1 : 以下、名... - 2020/11/20 00:01:13.76 QA4sFJbe0 1/29

都内ラブホテル


モバP(え……?今、こいつなんて……?)

「はぁとの親指くらいしかない……」

「勃起して……これ……?」

モバP「」







モバP「」

元スレ
心「うっ、小さっ……」モバP(え……?)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1605798073/

2 : 以下、名... - 2020/11/20 00:02:07.02 QA4sFJbe0 2/29

注意事項
・モバPのクズ度は普通くらい
関連SS
・モバP「うっ、臭っ……」心(え……?)
https://ayamevip.com/archives/55052576.html







モバP(俺の名はモバP。超凄腕プロデューサーで、12人ものアイドルを一度にプロデュースしている)

モバP(担当アイドルのひとり、佐藤心をべろんべろんに酔わせてラブホテルに連れ込み童貞を捨てようとしたが……)

モバP(ちんこが小さいと幻滅されてしまった……)


モバP「大丈夫だっ!!ちょっとくらい小さくても……」

「あ、うん……」

「やっぱさ、やめとかない……?」

モバP「」







モバP「」

3 : 以下、名... - 2020/11/20 00:02:41.78 QA4sFJbe0 3/29

翌日、事務所


モバP「おはようございます……」

きらり「にょわー!Pちゃんおっすおっすおはよーございまーすっ☆」

瑞樹「おはようプロデューサー君、どうしたの?テンション低いぞー☆」キャピッ

「プロデューサーさん、ちゃんと休養取ってる?少し顔色が悪いよ?」

「プロデューサーもお休みしたいって心では思ってるんだよ。杏も一緒にお休みしよっかなー、チラッ」

モバP「いや、大丈夫だ……」チラッ

「………」プイッ

モバP「………」

4 : 以下、名... - 2020/11/20 00:03:10.60 QA4sFJbe0 4/29

瑞樹「今日は私と杏ちゃんときらりちゃんと忍ちゃんでCM撮影の日だったわよね」

「場所も遠くないからプロデューサーさんは待機で瑞樹さんが引率ですね」

「きらりーおんぶしてー」

きらり「おっすおっすばっちし☆杏ちゃんはきゃわいいにぃ☆」

瑞樹「じゃ、私たちは行ってくるわね、プロデューサー君、心ちゃん」

「いてらー☆魂見せてこい☆」

モバP「頑張ってな……」


ガチャッ


「さて、はぁとも行くか☆」

モバP「さ、佐藤。今日は少し遠いだろ?送っていくよ」

「いや、いいや。一人で行くわー」スタスタ

5 : 以下、名... - 2020/11/20 00:03:52.19 QA4sFJbe0 5/29

ガチャッ


モバP「………」


モバP(佐藤の奴、明らかに避けてやがる……)

モバP(ちんこが小さいからって恩人のこの俺にそんな扱いするのかよ……!)イライラ


モバP「あぁああああああああ!!!!!クソがよぉ!!!!」ゴミ箱ガンッ!!

モバP「何様だあの女ッ!!!!ちんこが小さかろうが俺は俺だろうがッ!!!!」ガンッガンッ

モバP「仮にちんこがデカけりゃ俺にヘラついてたくせによぉ!!あぁああああ!!!!!」ガンッガンッ

モバP「はぁっ!はぁっ!」



モバP「やめよう……虚しいだけだ……」

6 : 以下、名... - 2020/11/20 00:04:31.71 QA4sFJbe0 6/29

しばらくして、事務所


ガチャッ


「お疲れ様ですー♪」ボインッ

モバP「おう雫、おつかれ……」

「プロデューサーさん、元気ないですねー。もしかしてお休み取ってないんですかー?」

モバP(雫か……やっぱり、他の女も短小は嫌なのかな……)

