1 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 19:42:56.27 3+Fm+95g0 1/32

─朝

「…ふぁ~あ、よく寝た~」

「ん?何かお尻に違和感…」モゾモゾ

「こ…これは!?…ネコのしっぽ?」



2 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 19:47:41.06 3+Fm+95g0 2/32

「まずい…こんなもの唯先輩とかさわ子先生にでも見られたら…」

~~~~

『あ~!しっぽ!これで本当のあずにゃんだね!』ギュッ

さわ子『しっぽだけじゃバランス悪いでしょ?はい、ネコミミ』カチャ

『ほらほらあずにゃん、ネコさんは語尾に「にゃ」ってつけなきゃ~』

さわ子『しっぽがあると制服着づらいでしょ?なんなら私が特製の制服つくってあげるわよ!』

~~~~

「あわわ…何とかしないと…」


5 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 19:52:14.07 3+Fm+95g0 3/32

「まずは触ってみよう…」

「!…やっぱり感覚はあるね…」

「動かせるのかな?」

「うーん!うーん!」グググ

「…はぁ~、動かし方が分らない」


7 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 20:05:39.92 3+Fm+95g0 4/32

「…っていうかこんなの生えてて登校できるのかなぁ?」

「スカートじゃあ隠せない…ね」

「せめてしっぽをお腹に巻きつけることができれば問題なく隠せるのに…」

「…どっかの戦闘種族みたい」

「はぁ~…学校行きたくない」


8 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 20:13:24.53 3+Fm+95g0 5/32

「ふん!」ピン

「おお!大分コントロールが効くようになってきた!」

「あ、もうこんな時間…起きなきゃ」

「しっぽのこと、家族には話すべきか…」

「…気づかれたらでいいか」


12 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 20:22:50.08 3+Fm+95g0 6/32

「案外気づかれなかった、まぁちゃんと隠せるように練習したし」

「これなら学校行っても大丈夫そうだね」

「授業受けときたいし、部活動だってしたいし」

「…よし、着替え完了!」

「うん、これなら多分ばれないよ」


14 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 20:34:18.13 3+Fm+95g0 7/32

─道端

「あ、人間だにゃ」

「ん?何か聞こえたような…」

「あ、ネコ」

「…な、撫でてもいいかな?」ソーッ

「フシャー!」

「あ、ごめん…」

「なんかあの人間は好かないにゃ…」

「?…幻聴?私けっこうヤバいのかな…」


15 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 20:45:29.70 3+Fm+95g0 8/32

─学校

「おはよー梓ちゃん」

「おはよ、憂」

「おはよう二人ともぉ!」

「純ちゃんもおはよう」

「…」

「梓は言ってくれないの?」

「えー、いちいち面倒臭いじゃん」

「ひどーい!」

「まぁまぁ」


16 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 20:55:24.41 3+Fm+95g0 9/32

「…そこでお姉ちゃんが…」ワイワイ

「…あはは、言いそう言いそう…」ガヤガヤ

(この二人には話してもいい気がするなぁ…)

(いや、純はダメかも…茶化されそうだし口軽そう)

「梓ちゃん」

「はい!?な、なぁに憂…」ドキドキ

「悩みがあるなら言ってね」

「わ、私は別に…」

「あと純ちゃんは梓ちゃんが思ってるほど口軽くないよ♪」

「心を読まないで~!」


18 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 21:07:45.11 3+Fm+95g0 10/32

「私…梓にそんな風に思われてたんだ…」シュン

「いや、ちがっ、これは…」

「…で、梓の悩みって何よ?」

「はぁ…純ってホントにアレだね…」

「アレってなによう!」

「何でもないよ」

「もー、誤魔化さないでよー」プリプリ

「で、梓ちゃんの悩みは?」


19 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 21:18:23.97 3+Fm+95g0 11/32

「…絶対に茶化さないでね」

「うん」

「多分ね」

「…朝起きたらしっぽが生えてた」

「へぇ~、そんなこともあるんだ~」

「何?何のしっぽ!?」ガタッ

「純!そんなおっきい声出したら他の人に聞かれちゃうでしょ…」

「あはは、ごめんごめん」

「まぁ、ネコのしっぽなんだけど…」


21 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 21:26:16.67 3+Fm+95g0 12/32

「ネコかぁ~…いいね!」

「何が!?」

「可愛いと思うよ!」

「いや、そういう問題じゃないから!」ピョコピョコ

「あ、梓…しっぽ…」

「へ?…ぎゃ!しっぽ出ちゃってる!」

「興奮しすぎたんだね」

「何アレ?可愛いー」

「あの子軽音部の…」

「どうやって動いてるんだろね」

「もうやだーーーーーーーーー!」


22 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 21:40:29.12 3+Fm+95g0 13/32

「梓がキレた…」

「ほらほら梓ちゃん、よしよし…」ナデナデ

「う…」ゴロゴロ

「まんまネコだね」

「いやー、罰ゲームにしてはやりすぎだったかなー?」

「?」

「なんだ、罰ゲームかぁ」

「平沢さんにそんな趣味が…」

「…庇ってくれてありがとう憂」

「どういたしまして、でも庇った代わりに…」

「?」

「抱きつかせて!」ギュッ

「にゃ!?」

「熱いね~お二人さん」


23 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 21:58:30.43 3+Fm+95g0 14/32

