1 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 18:57:44.68 dQHPAqqFo 1/10

雪乃「一体、何の用かしら? 言っておくけど、ここにバナナは置いてないわよ」

戸部「ちょっとちょっと雪ノ下さん、俺、何もしてないのにそれひどくなーい?」

八幡「おい、雪ノ下。チンパンジーとかどこの戸部だ。やめてやれよ」

戸部「ちょっとちょっとヒキタニ君まで! ないわー! マジないわー!」

結衣「二人とも! チンパンジーの話をちゃんと聞いてあげて! 可哀想だよ!」

戸部「もうなにこれー! マジ凹むんだけど! ちょっと隼人君、なんか言ってやってよー!」

葉山「三人とも! いくら何でもチンパンジーはないだろ。戸部のどこがチンパンジーなんだ!」

雪乃「元からあなたに対して言ってたのだけれど?」

葉山「え」

結衣「戸部っち、チンパンジー認定されてかわいそー」

八幡「お前……言って良い事と悪い事があるだろ。……区別つけろよ」

葉山「え」

元スレ
雪乃「奉仕部にチンパンジーが依頼をしに来るとは思ってもいなかったわ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445162264/

2 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 18:58:33.90 dQHPAqqFo 2/10

雪乃「それで、戸部君。依頼はそこのチンパンジーにテニスを教えるという事だったかしら? だけど、それはちょっと難しいかもしれないわね」

戸部「あれー? そんな依頼だったっけ、隼人君?」

葉山「違う違う違う。お前の恋愛相談だろ」

八幡「おい、雪ノ下。下半身だけ元気なマントヒヒとかどこの戸部だよ」

戸部「ちょっとヒキタニ君、まさか俺怨まれてる!?」

結衣「ヒッキー! あんまり言うと戸部っちが泣いちゃうよ! 戸部っちはそんなに悪くないマントヒヒなんだからね!」

雪乃「そうね。事情はまったく知らないけど、悪いのはマントヒヒじゃなくて、そこのチンパンジーよ」

葉山「そうだぞ、戸部! 反省しろ!」

戸部「隼人君!?」


八幡「あっさり友達を裏切ったぞ、あいつ……」

3 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 18:59:28.63 dQHPAqqFo 3/10

雪乃「なるほど……。つまり、修学旅行の時にあなたは海老名さんとかいう人と恋人になりたいのね?」

戸部「まー、ぶっちゃけると、そうっていうかー//」テレッ

雪乃「リア充め! 死になさい!!」

戸部「」


八幡「おい、雪ノ下。リア充とかどこの俺だよ」

結衣「ヒッキーは気にしなくていいから。でも、戸部っちは死んで」

戸部「ちょっ」


葉山「確かに戸部は死ぬべきだな」

戸部「隼人君!?」


八幡「清々しいぐらいのクズだな……あいつ」

4 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 19:00:09.63 dQHPAqqFo 4/10

八幡「……それで、どうするんだ、雪ノ下? この依頼を受けるのか?」ヒソヒソ

雪乃「ぶっちゃけると、受けたくないから、受けたフリをして後でしらばっくれようと思っているわ」ヒソヒソ

結衣「ゆきのん、それはちょっと酷くない?」ヒソヒソ

八幡「いや、でも、どうせ戸部はフラれるだろうし、俺たちが何かしてもしなくても変わらないだろ」ヒソヒソ

結衣「あー、それ確かかも。流石、ヒッキー。えげつないね」ヒソヒソ


戸部「いや、話とか全部ダダ洩れなんすけどー。ちょっと、葉山君、なんか言ってやってよー!」

葉山「みんな、戸部の話を真面目に聞いてやってくれ! 戸部は戸部で真剣なんだ!」


雪乃「少し黙っててもらえるかしら? キーキーうるさいわ」

結衣「バナナならきっと家庭科室にあるし!」

葉山「そうだぞ、戸部! お前は静かにバナナを食ってろ!」

戸部「ちょっ!」


八幡「最低だ……あいつ……」

5 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 19:01:23.60 dQHPAqqFo 5/10

雪乃「そもそもの話をすれば、戸部君。あなたに魅力がないからいけないのよ。戸部君に、誰でも恋に落ちる様な外見と性格と誠実さが備わっていたら、私達がこんな馬鹿みたいな依頼で悩む必要もなかったわ」

戸部「それ、ものスゴい暴論じゃない!?」

結衣「ていうか、どうせフラれるのは目に見えてるんだし、もう今の内からフラれちゃえば? もしかしてそれで解決?」

八幡「お前、天才か……! 由比ヶ浜」

結衣「え? あ、ええと、あの……て、照れるし、ヒッキー///」

葉山「ちょっと待ってくれ! それは戸部が可哀想だし、それに俺は今のグループの関係を出来るだけ壊したくは……!」

八幡「それならグループごと壊すか」

雪乃「そうね。名案ね」

結衣「ヒッキー、もしかして天才!?」

戸部「ちょっとちょっと葉山君、どんどん悪い方に話が転がってくんだけど! 何とかしてよー!」

葉山「やめてくれ! 俺はそんなやり方を認めないぞ!」

雪乃「チンパンジーに発言権はないわ」

結衣「エサの時間はまだだし」

葉山「そうだぞ、戸部。バナナをやるから諦めろ」

戸部「ちょっと、隼人くーん!」

八幡「お前の事だぞ、葉山」

葉山「だ、そうだぞ。戸部」

戸部「隼人くーん……」

6 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 19:02:36.65 dQHPAqqFo 6/10

