1 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:28:04.700 3X1yHSZg0 1/29

「遅くなっちゃった……夜道は怖いなぁ」

ブロロロロ… キキッ

「?」

「よかったら家まで送っていくよ」

「ハイエース……!?」

「どうする?」

(私の人生……どうやらここまでみたいね)

「お願いします」

元スレ
男「よかったら家まで送っていくよ」女「ハイエース……!?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1606303684/

2 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:31:16.279 3X1yHSZg0 2/29

ブロロロロ…

「次は?」

「えーと、次は右で……」

「ここは?」

「まっすぐ行って下さい」

「分かった」

「あ、あそこのコンビニ曲がって下さい」

3 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:34:23.622 3X1yHSZg0 3/29

「ここでいいです」

「じゃあ、降ろすよ」

キキッ

「それじゃ、気をつけて帰ってね」

「はい、ありがとうございました!」

ブロロロロロ…

(あれ? 想定してた展開と違う……)

5 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:37:35.252 3X1yHSZg0 4/29

女友「ああ、それ? “送り屋”さんだよ」

「送り屋?」

女友「なんでもハイエースについた悪いイメージを払拭するために」

女友「ボランティアで人の送り迎えとかをしてるんだって」

女友「人柄もいいし、運転も上手いし、結構評判いいみたいよ」

「へぇ~」

6 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:41:16.307 3X1yHSZg0 5/29

塾生徒「ふぅ……やっと終わった。算数難しかったなー」

ブロロロロ… キキッ

「お待たせ」

塾生徒「送り屋さん!」

「さ、乗って。遅くなるとお父さんお母さんが心配するから」

塾生徒「うん!」

7 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:43:18.777 3X1yHSZg0 6/29

キキッ

「到着!」

塾生徒「送り屋さんいつもありがとう!」

「勉強頑張れよ!」

塾生徒「うん!」

「さて、次は……」

8 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:46:52.826 3X1yHSZg0 7/29

酔っ払い「ウ~イ……」ヨロヨロ…

酔っ払い「うぇ~っぷ」ヨタヨタ…

酔っ払い「飲みすぎちゃったぁ~っと……」フラフラ…

ブロロロロ… キキッ

「ずいぶん酔ってますね。この辺りは交通量も多いし、よろしければ送りましょうか?」

酔っ払い「え~、助かるなぁ~、ありがと~」

「なんの、もし車に轢かれでもしたら後味が悪いですから」

9 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:50:05.823 3X1yHSZg0 8/29

ブロロロロロ…

酔っ払い「うっぷ……」

酔っ払い「オエエエッ!」

酔っ払い(吐いたら、一気に酔いが覚めて……)

酔っ払い「すいませんすいませんすいません! 私ときたらとんでもないことを……!」

「お気になさらず。乗せる時からこうなることも想定してましたから」

「住所によると家はこっちでいいんですよね?」

酔っ払い「このお礼とお詫びは後日必ず……」

11 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:53:33.410 3X1yHSZg0 9/29

病人「ううっ……」

病人(胸が……苦しい……。しかし、声も出せない……)

病人(このまま……ここで死ぬのか……)

ブロロロロロ… キキッ

「あの、もしかして胸が苦しいのでは?」

病人(え、なんで……)

「声も出せないようですね。すぐ病院に送ります!」

12 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 20:57:13.428 3X1yHSZg0 10/29

医者「いやー、お手柄でした」

医者「もう少し処置が遅かったら、手遅れになっていたかもしれません」

「よかった……」

「では、俺はこれで」

ブロロロロロ…

病人(あのハイエースの運転手さんは命の恩人だ……)

13 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:00:30.389 3X1yHSZg0 11/29

「また遅くなっちゃった……。ったく、この辺街灯もっと明るくしてよね」

「絶好の痴漢スポットじゃない」

ブロロロロ… キキッ

(あっ、このハイエースは……!)ドキッ

「よかったら、また送っていこうか?」

「お願いします!」

ブロロロロ…

14 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:03:53.710 3X1yHSZg0 12/29

「あのー……送り屋さん」

「ん?」

「どうしてハイエースのイメージを払拭しようと?」

「俺はハイエースが好きなんだよね」

「大きさ、フォルム、安全性……全てにおいて高水準だ」

「そんなハイエースに変なイメージがついちゃってるのが、悲しくてね」

「だから、こんなことを始めたんだ」

「最初はかえって怪しまれたけど、だんだん常連さんもできてきて……」

「……」

15 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:06:02.341 3X1yHSZg0 13/29

「ここでいいよね?」

「はいっ、ありがとうございました!」

「それじゃ!」

ブロロロロロ…

(もっと乗っていたかった……)

(家じゃないところに送って欲しかった……)

16 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:09:37.415 3X1yHSZg0 14/29

ブロロロロロ…

「……」

(あの人、なかなか可愛いよな)

(おっと、何を考えてるんだ! こういう邪心を持ったら、俺は送り屋失格だ!)

(自分を厳しく戒めないと!)

