1 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:18:27 VYS 1/56

「まぁ…少しだけな」

「そこは今きたところって言ってもらわないと」

「なに言ってんだ人待たせておいてからに…」

「いや、ごめんごめん。服で悩んじゃってさ」

「別に何着ても一緒だろ」

「あっ、ひっどーい!そんなこと言うかなー…」

「わ、悪かったって…」

「……可愛い?」

「まぁ似合ってるんじゃね?」ポリポリ

「!…そかそか、へへへっ」ニコニコ

「お、おう…じゃあ行こうぜ」

「うんっ!」

元スレ
男「おせぇよ、女」女「ごめーん!…待った?」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1438600707/

4 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:23:12 VYS 2/56

「んでさ、どこ連れてってくれんの?」

「誘ったのはお前だろ!?」

「こういうのは男の子が決めるんですぅー」

「はぁ?なんだそりゃ…とりあえずそこのカフェで決めようぜ」

「おおっ、オシャレなカフェ!こういうとこ入ったことあるの?」

「ないけど」

「ないの!?」

「まぁいいだろ。行くぞ」

7 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:26:23 VYS 3/56

「あたし何にしよっかなー」

「俺アメリカン」

「あたしは…ケーキと…あー、このワッフルも捨てがたいなー」

「…太るぞ?」

「そこそんなこと言わないっ」

8 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:30:21 VYS 4/56

「で、どこ行くんだ?服見に行きたいんだよな」

「うん、だから男は荷物もちに」

「荷物もちかい」

「でもせっかくの休日だし、服見に行くだけで終わりじゃなんかねーって感じで」

「映画とかどうだ?」

「いいねー!そういうのだよ、そういうの!」

「はぁ…分かった。付き合ってやるよ」

10 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:34:45 VYS 5/56

店員「こちら、お冷やです」コトッ コトッ コトッ

「ありがとうございます」

「一個多くね?」

「ん?ちょうど2つじゃん」

「あれ……?」

「…」ゴクゴク

「もー寝惚けてんの?」

「おかしいな…」

12 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:39:37 VYS 6/56

店員「ワッフルとアメリカンコーヒーとメロンソーダです」

「あ、きたきた」

「ありがとうございます」

店員「ごゆっくりどうぞー」

「でさ、でさ、なんの映画観るの!?」

「お前恋愛映画とか観ないよな」

「うん、アクションとかのが好きかなー」

「攻殻機動隊」

「攻殻機動隊いいね!」

「俺TVシリーズ観たことないんだよな」

13 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:43:33 VYS 7/56

「じゃあ何で言ったの!?」

「え?お前から言わなかった?」

「え?言ってないよ…あー!男、ワッフル勝手に食べたでしょ!」

「食べてねえよ!!」

「嘘おっしゃい!ほら、かじられてる!」

「いやいや今喋ってただろ!?」

「マルマルモリモリ…」モグモグ

15 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:46:20 VYS 8/56

「むー!問答無用っ!コーヒーいただき!」

「あ、コラ」

「…………うぇ…苦い…」

「バカかお前は……」

「口ん中苦い…よくこんなの飲めるね」

「口直しにメロンソーダいる?」

「ありがとう!」ゴクゴク

18 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:53:55 VYS 9/56

「女ー、ポップコーン買ってきたぞ」

「わぁ、ありがとう!気が利くじゃん!」

「はい、キャラメル味。これ好きだよな」

「うんっ、よく覚えてるね」

「小学生のときポップコーンあったら毎回これだったからな」

「…へへへ…本当、よく覚えてるじゃん」

「飲み物コーラで良かった?」

「おっ、サンキュ」

19 : 名無しさ... - 2015/08/03 20:59:45 VYS 10/56

「おお、始まった始まった」キラキラ

「上映中は静かにな」

「コーラに氷いらないよなー」ジュジュジュ

「でも、意外だね。こんな感動モノ観るんだ」

「いや?普段は見ねえよ?」

