1 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:44:09.09 OXcurr8To 1/230


勇者「全てお前のせいだ! お前がいるから私は!!」

勇者「城でニート姫をしていたのに、勇者にされて旅に出され!」

勇者「世界にある三国を渡り、三国それぞれの代表を仲間にし!」

勇者「村民から頼まれる数々のお使いをこなし!」



元スレ
勇者「どうしてこうなった!!」魔王「いやしらんがな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1331059448/

2 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:44:59.12 OXcurr8To 2/230


勇者「旅が始まった時から一緒だった、セバスチャンがパーティーから離脱し!」

勇者「やっとの思いでたどり着いた魔王城で生き別れの弟と決着をつけ!」

勇者「そして魔王を倒し、止めを刺す一歩手前で、仲間に裏切られた!」

勇者「それでこのざまよ!」

3 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:45:28.01 OXcurr8To 3/230


魔王「あ、今、ワイらはどこかの城の折の中に閉じ込められておるんや」

勇者「黙れ! 喋るな! お前のせいだ!」

魔王「このお姫様はうるさいなー。カルシウム足りとるん?」

5 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:46:53.26 OXcurr8To 4/230


勇者「カルシウム? カルシウムなんて足りるかぁ――!!」

魔王「脂肪分も足りとらへんみたいやしな」

勇者「何処見てる!?」

7 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:48:23.70 OXcurr8To 5/230


魔王「女っ気がほとんどといってないよな、アンタ」

魔王「そんなんやから魔王討伐の旅に出されたんちゃうん?」

魔王「実際、男ばかりのパーティーで色恋のひとつもなかったんやろ?」

勇者「黙れ! 喋るな! 空気がもったいない!」

8 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:49:11.57 OXcurr8To 6/230


魔王「空気がもったいないってお前……」

勇者「もったいないものはもったいないんだ!」

魔王「まあ、ええけどさ……、ココ何処か分かるん?」

9 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:50:39.84 OXcurr8To 7/230


勇者「……、恐らく魔法使いの国だろう」

勇者「私の魔術を封じる牢など、そこにしかあるはずがないからな」

魔王「ほーかー、まったく厄介なもん作ってくれたもんやで」

勇者「お前のせいだ!」

10 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:51:48.17 OXcurr8To 8/230


魔王「まったくうるさいやっちゃ……」

魔王「怒鳴る元気があるんやったらさー」

魔王「脱出方法でもかんがえーや」

11 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:52:50.71 OXcurr8To 9/230


勇者「そんなものあったら、とっくに脱出してる!」

魔王「まあ、そりゃあそうやな」

勇者「何でそんなにのんきなんだお前はー!!」

12 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:54:12.36 OXcurr8To 10/230


勇者「それになんだ! その口調は!」

勇者「最後の戦いの時も思っていたが!」

勇者「『よくここまでたどりつけたな、まあお茶でものまへん?』」

勇者「これが世界を左右する戦いの幕開けだぞ!?」


13 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:55:28.40 OXcurr8To 11/230


魔王「そんなんいっても、魔界やと皆こんな喋り方やで?」

魔王「わいが特別なわけやあらへんて」

勇者「そうなの?」

魔王「嘘や」

勇者「このやろぉおおおお!!」

14 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:57:03.02 OXcurr8To 12/230


魔王「まあ、魔界やとこうやって皆、冗談が好きやったな」

魔王「それと全力で皆ボケんねや」

魔王「『ちょっと人間界滅ぼしてくるわー』とかさ」

魔王「あれはわいの中で最高のボケやったなぁ……」

勇者「ボケで人間界滅ぼしに来るなよ!!」

15 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:57:56.59 OXcurr8To 13/230


魔王「まあ、今のも冗談や」

魔王「ところでさ、これからどうなると思うん?」

勇者「お前が? 私が?」

魔王「両方でええよ」

勇者「そうだな……」

16 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 03:59:52.09 OXcurr8To 14/230


勇者「まあ、お前は恐らく三国の代表が集まれるところで」

勇者「確実に処刑されるよな……」

魔王「まあ、そうやろなー」

魔王「で、アンタは?」

勇者「私はー……、うん、三国以外の国」

勇者「大国の出身だから、恐らくそことの交渉材料にされる……」

17 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:01:24.76 OXcurr8To 15/230


魔王「まあ、仮にも姫さんやしな」

勇者「そういうことだ。まあ上手くいけば助かると思う」

魔王「でも助からへん可能性のほうが高いんやろ?」

勇者「だって旅に出さされるぐらいの姫だぞ?」

18 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:03:18.77 OXcurr8To 16/230


勇者「ぶっちゃけあのまま国にいたら、政権を巡って暗殺されてたし!」

勇者「そして確実に政権は私の義妹が手に入れてるし!」

勇者「つまりこのままデス・オア・ダイ!」

勇者「どうしてこうなった!!」

魔王「いやしらんがな」

19 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:04:19.57 OXcurr8To 17/230


勇者「お前のせいだー―――!!」

魔王「また初めから続けんのか?」

勇者「うるさい! 黙れ! しゃべるな!」

魔王「やれやれやで……」

20 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:05:57.78 OXcurr8To 18/230


魔王「まあとりあえず落ち着きぃな」

魔王「ココから出る方法一緒に考えましょ?」

勇者「う、うん……」

魔王「魔術は使えへん……、武器も取られとる……」

魔王「しかし外には見張りはおらず、あるのはこの鉄格子のみ……」

21 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:06:59.15 OXcurr8To 19/230


魔王「……いけるで」

勇者「マジで!?」

魔王「魔界にいたときに知人に教えてもらった技術があれば」

魔王「牢屋の鍵ぐらい開く事が出来るんや!」

勇者「おおおー!」

22 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:07:53.29 OXcurr8To 20/230


魔王「た・だ・し」

勇者「なんだよ?」

魔王「何か細いもんが必要や……。針金とか……」

魔王「もってへんか?」

23 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:09:14.79 OXcurr8To 21/230


勇者「そんなの持ってるわけないだろ!」

勇者「ココを何処だと思ってる! そう、牢屋!」

勇者「そして牢屋に入れられたのは……」

勇者「お前のせいだー――!!」

24 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:10:29.29 OXcurr8To 22/230


魔王「ほんまにうるさいやっちゃ……」

魔王「……ん、待てよ? お前貧乳やけどブラとかしとる?」

勇者「な、なんでそんなこと聞くんだよ!」

魔王「しとるんか?」

勇者「う、うん……」

魔王「脱げ」

勇者「はぁ!?」

25 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:12:23.91 OXcurr8To 23/230


勇者「な、なんでだよ!? 今更人間に色気づいたか!」

魔王「ええから脱げー!」

勇者「いーやー!」

魔王「魔族の力にちょっと筋力を」

魔王「魔力で補強してるだけの小娘が適うはずもなく……」

魔王「あっというまに勇者はブラを奪われたのだった……」

29 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:18:39.23 OXcurr8To 24/230


魔王「ほなちょっとこれ借りるで」

勇者「返せー! て言うかコッチみんな!」

魔王「今勇者はブラをひん剥かれ、涙目で半裸である」

勇者「後なんでナレーションお前なんだよ!」

魔王「このブラから針金を取り出して……」

魔王「これを使って……チョチョイのチョイ」

ガチャ

魔王「開いたわ」

31 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:19:57.79 OXcurr8To 25/230


勇者「え!? マジで!?」

魔王「ブラは使いもんにならんようなったけどな」

勇者「…………」

勇者「お前のせいだー!!!」

魔王「それ口癖かいな?」

32 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:21:59.29 OXcurr8To 26/230


魔王「ほら、この牢から逃げれば魔術が使えるで」

魔王「魔術を使えば、こんなところ簡単に逃げ出せるわ」

勇者「う、うん……、それじゃあ外に出るか」

ガシィ

勇者「なんだよ、手なんか掴んで」

魔王「……今気がついたんやけどさ」

33 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:24:15.35 OXcurr8To 27/230


魔王「アンタが外に出たら、力が元に戻るやろ?」

勇者「そうだな」

魔王「力が戻ったら、まず何する?」

勇者「そりゃあまずお前を討伐……」

バンッッ!! ガシャ!

34 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:25:54.51 OXcurr8To 28/230


勇者「ああ! 閉めた! 自分だけ外に出て閉めやがった!」

魔王「当たり前や! 何で自分が討伐されかねんのにわざわざアンタを出さなあかんねん!!」

勇者「くそっ! さすが汚いな魔王汚い!」

魔王「当然の理や!」

35 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:27:29.31 OXcurr8To 29/230


魔王「さて、そこでアンタは末永く生きるんやね」

魔王「ワイは手始めにこの城をぶっこして、一世一代のボケの続きをする」

魔王「ほなな!」

勇者「ま、待って! 討伐しないから待って!」

37 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:30:02.72 OXcurr8To 30/230


ピタ

魔王「ふむ……、今の話しほんまか?」

勇者「うん! 討伐しないから開放して!」

魔王「……」

魔王(もちろんこんな事まともに信じるワイやあらへん……)

魔王(どうせ外に出た瞬間、最大雷魔術を使ってくるに決まってる)

魔王(しかしコイツは今、人類に裏切られた状態)

魔王(ワイを討伐しても行く先がないことを思い知らせれば)

魔王(上手く手ゴマにできるか……?)