八幡「で、話がまとまって、由比ヶ浜が早速張り切って海老名を呼びに行った訳なんだが……」

雪乃「どうして、海老名さんだけでなく平塚先生や戸塚君まで呼んで来ちゃったのかしら? 由比ヶ浜さん」

結衣「なんか途中で会って、事情を簡単に話したら捕まっちゃったの……ごめん」

「生徒が告白すると言うんだ。こんな面白そうなイベント、私が来ない訳にはいかないだろ」

八幡「おい、やめろ。誰が年増ババアだ。こういうのは耳年増って言ってだな」

「ちょっと待て、比企谷……誰が今、何て言った」

戸塚「なんか、チンパンジーが海老名さんに発情してるらしいって僕は聞いたんだけど……」

海老名「あー、葉山君、ごめんね。私、今、チンパンジーに限らず、誰とも付き合う気ないから」

葉山「え」

戸部「マジでー。泣きたいんですけどー」

7 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 19:04:11.55 dQHPAqqFo 7/10

結衣「ヒッキー、ひょっとして平塚先生の事、嫌いなの?」

八幡「そんな事あるはずがない。俺は先生を尊敬してるし、この人は一生結婚出来ないだろうなとまで思ってる。しまった、つい本音が」

「……おい、比企谷。……それ冗談に聞こえなくて、私、今かなり傷ついてるんだが……」

葉山「先生、彼は少し特別なので、あまり気にしない方が……」

「まさか、チンパンジーに慰められる日が来るとは……。惨めだ……」

葉山「やめろ、戸部! 先生が傷ついてるだろ! お前はもう猿山に帰れよ!」

戸部「……隼人君。……俺も今、かなりショックを受けてるのにー……」

雪乃「酷いわね、まったく」

八幡「元はと言えば、お前のせいだぞ?」

海老名「とべはち」ボソッ

戸塚「元気を出して。戸部君。そういう時もあるよ」

戸部「戸塚君とか、めっちゃいい人ー。マジリスペクトしちゃうわー」

9 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 19:05:52.02 dQHPAqqFo 8/10

雪乃「なんにしろ、これで依頼は解決ね。戸部君は直接フラれてないし、三浦グループの関係も崩れてないわ。完璧ね」

八幡「全部、由比ヶ浜のアイディアと戸塚の機転のおかげだがな。俺たち、本当に何もしていないし」

結衣「えへへ//」

戸塚「八幡にそう言われると照れちゃうよ//」

海老名「はちとつ、ハァハァ///」

「はぁ……。信頼してた生徒には傷つけられるし、どうせ、今日も淋しく家で一人酒だ。一体、私のどこがいけないんだ……」

葉山「先生は悪くないですよ。男の見る目が悪いんです。落ち込まないで下さい」

「後でバナナをやるから少し黙っててくれ」

葉山「戸部、良かったな。好物だろ?」

戸部「……隼人君。ちょっといい加減にしないと俺も怒」

葉山「戸部、好物だよな? そうだろ? そう言ってくれ。頼む、戸部」(涙目)

戸部「…………」

戸部「……そ、そうだね。好物だから嬉しいかもなーんてー。はははっ……」

「戸部……。お前、見かけによらず、なかなかいいやつだな」

海老名「本当に。ちょっとだけ見直したかも」

葉山「いや、よしてくれ。俺は特に何も大した事はしてないよ」

戸部「隼人くーん。マジで軽蔑するわー。ないわー」

10 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 19:06:32.30 dQHPAqqFo 9/10

結衣「そういえば、ゆきのん。今更だけど、どうして葉山君をチンパンジー呼びにしてるの? 嫌いなの?」

雪乃「特に嫌いという事はないわね……。ただ、姉さんがチンパンジー呼びにしてたから、それに合わせただけで」

葉山「!?」


八幡「俺も、雪ノ下がチンパンジー呼びしてたからそれに合わせただけだな」

結衣「私は空気を読んで、みんなに合わせただけだしー」

「私も陽乃が元だな。お前たちも言ってたからノリで合わせたが」

海老名「私は結衣が言ってたから……ノリで」

戸塚「葉山君ってチンパンジーだったの?」

葉山「そうか……。元凶は材木座か……」

戸部「え?」

11 : 由比ヶ浜サーガ - 2015/10/18 19:07:08.21 dQHPAqqFo 10/10

その後、絶対的なカースト制度の名によって、原因の全ては材木座に押し付けられ、材木座は引きこもりになったが、誰も心配はしなかった

やはり、この学校のカースト制度は間違っているが、俺はそれをまったく気にしない






記事をツイートする 記事をはてブする