1 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:29:26.15 wSaDm1qQO 1/13

アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
ゆりジュリ、どうでしょう。

元スレ
【ミリマスSS】百合子「ジュリアさんが、窓辺でギターを弾いていたんですよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1606656566/

2 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:30:11.46 GkQojF8c0 2/13

 
ラジオ番組のお仕事

百合子「皆さんこんばんは、七尾百合子です」

杏奈「望月杏奈ですっ!」

百合子「『今夜もあんゆり』ラジオ、始めて行こうと思います」

杏奈「いえいっ!」

百合子「そうそう杏奈ちゃん。昨日劇場に行ったらね、事務室の窓辺でジュリアさんがギターを弾いていたんですよ」

杏奈「ジュリアさん時々弾いてるよね。杏奈、カッコいいと思う!」

百合子「うんうん、私もそう思う。それでね、声を掛けるのもどうかなーと思って、心の中で挨拶をして、近くのソファで本を読んでいたんです」

杏奈「劇場でよく見る光景だね!」

百合子「うん、ジュリアさんのギターと鼻歌をBGMに本を読むなんて、なかなか贅沢だなーって思いながら、気持ち良く本を読んでいたんですね」
 

3 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:31:10.87 GkQojF8c0 3/13

 
百合子「そしたら急に『今日は風が悲しそうだな……』って聞こえてきて」

杏奈「えっ」

百合子「ハッ、と思って窓辺を見てみたら、窓が開いてるんですよ。確かに今日はちょっと肌寒いなーと思っていたんですけど、ジュリアさんはその窓から吹き込む風を肌で感じて『悲しそうな風』って感じたんだなって気付いて」

杏奈「ゆ、百合子さん……」

百合子「あぁ、私はただ「風が冷たいなぁ」と感じただけだったのに、同じ風を受けても『悲しい風だ』って感じられるジュリアさんの感性って素晴らしいなって思って、そういうところが作詞とかにも繋がるんじゃないかなって」

杏奈「あっ、百合子さん! ほら、タイトルコールしないと!」

百合子「えっ? あ、そうですね。じゃあタイトルコールを……え、なんですか? 電話? ジュリアさんから?」

杏奈「えーっと!『今夜もあんゆり』ラジオ!はじまりま~す!」
 

4 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:32:06.04 GkQojF8c0 4/13

 
歌番組のお仕事

ワーワー

「トゥインクルリズムで『ZETTAI × BREAK!! トゥインクルリズム』でした~!」

亜利沙「むっひょー! 育ちゃんも百合子ちゃんも、すっごく可愛かったです~!!」

「もう、亜利沙さんも可愛かったし格好良かったよ?」

亜利沙「身に余る光栄!」

百合子「はぁ、久しぶりに大きな武器を振り回したので、結構疲れちゃいました……」

「ほとんどの人はぶきなんて振り回すきかいなんてないもんね!」

百合子「そうですね、うちの劇場だと、普段からギターを抱えているジュリアさんくらいでしょうか……」

百合子「あ、ジュリアさんと言えばですね。この前ジュリアさんとダンスレッスンが一緒になったんですよ」
 

5 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:32:39.36 GkQojF8c0 5/13

 
亜利沙「苦手なダンスレッスンも頑張るジュリアちゃん尊いです」

百合子「ちょっと早く劇場についたので事務室で本でも読もうかなって思っていたら、ジュリアさんも早く着いてて、レッスンの時間までお喋りしてたんですね」

百合子「それで時間になったので、レッスンルームに移動しようとしたときに、ギターは置いていくのかなーと思っていたら、ジュリアさん、そのままギターを背負ってレッスンルームに行こうとするんですよ」

「ダンスレッスンなのに?」

百合子「そうです。それで「ギターも持っていくんですか?」って聞いたらジュリアさんも無意識だったみたいで、「おっと、いつも背中を預けてる相棒だから、癖になってんだ」ってちょっと照れくさそうにソファにギターを置いて」

百合子「その後、優しくギターに手を掛けて「じゃあ行ってくるな、良い子にしてろよ相棒」って語り掛けたんですよ!? 格好良くないですか!?」

「そう?」

亜利沙「亜利沙はそんなジュリアちゃんも好きです!」

百合子「え~、絶対格好良いと思うんですけど……え、そのバツ印はなんですか? 次のパフォーマンスに行け? わ、分かりました! それでは次は『りるきゃん ~3 little candy~』で……」
 

6 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:33:11.66 GkQojF8c0 6/13

 
商店街の宣伝のお仕事

歌織「はい、それでは本日は百合子ちゃんと一緒に商店街を散策していきたいと思います」

百合子「よろしくお願いします、歌織さん!」

歌織「夜の商店街って、あまり着たことが無いから何だかワクワクしちゃうね」

百合子「あ、歌織さんもですか? 昼とは全く雰囲気が違っていて、まるで異世界に飛び込んだみたいですよね」

百合子「そうそう、夜と言えばこの前、ジュリアさんと一緒に泊まり込みで出張ロケがあって、夜ご飯の後にふと空を見上げると星がとっても綺麗だったんですよ」

歌織「素敵ね。ゆっくり星を見る機会って少ないから」
 

7 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:33:46.34 GkQojF8c0 7/13

 
百合子「そしたらジュリアさん、「アイドルって、星みたいだよな」って」

歌織「うん?」

百合子「私が「どういうことですか?」って聞いたら、少し儚げな表情で「精一杯輝いてるつもりでも、地球から見るとこんなに小さな光にしか見えないんだよな」って言うんですよ」