38 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:33:03.01 OXcurr8To 31/230


魔王「その話、もうちょっと聞かせてもらいましょか」

魔王「ほんまにそこから出てもワイを討伐せえへんねんな?」

勇者「うん! 約束する!」

魔王「ワイの家来になるな?」

勇者「うん! 家来になる!」

魔王「そうすると……奴隷からスタートやけどええか?」

勇者「うん! 奴隷でも良い!」

39 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:34:25.72 OXcurr8To 32/230


魔王「ほな、城の片付けとか色々あるけどええか?」

勇者「大丈夫大丈夫! 全然問題ない!」

魔王「味噌汁とかつくらなあかんねんで? 作れるん?」

勇者「善処します!」

魔王「ほな、開けたるわ」

ガチャガチャ、ガシャ

40 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:36:23.22 OXcurr8To 33/230


勇者「しぃいいいにぃいいさぁあああああらああああせぃいいいい!!」

勇者「最大雷呪文!! 拘束術式開放!!」

勇者「雷鳴よとどろけ!! 天地を破壊し、我の最強を示せ!」

魔王「待てやぁあああああああ!!」

41 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:36:57.74 OXcurr8To 34/230


……

…………

………………

42 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:38:53.38 OXcurr8To 35/230


勇者「どうしてこうなった!!」

魔王「あんたが話しきかんと、最大雷呪文ぶっ放すからや!」

魔王「今、どうなっておるかというと」

魔王「城の地下室にいるワイむかって雷呪文が落ちたため」

魔王「その間、つまり天と地の間にあった」

魔王「魔法使いの国の城は……」

43 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:40:22.17 OXcurr8To 36/230


魔王「跡形も残ってとらへんのや……」

魔王「そして最大雷呪文は勇者にしかうてん」

魔王「つまり、この城をぶっ壊したのは確実に勇者」

魔王「よーするに三国から指名手配やね」

魔王「ワイ倒してもどーしょーもないで、これ」

44 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:41:30.79 OXcurr8To 37/230


勇者「お前のせいだー―――!!」

魔王「味噌汁作れるんやったら家来にしたってもええで?」

勇者「お断りだー――――!!」

第一話:魔法使いの城脱出編:完 続く

45 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:50:33.87 OXcurr8To 38/230


魔王「というわけで早速第二話や」

勇者「何の話だ……」

魔王「まあ、アンタは気にせんでもええて」

魔王「というわけでワイらはぶっ壊れた城から脱出し――」

魔王「とりあえず寝床がないから、近くの森に入り」

魔王「周りの魔物に城を建設させた」

46 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:52:00.93 OXcurr8To 39/230


魔王「それも一夜で!」

勇者「労働法違反もいいとこだな!!」

魔王「これがほんとの一夜城!」

勇者「まさにそのとおりだけど!」

魔王「いい労働力だったで……、ゴブリンさんは……」

勇者「まだ生きてるからな!?」

ゴブリン「ブヒー」

47 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:53:28.40 OXcurr8To 40/230


勇者「しかし何というか……、趣味悪いなお前……」

勇者「何か魔物とか徘徊してるし……」

勇者「これじゃあただの魔物の巣だよ」

魔王「デザイナー顔らへんから仕方ないやろ!」

魔王「ゴブリンさんは大体大工やで!」

48 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:54:57.01 OXcurr8To 41/230


魔王「とりあえず、ココを拠点にするで」

魔王「そして三国、最終的には大国を支配する……」

魔王「滅ぼすというボケに走るのもええな……くくく……」

勇者「ふざけんなよ」

49 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:56:21.29 OXcurr8To 42/230


勇者「そもそもそんなの私が許すわけがないだろ!」

勇者「いや、私が許しても、第二第三の勇者がお前を討伐する!」

勇者「お前の命運もここまでだ!」

魔王「そうなったらアンタの命運もここまでやな……」

勇者「ぐぅ!?」

50 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:57:54.67 OXcurr8To 43/230


魔王「そう! ワイらはもはや運命共同体!」

魔王「ワイが倒れれば、アンタも倒れる!」

魔王「アンタが倒れても、ワイは倒れん!」

魔王「……つまり、ワイが圧倒的にイニシアチブをとってるわけやね」

魔王「はっはっは! この元ニート姫が!」

51 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 04:59:29.88 OXcurr8To 44/230


魔王「自分の生活力のなさを嘆くがええわ!」

魔王「とりあえずゴブリンさんに味噌汁の作り方教わって来い!」

魔王「ついでに花嫁修業もさせたるわ!」

勇者「なっ……! 私はお前に操を捧げる気などない!」

魔王「コッチからお断りや、この貧乳女」

52 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:01:02.40 OXcurr8To 45/230


勇者「最大雷呪文を食らいたいようだな……」

勇者「果たして何発もつかな……?」

魔王「マジスイマセンでした」

勇者「しかしここにいて、何とかなるものなのか?」

勇者「夜が明けたら、他の国の奴が攻めてくるぞ?」

53 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:01:58.94 OXcurr8To 46/230


魔王「問題ないわ」

ゴゴゴゴゴゴ……、ガシャン

魔王「ちょっとこの地面から出てきたボタン押してみぃ」

勇者「え、うん……」

ポチッ

54 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:03:36.27 OXcurr8To 47/230


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

魔王「勇者がボタンを押すと、突然城が浮遊を始めた」

勇者「え!? ちょっと!? 本当に浮いてるの!?」

魔王「ゴブリンさんの大工力は三国一ぃいいいいい!!」

勇者「ゴブリンすげぇな!」

55 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:05:10.68 OXcurr8To 48/230


魔王「これを使えば、城に居たまま世界を移動できるわけや」

魔王「魔王が城でニートしてる理由もなっとくやろ?」

勇者「スゴーイ! 飛行船より速い!」

魔王「おいやめろ」

56 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:07:00.96 OXcurr8To 49/230


勇者「しかしこれさえあれば、城でニートし放題だな!」

勇者「なんで私の旅の始まりにコレがなかったんだろう……」

勇者「そしたら家でずっとニート姫してられたのに……」

魔王「しみじみした感じやけど、言ってること最低やな」

57 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:08:50.11 OXcurr8To 50/230


魔王「あと一応言っとくけど、うちに居る限り、ニートはさせへんで?」

勇者「へ?」

魔王「ワイの家来、それも奴隷からのスタートや!」

魔王「味噌汁を作るお仕事が待ってるんやで!」

勇者「働きたくない……」

58 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:11:16.62 OXcurr8To 51/230


魔王「駄目だコイツ……」

魔王「まあ、そんな駄目人間にぴったりの魔物を呼んできたから」

魔王「コック長や!」

コック長「どうも」

勇者「骸骨コックだぁー――!!」

59 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:13:23.87 OXcurr8To 52/230


勇者「私の冒険でも散々苦戦させられた強敵!!」

勇者「隙あらば、アイテムを奪い!」

勇者「隙がなければ、フライパンと包丁を使い、攻撃してくる!!」

勇者「仲間の盗賊が、まだドラゴンを相手にしてる方がマシだったと嘆くありさま!」

勇者「そんな冒険者には厳しすぎる魔物……」

60 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:14:55.13 OXcurr8To 53/230


魔王「それが、今三百体ぐらいこの城には居ます」

勇者「魔界だぁー――――!!」

勇者「もうやだお城帰る!」

魔王「了解、最初に落とすのは大国やね」

勇者「え?」

61 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:16:11.25 OXcurr8To 54/230


魔王「という訳で、ゴブリンさん、舵を大国に向けて!」

ゴブリン「ブヒィー!」

魔王「ほな行くで! 目指すは大国!」

勇者「え、ちょっと待って! 里帰りしたくない!」

魔王「もう遅い!」

62 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:17:58.25 OXcurr8To 55/230


魔王「という訳で、魔王一向は大国へと向かったのであった……」

魔王「しかし領地に入ったとたん、待ち受けてきたのは多大なる魔術射撃」

魔王「RPGのはずがSTGに早代わりである…・…」

勇者「ボソボソ、ナレーションしてんじゃねー――!」

63 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:19:48.58 OXcurr8To 56/230


ボゴォオオオン!!

魔王「あ、あかん! メインエンジンがやられた!」

勇者「お城にメインエンジンなんてあったんだ!」

魔王「脱出するで!!」

勇者「ど、どうやって?」

魔王「飛び降りるに決まってるやろ!」

64 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:20:15.11 OXcurr8To 57/230


……

…………

………………

65 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:23:02.33 OXcurr8To 58/230


勇者「う、うう……、ここ、どこだ……」

魔王「かくして、魔王一向が飛び降りたのは……」

勇者「ナレーションしてんじゃねぇ! 雷呪文!」

ボガァアアアアアン!!

魔王「プス……、プス……、貧乳……」

勇者「この駄目魔王が……」

勇者「辺りを見回してみると……、ここは湖付近のようだな」

66 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:25:09.15 OXcurr8To 59/230


勇者「よくお兄様と義妹と家来を連れてやってきたっけ……」

勇者「あの頃は仲が良かったのに……」

勇者「お兄様と義妹がくっ付いてからは……」

魔王「アンタだけのけものにされたというわけやな」

勇者「いきなり起きてくんな!」

67 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:27:52.78 OXcurr8To 60/230


魔王「ハッ、魔王のHPどれくらいかしっとるか? 五万以上や!」

魔王「更に第二形態、第三形態もあるで」

魔王「手加減した雷呪文ごときで倒せるわけがないやろ!」

勇者「くっ……、それでも私達の総攻撃で負けたくせに!」

魔王「四対一やで? そりゃ負けるて」

68 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:29:48.47 OXcurr8To 61/230


魔王「まあ、今からアンタ一人と戦っても全然負ける気はせぇへんけどな」

魔王「友情の力、結束の奇跡、という奴やね」

魔王「しかしそれも、もはやない……」

魔王「そしてワイは今生きてる」

魔王「人類はBADEND直行やね」

69 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:31:23.69 OXcurr8To 62/230


勇者「わ、私一人でも別にお前ぐらい倒せる!」

魔王「無駄無駄、余計なことはしなさんやな」

魔王「それにそうなっても別にええとおもっとるんやろ?」

魔王「なんせ、アンタ人類どころか一番頼りにしてた仲間に裏切られたもんな」

魔王「用が済んだら用済み言うやっちゃ」

70 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:33:09.45 OXcurr8To 63/230


勇者「ぐぬ……、うう……」

魔王「あらら、しおらしくなってもーて」

魔王(悪墜ち一歩手前言うとこやね)

魔王(くくく、我ながら悪いやっちゃ)

勇者「それでも……」

魔王「ん?」

71 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:34:56.79 OXcurr8To 64/230


勇者「それでもお兄様ならきっと何とかしてくれる!」

魔王「なんやそりゃあ……、というか生き別れた弟どうなってん」

魔王「いや、操ってたんワイやけど」

魔王「アンタに戦わせに行ってからのその後知らんねん、アイツの」

魔王「もしかしてブサっとやっちゃったん?」

72 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:36:23.25 OXcurr8To 65/230


勇者「私が止めを刺す寸前で、正気を取り戻し……」

勇者「自ら滝の中へと落ちていったわ」

勇者「きっともう生きては居ないでしょう」

勇者「仲間もその時は励ましたりしてくれて優しかったのに……」

73 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:38:05.48 OXcurr8To 66/230


魔王「そりゃ災難やったな……」

勇者「……お前の」

魔王「ん?」

勇者「お前のせいだー―――!!」

勇者「お前みたいな奴がいるから、いつまでたっても世界は私に冷たい!」

勇者「つまりお前が全ての元凶!!」


74 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:39:26.52 OXcurr8To 67/230


勇者「ということでここでお前を討つ!!」

魔王「ま、ま、まてや!! 現実逃避で討とうとせんといて!」

魔王「それにアンタ一人やったらいくらレベル70ほどでも討伐は無理やて!」

勇者「私のレベルは99だ……」

魔王「なん……、だと……」

75 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:42:02.65 OXcurr8To 68/230