モバP「なぁ雫」

「はい。どうしましたー?」

モバP「雫はさ……例えば俺が男としてどうしようもない欠陥を持っていたとして、まだ俺をプロデューサーとして見てくれるか?」

「プロデューサーさんに男としてどうしようもない欠陥ですか……?」

「そんなの気にならないです↑ー♪」

モバP「!!?」

「だって、私をここまで立派に成長させてくれて、これからももぉーっと大きくしてくれる、かけがえのない人ですからー♪」ボインッ

モバP「し、雫……」

7 : 以下、名... - 2020/11/20 00:05:02.87 QA4sFJbe0 7/29

「もしかして、プロデューサーさん、何かお悩みでもありますかー?」

「そんな時は、プロデューサーさんが私にしてくれたように、ぎゅーってしてあげますよー♪」ギュー

モバP「し、雫ぅううううううううううう!!!!!」ガバッ

「きゃっ!?」

モバP「雫ぅ……うぅ、うぅううううううううう!!!」ポロポロ

「……プロデューサーさん、泣いちゃうほど疲れてたんですねー」ナデナデ

「私のおっぱいなんかで慰めになるんなら、もぉーっと甘えてくださいー♪」ギュー

モバP「う、うわぁあああああああああ!!!雫っ!!雫ぅうううう!!!!」ポロポロ

「よしよし……」ナデナデ

8 : 以下、名... - 2020/11/20 00:05:35.21 QA4sFJbe0 8/29

モバP(俺は雫の母性に負け、泣きながら彼女のおっぱいに顔を埋めながらことの顛末を話した。すごく蒸れてていい匂いだった……)


「そうなんですか……心さんとそんなことが……」ナデナデ

モバP「あいつッ!ちょっとちんこが小せぇからってよぉ!」ポロポロ

モバP「せっかく童貞捨てれると思ったのにっ!!ちくしょう、ちくしょうっ!!」グズグズ

「うーん、プロデューサーさんが牛さんだったら話は早かったんですけどー……」

モバP「牛だったら?」

モバP「どういうことだ?」



「実はですね、牛さんには繁殖促進のためのお薬があるんですよー♪」

「牛用バイアグラって言うんですけど、雄の牛さんがムラムラできるお薬で生殖器も膨張するんですー」

モバP「牛用バイアグラ……」

モバP(聞いたことがある……バイアグラって確かEDの薬にもなってたよな……)

モバP「それを飲めば俺のちんこも大きくなるのか……?」

9 : 以下、名... - 2020/11/20 00:06:11.97 QA4sFJbe0 9/29

モバP「雫っ!!その牛用バイアグラとかいう薬はどうやったら手に入るっ!?」

「えっ……?プロデューサーさん、牛用バイアグラを飲むつもりですかー?」

モバP「おうっ!!!俺のちんこを大きくできるかもしれないんだろっ!?」

モバP「試すしかねぇよ!!頼むっ!教えてくれっ!!」

「でも、やっぱりだめですよー。牛用バイアグラは牛さんだけのお薬ですのでー。プロデューサーさんに飲ませるわけにはー」

モバP「ちんこを大きくできなかったら、俺はこれからもずっとセッ○スができず悩み続けることになるんだっ!!」

モバP「頼む、頼むよ雫っ!!!」ポロポロ

「う、うぅ……」アセアセ

「本当に、何が起こるかわかりませんよー?」

モバP「構わねぇよっ!!リスクが怖くてプロデューサーが務まるかッ!!」

「プロデューサーさん……♡」キュン

10 : 以下、名... - 2020/11/20 00:06:58.67 QA4sFJbe0 10/29

モバP(その後、雫は一旦女子寮へと戻り、実家に届けるための牛用バイアグラを持ってきてくれた)

モバP(牛用バイアグラと書かれた箱パッケージを開けると、サプリメントや処方箋となんら変わらない白い錠剤が入っていた)

モバP「これが、牛用バイアグラ……」ゴクッ

「牛さんに使う場合は、交尾の直前に飲んでもらうようにしてるんですー」

モバP「どれどれ……」ゴクッ

「あっ……交尾の直前用だったのにー……」

モバP(牛用バイアグラを飲んで……)

モバP「!?!?!?」



モバP「な、なんだっ!!この感覚は!!」

モバP(身体中が熱いっ!!なんだこれ!!身体中の血が、ちんこを目指しているのが実感できるっ!!)

