1 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/19 23:22:55.97 FkdgTAyYo 1/577


提督「むむ、このスレからは事件の臭いがします」

磯波「何かあったのでしょうか……!」

浜風(ロリコンがいるんじゃないですかね)


※たまーに安価を取るっぽい!
※時々エッチなお話もあるっぽい!?
※リクエスト、アイデアなどはいつでも募集っぽい!でも残酷なのはダメっぽい!
※ちょいと磯波がキャラ崩壊気味だけど許してちゃぶ台っぽい
※くまさんぱんつは神

前スレっぽい!
【艦これ】磯波「防諜ですか?」提督「防諜です」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423666135/
http://ayamevip.com/archives/45388139.html

元スレ
【艦これ】提督「磯波、事件です!」磯波「はいっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429453375/

13 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:27:33.22 i7FxVd/Zo 2/577

【磯波人質事件】


深海アジト


ウィーン

ヲ級「今度こそマジパナイからね」

レ級「……」


彼女たちは、このアジトを拠点として人類に対し悪巧みを企てるスパイなんです!

レ級はそのリーダーで、ヲ級は悪の科学者です!


ヲ級「なんだよ!じゃあこれ見てよ!自動玉子割わr」

レ級「次ぃ!!」

ヲ級「」

レ級「次」

ヲ級「えーっと、これは因果律を自在に操る装置」

レ級「因果律?なんだそれは」

ヲ級「哲学では、すべての事象は必ずある原因によって起こり、原因なしには何ごとも起こらないという原理。物理学では、どの形式で事象を記述するかによって意味が異なる。だからまずは」

レ級「もういい!結構!次を頼む!」

14 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:28:39.41 i7FxVd/Zo 3/577


ヲ級「そう?じゃ、次、心を読む装置だよ」

レ級「ほう、こいつはいい!」

ヲ級「有効射程、2mだけど」

レ級「……この前の好みのタイプのヤツはちゃんと作れたのに」

ヲ級「そういうもんだよ科学というのは」

レ級「まだ他にありそうだな」

ヲ級「あるよ、体の一部を大きくする装置さ」

レ級「ほう……体の一部を?」

ヲ級「そう」

レ級「…………胸もか?」

ヲ級「まあ、できるけど」

レ級「よし!これでいこう!」

ヲ級「う、うん……」

レ級「今日はおごりだ!飲みに行くぞ!」

ヲ級(もう一つ、もしもボックスがあったんだけど……まあいいや、後でスクラップにしとこ)

15 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:29:18.89 i7FxVd/Zo 4/577


後日...


事務所

この事務所はこの物語の主人公の提督たちがいる、住み込みの拠点になります。


提督「……ふわぁ~あ」

磯波「世の中平和だと眠いですねぇ……」

浜風「いやいや、平和が一番ですよ」


そうです、彼らこそが主人公!

提督、彼は広川一郎海軍中佐。

磯波はそんな提督の部下です。

そして、訳あってここにやってきた浜風。

この三人は数々の難事件(あと変な事件)を解決してきた、軍事探偵です!


提督「……あそうだ、郵便ポストを確認してませんでしたね」

磯波「あ、取ってきます」

スタスタ

提督「なにか、事件の手紙でもあればいいんですが」

16 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:30:12.13 i7FxVd/Zo 5/577


浜風「お茶淹れてきます」

提督「こりゃどうも」

磯波「……うーん、ダイレクトメールばっかり。ロクなものが無いですよ」

提督「残念ですね。ま、今日のところはお休みっちゅーことで」

磯波「ん?」

提督「おや、何かありましたか?」

磯波「いえ……な、なんでも」

提督「あ、そう」

浜風「お茶です」

提督「あ、こりゃどうも」


磯波(……豊胸装置の実演会、すぐ効果が出ると。うーん、み、見るだけなら!)

17 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:31:04.53 i7FxVd/Zo 6/577



イベント会場


ザワザワ

磯波「えーっと……あそこか」

「あ!あなたは!」

磯波「え?その声は」

雪風「磯波ちゃん!」

磯波「雪風ちゃん!?あなたも胸を……」

雪風「いえ!霞ちゃんの付き添いです!ね!霞ちゃん!」

「……ち、違う、のよ」

磯波「……」

雪風「え?」

磯波「とりあえず、並びましょうか」ニコッ

「そ、そうね」ニヘラ

18 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:31:55.41 i7FxVd/Zo 7/577



ソ級「……あいつらもか」

ネ級「やっぱ、永遠の悩みですもの」

ソ級「いやいや、そこじゃなくてっすね」


彼らも深海棲艦、スパイでありレ級の部下です!

とりわけネ級は変身能力を身につけているため、非常に厄介な存在です。


ソ級「ちょっと!自分の説明はなしっすか!?」

ネ級「仕方ないですよぉ、影薄いし」

ソ級「まあ、いいっすけど。それより!磯波がいるならとっ捕まえるべきっすよ!」

ネ級「そうですねぇ……」

ソ級「早速伝えに行くっすよ!」

サササー

19 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:32:36.92 i7FxVd/Zo 8/577



磯波「やっぱり、霞ちゃんも」

「ええそうよ!悪い!?」

磯波「いや悪くはないけど」

「ちょっと、試してみるだけよ、知的好奇心って言うか、その」

雪風「え?でもなんか昨日は」

「お菓子買ってあげるから黙って」

雪風「はい!」

磯波「あ、次みたい」

「じゃあ、行ってくるわね!?」

磯波「う、うん」

「くれぐれも、私がここにいた事は内緒に……」

磯波「わかってるよ」

20 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:33:26.71 i7FxVd/Zo 9/577



「いらっしゃい」

「あ、どうも」

「あなたも、胸のことでお悩みのようね!?」

「……はい」

「それならこれよ……試しにつけてあげる」ウィーン

「お願いします」

「発射ぁ!」

ビビビビビ

「お、おおおおおお!?」ボイーン

「どうです?」

「しゅ、しゅごい!胸が、重い!」

「ただ、今日は実演会だから。また後日ここに来てもらいます、お金を持ってね」

「お、おいくらですか?」

「安くしとくけど、10万ほどかしら」

「10万……」

「どう?気が向いたら、来週また来てもらうわ」

「わかりました」

ビビビビビ

「ああ、縮んでいく……」シオシオ

「それじゃあまたね」

「はい……」

21 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/20 21:34:45.87 i7FxVd/Zo 10/577


磯波「あ、どうだった?」

「やばかったわ……」

磯波「ほ、ほぉ~!」ワクワク

「じゃあ、外で待ってるから」

磯波「い、行ってくるね!」



「あら、いらっしゃい」

磯波「よろしくお願いしますっ」

「あなたには特別コースを試させてあげるわ」

磯波「え!?いいんですか!?」

「もちろん、それじゃこちらへ」

磯波「感激です~」スタスタ

ソ級「そっすね」ガシッ

磯波「えっ!?」

ネ級「捕まえた!」

磯波「ま、まさか、罠!?」

ソ級「偶然引っかかっただけっすけどね」

ネ級「じゃあ眠ってくださいねぇ」ポフッ

磯波「はうっ」カクン


27 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:52:51.85 hLxOiTf6o 11/577



イベント会場


「磯波、遅いわね」

雪風「ですねぇ」モグモグ

「……一個頂戴」

雪風「ダメ!雪風のです!」

「私が買ってあげたんだけど……」

雪風「じゃあ今日の事も誰かに話していいんですね」

「ちぇっ、意外とケチなのね」

「あら、いたの。今日はもうおしまいよ」

「ええ?でも、磯波、友達がまだ中に」

「いないわよ?」

「はぁ?」

「それじゃあね」ソソクサ

「……これって、もしかして」

雪風「誘拐です!」

「……後をつけるわよ」

雪風「はい!」

28 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:53:23.39 hLxOiTf6o 12/577


コソコソ

ネ級「……」キョロキョロ

磯波「くか~……」zzz

ソ級「意外と軽いっすね」

ネ級「駆逐艦ですからぁ」

タッタッタッ…


「深海棲艦!」

雪風「あいつらですっ……!」

「追いかけるわよ」ダッ

雪風「はいっ」ダッ

スタタター

「あの角を曲がったわ」

雪風「どこに行く気でしょうか」

タッタッタッタッ

「……あれっ!?」

雪風「み、見失った……」


ネ級「……んベーだ」

ソ級「ステルスな迷彩さまさまっすね」

磯波「むにゃむにゃ……」zzz

29 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:53:50.89 hLxOiTf6o 13/577