勇者「という事で覚悟しろこの魔王!」

勇者「最大最強最悪の雷呪文!」

勇者「天地一体! 我のに歯向かう敵を塵も残さず消し去れ!!」

勇者「くらえー―――!!」

魔王「ちょ、堪忍! 堪忍してーな!!」

76 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:44:19.85 OXcurr8To 69/230


義妹「その声……、まさかお姉さま……?」

魔王「天に向かって手を掲げてる勇者に対して、ワイが命乞いをしている」

魔王「まさにその瞬間、森の中から女神が現れた――」

義妹「やっぱり、その姿、お姉さま……」

勇者「なっ……」

77 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:47:42.16 OXcurr8To 70/230


義妹「また我の視界に入るとはな……、三国の連中に捕らえられ」

義妹「奴隷以下の生活を送っていると思っていたが……」

義妹「ほう……? 魔王に寝返ったのか……」

義妹「まあいい……、コレで体面を気にせず、貴様に抹殺指令を下せる」

魔王「ヤバイ、この義妹、超ラスボスやで!」



78 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:49:57.88 OXcurr8To 71/230


勇者「ふ、ふん! 義妹よ! よもやそのような台詞をはいて」

勇者「この私と魔王の混合パーティーの前から」

勇者「生きて帰れると思っているのか!?」

義妹「くっくっ、良いのか勇者よ……」

義妹「我が死ねば貴様のお兄様が悲しむ事になるぞ?」

79 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:52:25.93 OXcurr8To 72/230


勇者「うっ……、くっ……!」

義妹「ふはははは!! そういうことだ! 貴様は我に手出しできまい!」

義妹「何せ、我は貴様のいとしのお兄様の嫁なのだからなぁ?」

魔王「それ、ワイには関係なくね?」

義妹「えっ」

勇者「えっ」

80 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:53:50.39 OXcurr8To 73/230


魔王「極大火炎呪文ー―――!!」

勇者「待て待て待て待て!! 駄目だ! 撃つなって!」

義妹「えっ、ちょ、止めて! あいつを止めなさいお姉さま!」

ドゴォオオオオオオオオオン!!


81 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:57:12.26 OXcurr8To 74/230


シュウウウウウ……

魔王「よーし、そのまま動くなや? 次は当てるで?」

義妹「……ひっ!」

勇者「おい、待て! 義妹を撃つつもりなら私を倒してからにしろ!」

魔王「心配あらへんて。なにも手出すつもりはあらへん」

魔王「ただこの娘、大国との交渉に使えるとおもてなぁ」

勇者「悪い顔だ!」

82 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 05:59:43.79 OXcurr8To 75/230


魔王「しかし王妃様が一人でココに来たはずがないし……」

魔王「大方、近くにけっこうな大群がおんねやろ?」

魔王「恐らく墜落した城の生き残りを探してた」

魔王「それにアンタは同行してて、たまたま聞き覚えのある声を聞いたから」

魔王「こっちによってきたというところやろ? どうや?」

義妹「は、はい……、そのとおりです……」

83 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:01:38.86 OXcurr8To 76/230


魔王「というわけや、勇者さん」

魔王「この娘、人質にするしか生き残る道はないで」

勇者「う……、うん……、しかたない……のかな?」

義妹「貴様! 魔王に寝返っただけでは飽き足らず!」

義妹「もはや家族に対する情も失ったかぁ!」

84 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:03:38.64 OXcurr8To 77/230


魔王「……この娘、多重人格かいな」

勇者「……ちょっと、猫かぶりが過ぎるだけだ」

ザザザザザザザザ

魔王「おっと、今の声を聞きつけて、あっという間に軍隊登場ゥ~」

魔王「しまった囲まれたで」

勇者「どうしてこうなった」

85 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:06:20.15 OXcurr8To 78/230


魔王「しかしこっちには人質が居る! お前らどけぃ!」

勇者兄(以下勇兄)「俺の妻を放せ!」

魔王「なんか、普通に主人公っぽい王様が出てきおった」

勇者「私の兄だ……」


86 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:08:37.65 OXcurr8To 79/230


勇兄「勇者! お前、まさか魔王側に寝返るなんて!」

勇者「寝返ってません! 奴隷にされただけです!」

勇兄「同じ事だろうが!」

勇者「じゃあどうしろと! 三国に裏切られ、自国では義妹が命を狙ってる!」

勇者「だったら寝返るしかないじゃない!」

87 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:10:52.03 OXcurr8To 80/230


魔王「あれ? 寝返ったん?」

勇者「……ハッ!」

勇兄「そうか……、魔王に寝返ったというのなら」

勇兄「実の妹でも私は戦おう……」

勇者「お、お兄様……」

魔王「この娘がどうなってもええんかいー!」

義妹「ひぃいいー――!」

88 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:13:07.63 OXcurr8To 81/230


勇兄「卑怯だぞ魔王! 妻を放せ!」

魔王「ヒャッハー!! 実の妹みたいに見捨てたらどやねん!」

勇兄「くそっ! 勇者! お前からも何とか言ってくれ」

勇者「ふふふふふ……、お兄様……、ふふふふふ……」

勇兄「ゆ、勇者……?」

89 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:15:43.08 OXcurr8To 82/230


勇者「どいつもこいつもいなくなっちまえェー――!!」

勇者「最大最強最悪最終雷呪文ー――――!!」

勇者「天地割れよ! 魔を射抜く最後の剣よ、ココに来たれ!」

魔王「皆逃げェー――い!! あれはワイの究極火炎呪文より危険やー――!!」

一同「いやああああああああ!!」


90 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:16:20.44 OXcurr8To 83/230


……

…………

………………

91 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:18:21.59 OXcurr8To 84/230


魔王「そうして、勇者の怒れる鉄槌によって」

魔王「大国は滅びたのであった……」

魔王「しかも勇者が今まで撃った事すらなかった呪文で……」

魔王「アンタ、それあったら余裕で世界滅ぼせるで」

魔王「ちょっとウチに嫁にこぉへん?」

92 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/07 06:20:40.57 OXcurr8To 85/230


勇者「ううう……お兄様……」

魔王「ここら一体は完全に塵になったからな」

魔王「生きてへんのとちゃうん?」

勇者「ハハハ……、ハハハハハ……」

魔王「……記憶消しといたろ」

第二話:大国滅亡編:完 続く

101 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:05:05.02 UD+5uslAo 86/230


魔王「という訳で第三話や」

魔王「とりあえず、荒野ばかりになった大国にまた森戻して」

魔王「そして前回の反省を生かし、今回はキャラピラ式起動城を製作」

魔王「この間、およそ三日!」

魔王「さすがゴブリンさんの大工力やね!」

コック長「そうですねー魔王様」

102 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:06:51.48 UD+5uslAo 87/230


コック長「あ、夕飯の準備が出来ましたよ」

勇者「魔王ー魔王ー! 味噌汁は私が作ったんだよー!」

魔王「あ、ほーかー」

ズズズズ……

勇者「どう?」

魔王「まぁ……美味いけど?」

勇者「やったー!」

103 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:08:55.49 UD+5uslAo 88/230


勇者「えへへへー! 魔王に褒められたー!」

コック長「記憶を消してからすっかりなんというか」

コック長「……デレ期に入ってますねぇ」

コック長「まあ、あれだけの魔力を持つ勇者を」

コック長「完全に手中においた今、もはや世界は魔王様のものですね」

104 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:10:54.67 UD+5uslAo 89/230


魔王「……違う」

コック長「へ?」

魔王「ワイが求めてたんはこんなんやあらへんのや!」

魔王「ワイが求めてたのは、『世界を滅ぼす』っちゅー」

魔王「壮大なボケに対するツッコミ!」

魔王「いわば、『魔王討伐』というツッコミ!」 

魔王「そして『勇者』というツッコミ役やったんや!」

105 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:13:05.45 UD+5uslAo 90/230


魔王「それがデレ期に入ってからは完全にボケをスルー……」

魔王「それどころか天然ボケを繰り返す始末!!」

魔王「こんなんでは世界を滅ぼしても全然アカンで!」

魔王「全然おもろないわ! そう思うやろ、コック長二代目!」

コック長「え、あーはい、そうですねー」

魔王「なんやその気の入ってない返事は!」

魔王「ツッコむんやったらもっとちゃんとしぃ!」

106 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:14:34.50 UD+5uslAo 91/230


コック長「無茶を言いなさる……」

コック長「大体、魔王様にツッコミなんて恐れ多くて出来ませんよ」

コック長「それこそ勇者……、彼女みたいな実力者でないと……」

魔王「そやねんなぁ……、ツッコミも実力やねんなぁ……」

107 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:17:21.72 UD+5uslAo 92/230


魔王「うーん……、なんとかせな……」

魔王「新たなツッコミ役を模索するか……?」

魔王「いや、そうそう良いツッコミ役なんておらへんで……」

勇者「魔王ー魔王ー」

魔王「なんや?」

勇者「今日、一緒に寝よ?」

魔王「ブバッッ!」

108 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:18:58.73 UD+5uslAo 93/230


魔王「お前、いきなり女子がなにぬかしとんねや!」

魔王「ワイが紳士やなかったら、そのまま合体コースやでホンマ!」

勇者「私はそれでも良いよー」

魔王「グボバッッ!!」

コック長「ああ! 魔王様のHPがドンドン減ってる!」

109 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:21:44.60 UD+5uslAo 94/230


魔王(くそっ……、貧乳の癖に……!)

魔王(ちゃんと鎧やのーてドレスとか着せたら可愛いなりよるし……)

魔王(ワイ、この手の天然ボケは苦手や……)

魔王「まあ、勇者。ワイは今夜も仕事があるさかい」

魔王「お前一人だけで先寝とれ」

勇者「むー……」

110 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:24:01.83 UD+5uslAo 95/230


勇者「じゃあ私も魔王と一緒に起きてる!」

魔王「子供はちゃんと寝なさい……」

勇者「私もう大国では成人してるよ!?」

勇者「あれ? 大国ってなんだったっけ……」

魔王「ワイからしたら充分子供や」

魔王「大体三国やとまだ成人しとらへんやろ」

111 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:26:31.90 UD+5uslAo 96/230


勇者「そんなの関係ないよ!」

勇者「大国的には色々とやっても合法だよ!」

勇者「むー……、さっきから自分で言ってるけど」

勇者「大国ってなんだっけ魔王ー?」

魔王(大国についての思い出は、こいつの記憶から消した……)

魔王(一応、自分が勇者って記憶は残しとるんやけど)

魔王(それやのになんでこんなデレるんやろか……)

112 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:28:24.28 UD+5uslAo 97/230


魔王「さあ、遠くの国かなにかとちゃうん?」

魔王「ええからもー、さっさと寝なさい。コック長連れてったって」

コック長「了解しました。さあ行きますよ、姫」

勇者「はーい……」

タッタッタッタッタ……

113 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:30:32.73 UD+5uslAo 98/230


魔王「ふぅ……疲れるわ……」

ゴブリン「ブヒー」

魔王「おうゴブリン、お前やったら分かってくれるか」

ゴブリン「ブヒブヒ」

魔王「何々、自分にもああいう天然な幼馴染が居る……、か」

魔王「恋多き男やねーお前も」

ゴブリン「ブヒ」

114 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:32:24.35 UD+5uslAo 99/230


魔王「……なあ、どうしたら元のツッコミ役の勇者に戻ると思う?」

魔王「記憶を戻したら戻したで、あいつ自身が崩壊しかねへんし」

ゴブリン「ブヒブヒブ」

魔王「何? あのままのあいつを認めろやと?」

ゴブリン「ブフ」

魔王「人類の嫁さんなんか恥ずかしくてもらえるかいな……」


115 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:34:26.71 UD+5uslAo 100/230


ゴブリン「ブヒー?