モバP「お、お……っ!!これは、これはっ!!!」

11 : 以下、名... - 2020/11/20 00:07:30.14 QA4sFJbe0 11/29

モバP(牛用バイアグラを飲んだ俺のちんこは、またたくまに大きくなり……)



モバP「う、うおぉおおおおおおお!!!!ズボンがはちきれそうなほどパンパンだぜぇえええええ!!!!!!」ビンビンビンビン

「きゃっ……もぉー!プロデューサーさん、セクハラですよぉー!」ドキドキ

モバP「やべぇ、やべぇよこれ……今まで女の親指くらいしかなかったちんこが……!」

モバP「皮も剥けて痛いっ!ムラムラするっ!!」ビンビン

「あわわ……」ポー

モバP(目の前には俺のそそりたったズボン越しのちんこを見てドキドキしながら見ている雫……)







モバP(こんなん「ヤってください」って言ってるようなもんだよなぁ!?)

モバP「雫っ!!俺もうっ!!」ガバッ

「え?きゃっ!!!」

12 : 以下、名... - 2020/11/20 00:08:01.02 QA4sFJbe0 12/29

モバP「雫っ、頼むっ!俺のちんこ沈めてくれよぉ!」

「ちょっ、ちょっと……プロデューサーさん……」ドキドキ

モバP「雫のおっぱいやべぇ、やわらけぇよぉ……」クンカクンカビンビン

「もぉー、プロデューサーさん、悪い子になっちゃったんですかー?」

モバP「あ、あぁ……!雫ぅ、俺のちんこ挟んでくれよ……」ハァハァ

「わぁ……」ドキドキ

(プロデューサーさんのおち○ちん、大きい……)

(でも、私のおっぱいなら……挟めちゃうかも……)ドキドキ

「……痛かったらすぐ言ってくださいね?」キュッ

モバP「!!?」

13 : 以下、名... - 2020/11/20 00:08:50.69 QA4sFJbe0 13/29

モバP「あ、あぁあああああ……」ビンビン

モバP(やべぇ、雫のおっぱいに挟まれただけで、もうっ……!)

モバP「温かいっ温かいよぉ……」スリスリ

「ふふっ……♡おっぱいで挟まれて動かされるの、気持ちいいんですかー?」ズリズリ

モバP「気持ちいいっ!!雫のおっぱい気持ちいいっ!!」ハァハァ

「は、恥ずかしいですー……」ドキドキ

モバP「あっ、あっ、あっ、やばいやばいやばいっ!出るっ!!!」ビュルルルル

「きゃっ!!」

モバP「あ、あぁああああっ!!!やばい出るっ!!こんな出るのはじめてだッ!!」

「うぅー……いっぱいかかっちゃいましたー……」ベチャァ

14 : 以下、名... - 2020/11/20 00:09:31.28 QA4sFJbe0 14/29

モバP「まだ全然収まらねぇ、やべぇな、さすが牛用バイアグラだっ。ちんこがでかくなるだけじゃなくて性欲そのものが上がってる!」

モバP「ええんやなぁ、雫の処女奪ってええんやなぁ……!」ハァハァ

「あんっ!ぷ、プロデューサーさん、少し怖いですー……♡」

モバP「雫っ……」チュッ

「んっ……!」

(キス……プロデューサーさんが、私にキス……?)チュプッ…

モバP「……っぷはっ、雫、好きだ。ヤらせてくれ!」

「はい……♡」トローン

モバP「よ、よし……!」







モバP(昨日、佐藤からお預けをくらっていたのもあって、雫で何度も何度も射精した)

モバP(それでもなお、牛用バイアグラを飲んだ後のペニスは勃起が収まらないっ!こんなにすごい薬があるなんて知らなかった……)

