1 : 名無しさ... - 20/10/13 22:43:51 o3I 1/29


野々原茜「待て待てぃっ!」

北上麗花「どうしたの?」

「茜ちゃん未成年。お酒ダメ、ゼッタイ。オーケー?」

麗花「もう、そんなこと、ちゃんとわかってるって」

元スレ
野々原茜「デュオ結成記念」北上麗花「宅飲み♪」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1602596631/

2 : 名無しさ... - 20/10/13 22:46:40 o3I 2/29


「ふぅ、安心したよ。それで、何買ってきてくれたの?」

麗花「じゃーん! ノンアルコールビール!」

「……うん? それって、茜ちゃん飲んでもいい……よね?」

麗花「世間が許さなくても、私が許すから大丈夫だよ」

「それ大丈夫じゃないからね!」

3 : 名無しさ... - 20/10/13 22:49:30 o3I 3/29


麗花「それと、他には……」ガサガサ

「すっごくいっぱいあるね」

麗花「ノンアルコールチューハイでしょ」

「うん?」

麗花「それにノンアルコールサワー、ノンアルコールワイン、ノンアルコール梅酒……」

「そんなのあるの!? というか、ノンアルコールって付くものばっかり!」

4 : 名無しさ... - 20/10/13 22:50:47 o3I 4/29


麗花「あと、ノンアルコールオレンジジュースに、ノンアルコールグリーンティー」

「ノンアルコールって言わなくていい! 最後のはただの緑茶!」

麗花「ちゃんと抹茶も入ってるやつだよ」

「ちゃんと!? たしかにお抹茶好きだけど! 入ってなくてもちゃんとしてないってことないからね!」

麗花「茜ちゃん、どれにする?」

5 : 名無しさ... - 20/10/13 22:51:48 o3I 5/29


「……じゃあ、ノンアルコールグリーンティーで」

麗花「茜ちゃん……」

「なに?」

麗花「何言ってるの?」

「麗花ちゃんが言ったことそのままだよ!」

6 : 名無しさ... - 20/10/13 22:55:01 o3I 6/29


麗花「冗談冗談♪ はい、どうぞ」ドンッ

「ありがとう。コップは?」

麗花「?」

「いや、キョトンとしないで。流石に2リットルは一人では無理だからね?」

麗花「あ、そうなんだ。ちょっと捜索してくるね」

「ちゃんと片付けといてよね。机の上だけ綺麗にすればいいってもんじゃないからね」

7 : 名無しさ... - 20/10/13 22:56:32 o3I 7/29


麗花「おまたせー」

「お菓子広げておいたよーって、え?」

麗花「はい、ストロー♪」

「いやいや、茜ちゃんがコップちょうだいって言ったの、飲みきれないからだよ? 持てないからじゃないよ?」

麗花「残った分は私があとで飲むから平気平気」

8 : 名無しさ... - 20/10/13 23:01:57 o3I 8/29


「そういう問題じゃなくてさ……あと、この長さのストローだと上の方しか届かないよ」

麗花「肺活量があればいけるよ」

「麗花ちゃんならともかく……って、やったことあるの!? しかも出来ちゃうの!?」

麗花「冗談冗談♪ はい、コップ」

「後ろの棚にあった!」

9 : 名無しさ... - 20/10/13 23:03:37 o3I 9/29


麗花「取りに行ったあとに気づいて、でも捜索するって言っちゃったから、代わりに、ね♪」

「……じゃあ、ストローも貰うね」

麗花「どうぞ。めしあがれ」

「……ということで、デュオ結成、おめでとう!」

麗花「おめでとう!乾杯!」

「乾杯!」カツ

10 : 名無しさ... - 20/10/13 23:05:38 o3I 10/29


麗花「チーンって鳴らなかったねー」

「缶とプラスチックのコップでそんな音が鳴ったらびっくりしちゃうよ」

麗花「それで、どう?」

「曲のこと? ユニットのこと? 最近の調子のこと? この部屋のこと?」

11 : 名無しさ... - 20/10/13 23:06:53 o3I 11/29


麗花「ううん。緑茶の味」

「そっちかー。そーだねー、おいしーよー」

麗花「侘びを感じる?」

「風を感じる? みたいに聞かなくてもよくない?」

麗花「ところでさ、新ユニットのことなんだけど」

「よし、ようやく本題だね。何かな何かな?」

12 : 名無しさ... - 20/10/13 23:08:17 o3I 12/29


麗花「あ、プリンもらうねー」

「どうぞ。それでそれで?」

麗花「ぅん? はぁに?」

「麗花ちゃんが!ユニットの話題を振ったから!茜ちゃんが聞こうとしてるの!」

13 : 名無しさ... - 20/10/13 23:09:42 o3I 13/29


麗花「ああ、そうそう。サビからAメロに入るときの振り付けだけど、私と茜ちゃんだと身長差があるから、振りかフォーメーションをちょっと弄った方がお客さんから映えて見えるんじゃないかな?」