魔王「以前言ったのは、ボケやでボケ。本気やあらへん」

ゴブリン「ブフフフフ!」

魔王「種族間の恋でも関係ないって?」

魔王「そうは言うけど、お前エルフとか全然守備範囲や無いやろ?」

ゴブリン「ブヒ!」


116 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:36:11.45 UD+5uslAo 101/230


魔王「それとこれとは関係ないって……」

魔王「まあ、ゴブリンとエルフじゃ大違いやけどな?」

魔王「魔族と人間の違いは……、言うたら、ゴブリンとトロールぐらいか」

ゴブリン「ブヒィ!」

魔王「あんな野蛮な種族と一緒にするなって?」

魔王「魔族からしたら、人間はお前らで言うトロールやの」

ゴブリン「ブヒィー」

117 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:38:17.81 UD+5uslAo 102/230


魔王「まあ、その話は当面置いといてやな」

魔王「問題はツッコミ役が今おらへん言うことや」

魔王「コレは大変な問題やねんで?」

魔王「どれくらい大変かというと」

魔王「ワイがこのままずっとボケへんぐらい大変なんや」

118 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:41:19.96 UD+5uslAo 103/230


ゴブリン「ブホホ」

魔王「ははは! お前もなかなか言うのぉ」

魔王「このまま、お前がツッコミ役でもええぐらいや」

ゴブリン「ボハー」

魔王「冗談や、さすがにお前とはやっていけへん……」

魔王「お前とワイでは笑いの方向性が違いすぎる……」

119 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:42:49.93 UD+5uslAo 104/230


魔王「まあ、馬鹿話もコレぐらいにしてもう寝るか」

魔王「勇者ももう寝たころやろうしな」

魔王「しかしワイのベッドを占領するのは止めてほしいわ……」

ドゴォオオオオオン!!

魔王「なんや今の音は!?」

120 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:45:32.93 UD+5uslAo 105/230


骸骨コック1(以下コック1)「大変です魔王様! 侵入者です!」

骸骨コック2(以下コック2)「闇の力を見よ……、とか恥ずかしい事を言ってきます!」

骸骨コック3(以下コック3)「我々では対処できません!」

魔王「闇の力やと……!」

魔王「そんなワイでもつかわへん厨二心溢れた力を」

魔王「何の恥ずかしげも無く使えるのは奴しかおらん……」

121 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:48:00.47 UD+5uslAo 106/230


魔王「元ワイの部下であり四天王の一人!」

魔王「黒騎士! またの名を勇者弟!」

魔王「いきとったんかアイツ!!」

ドゴォオオオオオオオン!!

黒騎士「闇の力を知れ……!」

魔王「恥ずかしい台詞を吐きながら出てきおった!」 

122 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:52:06.95 UD+5uslAo 107/230


黒騎士「ねえさぁあああああああん!!」

黒騎士「魔王に捕らえられたと聞いたから迎えに来たよぉおおお!!」

黒騎士「大丈夫! 僕はもう正気に戻った!」

黒騎士「怖がらないで出てきてくれ!」

魔王「さすが勇者との合計戦闘数十回以上……」

123 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 02:54:43.30 UD+5uslAo 108/230


魔王「あまりのしつこさからプレイヤーからは」

魔王「『ブラックストーカー野郎』などと呼ばれ……」

魔王「その正体がバレると『ヤンデレシスコン野郎』などの愛称をつけられる男……」

魔王「元部下ながら恐ろしいものがあるで……」

黒騎士「あぁああ!!見つけた! その糸目で黒マントの美青年姿!」

黒騎士「魔王だな! いや魔王に決まってる! そうだろう!」

魔王「人違いですよー?」

黒騎士「お前のせいだぁああああああ!!」

124 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:00:54.68 UD+5uslAo 109/230


魔王「それ姉弟、同一の口癖かい?」

魔王「義妹と兄のほうはいっとらへんかったけど」

黒騎士「やはり兄さんと義妹ごと大国を葬り去ったのはお前か……」

黒騎士「くそぅ! お前が居るから!!」

黒騎士「僕は義妹に谷底に突き落とされ!」

黒騎士「川を流れているところを四天王の一人、白鬼に回収され!」

黒騎士「洗脳されて、四天王の一人となり!」

黒騎士「序盤から姉さんのパーティーに事あるごとに」

黒騎士「襲い掛かる強キャラとして君臨し!」

黒騎士「そして終盤では、姉さんの雷呪文で洗脳が一時的に解け!」

125 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:03:13.56 UD+5uslAo 110/230


黒騎士「姉さんに攻撃したくないという思いで、滝へと自ら落ち!」

黒騎士「また川を流れているところを、姉さんのパーティーの一人」

黒騎士「魔術師さんに助けられて、完全に洗脳をとかれ」

黒騎士「彼から姉さんが、今魔王に囚われていることを知り!」

黒騎士「やっとの思いでここまで来ました!」


126 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:04:53.31 UD+5uslAo 111/230


魔王「ええ話やな」

黒騎士「ありがとう!」

魔王「でもそれやったら序盤に言う台詞は、『お前のおかげ』やないん?」

黒騎士「今、なお姉さんといちゃつけないのは……」

黒騎士「お前のせいだぁあああああああああ!!」

127 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:07:33.05 UD+5uslAo 112/230


魔王「いやしらんがな」

黒騎士「ねえさん、ねえさん、ねえさぁあああああん!!」

黒騎士「魔王! お前、僕の姉さんに手を出してないだろうな!」

魔王「あほぬかすな、あんな貧乳、なんで手を出さなあかんねん」

黒騎士「むしろあの慎ましい貧乳が萌えるんだろうがぁあああああ!!」

魔王「何この子、怖い」

128 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:10:17.69 UD+5uslAo 113/230


黒騎士「さて魔王……、お前を倒し、僕は姉さんと添い遂げる……」

魔王「ワイを倒してもその願いは叶わへん」

黒騎士「愛さえあれば、問題ない」

魔王「何がお前をそこまで駆り立てるん……」

コック1「魔王様!」

コック2「この程度のシスコン!」

コック3「あなたの手を煩わせるまでもありません!」

129 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:11:51.63 UD+5uslAo 114/230


魔王「あかん、お前ら、それ死亡フラグ!」

コック1「くくく、我らのコンビネーション……」

コック2「貴様に捉えることが出来るかな……」

コック3「たっぷりと料理してやろう……」

黒騎士「見せてやるよ……、闇の力を……!」

130 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:13:39.62 UD+5uslAo 115/230


黒騎士「第二暗黒呪文……」

黒騎士「貴様らごときにはこの程度で充分だ……」

コック1「ふ、腕に闇の力を纏う技か……」

コック2「だが、その程度で我らを倒せるかな?」

コック3「さあ行くぞ!!」

シャアアアア!! ガギィイイン、ガギィイイン、ガギィイイイン!!

131 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:16:08.44 UD+5uslAo 116/230


コック1「なん……、だと……」

コック2「我らの斬撃を……」

コック3「全て防いだだと!?」

黒騎士「ふん、その程度か?」

黒騎士「まだ僕は呪文を発動してすらいないんだぜ?」

コック123「「「なにぃ!?」」」

黒騎士「そしてこれがぁ! 第二暗黒呪文だぁああああ!!」

ドゴォオオオオオオン!!

132 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:18:59.08 UD+5uslAo 117/230


コック1「くっ……、やはり我らはやられ役か」

コック2「あとはお任せします、魔王様……」

コック3「俺達……、あんたと勇者のコンビのファンでした……」

バタッ、バタバタッ

魔王「骸骨コックどもぉおおおおお!!」

魔王「しかし闇の力を纏った斬撃を放ったやと……?」

魔王「ワイの部下やった時はそんな技……」

魔王「まあ、あったな。しかもけっこう使ってたな」

133 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:20:35.20 UD+5uslAo 118/230


黒騎士「さて、残りは魔王、貴様だけだ」

黒騎士「行くぞ魔王ぉおおおおお!!」

黒騎士「お前を倒し、僕は姉さんと添い遂げるぅうううう!!」

魔王「わー―――!! 待て! 話し合おう! 話せば分かるて!」

134 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:24:07.03 UD+5uslAo 119/230


黒騎士「話し合う……?」

魔王「そうや! お互い言葉が通じるもん同士話せば分かる!」

魔王「ワイの仲間に戻れ! そうしたら……」

魔王「世界の半分をやろう!」

魔王「なんやったら、姉さんも添い遂げさせたるわ!」

黒騎士「ふ、それはいい提案だ……、特に後半が……」

魔王「やろ?」

黒騎士「だが断る」

135 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:25:48.14 UD+5uslAo 120/230


魔王「何で!?」

黒騎士「世界などには興味はない」

黒騎士「姉さんとは僕が自力で添い遂げる」

魔王「ほなやったら、姉さん返すから見逃してーや!」

黒騎士「悪いが、姉さんと同じ空気を吸ったものを……」

黒騎士「生かしておくことは出来ん」

136 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:28:42.75 UD+5uslAo 121/230


魔王「何そのお前の低いライン!!」

魔王「低い大体の奴は踏み抜いていくわ!」

魔王「大体それやと、添い遂げたとしても日常生活がでけへんやろ!!」

黒騎士「問題ない、姉さんとは誰もいない無人島で暮らす……」

魔王「このヤンデレシスコン野郎!」

137 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:31:21.22 UD+5uslAo 122/230


