1 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/10 23:41:54.19 SgdQRs4x0 1/28


美希「ム、ムネがある……」

美希「……声も……ていうか、金髪……」

美希「か、鏡っ」トテトテ

P「……んー……」

美希「う、嘘だろ……み、美希になってる」

P「……あれ? ミキがいるの」

美希「……美希?」

P「……ハニー?」



元スレ
美希「なっ、なっ……なんだよ、これっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368196914/

2 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/10 23:44:05.28 SgdQRs4x0 2/28


P「……つまり、ミキがハニーで」

美希「……俺が美希なんだよ」

P「あはっ、なんだかおかしいね!」

美希「別の意味でおかしいとは思うけど……」

P「じゃあ、ハニー」

美希「ん?」

P「次に事務所に来た人にお互いの演技をして、バレた方が負けなの!」

美希「……ま、負けって?」

P「うーん……その人とキス、とか?」

3 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/10 23:46:05.41 SgdQRs4x0 3/28


美希(ア、アイドル達とキス……いやでも俺の身体が……うーん)

ガチャッ

P「来たっ!」

美希「ええっ!?」

「はいさーい! いつもニコニコ、貴音の隣に、這い寄る……あれ? 美希とプロデューサーだけ?」

美希「そ、そうだな……なの」

P「ああ、まだみんな来てないよ。それより響、今のなんだ?」

美希(み、美希すげぇ!)

4 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/10 23:50:31.97 SgdQRs4x0 4/28


「今度貴音とライブでやるんだー! ……ってか、プロデューサーに相談したぞ?」

P「え? あ、ああそうだったなぁ」

「……? 変なプロデューサー」

P「響は今日のスケジュール、完璧か?」

「もちろんっ! 今日は美希と写真撮影と、あとレッスン!」

美希(えっ)

P(よろしくなのっ♪)

美希(ええええ!?)

「……どうしたんだ? 見つめ合って」

美希「な、なんでもない! なんでもないんだっ」


5 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/10 23:52:26.31 SgdQRs4x0 5/28


「……今日は美希も変だね」

美希「寝起きなんだっ」

「寝起きかー、じゃあ仕方ないなぁ」アハハ

P「……えーっと、美希」

美希「ひゃ、ひゃいっ」

P「俺の手帳ってどこに有るか知らないか?」

美希「え? ああ、胸ポケットに……」

P「ああ、これだ。サンキュ」

美希(これ、もしかして俺が美希になっただけで、もうひとりの俺が俺になってるんじゃ……)

P「あー、美希はみんなとスケジュールかぶってるな」

6 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/10 23:55:15.20 SgdQRs4x0 6/28


美希「……そうなの?」

P「ああ」

美希(えーっと……朝は響と雑誌の表紙撮影、次に貴音と3人でダンスレッスン……)

「美希、今日もよろしくね!」

美希「お、おう!」

「へ?」

美希「おうなの!」

「あはは、おう! だぞっ」

美希(……あと、春香と千早と3人でラジオの収録も……俺、大ピンチ!)

P「それじゃあ、よろしくなの。美希、響」

「プロデューサー、美希のマネ?」

P「あっ」


7 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/10 23:58:04.95 SgdQRs4x0 7/28


「よろしくおねがいしまーす」

美希「よ、よろしくおねがいしまーす! …………なの!」

カメラマン「よろしく!」

美希(……美希ぃ、俺はお前の身体を見ないで着替えられたんだぞっ)

P(……んー、別に見せても良かったんだけど……)

「ほら美希、こっちこっち!」グイッ

美希「わわっ」

カメラマン「じゃあ、撮るよ! いつもみたいにポーズ取ってってねっ」


8 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/10 23:59:42.47 SgdQRs4x0 8/28


美希「……」シュッ

パシャッ

「へへーっ」

パシャッ

カメラマン「いいねぇ」

美希「……っ」

カメラマン「美希ちゃん、もうちょっと胸を大胆に寄せてみようか」

美希「む、むねっ」

カメラマン「……? うん、いつもは君からするじゃない。あんな感じで」

美希「じ、自分から……」

P(ファイトなのー)

9 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:03:45.08 LcoAIDMH0 9/28


美希(知ってるよっ、毎回撮影現場にいるし……っ!)

「美希?」

美希「……ううっ……!」グイ

カメラマン「そーそー、そんな感じ!」

美希「は、恥ずかしい……」

「恥ずかしいって、美希……普段は自分からやろうとするのに」

カメラマン「上目遣いで!」

美希(こ、このカメラマン……前から変な人だと思ってたけど、絶対コロスっ!)