15 : 以下、名... - 2020/11/20 00:10:08.71 QA4sFJbe0 15/29

「あ、あっ……あひっ……」ビクビク

モバP「あぁ、やべえ、まだ興奮してる……もう5回は射精してんのに!」シコシコ

モバP「雫っ!!顔にかけるぞっ!!」ドピュッ

「あっ!!!熱い……♡」トローン

モバP「ふぅ……気持ちよかった、雫、よくがんばったな」ギュー

「え、えへへ……もぉーっと、ぎゅぅーってしてください……♡」ギューー

モバP「このちんこがあれば、もう怖いもんなんかねぇ、俺はまだまだ出し足りねぇくらいなんだっ!!」ギューー

モバP「これで佐藤の奴を屈服させてやる……!」



「……心さんのところに行っちゃ嫌ですー」

モバP「ん?」

16 : 以下、名... - 2020/11/20 00:11:02.55 QA4sFJbe0 16/29

「プロデューサーさん、心さんのこと、忘れちゃいましょう?」

「一度プロデューサーさんのことを捨てた女の子のことを考えても、いいことなんて何もないですよー」ギュー

「心さんの分まで……私のことをもぉーっと見て欲しいです……」ギュゥウウ

モバP「雫っ!!そんなの当たり前だ!!」ギュッ

「!!!?」

モバP「これから何があろうが俺の一番はお前だ」ナデナデ

モバP「それは絶対に揺るがない、揺るがないけどよぉ」

モバP「俺は男だ……やられっぱなしじゃ悔しいんだよっ!!」ナデナデ

モバP「このまま舐められたままでたまるか!佐藤に打ち勝って俺は男としての尊厳を取り戻し、今よりもっと雫を愛してみせる!!」

「プロデューサーさん……♡」キュン

モバP「だからよぉ雫……」







モバP「一緒に佐藤の奴堕とそうぜ」ニヤリ

17 : 以下、名... - 2020/11/20 00:11:38.08 QA4sFJbe0 17/29

しばらくして


ガチャッ


「しゃーす、ただいまスウィーティー☆」

「あっ、心さん、ちょうどいいところに!おかえりなさいー」

「うんお疲れ雫ちゃん☆もしかして、はぁと需要アリ?」

「はいっ!実はちょっとお手伝いしてほしいことがあってですねー」

「オッケー☆報酬はおいしいホットミルクがいいな☆」

「もちろんですー!おいしいホットミルク(意味深)、用意させていただきますねー♪」

18 : 以下、名... - 2020/11/20 00:12:10.37 QA4sFJbe0 18/29

休憩室


「休憩室の毛布をさらに温かいのに新調するみたいで、古い毛布を運んでほしみたいですー」

「よーし、はぁとがんばっちゃうっ☆見てろ雫ちゃん☆」

「………」ドアガチャッ

「ん?雫ちゃん、なんでドアに鍵を……?」スッ

モバP「よぉ」

「!?!?」

「プロデューサー!?なんで布団の中に……」

モバP「てめえ、よくも昨日俺に恥かかせてくれやがったな」ビンビン

「き、昨日はほら……気が乗らなかったというか……」

(あれ……?プロデューサーのおち○ちん昨日より大きい気がするぞ☆)

19 : 以下、名... - 2020/11/20 00:12:44.25 QA4sFJbe0 19/29

モバP「雫、佐藤を抑えてろ」

「わかりましたー♪」ガシッ

「ちょっ、雫ちゃん、離してっ!!正気に戻って!!」

「誰かっ!!誰か助けて!!!!」

モバP「うるせぇぞ!!引っ叩かれてぇかゴラァ!!!!」

「ひっ……!?」ビクッ

「心さん、うるさいですよー。お口、心さんの顔ごと塞いじゃいますねー」ギュムッ

「ひむっ!!?」

(し、雫ちゃんのおっぱいが顔に……!!)

(ちくしょう、なんつー胸してやがる☆気持ちいいけど苦しいっ!!)ジタバタ

20 : 以下、名... - 2020/11/20 00:13:19.53 QA4sFJbe0 20/29

モバP「今てめぇの正面には雫の爆乳、しかも雫ががっちりと固定している」

モバP「そんでもって後ろは俺が占領している……」ズルッ

「ひぐっ!!!」ジタバタ

(やっ……!スカートめくられてパンツ脱がされ……いやっ!!)ジタバタ



モバP「バックはさ、オナホにパンパン打ち付けるような感覚があんだよな」

モバP「女の顔を一切見ず、密着してるのは性器だけ、まるで女をモノ扱いしてるみてぇでよぉ」

モバP「オラ、佐藤、てめぇのケツに押し付けてるこれ、わかるか?でけぇだろ?」グリグリ

モバP「てめぇは今から便器だ。昨日の恨みたっぷり晴らしてやるぜ……」ズブブ

(いぎっ!!!!?)