「観ないんだ!?」

20 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:04:48 VYS 11/56

「(へぇ…けっこう面白いもんだな)」

「くぁー…」

「(主人公の兄ちゃんがイカすな。…自ら汚れ役をかって出て…)」

「ちょい眠い…かも…」

「コーラもらうぞ」ジュジュジュ

21 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:07:19 VYS 12/56

「いや、中々面白かったな。ああいう映画もいいもんだ」

「そうだねっ、中々深かった!」

「……お前寝てたろ?」

「寝てないよ!うん!」

「ヨダレ」

「うえ!?ウソウソ!」

22 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:11:23 VYS 13/56

「少し早いけど昼にするか」

「そうだねっ」

「ファミレス発見」

「オシャレなレストランがいいです!」

「ワガママ言うなッ」

「あいたっ…もー!叩くことないじゃん!」

「いや叩いてないし。大丈夫か?お前…」

24 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:14:18 VYS 14/56

店員「こちら、当店自慢のお冷やでございます!」コトッコトッコトッ

「また一個多…あれ?」

「どうしたの男」

「い、いや…サッとお冷やが消えたんだよ」

「まっさかー」アハハ

「……」ゴクゴク

26 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:21:36 VYS 15/56

「男って昔からそんなよく分からない作り話であたしをからかおうとするよね!あたしそういうの良くないと思う!」

「作り話じゃねえーってバカ!」

「へー…まだしらを切るんだ…そうやってバカにして」ジトー

「いや、本当なんだよ!」

ピリピリ

「注文とるぞ。なに食う」

「目玉焼きハンバーグ」

「チキンドリア!」

「ん」

27 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:26:27 VYS 16/56

「目玉焼きハンバーグ、チキンドリア、ペッパーハンバーグにライス特盛とネギトロ丼。それからこのアベック限定のパフェを至急頼む」

店員「かしこまりました」

「だいたいお前はいつもなぁ!」

「男だって!」

コトッ

店員「こちらカップル限定パフェでございます」

「うぇ!?」

29 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:33:34 VYS 17/56

「な、なんだよこれ!」

「し、知らないよぉ」

店員「代金はすでに頂いておりますので」

「夫婦喧嘩は俺も食わねぇぜ」

「なんだよこれ…バカでけぇ…」

「食べきれるかな?…ドリアもくるし」

「…ぷっ…ははは」

「…あはははは!」

「いや、無理だろこれ。笑えるわ!」

「食べきれないよね!大きすぎだって!あははは!…男、はいっ、あーん」

「バ、バカ恥ずかしいって…」

「受け入れてやんな」

30 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:37:43 VYS 18/56

「美味しい?」

「…うん、美味い」

「はいっ、あたしにも」

「えぇ…お前恥ずかしくねーの?」

「少し。けど誰も見てないよ?」

「んー…でもなんか視線感じるような」

「そりゃ俺が見てるからな」ジー

33 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:45:16 VYS 19/56

「あーん。あーん。あーん」

「分かった!分かったってば!ほらよっ」

「ん…美味しい♪もうひとくち!」

「たくっ…ほら、あーん」

「パクッ」

「早くぅ」

「えぇ!?いまやったろ!」

「あまずっぺぇ」モグモグ

34 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:49:13 VYS 20/56

「もう一口!」ウガー

「分かったから…ほらよっ」

「俺のネギトロ丼も一口やるよ」

「パクッ…うぼぇ!?」

「ど、どうした?」

「なんかネギトロ入ってた…」

「はぁ…?」

36 : 名無しさ... - 2015/08/03 21:59:37 VYS 21/56

「なわけないだろ」

「おっかしいなぁ…」

「お前昔からたまに変なこと言うよな。下着脱ぎ散らかしてたらいつのまにか綺麗に畳まれてたとか、寝てる間に足がふやけてベトベトになってたとか、おしっこしたハズなのに便器の水が綺麗なままだったとか」

