1 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:39:36.41 q+QG1+qv0 1/20

シンエヴァのネタがあるので注意してください

元スレ
マリ「どーも、お義父さんw」ゲンドウ「!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1616337576/

2 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:40:53.76 q+QG1+qv0 2/20

シンジ「ちょっ、マリさん!いきなり恥ずかしいよ!」

マリ「おー?照れちゃってこのこの~可愛いんだから~!」

シンジ「あははっ、くすぐったいよ、あはははは!」

ゲンドウ「……ど、どういうことだ……シンジ……」

マリ「またまたぁ、ほんとは分かってるでしょゲンドウくん……いや、お義父さん!」

ゲンドウ「お前にお義父さんと呼ばれる筋合いはない!!」

マリ「ありゃ、マジギレだにゃ」

シンジ「そう怒らないでよ父さん、僕はマリさんと……」

ゲンドウ「いかん、考え直せシンジ!その女が一体何歳か知っているのか!?」

シンジ「え?16歳でしょ?」

マリ「うん」

ゲンドウ「ぬけぬけと……!」

冬月「落ち着け碇。脳が零れてしまうぞ」

3 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:41:26.94 q+QG1+qv0 3/20

ゲンドウ「お前も何か言え、冬月。教え子だろう」

冬月「すまんな碇。私は彼等を後押しする側だ」

ゲンドウ「!? どういうことだ冬月!?」

冬月「ユイくんの意志だ。ユイくんは、息子をマリくんに任せると言っていた。将来の伴侶にとな」

ゲンドウ「馬鹿な……ユイがそんなことを言うはずはない……!」

冬月「だが事実だ」

ゲンドウ「うわぁああああ!!!!」

マリ「あーあ、壊れちゃった。じゃ、あとは任せたよん、冬月センセ」

冬月「私の教え子は手の掛かる者ばかりだな……」

マリ「さ、いこいこシンジくん」

シンジ「え、あ、うん。……あの、父さん」

ゲンドウ「うぅ……」

シンジ「僕もちゃんと幸せになるよ、マリさんと一緒に」

ゲンドウ「いやアレはやめておけ!シンジ、おい、待て!」

冬月「……行ってしまったな」

ゲンドウ「なんということだ……私の愛する息子が、まさかアラフォーの毒牙に掛かるとは……」

冬月「アラフィフではないか?」

ゲンドウ「なお悪いわ!」

冬月「碇、脳を拾え。挙式スピーチの原稿を書くぞ」

ゲンドウ「うわぁぁぁぁぁ!!」

冬月「やれやれ……」

4 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:44:53.56 q+QG1+qv0 4/20

シンジ「ねぇマリさん」

マリ「んー?」

シンジ「父さん、あまり喜んでくれなかったね……なんでだろう」

マリ「キミのお父上はシャイボーイだからさ、本心とは逆の反応をしちゃったわけだよ。間違いない」

シンジ「そっか!そうだよね」

マリ「そーそー。んふふ、どんどんポジティブになってくねぇシンジくん。良い傾向だにゃー」

シンジ「そ、そうかな。だとしたらマリさんのおかげだよ」

マリ「おっ、おぉ……なんか照れる……ほんとに成長したなぁもぉ!!」

綾波「シャイボーイって、なに?」

マリ「うわびっくりした!しかもツーテンポ遅い!」

シンジ「綾波、こんにちは」

綾波「こんにちは碇くん。シャイボーイって、なに?」

シンジ「奥ゆかしい男の人……かな?」

綾波「碇くんみたいな人?」

シンジ「ぅえっ!?」

マリ「あらー、言われちゃってるねぇ」

綾波「ふっ……」

マリ「うわっ、黒い笑み」

綾波「これが……ほくそ笑む……」

マリ「変な事ばかり吸収してるにゃぁ……」

5 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:45:39.26 q+QG1+qv0 5/20

綾波「それと碇くん。どうして眼鏡の人と一緒にいるの?」

マリ「め、眼鏡の人て」

シンジ「挨拶周りだよ。マリさんと一緒になりました、ってお世話になったみんなに報告してるんだ」

綾波「一緒?」

マリ「ムフフな関係ってことだよん」

綾波「ムフフ?」

マリ「あれ、にゃんにゃんな関係と言ったら分かるかにゃ?」

