1 : 以下、\... - 2017/04/23 22:51:35.695 I7USmVK40 1/17

ガヴ「いいじゃんか、一回くらい」

サターニャ「嫌よ!なんであなたとなんか」

ガヴ「ちっ、こうなったら…押し倒して…」

サターニャ「きゃっ」ドン!

ガヴ「うわあああ…」バシャーン

サターニャ「ガヴリール!?」

ブクブクブクブクブクブク

元スレ
サターニャ「池にガヴリールを落としちゃった…」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492955495/

8 : 以下、\... - 2017/04/23 22:53:55.885 I7USmVK40 2/17

サターニャ「どうしよう…」アタフタアタフタ

バサーッ

「あなたが落としたのはこの天使そのもののガヴリールですか?それともこの堕落しきったガヴリールですか?」

サターニャ「…あなたは誰なのよ?」

「私はこの池の女神、さあ、あなたが落としたのはどちらのガヴリールですか?」

サターニャ「その堕落しきったグータラ駄目天使の方よ…」

14 : 以下、\... - 2017/04/23 22:55:52.269 I7USmVK40 3/17

女神「あなたは正直者ですね…ご褒美に二人のガヴリールをお返ししましょう…」

サターニャ「えっ…」

女神「では、またー…」

サターニャ「ちょっと待って…はぁ…」


ガヴ「ゲホッゲホッ…ここは…そうだ、私池に突き落とされて…」

サターニャ「…正確には襲われそうになったから突き飛ばしたんだけどね」

16 : 以下、\... - 2017/04/23 22:58:41.195 I7USmVK40 4/17

天ガヴ「あ…やっと気がついたんですね…」

ガヴ「なるほど、これは夢か…もう一休みする」

サターニャ「はぁ…?夢じゃないわよ?」

ガヴ「えっ…いや、でも私が二人とかありえないでしょ…」

天ガヴ「それはですね…」

18 : 以下、\... - 2017/04/23 23:01:06.700 I7USmVK40 5/17

ガヴ「なるほど…それで、私が二人になったと…これはついてるな」

サターニャ「ついてるってどういうことよ…」

天ガヴ「恐らく、学校に行かなくても出席日数を稼ぐことができ、駄天を隠さなくても私の行動次第で仕送りが増えると考えているのでしょう」

ガヴ「あったりー」

サターニャ「…駄目天使というより最早悪魔なんじゃないの、こいつ…」

19 : 以下、\... - 2017/04/23 23:03:23.047 I7USmVK40 6/17

天ガヴ「でも、私がそんなことはさせませんので、ご安心を…」

サターニャ「最早、何について安心すればいいのかわからないんだけど…」

ガヴ「それより、やらせろよ、サターニャ…動画撮って裏ルートで売って課金に使うんだからさー」

サターニャ「いやよ、この悪魔!」

ガヴ「私は天使だ、悪魔はお前だろ!」

天ガヴ「(端から見てるとただのじゃれあいですね…)」

21 : 以下、\... - 2017/04/23 23:06:16.982 I7USmVK40 7/17

ガヴ「とりあえず、このままじゃ埒があかない…よし、私、サターニャを抑えるのを手伝え!」

天ガヴ「させませんよ?」

ガヴ「なに、私の癖に私に逆らうのか!?」

天ガヴ「何か問題でも?」

サターニャ「残念だったわね、ガヴリール…」

天ガヴ「サターニャさんは私のものですから」

サターニャ「は?」

24 : 以下、\... - 2017/04/23 23:09:52.908 I7USmVK40 8/17

天ガヴ「…無理矢理やるのは強引なので、その手のプロも呼びましたし、あなた一人だけでやらせはしません」

ガヴ「…その手のプロ?」

天ガヴ「はい、あなたの親友ですよ?」

サターニャ「それってまさか…」

25 : 以下、\... - 2017/04/23 23:12:58.984 I7USmVK40 9/17

ラフィ「呼ばれて飛び出てジャジャジャーンですよー」ニコニコ

サターニャ「あ…あ…」

ラフィ「サターニャさんを落とせばいいんですよね?」クビカシゲ

ガヴ「おう、頼むぞ!ラフィ!」

