1 : 名無しさ... - 19/05/15 00:00:22 huq 1/12

アイドルマスターシンデレラガールズです。

千川ちひろ「休みが欲しい!」佐藤心「はぁとに言われましても」
http://ayamevip.com/archives/54888739.html

これと世界観同じです。心さんとちひろさんがお友達です。

元スレ
佐藤心「ついにソロ曲だぞ☆」千川ちひろ「おめでとうございます」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1557846022/

2 : 名無しさ... - 19/05/15 00:00:51 huq 2/12

事務所

(ついに……ついにはぁともソロ曲かぁ……☆)

(ここまで色々あったなぁ……)

「っと、やべ☆ 色々思い出したら泣けて来ちゃったぞ☆」

「嬉しい事なんだから泣いてちゃもったいない! スウィーティーな日にしなきゃね☆」

「おっつスウィーティー☆ ……って誰も居ないか。電気電気っと……」

モバP(以下P)「……」

「って!? ぎゃあああ!? 誰!? 誰なの!? 不審者!? 犯罪者!?」

「……」

「ってなんだよ☆ プロデューサーじゃん☆」

「どしたの? 電気も点けずに黙ったままで」

「……これ」

「ん? どれ?」

「あ……」



3 : 名無しさ... - 19/05/15 00:01:17 huq 3/12



ちひろ(ふぅ。思ったより遅くなっちゃった)

ちひろ(早く戻らないとまた泊まりになっちゃうかも知れないし……)

ちひろ「ただいま戻り……何してるんですか」

「……」

「……」

ちひろ「もしもーし?」

ちひろ(えぇ……。何、この……何……)