美希「こ、こう……かな」

カメラマン「いいねえっ!」

パシャッ!

10 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:10:12.53 LcoAIDMH0 10/28


P(しかし……こうしてみると)

美希「ううっ……」グイ

カメラマン「ビューティフォー!」

パシャッ!!

P(なかなかハニー、そういうポーズとかわかってるなぁ)

「美希、一緒にうつろっ」

美希「ひゃあ!」

P(やっぱりアイドルのプロデューサーだよね)

カメラマン「響ちゃん、美希ちゃんの腰辺りに手を!」

「こ、こう?」

美希「にゃあっ!」


11 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:17:52.99 LcoAIDMH0 11/28


P「お疲れ様」

美希「つ、疲れた……」

「今日の美希、ずっと変だったなぁ。プロデューサーもそう思うよね?」

P「そうだね、なんだかいつもより照れ屋さんだったって思う」

「それに、プロデューサーもなんだかおかしいぞ!」

美希「へ? そうだったか?」

「どうして美希が反応するのっ! プロデューサー、今日はずーっと美希のこと変な目で見てた」

P「い、いつもじゃないか?」

「いつもはメモしたりとか忙しそうじゃないか!」

美希「あぁ……」

12 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:20:17.21 LcoAIDMH0 12/28


「うーん……ふたりとも、自分に何か隠し事してるよね」

P「気のせいだよ」

「プロデューサーの喋り方も、ちょっと女々しくなってる!」

美希「……き、気のせいだ、って思うな!」

「美希だって、今日はなのなの言い過ぎ!」

美希「ええっ!?」

「ふたりとも、おかしいぞ……っ、まさか!」

P(バレたの)

美希(バレたな)

「自分を事務所に返した後、美味しいものでも食べに行くつもりなんだなっ!」

13 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:26:16.15 LcoAIDMH0 13/28


P「えっ!? あ、ああ……バレちゃ仕方ないな!」

美希「ひ、響にバレちゃったかー」

「もう……今日は我慢してあげるけど、自分のことも誘ってよねっ」

P「そ、そうだな!」

美希(なあ美希……同時バレはどうなるんだ?)

P(……2人で響にキス)

美希(ええー……)


14 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:31:41.58 LcoAIDMH0 14/28


スタスタ

「聞きたいんだけど、いいかな」

美希「どうしたの?」

「……今日、なんで徒歩移動なんだ?」

P「響がダンスやってるからなの」

「……プロデューサーの口調も固定なんだなぁ」

美希「そ、そういう日なんだよ」

ブロロロン…

「あ、バイク」

P「早いねぇ」

美希「あれに乗れたら楽だろうなぁ」

「ネガティブ禁止!」

美希(かわいい……)


15 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:39:22.24 LcoAIDMH0 15/28


P「あ、もしもし、貴音?」

『――様――――』

P「うん、じゃあよろしくね」

『…………』

P「へっ?」

「ん?」

P「うん、分かった」

美希「どうしたの?」

P「ミキにかわれ、って」

美希「美希に?」

16 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:41:50.14 LcoAIDMH0 16/28


美希「もしもし」

『あなた様……』

美希「へえっ!?」

『で、ございますね?』

美希「ど、どうして」

『いえすかのーでお願いします』

美希「……?」

『美希の真横で眠りましたか?』

美希「……イエス」

「ん、何やってんの?」

17 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:44:23.91 LcoAIDMH0 17/28


『起きたら、美希になっていましたか?』

美希「……い、イエス」

『まだ戻れていませんね?』

美希「イエス……」

『美希とあなた様以外、そこにいますか?』

美希「イエス」

『そう、ですか……分かりました。わたくしはすたじおに居ますので、お待ちしています』

美希「わ、わかった」

18 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:49:46.14 LcoAIDMH0 18/28


美希「とりあえず、早くスタジオに行ったほうがいいかも」

「貴音がいるんだよね?」

P「いるね」

「じゃあ、スタジオまで走って競争しようよ! いくぞーっ!」

美希「わっ、ちょっと待って! …………なのー!」

P「あはは、元気でいいね」

「プロデューサーもだよっ」

美希「ええっ!?」

「だから美希じゃないって!」

19 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 00:57:10.57 LcoAIDMH0 19/28


