1 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:33:28.894 ijgSYp440 1/15

チンピラ「いや何、オススメの商品があるんだよ…」

妖精さん「興味ない」

チンピラ「何だよぉ~見るだけでもいいじゃねぇか。ほらコイツだよ…」

妖精さん「…しつこいとぶっ飛ばすよ?」

チンピラ「勘弁してくれよぉ~。スゲー便利なんだぜ?使い方はこうして……オラァ!!」

妖精さん「!?わっぷ……何これ…粉?」

妖精さん「えっ、嘘……力抜けて………」

チンピラ「へへ…魔封じの薬草を煎じた粉だ。人間にゃ効かねーが、嬢ちゃんみたいな魔法生物には効果覿面だぜ……?」

妖精さん「……ボクをどうするつもり?」

チンピラ「なーんもしねぇよ。ただちょっと悪趣味な成金に高く売りつけるだけだ」

妖精さん「クズが…!おまえらみたいなのがいるからこの町は……!」

チンピラ「何とでも言えや。さっそくこの籠に入ってもらおうか」

妖精さん「……っ!」ガブ

チンピラ「いてぇっ!てめぇ何しやがる!」ブン

妖精さん「うぁ…!」

チンピラ「…クソっ!切れてやがる…!マジで噛みやがったなコイツ!」

妖精さん「へへ、ざまーみろ…」ケホ…

チンピラ「いい度胸じゃねぇか。…こんなじゃじゃ馬じゃ買い手もつかねぇ。俺がたっぷり調教してやるよ…!」

元スレ
妖精さん「もー、勇者のことなんか知らないっ!」チンピラ「よぉ嬢ちゃん…一人かい?」妖精さん「…何?今ボク気が立ってるんだけど?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1586997208/

2 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:34:19.517 ijgSYp440 2/15

チンピラ「とりあえずこの中に入ってろ!」ガバッ

妖精さん「んぐっ…!?」

妖精さん(ただの麻袋みたい…でもこれじゃ身動きが……周囲の様子も見えない……)

チンピラ「へへ、羽が使えなくてもどかしいだろ?俺が代わりに飛ばしてやるぜ…」

妖精さん「な、何…?何するつもり……?やめて…!」

チンピラ「オラァ!!!」

妖精さん「ぐぎっ……!」

チンピラ「おっと、壁にぶつかっちまったなぁ。すまんすまん」

妖精さん「ご……げぇ…」

妖精さん(痛い痛い痛い痛いいたいイタイ……!)