「この流れでめちゃんこマジメな相談来ちゃった!」

14 : 名無しさ... - 20/10/13 23:11:39 o3I 14/29


麗花「ほぅおもふ?」

「そうだねー。そういう視点でしっかり見てないからわかんないけど、身長差は利用したいよね」

麗花「こおりのみたいに?」

「氷?何それ?」

麗花「シェリチェリって言ったらわかる?」

「ああ……って、それを言うなら、このりお! ごちゃ混ぜになっちゃってたよ!」

15 : 名無しさ... - 20/10/13 23:12:41 o3I 15/29


「ちなみにさ、麗花ちゃんはどんな振り付けをしたいの?」

麗花「今まで誰もやったことのない、斬新な振り付けしたくない?」

「お!いいね、いいね~。何かな何かな?」

麗花「例えば、茜ちゃんが私の太ももに足をおいて、私は茜ちゃんの膝あたりを持って」

「んん?」

麗花「それで茜ちゃんは手を横に広げるの、これすごくない?」

16 : 名無しさ... - 20/10/13 23:13:44 o3I 16/29


「……サボテン?」

麗花「すごーい!よくわかったね!」

「いやいや、無理だって!茜ちゃん、裸足で踊らなきゃいけなくなっちゃうよ!」

麗花「それじゃあ、私が茜ちゃんを肩車して……」

「いやいや、組体操から離れよう? それはいろいろと無茶だから」

17 : 名無しさ... - 20/10/13 23:14:55 o3I 17/29


麗花「ええー、じゃあ三点倒立もダメだね」

「それはそもそもやったことないよ」

麗花「もう、しょうがないから、サックスにしよっか」

「うん? それは元々の振り付けに入ってるよ?」

麗花「それはエアサックス。私が実際にぷっぷかぷー!って吹くんだよ。楽しそうじゃない?」

18 : 名無しさ... - 20/10/13 23:16:16 o3I 18/29


「……茜ちゃんは、サックスソロカモーン!ってやればいいのかな?」

麗花「茜ちゃん!」

「え?なに?」

麗花「パクリは怒られるよ?」

「ごめんなさい……ってこの場合誰に怒られてるの?」

19 : 名無しさ... - 20/10/13 23:17:50 o3I 19/29


麗花「ところで、このすっぱいのが混じってるロシアンルーレット的な駄菓子は何?」

「全部言っちゃってるじゃん! いや、ユニット名がTRICK&TREATだからね」

麗花「お菓子をくれたらイタズラしゃうぞ♪」

「うんうん……あれ? 流石にうざくない? 大丈夫かな、このユニット名」

20 : 名無しさ... - 20/10/13 23:19:23 o3I 20/29


麗花「大丈夫大丈夫。一部界隈ではイタズラはご褒美だから」

「まあたしかに、毎日のように亜美ちゃんと真美ちゃんにイタズラされてるプロちゃんは喜んでるし」

麗花「ヘンタイデューサーさんだね♪」

「ま、そこで茜ちゃんなりのTRICK&TREATってこと。さぁさぁ、やろうではないか」

麗花「負けないよ!」

21 : 名無しさ... - 20/10/13 23:20:26 o3I 21/29


「じゃんけんポン!」

麗花「はい、茜ちゃんが先攻~」

「くぅ、3つしかないから、茜ちゃんの確率のが高くなっちゃった……」

麗花「めしあがれ♪」

「じゃあ……真ん中!いただきます!」パクッ

22 : 名無しさ... - 20/10/13 23:21:36 o3I 22/29


麗花「……」

「……セーフ」

麗花「なんだー、つまんない。芸人なら一発で当てないと」

「茜ちゃんはアイドル! もう、次は麗花ちゃんだよ!」

麗花「はーい、いただきまーす!」パクッ

「もうちょっと迷ってよ」

23 : 名無しさ... - 20/10/13 23:22:21 o3I 23/29


麗花「……」

「……どう?」

麗花「これおいしいね♪」

「みぎゃー!」

24 : 名無しさ... - 20/10/13 23:23:22 o3I 24/29


麗花「さぁ、最後の1個だよ」

「くぅっ、わかってて食べるのは辛いよ……覚悟は出来るけど」

麗花「ささ、どうぞどうぞ」

「……いただきます!」パクッ

25 : 名無しさ... - 20/10/13 23:24:11 o3I 25/29


「……」

麗花「……」

「あれ?」

麗花「どうしたの?」

「甘い……すっぱいのは入ってなかったのかな?」

26 : 名無しさ... - 20/10/13 23:25:31 o3I 26/29


麗花「あ、それ私が食べたよ」

「えっ? おいしいって言ってたよね?」

麗花「すっぱくておいしかったよ♪」

「麗花ちゃん、ちゃんとすっぱいのリアクション取ってよ! 茜ちゃん無駄にドキドキしちゃったよ!」

……

27 : 名無しさ... - 20/10/13 23:27:46 o3I 27/29


麗花「あ、もうこんな時間」

「本当だねー、ダラダラしてるだけでこんなにたっちゃったねー」

麗花「今日はどうだった?」

「なんやかんやで楽しかったよ。これから一緒のお仕事が増えるのも楽しみだって思ったよ」

麗花「茜ちゃん……! なんていい子なの」

「もう、そう言う麗花ちゃんはどうだったのさ?」

28 : 名無しさ... - 20/10/13 23:28:38 o3I 28/29


麗花「普通だったよ♪」

「麗花ちゃん的に最高の感想ありがと。これからもよろしくね♪」

おわり

29 : 名無しさ... - 20/10/13 23:35:42 o3I 29/29

TRICK&TREATというより、ぷっぷかプリンSSでした。
コミュも曲のfullver.も楽しみです。

完結報告してきます。

記事をツイートする 記事をはてブする