「下着は男でしょー!家が隣同士だからってベランダに干してあるあたしの下着に興味を抱いた男は…」

「俺じゃねえよ!?」

「ゆるしてにゃん」

37 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:03:48 VYS 22/56

「でも一回本当にやらしいことに使ってませんでしたっけ?」ジー

「うぐっ…でも盗んだわけじゃ…」

「はいはい分かってるよ。そんな度胸もないしね」

「ぐぅ…(でもなんで女のパンツが俺の机に置いてあったんだろ?)」

「俺の仕業だよ」

38 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:07:40 VYS 23/56

「はぁーお腹いっぱい!」

「なんとか巨大パフェも食い終えたな…」

「ケプッ」

「さー!買い物買い物!」

「ちょっと休もうぜ…」

「二人とも、口の周り汚れてるぞ」フキフキ

39 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:11:56 VYS 24/56

服売ってるとこ――

「わぁ」キラキラ

「ね、ね、どっちが似合うかな!?」

「どっちも似合ってるぞ」

「そうじゃなくって…あ、こっちのも可愛いー」

「ああいうとこは女っぽいんだよな」ハハハ

「確かにな」フッ

41 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:16:44 VYS 25/56

「……」ニコニコ

「けっこう買ったな…小遣いとか大丈夫なのか?」

「この夏は一文無しです!」

「やれやれ…」

「男もたまにはオシャレすれば?」

「お前は年中同じようなのだからな」

「かっこよくなって女の子にモテるかもよ?」

「俺に似て元はいいからな。だが、モテても一番大事な奴を見失うバカにはなるなよ」

43 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:24:03 VYS 26/56

「あっ、男!ゲーセンあるよ、ゲーセン!」

「ま、まてよ女!」

「あれ欲しいな!あのよく分からない恐竜みたいなやつ!」

「あんなもん欲しいのか…よし、100円入れて…」

「おお、上手い!ガッチリ掴んだ!」

「よし…あ!ツメ弱すぎだろ!」

「恋もゲームもツメが甘いんだよ、お前は」

44 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:28:48 VYS 27/56

「よし…もう一回だ…!も、もう一回…」

「い、いいよ男…無理しないで」

「もう一回だけ…」

「……あ、コインゲームある」

DQN「へへへ…そこの子、一人?」

「え…違います!」

「ムムッ!男は……」

「もう一回…もう一回…」

「馬鹿野郎…チッ、しゃあねえか…」

46 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:32:48 VYS 28/56

DQN「一人なら俺達と遊ぼうよー」

DQN「退屈させないからさー」

「やっ、離して!」

「おいそこの――」

「おいそこの兄ちゃんたち。悪いけど俺のツレなんだ」

DQN「チッ、彼氏つきかよ…いこうぜ」

47 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:40:43 VYS 29/56

「大丈夫か?女?」

「あっ、ははは…やだなぁー男ってば…あれぐらい一人で追い払えたのに。こう、あたしの目にも止まらぬ左ジャブでシュシュシュっと…」ガクガク

「足震えてるぞ…」

「あはは…」

「はいこれ」

「わわっ!ジャッシー君じゃん!本当にとれたんだ!」

「ジャッシーっていうのか…一人にさせてその、悪かったな」

ギュッ

「手、離すなよ」

「う、うんっ」

「ツメは甘いが…本当に大事な奴はちゃんと離さない…そういうとこ、嫌いじゃないぜ」フッ

49 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:54:37 VYS 30/56

「口ずさむメロディーが!思い出させてくれーる!」

「back in the days」

「メモリーは!どれも輝いてばかりいる!」

「so」

「you gotta remember!今も夢の欠片を手にあの頃のように !」

「come on」

「光放つ少年のハート!」

「おー、上手くなったじゃん。次なに曲いれよっかなー」


「なんでスーパー行くんだ?」

「さっきのお礼!今日男ん家誰もいないんでしょ。あたしが作ってあげるよ」

「大丈夫かぁ?」

「まっかせなさい!」

「……」ヒョイヒョイッ

「コラ男!勝手にお菓子いれたでしょ!」

「んなことするかよ」

50 : 名無しさ... - 2015/08/03 22:58:55 VYS 31/56

男宅――

「ふうー疲れた」

「お邪魔しまーす」

「買い物袋台所に運んどくぞー」

「はーい、ありがとう!えーと、一応挨拶しとかなきゃ」

「……」

51 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:02:28 VYS 32/56

「よし、やりますか!大丈夫…簡単なやつだから…カレーくらい余裕余裕!」

「手伝わなくて大丈夫か?」

「いいのっ!テレビでも観といて!」

「はいはい…」

「よし…まずは野菜を切って…ってピーラーがない!?」ガーン

