1 : 以下、名... - 2017/10/27 23:49:38.61 RkYNFdvc0 1/79



ーサタニキア邸―


サターニャ「はあ……暇ね……」

サターニャ「何か面白いことはないかしら」

サターニャ「……」

サターニャ「そういえば……今日はラフィエル来ないわね。どうしたのだろう?」

サターニャ「何時もなら勝手に家に入ってくるのに」


サターニャ「…………」ハッ

サターニャ「いや! 別に寂しいから来て欲しいわけではないけど!!」

サターニャ「……」

サターニャ「暇だしテレビでも見ましょうか」ピッ




元スレ
ヴィーネ「ドッキリを」サターニャ「仕掛けるわよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509115778/

2 : 以下、名... - 2017/10/27 23:51:09.42 RkYNFdvc0 2/79




『では、今からドッキリを仕掛けたいと思います!』ワーワー パチパチパチ


『本日のドッキリ企画はこちら!』ババン




サターニャ「ドッキリ? ふーん、下界のテレビ番組はくだらないことやっているのね」

サターニャ「まあ、暇だから見てあげましょうか」





~テレビ視聴後~


サターニャ「……」キラキラ

サターニャ「なにこれ! 面白そう! 私もやってみたい!」

サターニャ「明日、学校で誰かにしましょう!」



3 : 以下、名... - 2017/10/27 23:52:49.42 RkYNFdvc0 3/79



―翌日 学校―


ヴィーネ「ドッキリ?」

サターニャ「そう、ドッキリ! ヴィネット、一緒にしましょう!」

ヴィーネ「……私は遠慮しとこうかしら」

サターニャ「ええー!! なんでよ! 絶対面白いわよ!」

ヴィーネ「ごめんね……ドッキリとかはあんまり乗り気がしないのよ」


サターニャ「そう……面白いイベントだと思うんだけどな」

ヴィーネ「……」ピクッ


4 : 以下、名... - 2017/10/27 23:54:47.82 RkYNFdvc0 4/79



サターニャ「もしかしたら……ドッキリで驚かせることで、魔界からの仕送りも上がるかもしれないわね」


ヴィーネ「……」ピクピクッ


サターニャ「一番の面白い所は……仕掛けた相手の反応が分かることね!」


ヴィーネ「……」


サターニャ「残念ねー、ガヴリール達の普段見られない表情が見れるチャンスかもしれないのにねー」チラチラッ


ヴィーネ「!!」



サターニャ「そっかー、それじゃあ別の人と「サターニャ」」ガシッ

ヴィーネ「ドッキリをするわよ!」

サターニャ「ヴィネット!!」

サターニャ「その言葉を待ってたわ!」



5 : 以下、名... - 2017/10/27 23:56:44.49 RkYNFdvc0 5/79



ヴィーネ「ところで、ドッキリするのはいいんだけど、最初は誰にするの?」

サターニャ「まだ決めていないわ!」

ヴィーネ「まあ、そうだと思ったわ。ただ、相手を傷つけたり、不快な思いを抱かせたりするようなドッキリはやめましょう」


サターニャ「勿論よ! あくまで娯楽の一種だからそんなことはしないわ!」

ヴィーネ「ふふ……サターニャのそういうところ好きよ」クスッ

サターニャ「そ、そんなことよりさっさと考えるわよ///」プイッ


6 : 以下、名... - 2017/10/27 23:58:31.19 RkYNFdvc0 6/79



ヴィーネ「そうね……ドッキリは初めてだから、最初は簡単なことからしましょう」

サターニャ「簡単なドッキリね……あっ」

ヴィーネ「? どうしたのサターニャ?」

サターニャ「ヴィネット! 最初のターゲットを見つけたわよ!」ビシッ




黒奈「……」テクテク




ヴィーネ「あれは……黒奈ちゃんね」


ヴィーネ「!」ピコーン


ヴィーネ「そうだ! サターニャ、―――――――――」ゴニョゴニョ


サターニャ「ふんふん…………いいわね! その案採用!」



7 : 以下、名... - 2017/10/27 23:59:35.13 RkYNFdvc0 7/79




ヴィーネ「それじゃあ、黒奈ちゃんに」サターニャ「ドッキリを仕掛けるわよ!」



ヴィネサタ「「おーー!!」」





9 : 以下、名... - 2017/10/29 13:33:54.12 Kdeb973/0 8/79



黒奈「……」テクテク

サターニャ「……」キョロキョロ

黒奈「……?」

黒奈(あれは…………胡桃沢先輩。周囲を警戒してどうしたんだろう……?)





黒奈「あの……胡桃沢先輩……」

サターニャ「ひいっ……!」ビクッ

黒奈「」ビクッ



10 : 以下、名... - 2017/10/29 13:35:04.38 Kdeb973/0 9/79



サターニャ「な、なんだ……黒奈ね」

黒奈「……」

黒奈「先輩……どうかしました……?」

サターニャ「えっ!? い、いやなんでもないのよ!」

サターニャ「黒奈でよかったわ」ボソッ



黒奈「!! 今、(『黒奈でよかった』って言った……何か悪い予感が……)」


黒奈「先輩……なにかありました……? よかったら私に……話してくれませんか?」


11 : 以下、名... - 2017/10/29 13:35:55.30 Kdeb973/0 10/79



サターニャ「……」

黒奈「……」

サターニャ「ヴィネットを……」

黒奈「……?」

サターニャ「ヴィネットを見なかった?」

黒奈「月乃瀬先輩ですか……?」

サターニャ「そ、そうよ……こっちに来なかった?」

黒奈「月乃瀬先輩は来ていませんが……なにかあったんですか?」


12 : 以下、名... - 2017/10/29 13:37:24.16 Kdeb973/0 11/79



サターニャ「えっ……えーとね……実は」



「あっ! サターニャここにいたのね♪」



サターニャ「ヴぃ、ヴィネット!?」

黒奈「月乃瀬先輩?」クルッ




悪魔姿のヴィーネ「あら、黒奈ちゃんもいたのね」ゴゴゴ…




黒奈(なんで……悪魔の姿になっているの? それに……この禍々しい雰囲気は……)ゾクッ


ヴィーネ「もう……サターニャったらなんで逃げるのよ!」

サターニャ「ご、ごめんなさい! も、もう悪いことはしませんから!」ブルブル


13 : 以下、名... - 2017/10/29 13:38:25.46 Kdeb973/0 12/79



ヴィーネ「駄・目・よ♪ あんなことしたら罰を受けなきゃ! だからね……」





ヴィーネ「死んで償え」 ドスッ




サターニャ「えっ……」グサッ


サターニャ「ヴィ、ヴィネット……なんで……」ドサッ



14 : 以下、名... - 2017/10/29 13:39:23.86 Kdeb973/0 13/79



黒奈「!?」

黒奈(月乃瀬先輩の三叉槍で胡桃沢先輩を……刺して……)ガクガク


ヴィーネ「さて……次はあなたの番ね。黒奈ちゃん」

黒奈「わ、私……?」ブルブル

ヴィーネ「そうよ。目撃者も一緒に始末するのは常識でしょ?」

黒奈「そんな常識……聞いたことないです……」ジリジリ

ヴィーネ「そう……まあ、サターニャと一緒に居たのが運の尽きね」

黒奈(ロンギヌスの槍……駄目……! 間に合わない……!)





