1 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:16:56.78 fSnfC3ne0 1/15

「以前に行ったケーキバイキングは最悪だった」

「あの味のないクリーム、生地、紅茶…添加物&添加物&添加物」

「思い出すだけで腹が立ってくる」プンスコ

「雪歩に以前聞いたよ」

「どうして食べ放題に行かないのかって」

雪歩『食べ放題に質を求めるのは間違い。でも高いお店すべてが美味しいわけじゃない…だからこそ、自分にとって最高のお店を探す楽しみがあるんだよっ!!』

「あの日から一人ケーキやめぐりが始まった…」

「今日はこの小さなお店に入ってみよう」



2 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:18:44.96 fSnfC3ne0 2/15

カランコロン

店員「いらっしゃいませー」

「(どうやら家族で経営しているお店みたいだ。奥で夫婦らしき男女がケーキを作っている)」

「ケーキ屋めぐりは静かだ…誰にも邪魔されない」

「テーブルが2つくらいしかないお店が一番。このお店はドンピシャ」

娘店員「(真王子の一人スイーツだ)」ハァハァ

「(まずは、ケーキを選ぶ…ようなことはしない)ショートケーキとダージリンティーを」

「店内で」キリッ

娘店員「はいぃっ、しばらくお待ちください///」

「ありがとうございます」

娘店員「///」

「長期戦になるから、これくらいのサービスは当然」


3 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:19:40.04 fSnfC3ne0 3/15

「椅子とテーブルはクッションのある木製」

「以前行ったお店は鉄製のアンティーク用のテーブルが置いてあった」

「そもそもお店で食べることを想定していなかったらしい」

「いまでは菊池真の座った席として人気があるらしいけれど、あの椅子は痛かったよ」

「ふむ…合板じゃない一枚ものの木のテーブルか…お客がここで食べるのを想定して、そして品のいいものを選んである」

「雰囲気は最高」

娘店員「ショートケーキと紅茶になります」

「紅茶はティーポットで来るのか…大きさ的に3杯はいけそう」

「紅茶をカップに入れると熱くてもてなくなる」

「それもまたいい…カップが持てるようになるまでゆっくりしてくださいってこと」

「ん~いい香り」

「そしてメインのショートケーキは」


7 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:22:39.18 fSnfC3ne0 4/15

「クリームは完璧な色、艶、そして形」

「切り口も綺麗に整っている。ショートケーキはそのお店の実力を簡単に知ることができる。一番数が出るショートケーキが美味しければ、たいていのケーキはおいしい。例外もあるけれど」