タタタタタ……

勇者「んー、魔王どうしたのー……?」

コック長「どうなさいました魔王様!」

黒騎士「ねえ……、さん? ねえさぁあああああん!!」

勇者「うわあああああああ!!」

黒騎士「ねえさぁああああああああん!!」

勇者「いやああああああああ!!」

黒騎士「ねえさああああああん!!」

勇者「私のトラウマあああああああ!!」

魔王「どうしてこうなった」

コック長「知りません」

138 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:33:42.90 UD+5uslAo 123/230


黒騎士「ねえさああああああああん!!」

勇者「くんな! ジリジリと近寄ってくんな!」

黒騎士「姉さん……、僕だよ……、わからないのかい?」

勇者「いや分かるけど! お前は覚えてるけど!」

勇者「色々とトラウマなんだよお前は!」

139 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:36:48.87 UD+5uslAo 124/230


黒騎士「トラウマ……?」

勇者「当たり前だろ!」

勇者「事あるごとに私の旅を邪魔し!」

勇者「装備という装備を破壊する技を使用し!」

勇者「アイテムを使用しようとすると、使う前に奪われ!」

勇者「呪文を使おうとすると、詠唱中に大技を使い!」

勇者「うっかりすると普通にエンカウントに出てくる始末!」

勇者「トラウマじゃなくてなんだ!」

140 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:39:51.47 UD+5uslAo 125/230


黒騎士「最愛の弟だよ姉さん!」

黒騎士「兄さんと義妹が消えた今、ただ一人の肉親だ!」

勇者「兄さん……? 義妹……?」

勇者「うっ、頭が痛い……、思い出せない……」

勇者「何だろう、思い出そうとしてもそれを拒む自分がいる……」

黒騎士「まさか、洗脳!?」

黒騎士「魔王貴様ぁああああ!!」

黒騎士「僕だけではなく姉さんまで洗脳したのかぁあ!」

141 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:43:10.16 UD+5uslAo 126/230


魔王「あー……、そうなような……、そうでもないような……」

勇者「ま、魔王はそんな人じゃないよ!」

勇者「魔王は、その、私が勇者なのにも拘らず」

勇者「仲間に裏切られた私を養ってくれる……」

勇者「それどころか社会復帰のために花嫁修業までさせる!」

勇者「そんな良い人だよ!」

勇者「色々と外道なところもあるけど……」

142 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:45:43.68 UD+5uslAo 127/230


黒騎士「花嫁修業だと……?」

ワナワナワナワナ……

黒騎士「姉さんを嫁にするのはこの僕だぁああああああ!!」

黒騎士「最大暗黒呪文!!」

黒騎士「黒き闇に飲まれよ! 邪なる礎にて地の底へと埋れ!」

魔王「……お家芸?」

勇者「ま、まずいよ魔王! ここら一体が吹き飛ぶ!」

143 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:48:40.85 UD+5uslAo 128/230


ガシィ!!

コック長「させん!」

黒騎士「くそっ! 骸骨コック風情が!」 

黒騎士「僕と姉さんの逢瀬を邪魔するつもりか!」

コック長「魔王様! 今のうちにお逃げください!」

魔王「二代目……、お前……、消えるのか……?」

コック長「あなたと勇者の夫婦漫才……、私、楽しみにしてます……」

魔王「二代目ぇええええ!!」

ギュ!

144 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:51:55.37 UD+5uslAo 129/230


勇者「魔王っ! 飛ぶよ!」

魔王「飛ぶってどこにや!?」

勇者「どこでも良いから!」

勇者「移動呪文展開!!」

キィイイイン

ヒュン!

黒騎士「くそぉおおお!! ねえさああああん!!」

黒騎士「必ず洗脳を解いてみせますからああああああ!!」

145 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:54:10.64 UD+5uslAo 130/230


コック長「ふ……、あの方達のアレは洗脳などではないさ……」

黒騎士「何? 骸骨コック風情が何が分かる!」

コック長「分かるさ!! 例え骨だけのこの体でも!」

コック長「もっともお前には永劫分かるまいがな!」

黒騎士「何の話だ!」

コック長「あの二人の間にあるもの……、それは」

146 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:55:42.03 UD+5uslAo 131/230


コック長「ボケとツッコミの調和……」

黒騎士「何だそれは!」

コック長「調和とはまさしく笑い! 笑いは世界に愛を与えます!」

コック長「そう、この気持ち! まさしく愛だぁああああああ!!」

ゴォオオオオオオオオオ!!

147 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 03:57:17.99 UD+5uslAo 132/230


魔王「――その日、魔王城(二代目)はコック長(二代目)と共に」

魔王「闇の彼方へと消えていったのだった……」

第三話:プロローグがとてつもなく壮大な話:完 続く

149 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:06:11.56 UD+5uslAo 133/230


魔王「あの爆発は……、かっこいい事言おうとして滑った時に発動する」

魔王「最大自爆呪文……」

魔王「二代目ェ……」

魔王「という訳で第四話や」

勇者「血も涙もねぇな」

150 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:08:26.35 UD+5uslAo 134/230


魔王「おおー! そのツッコミや!」

魔王「何か調子戻ってきたみたいやな」

勇者「だって今、私しか一緒に居ないじゃん……」

勇者「それに聞いてたんだ。お前の夜中の話……」

勇者「ツッコミ役が欲しいんでしょ?」

勇者「それなら私、頑張ってツッコミ役するよ!」

151 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:09:59.25 UD+5uslAo 135/230


魔王「うん、キャラが迷子やな」

勇者「それは言わない約束だよ……」

魔王「魔王っていうのかお前って言うのかはっきりせいや」

勇者「じゃあ魔王って呼んで良い……?」

魔王「お前呼びでお願いします」

152 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:14:44.26 UD+5uslAo 136/230


勇者「という訳で私達は今、移動呪文を使い」

勇者「盗賊の国、その端っこの村の宿にいるんだ」

勇者「しかも夢の同室――」

勇者「お前のせいだー―――!!」

魔王「何がや!」

153 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:16:01.27 UD+5uslAo 137/230

勇者「あのヤンデレシスコン弟と」

勇者「出会ったショックでけっこう記憶治ってきたんだよ!」

勇者「まだちょっとぼやけてるけど!」

勇者「うう……、お兄様……、義妹……」

魔王「もっかい記憶消しとこうっと……」

154 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:16:28.75 UD+5uslAo 138/230


……

……………

…………………

155 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:20:01.23 UD+5uslAo 139/230


勇者「ねー魔王魔王ー」

勇者「一緒の布団で寝よ?」

魔王「記憶を消したら消したでデレ期……」

魔王「めんどくさいやっちゃ……」

勇者「ん? なんのこと?」

魔王「ええい! なんでもあらへん!」

魔王(さてどないするか……)

魔王(態度はもうちょっと軟化してほしいけど)

魔王(ツッコミは惜しい……)

魔王(くっ、この究極の二択……、一体どうするか……!)

156 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:21:14.87 UD+5uslAo 140/230


……

…………

………………

157 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:27:03.14 UD+5uslAo 141/230


魔王「そんなわけで勇者は」

魔王「昼はツン期、夜はデレ期に変わる設定が加えられたんやった」

魔王「まあ、ワイのさじ加減一つやねんけどな」

勇者「何言ってんだ、お前」

魔王「アンタの設定の話や!!」

勇者「設定……? 何の話だ……?」

勇者「くそ、それと! 勝手に私の記憶を弄るな!」

勇者「キャラが不安定になる……」

158 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:31:29.33 UD+5uslAo 142/230


魔王「そう言いながら、昨夜はめちゃくちゃ甘えてきたしな」

魔王「相手にせェへんかったけど」

勇者「うう……、そー言う記憶はしっかり残ってるから」

勇者「自分が厭になる……」

勇者「もう今後、記憶弄るの禁止!」

魔王「でも夜になったら大国の事は忘れるよう、術式かけといたで?」

魔王「寝首かかれても厭やし」

159 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:35:06.55 UD+5uslAo 143/230


勇者「大国……、そう言えばそんな事もあったな……」

勇者「お兄様……、義妹……、懐かしい」

魔王「そんな昔の事やないけどな」

魔王「まー昼でもうっすらとしか思い出せよう、しといたから」

魔王「ずいぶん昔のことに思えるんやろうけど」

勇者「洗脳されてる……、私……」

160 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:38:02.04 UD+5uslAo 144/230


魔王「しかしアンタにとったら大国が」

魔王「ワイに楯突く動力源にして原因みたいやね」

魔王「追い出されたのに、魔王を討伐して自国に平和を――」

魔王「みたいな思いでもあったんかい?」

勇者「そんな自分でも分からないこと、私に聞かれても困る」

161 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:40:57.05 UD+5uslAo 145/230


勇者「でもまあ、お前に思いっきり甘えたいと思うのは」

勇者「大国のことを完全に忘れてるときだけだな」

勇者「……うん。自分で言ってて恥ずかしい」

魔王「順調に悪墜ちしてる証拠やね」

勇者「お前のせいだー―――!!」

162 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:44:31.01 UD+5uslAo 146/230


勇者「くそっ! 我ながら確かに故郷の思いがなかったら」

勇者「とっくに悪墜ちしてる自信がある……」

勇者「その……なんだかんだで」

勇者「優しくしてくれるのはもはやお前だけだし……」

魔王「やめて、そういう恋愛色の空気出すの」

魔王「ワイはボケに生きる男なんやー!!」

魔王「ボケに恋愛なんていらんのやー――!」

163 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:47:34.13 UD+5uslAo 147/230


勇者「まったくこれだから童貞は……」

魔王「自分は経験者ですみたいに言うとるけど」

魔王「アンタのどうせそーゆー事は未経験なんやろ?」

勇者「ふん! この私が未経験のはずが無いだろ!?」

勇者「なんなら初体験を賭けたっていいぞ!?」

魔王「……そのボケにはつっこまんとこ」

164 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:51:32.97 UD+5uslAo 148/230


魔王「さて。これからどう動こうかな」

魔王「下手に城とか作ると、また黒騎士が飛んできそうやし」

勇者「うう……、あいつの顔はなるべく見たくない……」

魔王「そんなこというなや。ただ一人の肉親やろ?」

勇者「まともだったらな!? でも見たろ昨夜のアレ!」

勇者「うう、思い出しただけでも寒気がする……」

勇者「ちょっと昨夜の記憶だけ消してくれないか?」

魔王「そこ消すと、アンタデレ期入るからなー」

勇者「うっ……」

165 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:58:23.31 UD+5uslAo 149/230


勇者「ま、まあとりあえず今後の方針については、私はどうこう言うつもりはない」

勇者「一応、お前の家来……、それも奴隷なわけだしな」

魔王「完全に人類側から寝返りおったな」

勇者「ふーんだ」

魔王「まあ、とりあえず三国を支配することにしよか」

魔王「黒騎士は恐ろしいけど、アンタとワイのコンビやったらなんとかなるやろ」

勇者「滅ぼすとかいうボケは? どうするんだ?」

魔王「アレは別にもうええわ。何なら今から魔界に帰ってもええぐらいや」

勇者「……じゃあ一緒に魔界に帰らないか?」

166 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 06:59:59.80 UD+5uslAo 150/230