綾波「にゃんにゃん……? 猫…………交尾?」

マリ「大正解!お見事!」

シンジ「な、何言ってるんだよ二人とも!僕とマリさんはまだ……」

マリ「まーまー、近いうちにそうなるんだから。ね?シンジくん」

シンジ「マ、マリさん……」

綾波「……二人を見てると、ムカムカする……これが……腹立たしい」

マリ「でへへ。ごめ〜ん」

綾波「チッ」

マリ「舌打ち!?」

6 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:46:32.74 q+QG1+qv0 6/20

マリ「かーっ、冷たい!そう思わんかねシンジくん!」

シンジ「綾波のああいう反応、新鮮だな……」

マリ「キミってばほんとこの子達に甘いね!」

綾波「ふふ」

おばさん「おーい、レイちゃーん!」

綾波「あ……私、そろそろ戻るから」

シンジ「うん、また」

綾波「今度は碇くんだけで来て」

マリ「こ、こいつぅ……」

綾波「あ、それと。5番目の人が、あっちの方でスイカ作ってる」

シンジ「カヲル君が?」

綾波「口を開けば碇くんの話しかしないの。とても鬱陶しいから行ってあげて」

シンジ「もちろんだよ。ありがとう、綾波」

綾波「ううん、それじゃ。眼鏡の人も、それじゃ」

マリ「ん、ばーい」

7 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:47:27.96 q+QG1+qv0 7/20

シンジ「……ほっ」

マリ「にゃにゃ?」

シンジ「綾波が楽しそうで良かった」

マリ「かなり充実してるって感じ。みんなと仲良くなってるみたいだね」

シンジ「うん……僕、それが凄く嬉しいんだ」

マリ「妬けちゃうにゃぁ〜」

シンジ「あはは」

マリ「あのねぇシンジくん。冗談抜きで本当に妬いてるんですけどぉ」

シンジ「機嫌直してよ。僕に出来ることなら何でもするから」

マリ「おっ、言ったな〜!もう撤回させないからね、絶対なんでもさせちゃおっと!」

シンジ「お手柔らかに……」

マリ「しっかし渚カヲルか。私、アイツ苦手だにゃ」

シンジ「マリさんにも苦手な人とかいるんだ」

マリ「そりゃいるよ。ああいうタイプは特にね」 

シンジ「へぇ……僕は好きだけどな、カヲル君」

マリ「やべ、シンジくん盗られないように気を付けなきゃ」

8 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:52:13.23 q+QG1+qv0 8/20


カヲル「農薬はいいね。スイカを潤してくれる。リリンの生み出した文化の極みだよ」

加持「うちのは無農薬ですよ、元司令」

カヲル「ハハッ、冗談だよリョウちゃん」

シンジ「おーい、カヲルくーーん!!」

カヲル「ハッ!!!この声は……シンジ君!?」

シンジ「カヲル君!」

カヲル「シンジ君!」

マリ「ワンコ君!」

カヲル「キミちょっと席を外してくれないかな?」

マリ「いきなり会うなりなんだコラァ!」

シンジ「ははっ」

マリ「笑い事じゃにゃいよマイダーリン!?」

加持「こりゃまた、賑やかだなぁ……」

9 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:52:47.69 q+QG1+qv0 9/20

シンジ「しゃくしゃく……うん、美味しい!」

マリ「悔しいけど確かに美味いわこりゃ」

シンジ「このスイカ、カヲル君が作ったの?」

カヲル「そうだとも。こうして君に食べてもらう日を夢見ていたんだ」

加持「こういうの、案外向いていたのかもしれませんね」

カヲル「ふふふ。汗水垂らして命を愛でるのも悪くないと思えるよ」

シンジ「カヲル君、加持さんと同じくらい麦わら帽子が似合うなぁ」

カヲル「そうかい?君に褒められればなんだって嬉しいよ」

加持「麦わら帽子なら、シンジ君もよく似合うと思うぞ。どれ、久々に畑仕事をやってもらえるかな」

シンジ「わわっ、えっ、草むしりですか!?これから!?」

加持「まぁまぁ。偶には土に触れるのも良いぞ、少年」

シンジ「か、加持さ〜ん……」

マリ「あらら、攫われちゃった」

カヲル「慌てふためくシンジ君も可愛いね。そして麦わら帽子もよく似合う」

マリ「それは否定しないけどさ」

10 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:53:45.55 q+QG1+qv0 10/20