「あわわわわ…」ガクガク

「しゃあねえな…皮剥きくらいやってやるか」ショリショリ



52 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:07:52 VYS 33/56

「おぉ、凄い!玉葱剥いてる間にじゃがいもと人参の皮が剥かれてる!」

「人参ムズすぎ」

「よーし、あとは一口サイズに切っていくぞー」

「玉葱芯とってないじゃねえか。貸せ」

「おぉ、人参を切ってる間にいつの間にか玉葱が綺麗に切られてる!あたし天才!」

「玉葱を飴色になるまで炒めたらカレーにこくが出るぜ」


53 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:11:52 VYS 34/56

「はい完成でーす!」

「おお!スゲェ!普通に美味そう!」

「ふふん、そうでしょ、そうでしょ」

「いただきます!」

「召し上がれッ!」

「…うん。美味いよ!」

「へっへーん」ニヘラ

55 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:17:45 VYS 35/56

「ふぅー風呂掃除疲れた…」

《自動湯はりが完了しました。続けて自動保温を開始します》

「!?」

「あれ?お風呂用意してたの?」

「いや、そんなはずは…」

ポサッ

「着替えとってきたぞ」

「お、女の着替え!?お前入るつもりなの!?」

「え、ええ!?あたし知らないよ!?」

56 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:27:19 VYS 36/56

チャプン…

「うー…なんか変なことなったなぁ」

「そりゃ入ったことあるけど、中学に上がってからはないし…」

「なんで持ってきたことはずのない着替えがあるんだろ?どうせなら下着は黒のちょっと大人っぽいやつに…ってバカァー!見せる状況とかないし!でも…」ブクブク

「男は白が好きなんだよ」ワシャワシャ

57 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:32:58 VYS 37/56

「よっ、俺も上がった」

「う、うん…」

「えと、その…」

「……(な、なんか気まずい。長居しちゃ迷惑かな)」

「TSUTAYAいってきた」

トサッ

「あっ…これ観たかったやつ…」

「え?」

「その…観よっか」

「…おう」

58 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:38:13 VYS 38/56

「こういうのも面白いね(ラブシーンあって気まずかったけど…)」

「おう…」

「あれ?どうしたの男…?あ、もしかして…恥ずかしがってる?可愛い女の子と二人で意識してる?ウブよのー」ウププ

「う、うるせー」

「あはは、またあたしのパンツ思い出してたりして」

「ん、んなわけあるか!」

59 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:41:58 VYS 39/56

「(くそ…変なこと言いやがって…ちくしょー、こいつ絶対男として俺を見てないな。
それにしてもパンツとか…パンツとか…)」

「室内だけどイタズラな風さん」

ピラッ

「ぶぅ!?(パ、パンツ!?スカートがまくれて…)」

「?」

「(気付いてない!?)」

60 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:46:44 VYS 40/56

「や、やっべ…」

「(たつな…たつな…)」

「煮え切らん奴だ。しゃあねえなぁ」

サワサワ…

「はぅあ!?」

「ど、どうしたの男!?息が荒いよ…大丈夫?」

「な、なんでもない…」

「ペロッ」

「!」

61 : 名無しさ... - 2015/08/03 23:50:48 VYS 41/56

「はぁ…っ…!はぁ…っ…!」

「ジュッポジュッポジュッポ」

「うっ…!」

「おっと、まだイクには早いぜ」シコシコ

「?」

「お前もだ」

サワサワ

「んっ…///」

「ほれほれ」

「///」

「///」

62 : 名無しさ... - 2015/08/04 00:01:31 FZO 42/56

ギュッ

「!(テーブルの下で男に手を握られた!?)」

「俺だけどな」

ギュッ

「!(テーブルの下で女に手を握られた!?)」

「俺だけどな」

「女……」

「男……」

チュッ

「うら若き二人の幸せなキスよ、永遠なれ」

63 : 名無しさ... - 2015/08/04 00:07:21 FZO 43/56

「はぁ…はぁ…」

「訓練通りやれ。パンツをお前の机に置いたのはこの時のためだぞ」

「え、えっと…」

「ブラのホックに苦戦しているな?しゃあねえな…助太刀するぜ」

パサッ

「…!き、きれいだ…」

「おとこ…」ポー

65 : 名無しさ... - 2015/08/04 00:22:05 FZO 44/56

「え、えと…」

「こんなこともあろうかとゴムなら買っといたぞ」ドサッ

「男…そんなとこ汚いよぉ…んっ」

「汚くなんかねえよ…」ペロッペロッ

「んあ…っ……お、おかえしっ!あむっ」

「くぅ…!」

「手拍子なら任せろ」パン パン パン パン

67 : 名無しさ... - 2015/08/04 00:28:29 FZO 45/56

「女…その、いいよな…」

「うん…きて…っ」

「……」

