは…、それに夜のおやちゅなど…』

『そうかあ、夜のおやちゅねえ、夜のおやちゅ…』アハハハ

蘭子『…わ、笑うなあ!、もういいっ!!、侮辱の罪の重きを思いしれっ!!』バタン ガチャリ

『あっ!、おい!』

(あっ、拗ねた、閉め出された、やってしまった)



4 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:01:11.69 s8kOvg2E0 4/13

(思い返せば、けっこう俺が悪い気もするが…、まあ…、多少はね?)

(しかし、未だ返事一つすら返ってこない…、完全に手詰まりだ…)

(強硬突破しようにも、苦情とかの事を考えるとなあ…)

(あー、でも歯医者はどーするんだよ、何か、何か良い手は…)


ピンポーン


(誰だ!?、間の悪い)










5 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:04:02.42 s8kOvg2E0 5/13

「はい…」ガチャ

「あ、こんにちは、って、どうしたの?、すごく疲れた顔してるけど…」

「あのさ…、今、口の中が痛かったりとか、しないよな…?」

「え?」

「いやいや、ごめん、なんでもないんだ、ただ今、仕事部屋に引きこもりがいるだけで」

「…え、何それ」

「あ、いや、実はな…」






6 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:09:04.78 s8kOvg2E0 6/13

「ああ…、なるほどね、でも蘭子の気持ち、私は良く分かるな」

「え?、分かるっていうのは…?、もしかして凛も歯医者…」

「違うよ、っていうかさ、プロデューサー、蘭子で遊んじゃダメでしょ」

「噛み噛みの蘭子が可愛過ぎたんだ、今は深く反省している」

「……」

「…どうした?、突然、黙って」

「このロリコン」ボソッ

(…!!!?)









7 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:11:16.65 s8kOvg2E0 7/13

「いや、なぜ、なぜロリコンなんだ、俺が!?、杏とかとは話がだな…」

「中学生以下はアウトだよ」

「いや、なんだ高校生より上はセーフとでも言わんばかりの理屈は」

「セーフでしょ」

「は、はあ、そう…、なのか?」

「プロデューサー、私はセーフだと思う」

「…あれ、今、何の話してたっけ?」

(というか、今日は凛も休みのはずなんだが…)










8 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:15:28.95 s8kOvg2E0 8/13

「引きこもりをどうするか、でしょ」

「…何かこう、絶妙手みたいのは、ないかねえ」

「待つのも大事だよプロデューサー、だからさ、二人でゆっくりお茶でも…」

「いや、でも向こうがこれ以上占拠されたら、かなり困るしなあ…」

「何で、午後は仕事無いし、別に仕事部屋が使えなくたって…」

「いや、ここも最近実績が上がって残業が増えてきたからさ、仕事部屋に生活用品移しちゃってて…」

「……へえ」








「…例えば?」

「寝袋、歯ブラシ、着替え、銭湯道具、冷蔵庫、とかそういうの色々」

「……」

「どうした?、また突然黙りこくって」

「……」

「……」ドンッ! ガンッ!

(無言でドアを殴り始めた!?)







9 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:18:09.40 s8kOvg2E0 9/13

「おい、ちょっと!」

「……」ドンッ! ガンッ!

蘭子「…」ウトウト

「…返事が無いと思ったら寝てたのか…、あ、いやさっきはすまなかった、蘭子」

「ねえ、プロデューサー、少しガールズトークをさせてもらっても良い?」

「は?ガールズトーク?おい、どういう…」ガチャリ

(ええ…)

(うん…、また閉め出されたね、これ)










10 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:21:52.92 s8kOvg2E0 10/13

(時間かかるなあ…、しかし二人で何話してるんだ?、あいつら)

(しかし何で蘭子は引きこもった上に、寝たんだ…、分からない…)

「終わったよ、プロデューサー」ガチャ

蘭子「……。」コクコク

「じゃあ、私、今日は帰るね」

「えっ…、あ、ああ、おつかれ」

「後、これ、自信作だから、絶対に残さず食べてね」

「…?、なんだこれ、クッキー?」

「後は蘭子が説明してくれるから、じゃあ」

「は、はあ…」












「で、ええっと、これは…」

蘭子「…近世、汝は宵まで働き通しという評だが、やはり暦の感覚までも喪失していたのだな…」

「…、あっ、あっ、まさかこれは…」

蘭子「この日が登りし時は汝が生誕の日であろう」

「まさか、このクッキーは…、休みの凛がわざわざ来たのは…」

蘭子「…然り、汝は今、一つの運命を見抜いた」コクコク

蘭子「…あ、あの、それでっ…、それで…」

「…?」










11 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:24:25.63 s8kOvg2E0 11/13

蘭子「これが、我が漆黒の宝具…」

「…チョコレート?、手作りなのに綺麗に包装まで…、って…」

蘭子「…わ、私の誕生日プレゼント、チョコレート、ですっ」

蘭子「冷やしたまま渡したくて…、だから仕事部屋の冷蔵庫を借りてて…」

「じゃあ、俺が帰ってきたときは…、まさか…」

蘭子「…最後の任務にして、因果律が乱れたのだ…、あれはびっくりした…」

「…なんか、ゴメン」




「…なら突然、部屋にこもったのも」

蘭子「完成形で渡したかったから…、だから迷惑をかけても籠城しようって…」

「で、待ってる間にウトウト来て…、ね」

蘭子「な、なんら任務遂行に支障は来してはいない!、ただもう少し冷やそうとして待っていたら…」

「…なあ、蘭子さ、最近あんまり寝てなかったんだろ」

蘭子「な、何故、それを…」

12 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:26:59.25 s8kOvg2E0 12/13

「なんかおかしいと思ったんだ、凛と蘭子に閉め出された時に」

「歯がものすごく痛む、なら喋る時だけ痛むのはおかしくないか、って」

「もしかして虫歯じゃなくて口内炎なんじゃないか…、って思ってさ」

蘭子「…そうなのか?」

「えっ」

蘭子「確かにどの歯が諸悪の根元か特定出来なかった!」

「…ホントに心から歯医者に行きたくなかったのかよ!!」










蘭子「まさか睡眠不足と糖分の過剰摂取を端とする、口内炎だったとは!」

「…なんか考えすぎな気がしてきた、やっぱり、念のため歯医者行く?」

蘭子「……行ってもいい」

「えっ、本当に?」

蘭子「ただし、それが終わったら、終わったら…」

蘭子「…宴を二人きりで、するのならば」

「…全く、良いに決まってるだろ」

蘭子「左様か!、なら支度をしてくる!」タタッ







13 : ◆TyqOu6TiTs - 2015/09/23 16:30:18.13 s8kOvg2E0 13/13

(しかし、仕事部屋から蘭子と凛の匂いがするってのはなんか新鮮だな…)

(つーかおそらく、二人で包装してたんだろうなあ…、蘭子一人であれは無理そうだったし)

「はあ、もういっそ、引きこもりてー!!、この部屋に」

蘭子「出陣す用意が…、って何を大声で…」


「なあ蘭子、毎日飯作って、俺、今からここに引きこもるから」

蘭子「甘味の黒魔術で虫歯の病に染められても、良いというならな」

「…ふっ、やってみろよ」

蘭子「…我が甘き愛の力を思い知れっ!!、プロデューサー!!」




(完)

記事をツイートする 記事をはてブする