1 : 以下、名... - 2020/11/21 17:03:37.30 lZV+uyxB0 1/10

キャラ崩壊注意



アーニャ「ンミナミィ、『ブラコン』ってなんですか?」

美波「ブラザーコンプレックスって言葉の略称で、兄弟のことが大好きな人のことよ」

アーニャ「アー……ミナミのこと、ですね?」

美波「えっ!?いや、私はブラコンじゃないわよ?アーニャちゃん」

アーニャ「ミナミは弟さんのこと嫌いですか?」

美波「もちろん大好きだけど……一般的な家族愛の範疇よ」

アーニャ「でも、毎日ラインで必ず一回はやり取りしてるのは……」

美波「やだ、そんなの仲の良い姉弟なら当たり前なのよ?」

元スレ
【モバマス】美波「私がブラコンだという風潮」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1605945816/

2 : 以下、名... - 2020/11/21 17:04:31.43 lZV+uyxB0 2/10

美波「ねぇ、未央ちゃん?」クルッ

未央「いやぁ……別にそんなことないと思うなぁ」

美波「そうよね。私ブラコンじゃないわよね」

未央「そうじゃなくて、毎日ラインはヤバいと思いますけど」

美波「あら……未央ちゃんの所はあんまり姉弟で仲が良くないのね……」

未央「ダメだこの人」

3 : 以下、名... - 2020/11/21 17:05:05.21 lZV+uyxB0 3/10

「ははは、こんな調子じゃ、弟君に彼女ができた時が心配だな」

美波「は……?」

「え?」

美波「彼女なんてそんな……弟はまだ高校生ですよ?」

「もう高校生の間違いじゃないか?」

「それにこの前、美波の家に挨拶に行ったときに見たけど……弟君も美波に似て美形だったしな。学校じゃモテモテだろ。実はもうとっくの昔に彼女できてたりして」

美波「あぁ……!?」

4 : 以下、名... - 2020/11/21 17:05:32.65 lZV+uyxB0 4/10

帰り道


美波(そ、そんなわけないわよね……弟君がそんな高校生で彼女作るような不埒な子なわけないし……百歩譲って彼女を作るんだとしても、絶対最初に私に相談するはず)スタスタ

美波(あ、そんなこと考えてたら弟君だ。帰る時間被るなんて久しぶり……ラッキーだな)

美波「おーい……」


「でさ……」

女子「へぇ……」


美波(弟君が知らない女の子と一緒に帰ってるーっ!?!?!?)ガビーンッ

美波「弟君っ!!」バッ

「げぇっ姉ちゃん!」

女子「わっ、新田美波……新田君のお姉さん!?あ、あのはじめまして、私新田君と同じ部活の……」

美波「ごめんね~!!今日二人でスーパー寄って帰ることになってるの!!それじゃあね!!」グイッ

「はぁ!?何を……」ズルズル

5 : 以下、名... - 2020/11/21 17:06:04.86 lZV+uyxB0 5/10

美波「だ、誰あの子!」

「誰って、同じ部活の子だよ……」

美波「付き合ってるの!?」

「つ、付き合ってないよ……まだ」

美波「まだって言った!今まだって言ったァ!ってことはその気があるの!?ねぇ!!」

「向こうはどうかは分かんないけど……俺は……」カァ

美波(あなたと二人で一緒に帰ってその気にならない女の子なんているわけないでしょ!?鏡見たことないのかしらこの子!)

美波「だ、ダメだからね彼女なんて!弟君はまだ子供なんだから……!」

「はぁ?なんでそんなの姉ちゃんに決められないといけないんだよ……」

美波「大体、女の子とお話したいならお姉ちゃんとお話すればいいでしょ!」

「っ、女の子なら誰でもいいわけじゃなくて……あの子と話したいんだよ……」

美波「きゃあっ……そんな台詞絶対あの子に言っちゃダメだからね!絶対!」キューンッ

6 : 以下、名... - 2020/11/21 17:06:30.91 lZV+uyxB0 6/10

美波「……みたいなことになってるんですよ!どうしたらいいと思いますか?」

『どうもこうも……見守ってあげれば?』

美波「でも、高校生同士で付き合うなんて……」

『そりゃまあ心配になる気持ちも分からんでもないが……その恋がどうなったって、弟君が傷ついたって、あるいは傷つけてしまったとしても、その傷はきっと二人が成長するために必要な傷なんだ。美波は家族として、それを見守ってあげるべきだと思う』