事務所


ジリリリリリ

浜風「はい。……えっ!?は、はい、代わります!」

提督「はい、代わりました。広川です」

『攫われちゃったのよ、磯波が!深海棲艦に!』

提督「……………………へぇー」

『へぇーって、あんた!カミさんが攫われてるのに何よそれは!?』

提督「うん……そう……」

『だぁーー!!浜風と代わりなさい!』

提督「はいはい、どうぞ、浜風さん」

浜風「は、はい」

『あんたんとこ親分はどうなってんのよ!?だらしないったら!!』

浜風「ええっと、それより、詳細を」

『えっとね、スーパーの前のイベント広場よ!』

浜風「はい……はい、わかりました、すぐ向かいます」ガチャン

提督「そいじゃ、向かいましょうか」

浜風「は、はい。提督、どうしてそんなに落ち着いてるんですか?磯波ちゃんが攫われたんですよ」

提督「……へぇ、そう、うん、大丈夫」

浜風(あ、これ今回役に立たないパターンだ)


ブルタタン、ブゥーン

浜風「ホントに、車の運転大丈夫なんですか?」

提督「大丈夫」ガコガコ

ブゥゥゥゥゥゥゥン!!

浜風「ぎゃあああああああああああああ!!!!」

30 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:55:01.25 hLxOiTf6o 14/577



深海アジト


レ級「ほう、よくやったじゃないか」ボイーン

ネ級「なんか、今日テンションおかしいですねぇ」

ソ級「なーんか、やらかしそうな予感……」

レ級「なんだよ、何か文句あるか?」

磯波「うぅん……」

レ級「お目覚めのようだな磯波」

磯波「……だれ?」

レ級「我が輩はレ級、アルマトイさ」

ネ級「そして私はキャプテン・マユズミです!」

ソ級「058っす!」

磯波「……知ってるけど。ていうかレ級はそんなに胸おっきくない!」

レ級「ふふふ……この豊胸装置は工作空母ヲ級ペガサスが作ったのだよ」

ヲ級「豊胸装置じゃなくて、体の一部を大きくする装置ね」

磯波「それで、金を稼いでいたのね」

レ級「その通り。別に悪いことしてるわけじゃないだろ?」

磯波「……私にも」

レ級「お前にだけはぜ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ったい!!!使ってやらんもんね!!バーカ!!」

磯波「なんでぇ!」

レ級「嫌だから」

磯波「とぅっ!」バッ

レ級「だぁっ!?」ドシャッ

ネ級「ひえぇ~~!ドロップキックだぁ!」

レ級「いてて……もーぉキライ!牢屋に放り込んどけ!」

ネ級「はぁい」

磯波「ケッ!」

31 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:55:53.99 hLxOiTf6o 15/577


ブルルルン

ガチャ

提督「……」

浜風「霞!雪風!」

「来たわね!……随分早いわね」

浜風「……提督が信号全部ぶっちぎって来たんです、うぷっ」

雪風「ひえぇ」

提督「それで、どこに逃げたんですか?」

雪風「あっちです!」


提督「で、ここで見失ったと」

「ええ、角を曲がったら消えちゃって」

提督「ふーむ……」

雪風「本当に、突然消えたんです」

提督「ふわぁ~っと空を飛んだりとか」

「いいや」

提督「つまり、磯波は、誘拐されていない?」

「いや、誘拐はされたの」

提督「そうだ、磯波じゃなくて吹雪さんかも」

雪風「直前まで話してましたし、第一吹雪さんは宿毛湾です!」

提督「…………本当に攫われたの?」

「本当に攫われたの」

32 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:56:37.81 hLxOiTf6o 16/577


提督「……どどどどどどどうしよう、どうしましょう、磯波が?え、なんで?」ガクガク

浜風「今まで信じてなかったんですね……」

雪風「この様子だと、ダメダメそうですね」

「う、うん……」

浜風「ねえ、提督。ここで磯波ちゃんをパパッと救い出したら、かっこいいと思いませんか?」

提督「……」ピクッ

浜風「磯波ちゃん、提督のこと惚れ直す、か・も」

提督「さて、浜風さん。現場を調べましょう」

浜風「はい」

「……なんなのコイツ」

雪風「さぁ……」

提督「霞さん、まずは教えてください。本当に深海棲艦でしたか?」

「そう言われると、なんか自信なくなってきたわ。でも深海棲艦っぽかったわね」

提督「そして、この角を曲がると姿を消した……」

雪風「そうです!パッていなくなって」

提督「いえ、犯人はいたんですよ。まだ」

雪風「ええ!?」

「いや、消えたのよ!?」

浜風「どういうことですか?」

33 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:57:26.47 hLxOiTf6o 17/577


提督「この地面の壁際を見たまえ、ちょうど角を曲がった直後です」

浜風「……足跡?ですけど」

提督「ええ、真新しい足跡です。それも二人」

「そうね、二人組だったわ。でも姿は……」

提督「文字通り、姿を消したんですよ。ステルスな迷彩でね。進水式の時と同じ手口でしょう」

雪風「ああ、あの時の、気づかれずに侵入されたのもそういうわけで!」

浜風「進水式って?」

「前スレを読んでないの?横須賀で進水式が行われた時に、あの四人組に新造艦の艤装を奪われそうになったのよ」

提督「ええ、その時に、雨森中将、つまり霞さんたちの提督が拘束されたんです。突然現れた浮遊する縄にね」

雪風「……でもその時そんなこと言ってましたっけ?」

提督「言ってたってことにしといて。とにかく、ステルスな迷彩を使って襲ったというわけです」

浜風「じゃあ、その迷彩を使ってここに」

提督「サッと入り込んで、やり過ごしたんでしょうね。ちょうど時間も昼頃だ、影も消したかったんでしょう」

「……またしても、してやられたわけね」

提督「搦手を使う相手には専門家でないと遅れを取るものです。恥ずべきことではありませんよ」

雪風「……」シュン

浜風「あ、あの、それで、どこに連れて行かれたんでしょうか?」

提督「さあね、ひょっとすると連中から連絡があるかも」

34 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:58:00.38 hLxOiTf6o 18/577


プルルルルル

提督「ほらね」テチッ

レ級『ごきげんよう、広川くん』

提督「おやおや、これは」

レ級『大事な大事な磯波ちゃんはこっちで預かってるぞ』

提督「へぇ、傷つけないようだけお願いしたいものです」

レ級『交渉材料さ、何もしないさ。ところで、ちょっと頼みごとがあってだな』

提督「頼みごと?」

レ級『明日にでも、街のカフェで落ち合いたいのだ』

提督「いいでしょう、行きましょう」

レ級『はっ、貴様に恐るべき恥辱を味あわせてやるから楽しみにしておけよ。ガッハッハッハッハッハ!』

プツン

提督「……」

浜風「提督……」

提督「事務所に戻りましょう」

浜風「は、はい」

35 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:58:27.93 hLxOiTf6o 19/577



翌日、街のカフェ


レ級「くふふ……」

磯波「提督!」

提督「磯波、無事でしたか」

浜風「よかった……」

ネ級「ねぇ、やめましょうよぉ」

ソ級「そっすよ、そーいうのって、あれですよ、人権とかそういうのに……」

レ級「深海棲艦が人権気にするかぁー!?」

提督「そういえば、あんた本当にレ級アルマトイなわけ?」

レ級「はぁ?そうだが」

提督「……」

ネ級「やっぱ変ですよねぇ」

浜風「こんなに胸おっきかったっけ」

レ級「くそ!普通におっきいやつはいいなぁ!」

提督「……それで、どうすれば磯波を返してもらえるんですか?」

レ級「そりゃもちろん、お前に大恥をかいてもらう」

提督「……ええ、いいでしょう」

磯波「提督!ダメです!」

ネ級「だから、やめましょうってぇ」

レ級「うるさい!こいつには散々苦渋を舐めさせられてきたのだ……!」

提督「なんだって、やりましょう。それで?何をすれば?」

36 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/21 23:59:11.47 hLxOiTf6o 20/577


レ級「そうだなぁ……服脱げ」

提督「はぁ?」

レ級「服だよ服!」

提督「……わかりました」スルッ

パサッ

ネ級「あわわわわわ、ダメですってぇ!」

ソ級「そっすよ、公衆の面前で!」

レ級「公衆の面前じゃないと意味ないだろ!」

ザワ……ザワ……

「あの、お客様?」

提督「いや、私はこれをやらなければならないのです」

「え、えぇ~~~~……」ガビーン

レ級「ふふふ」

ネ級「わわわわわわわ///」カァー

ソ級「いい筋肉っすねぇ……じゃなくて!やめさせてくださいっす!」

磯波「て、提督……」

提督「脱ぎましたが?」

浜風「……」

レ級「まだ下着が残っとるだろう」

提督「……わかりました」スルッ

キャー!ワァーオ!