「大丈夫?一人で付けられるか?空気入んないようにしろよ」

「あ……」

「いざ入れようとしたら緊張で萎えたか…任せろ」ジュッポジュッポ

「うぁ…!」

「うん…そこ…っ」

「方向よし、角度よし……いけ」

68 : 名無しさ... - 2015/08/04 00:34:50 FZO 46/56

「ズニュ…ニュププ…ブチッ」

「女…お前泣いて…!?」

「違うの…確かに痛いけど…これは違うの。男といっしょになれたのが…うれしくて…」

「ずっと、ずっと好きだったから」

「俺も…!お前のことが昔から好きだった…!」

「うれしい…」

「これ以上は無粋だな…」

スタスタスタ…

「祝福するぜ…二人とも」

69 : 名無しさ... - 2015/08/04 00:45:51 FZO 47/56

―――――――――――――――

――――――――――

―――――

「寒くないか?」

「ううん、平気」

「しかし…お前とこうなるだなんてな」アハハ

「んふー」ギュウ

「男も…あたしのこと好きだったなんて…両思いだとは思わなかった」

「俺だって。お前は俺のこと異性として見てないものかと」

「あ、ひっどーい。何とも思ってない人とデートしたりしませんー……でも、真面目な話、確かにあたしたちってお互い近すぎて今更好きとか言えなかったよね」

「あぁ」

「今日は不思議。なんか認知出来ないような…大きな力がすぐそばで働いた気がする…運命の神様、みたいな。
あはは…なに言ってんだろあたし…テンションおかしいや」

「ははは、でも本当にそうだったりして」

「運命の神様じゃないけどな」

71 : 名無しさ... - 2015/08/04 00:59:47 FZO 48/56

「ねぇ、少し早いけどさ…お墓参り行かない?」

「あぁ」

「さっき仏壇には挨拶したんだけどね」

「律儀だなぁ」

「違いねぇ」

「お盆にはまだ早いけど…なんとなく行かなきゃならない気がしてさ」

「おう、行くか」

72 : 名無しさ... - 2015/08/04 01:07:58 FZO 49/56

「兄ちゃん、きたぞ」

「俺さん、きたよー」

「あ……こいつら。たくっ、最期は一人が良かったのによ。……あー線香うめー」プカー

「女が言うからきたんだ。はい、線香」

「紫の奴か。分かってんじゃん。あと女はパンツ供えろ。脱ぎたてのやつな」

「兄ちゃん、パンツ供えろって言ってたりしてな」

「言いそう言いそう」アハハ

「……」プカー

73 : 名無しさ... - 2015/08/04 01:33:58 FZO 50/56

「なぁ…兄ちゃん。こんなこというの不謹慎かもしれないけどさ…三年前、兄ちゃんが不慮の事故で亡くなったときから今日まで…あんま悲しくないんだ」

「兄ちゃんが、いつもすぐそばにいる気がしてさ」

「あたしもです…特にお風呂の時」

「事実、そうだしな。お前ら二人が進展しないから俺はこの三年間、ちょっかいかけ続けてきたし」

「だってさ」

「やっぱりか…」

「うん?」

「見えてんだよ糞兄貴ッ!」バキッ

「救命阿ッッ」ガラガラガッシャーン

74 : 名無しさ... - 2015/08/04 01:36:24 FZO 51/56

「たまにチラチラ見えたり声が聞こえたりしたんだけど…今はくっきり見えるよ、俺さん」

「この3年間の不可思議な現象や怪奇現象はお前のせいだろッ!」

「……青雲、もう1本くれない?」

「今日とか特に酷かったぞ!気付かないほうがおかしいわ!」

「怒ってんのか?」

「あぁそうだよッ!」

「……うっ」

「お前ら……泣いてんのか」

「泣いて…ねぇよ!」

「っ…時間、もうないんだよね…」

「分かるか…まぁ、笑って送ってくれや。心残りがなくなって成仏すんだからよ」プカー

76 : 名無しさ... - 2015/08/04 01:49:29 FZO 52/56

「なぁ、兄ちゃんの心残りって…」

「御察しの通り――」

カチッ…シュボ…

「――お前ら二人さ」

「心のどこかで……思ってたよ。そうなんじゃないかって」

「あたしも…俺兄さんはあたしたちを心配してまだいるんじゃないかって」

「……お前ら、進展に心のどこかでブレーキかけてたのは何となく気づいていたが……やれやれ」プカー

「原因が俺だったとはな」

「……」

「こんの馬鹿共がッ!」

ゴチン

「いてっ」

「ひんっ」

「俺はそれ以上の大馬鹿野郎だがな……いらん心配をさせてすまなかった」

ナデナデ

「俺さん……」

「に、兄ちゃん……」



78 : 名無しさ... - 2015/08/04 01:58:18 FZO 53/56

「あーあ…クールに去ろうと思ってたのによ…台無しだぜ」

「!」

「に、兄ちゃん!行かないでくれよ!」

「それは出来ない…いつまでも俺に頼らず、そろそろ二人で道を歩いていけ」

「あ……」

ポンッ

「なぁに、大丈夫さ」フッ…

――お前は俺の弟なんだからな

「お、俺さん…」

「ははは、やっと泣けたぜ……分かったよ、兄ちゃん」

79 : 名無しさ... - 2015/08/04 02:00:09 FZO 54/56

 
 
 
「俺……女と幸せになるよ。天国から見ていてくれよ!」

 
 

80 : ゆうくん◆YUtOJNPD6I - 2015/08/04 02:01:10 FZO 55/56

      
            ―FIN―
 

81 : 名無しさ... - 2015/08/04 02:11:54 FZO 56/56

見てくれてありがとうッッ

したらなッ! またどこかでッッ!

記事をツイートする 記事をはてブする