─お昼

「あ、梓のお弁当」

「?」

「イカリングじゃないそれ?」

「オニオンリングだけど…」

「どっちもダメだよ、ネコにはネギとかイカは毒なんだよ」

「別にネコじゃないし」

「でもちょっと心配だね…」

「そうそう、だから私が食べてあげよう!」

「それが目的でしょ!」

「もう!変な理由つけて人の食べ物漁るの禁止!」モグモグ

「う…気持ち悪い…」

「言わんこっちゃない」


25 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 22:13:43.72 3+Fm+95g0 15/32

「はぁ~…ネコが食べられないものは食べられないの?」

「さてね、なんならキャットフード持ってきてあげようか?」

「茶化さないって言ったじゃん!」

「ほらほら、興奮するとまたしっぽ出ちゃうよ」

「あ、危ない…」

「ふふん、今度から梓をわざと興奮させればいじれるな」ニヤリ

「純のバカ!ボンバヘッ!」ピョコピョコ

「ボンバヘッって何よー」


28 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 22:23:03.84 3+Fm+95g0 16/32

─放課後

「はぁ…今日は散々だった…」

「先輩がたには秘密にしないと…」

~~~~

「にゃ~んって言って、にゃ~んって!」

「あずにゃん可愛い」ナデナデ

「素敵♪似合ってるわよ、梓ちゃん!」ナデナデ

「梓…可愛いな」ナデナデ

~~~~

「ふへへ…」ピコピコ

「…って違う違う!何変な想像してるんだ!」

「はぁ…無事乗り切れるかな…」


29 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 22:33:51.04 3+Fm+95g0 17/32

ガチャ

「あ、あずにゃーん!」ギュッ

「やめてください唯先輩!」

「いいじゃーん」スリスリ

「にゃー!」ガリッ

「わ!痛い…」

「あわわ、大丈夫ですか唯先輩…」

「ごめんねあずにゃん、ちょっと私も調子乗ってたよ…」

「べ、別にそういうわけじゃあ…」

「はい、唯ちゃんバンソーコよ」

「ありがとうムギちゃん」


31 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 22:44:27.22 3+Fm+95g0 18/32

「さすがにやりすぎじゃないか、梓」

「ごめんなさい唯先輩、ここまでする気じゃあなかったんです…」

「いいよあずにゃん、あずにゃんが嫌がってるのにベタベタした私が悪いんだから」

「まぁ無事で何より…」

「でも罰としてあずにゃんは今日一日ネコミミね!」

「調子に乗るなよ!」


32 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 22:53:41.79 3+Fm+95g0 19/32

「い、いいでしょう、やってやるです!」

「やったー!」

「まぁ本人たちの仲直りのためならいいんじゃないか?」

「ああ、そうだな」

「お茶淹れたわよ~」

「わーい、今日はお菓子何かな~」

「ショコラよ♪」


33 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 23:05:14.46 3+Fm+95g0 20/32

(待てよ…たしか犬猫にチョコを与えちゃダメだってネットで見たような…)

(でも食べなきゃ不審がられてバレちゃうかも…)

「どったのー、あずにゃん?」

「い、いえ!何でもないです!」

「?…何でもないならいいんだけど…」

(う…不審がられないようにしようとする度に自分を追い詰めてるような…)

「梓、食べないのか?」

「た、食べますよ、もちろん!」

(ええい、ままよ!)


34 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 23:21:19.18 3+Fm+95g0 21/32

「ふむっ!」モグ

「う…お、おいしい…です」

「…大丈夫か?梓」

「はは…私は大丈夫ですよぉ…おいしすぎて逆に気持ち悪いだけですよ」

「言ってることがおかしいぞ、梓…」

「もしかして、私がネコミミを要求したせいでネコさんみたいにチョコダメになっちゃった?」

「なんだよそれ…」

(唯先輩は妙に感がいいから困る…)

「と、とりあえず私は大丈夫ですから!心配しないでください!」


35 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 23:30:44.30 3+Fm+95g0 22/32

「…」ジー

「な、なんですか?ムギ先輩…」

「これは隠し事をしている眼ね…」

「にゃ!?そ、そそそそんなわけないじゃないですかぁ、あはははは…」アワアワ

「わかりやすい反応だな」

「良ければ教えて、私たちが力になるわよ」

(はぁ…もう話しちゃおう、最悪先生にさえ聞かれなければいいや)

「実は…」


39 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 23:40:57.85 3+Fm+95g0 23/32

「そんなことが…」

「すごい!ホントに動いてる!」

「ネコミミにしっぽで完璧にネコだなこりゃ」

「ネコじゃないです!」

さわ子「いいじゃない、ネコでも」

「良くないです!」

「…って、いたんですか?」

さわ子「ええ、ずっと…私が居ちゃ悪い?」


40 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 23:52:23.30 3+Fm+95g0 24/32