「お客様!?困ります!困ります!」

提督「……これで、どうです」

37 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/22 00:00:04.87 OY7c4VOto 21/577


レ級「あああああ!!?君はなんてことを!?」

ソ級「ええ!?」

磯波「!?」

レ級「これでは!露出狂とおんなじではないかっ!!」

浜風「いい加減に……」ギリ

レ級「大変だぁ~~~軍人がおいなりさんぷりんぷりんさせてるよぉ~~~おまわりさ~~~~ん!!!」

ドンッ!

ネ級「ひっ!」

レ級「うぉっ!?」

磯波「ぴゃっ!?」

ソ級「!?」

提督「……」

浜風「……もういい、たくさんだっ」

レ級「何怒ってる、こっちには人質が」

浜風「お前……人を裸にひん剥いて……それを嘲笑って……最低だッ!!」ジャキッ

レ級「ひ、人聞きの悪い、なぁ?」

ネ級「今回ばかりはあなたが悪い」ジャキン

ソ級「調子に乗りすぎっす」ガシャコン

レ級「あ、そ、うん……ごめん」

浜風「くらえっ!!!」

ズドンッ!!


レ級「ごめんなさああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ…………」

キラーン☆

38 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/22 00:01:24.85 OY7c4VOto 22/577



ネ級「……うちの上司がお騒がせしました」

ソ級「こうなる前に止めれば、よかったんすけど……」

ネ級「ごめんなさい」

浜風「……あなたたちに、謝られても」

磯波「提督!早く服着てっ!」

提督「ええ、怪我はありませんでしたか?」

磯波「私より、提督が!」

提督「私のことはいいんですよ、別にね」

磯波「提督……」ウルウル

提督「さて、磯波が戻ってきて気分も上々だ。このまま街を巡りましょうかね」スタスタ

浜風「……」

磯波「……」

浜風「どう思います?」

磯波「やっぱり、傷ついてるかと……私のせいで……」

浜風「いや、悪いのはあいつ、レ級です」


浜風ちゃんはそう言ってくれますが、それでもやっぱり……。
とにかく、私たちは暗い雰囲気でしたが、提督はいつも通りでした。空元気、なんでしょうか。

39 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/22 00:02:15.95 OY7c4VOto 23/577


提督「……二人はこう考えている」

磯波「え?」

浜風「何が、ですか?」

提督「もし傷ついてるなら、どうしよう。傷ついていないなら、そりゃ本当に露出狂だ、はたまたどうしよう。とね」

磯波「……」

浜風「……」

本当に気にしてないのかもしれない……?














レ級「おっぱいが、大きくなったからちょっと調子に乗ってしまったんです、はい」

ヲ級「次あんな真似したら、発明品貸さないからね」

レ級「ごめんなさい……本当に反省してます……」ドゲザァ


次回に続きます...

49 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/22 22:09:58.09 OY7c4VOto 24/577



小ネタ32


磯波「……」モンモン

磯波(すべきか、せざるべきか、それが問題だ)

「ふざけるなよ!」

磯波「誰っ!?」

悪魔磯波「俺はお前の心の中の悪魔!いくら提督が傷ついたからって罪悪感なんか感じる必要はない!むしろ罪悪感をオカズにしろ!」

磯波「で、でも……」

悪魔磯波「無理せずオナった方がいいんじゃないか?」

磯波「うぅ……提督……」

「いい加減にしたらどうだ!悪魔!」

悪魔磯波「チッ、嫌な声がしやがる……」

「絶対に許さなーい!!」

磯波「あ、あなたは!?」

天使磯波「俺は君の心の中の天使!君を救うために提督はプライドを捨てて服を脱いだんだ!」

50 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/22 22:11:15.13 OY7c4VOto 25/577


磯波「そ、そうですよね」

悪魔磯波「やれやれ……そんな戯言を振り回して善人気分か?」

天使磯波「黙れ!お前は間違っている!」

磯波「天使さん、一体どうすれば……」

天使磯波「傷ついた提督の心を癒すため、慰めセッ○スするしかない!!」

磯波「えっ」

悪魔磯波「おいちょっと待ってくれ!」

天使磯波「ラブラブ家族計画は提督との協調のための重要なプロジェクトだ!」

悪魔磯波「そんな計画初耳だぞ!」

磯波「流石にそれは……///」

天使磯波「ラブラブ計画を妨害する気か!二人とも砕け散れ!」

悪魔磯波「自慰こそが正義!そっちこそふざけるなよ天使!」

天使磯波「全エネルギー開放!」

磯波「ふ、二人とも!」

「「うおおおおおおおおおお!!」」

チュッ

悪魔磯波「///」

天使磯波「///」

磯波「なんで!?」

51 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/22 22:11:57.63 OY7c4VOto 26/577


………

……




磯波「う~ん、いみわかんなぃ……」zzz

提督「ははっ、お尻ちゃん丸出しで寝ちゃって」クスクス

浜風「女の子としてあるまじき格好ですね……」

提督「いや、ほんとね。しかし久々に一人で寝ることになりそうだ」

浜風「寂しいですか?」

提督「今日ばかりはありがたいですけどね」

浜風「やっぱり、昼間の事を」

提督「まっ、公衆の面前で全裸になるってのはある意味では希少な体験かもしれません」

浜風「えっ」

提督「そう思わないと、ぶっちゃけやってられんとです」ショボーン

浜風「そ、そうですよね、びっくりした……。そうだ、お酒なら付き合いますよ提督」

提督「そりゃ是非ともお願いします……」

52 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/22 22:12:25.99 OY7c4VOto 27/577



小ネタ33


ヲ級「レ級の行動の是非はともかく、ボクも行けばよかったなぁ、深海じゃ男の裸なんて滅多に見れないし」

ソ級「すごかったっすよ」

ネ級「ふ、太かったよねぇ!///」

ソ級「ん?太くは、なくないすか?」

ネ級「え?で、でも結構大きい方だと……」

ソ級「いやいや、大きい人はもっとでかくてしっかりしてるっすよ」

ネ級「え、ええ~~~!?///」

ソ級「まぁ、自分はあれぐらいが好きっすけどねぇ」

ヲ級「まるで、経験があるみたいな言い方だね」

ソ級「そりゃ、毎日の日課っすからね」

ヲ級「Seriously?」

ネ級「と、とんでもない人が身近にいた……」

53 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/22 22:13:12.29 OY7c4VOto 28/577


ソ級「え?別に変なことじゃないっすよ」

ネ級「へ、変なことですよぉ!」

ヲ級「ちょっと、問題があると思う」

ソ級「そっすかぁ?そんなの男でも女でもいっぱいいるでしょやってる人。深海にも専門の施設があるんすよ」

ネ級「ほ、本当!?」

ヲ級「教えてくれよ!」

ソ級「そっすか、じゃあ今度の休みに行くっすよ」




後日二人はトレーニングジムへと連れて行かれた。

ヲ級「まあこれはこれで悪くないね!」

60 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/23 21:50:39.82 s913u+SXo 29/577

【提督なんて大ッ嫌い!】


事務所


提督「私もあなたにはほとほと愛想を尽かしっちまいましたよ!」

磯波「もう顔も見たくありません!!」

提督「どこにでもお行きなさい!このアンポンタン!」

磯波「言われなくても!もう海軍にも用事はありません!」

スタスタ

ガチャ!バタン!!