美波「そういうのじゃなくて、彼女ができたら弟君が私に構ってくれる時間が減るじゃないですか!」

『あらためてよくブラコンじゃないとか言えたね君』

美波「ただでさえ最近、ちょっと避けられるようになってるのに!プロデューサーさんが取ってきた、ライトノベルのヒロインの仕事受けてからですよ!弟君、喜んでくれると思ったのに……これ、プロデューサーさんのせいですからねっ!」

『いや俺のせいか?俺のせいじゃなくない?俺のせいじゃないってことにできない?』

7 : 以下、名... - 2020/11/21 17:06:57.88 lZV+uyxB0 7/10

事務所


「ひゃあ~美波のブラコンには困ったもんだよ本当。弟君がちょっと不憫だな」

アーニャ「……私に良い策があります」

「おっマジ?頼むわ」


アーニャ「ミナミはやっぱりブラコンです」

美波「もぉ……アーニャちゃんったらまたそんなこと言って……」

アーニャ「このままでは誰も幸せになりません……なので!ミナミにはブラコンではなくシスコンになってもらいますッ!」バッ

美波「へ?」

アーニャ「お姉ちゃん大好きっ」ムギュッ

8 : 以下、名... - 2020/11/21 17:08:03.50 lZV+uyxB0 8/10

 気付くと私は映画館に居た。客席には他に誰も居ない、私だけがその空間と一枚の光を一人占めにしていた。不思議と居心地は良かった。柔らかなシートは私の背中をしっかりとうずめ、上映が終わるまで私はここに座っていてよいのだという気分にさせた。同時に、上映が終わればここを立ち去らなくてはいけないことを、私は理解していた。

 スクリーンはゆっくりと、それでいて目まぐるしく映すものを変える。その映画は不思議な物で、私がそれをよく見たいと思うほどゆっくりになり、そうでなければ一瞬で過ぎていった。

 そしていつかの記憶が映し出された。

「今日友達に、『あの新田美波の弟なんて、お前は前世で国の一つや二つ救ってたんだろうな』って言われたよ」

 いつか弟との会話の中で聞いた言葉だ。私の弟になるくらいで国を救わなければならないのならあなた達の姉になれた前世の私は、きっと地球を救っていたんだと思う。

 そしてその映画は、ついにエンドロールを迎える。

「19年か……」

 そう呟きながら、ついに席を立つ。寂しかったけれど、その足取りに後悔はなかった。幸せな19年だった。だけど私は幸せを受け取るばかりで、それに値する何かを返せていた気はしない。地球を救うような徳にはほど遠い。心残りといえばそれくらいだろうか。

 願わくば、来世でも、あなた達のお姉ちゃんに————

9 : 以下、名... - 2020/11/21 17:08:37.36 lZV+uyxB0 9/10

美波「……」カクンッ

アーニャ「ミナミィーッッ!!」ドサッ


未央「今日も事務所は平和だね」

「そうだな」



  ーおしまいー

10 : 以下、名... - 2020/11/21 17:09:06.60 lZV+uyxB0 10/10

以上になります。

美波は他のアイドルよりしっとりしてるから弟愛もしっとりしてそう。流石にここまで重くはないだろうけど世間一般のそれよりは確実に思いはず。

最後の地の文は 奏「Pさん、アンタの作る世界にゃあ糞映画はあるかい?」 からパクりました。チェン奏マン好き。

関連してるようなしてない過去作

藍子「お兄ちゃん」P(心臓を撃ちぬかれる音)【モバマスSS】
https://ayame2nd.blog.jp/archives/18886594.html

ありがとうございました。

記事をツイートする 記事をはてブする