「終わった…もう私は軽音部のネコ確定だ…」ガックシ

「軽音部のネコ…///」

「ムギ…違うからな、多分意味が」

さわ子「もしかして梓ちゃん、私がしっぽを見たらコスプレさせられるとか思ってたでしょ?」

「…違いますか?」

さわ子「もちろんコスプレさせようと思ったけど、それ以前に本人の身が心配になったわよ、教育者として」

「思ったんじゃないですか…」


41 : 以下、名... - 2010/10/07(木) 23:58:38.03 3+Fm+95g0 25/32

さわ子「服に不便があったら私に頼ってね」モグモグ

「ヘンなの作らないで下さいよ…」

さわ子「あら、失礼しちゃう!可愛いのを作るわよ」

「その可愛いのっていうのが怪しいです…」

「でも…みんな思ってたより親身になってくれてよかった…」

「いやあ、それほどでもー」

「へ?あ、いや、今のは心の声で決して…」

「まあいいじゃん、私たちはその言葉を聞いて嬉しいぞ」

「え?律先輩は関係ないじゃないですか」

「中野ー!私の扱いひどくね!?」


42 : 以下、名... - 2010/10/08(金) 00:07:14.52 ON6hODIc0 26/32

「じゃあこのことは軽音部のヒミツってことでいいな」

「あ、あの…憂と純にはもう言ってるんで…」

「憂には言ったのに私には秘密にしてたの~?」ブー

「…だって唯先輩はネコ扱いしてきますから」

「自業自得だな」

「むぅ…反論できない…」


45 : 以下、名... - 2010/10/08(金) 00:20:10.09 ON6hODIc0 27/32

─練習後

「じゃあ今日はもう遅いし、帰るか」

「おう!」

「帰る時になって元気出すなよ!」ポカ

「へっへー…」

「…」

「どうしたの、あずにゃん?」

「いえ、私にしっぽが生えたぐらいじゃ日常って変わらないものなんですね」

「だって、梓ちゃんは梓ちゃんだもの」

「ムギ先輩…」

「そうだよ、しっぽが生えてたとしても…あずにゃんはあずにゃんだよ!」

「唯先輩、ムギ先輩とまったく同じこと言ってますよ」

「ありゃ?」

「うふふ、じゃあ私たちも帰りましょうか♪」


47 : 以下、名... - 2010/10/08(金) 00:33:35.03 ON6hODIc0 28/32

「あの人間に撫でてもらうかにゃ」

「ん?なんです、唯先輩」

「ん?私は何も言ってないよ」

「すみません、朝から幻聴が聞こえるみたいです」

「あ、ネコさん!おいでおいで~」

(あれは朝のネコ…)

「ほうれほうれ、わしゃしゃしゃしゃ♪」ナデナデ

「♪」ゴロゴロ

「気持ちいにゃあ♪」


50 : 以下、名... - 2010/10/08(金) 00:44:48.57 ON6hODIc0 29/32

「…もしかして、ネコの声が聞こえる?」

「私も撫でていいですか?」

「どうぞどうぞ」

「この人間はなんか近寄りがたいにゃ…」

「ごめんね、近寄りがたくて」ナデナデ

「♪」ゴロゴロ

「でもテクニックはなかなかのものにゃ♪」

「褒めてくれてありがとうね」

「?」

「ネコさん、あずにゃんのこと褒めてたの?」

「はい、テクニックをお褒め頂きました」

「猫の心がわかる、さすがあずにゃんだね!」

「どういう意味ですか、ソレ」


54 : 以下、名... - 2010/10/08(金) 00:56:52.30 ON6hODIc0 30/32

「また私が撫でてほしい時にくるにゃ」

「我ままだなぁ、さすがネコだね…」

「いいなぁ、私もネコさんの声聞きたいよ」

「きっと後悔しますよ」

「なんで?」

「あのネコ、唯先輩のこと悪く言ってましたから」

「ええ!なんでー」ガーン

「ふふ、嘘です、褒めてましたよ、唯先輩のこと」

「もー!あずにゃんったらぁ…」

「…あ、それじゃあ私はここで」

「じゃあね、あずにゃん」

「また明日です」

(先輩がたも先生も、憂と純も意外と普通の反応だったな)

(やっぱり家族には言うことにしよう)


56 : 以下、名... - 2010/10/08(金) 01:06:38.01 ON6hODIc0 31/32

─翌朝

「…ふぁ~あ、よく寝た~」

「…ん?あれ?」

「しっぽが…ない…」

「良かった、もとに戻れた」

「…」

「別に寂しくなんかないし…」


60 : 以下、名... - 2010/10/08(金) 01:16:13.98 ON6hODIc0 32/32

─道端

「あ、昨日のネコ」

「にゃあ♪」

「撫でられたいの?」ナデナデ

「♪」ゴロゴロ

「ふふ♪撫でてほしくなったらいつでも頼ってよ?」

「また頼むにゃあ」

「…今日もまだ幻聴が聞こえる、かな?」

おわり


記事をツイートする 記事をはてブする