提督「磯波のすっとこどっこい!」

浜風「……」


コソコソ

ネ級「……あれー」

ソ級「夢かはたまた幻か……?」

ネ級「明日雪でも降るんじゃないですかぁ」

ソ級「と、とにかく報告っす」

61 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/23 21:51:20.67 s913u+SXo 30/577



深海アジト


レ級「んで、なんだって……」モグモグ

ソ級「それがっすね、あの広川と磯波が!」

ネ級「喧嘩別れですよぉ!」

レ級「そんなわけあるかい」

ソ級「本当っすよ!何かあったんでしょきっと!」

ネ級「うんうん!そうですよぉ、きっと痴情のもつれ的な!」

レ級「ふぅーん……じゃ、監視しとけば」


62 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/23 21:53:05.96 s913u+SXo 31/577



空き地


磯波「何が国のためだ!国旗も紋章も肖像も全部灰にしてやる!」シュッ

メラメラ…

磯波「こんなもん!全部!いらないっ!」ポイッ


ジー

ソ級「あらまぁ」

ネ級「単なる痴話喧嘩じゃなさそう……」

ソ級「ありゃ相当っすよ、あーあ、なんもかんも全部燃やしちゃって」

ネ級「艤装は、燃えないでしょ……」

63 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/23 21:54:16.07 s913u+SXo 32/577


提督「……浜風」

浜風「ふふ、提督……」

提督「邪魔者は消えた。こうして二人の時間ができましたね」ギュッ

浜風「提督……」ギュー

提督「さぁ、ベッドに行こうか」


ソ級「え、えぇーー!?」

ネ級「結構ドロドロですよぉ!」


浜風「他の男性はまだ苦手ですが、提督なら……」スルッ

提督「それじゃあ、私のロリコンも直してもらおうかな」ヌギヌギ

浜風「もう、提督ったら……」


ソ級「あらららら、服脱いで、そんで……」

ネ級「うぅ……///」ドキドキ

ソ級「布団の中でモゾモゾしてるっす」

ネ級「あれは、ゼンギってヤツですよぉ!先月号の『深海性感♥』に載ってましたもん!///」

ソ級「え、なんすかそれ……あ、なんか喘いでるっすよ!」

ネ級「きゃーーー!!もう見てられません!!帰りましょう!///」

ソ級「ぶったまげたっすね……いやホント」

64 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/23 21:55:09.80 s913u+SXo 33/577



磯波「……とはいえ、これからどうしよう」トボトボ


ソ級「一方、磯波は……」

ネ級「ぐうう、ひどい!不倫だなんて!!」

ソ級「そうっすよ!!絶対に許せないっす!!」

ネ級「しかも磯波を追い出して!!」



レ級「ほっとけばぁ?」

ネ級「何も思わないんですか!?」

ソ級「そうっすよ!」

レ級「いや、敵だし」

ネ級「そんな薄情だったなんて!」

ソ級「前回といい酷いっすよ!」

レ級「前回について言うのはやめて。第一、敬虔なロリコンだろアイツは。ロリ巨乳は対象外だし不倫だなんて」

ネ級「じゃあ、実際に見に来たらいいですよぉ!」

ソ級「ぶったまげること間違いなしっすよ」

レ級「ホントかぁ?」

65 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/23 21:56:19.38 s913u+SXo 34/577



浜風「提督……気持ちよかったです……♥」

提督「ふふ、私もすっかりロリコンが治っちまいましたよ」


レ級「あれま、ホントねぇ」

ソ級「でしょー!?言ったっしょー!?」

ネ級「きっと、磯波が愛想尽かして出てっちゃったんですよぉ!」


磯波「……」チョコン


レ級「対して、磯波は空き地に座り込んじゃって……」

ソ級「可哀想っす!」

ネ級「引き取りましょうよぉ」

レ級「うーむ……そうだな……利用価値はあるかもしれん」

ソ級「そんな利用価値とかどうでもいいっす!引き取るか!引き取らないのか!」

レ級「わ、わかったよ、交渉してくるから待ってろ」

ソ級「頼んだっすよ!」

66 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/23 21:56:50.42 s913u+SXo 35/577



磯波「……事務所を出たのはいいけど、これからどうしよう」

レ級「ふふ、落ちぶれたな磯波」

磯波「!?深海棲艦!」

レ級「今の貴様に我々を退ける力はあるまいて」

磯波「う……」

レ級「どうやら、捨てられたらしいな」

磯波「……」

レ級「しかし、捨てる神あれば拾う神もあり、だ」

磯波「それってどういう……」

レ級「どうだ、我々の仲間になってあの男に復讐をするというのは」

磯波「……それは」

レ級「悪い話ではないはずだ、お前の情報も役に立つだろう……ふふ」

磯波「……やります、あの男に、復讐を!!」

67 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/23 21:59:06.62 s913u+SXo 36/577

今日はここまで
『深海性感♥』は深海棲艦の成人向け雑誌です

75 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/24 22:31:08.85 E0A87eTFo 37/577



深海アジト


レ級「ここが、アジトだ。今日からお前はここで暮らすのだ」

ソ級「へへー!仲間が増えて嬉しいっす!」

ネ級「よろしくねぇ!」

磯波「はい、頑張ります」

レ級「ペガサス……ヲ級は今ちょっと出張中だ」

磯波「そうですか、残念」

ソ級「ま、とにかくこっち来るっす!」

ネ級「案内してあげます!」

磯波「あ、ありがとうございます」

レ級「……これで、いいのだろうか」

76 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/24 22:32:12.61 E0A87eTFo 38/577




ソ級「復讐作戦っすか!いいっすね!」

ネ級「あのふざけた二人に制裁です!」

磯波「ええ……実は全て計画は考えてあるんです」

レ級「ほう、言ってみろ」

磯波「まず、人気のない山奥に誘い出します。地図で言うとここです」

レ級「ふむ、確かにここなら周りからは見えないな」

磯波「そしてこの包丁でメッタ刺しにしてやる……」

レ級「け、計画ってそういう感じの計画なのね」

ネ級「怖い、もっと他に計画はないんですかぁ?」

磯波「何か文句でもありますか……?」

ネ級「いえ、ありません」

ソ級「我々は磯波さんに従いますっす」

磯波「よろしい……」チラッ

レ級「は、はい!それはもう!」

磯波「ふふふふふ……提督……」

レ級(なんか、とんでもないものを連れ込んでしまった)

磯波「計画は明日から始めます」

77 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/24 22:33:20.12 E0A87eTFo 39/577



夜...


ソ級「ふわぁ~あ、なーんか寝付けないっすねぇ。なんか音が響いてる気がするっす」

ゴソゴソ

ソ級「むっ、誰っすか!?」

磯波「ひゃっ、びっくりしたぁ」

ソ級「何だ磯波っすかぁ。何やってんすかこんなところで」

磯波「んーと、トイレ、探してたの」

ソ級「ああ、それならあっちっすよ」

磯波「あ、ありがとう。それじゃあ行ってくる」

ソ級「はい、いってらっしゃいっす」

78 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/24 22:34:15.93 E0A87eTFo 40/577



そんでもって山奥


提督「おや、こんなところに未練がましくもやってくるなんて」

浜風「諦めたら?」

磯波「ぐぬぬぬ……!!」

ソ級「なんてヤツっす!信じれん!」

ネ級「こんなにクズだったなんて!」

レ級「構うことはないぞ磯波!やっちまえ!」

磯波「殺してやる……殺してやるぅぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーーー!!!」ダッ

提督「なっ!」

ドスッ

レ級「やった!」

提督「が……は……」

磯波「ふふ、ふふふふ……」

浜風「提督ぅーー!!」

ソ級「ざまあみろっすよ!!」

ネ級「こればかりは自業自得です!」

提督「ぐぐがぁ……」


レ級「これで邪魔者はいなくなった!磯波を邪険にした貴様の負けだ広川一郎!!ハッハッハッハッハ!!」

79 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/24 22:35:47.00 E0A87eTFo 41/577


提督「ふふ、はっはっはっはっはっはっ……」

レ級「痛みで頭がおかしくなったなぁ!」

提督「いやいや、刺されたところから血が出ないので、笑っちゃいます」

ソ級「なにぃ!?」

ネ級「ひえぇ!バケモノ!」

浜風「あなたたちに言われたくはありません」

レ級「磯波!仕留め損ねたぞ!もう一度やっちまえ!」

磯波「嫌です」

レ級「なにぃ!?どういうことだ!?」

提督「説明してやってくださいな、磯波」

磯波「はい、私たちは新開発のレーダーの実験をしていたのです」

レ級「なにぃ!?」

磯波「あなた方が近づけば居場所がわかる、それでちょっとしたいたずらをしてやろうってね」

浜風「近づいてきた時だけ、提督と磯波ちゃんが仲違いし、私を選んだかのように振る舞っていた」

提督「つまり、あんたらはまんまと騙されたってわけさ」

レ級「なななな、なんとぉーーー!!」

ネ級「勝ち誇ったと思ったら」

ソ級「たった1レスでこれだもん」

80 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/24 22:36:26.23 E0A87eTFo 42/577


レ級「だぁーーーっはっはっはっは!だがそれがどうした!我々はなんのダメージをも負ってはいない!」

提督「それはどうかな。今頃、あなたのアジトには艦娘たちが大挙して押し寄せているんじゃないでしょうか」

ソ級「じゃ、また負けたみたいっすね」

ネ級「うん」

レ級「ち、畜生!だがここで貴様らを始末できれば、それでいいのよ!」

磯波「……まーだわかってないみたい」

提督「そうね」

浜風「ここが周りから見えないってことは、ここからも周りが見えないってことなんですよ」

レ級「な、なに」

ネ級「そういえば……」

ソ級「そうっすね」

ワァァァァァァァァ!!