チンピラ「袋の中が血とゲロまみれで水風船みたいだなw」

妖精さん「う…げぉ……」

3 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:34:54.054 ijgSYp440 3/15

チンピラ「苦しいか?抵抗しねぇなら出してやるぜ」

妖精さん「し……しない…!出して……!」

チンピラ「……信用できねぇな」

妖精さん「な、なんで…?」

チンピラ「念のためってことで、もう一回飛んどくか?」

妖精さん「嘘嘘嘘…!やめて!お願いします!何でもいうこと聞きます!痛いの嫌です許してください!」

チンピラ「ははっ、随分しおらしくなったじゃねぇかwこれ以上やると売れなくなるし、出してやるよ」

妖精さん「うぐっ…は、はぁ…っ!も、もう許して…」

チンピラ「うわ、ヒデェな…くせぇし、右腕なんてこれどこが関節だ?」

妖精さん「うあぁ…っ!」

チンピラ「…これもういらねぇだろ。処分してやるぜ」

妖精さん「……え?」

妖精さん「何?嘘、怖いやめて…!何それ、ねぇ!」

チンピラ「チョキンッ、と。ガハハ、小枝切るより簡単だな」

妖精さん「えっ、嘘、腕…っ!腕があああああ!!!ボクの腕返してええええええ!!!!!」

チンピラ「うるせぇな。こんなんじゃどうせ使い物にならねぇだろ」

妖精さん「嫌だああああああああああああ!!!!!!返してえええええ!!!!」

5 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:35:34.167 ijgSYp440 4/15

チンピラ「ほらよ」

妖精さん「あ…腕……ボクの…」

チンピラ「くっつけてみろよw」

妖精さん「お願…っ、くっついて…!元に戻って……!」グチュグチュ

チンピラ「マジでやんのかよwそんなんでくっつくわけねぇのにw」

妖精さん「勇者…!勇者にごめんなさいするから……!」

チンピラ「誰のことか知らねぇけどよ、もう二度と会えないぜ」

妖精さん「こんな姿じゃ、勇者を助けられない…!勇者に嫌われちゃう…!」

妖精さん「もう酷いこと言わないから…!いい子になるから…!」

チンピラ「もういい加減諦めろよ。失くしたモンは元に戻らねぇんだって」

妖精さん「嫌だあああああああ!!!!!戻ってえええええええ!!!」

6 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:36:57.901 ijgSYp440 5/15

チンピラ「いい加減うぜぇって。よこせ」

妖精さん「あああ返してえええええ!!!」

チンピラ「うるせぇんだよクソが!!こんなもんはよぉ…オラッ!」グシャ

妖精さん「やめてえええええ踏まないでええええええええ!!!!」

チンピラ「へへ、このまますり潰してやるよ」グリッ

妖精さん「失くなっちゃう!!!!ボクの腕の失くなっちゃう!!!!!!」

チンピラ「こんなもんか…ケッ!靴底が汚れちまった」

妖精さん「あ…あ……」ペタ…

チンピラ「潰れた芋虫みてぇになっちまったなwこりゃダメだw」

妖精さん「ぇ……ふぇ……うえええええええええ!!!!!ど…っ、どうして……こんなっ、ひどっ…」

チンピラ「てめぇが強情だからだろうがよ」

妖精さん「ばかああああ!!しねええええ!!!クズううう!!おまえなんか、おまえなんかあああああ!!!!」

10 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:38:11.483 ijgSYp440 6/15

チンピラ「……あ?」

妖精さん「ひっ…!」

チンピラ「……ぶはっ、睨んだだけで怯えてんじゃねぇよw」

妖精さん「……」

チンピラ「なぁ、もう痛い目遭いたくねぇだろ?もう一本の腕は大事にしたいよなぁ?」

妖精さん「……!」

チンピラ「じゃああとは大人しくしとけって」

妖精さん「う…嫌ぁ……」

チンピラ「…もういっぺん飛んどくか?」

妖精さん「や……それは嫌…です…!ごめんなさい!言うこと、聞きます…!」

チンピラ「最初からそうしとけばなぁ。ま、あとはさっさと売っぱらうだけだ。俺は手出ししねぇよ」

妖精さん「大人しくします、だから酷いことしないで…!」

12 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:39:16.854 ijgSYp440 7/15

~数日後~

チンピラ「クソがっ!カタワの妖精は間に合ってるだとよっ!てめぇさっぱり売れやしねぇじゃねぇか!」

妖精さん「ごめんなさいっ!つ、次は絶対気に入られますっ!」

チンピラ「…元はと言えばてめぇが逆らうから片腕落とすことになっちまったんだろうが!!!」

妖精さん「ごめんなさいっ!ごめんなさいっ!」

チンピラ「あークソ!腹の虫がオサマらねぇ…!」

チンピラ「……へへ、焚き火がはまだ消えてねぇな」

妖精さん「……え?な、何…?」

チンピラ「火あぶりの刑~ってかw」

妖精さん「え?あ、やだ!やだやだやだ!殺さないで!死にたくない!死んじゃう!やめて!」

チンピラ「あー、でも生きててもしょうがねぇもんおまえ」

妖精さん「つ、次は絶対売れます!えへへ、ほら、いっぱいかわいいってアピールします!」

チンピラ「どうせ売れねぇって」

妖精さん「あ…熱……いやぁ………」

妖精さん「や、役に立ちます!!なんでもお手伝いします!!!」

チンピラ「その身体でか?…魔法使わせてもらえるとか思ってねぇよな?」

妖精さん「あ…あぅ……な、何か………」

チンピラ「……まあ、オナホにするくらいか?」

妖精さん「あ、あはは、おち○ちんいっぱい気持ちよくします…!だから…!」

妖精さん「あああああ熱い熱い熱い熱いあぢゅい!!!早く出してええええ!!!!」

チンピラ「おっと、すぐ死んじまったらつまんねぇよなw」

妖精さん「あ…ああ……もう許してください…」

15 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:41:15.790 ijgSYp440 8/15