「さようなら、黒奈ちゃん」シュンッ





15 : 以下、名... - 2017/10/29 13:40:27.83 Kdeb973/0 14/79



黒奈「……っ!」ギュッ


黒奈「……」


黒奈「…………」


黒奈「………………?」チラッ




ヴィーネ「黒奈ちゃん!」サターニャ「黒奈!」


「「ドッキリ大成功!!」」




16 : 以下、名... - 2017/10/29 13:41:45.78 Kdeb973/0 15/79




黒奈「……え?」

サターニャ「どうだった? 私達のドッキリは!」

ヴィーネ「初めてのドッキリだけど上手くいったかしら?」

黒奈「……」

ヴィーネ「? 黒奈ちゃん?」

黒奈「……」ポロポロ


ヴィーネサタ((な、泣いてるー!?!?))


ヴィーネ「あ、あの……ごめんなさい黒奈ちゃん!」ペコッ

サターニャ「も、もしかして魔界ジョークの度を過ぎていたかしら?」アワアワ

黒奈「いえ……違うんです……」

黒奈「これがドッキリで……本当によかったです」グスッ

ヴィーネ「ごめんね…‥黒奈ちゃん」

サターニャ「……やりすぎてごめん」



17 : 以下、名... - 2017/10/29 13:43:09.68 Kdeb973/0 16/79



―――――――――――― 
――――――― 
――――


黒奈「それで……なぜあんなドッキリを?」

サターニャ「昨日テレビ番組でドッキリ企画をやっていてね。それで、面白そうだから誰かにしようと思ったの」

ヴィーネ「私も誘われて……サターニャと一緒にやることになったわ」


黒奈「そうでしたか……あっ」

黒奈「そういえば……さっき胡桃沢先輩に槍が貫通してたような……?」

サターニャ「ああ、魔界通販で手に入れたドッキリグッズね! 貫通したように見せることが出来るのよ!」

ヴィーネ「本当に魔界通販は変な物を売っているわね」

サターニャ「他にも色々あるから試したいわね!」



18 : 以下、名... - 2017/10/29 13:44:01.14 Kdeb973/0 17/79



黒奈「……他の人にもドッキリするんですか?」

ヴィーネ「今のところ実行しようと考えているのは、ガヴ、ラフィ、タプちゃんね」

黒奈「!!……頼みたいことがあります」

ヴィーネ「なにかしら?」

黒奈「千咲にドッキリをする時は……私も混ぜてください」

サターニャ「いいわよ! 私達の助手として働いてもらうわ!」

ヴィーネ「もう! サターニャ!」


黒奈「ありがとうございます……では……」ペコリッ スタスタスタ



19 : 以下、名... - 2017/10/29 13:50:44.12 Kdeb973/0 18/79



サターニャ「……」

ヴィーネ「……」

サターニャ「ねえ、ヴィネット。感想はどう?」

ヴィーネ「……そうね」

ヴィーネ「さっきのはやり過ぎたけど……楽しかったわ!」

サターニャ「そうでしょ、そうでしょ!」

ヴィーネ「それで……次は誰にする?」ワクワク

サターニャ「結構、乗り気じゃない。うーん……次は」



サターニャ「ラフィエルね!」



ヴィーネ「ラフィか……勘がよさそうだから、気づかれないように注意しないとね」

サターニャ「大丈夫! 私に任せなさい!」

サターニャ「ラフィエルにするドッキリはすでに考えているわ! とっておきのをね!」


ヴィーネ「そう……それならラフィに仕掛けるわよ!」



21 : 以下、名... - 2017/10/31 00:06:31.33 AnteL2Q30 19/79


―――――――― 
――――― 


―放課後 廊下―


ラフィエル「……」スタスタ

ラフィエル「サターニャさん達はどこに行ったのでしょうか……」スタスタ

ラフィエル「ヴィーネさんと急いで、教室を出ていくのは見かけましたが……中々お二人は帰ってきませんね」

ラフィエル「鞄は置いてありましたね……まだ、下校してないと思うのですが」

ラフィエル「……」

ラフィエル「仕方ないです、千里眼を使いましょう……ただ、これ結構疲れるんですよね」センリガンハツドウ



22 : 以下、名... - 2017/10/31 00:07:43.18 AnteL2Q30 20/79



ラフィエル(昨日は私用でサターニャさんの家には行けなかったので、今日は訪問したいですね)

ラフィエル(最近は勝手に家にお邪魔しても、邪険に扱われることはなくなりました。大きな進歩ですね)

ラフィエル(……もっと、サターニャさんと仲良くなりたいな)


ラフィエル「あっ、見つけました」



ヴィーネ『―――――』

サターニャ『――――――』

ヴィーネ『―――――』



ラフィエル「ん? 私達の教室にいますね……さっきまで、居なかったはずですが……」

ラフィエル「こんな時間に誰も居ない場所で、何を話しているのでしょうか?」

ラフィエル「……とりあえず、教室に向かいましょう」スタスタ




23 : 以下、名... - 2017/10/31 00:09:13.51 AnteL2Q30 21/79



―教室手前―


ラフィエル「さて、このまま入ってもいいのですが……それでは面白くないので、盗み聞きしましょう!」

ラフィエル「わたし、気になります!」ヒョコッ




ヴィーネ『サターニャ……具合はどう?』

サターニャ『ええ……前より、随分とよくなったわ』

ヴィーネ『そう……あまり無茶しないでね』

サターニャ『分かっているわ』




ラフィエル(……? サターニャさんは風邪でしょうか? 体調が悪いとは珍しいですね)



24 : 以下、名... - 2017/10/31 00:10:26.31 AnteL2Q30 22/79



ヴィーネ『……グスッ……ヒック』



ラフィエル(……ん?)