魔王「ハァ? なんでやねん」

勇者「だって……、もう人間界には居場所はないわけだし」

勇者「私にはお前しか居ないし」

勇者「それなら魔界で暮らすのも悪くないかなーっと」

魔王「意外と昼間でもデレ期はいっとるよね、アンタ……」

勇者「えへへー」

167 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:03:02.05 UD+5uslAo 151/230


魔王「……まあ、アンタを嫁にするかはともかくや」

魔王「別にええ相方やから魔界で養ったってもかまへんけどな?」

勇者「べ、べべ、別にお前の嫁になるつもりはないんだからなっ!?」

魔王「どうしてこうなった」

勇者「……お前のせいだ」

168 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:05:37.61 UD+5uslAo 152/230


魔王「とにかくあの黒騎士をなんとかせなあかん」

魔王「そうせな魔界に帰っても、追いかけてくるであの執念やと」

魔王「一番ええのはアンタの仲間をとっちめて」

魔王「真実を黒騎士に話させる……かな?」

勇者「あとは封印魔術で黒騎士を封印するとかな」

魔王「肉親にも容赦ないね……」

169 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:08:42.95 UD+5uslAo 153/230


魔王「さて、それやったら早速この宿屋から出て」

魔王「三人がおる城へと向かうか」

勇者「魔術師の城は確かぶっ壊しただろ?」

魔王「その流れで大国も滅ぼしたな」

勇者「懐かしいなぁ……」

魔王「ノスタルジィに浸れるぐらい薄れてくれてなによりや」

170 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:16:06.79 UD+5uslAo 154/230


勇者「それじゃあ移動するよ?」

勇者「ココから一番近いのは盗賊の国の城かな……」

魔王「なんで盗賊の国やのに城なんてあるん?」」

勇者「一応統治はされてるんだよ」

勇者「意外と他の国より治安は良かったりする」

魔王「盗賊の国やのに……」

勇者「その代わり、国境とかはとんでもなく治安悪いけどな」

勇者「まさにイメージどおりって感じ」

勇者「この国に入るまでに、何度雷呪文を撃ったことか……」

171 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:18:55.03 UD+5uslAo 155/230


魔王「恐ろしい女や……」

勇者「えへへー」

魔王「ほめてへんからな?」

勇者「んじゃ、手を繋いで?」

ギュ……

勇者「……(カァァ)」

魔王「赤くなんなや」

勇者「移動呪文!」

ビュー!!

172 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:22:42.46 UD+5uslAo 156/230


勇者「という訳で、今、盗賊の国の城の内部」

警備1「侵入者だー――!!」

警備2「大国を滅亡させた勇者と魔王だー―――!!」

警備3「俺達で相手できるわけがねー―――!!」

警備123「皆、逃げろォー―――!!」

魔王「逃げんなや……」

勇者「懐かしいなぁ……」

173 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:35:55.34 UD+5uslAo 157/230


盗賊「これはこれは勇者殿ではありませんか」

勇者「よぉ、盗賊」

魔王「いつも思うんやけど、この世界皆」

魔王「身分と口調のギャップありすぎへんか?」

勇者「お前が言うな」

盗賊「まあ、漫才はそれぐらいにしてくださいませんか?」

盗賊「大方、私を始末しに来たのでしょう?」

174 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:37:53.64 UD+5uslAo 158/230


盗賊「どうぞ、ご自由に」

盗賊「この職業に就くと決めた頃から覚悟は出来ています」

盗賊「世界を揺るがしかねない裏切りをして、その結果失敗した」

盗賊「賭け事に負けるということは、賭け金を支払うということですから」

175 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:40:44.70 UD+5uslAo 159/230


勇者「盗賊……、お前、見た目も口調も紳士なのに……」

勇者「何で私を裏切ったりしたんだ」

盗賊「だって盗賊ですから」

盗賊「盗賊がパーティーの家計管理などで」

盗賊「満足していては名が廃れますよ!」

盗賊「盗賊として! 一世一代の勝負に出なければ!!」

盗賊「そう気づいたのは、あなたが魔王と戦う前夜でした……」

176 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:45:18.95 UD+5uslAo 160/230


盗賊「そこで私は魔法使い、戦士の二人にこう、提案しました」

盗賊「勇者が魔王に勝てば、本格的に大国が世界を支配することになる……」

盗賊「だから勇者が魔王に止めを刺す直前で」

盗賊「裏切り、我ら三人だけの手柄にしよう、と……」

盗賊「馬鹿な二人は簡単にこの話に乗りましたよ……」

盗賊「戦士はともかく、魔法使いが馬鹿なのは少し笑えましたが」

勇者「……何が言いたい?」

177 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:48:49.42 UD+5uslAo 161/230


盗賊「実は私の計画はコレで終わりではなかったのですよ」

盗賊「真の計画は勇者、あなたを魔法使いの城に捕らえてから……」

盗賊「あそこの牢は魔力を封じることの出来るとてつもない牢ですが」

盗賊「ちょっとした技術で鍵を開けることが出来ます」

盗賊「盗賊なら誰にでも出来るような……ね」

178 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:50:49.61 UD+5uslAo 162/230


盗賊「そう! 私は裏切った振りをし!」

盗賊「絶望しきっているあなたを颯爽と助け!」

盗賊「あなたの一番大事なものを盗む手はずだったのです!」

勇者「な、なんだよ、一番大切なものって……?」

魔王「初体験ちゃう?」

盗賊「それはあなたの心です!」

179 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:54:33.32 UD+5uslAo 163/230


勇者「……恥ずかしい」

魔王「自爆呪文が発動せぇへんかったのが不思議やな」

盗賊「うるさい! その計画を! 魔王!」

盗賊「あなたが勇者と共に脱走したことによってぶっ潰した!!」

盗賊「お前が居なければ、今頃勇者と」

盗賊「イチャイチャラブラブ盗賊ライフを送っていたのに!」

盗賊「お前のせいだァー―――!!」

180 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 07:57:58.34 UD+5uslAo 164/230


盗賊「勇者よ! 今からでも遅くない! 私とよりを戻しませんか?」

勇者「なんだよ、その今まで付き合ってたみたいな発言は」

勇者「私とお前は単なる旅仲間だっただろう」

勇者「それに私はもう魔王と……ゴニョゴニョ」

盗賊「お腹にはあなたの子供がいるのよ!」

勇者「お前、男だろ!?」

盗賊「性転換したのよ!」

勇者「してたとしても私は女だから出来ない!」

181 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:02:26.13 UD+5uslAo 165/230


魔王「なんや色恋沙汰の一つもないかと思ったら」

魔王「お相手が奥手なだけやってんなー」

勇者「ん……、どうやらそうみたい」

勇者「あ、『より戻したらええやん』とか言ったら」

勇者「雷呪文数万発食らわすからね?」

魔王「……色恋はともかく、相方を手放す気はないで」

182 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:04:44.57 UD+5uslAo 166/230


盗賊「私を差し置いてイチャイチャしてんじゃねぇー――!!」

盗賊「勇者! 私の元へと戻って来い!」

盗賊「NOというのなら、この城もろとも、ぶっ飛ばす!!」

盗賊「既に地下に大量の火薬を用意している!」

盗賊「あとはこのボタンを押すだけだ!」

勇者「えーっと……、どうぞ?」

183 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:09:03.10 UD+5uslAo 167/230


盗賊「えっ」

勇者「ほら私達、城ぶっ壊しても大国滅ぼしても」

勇者「その瓦礫とか余波とかで倒れてないじゃん?」

勇者「何故ならステータスの耐久力が高いから」

勇者「だから城がぶっ飛んだぐらいじゃ全然問題ないんだよね……」

勇者「お前はどうか知らないけど」

魔王「そういうことやで。やめとけやめとけ」

魔王「そんなことよりお前に頼みたいことがあってな……」

184 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:11:23.78 UD+5uslAo 168/230


盗賊「ちくしょー―――!!」

ポチッ

魔王「あ、押しおった」

勇者「この……、馬鹿!」

ドドー――――ン!!

185 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:11:52.57 UD+5uslAo 169/230


……

…………

………………

186 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:17:23.34 UD+5uslAo 170/230


魔王「……盗賊の国の城までぶっ壊れたか」

魔王「この瓦礫やと、ワイら以外には生きとらへんやろな……」

勇者「まったく盗賊は馬鹿だよ……」

魔王「あいつは生きてるて……、ワイらの心に……」

勇者「それ、自爆呪文?」

魔王「ゴバハッ」

187 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:20:48.44 UD+5uslAo 171/230


勇者「でも別にいいよ……」

勇者「魔王さえいればほかには何もいらないよ……」

魔王「やめて背筋がぞくぞくするわ」

勇者「うふふ……、うふふふふ……」

魔王「悪墜ちやのーて順調にヤンデレルートに……」

188 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:24:47.74 UD+5uslAo 172/230


魔王「……まあ、とりあえず次どうする?」

魔王「魔法使いの国の城もぶっ飛ばしたし」

魔王「あとは戦士の国か」

勇者「そんなことより宿でイチャイチャしよう……?」

魔王「落ち着け落ち着けれれれ冷静になれ」

189 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/08 08:32:10.04 UD+5uslAo 173/230


魔王「その後、ヤンデレモードの勇者はデレ期に変わる」

魔王「夜まで続くのであった……」

魔王「まあ、夜になってもあんまり行動は変わらんかったけどね……」

第四話:盗賊の国の城撃破編:完:続く

197 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 03:45:10.73 c56t4W+3o 174/230


黒騎士「盗賊の国の城に来てみたはいいが……」

黒騎士「時、既に遅しか」

黒騎士「既に瓦礫の山だ」

黒騎士「移動呪文は勇者の洗礼を受けている」

黒騎士「姉さんにしか使えないしな……」

198 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 03:48:24.84 c56t4W+3o 175/230


魔術師「という訳で第五話だヒャー――ハッハッハッハ!!」

黒騎士「うお! びっくりした!」

魔術師「よぉ、黒騎士ちゃん元気ィー?」

黒騎士「お前は確か、姉さんの仲間だった魔法使い……」

魔術師「またの名を魔術師――、まあどっちでも良いけどなぁ」

魔術師「するめというかあたりめというかの違いだし」

魔術師「ヒャー―――ハッハッハッハ!!」

199 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 03:51:11.42 c56t4W+3o 176/230