チンピラ「……そうだな、いいこと思いついたぜ」

妖精さん「……ふぇ?」

チンピラ「殺すのはまた今度にしてやる。その代わりおまえ芸覚えろ。それで客を集める」

妖精さん「げ、芸ですか…?な、何でもやります。あは、頑張ります」

チンピラ「なぁに、簡単だぜ。焚き火の上で気持ちよーく歌ってみろ」

妖精さん「え?あ、え?いやっ!やだやだ!熱い熱い熱い!!!!」

妖精さん「ああああ死んじゃああああああああ!!!!」

チンピラ「よっと」

妖精さん「あ……あ…助け……」

チンピラ「もういっぺんだ」

妖精さん「いやああああああああああああ!!!!!」

チンピラ「ぶははっ!おまえ最高だわw」

チンピラ「今度からそれで金稼げよ。おまえそれしか能がねぇんだから」

妖精さん「あ…う……」

18 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:42:16.310 ijgSYp440 9/15

~さらに数日後~

ゴロツキ「あークソ。退屈すぎて死にそうだぜ。女買うにはカネが足りねーし」

チンピラ「よぉ、久しぶりだな。暇なら俺んとこの客に来ねぇか?」

ゴロツキ「売春の斡旋でも始めたのか?生憎ここんとこ金欠でよ」

チンピラ「なぁに、ただの見世物だ。大金はとらねぇよ」

ゴロツキ「なんだそりゃ?」

チンピラ「見りゃわかるぜ。……コイツだ」

ゴロツキ「この籠の中か?…って、妖精じゃねぇか!どうしたんだ?」

妖精さん「……ぁ」

チンピラ「捕まえたんだよ。ショーの説明をするぜ。こいつを籠ごと焚き火の上に上げる。誰かが金を投げれば籠の位置を下げて、しばらくしたらまた上げる。下げてる時間は金額で変わる。簡単だろ?」

ゴロツキ「それの何が面白いんだ?」

チンピラ「すぐにわかるぜ。最初はサービスだ」

20 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:43:27.751 ijgSYp440 10/15

妖精さん「あ…も、やだ……もうやめてくださ…」

チンピラ「こいつを下げると…」

妖精さん「あああああ熱い熱い熱い熱い熱いやめてえええええええ!!!!!」

チンピラ「んで上げる。銅貨一枚でこんなもんだ」

妖精さん「う…ぁ……」

ゴロツキ「よくできた楽器だなこりゃw」

チンピラ「こっから先は有料だぜ。とりあえず観客が一人じゃショーになんねぇ。客引き手伝ってくれよ」

ゴロツキ「バイト代くらい払えよ?」

チンピラ「あぁ?…しょうがねぇな」


妖精さん「……ろ……し…て………」

妖精さん「いた……の…や……」

妖精さん「くるし…の……や………」

妖精さん「ころし…て……」

22 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:44:47.822 ijgSYp440 11/15

~さらに数日後~

チンピラ「なんだよおまえ、そこそこ儲かるじゃねぇかw」

妖精さん「……」

チンピラ「うっかり殺さないでよかったぜ」

チンピラ「ああ、あとよ。おまえをオナホにしたいって客もいたから紹介してやるぜ。物好きな奴もいるもんだよなぁ」

妖精さん「……」

チンピラ「ま、おまえが生きてる間は稼がせてもらうからよ。精々長生きしろよ?」

妖精さん「……」

23 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:45:55.974 ijgSYp440 12/15

ゴロツキ「へへ、妖精にハメるなんて初めてだぜ…!」

チンピラ「こっちで客取るのもおまえが初だ。感謝しろよ?」

妖精さん「あぅ…」

ゴロツキ「そういやこいつ処女なのか?」

チンピラ「あー」

チンピラ「まあそういうことでいいんじゃね?」

ゴロツキ「なんだよそれ…」

チンピラ(経験ないつってたが、俺が色々突っ込んだから膜は残ってねぇんだよな。チンコ入れる趣味はねぇが)