歌織「あの、百合子ちゃん」

百合子「その時のジュリアさんの表情がとても綺麗で、思わず見とれてしまっていたんです。まるで胡蝶の夢を見ているようで、とっても、え? どうしたんですかプロデューサー。百合子を止めろって」

歌織「ほ、ほら百合子ちゃん、行きましょう!」

百合子「わ、わわわっ、急にどうしたんですか歌織さん!」
 

8 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:34:29.70 GkQojF8c0 8/13

 
トーク番組のお仕事

「そうだなー、百合子とは同い年だし、初めっからよく喋ってたよな」

百合子「私は初対面の人とは緊張しちゃうんですけど、昴さんが積極的に話してくれて」

「あとユニットも組んだしな! ウィルゴとか、Chrono-Lexicaとか!」

百合子「そうですね。私と昴さんと、あと静香さんと一緒に恋について考えたりしましたね。今日は静香さんも見に来てくれてるんですよ」

「あっ、手ぇ振ってる」

百合子「そうそう。静香さんと言えば、この前D/Zealのライブの前にたまたま時間があって、裏方で見学させてもらったんですよ」

「あー、あのユニット。すごくストイックだもんな」

百合子「はい。それで開場前に一声かけようと思ったんですけど、お二人の纏う空気がちょっとピリッとしていて、声をかけられなくて」

「ありそうありそう」
 

9 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:35:00.57 GkQojF8c0 9/13

 
百合子「二人でステージだけを見つめていて、その背中を見ていたら、ジュリアさんがこう言ったんですよ」

百合子「『シズ。夢、見せてやろうぜ』って」

「おぉ……?」

百合子「そしたら静香さんも、ステージを見つめたままで『えぇ』って答えたと思ったら、そのまま同時に二人で歩き始めて」

百合子「あ~! あの時のお二人、なんだか二人だけの世界の『表現者』っていう感じで、カッコ良かったなぁ~!」

「百合子。なんか静香がめっちゃ手ぇ振ってるぞ」

百合子「あんなに元気な静香さん珍しいですね」
 

10 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:36:14.73 GkQojF8c0 10/13

 
食レポ番組のお仕事

百合子「ん~! このケーキ、上品な甘味で美味しいですね!」

可憐「ほ、本当だね。紅茶にも良く合うし……」

可憐「ゆ、百合子ちゃんは、甘い物とかよく食べる……?」

百合子「そうですね、大好きです! でも体重も気になるので普段は可能な限り我慢するようにしてます」

百合子「でも読書のお供に、手が止まらなくなっちゃうんですよね」

可憐「わ、分かるなぁ……。甘い物って、ついつい食べ過ぎちゃうよね」

百合子「そうそう。この前劇場に春香さんがクッキーを持ってきてくれた時なんですけど」

可憐「春香さんのクッキー、いつでも凄く美味しいんですよ」

百合子「とっても美味しかったです! それで、ジュリアさんが近くのソファで作詞してたみたいなんですけど、こちらにも気付かないくらい集中していて」

百合子「でも春香さんのクッキー食べられなかったら悲しむだろうなって思って、少し取ってジュリアさんの前に置いておいてあげたんですよ」

可憐「百合子ちゃん優しいね」
 

11 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:36:58.45 GkQojF8c0 11/13

 
百合子「えへへ、ありがとうございます。そしたらジュリアさん「あぁユリコ。サンキュ」って言ってくれて」

可憐「かっこいい……」

百合子「ですよね! その後のジュリアさん、何て言ったと思います!?」

可憐「え、なんだろう……」

百合子「それがですね、「甘いものを食べるとさ、自分の世界が広がっていくような気がするよ」って。格好良くないですか?」

可憐「ん……?」

百合子「その時の私は理解が遅くて、ポカーンとしてしまったんですね。それでもジュリアさんは何も言わずにまたギターをジャーンと鳴らし始めて、その様子もまた格好良いなって!」

可憐「そ、そうだね……?」

百合子「今になって思うと、あれ時のジュリアさんはきっと『エゴの拡張』を言っていたんだと思うんですよね。ロックで甘いイメージの少ないジュリアさんが敢えてイメージと離れた甘いものを食べることで、自らが認識できる範囲を拡張出来るという……え、一旦スタジオに戻す? どうしてですか?」

可憐「お、お返しします……!」
 

12 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:38:15.70 GkQojF8c0 12/13

 
劇場公演のお仕事

ワーワー

ジュリア「サンキュー、聞いてくれてありがとな」

百合子「ジュリアさん! 格好良かったです!」

ジュリア「……、ユリコか」

百合子「えっ! どうしたんですか、どうして距離を取るんですか!」

ジュリア「ユリコさ、最近色んな所でアタシの話してるだろ。色んな人に揶揄われるんだよ」

百合子「えっ? そんなに変な話はしていないハズですが……」

ジュリア「自覚が無いから嫌なんだよな……」

百合子「そういえばジュリアさん、この前ヒーローズで一緒になった時にアドリブで『空っていうのは、もっと自由に使うモンだぜ!』って言っていましたが」

ジュリア「うわああぁぁぁ!! それだよそれ!! やめろ!!!!」


おわり
 

13 : ◆ivbWs9E0to - 2020/11/29 22:40:30.66 GkQojF8c0 13/13

おわりです。HTML依頼出してきます。
これはゲッサン4巻のクレブルライブ前の舞台裏でグレブル衣装のジュリアを煽る百合子ちゃんを見ていたら思いついた濃厚なゆりジュリです。
偶には攻め百合子。

記事をツイートする 記事をはてブする