サターニャ『ヴィネット……泣かないで……私は大丈夫だから……ね?』

ヴィーネ『うん……そうね』

ヴィーネ『ごめん……サターニャが一番つらいのに……私ったら』ゴシゴシ

サターニャ『……ありがとう。その優しさでまだまだ頑張れそうよ』ニコッ

ヴィーネ『サターニャ……』



ラフィエル(……)



25 : 以下、名... - 2017/10/31 00:13:28.83 AnteL2Q30 23/79



サターニャ『……』

ヴィーネ『……』

ヴィーネ『なんで……なんでサターニャなのかな……?』

サターニャ『……分からないわ。まっ、今更落ち込んでも仕方ないわ!』

サターニャ『だから、あんた達はもっと笑っていなさい!』


ヴィーネ『……』

ヴィーネ『……笑えないわよ』


サターニャ『……』


ヴィーネ『だって……! だってサターニャの命が……!』

ヴィーネ『残り一か月だなんて……あんまりじゃない!』




ラフィエル「……………………えっ?」



26 : 以下、名... - 2017/10/31 00:15:01.49 AnteL2Q30 24/79



サターニャ『こればっかりは仕方ないわね……ただ、最後の時間をあんた達と一緒に過ごしていたい』

ヴィーネ『サターニャ……』ポロポロ

サターニャ『だから元気を……ゴホッ、ゴホッ!』ビチャッ

ヴィーネ『さ、サターニャ……あなた、血が……』

サターニャ『今日は大丈夫だと思ったんだけどな……』ハアハア

ヴィーネ『わ、私保健室から救急箱取ってくる! それまで待っていて!』

サターニャ『うん……お願い』ハアハア



ガラガラ



ラフィエル(ヴィーネさんがこっちに来る! どこかに隠れないと!)サッ



タッタッタッ……



ラフィエル「……」

ラフィエル「サターニャさんの命が残り一か月……?」

ラフィエル(それでは……サターニャさんは今まで無理をして……)



27 : 以下、名... - 2017/10/31 00:16:31.66 AnteL2Q30 25/79




サターニャ『はあ……はあ……』ドサッ




ラフィエル「!! さ、サターニャさん!」ガラガラ ダッ



サターニャ「……ラフィエル?」ハアハア

ラフィエル「だ、大丈夫ですか!? サターニャさん!」

サターニャ「大丈夫よ……これくらい大したことないわ……それよりも」

サターニャ「あんた、もしかして……さっきの話を聞いてたの?」

ラフィエル「そんなことどうでもいいです!」

ラフィエル「なぜ……! なぜ、今まで黙っていたんですか!」

サターニャ「……迷惑を掛けたくなかったのよ。それに……皆と一緒に居る時間を大切にしたかった……」

ラフィエル「……っ!」ギュウウ

サターニャ「ラフィエル……苦しい」

28 : 以下、名... - 2017/10/31 00:17:56.34 AnteL2Q30 26/79



ラフィエル「……」グスッ

サターニャ「泣かないでよ、ラフィエル……あんたに泣き顔なんか似合わないわよ」

ラフィエル「サターニャさん……」ギュウウ

サターニャ「なに……? ラフィエル」

ラフィエル「私……今まで、サターニャさんに迷惑を……!」

サターニャ「言わなくていいわ。あんたに……迷惑を掛けられた覚えはない……」


ラフィエル「で、でも……! 私は……! 勝手に家に入ったり、いじったり……!」グスッ

ラフィエル「サターニャさんの……っ! 優しさに甘えて……っ!」ポロポロ

ラフィエル「好き勝手にやって……っ! それで……!」ポロポロ

サターニャ「あはは……何言ってるのよ……いつも構ってくれるあんたは……」


サターニャ「私にとって支えになっていたのよ」



29 : 以下、名... - 2017/10/31 00:19:23.69 AnteL2Q30 27/79



ラフィエル「……っ!」

ラフィエル(今、ようやく理解した……私はサターニャさんのことを……)


ラフィエル「サターニャさん」

サターニャ「……なに?」


ラフィエル「好きです……」


サターニャ「そう……あんたの口からそんな言葉を聞けるなんて……嬉しいわね」

ラフィエル「好きです。あの時、お会いしたあの日から……ずっと……」



30 : 以下、名... - 2017/10/31 00:20:48.07 AnteL2Q30 28/79



サターニャ「……ありがとう。本当にありがとう……それしか言葉に……でき……ない……」ガクッ

ラフィエル「サターニャさん?」

ラフィエル「サターニャさん!」ユサユサ


サターニャ「」


ラフィエル「……」

ラフィエル「サターニャさん……」

ラフィエル「あ……ああ……」

ラフィエル「ああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

ラフィエル「サターニャさん……っ! サターニャさん……っ!!」



31 : 以下、名... - 2017/10/31 00:21:39.72 AnteL2Q30 29/79



ヴィーネ「ラフィ……」

ラフィエル「ううううううぅぅぅぅぅ……」ポロポロ

ヴィーネ「え、えっーと……」オロオロ

サターニャ「ラフィエル」ムクッ

ラフィエル「………………え?」




サターニャ「ドッキリ大成功!!」



ヴィーネ「ドッキリ大成功……」ボソッ


32 : 以下、名... - 2017/10/31 00:22:37.03 AnteL2Q30 30/79



ラフィエル「……」

ラフィエル「……え? サターニャ……さん?」

サターニャ「ふふーん! 引っかかったわね!」

ラフィエル「えっ……? え?」

ヴィーネ「あの……混乱する気持ちは分かるわ。その……これは全部……」



ヴィーネ「ドッキリなの……」



33 : 以下、名... - 2017/10/31 00:23:25.66 AnteL2Q30 31/79



ラフィエル「………………は?」

サターニャ「なーはっはっはっ!! わが策略に見事に引っかかったわね! ラフィエル!」

ラフィエル「あの……もしかして全部……」

ヴィーネ「ええ、全部作り話よ……サターニャは健康よ」

ラフィエル「」

サターニャ「どうかしら? 騙された気分は―――――」ドサッ

ラフィエル「良かった……! 本当に良かったです……っ!」ギュウウウウウ

サターニャ「ちょ、ちょっと!? 苦しいわよ! 離れなさいよ!」ジタバタ

ラフィエル「嫌です! 離しません!」ギュウウウ



34 : 以下、名... - 2017/10/31 00:32:28.39 AnteL2Q30 32/79



―少し前―


ヴィーネ「え? ラフィには病気ドッキリ?」

サターニャ「そうよ! どんな反応するか楽しみじゃない!」

ヴィーネ「それはいいんだけど……サターニャがするのよね?」

サターニャ「当たり前じゃない! ラフィエルには今まで、からかわれてきたからね! これは仕返しよ!」

ヴィーネ「上手くいくかしら……相手はあのラフィよ?」

サターニャ「問題ないわ! 魔界通販で買った舞台用の血糊があるからね! これで騙せるわ!」

ヴィーネ(本当、変なものばっかり売っているわね)

