1 : 以下、名... - 2015/11/08 22:47:41.08 h2hWaRxn0 1/7

いつからだろう、素直に生きられなくなったのは。
『世の中は僕の持つ本性を嫌う』そう思わずにはいられなくなったのはいつだっただろうか。

ニードルを滅菌パックから取り出し、消毒液に浸す。


2 : 以下、名... - 2015/11/08 22:48:20.05 h2hWaRxn0 2/7

きっと母の差別的な性格の所為だろう。
健康であれば何でも——を謳う一方で、
怠け者は糾弾し、異常性愛者は人間として扱わない。

不自由はしていないが、抑圧は次第に憤りや不満へと変わり、
禁忌はいつでも甘い匂いでこちらを破滅へと誘っている。

『惰性や臆病さが人間を生につなぎ止めているんだ』

大学の頃、ある女の子がそう言っていたのを覚えている。

僕の中にある重たい言葉はどれもこれも女性由来のものだ。
果たして僕だけがそうなのだろうか、親友はそんな話題には乗ってもくれない。

3 : 以下、名... - 2015/11/08 22:51:35.60 h2hWaRxn0 3/7

『女』

生を生み出す存在であり、弱者であり社会的強者であり美しい存在。
奴等はいつだって死と繋がっている。

美しい女にじっと見られると、僕はまるで死に覗かれている気分になる。

時折、僕は一人に耐えきれなくなって『普通の』繋がりを持つ。

『あなたの全てを受け入れてあげる』
いつだって甘い声でそれは言う。

(受け入れる?馬鹿馬鹿しい)
そんな僕こそ馬鹿だ。
欲望の捌け口に対してさえ期待して、疑ってかかるのだから。

4 : 以下、名... - 2015/11/08 22:52:10.70 h2hWaRxn0 4/7

『大丈夫、あなたはありのままでいいのよ』
人間が言う、優しげな言葉の八割は時間の経過で嘘になる。

結局、生身の女に魅了され、舞い上がる。
舞い上がるから、バテて尽きてしまう。

『あなたは一人で大丈夫、強い人』
大丈夫、最初から君と居てもひとりでした。

5 : 以下、名... - 2015/11/08 22:56:02.53 h2hWaRxn0 5/7


自分の本当の望みぐらい分かっている。

このトラウマのような自己愛から開放され、
少しでも自分を認め、好きになりたいのだ。

『でも、それはとても難しくて、今でも夢の残滓を噛み締めながら、
残りの人生を臼で挽くように働き潰すだけ』

『このままだとあなたは一生ひとりよ?』

『自分も、他人も愛せないまま』

『好きでもない『普通』を愛すフリをしながら』

6 : 以下、名... - 2015/11/08 22:56:34.61 h2hWaRxn0 6/7

『社会の歯車になる覚悟なんて出来てないのに、働かれる会社も可愛そう』

うるさい。

ピアスニードルを自分の耳たぶに押し当て、貫く。

血が垂れる。

『いいの?明日も仕事なのに』

ファーストピアスで出来たばかりの穴を塞ぎ、深呼吸をする。

『こんなことして変われるつもりでいるなんてさあ……甘いんじゃない?』

甘いのだろう。でも、痛みというのものはきっと変化のきっかけになるはずだ。

願わくば、いい方に。

7 : 以下、名... - 2015/11/08 22:57:22.41 h2hWaRxn0 7/7

終わりです。お目汚し失礼しました。

記事をツイートする 記事をはてブする