1 : 名無しさ... - 21/03/30 11:20:04 RW4 1/12

蘭子「我も暗黒より出で立ちし武術を身に纏い、配下を仇なす敵を打ち破らん!」(私もみんなみたいに、変わった能力が欲しいです!)

飛鳥「あぁ……」



(また始まった……頭痛くなりそうだ)



志希「大丈夫?頭痛のお薬いる?」ニュッ

飛鳥「さっそく出たな。うちの事務所の異能力者め」

元スレ
【モバマス】蘭子「我が意を同せず!」(ずるいです!)飛鳥「は?」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1617070804/

2 : 名無しさ... - 21/03/30 11:20:56 RW4 2/12

こちら独自の内容がありますのでよろしくお願いします

あと、熊本弁は自動翻訳になります

3 : 名無しさ... - 21/03/30 11:27:10 RW4 3/12

蘭子「今の志希さんみたいに、必要なときに薬を用意できたりとか……」

飛鳥「いや、待て。こいつはそんなんじゃないから」

志希「にゃはは~こんなんとはひどいなぁ」ハスハス

飛鳥「そういうとこだよ……」



蘭子「しかも、飛鳥ちゃんとしか話してないのに聞き分けて必要なことを感知する能力とか……」

志希「なんとなく面白そうだからかなぁ」ハスハス

飛鳥「蘭子……少しコイツを買い被り過ぎた」

志希「にゃはは~」



バタン

「あ、見つけたわ」

志希「おっと」ヒョイ

美嘉「待てェェェ!」ドタドタ

志希「捕まるわけにはいかないからねぇ~」バタバタ

4 : 名無しさ... - 21/03/30 11:31:57 RW4 4/12

蘭子「他にも、凛さんや夕美さんみたいにお花の花言葉をすぐに出てくるとことか……」

飛鳥「ふーん……」





夕美「ねぇ、プロデューサーさん。二人でインドアガーデニング(意味深)しない?」

「それより私で土いじりして、種を植えるために深く掘ってくれない(意味深)かな?」



飛鳥「……」

「まったく……こっちはまだJCなんだぞ」(///)

蘭子「?」

5 : 名無しさ... - 21/03/30 11:37:39 RW4 5/12

蘭子「あと智絵里さんのチョップは戦車の装甲を破るとか」

飛鳥「んな馬鹿な!?」





「あんなこと言われてるけど……?」

智絵里「わ、私が破れるのは三式中戦車までだよ……」ワタワタ

かな子「50mmしかないもんね」



飛鳥(5センチの鉄板をチョップで破るアイドルがどこにいると!?)

智絵里(ここだよー!)

飛鳥(ひ、人の頭の中に勝手に入り込まないでくれないか?!)

智絵里(ご、ごめんね……おわびにチョップしてもいい?)

飛鳥(御免被る!!)

智絵里(おっけーってことだね)シャキッ

飛鳥(ノーサンキュー!!)

6 : 名無しさ... - 21/03/30 11:44:40 RW4 6/12

蘭子「あと、藍子さんとか芳乃ちゃんとかこずえちゃんとか……」

飛鳥「あと茄子さんとほたるを含めた五人は、他の事務所から何かされてもまとめて闇に葬る連中だからな……」



芳乃(おほめいただきー)

飛鳥(だーかーらー!!)

こずえ(ふぁー……おこってるー……?)

茄子(ふふっ、照れてるんですよ)

ほたる(思考の邪魔をして……ご、ごめんなさいっ!)

藍子(ふふっ、あとでお茶とケーキを持って行きますね)

飛鳥(勘弁してくれ!この間みたいにレッスンに遅刻してしまう……)

藍子(ふふっ、ごめんなさいね)



飛鳥「はぁはぁ……はぁ…………」

蘭子「我が友……?」

飛鳥「あ……いや、なんでもないよ」

7 : 名無しさ... - 21/03/30 11:48:26 RW4 7/12

飛鳥「とりあえず、蘭子よ。何の努力もせずにそういった高望みを述べるなんて君らしくないな」

蘭子「あ……」

飛鳥「何か悩みとかかな……?僕に話して何とかなることなら……」



バタン!

裕子「悩める仔羊がいると聞きました!サイキックお悩み相談の出番ですね!!」バーンッ



あすらん『いえ、違います』

裕子「ほえぇ……?」

8 : 名無しさ... - 21/03/30 11:52:51 RW4 8/12





飛鳥「さて……多分、今のままの私じゃダメなのかとか、このスタイルをいつまで続けるのか……ってとこかな?」

蘭子「……っ!」

飛鳥「……図星か。何年君の隣にいると思ってる」

「答は一つ。君が輝くのは君だけの星の下のみ。他人の星を羨ましがっても輝きの光は降りてこないさ」



蘭子「……」

「うん……ありがとう」

「やっぱり飛鳥ちゃんはすごいなぁ……」



飛鳥「……そうでもないよ」

「さ、僕のコーヒーも君の紅茶も冷めてしまった。藍子さんが持ってくるまで待つのも惜しい。こちらから出向くとしよう」

蘭子「……うんっ!!」

9 : 名無しさ... - 21/03/30 11:54:55 RW4 9/12





蘭子「でもやっぱり羨ましいよ……」(あえて禁断の秘術に問う!)

飛鳥「逆」



「というか、何をだい?」

蘭子「あっちあっち」(我が伴侶の隣)

飛鳥「プロデューサーの……?」

10 : 名無しさ... - 21/03/30 12:01:04 RW4 10/12

愛梨「あんっ、プロデューサーさんの隣にいると熱くなっちゃいます。脱ぎますね」ヌギヌギ

美波「わわっ、愛梨ちゃん。ここで脱いじゃダメですよ」

「ちゃんと脱いでいいところがあるんですからそこで……」

千枝「わぁ……美波さん、大人です」

「千枝、プロデューサーさんの前で脱ぐなんて恥ずかしくて……」

美波「え?……ち、違います!脱いでいいってそういう意味じゃなくて」

千枝「千枝、プロデューサーさんの前で全部脱いでもいいような大人の女の人になりますからね」

美波「だ、ダメ!千枝ちゃん、それはいかがわしいよ!」

千枝「え?何がいかがわしいんですか?千枝にも教えてください」ニチャア

愛梨「ふぅ、すっきりしたぁ」

美波「愛梨ちゃん!ランジェリー姿になるなんて……」

愛梨「裸じゃないから大丈夫ですよぉ」

千枝「わぁい、千枝も脱ぎます!」

美波「え、えと……」

「美波、イキかせます!」

11 : 名無しさ... - 21/03/30 12:02:11 RW4 11/12

キャッキャウフフ

アンアンアァーン



飛鳥「……」

「……」ピポパ

「もしもし、ちひろさん?」



おしまい

12 : 名無しさ... - 21/03/30 12:03:36 RW4 12/12

何があったかはお見せできません。あしからず



最初は菜々さんじゅうななさいも入れようとしましたが、彼女はJKですので大丈夫です

では、ありがとうございました

記事をツイートする 記事をはてブする