天ガヴ「信じてますよ…ラフィ」

ラフィ「サターニャさんは脇から脇腹にかけてが弱いんですよ…」コチョコチョ

サターニャ「ひゃん…!あ、あんた、なんでそれを…」

ラフィ「サターニャさんの行動は全部カメラ越しで見ていましたので…」

26 : 以下、\... - 2017/04/23 23:15:44.495 I7USmVK40 10/17

ガヴ「流石、ラフィだな!」

ラフィ「そんなに誉めないでくださいよー」テレテレ

サターニャ「どう考えてもほめ言葉になってないわよ…」

天ガヴ「…天使学校主席が次席に負ける訳には行きませんね…」

27 : 以下、\... - 2017/04/23 23:18:39.734 I7USmVK40 11/17

サターニャ「…ちょっと…やめ…」

全年齢版のため、自主規制ーーー


ラフィ「はぁはぁ…こんなに激しいのはガヴちゃんと天界でして以来ですかねー」

ガヴ「そんなことあったか?…天界時代のこととか忘れちまったわ…」ハアハア

天ガヴ「あー、あのときですねえ…」ハアハア

サターニャ「もうお嫁に行けない…」シクシク

28 : 以下、\... - 2017/04/23 23:22:19.302 I7USmVK40 12/17

バンッ!
サターニャ「だ…誰よ…」

タプリス「酷いじゃないですか、天真先輩!するときは、私も一緒って天界にいるときに約束したじゃないですか!」

ヴィーネ「ちょっと、ガヴ…私以外にも女がいるってどういうことよ…!」

ガヴ「あ、いや…これは…」

タプリス「天真先輩!」

ヴィーネ「ガヴ!」

二人「ちょっときてもらうわ!(いますね!)」

バタン

29 : 以下、\... - 2017/04/23 23:24:32.449 I7USmVK40 13/17

天ガヴ「私はここにいてよいのでしょうか?」

ラフィ「いいのでは?連れて行かれませんでしたし…」

天ガヴ「それもそうですね…」

サターニャ「シクシク…なんで私のことを襲ったりしたのよ…」

ラフィ「サターニャさん…それはですね…」

天ガヴ「私もラフィもサターニャのことが好きだったの…」

30 : 以下、\... - 2017/04/23 23:30:36.929 I7USmVK40 14/17

天ガヴ「でもそれを上手く伝えられなくて…ごめんなさい、もっと素直に伝えるべきだったわ…」

ラフィ「(私はただ面白そうだから来ただけなのですが…)」

サターニャ「…シクシク…じゃあ、ガヴリール…これから言うことを聞いてくれたら許してあげるわよ…」

ラフィ「(一体なんでしょうね…)」ワクワク

31 : 以下、\... - 2017/04/23 23:35:30.369 I7USmVK40 15/17

サターニャ「…ガヴリール…一生、私のそばにいなさい」

天ガヴ「えっ」

ラフィ「(衝撃の展開ですねー)」

天ガヴ「でも、私レイプh…」

サターニャ「だから、一生そばにいてくれたら許してあげるって言ってるの」

天ガヴ「でも…どうして…」

33 : 以下、\... - 2017/04/23 23:41:54.374 I7USmVK40 16/17

サターニャ「私も…ガヴリールのことが好きなのよ…」

天ガヴ「…えっ」

ラフィ「(私はここにいていいのでしょうか?神様)」

サターニャ「最初はただの敵対するべき天使程度の認識だったけど…気付いたら好きになってたのよ!」

ラフィ「(…気まずいので帰りますか…神足通!)」シュン

天ガヴ「…」

サターニャ「…だからガヴリールに襲われそうになったときも、嬉しい気持ちもあったわ…でも、無理矢理されるのはやっぱり嫌だったの…だから…」

天ガヴ「そうだったんですね…ごめんなさい、サターニャ…」 

サターニャ「でも、今はガヴリールと気持ちが通じ合って嬉しいわよ…///」

天ガヴ「私もです///」

36 : 以下、\... - 2017/04/23 23:43:58.938 I7USmVK40 17/17

サターニャ「じゃあ、今日から一緒に暮らしましょう…?ガヴリール///」

ガヴ「はい、サターニャ…///」

こうして二人は末永く幸せに暮らしましたとさ

駄天ガヴはどうしたかって?…クスクスクスクス

おわり

記事をツイートする 記事をはてブする