カヲル「……………」

マリ「…………」

マリ「……えっ、何?凝視しないでくれる?」

カヲル「…………フッ。まさか君とはね。いや、君だからこそか」

マリ「と言うと?」

カヲル「彼を幸せにするのは僕だと思っていた。僕が彼を幸せにしたかった。けれど……君だったんだね」

マリ「ま、ね。僭越ながら精一杯、頑張る所存だよん」

カヲル「ああ、頼んだよ。ようやくなんだ。彼もそろそろ、幸せにならなきゃいけないからね」

マリ「……だにゃー」

カヲル「以前のシンジ君なら、これから先上手くやっていけるだろうかと、不安で堪らなくなっていたかもしれない」

マリ「でも、ちゃんと成長してる。誰かの想いをちゃんと受け取れる人に」

カヲル「ああ、そうだね」

マリ「私が見守ってくよ。シンジくんの隣でさ」

11 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:54:34.15 q+QG1+qv0 11/20


シンジ「ふぅ、くたびれちゃった」

加持「お疲れさん。スイカ食べるかい」

シンジ「さっき食べたばかりですよ」

加持「ははは」

シンジ「でも良いです。久々で、僕も楽しかったですから」

加持「そいつは良かった」

マリ「おつー、シンジくん。ほいタオル」

シンジ「ありがとうマリさん」

加持「おっ、気が利くレディだ。これは良い奥さんになるぞ」

マリ「良い事言うじゃん!良かったねぇシンジくん!」

シンジ「あはは、撫で回さないでよぉ」

加持「シンジ君、こりゃ尻に敷かれるなぁ……」

マリ「経験者は語るってやつかね?」

加持「耳が痛い話だよ」

12 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/21 23:56:08.13 q+QG1+qv0 12/20


シンジ「さてと。加持さん、僕らはそろそろ」

加持「なんだ、もう行くのかい。もう少し待てば、ミサトやウチの息子が帰って来るのに」

シンジ「それは残念ですけど、アスカ達にも会いに行かなきゃいけませんから。ミサトさんとリョウジ君に、よろしく伝えておいてください」

加持「了解したよ」

シンジ「……それじゃあね、カヲル君。逢えて嬉しかった」

カヲル「今日はありがとう、シンジ君。そして君もね」

マリ「ん」

カヲル「僕はいつでもシンジ君の幸せを願っているよ。辛いことがあればいつでも相談に乗るからね」

シンジ「うん、ありがとう」

カヲル「また逢おう、シンジ君」

13 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/22 00:00:16.71 bVcXFSWh0 13/20


シンジ「ねぇ、マリさん」

マリ「ん?どしたどした」

シンジ「カヲル君と少しは仲良くなれた?」

マリ「いんや、別に」

シンジ「えー!僕が草むしりしてる間、仲良く話してるように見えたのに」

マリ「君の話をしてただけ。共通の話題、それしかないし」

シンジ「ぼ、僕の話?なんだか恥ずかしいな……」

マリ「陰口とかじゃないから安心しなよ」

シンジ「はは、まさか!マリさんとカヲル君に限ってそんな心配しないってば。あ、そういえばアスカ達の場所、聞いておけば良かったね」

マリ「歩いてれば見つかるって。さっきも、その前もそうだったじゃん?」

シンジ「それもそっか」

マリ「ところでシンジくん、何か忘れてない?」

シンジ「へ?なんだろ」

マリ「こんにゃろ、さっき約束したばっかなのに!なんだぁ、抱き締めれば思い出すのかオォン!?」

シンジ「わわっ、マリさっ、息ができな……っ!」

マリ「なんでもするって言ったじゃん!私の言うことなんでも~!」

シンジ「あ、お、思い出した!ちゃんと思い出したよぉ!」

マリ「そいつぁ結構!そしてたった今命令を思い付いた!それはね~!」

アスカ「うわ……アンタら何してんの」

マリ「おろ?おーっす、姫」

14 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/22 00:01:13.33 bVcXFSWh0 14/20


アスカ「道端でイチャコラとまぁ……ちったぁ人の目を気にしなさい」

マリ「いやはや、失敬失敬」

シンジ「あ、アスカ!」

アスカ「どっから顔出して話しかけてんのよ変態!」

シンジ「ご、ごめん……」

マリ「すけべだなぁシンジくんは」

シンジ「マリさんが言わないでよ!」

アスカ「はぁ……んで、今日は何?」

シンジ「みんなに会って廻ってるんだ。アスカとケンスケにも会っておこうと思って。ケンスケは?」

アスカ「ケンケンはどんな日でも6時起床。とっくに働きに行ってるわ」

シンジ「アスカは何してるの?」

アスカ「私は歩いてる」

マリ「プーじゃん!」

アスカ「うっさいわよコネメガネ!」

15 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/22 00:08:01.46 bVcXFSWh0 15/20