サターニャ「後は……演技でカバーよ!」

ヴィーネ「……まあ、やってみましょうか」

ヴィーネ(すぐにボロをだして、見抜かれそうとは思うけど……)


35 : 以下、名... - 2017/10/31 00:35:25.16 AnteL2Q30 33/79



―現在―


ヴィーネ(まさか、騙せるとは思わなかったわね。それに……サターニャの演技が予想以上に上手でびっくりしたわ)



ラフィエル「ゴホン……それで、昨日のテレビ番組に影響されてあんなことを……」

サターニャ「ええ……! あんたの普段見せない顔が見れて良かったわ!」

ラフィエル「えっ///」

ラフィエル「あ、あはは……そうですね///」

サターニャ「ん? 顔赤らめてどうしたのよ?」

ラフィエル「いえ、少し思い出しまして……///」

ヴィーネ(あんな状況とはいえサターニャに告白したからね。今はとても恥ずかしいでしょうね)


36 : 以下、名... - 2017/10/31 00:37:06.44 AnteL2Q30 34/79



サターニャ「それにしても」

ラフィエル「はい?」

サターニャ「あんたが私のことを(友達として)好きだとは思わなかったわ!」

ラフィエル「」


ヴィーネ(サターニャああああああ!!! ここでそれを言うの!?)


サターニャ「私もあんたのこと(友達として)好きよ?」

ラフィエル「……っ!」

ラフィエル「すみません、今日は用事があるので帰ります!」バサッ  シュン

サターニャ「ちょ、ちょっと!? ラフィエル!?」



サターニャ「……神足通まで使って早く帰りたいなんて、よっぽどのことがあるのね」

ヴィーネ「そうね……そっとしておいてあげましょう」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ(ラフィ頑張れ!)



41 : 以下、名... - 2017/11/05 01:26:39.15 r8zdlTbH0 35/79



―翌日―


サターニャ「おはよう! ヴィネット! ガヴリール!」

ヴィーネ「おはようサターニャ」

ガヴリール「朝っぱらからうるさい奴だな。もう少し静かにしろ」

サターニャ「朝から元気がない奴に言われたくないわよ!?」




ラフィエル「皆さんおはようございます」スタスタ

ヴィーネ「おはようラフィ」

ガヴリール「おーす」

サターニャ「あら、ラフィエル! おはよう!」

ラフィエル「!!」

ラフィエル「お、おはようございます。サターニャさん///」モジモジ

サターニャ「ん? どうしたのよ?」

ラフィエル「い、いえなんでもありません///」アハハ

ガヴリール「?」


42 : 以下、名... - 2017/11/05 01:32:34.56 r8zdlTbH0 36/79

――――――― 
―――――
――― 



―昼休みー


サターニャ「それでヴィネット……! 次は誰にする?」

ヴィーネ「誰にするって……ドッキリのこと?」

サターニャ「そうよ! ラフィエルの意外な一面も見れたから、他の天使共にも期待が高まるわね!」

ヴィーネ「そうね……(ラフィはあなたに告白したからね。気づいてないでしょうけど)」

ヴィーネ(……まあ、ここまでやったから最後までしましょう!)




ヴィーネ「次は……タプちゃんでどう?」

サターニャ「……いいわね! そして最後にガヴリールね!」

ヴィーネ「タプちゃんには何をしましょうか……」ウーン

サターニャ「タプリスにしたら面白いこと……」


43 : 以下、名... - 2017/11/05 01:35:01.34 r8zdlTbH0 37/79



???「……」

???「月乃瀬先輩……胡桃沢先輩……」

???「私に……任せて下さい」



ヴィーネサタ「「!?!?」」クルッ


黒奈「……」


サターニャ「黒奈!」 ヴィーネ「黒奈ちゃん!」



黒奈「ドッキリはすでに考えています……」

サターニャ「ちょっと! いきなり出てこないでよ!」

黒奈「あっ、すみません……」


44 : 以下、名... - 2017/11/05 01:36:07.45 r8zdlTbH0 38/79



ヴィーネ「そういえば黒奈ちゃん、タプちゃんの場合はドッキリに参加したいって言ってたわね」

黒奈「はい……なので私に……」

サターニャ「いいわよ! 今回の仕掛け人は黒奈が主役ね!」

黒奈「ありがとうございます……」ペコッ

ヴィーネ「それで……タプちゃんに仕掛けるドッキリはどんなものかしら?」



黒奈「はい……」ゴニョゴニョゴニョ



黒奈「これで……千咲を驚かせます……」





45 : 以下、名... - 2017/11/05 01:37:37.81 r8zdlTbH0 39/79



サターニャ「……」

ヴィーネ「……」


黒奈「駄目…‥ですか?」

サターニャ「駄目じゃないけど……」

ヴィーネ「黒奈ちゃんはそんなことできるの?」

黒奈「できます……任せて下さい……」

ヴィーネ「……分かったわ! 次はタプちゃんね!」

サターニャ「それじゃあ、放課後の掃除時間にドッキリを開始するわよ!」

ヴィーネ「おー!」

黒奈「……」

46 : 以下、名... - 2017/11/05 01:39:21.02 r8zdlTbH0 40/79



―放課後 掃除中―


タプリス「……」サッサッ

黒奈「……」サッサッ


タプリス(また、黒奈さんと同じ掃除場所ですか……もう馴れましたけど)

タプリス(初めの頃、一緒の掃除場所に配属された時よりも、黒奈さんのことは分かってきたと思います)

タプリス(まあ……悪い人でないことは確かですね)

タプリス(ただ……黒奈さんは悪魔なので気を抜いたりはしません!)フンス!


47 : 以下、名... - 2017/11/05 01:41:39.80 r8zdlTbH0 41/79



黒奈「千咲……」

タプリス「ひゃあっ!!」ビクッ

黒奈「手が止まってる……」

タプリス「あっ……すみません! 少し考え事を……!」サッサッサッ

黒奈「……気にしないで」


タプリス(そうですね……黒奈さんの言う通り、今は目の前のことを終わらせましょう!)サッサッ


―――――――ヒュウウウ


タプリス(ん? 何の音ですか?)チラッ


―――ゴツン


黒奈「」バタン

タプリス「!?」




48 : 以下、名... - 2017/11/05 01:43:31.12 r8zdlTbH0 42/79



タプリス「な……なっ……!」


タプリス(た、大変です! 黒奈さんの頭に野球ボールが直撃しました!)

タプリス(す、すぐに起こさないと……!)