黒騎士「もっとこう魔術師って落ち着いた雰囲気だろ、普通……」

黒騎士「お前はどっちかって言うと狂戦士って感じが……」

黒騎士「年齢も普通に若いし。まともなのは服装だけだよな」

魔術師「まず形から入れって言うだろォー?」

魔術師「それに俺みたいに才能があるとさァー」

魔術師「老け込むまで修行なんてしなくて良いのよォー」

200 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 03:52:39.97 c56t4W+3o 177/230


魔術師「なーんせ、一度魔方陣を見た呪文なら……」

魔術師「移動呪文だろうが、雷呪文だろうが」

魔術師「自爆呪文だろうが、暗黒呪文だろうが」

魔術師「自分のものに出来ちまうんだからなァー――!!」

201 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 03:58:27.69 c56t4W+3o 178/230


魔術師「まったく――、俺が酒場で酔いつぶれてなけりゃあ」

魔術師「あの二人の脱走も止められたんだがぁ」

魔術師「生憎とハメ外しすぎちまったぜ……」

黒騎士「でも移動呪文が使えるんなら、すぐに追えたはずだろう?」

魔術師「城直したり、犠牲者蘇生してたりしてたんだよぉー――!!」

202 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:01:06.36 c56t4W+3o 179/230


魔術師「おまけにあいつら脱出から三日も経たずに」

魔術師「大国を滅ぼしやがった!!」

魔術師「その上にご丁寧に樹海まで生やしやがってなぁ!!」

魔術師「復興と住民蘇生に、俺が一体どれだけMP使ったと思ってやがる!」

魔術師「国の爺共が煩くなかったら放り出してる作業だぜ……」

203 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:03:27.65 c56t4W+3o 180/230


黒騎士「そ、そうか……」

黒騎士「ということは義妹と兄上も?」

魔術師「もちろん蘇生させたよぉ」

魔術師「魂さえありゃあいくらでも蘇生呪文で蘇生できるからなぁ」

黒騎士「ドラゴソボールもびっくりだな」

204 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:07:32.19 c56t4W+3o 181/230


魔術師「まぁ実質俺が勇者パーティー最強だからなぁ」

魔術師「それぐらい何とでもなるわけよぉ」

魔術師「ただよ――、大国を滅ぼした呪文」

魔術師「ありゃ一体なんだ?」

黒騎士「魔王の呪文じゃないのか?」

魔術師「そんな呪文覚えてたら、とっくに連発して」

魔術師「世界滅ぼしてるはずだろぉ?」

205 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:09:40.90 c56t4W+3o 182/230


魔術師「つまりだ――」

魔術師「いつ覚えたか分かんねぇが、アレは勇者の呪文ってことだよ」

黒騎士「姉さんが……」

黒騎士「おのれ魔王……、姉さんを洗脳するだけじゃなく」

黒騎士「人体改造して、強力な呪文を覚えさせたんだな……」

206 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:12:04.82 c56t4W+3o 183/230


魔術師「洗脳――っていうのもどうかと違うと思うぜぇ?」

魔術師「魔王が操ってるんだったらやっぱり」

魔術師「呪文連発して世界滅ぼしてるはずだしなぁ」

黒騎士「つまり……、姉さんはまだ完全に操られてないと?」

魔術師「いやそうじゃなくて」

207 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:14:29.69 c56t4W+3o 184/230


黒騎士「まだ姉さんを元に戻す手はあると!」

黒騎士「待っててください姉さん――」

黒騎士「ねえさぁあああああああああああん!!」

魔術師(こいつと話してると――)

魔術師(俺が何だかんだで常識人ポジションに)

魔術師(納まってる理由が分かる気がする……)

魔術師(皆、ハッチャケ過ぎなんだよぉ……)

208 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:16:11.48 c56t4W+3o 185/230


魔術師「とりあえず盗賊の城治して」

魔術師「盗賊の奴を蘇生してやるとするかぁ」

盗賊「それには及びませんよ」

魔術師「!?」

魔術師「生きていたのか盗賊――ッッ!」

209 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:18:47.41 c56t4W+3o 186/230


盗賊「ふっ、勇者のパーティーが爆発ごときでくたばる訳ないでしょう?」

盗賊「彼らの法則は私にも通じたわけですよ」

盗賊「まぁあの二人に勝てるはずがないんで」

盗賊「くたばったフリをしていましたが」

魔術師「そぉか、良かったなぁ」

210 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:20:31.46 c56t4W+3o 187/230


盗賊「さて黒騎士さん!」

黒騎士「ねえさぁあああああ……、なんだい?」

盗賊「私達とパーティーを組みましょう」

黒騎士「何でさ?」

盗賊「何でと聞きますか……、答えは簡単です」

211 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:23:23.66 c56t4W+3o 188/230


盗賊「私達が組んだ方が」

盗賊「あなたのお姉さんを救出しやすいからですよ」

盗賊「魔術師の呪文! 私の手際! あなたの戦闘力!」

盗賊「この三つが合わされば、魔王なんて目ではないでしょう?」

黒騎士「たしかにね……」

黒騎士「しかし盗賊、お前は駄目だ」

盗賊「!?」

212 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:24:56.72 c56t4W+3o 189/230


黒騎士「洗脳時代、お前の策によって」

黒騎士「何回、姉さんを取り逃がしたと思ってる!」

黒騎士「どうせ今回も自分だけが美味い思いをする」

黒騎士「策を練っているに決まってる!!」

黒騎士「僕は騙されないぞ!!」

213 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:27:55.07 c56t4W+3o 190/230


魔術師「しかし盗賊の策がねぇとよー」

魔術師「ぶっちゃけ魔王と勇者同時に相手取るのは無理だぜ?」

魔術師「前回あの二人を捕らえられたのも、盗賊の策だし」

黒騎士「そういやさっきから逃がしただの」

黒騎士「捕らえただの言ってるけどさ」

黒騎士「何のことだよ?」

214 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:31:55.29 c56t4W+3o 191/230


黒騎士「お前らは魔王に負けて」

黒騎士「姉さんだけ魔王に捕らえられたって聞いたけど?」

魔術師「え、ああ、お前にはそう言ってあったっけぇ」

魔術師「いやさぁ、実はよぉ……」

ガシッ!

盗賊「何話そうとしてるんですか、魔術師(ヒソッ」

魔術師「えぇ? 俺らが勇者裏切って魔王と一緒に捕らえたこ……」

盗賊「声がでかいッッ!!」

215 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:34:18.72 c56t4W+3o 192/230


盗賊「いいですか、魔術師(ヒソッ」

盗賊「そんなことを今話せば、このヤンデレシスコン野郎は」

盗賊「私達を攻撃してくるに決まってます(ヒソッ」

盗賊「なんせ、最愛の姉を裏切った罪人なんですからね(ヒソッ」

盗賊「それをあなたは……、それに大国ともいずれ戦争になるのに」

盗賊「わざわざ直してしまってどうするんですか(ヒソッ」

216 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:36:42.31 c56t4W+3o 193/230


魔術師「いやだって爺が『困った時はお互い様』って言ってくるしよ……」

魔術師「それにお前はああ言ってたが、ウチの国は基本鎖国主義だし」

魔術師「権力争いとかあんま関わらないタイプなんだよなぁ」

魔術師「裏切ったのもぶっちゃけ」

魔術師「あいつが気に入らなかったからだし(ヒソッ」

217 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:40:55.89 c56t4W+3o 194/230


魔術師「牢に勇者ぶち込むのも大変だったんだぜー?」

魔術師「魔王の見張り役として一緒の牢に入るって」

魔術師「本人が頑固に言い張ってってことでぶちこんだからな(ヒソッ」

盗賊「端から処刑とか考えてなかったわけですか……(ヒソッ」

魔術師「だってうちじゃ、既にアイドルみたいなものだし」

218 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:44:14.19 c56t4W+3o 195/230


魔術師「まったく爺どももあんな貧乳の何処がいいんだか……」

魔術師「しょっちゅう突っかかってきやがるし、小言は煩いしよぉー(ヒソッ」

盗賊(駄目だコイツ……、まったく後先考えてない……)

盗賊(田舎の若者って感じ丸出しだ……)

盗賊(勇者も勇者で世間知らずだったが……)

219 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:46:32.55 c56t4W+3o 196/230


黒騎士「さっきから何二人でこそこそ話してる?」

盗賊「ああ、すいません。ちょっとした情報の行き違いのようです」

魔術師「だそうだ」

盗賊「とりあえず私もついていきます」

盗賊「あなた達二人じゃ出来ることも出来ませんよ」

220 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:49:07.86 c56t4W+3o 197/230


盗賊「第一、あなた達。あの二人が何処に行ったのか」

盗賊「分かってるんですか?」

魔術師「あー……、うちの城、大国、盗賊の城と来てるから……」

黒騎士「戦士の城か?」

盗賊「ふん、一応頭の中に脳みそはあるようですね」

221 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:51:50.13 c56t4W+3o 198/230


盗賊「そうです、次は戦士の城のはずです」

魔術師「よりによって戦士の城かよぉ……」

盗賊「それがどうかしましたか?」

魔術師「あの見た目幼女のところに行くのはな……」

盗賊「まあ、一緒にいるとガリガリと何かが削れていきますもんね」

盗賊(私は勇者一筋でしたが)

222 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:53:24.32 c56t4W+3o 199/230


黒騎士「御託は良い」

黒騎士「さっさと移動呪文を使え」

魔術師「はいよ……」

魔術師「移動呪文!!」

ビュゥウウウウン

223 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:55:26.21 c56t4W+3o 200/230


魔王「一方魔王一向は……」

勇者「何、独り言喋ってんの?」

魔王「細かい事は気にすんなや」

魔王「今、現在。戦士の城で戦士と相対していた」

戦士「ふぇぇ……、絶体絶命だよぅ……」

224 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:57:38.61 c56t4W+3o 201/230


魔王「なんなんあの部屋の端っこで縮こまってる幼女は」

魔王「戦士とやらは何処いったん?」

戦士「ふぇぇ……、私が戦士だよぅ……」

勇者「あれが戦士だ」

魔王「あれが!?」

225 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 04:59:29.20 c56t4W+3o 202/230


勇者「ちなみに男。大国ではもう成人している歳だな」

魔王「見た目完全に幼女やで!?」

勇者「見た目は気にするな」

勇者「ただ、アレがお前の四天王をちぎってはなげちぎってはなげ」

勇者「一騎当千の活躍をしたことだけは頭に入れておけ」

魔王「あれが!?」

226 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:03:11.49 c56t4W+3o 203/230