(痛いっ!!!いま、入ってるの……!?)

(プロデューサーのおち○ちん、入ってるの……?)ビクビク

21 : 以下、名... - 2020/11/20 00:13:51.92 QA4sFJbe0 21/29

モバP「オラっ!!!」ズブブブブブッ

「!!?」

「い、痛いっ!!!痛い痛い痛いっ!!!」

「心さん、大丈夫ですかー?」顔ギューー

「むぎゅっ……!!」ジタバタ

モバP「ああいい……!!いい締まりしてんじゃねぇか便器ィ!!!」パンパンパンパン

「あっ、ぎっ……!!」

(痛いっ!!助けてっ!!!やだっ!!!)ポロポロ

モバP「へへへ、痛ぇのは最初だけだよ、なぁ雫」パンパンパンパン

「はいー♪心さんもすぐに気持ちよくなって、幸せな気持ちになれますよー」ナデナデ

「ぐ、ぐえぇ……!!」ポロポロ

22 : 以下、名... - 2020/11/20 00:14:24.05 QA4sFJbe0 22/29

しばらくして


モバP「あー出るっ!!また出るっ!!便器っ!!中に出すぞっ!!!」ビュルルルルルル

「んぐぅううううう!!!でてりゅ!!ぎもぢいぃいい!!!!」

「なかでてりゅ!!らめっ!!あぁああああああ!!!!!」ビクンビクン

「えへへ、心さん、すっごぉーくかわいいですー♪」ナデナデ

「あっあぁああ……!!いやにゃのに!!プロデューサーのおち○ちん嫌なのにぃいいい!!!」ビクンビクン

「イっぢゃうっ!!イっぢゃうぅううう!!!」プシャァアアアア

モバP「ぎゃはははははは!!!いいザマだな便器ぃ!!どうだ?短小とバカにした男からメスイキさせられる気分はよぉ!!!」パンパンパンパン

「らめぇええええ!!もう無理っ!!おち○ちん無理っ!!!」プシャァアア

23 : 以下、名... - 2020/11/20 00:14:53.78 QA4sFJbe0 23/29

「あへあへ……☆」ベチャァ……

「心さん、白目向いてダブルピースしながら失神しちゃいましたー。よっぽど気持ちよかったんですねー♪」ナデナデ

モバP「はぁ……はぁ……さすがに疲れたわ……」

「プロデューサーさん、お疲れ様でしたー」ギュー

モバP「やべぇ、気持ちいいよぉ……幸せだ、生きててよかった……」

「ふふっ、明日からも、もぉーっとお仕事も頑張ってくださいね」

「頑張ったら、私がまたもぉーっと気持ちよくさせちゃいます♪」ボインッ

モバP「へへ、えへへへへ……」







モバP(俺は雫の爆乳を抱き枕にしてそのまま寝てしまった。幸せで一杯で、なんとも心地いい気分だった)

モバP(その日は休憩室で眠ったまま、雫がずっと付き添ってくれていたらしい。便器は一晩中気絶していたそうだ)

モバP(翌日、朝起きた俺を待ち受けていたのは、そんな心地よい幸せが全て吹っ飛ぶほどの出来事だった……)

24 : 以下、名... - 2020/11/20 00:15:28.46 QA4sFJbe0 24/29

翌日


モバP「あぁあああああああああ!!!!!!!!」ガクガクガクガク

モバP「痛いっ!!!痛いっ!!!!ちんこが痛いつ!!!!」ポロポロ

モバP「あぁああああああ!!!!!」ポロポロ

「プ、プロデューサーさん、どうしたんですかー!?」

「ひぃ!?プロデューサーのちんこが青い!いくらなんでもやべーだろ☆」

モバP「ちんこがっ!!ちんこが破裂するっ!!!」ジタバタ

「青くなったまま勃起してて、やばい……グロさがやばい……☆」ビクビク

「とりあえず救急車呼びますねっ!!」

25 : 以下、名... - 2020/11/20 00:16:03.31 QA4sFJbe0 25/29

モバP(救急車で搬送された俺は、そのまま緊急手術を受けた……)