タプリス「だ、大丈夫ですか!? 黒奈さん!」ユサユサ

黒奈「……うーん」

タプリス「!!」

タプリス(良かったです……意識はありました……)ホッ


黒奈「……」パチッ


タプリス「黒奈さん! どこか痛むところはないですか!? 痛かったら保健室に「千咲!」――――」チュッ


タプリス「……」

タプリス(!?!?!?!?)

黒奈「千咲! 大好きだよ!」スリスリ

タプリス「」



49 : 以下、名... - 2017/11/05 01:47:33.05 r8zdlTbH0 43/79



―物陰―


ヴィーネ「!?!?!?!?」


サターニャ「!?!?!?!?」


ヴィーネ「だ、誰よ! あれは!」ヒソヒソ

サターニャ「し、知らないわよ!! もしかして……魔界通販で買ったあのボールに不具合が……?」

ヴィーネ「そ、そうだとしたらそれって不良品じゃない!」

サターニャ「うーん、おかしいわね……例え、剛速球で投げて当たっても、まったく痛くない素材だと聞いたんだけど……」




52 : 以下、名... - 2017/11/07 00:39:52.83 CBiAFgaP0 44/79



タプリス「」


黒奈「……千咲?」


タプリス「」


タプリス「」ハッ


タプリス「く、黒奈さん/// あ、あなたなんてことを……///」

黒奈「……千咲は嫌だった?」

タプリス「い、いえ嫌ではないですが……///」ドキドキ


53 : 以下、名... - 2017/11/07 00:41:10.22 CBiAFgaP0 45/79



黒奈「そう♪ それなら良かった!」


タプリス「……!」

タプリス(普段クールな黒奈さんとは違って活発で明るい性格ですね/// すごく可愛いです///)

タプリス(…………はっ! わ、私には愛しの天真先輩がいます! これ以上、黒奈さんの好き勝手にはさせません!)


タプリス「なんとかして黒奈さんを戻しましょう!」フンス

黒奈「千咲? どうしたの?」キョトン

タプリス「こっちの話ですよ、黒奈さん」



タプリス(さて……黒奈さんがおかしくなった原因は、あのボールが関係してますね)チラッ

タプリス(ボールによる激突の衝撃でおかしくなったのなら、もう一度衝撃を加えれば元に戻るはず!)スタスタスタ カシッ




54 : 以下、名... - 2017/11/07 00:42:06.84 CBiAFgaP0 46/79



黒奈「? 千咲?」

サターニャ(タプリスがボールを手に取って)

タプリス「……ごめんなさい、黒奈さん」スッ

ヴィーネ(タプちゃん振りかぶって……)

タプリス「普段の黒奈さんに戻ってくださ―――――い!!」ブン

サターニャ(全力で投げた!?!?)

黒奈「……へ?」



―――――ゴツン



黒奈「」ドサッ

ヴィーネ(た、タプちゃん!?!? 何してんの―――!?)

サターニャ(す、凄いわあの子……一切、迷いがなかったわ……)



55 : 以下、名... - 2017/11/07 00:42:55.32 CBiAFgaP0 47/79



タプリス「よ、よし……これで戻るはず……!」

黒奈「」

タプリス「……」

黒奈「」

タプリス「……黒奈さん?」

黒奈「」

タプリス「…………く、黒奈さん! 起きてください!」ユサユサユサ



サターニャ(どの口が言うのよ)

ヴィーネ(まあ、当たっても痛くないでしょうから、あれは演技でしょうけど……)



56 : 以下、名... - 2017/11/07 00:43:43.08 CBiAFgaP0 48/79



タプリス「……黒奈さん」

黒奈「」

タプリス「私の……私のせいで……!」グスッ

サターニャ(そうね。自らの罪を悔いなさい)




「……千咲」



タプリス「……へ?」バッ


ヴィネサタ「「!!」」



57 : 以下、名... - 2017/11/07 00:45:40.25 CBiAFgaP0 49/79



黒奈「……」

タプリス「く、黒奈さん! 大丈夫ですか!」

黒奈「千咲……私の話を聞いて欲しい……」

タプリス「……! な、なんですか?」

黒奈「その前に……手を握って……」

タプリス「は、はい…‥!」ギュッ

黒奈「……暖かい」

タプリス「私もです……」ギュウウ

黒奈「……」

タプリス「……」ギュウウウ

黒奈「千咲……」

タプリス「はい……」

黒奈「頭撫でて……」

タプリス「……? 分かりました」ナデナデ

黒奈「……えへへ」


サターニャ(注文の多い悪魔ね!)

ヴィーネ(それよりも、タプちゃんはおかしいことに気付かないのかしら?)



58 : 以下、名... - 2017/11/07 00:46:39.18 CBiAFgaP0 50/79



黒奈「……」

黒奈「……十分堪能した」ボソッ

タプリス「えっ?」

黒奈「千咲……ありがとう。お陰で回復した……」

タプリス「!! 黒奈さん! よ、良かったです……!」

黒奈「あ、それと……」

タプリス「?」

黒奈「全部ドッキリだから……気にしないで」

タプリス「??」

タプリス「????????????」

59 : 以下、名... - 2017/11/07 00:48:48.10 CBiAFgaP0 51/79



ヴィーネ(タプちゃん、案の定混乱してるわね)

サターニャ(そもそも黒奈が淡々としすぎなのよ!)



黒奈「……」

タプリス「え……あの……さっきまでが全部演技ですか?」

黒奈「そう……」

タプリス「キスしたのも……?」

黒奈「あれは私がしたかっただけ……」


タプリス「ふぇっ///」ボン

タプリス「こ、この……///」

タプリス「悪魔――――――!!!」タッタッタッ



60 : 以下、名... - 2017/11/07 00:50:05.92 CBiAFgaP0 52/79



ヴィーネ「……」

サターニャ「……」

ヴィーネ「タプちゃん走り去っていったわね……」

サターニャ「そうね……あれ? これ、黒奈がいい思いしただけじゃない?」

ヴィーネ「そうかもしれないわ」



黒奈「先輩……どうでした……?」クルッ

ヴィーネ「うーん、傍から見てると面白かったけど……」

サターニャ「一番、気になったのは性格変わったところだけどあれは演技?」

黒奈「……あれはお札を自分に貼って、性格を書き換えてました」

ヴィーネ「黒奈ちゃんすごいわね」

サターニャ(今度、ラフィエルの性格を書き換えてもらおうかしら……)