貴音「おはようございます」

「貴音ぇー! いつもニコニコ貴音の隣に! 這い寄る沖縄の我那覇響!」

貴音「響っ……もう完璧ですね!」ナデナデ

「へへーっ」

美希「……なあ、美希」

P「ん?」

美希「お前、急に途中から演じる気無くしたろ」

P「だって、響気づかないんだもん」

美希「そうだけど……先にバレたらキスなんだぞ?」

P「ミキ……の身体だとヤバイけど、ハニーなら別に女の子同士だし……」

美希「それはヤバイって!」


20 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:00:41.47 LcoAIDMH0 20/28


「ご、ごめん。自分ちょっとトイレに……」

貴音「はい、気をつけて」

ガチャン

貴音「さて」

美希「……貴音」

貴音「まず、わたくしは2人に謝らなければならないのです」

P「え? 貴音、何かしたの?」

貴音「2人を入れ替えてしまったのは……わたくしなのです」

美希「ええ!?」

P「た、貴音ってそんなパワーも持ってるの!?」

21 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:10:32.64 LcoAIDMH0 21/28


貴音「わたくしが朝事務所に行くと……2人がそふぁで寝ていました」

美希「美希が昼寝の添い寝をしてほしいって言うからさ」

P「ゴクラクだったの」

貴音「そして、微笑ましいものと思いながら歩み寄ると、こんせんとの配線に足を引っ掛けてしまい」

P「転んじゃったの?」

貴音「はい……」

美希「春香みたいだな……」

貴音「偶然2人を巻き込んでしまい……頭と頭がぶつかっていて」

P「古典的だね……」

貴音「説明をしようと思ったのですが、取材の約束があり……放置してしまいました」

美希「そうだったのか……」

22 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:13:51.15 LcoAIDMH0 22/28


貴音「もしよければ……わたくしに2人を元に戻す手伝いをさせていただけませんか?

P「うん、よろしくなの! あっ、でも」

貴音「はい?」

P「ハニー、アレ」

美希「えっ、アレ……まさか、貴音にやるのか?」

貴音「あの……アレとは」

P「貴音」

美希「ちょっと動くなよ」

貴音「ふえっ!? あ、あの……」

チュッ


23 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:16:10.31 LcoAIDMH0 23/28


「たっだいまー! って……あれ、みんなどうしたの?」

美希「えへへ……元に戻ったね」

P「いっ……てえ……!」

貴音「うぅ…………」

「……なんだか地獄絵図だね。何があったの?」

P「俺と美希のキスに驚いた貴音が俺と美希の頭を持ってゴンッ」

美希「世界が回ったの」

「ちょっ、ちょっと待って! いろいろツッコミどころがあるよ!」

貴音「いけずです……わたくしから……うぅ……」

24 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:20:23.19 LcoAIDMH0 24/28


「よくわかんないけど……貴音、いつまでも泣いてないで、笑いなよっ!」

貴音「……響は……響は……! 唇を同時に奪われる悲しみが分かりますかっ」ガバッ

「ちょ、ちょっと貴音!? なにす――」

貴音「――っ」

美希「み……ハニー」

P「……ん?」

美希「外、出ようか」

P「そうだね」

ガチャッ バン


25 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:27:07.15 LcoAIDMH0 25/28


P「…………身体っていうか……舌に美希の喋り方が染み付いちゃっててさ」

美希「……ミキも、さっきハニーのことを美希って呼びそうになったの」

P「……なぁ、美希」

美希「ん?」

P「アイドルって大変だね」

美希「どうしたの、突然?」

P「いや……上目遣いとか、胸寄せとか」

美希「ああ……ミキはハニーに見せつけようと思ってやってるから、平気だけどね」

26 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:29:21.31 LcoAIDMH0 26/28


ヤメテタカネー! ソコハゼッタイ…

P「こういうのもやらなきゃダメだもんな、アイドル」

美希「いや、貴音と響を参考にするのは間違ってるって思うな」

P「……なんか戻ってきたな、口調」

美希「そうだね、この調子でレッスンするの!」

P「おう!」

ガチャ

美希「よーし、2人とも! レッス……」

「貴音ぇっ、やめてくれっ!」シュッ

美希「あぶな――」ドンッ!!


27 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:31:31.09 LcoAIDMH0 27/28


貴音「……あなた様」

P「貴音」

貴音「……はい」

P「多分、入れ替わったよな」

貴音「……そう、ですね」グスッ

P「……アイドルって大変だよなぁ」



美希「うぎゃあ!? み、美希になってるぞ!」

「……もう嫌なのーっ!」

 つづけ

28 : ◆K8xLCj98/Y - 2013/05/11 01:33:21.44 LcoAIDMH0 28/28


 潮風吹かれてひびたかきゃっほう! 美希メインっぽいけどドジめちんが見たかっただけです。
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。

記事をツイートする 記事をはてブする