モバP(ちんこが青黒く腫れた原因は牛用バイアグラの摂取だった)

モバP(牛の繁殖用薬は人間に耐えられる代物ではなかったのだ)

モバ(人が耐えられないほど血管が拡張し、今に至る……最悪の場合心臓発作等で死んでいてもおかしくなかったらしい)

モバP(結果、俺はEDになった……)


後日、事務所にて


モバP「あぁ……まだ20代半ばなのにEDなんて笑えねぇよ……」ズーン

「プロデューサーさんごめんなさいー、私が牛さんのバイアグラなんて紹介しなければ……」


26 : 以下、名... - 2020/11/20 00:16:35.28 QA4sFJbe0 26/29

モバP「いやいいんだ。それよりEDになっても寄り添ってくれる雫には頭が上がらないよ……」

「はい!プロデューサーさんが男としてどうしようもない欠陥を持っていても、プロデューサーさんはプロデューサーさんです↑ー♪」

モバP「雫、お前を一番の女に選んでよかったよほんと……」

「あっ、そうです!プロデューサーさんがEDになってもまだ気持ちよくなれる方法を見つけてきたんですよー」

モバP「なに!?本当か!?」

「はいー♪プロデューサーさん、ちょっと失礼しますねー♪」ガシッ

モバP「ん?どうしたんだ?急に俺を押さえつけるように前から抱き着いて……」







「よぉ☆」

27 : 以下、名... - 2020/11/20 00:17:07.02 QA4sFJbe0 27/29

モバP「!?!?佐藤!?」

「よくもはぁとの純潔をあんな形で奪ってくれたな、おい☆」

モバP「い、いやあれは……すまんっ!!俺がどうかしてたんだっ!!」

「許さねえよ☆オラ、これ何かわかる?プロデューサー」ブイィイイイイン

モバP「!?!?!?!?」

モバP(バイブ……?佐藤の奴、一体何を……?)

モバP(…………………………まさか)

モバP「し、雫っ!!離せっ!!離してくれっ!!」ジタバタ

「もぉー、暴れちゃだめですよー、プロデューサーさんー」ギュゥウウウ

「プロデューサーもメスイキしちゃお☆しろ☆」ブイィイイン

モバP「あ………あ……」ガクガク

28 : 以下、名... - 2020/11/20 00:17:46.87 QA4sFJbe0 28/29






モバP「アッーーーーーーーーー!!」







モバPはメスイキしかできない身体になり、心と雫のアナル便器になった。そして、その様子を嗅ぎつけた他の担当アイドル全員がモバPの後ろの穴を日々犯していった。
アイドルたちは活力を得てトップアイドルへと君臨。モバPは間接的にアイドルをトップへと導いたのであった。

29 : 以下、名... - 2020/11/20 00:22:27.65 QA4sFJbe0 29/29


終わりです。

しゅがはって力強いイメージあるけどそんな描写ありましたっけ?なんにしても雫を振り切る力はないかな。多分
当然男よりも華奢なので守ってあげたい雰囲気もありますよね。とりあえずしゅがはPさん雫Pさん本当にごめんなさい……
しゅがはも雫も好きですよ。この2人同じパッションだしユニットでなんか曲出ないかな……


過去作直近5つです

モバP「気がついたら9万が消えてたんよ…頭がおかしくなりそうなんよ」
https://ayamevip.com/archives/55170864.html

モバP「『忍』の一文字、思いださないで」
https://ayamevip.com/archives/55172568.html

モバP「マッチングアプリで女探す奴はバカ、情弱」
https://ayamevip.com/archives/55233025.html

モバP「やだああああ!!!!一緒に混浴入るんだあああ!!」
https://ayamevip.com/archives/55235631.html

モバP「骨折した……」
https://ayamevip.com/archives/55252149.html

記事をツイートする 記事をはてブする