タプリス「……」ハアハア

タプリス「はあ……」フー

タプリス「……」

タプリス「もう……明日から、どんな顔して黒奈さんに会えばいいんですか///」

65 : 以下、名... - 2017/11/10 23:17:44.25 QhqQINoN0 53/79



サターニャ「それじゃあ、最後はガヴリールね! どんなドッキリを仕掛けてやろうかしら!」

ヴィーネ「……ねえ、サターニャ。ガヴにするドッキリは私に任せてくれる?」

サターニャ「別にいいわよ。すでに案はあるの?」

ヴィーネ「あるわよ。それはね……」ゴニョゴニョゴニョ

サターニャ「……」

ヴィーネ「ど、どう……?」

サターニャ「……面白そうじゃない! 最後にうってつけのドッキリね!」

ヴィーネ「!!」

サターニャ「それで決まりね! 今日はもうガヴリール帰っているだろうから、明日の放課後にしましょう!」

ヴィーネ「分かったわ!」




66 : 以下、名... - 2017/11/10 23:20:02.33 QhqQINoN0 54/79



―翌日の放課後 教室―


ガヴリール(……)

ガヴリール(はあ……超だるい)

ガヴリール(昨日、徹夜でネトゲしてたから怠くて動けない……というか動きたくない)

ガヴリール(後、お腹すいた)

ガヴリール(……このまま机と同化して一生を過ごしたい)グデー

ガヴリール(……あっ、それだとネトゲできないじゃん。やっぱ今のなしで)

ガヴリール(……)



67 : 以下、名... - 2017/11/10 23:21:10.84 QhqQINoN0 55/79



まち子「あっ! 天真さん、ここにいた!」ガラガラ

ガヴリール「おう……どしたの、まち子?」

まち子「どうもこうも……今日、提出のプリントまだ書いてないでしょ?」

ガヴリール「……忘れてた」

まち子「もう! 今すぐ書いてよ!」

ガヴリール「気が向いたらな」

まち子「て・ん・ま・さ・ん?」ゴゴゴゴゴ

ガヴリール「ひぃ!? わ、分かったよ。ちゃんと書くよ……」

まち子「よろしい」

ガヴリール「でも、少しだけ待ってくれ。今、(徹夜のせいで)体調がよくないんだ……」

まち子「そ、それは大丈夫!? 保健室に行く?」


68 : 以下、名... - 2017/11/10 23:22:42.12 QhqQINoN0 56/79



ガヴリール「いや、そこまでしなくていいよ。ただ、30分間寝かしてくれ。それなら気分もよくなるはずだ」

まち子「……いいわよ。30分経ったらまたここに来るから、それまでには書いておいてね」

ガヴリール「分かった! まち子、お休み!」バッ

まち子「もう……私は部活に行くからね」

ガヴリール「!! それなら、何か食い物持ってきてくれ! 腹が減って死にそうなんだ!」ガバッ

まち子「……分かったわよ」ハァ スタスタ



ガヴリール(……行ったか。思わぬところで飯が確保できた)

ガヴリール(よし、このまま机に突っ伏して寝ておこう。そして、まち子が帰ってきたら、プリント終わらせよう)

ガヴリール(……)

ガヴリール「スースー…」Zzz



69 : 以下、名... - 2017/11/10 23:23:41.00 QhqQINoN0 57/79



――――――――― 
―――――― 
―――― 


――ガラガラガラ


「――――?―――――」

「―――――――」


ガヴリール(う……ん……)   「――――」

ガヴリール(今何時だ……? まち子はまだ来てないよな)  「――――――」

ガヴリール(……周りに誰かいる。このまま、聞いておこう)



70 : 以下、名... - 2017/11/10 23:25:21.88 QhqQINoN0 58/79



ヴィーネ「ガヴったら寝てるのかしら?」

サターニャ「寝てるんじゃない? 今日、怠そうにしてたし」

ヴィーネ「まあ、いつものことね」

ガヴリール(ヴィーネとサターニャか。起きる理由もないしこのまま寝ておこう)


サターニャ「これはチャンスね! 顔に落書きでもしようかしら!」ウキウキ

ガヴリール(おい、落書きしたら蹴り飛ばすからな)



71 : 以下、名... - 2017/11/10 23:27:46.98 QhqQINoN0 59/79



ヴィーネ「やめなさいよ。ガヴが怒るでしょ?」

ガヴリール(そうだそうだ)

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「……それにしてもガヴって」

ガヴリール(ん?)

ヴィーネ「本当に可愛いわね」

ガヴリール(……)

ガヴリール(な、何言ってんだよヴィーネ///)カアア


サターニャ「そうね……普段は絶対言えないけど確かに可愛いわね」

ガヴリール(サターニャまで……///)

ヴィーネ「この金髪もボサボサだけど……ずっと触っていたい」モフモフ

ガヴリール(やめろ/// 髪をもふもふすんな///)

サターニャ「頬っぺたもぷにぷにして柔らかいわね!」プニプニ

ガヴリール(お前ら人の体を触るな///)

ヴィーネ「……」モフモフ

サターニャ「……」プニプニ

ガヴリール(……なんか喋れよ///)



73 : 以下、名... - 2017/11/10 23:28:42.82 QhqQINoN0 60/79



ヴィーネ「……ねえ、サターニャ」

サターニャ「なによ、ヴィネット」

ヴィーネ「サターニャってさ……もしかして、ガヴのこと好き?」

ガヴリール(!!)

サターニャ「……好きよ。そういうヴィネットはどうなのよ?」

ヴィーネ「そうね……私もガヴのこと好き」

サターニャ「そっか……ヴィネットもなんだ……」



75 : 以下、名... - 2017/11/10 23:36:16.78 QhqQINoN0 61/79



ガヴリール「……」

ガヴリール(なんだこれ……狸寝入りしてたら、いつの間にかラブコメの主人公になっていた)

ガヴリール(何を言っているかわからねーと思うが、私にもまったく分からん)

ガヴリール(待て……一先ず、状況を整理しよう。二人は私のことす、好きなんだよな///)

ガヴリール(そ、それで二人は私が寝たふりをしていることに気づいていない)

ガヴリール(ここで起きるのはまずい! ヴィーネ達も恋心を本人に知られたくないはずだ!)