戦士「ふぇぇ……、裏切ってごめんよぅ……」

勇者「あー一応、何で裏切ったか聞いておこうか?」

戦士「だって裏切りに乗らなかったら、もううめぇ棒くれないって」

戦士「盗賊が言ってたんだよぅ……」

魔王「中身まで幼女やけど!?」

勇者「だがお前の四天王はアレに力負けした」

勇者「黒騎士ですら吹き飛ばされた事は頭に入れておけ」

227 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:05:26.58 c56t4W+3o 204/230


魔王「なんでそんなステータスだけ高スペックなん!?」

勇者「私に聞くな」

戦士「ふぇぇ……、許してよぅ……」

勇者「まぁ、私も許してやろう」

勇者「ただし頼みが一つだけある」

戦士「ふぇぇ……、痛いのは嫌だよぉ……」

228 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:08:06.05 c56t4W+3o 205/230


勇者「別にたいした事じゃない」

勇者「黒騎士はお前達三人が私を」

勇者「裏切った事を証言してくれればいいだけだ」

戦士「ふぇぇ……、それ他の二人にぶたれるよぅ……」

勇者「もしくは黒騎士に私を追ってこないよう教育してくれ」

戦士「ふぇぇ……、後者ならまぁ、別に良いよぅ……」

魔王「後者のほうが高難易度な気がするけど!?」

229 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:11:38.44 c56t4W+3o 206/230


勇者「よし、これで黒騎士の問題はないな!」

勇者「それじゃあ魔界に行こうか、魔王」

戦士「ふぇぇ……、二人とも魔界の行くの……?」

魔王「そうやねん。もうこの世界を滅ぼすのは止めて」

魔王「魔界で二人で漫才すんねん」

230 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:12:36.19 c56t4W+3o 207/230


勇者「漫才じゃなくてイチャイチャだろ?」

勇者「うふふ……、うふふふ……」

勇者「末永くイチャイチャしようね、魔王……?」

魔王「」

戦士「ふぇぇ……、勇者がヤンデレてるよぅ……」

231 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:15:22.56 c56t4W+3o 208/230


魔術師「なんでそんな話になってるんだぁ……?」

盗賊「許しませんよ、くくく、地獄の果てまで追いかけます」

黒騎士「ねぇさぁあああああああああああん!! 目を覚ましてくれぇええ!」

勇者「お、お前らは!」

戦士「ふぇぇ……、いつの間にか全員集合だよぅ……」

勇者「って盗賊、生きてたのか!?」

232 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:19:57.18 c56t4W+3o 209/230


盗賊「当たり前です」

魔術師「えーっとなんだ。この場合お幸せに……なのかぁ?」

戦士「ふぇぇ……、私は別にそれでもいいと思うよぅ……」

勇者「魔術師まで! 一体いつから居たんだ!?」

魔術師「お前らが話し合ってる時からかぁ?」

黒騎士「あ、そうだ、貴様ら姉さんを裏切ってたんだなぁああああ!!」

黒騎士「しかも盗賊、お前が筆頭かぁあああああ!!」

盗賊「私と勇者が添い遂げる計画の一部……、のはずだったんですが」

盗賊「まさかね……」

233 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:22:34.53 c56t4W+3o 210/230


盗賊「魔王に寝取られるとは思わなかったですよぉおおおお!!」

盗賊「さあ黒騎士! 魔術師! 戦士!」

盗賊「魔王を討ち滅ぼし、世界に平和をもたらすのです!」

盗賊「奴の言葉を信じてはなりません!!」

234 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:24:50.12 c56t4W+3o 211/230


魔術師「いや帰ってくれるならよぉ」

魔術師「わざわざ戦わなくても良いんじゃねーのぉ?」

戦士「ふぇぇ……、私もそう思うよぅ……」

戦士「何より勇者の幸せを応援したいよぅ……」

戦士「よく考えたら、うめぇ棒のために仲間を裏切るとか最低だよぅ……」

戦士「国に帰ってから腐るほど買えるぐらい出世したし……」

235 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:27:03.07 c56t4W+3o 212/230


盗賊「ぐぬぬ……、ええい! ならば黒騎士あなただけでも!」

黒騎士「てめぇ何姉さん狙ってんだぁ!!」

ズバァ!!

盗賊「ぐはぁああ!」

魔術師「ああ!! 盗賊が真っ二つに!」

戦士「ふぇぇ……、あとで蘇生するんだよぅ……」

236 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:29:21.43 c56t4W+3o 213/230


黒騎士「そして姉さんの洗脳は僕一人で解く!!」

黒騎士「うぉぉおおおおお!! 行くぞ魔王ぉおおお!!」

黒騎士「究極暗黒呪文!!」

ガシィ!

黒騎士「ぐっ! 離せ戦士!」

戦士「ふぇぇ……、その技は」

戦士「剣を振らなければ出せないはずだよぅ……」

237 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:32:39.64 c56t4W+3o 214/230


魔術師「まあ、使っても俺が相殺すりゃ良いだけの話だがぁ」

魔術師「もう、てめぇの攻略法は知れてんだよ」

魔術師「なんせ十回以上戦ってきたからな!」

魔術師「ヒャー―――ハッハッハッハッハ!!」

黒騎士「くっ! だがこのままの状態がそのまま続くと思うな!」

黒騎士「僕は何があろうと姉さんと添い遂げる!!」

238 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:35:13.68 c56t4W+3o 215/230


黒騎士「戦士だって永久にこうして抱きついている気かっ!?」

戦士「ふぇぇ…・・・、抱きついてるんじゃなくて……」

戦士「鯖折りだよぅ……」

黒騎士「ふん! どちらにしても長くは続くまい!」

戦士「ふぇぇ……、予想以上に愛が重いよぅ……」

戦士「こりゃあ教育できないかもだよぅ……」

239 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:37:56.51 c56t4W+3o 216/230


ダンッ

執事「…………」

勇者「お、お前はッッ!」

一同「「「「セバスチャン!!」」」」

執事「…………・」

勇者「何も言わないが、黒騎士の教育は」

勇者「任せろと言う気持ちが伝わってくる……」

240 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:39:49.67 c56t4W+3o 217/230


執事「…………」

魔術師「あ、相変わらずなにもいわねぇが……」

魔術師「既に魔界へのゲートを用意しておきましたよ」

魔術師「という意思が伝わってくるぜ……」

執事「…………」

戦士「ふぇぇ……、何も言ってないはずなのに……」

戦士「黒騎士はもう離しても構わないと言われた気がするよぅ……」

241 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:41:30.36 c56t4W+3o 218/230


執事「…………」

黒騎士「」

黒騎士「分かった、ぐすっ、ううっ、姉さんの幸せのためなら……」

黒騎士「僕は身を引く事にするよ……」

魔王「あの黒騎士が……」

魔王「一体どんな意思が伝わってきたんや!?」

魔王「というかなんでしゃべらへんねんあの人!」

242 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:42:46.25 c56t4W+3o 219/230


執事「…………」

勇者「セ、セバスチャン……」

勇者「うん、分かった……、幸せになるねっ!」

勇者「今までありがとう!」

魔王「片方なんも喋ってへんのに凄い感動のシーンみたいや!」

243 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:44:39.89 c56t4W+3o 220/230


執事「…………」

魔王「うっっ!」

魔王「何も言われてへんのに」

魔王「勇者を幸せにせんと何か」

魔王「とてつもない目にあわされる気がしたで……」

魔王「これが無言系主人公って奴やな……!!」

244 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:46:38.24 c56t4W+3o 221/230


勇者「うん、セバスチャンは前回の勇者だったらしいよ?」

勇者「前回の魔王は残念ながら、BADEND直行だったらしいね」

執事「…………」

勇者「え?」

勇者「あの義妹が前回の魔王だったって……?」

勇者「え、でも……なんで?」

245 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:48:47.29 c56t4W+3o 222/230


執事「…………」

勇者「時ガ経てば、いつか善の心を」

勇者「手に入れてくれると思った……?」

執事「…………」

勇者「まあ、お兄様の事は本当に愛してるみたいだけど……」

勇者「また、世界征服をもくろむってことはないの?」

執事「…………」

246 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:50:35.91 c56t4W+3o 223/230


勇者「私やあなたが倒れても第二、第三の勇者がって……」

勇者「無責任なっ」

執事「…………」

勇者「んー、なら安心、かな?」

魔王「何話してるか全然わからへんからな?」

247 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:52:28.50 c56t4W+3o 224/230


魔王「そういや、何でこの人、途中でパーティーから離脱したんや?」

執事「…………」

魔王「若い芽を育てるため、身を引いた的な意思が伝わってくる!」

魔王「恐ろしいわ、この人……」

勇者「前回勇者だからねー」

勇者「さてと、魔王ー――?」

248 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:55:18.34 c56t4W+3o 225/230


魔王「なんや?」

勇者「セバスチャンがこの城の中庭に」

勇者「魔界へのゲート用意してくれたみたいだし」

勇者「私達、そろそろ出発しよ?」

勇者「で、魔界でイチャイチャしよ?」

魔王「……そういや、大国が復活したらしいな」

魔王「ということは記憶戻しても問題ないよな?」

魔王「記憶復活の呪文!」

魔王「ぺぺぺぺそそそそがあらあらっがぷ!」

249 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:57:21.74 c56t4W+3o 226/230


勇者「むぐはぁ!!」

勇者「……………」

魔王「どや」

勇者「どうって言われてもね……」

勇者「記憶戻っても全然気持ちは変わらない……かな」

250 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 05:59:27.74 c56t4W+3o 227/230


勇者「ほら! 早く魔界に行って一目を気にせずイチャイチャしよ!」

ガシッ

魔王「あ、ちょ、ひっぱんなや! まだ心の準備が!!」

勇者「子供……、十人ぐらいは欲しいな♪」

魔王「枯れるわそんなん!」

251 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 06:03:00.34 c56t4W+3o 228/230


魔王「どうしてこうなった!!」

黒騎士「お前のせいだぁあああああ!!」

魔術師「お前のせいだよなぁ」

戦士「ふぇぇ……、お前のせいだよぅ……」

盗賊(返事がない、ただのしかばねのようだ)

勇者「――うん、魔王のせいだね♪」

252 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 06:06:19.83 c56t4W+3o 229/230


執事「…………」

執事「こうして、夫婦漫才を始める事になった二人は」

執事「魔界ではあまり売れませんでしたが」

執事「魔王の実家が大金持ちだったので、金銭の問題はなく」

執事「末永く二人でイチャイチャしましたとさ」

第六話:どうしてこうなったのか作者でもわからない:完

253 : ◆frbdKqL9ret4 - 2012/03/10 06:06:52.64 c56t4W+3o 230/230


勇者「どうしてこうなった!!」魔王「いやしらんがな」:END

記事をツイートする 記事をはてブする