1 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:42:55.23 nft4QOyp0 1/19

17日なのでシアター17歳組のSS

元スレ
【ミリマス】白石紬「このままでは横山さんが週刊誌に……!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1618645374/

2 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:45:07.11 nft4QOyp0 2/19

白石紬(皆様おはようございます、白石紬です。今日は商店街にお買い物に来ているのですが……とんでもないものを見てしまいました)

横山奈緒「お、あのお店安売りやっとるやん! 行ってみよ!」

(あちらは私と同じ765プロのアイドルである横山奈緒さんです。普段から親しくしていただいており、プライベートでお会いしたからといってこうして物陰に隠れる理由はないのですが……)

奈緒「ほらほら、はよ行こうや! 目ぼしいモンがなくなってまうで!」

(横山さんが、男性と一緒にいるのです。大人の男性と、それはもう親しげにしていて……)

「これは……一大事です」

3 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:46:24.73 nft4QOyp0 3/19

〜翌日〜

「……お集まりいただき、ありがとうございます」

真壁瑞希「ちょうど空き時間だったので大丈夫です」

高山紗代子「紬ちゃん、大事な話って?」

「お二人は……横山さんに恋人がいるかどうか、ご存知ですか?」

紗代子「奈緒ちゃんに? うーん、そういう話は聞いたことないかな」

瑞希「私もです。……あ、ですがこの前『野球選手とは結婚したくない』と言っていました」

紗代子「え、そうなんだ。奈緒ちゃん野球好きなのにね」

瑞希「関係者になって贔屓の球団を純粋な気持ちで応援できなくなるのが嫌なんだそうです」

4 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:47:45.60 nft4QOyp0 4/19


「……やはり、お二人には隠しているのですね」

瑞希「隠している、とはどういう意味ですか?」

「私は、見てしまったのです。横山さんが、大人の男性と、あ、逢い引きしているところを……!」

紗代子「逢い引きって……デート!?」

瑞希「白石さん、それはいつの話ですか?」

「昨日です。商店街でお買い物をしていたら、偶然……」

5 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:48:50.42 nft4QOyp0 5/19


紗代子「どんな人だった?」

「ええと……背は横山さんより高く、髪色は似ていました。ペアルックというものだと思います」

紗代子(あれ? それって……)

紗代子「ねえ紬ちゃん、もしかしてその人──」

瑞希「高山さん、口に桜の花びらがついています。私が取るので、動かないでください」

紗代子「むぐっ、むぐぐぐ」

6 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:50:05.76 nft4QOyp0 6/19

瑞希「おそらく、高山さんの予想は当たっています(小声)」

紗代子「ぷはっ、やっぱりそうだよね。早く教えてあげないと(小声)」

瑞希「いえ、ネタばらしはもう少しあとにしましょう(小声)」

紗代子「え、どうして?(小声)」

瑞希「何を隠そう、私は白石さんが早とちりしている様子を見るのが好きなんです(小声)」

紗代子「瑞希ちゃん、悪趣味だね……(小声)」

7 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:51:05.23 nft4QOyp0 7/19


「二人とも、どうされたのですか?」

紗代子「え、えっとね……」

瑞希「お願いします高山さんお願いします責任は私が取ります(小声)」

紗代子「その……Pには相談してみた?」

「はい。ですが大笑いしながらただ『問題ない』とだけ……。本当に、あの人は事態の大きさがわかっていません。どこまで能天気で楽観的なのでしょうか。このままでは横山さんが週刊誌に……!」

紗代子「そ、そうだね……」

8 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:52:12.56 nft4QOyp0 8/19


「お二人をお呼びしたのは、知恵をお借りしたいからです。これは横山さん一人の問題ではありません」

瑞希「そうですね。スキャンダルとなれば765プロ全体の問題になります。……スキャンダルとなれば、ですが」

「横山さんたちはかなり親しげな様子で、心から想い合っているのだと感じました」

紗代子「まあ、そうだろうね……」

「……私は、何も恋愛をするなと言いたいわけではありません。大切な方がいるのは素晴らしいことです。ですが、昨日の様子がもし悪意ある誰かの目に留まれば横山さんは不幸になってしまいます。仲間として、友人として、横山さんを守りたいのです」

紗代子(瑞希ちゃんの気持ち、ちょっとわかってきたかも……。でも、真剣に相談してる紬ちゃんをからかうようなことは……)

9 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:53:32.71 nft4QOyp0 9/19

紗代子「……Pが大丈夫だって言うなら、何か考えがあるんじゃないかな?」

瑞希(真相を明かすわけでも隠すわけでもない、どっち付かずな言い方……さすがです高山さん。それが最善手です)

「確かに、あの人が横山さんを見放すようなことをするとは思えませんが……」

紗代子「う、うん、そうだよ。きっと何か対策は打ってあるんだよ!」

「そうだといいのですが……」

10 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:54:30.74 nft4QOyp0 10/19


瑞希「白石さん。申し訳ないのですが、私たちは恋愛のことがよくわからないのでPに任せる以外の方法が思い付きません。ここは他のみなさんの意見も聞いてみてはどうでしょう」

紗代子(瑞希ちゃん、矛先を逸らした……。助かったけど、これで私は完全に共犯者だよ……)