ガヴリール(これは……寝たふりを続けるしかないな! 決して会話が気になる訳ではない!)Zzz



76 : 以下、名... - 2017/11/10 23:36:53.19 QhqQINoN0 62/79



ヴィーネ「……」

サターニャ「……」

ガヴリール(……)ドキドキ

ヴィーネ「……サターニャ、先に言っておくわ」

サターニャ「なによ?」

ヴィーネ「あんたにガヴは渡さないわよ」

サターニャ「それはこっちの台詞よ!」

ガヴリール(……)オロオロ

ヴィーネ「でもさ……ガヴは私とサターニャどっちを選ぶのかしらね?」

サターニャ「……どういう意味よ」


77 : 以下、名... - 2017/11/10 23:38:30.75 QhqQINoN0 63/79



ヴィーネ「私はガヴの家に毎日行って、お世話しているわ。でも、サターニャはただ勝負を仕掛けて私のガヴに関わろうとしているだけ」

ヴィーネ「すでに好感度は天と地の差があるのよ!」

ガヴリール(いや、そこまでの差はないよ。まあ、どっちが好きかは答えにくいが)


サターニャ「それはヴィネットの自己満足よ! ガヴリールは本当にあんたの介護を必要としているのかしら?」

ガヴリール(介護いうな、馬鹿―ニャ。あっ、ヴィーネにはいつもお世話になっています!)


ヴィーネ「なによ! 馬鹿―ニャ! 私のほうがガヴのこと好きよ!」

サターニャ「あんたより私のほうがガヴリールのこと大好きよ!」

ヴィーネ「それじゃあ、私はあんたより数倍大大大好きよ!!」

サターニャ「こっちは大大大大大大好きよ!!!」


ガヴリール(やめろ/// 大声で好き好き連呼しないでくれ///)カアア


78 : 以下、名... - 2017/11/10 23:40:32.20 QhqQINoN0 64/79



――ドサッ


ガヴリール(……ん? 鞄の落ちた音? なんだろう?)チラッ



ラフィエル「さ、サターニャさんがガヴちゃんのことを好き……? う、嘘ですよね……?」


ヴィネサタ「「ラフィ(エル)!?!?」」

ガヴリール(ラフィまで来ちゃったよ!?)



ラフィエル「あれ……前にサターニャさんは私のこと好きだと言ってくれましたが……」

ラフィエル「一体、どういうことなんでしょう?」ハイライトオフ

ガヴリール(ラフィエル怖っ!? ハイライトさん戻って来て!)



79 : 以下、名... - 2017/11/10 23:42:29.30 QhqQINoN0 65/79



ヴィーネ(こ、これはまずい! 流石にネタ晴らししなくちゃ!)

ヴィーネ「ラフィ、聞いて! 実はね……これは全部ドッキリよ!」

ガヴリール(ドッキリなの!?)


ラフィエル「何を言っていますか……私は落ち着いていますよ」

ラフィエル「それで……サターニャさんが私に好きって言ったのも、ドッキリなんですよね?」

ヴィーネ(まったく話聞いてねーー!)



サターニャ「えっ、ラフィエルのことは(友達として)好きよ?」

ラフィエル「さ、サターニャさん!」パアア

ガヴリール(よし、ナイスだサターニャ! さっき馬鹿って言ってごめん!)

サターニャ「まあ、ガヴリールのほうが大大大大好きだけどね!」ドヤァ

ラフィエル「は?」ハイライトオフ


ヴィーネ(サターニャあああああ!!!! もうドッキリはいいから! これ以上ラフィを追い詰めないで!!)


80 : 以下、名... - 2017/11/10 23:45:03.30 QhqQINoN0 66/79



ラフィエル「ふふふ……そうですよね」

ラフィエル「天界に居るときは学業でガヴちゃんに負けて……下界でもまた、2番目なんですか」

ラフィエル「私はずっと……一番にはなれそうにないですね……」

ガヴリール(そんなことないよ!? スタイルとか家柄とか色々、ラフィのほうが勝っている部分が多いよ!)


ラフィエル「しかし、解決策が見つかりました」


ヴィーネガヴ((ん??))


ラフィエル「ガヴちゃんが居なければ……サターニャさんの一番になれますよね」ナイフ スッ

ガヴリール(ナイフを持ち出した!? もしかして私を殺る気!?)

ヴィーネ「ちょ、ちょっと! 危ないわよ! 落ち着いて、ラフィ!」ガシッ

ラフィエル「離してください、ヴィーネさん! 私が一番になるんです!!」ジタバタ


81 : 以下、名... - 2017/11/10 23:46:26.17 QhqQINoN0 67/79



ヴィーネ「ガヴを傷つけたら天界に強制送還されるわよ! それでもいいの!?」グググ

ラフィエル「問題ありません! 白羽家がなんとかします!」

ガヴリール(白羽家すげえええ!!)


サターニャ「すごいわね、ラフィエル……まさに迫真の演技ね」ゴクッ

ガヴリール(演技じゃねえよ! 早く私を助けろ!)


ヴィーネ「おい、馬鹿―ニャ!! あんたの嫁でしょ!? なんとかしなさいよ!」

サターニャ「だ、だだだだだ誰が嫁よ!!///」

ラフィエル「そうですよね……ガヴちゃんを始末しないとお嫁さんにはなれませんよね……」ギロッ

ガヴリール(さっきから言ってることが支離滅裂になってる!? 誰でもいいから止めてくれ!!)ビクビク



82 : 以下、名... - 2017/11/10 23:47:57.55 QhqQINoN0 68/79



???「ラフィエルお嬢様!! お止め下さい!」シュン

ラフィエル「!! その声は……!」

マルティエル「ご友人を……ガヴリール様を傷つけてはなりません!」



ラフィガヴ「「ま、マルティエル(さん)!!」」

ヴィネサタ「「誰!?」」



マルティエル「駄目ですよ。お嬢様が問題を起こせば、白羽家にとって不名誉なことになります」

ラフィエル「し、しかし……!」

マルティエル「一時の感情に流されれば、後々悪い方へと向かいます。ここはどうか平静を保ってください」

ラフィエル「……」

ガヴリール(すごい……あんなに取り乱していたラフィを大人しくさせた……)

ガヴリール(ずっと変態執事かと思っていたけど……見直したよ、マルティエルさん)



83 : 以下、名... - 2017/11/10 23:49:26.23 QhqQINoN0 69/79



ラフィエル「………………げます」ボソッ

マルティエル「? お嬢様どうされました?」

ラフィエル「私に協力してくれたら……今、身に着けている物をすべて、マルティエルにあげます」


マルティエル「……」

マルティエル「…………」

マルティエル「……………………」


ガヴリール(なんで悩んでいるんだよ! 信じるぞ? 私はマルティエルさんを信じるぞ!)



84 : 以下、名... - 2017/11/10 23:51:17.07 QhqQINoN0 70/79



マルティエル「それは……脱ぎたてほやほやですか?」

ラフィエル「はい、マルティエルの前で全部脱いで渡します」

マルティエル「……なるほど」

ヴィーネ(何が『なるほど』なのよ!)

サターニャ(もしかして、私に対するストーカー行為とかラフィエルに影響を与えたのはこの人?)