隊長「行くぞぉ!!突撃だぁ!」

あきつ丸「カロ艇部隊!突進であります!!」

「おーーーー!!!」

ドドドドドドドド

レ級「伏兵か!いかん!退却!」ダッ

ネ級「ひえぇ~!」ダッ

ソ級「この数は無理っす!!」ダッ

81 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/24 22:38:07.49 E0A87eTFo 43/577


提督「磯波、お怪我はありませんか」

磯波「はい、大丈夫です。それとこれも」スッ

提督「これは……深海棲艦の暗号手帳ですね」

磯波「探してきたんです」

提督「いや、お手柄ですよ。流石は私の敏腕助手だ」

磯波「提督……………………浜風ちゃんのおっぱいは気持ちよかったですか?」

提督「うぐっ、だから演技だって言ってるじゃないですか」

磯波「……」ジトー

浜風「そのぐらいしないと信憑性に欠けるって、自分で言ったんじゃないですか!」

磯波「あ、あれ?そうでしたっけ?」

浜風「はぁ……」

磯波「……浜風ちゃん、後で感想聞かせて!!」

浜風「ええ?ああ、はあ」

提督「おや、もう一つは雑誌ですね……『深海性感♥』?なんでしょうこれ」


私たちの作戦は見事に大成功!これでしばらくは我が軍が優勢でしょう。
それにしても、簡単すぎる、あっけなさすぎる……。ちょっとボリューム不足じゃないですか?今回。

82 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/24 22:38:49.87 E0A87eTFo 44/577






















ドドドドドドドドド

隊長「待てー!!」

「「「待つかーー!!」」」

あきつ丸「止まれー!!」

「「「止まるかーー!!」」」


次回に続きます...

86 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/26 21:35:48.89 cSX/ez9Jo 45/577



小ネタ34


時間は遡って、深海アジト


[深海書店、新たに奄美大島沖店オープン!]

ヲ級「……行くしかないだろ!じゃ」

レ級「お、おいちょっと待ってくれよ!」

ソ級「買ってきて欲しい物リストっす」

ヲ級「うん……なになに、『深海性感♥』?」

ネ級「な、中身はいいから!」

87 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/26 21:36:21.33 cSX/ez9Jo 46/577



深海書店奄美大島沖店


ヲ級(……『深海性感♥』って、ポルノじゃないか!くっそー!こんなもん買わせやがって!)

「次の方どうぞ」

ヲ級「は、はい」スッ

ヲ級(間に隠したから大丈夫だろ多分)

「……」バララ

ヲ級(広げるのかよぉ!!///)

ピッピッ

「……合計で2247円です」

ヲ級「は、はい」ゴソゴソポロッ

チャリチャリーン

ヲ級「ああっ!」

「あ、大丈夫ですか?」

ヲ級「オーケイオーケイ、大丈夫」アセアセ

88 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/26 21:37:07.58 cSX/ez9Jo 47/577


チャリチャリン

「……ちょうどですね」

ヲ級「ふぅ……」

「……」ジー

ヲ級(うわ、後ろの人から注目を……)

「あれって……///」ヒソヒソ

「だよねー……///」ボソボソ

ヲ級(これは見られたのか……ボクが買ってるもの……)



ウィーン

「ありがとうございましたー」

ヲ級(……ここにはもう二度と来れない)シュン

89 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/26 21:37:59.04 cSX/ez9Jo 48/577



小ネタ35


浜風「……うーん」

提督「どうしました?」

浜風「なんで提督は勃たないんですか?」

提督「何?」

浜風「いや、おかしいじゃないですか、いくら洗脳でロリコンになったとしてもですよ」

提督「そんなこと言われましても……」

浜風「変ですよ」

提督「変ですねぇ」

浜風「じゃあちょっと質問に答えてください」

提督「出来る限りは答えますが……」

浜風「妄想じゃ勃つんですか?」

提督「えっ」

浜風「答えてください」

90 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/26 21:38:53.94 cSX/ez9Jo 49/577


提督「な、なんで」

浜風「いいから」

提督「……た、勃つこともありますが」

浜風「こともある、とは妙な言い方ですね」

提督「ねえもうやめませんか」

浜風「黙って、じゃあ次」

提督「えっ」

浜風「自慰はされるんですか?あるいはいつしたか」

提督「そんなこと答えられるわけないじゃないですか」

浜風「これは提督のためを思って聞いてるんです、ロリコン治さないとどうしようもないでしょ」

提督「別に治さなくても……」

浜風「いや、不健全です。成長したら興味なくしたーとか困るでしょ?」

提督「え、ええ……ですが、自慰は関係ないじゃないですか」

浜風「調べるべきです、何か役に立つかも」

提督「そ、そうかなぁ」

浜風「ええ、ですから、いつしたの」

提督「………………やっぱ答えなきゃダメ?」

浜風「当然です」

提督(もう泣きそう)ウルウル

102 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/27 20:19:35.99 cJQI+yr0o 50/577



小ネタ36


[ロリコン-その特性と宿命-] 民明書房

浜風「ふんふん……二年ほど……可否判定が厳しいのか……」

提督「浜風、どうしてそんなに必死に」

浜風「いえ、提督のためですから」

提督「このベッドに縛り付けてるのも私のためですか?」

浜風「……」

提督「はあ……」

浜風「……私も、あの女に心を傷つけられて、男性は苦手になりました。提督は不思議と大丈夫ですが」

提督(襲われる心配が無いからでしょうな)

浜風「だからこそ思うんです。提督の洗脳もやっぱり不健康だと思います。治してあげたいと」

提督「人の心配より自分の心配を……」

浜風「私は艦娘ですから、最悪どうにかなります。ですが、提督は人間です」

提督「……」

103 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/27 20:20:06.42 cJQI+yr0o 51/577


浜風「提督、怖いんですか?磯波ちゃんを好きじゃなくなることが」

提督「いえ、別に、そんな」

浜風「洗脳が解除されたからもう磯波ちゃんを好きじゃなくなる。そんな人間の心配は端からしません」

提督「……」

浜風「提督は大丈夫です」

提督「そこまで言い切りますか……よろしい、私も覚悟を決めましょう」

浜風「それじゃあ、私が刺激を与えたら勃起するかを」

提督「やっぱ今の無しで」

浜風「黙って。じゃあ脱がしますから」

提督「やめてくださいっ!嫌だっ!恥ずかしいっ!」ジタバタ


全力で駄々をこねてなんとか乗り切った提督であった。

104 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/27 20:20:48.38 cJQI+yr0o 52/577

【008は殺しの番号】


数週間前、地中海


「本当に行くんだな、パトリア」

「ごめんなさい……」

「いや、謝る必要はない、だが二度と姿を見せるなよ」

「……姉さん」

「お前を撃ちたくはないのだ、これが最後の別れになる」

「そろそろ行きましょう、先導は任せてください」

「妹を頼んだぞ」

「ええ、私の墓標は日本にありますから」

「……縁起の悪い事言うんじゃない」

「あ、すみません」

「姉さん!Arrivederci!」

「Addio……」

105 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/27 20:21:21.14 cJQI+yr0o 53/577