アスカ「まぁでも、まさかアンタらがくっつくとはね。そんな素振りあったかしら」

マリ「実はあったんだー。ね、シンジくん」

シンジ「え、そうなの?」

マリ「オイオーイ!」

シンジ「あはは、冗談冗談」

マリ「一丁前に!」

シンジ「ごめんってば」

アスカ「……今のアンタら二人、ぶっちゃけうざいけど……ま、明るいに越したことはないわね」

マリ「んふふ、そりゃそーだ」

アスカ「シンジも多少マシになったじゃない」

シンジ「うん。自覚がないわけじゃない」

アスカ「そこは自覚あるって断言しなさいよ、馬鹿ね」

16 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/22 00:23:09.05 bVcXFSWh0 16/20


村人「あら、アスカさん。こんにちは」

アスカ「んあっ!?あ、こんにちは」

村人「今日はお友達と一緒なの?」

アスカ「と、友達というか、腐れ縁みたいなもんで……別にそんな……」

シンジ「僕ら、アスカの昔からの友人です」

マリ「にゃー」

アスカ「んなぁ!?」

村人「あら、やっぱりそうなのね。アスカさん、優しいものね。それじゃ私はこれで」

アスカ「あ、ま、また! ………ふぅ」

シンジ「……」

マリ「……」

アスカ「……」

アスカ「……な、何よ!ニヤニヤしてんじゃないわよコラァ!」

17 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/22 00:46:25.87 bVcXFSWh0 17/20

ーーーー

マリ「だっはっはっ!もうちょっとまともに受け答えしてよー姫!笑いそうになっちゃったにゃー!」

アスカ「思いっきり笑ってんじゃない!あーもう、ほんっとムカつく!!」

シンジ「良かった……ちゃんとここに馴染んでるんだね、アスカ」

アスカ「ケンケンに迷惑かけるから、仕方なくよ!処世術ってやつよ!」

シンジ「あのアスカの口から処世術という言葉が出るなんて……」

マリ「成長したなぁ……」

アスカ「一転してしんみりするなぁっ!」

シンジ「だって、あのアスカだよ」

マリ「ほんとほんと。いやぁ、帰り際に良いモノ見せてもらった……クフフッ」

アスカ「……はぁぁぁぁぁ。まぁいいわ、寛大な心で許したげる。私も大人になったんだし、アンタらはガキの見た目のまんまだし。……もう行くの?」

シンジ「行くよ」

マリ「今度こそお達者で、姫」

アスカ「アンタらもね。このバカップルが」

マリ「褒めてる?」

アスカ「褒めてる」

マリ「ふふっ、ありがと!アスカ!」

アスカ「じゃあね、マリ。そしてシンジも」

シンジ「うん。さよなら、アスカ」

18 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/22 01:09:25.49 bVcXFSWh0 18/20


マリ「シンジくん、手を繋ごう」

シンジ「うん、マリさん」

マリ「さてさて。行くか!」

シンジ「うん、そうだね」

マリ「はぁ~、しっかし君も私も、よく頑張ったにゃあ」

シンジ「うん、凄く頑張った」

マリ「君も、すっかり自分を肯定できるようになった。それはとても重要なこと。生きていくうえで、必要不可欠なモノなんだから。もう失くしちゃダメだからね」

シンジ「分かってるさ」

マリ「ま、もし失くしても私が見つけてあげる。私はいつでも君の味方だから」

シンジ「ありがとう、マリさん。僕も同じ気持ちだよ」

マリ「……えっ?」

シンジ「マリさんが辛い時は僕が支える。互いを思いやって、助け合う。それが僕の望んだ世界だから……って言っても、マリさんなら、そんな心配、余計なお世話かな」

マリ「…………ううん、すっごく嬉しいよ。ありがとう、シンジくん……頼りにしてる」

19 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/22 01:12:38.58 bVcXFSWh0 19/20


マリ「そだ!命令決めたのに、まだ聞いてもらってなかったにゃ」

シンジ「なんでも言うことを聞く、ってやつ? まだ有効だったの?」

マリ「あったりまえだばかちん! いい? よーく聞きなさい」


マリ「これからもずっと、私のそばにいて。いつまでも、ずっとこの手を握っていて」


シンジ「……はは。わざわざ口に出すまでもないことじゃないか」

マリ「わざわざ言わなきゃいけないこともある!それで……返答は?」

シンジ「マリさんのそばにいるよ。ずっとそばにいる」

マリ「……ふふっ、よろしい!それじゃ行こう!」

シンジ「うん、マリさん!」


20 : ◆SoZEW6Fbg2 - 2021/03/22 01:13:19.24 bVcXFSWh0 20/20


終わりです。読んでくださった方ありがとうございました。

記事をツイートする 記事をはてブする