「別の例外だと、過去に切り口がぼろぼろのお店があった。でも味は一級品。いまだに通い続けている」

「このお店のショートケーキは、2層の間にクリームとイチゴのカットが挟まっているタイプ。クリームの層は大き目でイチゴのカットはスライス」メモメモ

「表面積が増えて酸化しやすい分味が落ちる、リスクのあるカット。でも切りやすい、食べやすいからメリットは大きい」

「クリームに空気があると酸化しやすくなるから、クリームの出来に左右される」

「酸化を防ぐにはクリームの密度を高くして空気の侵入をストップする必要がある」

「そうすると味の濃いしつこいクリームになってしまう。そもそもクリームの層を大きくとるには密度を高くせざる負えない」

「このお店のクリームは僕を満足させることができるクリームだろうか」

娘店員「(真王子がケーキを真剣に眺めて独り言いっている…かっこいい!!」


10 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:26:33.85 fSnfC3ne0 5/15

「そういえば上に載っているイチゴは普通のいちごだ。たまにコーティングされていることがあるけれど、あれは歯につくから僕は嫌いだ」

「いざ一投目」

「ここまで弾力のあるスポンジは初めてだ」

「クリームもフォークで弾力を感じるくらいだけれど、スポンジの弾力がすごい」

「よく見ればスポンジの目が少し荒い」

「(切った瞬間にサクっていう音とともにすごくいい香りがした気が…)」

「さぁ、一口目…」

「(おいしい!!)」モコモコ

「ケーキは柔らかいほうが美味しいなんて思っていた」

「コンビニのケーキとかは固いしまずいから、固い=まずいっていう方程式が出来上がっていた」

「でもスポンジのいい香りが鼻孔に広がって、そのあとでイチゴの酸味とクリームの濃厚な甘みが広がる。重厚な味わい」


11 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:27:13.78 fSnfC3ne0 6/15

「イチゴは、とちおとめ。おいしい~ん~///」

娘店員「~~///」

店の外
美希「真クンがケーキ食べているの」

「さっきから呟いているみたいだし、関わらない方が…」

貴音「いまはそっとしておきましょう…私には気持ちが分かります」



「生地もクリームもしっかりとした味なのにしつこくない。その理由は」

「生地の目の粗さ、か」

「生地が荒いから実はそんなに量がない」

「しつこいと感じる前に食べ終わらせる」

「ここまでバランスのとれたケーキは初めてだ」

「でも僕はまだ満足できない」

「このお店の得意分野はわかった。ならチーズケーキはどうするか。すいません、チーズケーキをください」


16 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:30:38.99 fSnfC3ne0 7/15

娘店員「はい、こちらが当店のチーズケーキです」

「え?」

「見た目からしてシュワシュワ」

「さっきの弾力のある生地とは正反対」

「どうしてこんな実力を持ったパティシエが!!」

「ん?あのトロフィーは?」

『テレビチャンプ スイーツ王決定戦 王者』

「まさかっ!!」ガタッ

「食べる側のチャンプ!?パティシエ王決定戦じゃなくて!?」

「食べる側からパティシエ側に!?そんなことがっ!!」

「自分が求める究極を作るためにっ!?」

「っと落ち着かなきゃ。まずは目の前のチーズケーキを」


19 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:33:38.73 fSnfC3ne0 8/15

「すごい…」シュワシュワシュワ

「フォークを入れた瞬間からシュワシュワと音を立て、そしてフォークより少し先が自然に切れていく感覚。お皿にフォークが達して、ティンと乾いた音が鳴る…すごいや」

「そして、ナパージュもレーズンも、土台も、なにもない」

「純粋にチーズケーキを楽しんでくださいということですか…へへっ…すごいや」

「僕もいつかはありのままの姿をファンに見てもらいたいな」

娘店員「(それだけはやめて)」

「さぁ、一口目」

「はわぁ…舌で転がすだけで溶けていく柔らかさ、そして冷たさ」

「冷やして食べるタイプのチーズケーキ。もはやスフレの領域」

「焼いてから冷やす工程にどんな魔法があるのか分からないけれど、きっとすごい魔法がかけられているはず」

「レモンのようなさわやかな香りの後に、チーズケーキ特有の甘さ」

「唾液があふれてきて、口いっぱいにケーキの味が広がる」

「ついつい奥歯と舌と頬の4方向でとらえて、溶かしたくなる」

「自分でもニヤニヤしているのがわかるくらいおいしい」

「今度みんなに教えてあげよう」


21 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:34:50.97 fSnfC3ne0 9/15

「さぁ、3回戦目。あんまり長いすると、迷惑になるかもしれないし、何よりファンが集まるとお店に迷惑をかける」

「あと、2つくらいかな」

「まずは…これはザッハトルテか。こんなのも置いてあるんだ」

「これください」

娘店員「店内で召し上がるお客様にだけクリームを添えていますが、いかがいたしますか?」

「つけてください」

娘店員「はい、少々お待ちください」

「ザッハトルテか」

「さっきまでとは打って変わって、切る角度が小さい」

「それだけ味が濃いから小さいほうがいいということかな」

「クリームは後でつけてみよう」


22 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:36:28.87 fSnfC3ne0 10/15

「わぁ、パキッって音がするくらい、チョコレートのコーティングがしっかりしている」

「それに生地はショートケーキと同じでしっかり力を入れないと切れない」

「あの生地がバターとチョコレートに出会ったらどうなるのか」

「はむ…くぅ~っ//」

「甘いよっ!甘すぎるよ!チョコレートの香りに包まれているみたいだ!」

「モフモフしているみたい」

「そしてなにより杏ジャムが間欠泉のように舌を刺激してくる」

「だからいつまでたってもチョコレートを味わえるし、飽きない!」

「モフモフー」

「クリームは、やっぱり箸休めのための砂糖なし。ショートケーキのときとちがって絹のような滑らかさ」

「ザッハトルテのもさもさ感を和らげて、よりもふもふかんを高める」

「それに甘さが少し和らぐおかげで、チョコレートの濃厚な香りを楽しむことができる」

「杏ジャムも伊織とプロデューサーみたいな喧嘩はしない」


25 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:39:06.75 fSnfC3ne0 11/15

「すいません、お会計をお願いします」

娘店員「はい」

「ありがとうございました」
カランコロン
「一人ケーキは僕にとって最高の楽しみ、最高の癒し、次はどこにいこうかな」

雪歩「あ、真ちゃん」

「雪歩、いまからどこか行くの?」

雪歩「焼肉に」

「そっか。僕はちょうどケーキ屋に行ってきたところだよ」

雪歩「そっか。おいしかった?」

「うん、最高だったよ。今度持ってきてあげるね」

雪歩「ありがとう。それじゃあ、私は焼肉に行ってくるね」

真_一人スイーツ_END

次回、音無小鳥の一人>>30


30 : 忍法帖【Lv=30,xxxPT】(1+0:15) - 2013/10/26(土) 19:43:37.94 nS2AYp0s0 12/15

遊園地


34 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:45:59.50 fSnfC3ne0 13/15

一人焼肉と一人ケーキ屋はしたことあるが
流石に一人遊園地はしたことないなぁ

今夜中に行けそうならまた立てるのでよろしく


37 : 以下、名... - 2013/10/26(土) 19:51:04.47 fSnfC3ne0 14/15

焼肉はあとあと考えてみると
ハラミの話が矛盾していた
タレ付きハラミにはタレが染み込みすぎて、別のタレをつけるとまずくなるって説明しておきながら
でもあのお店のタレ付きハラミは味が薄いから、別のたれをつけられそうとふって
雪歩はなぜかタレつきハラミに味噌ダレをつけずに食べてしまった
申し訳ない
あの後勝手に味噌ダレつけて食べたってことにしておいてください



【関連】

雪歩「金曜日の一人焼肉」
https://ayamevip.com/archives/55143460.html

記事をツイートする 記事をはてブする