事務所


提督「ふーむ……『深海棲艦仲間割れか?戦艦級を潜水艦が強襲』ですか」

磯波「不思議ですねぇ」

提督「まっ、深海棲艦も一枚岩ではないでしょうから」

浜風「仲間同士で傷つけあうだなんて、馬鹿げている」

提督「いやいや、何か事情があるのかもよ」

ピンポーン

浜風「あ、出ます」スタスタ

ガチャ

レ級「……」

浜風「なっ!」

提督「おやおや、随分と早いお出ましで」

レ級「頼みがある、と言ったらどうする」

磯波「そんな、敵の頼みだなんて」

提督「聞きましょう」

磯波「提督っ!?」

浜風「何を言って……」

提督「聞きましょう」


106 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/27 20:22:47.93 cJQI+yr0o 54/577


レ級「亡命、というのはわかるか」

提督「主に政治的な事情により政治家や軍人、スパイなどが他国に逃れること、ですかね」

レ級「そういう回答を期待してるわけじゃない」

提督「そんじゃ、今から亡命しますってんじゃないでしょうね」

レ級「亡命するのは我が輩ではない」

提督「と言うことは、この戦艦ですね」バサッ

レ級「……そうだな、まさしくこの記事の話だ」

提督「何があったのか、詳しく説明を聞かせていただきましょう」

レ級「こいつは戦艦タ級パトリア。ラテン語で祖国を意味する」

提督「ラテン語……地中海艦隊ですか」

レ級「ああ、彼女は地中海から遥々この日本近海へとやってきた」

提督「他の国ではダメなのですか」

レ級「欧州では条件として人類艦隊への編入、しかし彼女は戦いを激しく嫌っている」

107 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/27 20:23:27.74 cJQI+yr0o 55/577


提督「それで、この日本と」

レ級「……彼女の望む条件で話し合いの場を設けることができるのは、広川、世界中でお前とだけだ」

提督「随分と私を買いかぶっておいでですが、私が彼女を裏切って拷問でもしようって言い出したらどうします?」

レ級「そんなこと言い出す奴にこんな話できるわけないだろ?」

提督「そう言われると困っちまいますね。まあいいでしょう。出来る限りのことはやってみます」

レ級「助かる」

提督「それと、この記事の潜水艦は何者ですか」

レ級「そいつの名前は008。残忍な潜水艦だ。地中海艦隊から命令を受けてパトリアを狙っているんだろう」

提督「この方をどうにかしなければ、亡命は成功せんでしょうな」

レ級「……我が輩で出来るだけのことはしよう。祖国を裏切るのは得意でな」

提督「ええ、知ってますとも。じゃ共闘だ」スッ

レ級「今回だけだ」スッ

ガシッ

提督「他に言うことは?」

レ級「おそらく、我がアジトへの到着は明日になると思う」

108 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/27 20:24:24.67 cJQI+yr0o 56/577



台湾海峡


「……もうすぐです、頑張ってください」

「うん……」

「ヤツも相当しつこい奴ですね、駆逐艦を連れてくればよかった」

「駆逐艦に私に賛同してくれる人はいないわ、少なくとも地中海には」

「そうですか……」

「あそこの島に行くことはできないの?」

「ダメです、昔ならともかく、今は台湾、向こう側も中国共産党領ですから」

「そう……よくわからないけど残念ね……」

「さあ、もうすぐ極東第一艦隊の領域です。あと一頑張りですよ」









「……ひょっとして、あいつらの目標は日本?」

116 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:18:23.49 ezokXzYgo 57/577



事務所


七光提督「亡命?深海棲艦が?」

提督「ええ、どうやらマジに亡命らしいですよ」

隣提督「じゃあこの記事も、裏切り者の亡命者を追う深海棲艦ってことか」

提督「そういうことです」

七光提督「にわかには信じがたい話だ……」

女提督「それで、私たちにその手助けをしろと?」

提督「まさしくその通りです」

隣提督「手助けと言ったって、何をすれば……」

七光提督「政府が受け入れる算段はあるのかい?」

提督「そこは、あなた方の頑張り次第ですよ。高級将校が揃って出向けば流石の政府も黙ってはいられなくなるかも」

女提督「ましてや司令長官の息子が、というわけか」

隣提督「うーむ、なんとかなりそうではあるな」

七光提督「僕もパパに相談してみよう」

女提督「別にいいが、罠という可能性があるんじゃないか」

提督「そこは、私がよーく見張っておきましょう」

117 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:19:26.05 ezokXzYgo 58/577



翌日、深海アジト


レ級「地中海から遥々ご苦労、パトリア」

タ級「どうも……」

ヨ級「我々の亡命に協力していただきありがとうございます」

レ級「これもまた、工作員の仕事だ」

ネ級「そーなんですか?」

ソ級「いや知らねっす」

ヲ級「地中海から来たんだよね、ボクは北海から来たんだよ!」

タ級「そうなの?」

ヨ級「あなたのことは知ってます、ペガサス」

レ級「……ところで付き添い、お前は何者だ」

ヨ級「私はパトリア様の護衛を任された潜水艦、ピボットです。ラテン語で『枢軸』を意味します」

レ級「枢軸、か……お前は……いや、真名を聞くのは野暮だな」

ヨ級「お気遣いありがとうございます」

タ級「えっと、それじゃあ……」

レ級「ああ、早いうちに出発しよう。ペガサス、偵察機を」

ヲ級「了解」

118 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:19:57.82 ezokXzYgo 59/577



沖合


大和「……あ、出てきた」

如月「しかし信じられないわ、亡命だなんて」

初春「深海にも、戦いを嫌うものがいるんじゃのぅ」

「……」

夕張「話に聞いてた潜水艦だけが心配ね」

大和「さあ、行きましょう」

ザザァー







「……艦娘?なぜ?とにかく今はマズイ、かな」

119 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:21:01.33 ezokXzYgo 60/577


大和「レ級、今回だけですよ」

レ級「言われなくても。さあパトリア、行け」

タ級「お願いします……」

夕張「私たちが来たからにはもう大丈夫よ」

如月「さあ、行きましょう」

ヨ級「……潜水艦を見かけませんでしたか?」

初春「いや、見てないのう」

「周囲にはいなかった」

ヨ級「おかしい、なぜ仕掛けてこない……」

ソ級「……008、っすよね」

ヨ級「ええ、その通りです」

ソ級「……自分のいとこか親戚みたいなもんっす」

ヨ級「……そう、ですか」

ソ級「いや大丈夫、気にせず殺して結構っす。はっきり言ってアイツは嫌いっすから」

如月「あっけらかんってしてるようで怖いこと言うわね」

初春「じゃのう……」

120 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:21:45.34 ezokXzYgo 61/577


ヨ級「それともう一つ、私の勘違いでしたが」

レ級「なんだ」

ヨ級「追手は一隻ではない、ということです」

大和「なんですって?」

ヨ級「008だけじゃない……いずれも潜水艦ですが、あと数隻います」

レ級「うーむ……なんとか、なるだろうか」

初春「わらわたちを侮ってもらっては困るのう」

「うん」

如月「撃退してやるわぁ」

レ級「我々も派手には動けない、だが出来る限りの援護はしてやる」

ソ級「派手に動けないのは向こうも同じっす。極東艦隊の領域で好き勝手はやらせないっす」

大和「感謝します」

121 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:22:36.54 ezokXzYgo 62/577



隣鎮守府


女提督「……何?数隻だと?」

大和『ええ、正確な数はわかりませんが』

女提督「マズイな……既に展開してあるんだぞ」

大和『亡命者からの情報ですので間違いないかと。

女提督「どこから来るかはわからないか」

大和『不明です』

女提督「わかった。作戦を続けろ」

大和『これより、本隊は港まで向かいます』

女提督「ああ、武運を祈る」プツッ

提督「数隻ですか」

女提督「皆に連絡を送らないとな」

ザザー

女提督「艦隊に告ぐ、敵潜水艦は複数であるとの報告あり。各自、多方向からの攻撃に警戒せよ」

122 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:23:12.45 ezokXzYgo 63/577




提督「無事に終わればいいのですが」

女提督「私の部下を信じてもらって結構……ただ、遭遇すればの話だがな」

提督「心配だ……」

女提督「磯波ちゃんも浜風ちゃんも艦娘だぞ、立派に勝って帰ってくるさ」

提督「……『磯波』は、潜水艦の攻撃によって沈んだんです」

女提督「それがどうした」

提督「どうしたって……」

女提督「『史実』なんざくそくらえさ」

提督「……」

女提督「乗り越えられなかったなら、それまでって事になるな」

提督「酷いことを言ってくれますね」

女提督「これは私自身にも言っている。ここでやられちゃ、私たちはそれまでってことだ」

提督「いや、頭が上がりませんね」

女提督「厄介事に巻き込みやがって、高くつくぞ」

123 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:23:55.46 ezokXzYgo 64/577