「……真壁さんのおっしゃる通りです。他の方々の意見も伺ってみようと思います。相談に乗ってくださって、ありがとうございました」

紗代子「いや、お礼を言われるようなことは……。じゃ、じゃあ、頑張ってね」

11 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:55:29.23 nft4QOyp0 11/19


紗代子「はあ……」

瑞希「高山さん、私のわがままに付き合ってくれてありがとうございます」

紗代子「瑞希ちゃん……怒られても知らないよ?」

瑞希「はい。きっと怒られるので、今から謝罪用のあんみつを買いに行きましょう」

紗代子「……そうだね、そうしよう」

12 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:56:41.92 nft4QOyp0 12/19



宮尾美也「紬さん、おはようございます〜。なんだか浮かない顔ですな〜」

島原エレナ「何かあったノ? ドドーンと相談に乗っちゃうヨ!」

「宮尾さん、島原さん……。ありがとうございます。実は──」

13 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:58:07.66 nft4QOyp0 13/19


エレナ「エエーッ! ナオに恋人が!?」

「し、島原さん、もう少し声を抑えて……」

美也「それは重大な問題ですな〜。ですが紬ちゃん、それは奈緒ちゃんのお兄さんではないんですか〜?」

「……えっ、お兄さん?」

エレナ「あ、そうだヨ! ナオのお兄ちゃんはプロサッカー選手なんだヨ!」

美也「奈緒ちゃんはお兄さんと一緒に暮らしていますから、とっても仲がいいと思いますよ〜」

「なるほど……確かに、それなら髪色が似ていたことの説明が付きます」

14 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 16:59:01.42 nft4QOyp0 14/19


「……あ。で、ですが、先ほど相談した高山さんと真壁さんは、そのようなことをおっしゃっていませんでした」

美也「紗代子さんと瑞希さんが? 奈緒ちゃんにお兄さんがいることは知っているはずですが、妙ですな〜」

エレナ「二人がツムギにウソつくわけないもんネ」

美也「……ということは、その人はお兄さんではないのかもしれませんね〜」

「そういうことになってしまいますね……」

15 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 17:00:34.33 nft4QOyp0 15/19


エレナ「ウ〜ン、考えても仕方ないヨ! こういうときは本人に聞いてみるのが一番! ナオに電話してみるネ」

「ま、待ってください島原さん。そういった個人的なことは慎重に……」

エレナ「もしもしナオ? ワタシだヨ! ナオって……え、もうすぐ劇場に着くノ? うん、うん……わかった! 待ってるネ!」

美也「奈緒ちゃんは劇場の近くにいるんですか〜?」

エレナ「ウン、もう目の前だって。直接聞いてみようヨ」

「……そうですね。どの道、いずれは横山さんと話さなければならないのです。それなら早い方がいいのかもしれません」

16 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 17:02:27.69 nft4QOyp0 16/19


「なんと切り出せばいいでしょうか……『横山さん、私たちに隠していることはありませんか?』……これでは責めているように聞こえてしまいます。『横山さん、恋人がいらっしゃいますよね』……これは、あまりに不躾な物言いです。『横山さん、恋とは素敵なものですね』……これは逆に遠回りすぎるような。『横山さん──」

奈緒「おはようございまーす!」

「ひゃあっ!?」

奈緒「お、紬と美也もおったんか。ちょうどええわ、ハイこれお土産」

「あ、ありがとうございます。これは……?」

奈緒「昨日アニキと商店街に行ったんやけど、そこでパン屋が安売りしててん。そんで大量に買ってみたらまあウマいのなんの! 二人で食べ切れんほどあるから、せっかくやしみんなにおすそ分けしよ思って持ってきたんや」

エレナ「ありがとうナオ。いただきまーす!」

美也「むむ。これは、確かに美味しいですな〜」

奈緒「やろ? 冷めてもそんだけウマいし、昨日食べた焼き立てはホンマ……すごかったで! 行き付けの店が増えてしもうたわ〜」

17 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 17:04:25.06 nft4QOyp0 17/19


奈緒「ほら、紬も食べてみ? 遠慮はいらんで、全部アニキの財布から出とるからな」

「アニキ……今、アニキとおっしゃいましたか?」

奈緒「え? うん、生活費はアニキが管理しとるからな。まあ私のお給料もちょっとは入ってるけど」

「つまり、昨日一緒にいた男性は横山さんのお兄さん……?」

奈緒「せやで……って、昨日紬もあの商店街にいたん? 声かけてや〜」

「いえ、その……」

18 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 17:05:44.29 nft4QOyp0 18/19


瑞希「白石さん、知ってしまいましたね」

「はっ、真壁さん!? ど、どういうことですか。まさか、横山さんにお兄さんがいることを知っていたにも関わらず、私を泳がせて……?」

瑞希「はい、そうです」

紗代子「実は私も……ごめんなさい! あの、これ、あんみつ……」

「……もう、なんなん!!」

奈緒「それは私のセリフなんやけど……いや、え、なに?」

19 : ◆ncieeeEKk6 - 2021/04/17 17:08:38.38 nft4QOyp0 19/19

おしまい
17日になったならそう言ってくれないと

記事をツイートする 記事をはてブする