「そうだよな、ハイエース!」

18 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:14:24.182 3X1yHSZg0 15/29

(あれからなかなか会えないなぁ……)

(いつも色んな人の送り迎えをしてるからしょうがないけど……)

女友「おーい!」

「……」

女友「もしもーし!」

「……」

女友「ブロロロロロ……」

「ハイエース!?」バッ

「って、なーんだあんたか。紛らわしいなぁ」

女友「こりゃ重症だわ」

19 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:17:13.249 3X1yHSZg0 16/29

ある夜のこと――

ブロロロロ… キキッ

「?」

(車……ハイエースじゃないようだけど……)

茶髪「よかったら、送ってくよ?」

(やっぱり違う人だ……残念。だったら……)

「いえ、結構です」

20 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:20:14.351 3X1yHSZg0 17/29

茶髪「今度送り屋に会わせてあげるといっても?」

「!」

「あなたは送り屋さんの知り合い?」

茶髪「うん、あの人はちょうど先輩に当たるんだ。ちょくちょく会ってる」

「私、あの人に会いたいんです! だったら乗せて下さい!」

茶髪「オッケー」ニコッ

21 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:23:36.173 3X1yHSZg0 18/29

ブロロロロロ…

「次の角を右です」

茶髪「……」

「もしもし?」

茶髪「……」

「あの、家からどんどん離れてってますけど……」

茶髪「お前アホかァ? 俺は送り屋なんて知らねーよ!」

「え……!」

22 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:26:05.969 3X1yHSZg0 19/29

茶髪「この辺りで評判のハイエース乗りがいるっていうから、ちょっと名前出してみたら」

茶髪「まさかこうも簡単に引っかかるとはなァ! このまま人のいねえとこに連れてってやるぜ!」

「そ、そんな……」

(車から出なきゃ! 飛び降りてでも――)サッ

茶髪「おーっと」バチバチッ

「あぐっ!?」

茶髪「スタンガンだ。気絶するほどじゃねえが、しばらくは痺れて動けねえ」

「ううっ……!」

(なんてバカなの……私!)

23 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:29:07.214 3X1yHSZg0 20/29

ブロロロロ…

「さて、今日はもう帰るか。ハイエース、今日もお疲れさん」

「ん?」

ブロロロロロ…

(今すれ違った車……助手席にぐったりした彼女が――)

「まさか!?」

「ハイエース、すまないがもう一働きしてくれ!」

ギュルルッ!

24 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:32:56.762 3X1yHSZg0 21/29

ブロロロロ…

「……」

茶髪「どうやら観念したようだな。今日はいい拾いモノしたぜ」

茶髪「ん……? 後ろから……?」

茶髪「なんだありゃ……!」

茶髪「ハイエースが追いかけてきやがった!」

「!」

25 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:34:33.437 3X1yHSZg0 22/29

茶髪「ふざけんな! 追いつかれてたまるかい!」グンッ

「きゃああっ!」

ブオオオオオッ!



(スピードを上げた……逃げ切るつもりか……)

「そうはさせない!」

ブオオオオオッ!

26 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:37:57.313 3X1yHSZg0 23/29

ブロロロロロロ…

茶髪「へへへ、この峠は俺のホーム……もうミラーにも映らねえ……」チラッ

茶髪「ゲ!?」

茶髪(余裕で追いついてきやがる!)



ハイエース「……」ギャルルッ!



茶髪「しかも華麗なドリフトまで決めやがって……クッソなんて奴だ!」

28 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:40:30.646 3X1yHSZg0 24/29

ブオオオオオッ!

茶髪「ハッ!?」

茶髪「まずい、スピード出しすぎて――!」

茶髪(このままじゃ崖の下に――)

「いやぁぁぁぁぁっ!」

「ハイエース!」グイイイッ

ギュオオオオオオッ! ギャルルルルルルッ!

30 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:43:23.863 3X1yHSZg0 25/29

フワッ…

茶髪「な……!?」

茶髪(ハイエースがスピンしまくって、その遠心力で俺の車をふわりと止めた……!)

茶髪(自分でもなに言ってんのか分かんねーけど……助かった……)

「ふぅ……」キキッ

「もう大丈夫だよ」ガチャッ

「ありがとうございます!」

「さて……」ギロッ

茶髪「ひっ!」

31 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:46:09.952 3X1yHSZg0 26/29

「俺は“送り屋”ってもんだ」

茶髪「あ、あんたが……!」

「お前のような女性を拉致するクズは――」

「地獄へ送ってやろうか!?」ギロッ

茶髪「ひいいいいいっ!」

「それが嫌なら……警察署に送ってやる」

茶髪「署で! 署でお願いします! 今までの余罪も全部白状しますぅぅぅぅぅ!」

32 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:49:10.954 3X1yHSZg0 27/29

ブロロロロ…

「危ないところだったね」

「ありがとうございました……」

「俺も迂闊だったよ。評判が立てば、ああいう奴も出るってことに気付かなかった」

「いえ、そんな……」

「このまま今日は送っていくよ。いつもの場所でいいね?」

「……」

35 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:52:21.912 3X1yHSZg0 28/29

「私……帰りたくない」

「え」

「このままどこかに連れてって……」

「そういわれても……」

(お願い、ハイエース……私の願いを叶えて!)

プスンプスン… ガクガク…

「なんだ? 車が急に止まって……」

「どこも異常はないのに、どうして……!」

36 : 以下、5... - 2020/11/25(水) 21:55:29.737 3X1yHSZg0 29/29

「ここは――ラブホテル!?」

(やった……願いを叶えてくれた!)

「……」

「え、えぇと……」

「よかったら、今夜はここに泊まっていかない?」

「はい、イエース!」







END

記事をツイートする 記事をはてブする