その頃、沖合


浜風「……今、見ました?」

磯波「うん……」

浜風「哨戒部隊F班、敵の潜水艦を発見!」

『ダメd……了解です!』






「気づかれたか。だが始末させてもらうぞ、駆逐艦ども……!」


124 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 20:29:18.42 ezokXzYgo 65/577

今日はここまで。戦闘は次回。

ところで深海棲艦の命名規則
真名(元の艦の名前)と深海名(現在の名前)を持つ。真名を聞くのは野暮な行為なのだ。[要出典]
ただし、米海軍を元にする艦は深海名を持たない場合が多い。[要出典]理由は愛郷心からとか自尊心からとか言われてる。[誰によって?]
深海名は他の言語に直訳、意訳したもの。対となる単語や概念。言葉遊び。その艦の生涯を象徴する言葉など様々。

四バカだと

ソ級:伊号第五十八潜水艦→058 ※ちなみに“ゼロ・ファイブ・エイト”と読む

ヲ級:ユニコーン→ペガサス ※厳密に言うと対ではないけど

レ級:響(ヴェールヌイ)→アルマトイ ※カザフスタンの都市。中央アジアで最も発展した都市だとか。ヴェールヌイ市と呼ばれた時期があった。

ネ級:利根→キャプテン・マユズミ ※利根の艦長、黛 治夫(まゆずみ はるお)から

実際のところ...
もっといっぱい深海棲艦が出る予定だったので区別のために作ったもの。ぶっちゃけ深い意味はない

126 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/28 21:14:19.10 ezokXzYgo 66/577

あ、それともう一つ
なんで響(駆逐艦)がレ級(戦艦)なの?というのは
生き延びた艦や恨みの積もりそうな沈み方をした艦など
特徴的な史実や優れた戦果を持つ艦ほど位が高い艦になれる、という感じ

134 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/29 21:52:20.72 nhabiyoOo 67/577

イベントやってるから投下間隔がちょーっと遅くなるかもしれません


全然関係ないお話

最上「先行隊の情報によると、今回は僕ら最上型が活躍できそうだよ!」

熊野「それは嬉しいお知らせですわ」

[最上&三隈もしくは鈴谷&熊野※ただし混在不可]

熊野(Lv76)「は?」

鈴谷(Lv1)「……」

三隈(Lv17)「……」

最上(Lv90)「もう終わりDA!」

ついでにオリョールと間違えてE3に出撃し潜水艦が丸ごと使えなくなりましたが、イベントは順調です

138 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/30 20:40:58.42 AlCrn+Avo 68/577



浜風「咄嗟の出来事だったから見失ってしまった……」

磯波「……」


哨戒部隊は房総半島を中心に半径100km圏内で作戦行動中であった。

北から時計回りにABCDEFGと分かれ、磯波たちはF班に配属されていた。伊豆諸島付近である。

ここまで戦闘態勢の深海棲艦を近づかせたことは、帝国海軍にとってもかなり久しい出来事であった。


磯波「……援護はどれくらいで来ると思う?」

浜風「さぁ、それはわかりません。複数いるのならそいつに足止めを食らうことも」

磯波「……」

浜風「何事もなければ数十分ほどで来れるはずです」


磯波はかすかに震えていた。彼女にとって潜水艦というものはあまり良い思い出のあるものではない。

史実においては駆逐艦磯波は米潜水艦により撃沈されている。彼女はその時の苦い記憶を思い出していた。

浜風がそんな彼女の様子に気づき声をかける。

139 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/30 20:41:41.19 AlCrn+Avo 69/577



浜風「磯波ちゃん、落ち着いて。今と昔は違う」

磯波「潜水艦なんだよ……?」

浜風「大丈夫、今は私がいます。仲間たちも」

磯波「……そ、そうだよね。うん……」

浜風「……」


浜風自身もかなり緊張している。

呉に行く以前、何度か対潜水艦作戦に従事したことがあり、その都度戦果を上げてきた。

それでも潜水艦を相手に戦うことは神経を磨り減らすものだ。

しかも今度の敵はかなりのエリートであると考えられる。

裏切り者を始末するために送り込まれたのだ、相当な手練であろう。彼女はそう予測している。

恐るべき事に磯波の嫌な予感も浜風の予測も的中していた。

140 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/30 20:42:15.52 AlCrn+Avo 70/577





「……ヤツらめ、動かないな」


彼女は008に誘われ、亡命者を始末するためにやってきた潜水艦であった。かつてはトートグと呼ばれていた者である。


トートグ(気づかれたと見ていいだろう……)


彼女自身は亡命者には興味がなかったが、敵の船を撃沈できるならと008の話に乗ることにしたのだ。

しかし攻撃するのは好きだが反撃を受けるは嫌いである。彼女は沈める事が好きなのだ。


トートグ(ここは様子を見よう、下手に動いて見つかるのは避けたい)


141 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/30 20:43:22.77 AlCrn+Avo 71/577



一方、二人の連絡を受け現場に急行していた球磨と時津風も危機的状況に陥っていた。


球磨「うぐ……」

時津風「だ、大丈夫!?」


球磨は敵潜水艦の雷撃を受け満足に速度を出すことが出来なくなっていたのだ。


球磨「控えめに言って、結構マズイ状況だクマ……」

時津風「戦線離脱したほうが……」

球磨「二人を、見捨てろって言うクマ?」

時津風「で、でもこの状況じゃ……」


位置を悟られ、しかも雷撃が命中、高速航行は不可能。この状況から立て直すのは極めて難しいと言える。

敵の位置を探るにも、焦りや緊張によって判断能力が鈍っている。

ここでまず初めに出来ることは、落ち着くことであった。

142 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/30 20:44:08.94 AlCrn+Avo 72/577


球磨「時津風、まずは冷静になるクマ」

時津風「う、うん……!」

球磨「いいクマ?球磨はこんなことで簡単に沈んだりはしないクマ。もちろんお前も沈めさせはしないクマ」

時津風「うん……」

球磨「それじゃあ索敵クマ」

時津風「た、戦うの……?その体で?」

球磨「まだ中破ってところだクマ。戦えるクマ」


球磨が偵察機を飛ばす。が、しかし。


球磨「……おかしい、姿が見当たらないクマ」

時津風「どういうこと!?」

球磨「どうやらこの海域から逃げたのかも」

時津風「そう……ほっ……」

143 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/30 20:44:45.13 AlCrn+Avo 73/577


気が緩んだ時津風が球磨にしなだれかかる。

球磨は不気味に思っていた。彼女の戦闘経験はかなり豊富ではあり、対潜水艦戦も相当な場を踏んできている。

それでもこのような不気味な現象は初めてだ。

本当に海域から逃げたのだろうか。球磨の脳裏にある予感がよぎる。

逆だ、近づいてきたのだ。あの時の混乱に乗じて。


球磨「……時津風、球磨の背中にしっかり隠れるクマ」

時津風「ど、どうして」

球磨「いいから!」

時津風「う、うん」


球磨は腰につけた鞄から爆雷を一つ取り出し、安全ピンを外す。

144 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/04/30 20:45:47.73 AlCrn+Avo 74/577



球磨(自分はどうなってもいいが、時津風を死なせるわけにはいかない)

時津風「み、見つけたの?潜水艦」

球磨(あの二人もまだやられたわけではない。それならここで潜水艦を始末する方が先だ)

時津風「あの、球磨ちゃん?」

球磨「……もし死んだら提督によろしくクマ」

時津風「え?」


そして!その爆雷を自らの目前に静かに落とした!