ラフィエル「それで……あなたはどちら側につきますか?」

マルティエル「……」

マルティエル「…………」

マルティエル「それはもちろん……」

マルティエル「私は敬愛なるラフィエルお嬢様の執事です。常にお嬢様の味方です」


ガヴリール(おいいぃぃぃ!! 一時の感情に流されてんじゃねーよ!!)


85 : 以下、名... - 2017/11/10 23:53:46.44 QhqQINoN0 71/79



ヴィーネ「真面な人かと思ったら、駄目な人だった!」

サターニャ「ちょっと! あんたは何をしに来たのよ!」

マルティエル「ラフィエルお嬢様の加勢です」

サターニャ「今すぐ、天界に帰りなさい!」

マルティエル「……うるさいですね。黙らないと犯しますよ?」

ヴィネサタ「「犯すの!?!?」」


ガヴリール(……)

ガヴリール(早く、プリントを提出して帰ればよかった……そうしたらこの修羅場は形成されなかっただろう……)






ガヴリール(この後、私のために食べ物を持って来てくれたまち子が、ラフィエルを説得し事なきを得ました)

ガヴリール(委員長はすごい……改めてそう思いました)



86 : 以下、名... - 2017/11/10 23:55:39.58 QhqQINoN0 72/79



――――――――― 
――――― 
――― 


―ガウの家―


ラフィエル「それで反応を見たくて、ガヴちゃんにもドッキリをしてみたのですね……」

ヴィーネ「ええ……まあ、途中からガヴは置いてけぼりになってたけど……」

ガヴリール「それより、私が寝たふりをしていたのは知ってたのか」

ヴィーネ「ガヴは周りに誰かいても面倒くさがって起きないからね。利用させてもらったわ」

ガヴリール「私のことよく分かってるな」

ヴィーネ「付き合いは長いからね」

ガヴリール「しかし、あのドッキリは精神に良くないな。ずっと、ハラハラしぱなしだった」

サターニャ「そんなこと言って……結構、嬉しかったんじゃないの?」ニヤニヤ

ガヴリール「はあ!? べ、別に好意持たれて、嬉しいとかそんな訳ないし///」



87 : 以下、名... - 2017/11/10 23:56:59.68 QhqQINoN0 73/79



ラフィエル「それよりも……先に伝えて頂ければ、あんな勘違いをしなくて済みましたのに……」

ヴィーネ「それは本当にごめん!」ペコッ

サターニャ「まあ、楽しかったからそれでいいじゃない!」

ガヴリール「つき合わされた身にもなれよ……」グデー

ヴィーネ「ガヴもごめんね?」

ガヴリール「……別にいいよ」




サターニャ「さて……そろそろ帰るわね」スクッ

ラフィエル「……え?」

ヴィーネ「サターニャもう帰るの? ゆっくりしていけばいいじゃない」

サターニャ「もうすぐで魔界通販の特売放送があるのよ! 見逃せないわ!」


88 : 以下、名... - 2017/11/10 23:58:48.56 QhqQINoN0 74/79



ヴィーネ「そっか……それじゃ、また学校でね」

サターニャ「うん! また、学校で!」

ガヴリール「ほら、さっさと帰れ」

サターニャ「うるさいわね! 言われなくても帰るわよ!」プンスカ!




ラフィエル「……」

サターニャ「……」

サターニャ「ラフィエル……もし、良かったらさ。私の家に来ない?」

ラフィエル「……えっ?」

サターニャ「いや、まあ……今日はドッキリにつき合わせたからね……お詫びに家にあげてやってもいいわよ///」

ラフィエル「さ、サターニャさん!」パアア

サターニャ「ほら! さっさと行くわよ、ラフィエル!」スタスタスタ

ラフィエル「あっ、待ってくださいサターニャさん!」タッタッタッ  ガチャッ


――――バタン




89 : 以下、名... - 2017/11/10 23:59:46.72 QhqQINoN0 75/79



ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

ガヴリール「まったく……騒がしい奴らだな」

ヴィーネ「そうね……でも、ガヴは騒がしいのは好きじゃないの?」

ガヴリール「……嫌いじゃないよ」プイッ

ヴィーネ「ふふ……」クスッ

ガヴリール「何笑ってんだよ!」

ヴィーネ「別に~♪」

ガヴリール「くっ……この悪魔!……間違えた! この天使!」

ヴィーネ「悪魔であっているわよ!?」



90 : 以下、名... - 2017/11/11 00:00:55.72 6dy1Q7Q/0 76/79



ガヴリール「はあ……まあいいや。今日は泊まっていくんだろ? 腹減ったから晩御飯作ってくれ」

ヴィーネ「それはいいけど……もしかして眠たいの?」

ガヴリール「ああ、昨日からほとんど寝てないからな。だから体力回復のためにも少し寝る」ゴロン

ヴィーネ「そう……分かったわ。ご飯できたら起こすから寝てなさい」

ガヴリール「ヴィーネ……頼んだ……」ムニャムニャ

ガヴリール「……」

ガヴリール「……スースー」



91 : 以下、名... - 2017/11/11 00:04:10.81 6dy1Q7Q/0 77/79



ヴィーネ「……」

ガヴリール「……スースー」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「ふふ、可愛い寝顔ね」ナデナデ

ガヴリール「……」ピクッ

ガヴリール「……スースー」

ヴィーネ「……ほんとはね。あなたに対する私の気持ちは嘘じゃないわ」

ガヴリール「……」

ヴィーネ「今日のドッキリで私のことを、どう思っているか確かめたかったけど……」

ヴィーネ「まあ、今はこれでいいか」

ヴィーネ「さてと……お買い物に行きましょう」スクッ

ヴィーネ「ガヴのためにも美味しい物作りましょう!」 スタスタスタ  ガチャッ




―――バタン




ガヴリール「……」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……そんなこと言われたら眠れないよ///」


        
            ―終わりー



92 : 以下、名... - 2017/11/11 00:05:29.18 6dy1Q7Q/0 78/79

終わりです

なかなかネタが思いつかなかったですね
安価にすればよかったかもしれません

93 : 以下、名... - 2017/11/11 00:08:16.67 6dy1Q7Q/0 79/79

こちらは過去作です



ガヴリール「嘘の告白?」マルティエル「はい、そうです」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501172187/
http://ayamevip.com/archives/50653466.html


【ガヴドロ】ヴィーネ「また仕送りが減ってる……こうなったら……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506409331/
http://ayamevip.com/archives/51026910.html

ヴィーネ「ゼルエルさん!妹さんを私にください!」ゼルエル「駄目だ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508854367/
http://ayamevip.com/archives/51115074.html

記事をツイートする 記事をはてブする