ちひろ「いつもおかしい心さんならともかく。プロデューサーさんまでどうしたんですか」

「……」

ちひろ「あの、無表情でこっち見るの止めてもらえません? 不気味です」

「……」

ちひろ「今、心さんに止めろと言ったばかりなんですけど」

4 : 名無しさ... - 19/05/15 00:03:02 huq 4/12

「……」

「……」

ちひろ「なんなんですか、二人して机の上を指さして……」

ちひろ「……あぁ」

「……」

ちひろ「夢じゃないですよ」

「……マジ?」

ちひろ「マジです。証拠に一発ビンタしますね。えいっ☆」

「いって☆」

「んもぅ☆ やったな~ちひろちゃんめ~♪」

ちひろ「うふふ♪ 悔しかったらやり返してごらんなさ~い」

「待て待て~♪ あはは☆」

ちひろ「うふふ、あはは」

ちひろ「満足ですか」

「はい」

ちひろ「プロデューサーさんもいい加減こっちに帰ってきてください」

「はっ!?」

「これは夢!? 夢だったのか!?」

ちひろ「机の上をよく確認してください。夢じゃないです」

「お、おおぉ……! 夢じゃない……! 現実……!」

5 : 名無しさ... - 19/05/15 00:03:26 huq 5/12

「心さん!」

「プロデューサー!」

「現実ですよ! これは現実なんですよ!」

「うん! 現実なんだよね!」

ちひろ「はいはい。現実ですよー」

「ね、ねぇ。触っても……いい?」

「どうぞ!」

ちひろ「はい」

「おぅふっ……。ほわぁ……」

「どう……ですか?」

「……うん」

ちひろ「泣かないでくださいよ、大袈裟な……。はい、ハンカチ」

「ありがど……」

「……これってはぁとのだよね」

「そうです。心さんの、心さんのためだけのです」

「そっかぁ……はぁとのかぁ……♪」

「にゅふふふ……☆」

ちひろ「なんですか気持ち悪い……」

「だってさ☆ ほら、見てよこれ。ほら。はぁとのだよ? はぁとの☆」

ちひろ「わかってますって」

6 : 名無しさ... - 19/05/15 00:04:44 huq 6/12

「プロデューサー……。はぁと、ついにここまで……ここまで来ちゃったぞ☆」

「はい! ついにここまで来ました! やっとです!」

「はぁとの……ソロCD……!」

「そうです! 心さんの……ソロCDですよ!」

「うおぁぅえぉぅあぁぁあぁぁぅ……!」

ちひろ「えぇ……。泣くならもうちょい上品な声出してくださいよ……」

「だっでぇ……! はぁどの゛CDだもん゛……!」

「……」

ちひろ「プロデューサーさんも天を仰がないでください」

「すみません……。上を向いていないと涙が零れるんです……」

「ぷろでゅぅざぁ……!」

「し、心さん……!」

「ソロ曲……! ソロCDだよぅ……!」

「はい……! 心さんの『しゅがーはぁと☆レボリューション』です!」

「はぁとの『しゅがーはぁと☆レボリューション』……!」

7 : 名無しさ... - 19/05/15 00:05:20 huq 7/12

ちひろ「色々と大変だったんですからね。感謝してくださいよ?」

「うん……ありがとう、ちひろちゃん……」

ちひろ「……素直に感謝されるとむず痒いですね」

「抱きしめてちゅーしてあげる」

ちひろ「やめて! やめてください!」

「いいじゃん! はぁとの感謝と愛を受け取れよ☆」

ちひろ「そういうのはプロデューサーさんにしてください!」

「……プロデューサー!」

「心さん……!」

ちひろ「なんて力強いハグ……、いや抱擁か」

「ありがとうと言う言葉しか出てこない」

「俺もです。ありがとう、心さん」

「はぁとこそありがとう。ありがとう、プロデューサー。ありがとう、ちひろちゃん」

ちひろ「……はいはい」

8 : 名無しさ... - 19/05/15 00:05:56 huq 8/12

「ねぇ、ちょーっとだけ聴いても良い?」

「聴きましょう。サンプルなんで開封しても大丈夫ですよ」

「……開けていいの?」

ちひろ「開けずにどうやって聴くんですか」

「はぁとが開けていいんですか!?」

「心さんのCDです。心さんが開けずに誰が開けるんですか」

「お、おう……!」

「い、いきます……!」

「……!」

ちひろ「……」

「はー……はー……! よし……! 開けるぞ……! 開けるから! よし、よしっ!」

「やぁ~ん♪ やっぱもったいな~い☆」

ちひろ「早くしてくれませんか!?」

「あ、はい。すんません」

「じゃあ、開けます」

9 : 名無しさ... - 19/05/15 00:06:23 huq 9/12

「お……、おぉ……!」

「CDだ……!」

ちひろ「あ、良い感じですね。発注通りですね」

「ねぇこれ触っても大丈夫なやつ!? 爆発したり『てってれー』って看板出てこない!?」

ちひろ「なんの話してんですか……。大丈夫に決まってるでしょう」

「あ、心さん待って! 写真! 写真撮らせて!」

「CD顔の横にお願いします!」

「こう?」

「完璧です。じゃあ撮りますね、はいスウィーティー」

「スウィーティー☆」

「素晴らしいです。最高です」

「被写体も良いからな☆」

ちひろ「はーい、CDプレイヤーでーす」

「あ、どもっす」

10 : 名無しさ... - 19/05/15 00:06:54 huq 10/12

「じゃあ……再生ボタンをぽちっとな☆」

ちひろ「センスが古い……」

「やかましい☆」

CDプレイヤー『~~♪』

「……」

「……」

ちひろ「……」

「……ぐすっ」

「……あぁ」

ちひろ「……良い曲ですね」

「……はい。心さんの……しゅがーはぁとの魅力がたっぷり詰まった良い曲です」

ちひろ「ほら、泣いてる場合ですか。心さんの曲ですよ」

「わかってる……わかってるけどぉ……!」

「涙が……溢れて止まらないんだよ……。だってやっとはぁとの曲なんだよ? 誰かと一緒じゃなくて、はぁとだけの曲なんだよ……!」

「『しゅがーはぁと☆レボリューション』は……はぁとの曲なんだぞ……☆」

ちひろ「……わかってますって」

11 : 名無しさ... - 19/05/15 00:07:43 huq 11/12

ちひろ「……本当に良い曲ですね」

「んふふ☆ そうだろ☆ そうだろ☆」

「スウィーティーがたーっぷり詰まったしゅがーはぁとの曲だからね♪」

「ほら、もう☆ プロデューサーもいつまでも泣いてんな☆」

ちひろ「心さんこそ涙止まってないですよ」

「そういうちひろさんこそ、目尻に涙が」

「えへへ……♪」

「へへっ……!」

ちひろ「……♪」

ちひろ「「心さん、ソロ曲おめでとうございます!」」

「ありがと♪」

「よ~っし! これからはぁとはどんどん『しゅがーはぁと☆レボリューション』でみんなにスウィーティーを振り撒くぞ☆」

「せーのっ……!」

ちひろ「「「スウィーティー☆」」」

End

12 : 名無しさ... - 19/05/15 00:12:57 huq 12/12

以上です。

2019年5月15日です。
本日はCINDERELLA MASTER052~054の発売日です。
054には佐藤心が歌う『しゅがーはぁと☆レボリューション』が収録されています。
ついに心さんがソロ曲を歌います。歌っています。
とても素晴らしい曲です。しゅがーはぁとをこれでもかと詰め込んだ、まさにしゅがーはぁとのための曲です。
買ってくれとは言いません。レンタルや同僚から借りてでもいいので、一度フルを聴いてください。歌詞を見ながら聴いてください。
しゅがーはぁとがそこに居ます。
スウィーティーがそこにはあるんです。
どうか、どうか『しゅがーはぁと☆レボリューション』を聴いてください。お願いします。
そして、これからも佐藤心をよろしくお願いします。

では、お読み頂ければ幸いです。

記事をツイートする 記事をはてブする