チンピラ「オイ、教えた通りに言えよ」

妖精さん「あ…ボク…私のオマ○コぶっ壊しちゃってください。子宮も使い物にならないくらいグチャグチャに潰して構いません。よろしくお願いします」

ゴロツキ「うわ、おまえ趣味悪いこと言わせんだなw」

チンピラ「おまえ好きだろこういうのw」

チンピラ「…じゃ俺は興味ねぇから、あとは好きにしてくれ。……殺すなよ?」

妖精さん「…………」

24 : >>1(連投回避) - 2020/04/16(木) 09:47:58.028 q5S3N09fa 13/15

~数ヶ月後~

妖精さん「あは…♡おち○ちん、すき…ん……ちゅ……♡」

妖精さん「んじゅ…っ♡んっ、んっ……♡…んぇ…んー、……ぷぁ♡」

チンピラ「よぉ、具合はどうだ?」

ゴロツキ「相変わらず最高だぜ。娼婦どもより断然安いしよ。…たのむから値上げとかするなよな?」

妖精さん「んーっ♡れろ……ちゅ♡」

チンピラ「さぁ、どうかねぇ?…そんなに気に入ってるなら買い上げて嫁にでもするか?」

ゴロツキ「勘弁してくれよ。こんなボロ雑巾押し付けられちゃたまんねぇ」

チンピラ「ははっ、正直すぎんだろw」

ゴロツキ「…そういやよぉ、おまえ捕まる前はどうしてたんだ?」

妖精さん「ん……私ですかぁ?えへへ…あれ?……んぁ、あれ?私、ずっとここで肉便器ですよぉ…?」

チンピラ「……そういや、前に勇者がどうとか言ってたよな?」

妖精さん「ゆ…しゃ……?ゆ…う……あ………?勇者……?」

妖精さん「あ、ああ、うああああああああああ!!!!!!」

ゴロツキ「うおっ、急にどうしたこいつ!?」

妖精さん「勇者、やだ、勇者ぁ………」

妖精さん「……ね、おち○ちん入れて…?おま○こいっぱいして……?」

ゴロツキ「……は?」

妖精さん「……全部忘れちゃうくらいメチャクチャにして…?ボクの頭の中真っ白に塗りつぶして……?」

ゴロツキ「…よくわかんねぇけど、おねだりされちゃやるしかねぇよな?」

妖精さん「んほおおおおおっっ♡きたっ♡でっかいおち○ちんきたぁっ♡おなかのなかぶちゅってつぶれてるっ♡」

妖精さん「すきっ♡もっと♡おま○こぶっこわされるのしゅきぃ♡もっとこわして♡いっぱいころして♡」

妖精さん「ぜんぶおわらせて♡ボクのじんせいっ♡おわっちゃってるからぁ♡しぬまでなんどでもころして♡おち○ちんでとどめさして♡」

妖精さん「おねがい♡♡たすけて♡♡ころして♡♡♡」


GAME OVER

30 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 09:51:59.179 b9k6MMJ90 14/15

ハッピーエンドも書け

35 : 以下、5... - 2020/04/16(木) 10:06:00.390 ijgSYp440 15/15

>>30

チンピラ「いや何、オススメの商品があるんだよ…」

妖精さん「興味ない」

チンピラ「何だよぉ~見るだけでもいいじゃねぇか。ほらコイツだよ…」

妖精さん「…しつこいとぶっ飛ばすよ?」

チンピラ「勘弁してくれよぉ~。スゲー便利なんだぜ?使い方はこうして……オラァ!!」

妖精さん「……はぁ」

チンピラ「は?どこ行きやがった…」

妖精さん「そんなにぶっ飛ばされたいんだ?」

チンピラ「あ?後ろか…!」

妖精さん「死・ね!!!!!」

チンピラ「う、うわぁなんだこりゃ!!!魔法か!?!?」

チンピラ「た、たすけてくれー!!!」

ボチャン

妖精さん「…水の上に落としてやったんだから感謝しなよ?あと顔覚えたから。二度目は命ないと思ってね」


これが現実

記事をツイートする 記事をはてブする