151 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:05:49.04 X2DysDUfo 75/577



008(……死んだのね、スフィンクス)


ソナーが遠くでの爆発音を感知し、008は仲間の死を悟った。

彼女は潜水艦スフィンクス、真名をツタンカーメンと言った。妹の仇討ちのために球磨を狙っていた。

この戦争ではよくあることである、史実での雪辱を果たし、さらにその復讐を誓う。

どちらかの因縁が途絶えるまで続く報復のマラソンである。


008(残念だったね。同情はしないけど。それより)

『今のはヤツのようだな』

008「そうね。トートグ、あなたの方は?」

『動きあぐねている』

008「ふぅーん、助けがいる?」

『できれば欲しい』

008「目標はそいつらじゃないんだけど、仕方ない」


008はトートグの元へと向かった。

152 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:06:56.89 X2DysDUfo 76/577



磯波と浜風の二人もまた、動けずにいる。


浜風「今の爆発音……」

磯波「球磨さんたちの方角」

浜風「もしかしたら、撃沈したのかもしれません」

磯波「でも、あと何隻いるんでしょうか」

浜風「それはわかりません。しかし目の前に少なくとも一隻はいます。音沙汰がありませんが」

磯波「もう、どこかへ行ったんじゃ……」

浜風「それならソナーに感があるはず。それがないということは」

磯波「そんなに遠くへは行ってないのね」

浜風「そのはずですが……」


海上で立ち止まり、早数十分。敵潜水艦も援護に来る艦娘すらも確認できずにいた。


磯波「援護も来ない」

浜風「ここは自分たちでどうにかした方がいいみたいです」

磯波「どうす……る……?」

浜風「……?この音は?」


海中を徐々に近づいてくる物体がソナーに引っかかった。さながらドラムロールをしているような騒がしさだ。

153 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:07:26.91 X2DysDUfo 77/577


浜風「間違いない……潜水艦です、それも伊号潜水艦」

磯波「こっちに向かってくる!」

浜風「こちらF班!交戦を開始する!」


二人は敵潜水艦の側面に向かうように航行を開始した。

が、しかし。


磯波「!?もう一隻!」

浜風「えっ!?」


再びソナーに反応があった!今度はかなり小さな潜水艦である!

そして、既に魚雷は発射されていた!


磯波「あれは、甲標的!向こうも持っていたんだね!」


甲標的と思われる深海棲艦の兵器の艦首が海面に飛び出した!

この兵器には魚雷を撃った際に1t近い浮力が発生してしまうという欠点があったのだ。

磯波はすかさず狙いを定める。


磯波「当たって!」


磯波の打ち出した砲弾は真っ直ぐに敵兵器へと向かい、命中。爆散した。

雷跡は一つ。浜風を狙っていた。

浜風も魚雷を狙い、射撃を始める。だが時はすでに遅く、ついに雷撃をかわす事は出来なかった。

154 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:08:12.07 X2DysDUfo 78/577


浜風「いやぁぁぁ!」

磯波「浜風ちゃんっ!!」

浜風「はぁっ……大丈夫、まだ、航行可能です!」

磯波「ひどい傷……」

浜風「こんな痛み……金剛や信濃に比べたら……!」


中破といったところだろうか、戦闘は続行可能である。

もしこれが小型兵器でなく潜水艦の雷撃であったら無事では済まなかっただろう。



トートグ「うまいこと考えたな」

008「まあね」

トートグ「だが、これ以上上手くいくかな」

008「あとはじっくりなぶり殺すだけだよ」

トートグ「……」


戦場では何が起こるかはわからない。ある時突然劣勢に立たされる事もある。

トートグは不思議なことに、嫌な予感というものを感じていた。

彼女もやられるかもしれない、と。

しかしトートグにはそれを止めようとする心は持ち合わせてはいなかった。


155 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:09:15.31 X2DysDUfo 79/577



磯波「一つ、考えたんだけど」

浜風「はぁ……はぁ……何……?」

磯波「意趣返しってほどじゃ、ないんだけどね」

浜風「……この際、なんでもやってみたほうがいいわ」


磯波は死を目前にすることによって、かえって冷静になっていた。

そこでちょっとした妙案を思いついたのだ。


磯波「ねぇ、提督のこと」

浜風「いきなり、なんですか……」

磯波「どう思う?」

浜風「どうって……まあ憎からず思ってますよ、私だって」

磯波「じゃあさ、ここで帰らなきゃ悲しむと思う?」

浜風「号泣でしょうね」

磯波「……」

浜風「あー、帰ったら告白する、とか言い出すのはやめたほうがいいですよ」

磯波「そんなこと、思ってないし……」

浜風「……って、そんなこと話してる場合じゃない!」

磯波「それじゃあ、撃つね」


磯波は両膝に装着された魚雷を一本ずつ、同じタイミングで撃ち出した。


浜風「……これだけ?」

磯波「大丈夫、爆雷を準備して」

浜風「う、うん」


浜風は自身の主砲に爆雷投射装置を取り付けた。

魚雷は波を立てながら進んでいく。その時、前方に不自然に動く物体が見えた。


磯波「あそこ、狙える?」

浜風「もちろん」


ポンッ!と軽い音を鳴らし、爆雷が飛んでいく。

そして水の中に飛び込むと、轟音と共に大きな水柱が立ち上り、深海棲艦と思わしき残骸が飛び散った。

156 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:10:45.74 X2DysDUfo 80/577




ザザァー

阿武隈「二人とも!大丈夫!?」

浜風「この際、はっきり言ってしまいますが、遅いです!」プンスカ

三隈「ごめんなさい……」シュン

浜風「あ、いえ、別に、無事にこうして生き残れたのですから」アセアセ


トートグ(死ぬのはお前だったな、008。あいつが消えた以上もう用はない)

ポチャン

トートグ「!?」

ボゴッ


磯波「……」

浜風「磯波、今のは……」

磯波「もう一隻残ってた潜水艦、かもしれない……」

阿武隈「お、お見事」パチパチ

三隈「お見逸れいたしましたわ」パチパチ

磯波「え、えへへ……」

157 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:11:40.90 X2DysDUfo 81/577


女提督『球磨!無事か!時津風!何があった!』

球磨「……」

時津風「球磨ちゃん!起きて!球磨ちゃん!くm……」

プカプカ

時津風「く、球磨ちゃんはくまちゃんぱんつ……?」

バッ

時津風「ああ、今履いてないから、確かにあれは球磨ちゃんのぱんつ……ていうか……」

チラッ

時津風「つるつるやん」サワサワ

女提督『時津風!くっそぉ、球磨!返事をしてくれぇ……!』

時津風「ぶっくく……わ、笑っちゃダメだ時津風、球磨ちゃんが死にそうなのに……」

女提督『球磨ぁ!球磨ぁーーー!!』

時津風(だ、ダメだ!少将さんの無線が余計に笑いを誘う!!)クヒヒヒ

女提督『球磨ぁ……』

時津風「ぶわーーーはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」ゲラゲラ


球磨「う゛ぉー!?何クマ!?」

158 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:13:38.74 X2DysDUfo 82/577


時津風「ああ!球磨ちゃん!くまさんぱんつって、今時小学生でも履かないよぉ!」ゲラゲラ

球磨「アソコ丸出しクマ!?見たクマ!?」バッ

時津風「ご、ごめんね、ぶくく……」

球磨「ひ、ひどいクマ!姉妹にも見せたことないのに!///」カァー

時津風「はいこれ、くまさんぱんつの残骸」スッ

球磨「ケダモノっ!」パシッ

時津風「それにしても、無事でよかった」

球磨「……なんか、深い海の中をふわふわと漂ってた感じがしたクマ。でもいきなり笑い声が聞こえて、楽しそうだったから」

時津風「そう、よかった、本当に……ぐすっ」ポロポロ

球磨「えっ?」

時津風「わぁーーーーー球磨ちゃーーーーん!!」ビエー

球磨「やれやれ、笑ったり泣いたり忙しいヤツクマ」ギュッ

女提督『球磨!?球磨なのか!?』

球磨「時津風が小破、球磨は大破ってところだクマ。敵潜水艦を撃沈したクマ」

女提督『そうか……よくやったぞ!』

ネ級「球磨さーん!」

球磨「アイツはネ級クマ」

ネ級「ピンチでしたけど、無事だったんですね!ここからの護衛は任せてください!」

球磨「お前見てたんなら助けろ」

ネ級「あうぅ……ごめんなさい……」シュン

159 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:14:54.04 X2DysDUfo 83/577



タ級「無事につきました。ここが日本……」

ヨ級「細かいこと言いますが、もうすでに日本には入ってたいましたよ」

タ級「そ、そうなの」

大和「哨戒部隊を呼び戻しましょうか。全艦隊、帰投せよ!」

女提督「全員よくやった、艤装を外して休息を取ってくれ」

「あー疲れたー」

ガシャガシャ

あきつ丸「あとは我々憲兵隊にお任せ下さいであります!」

隊長「無事に送り届けてやる……と言いたいところだがな」

女提督「何か問題でもあったのか?」

隊長「是非の連絡が来ないんだ。まだまだ問題は山積みのようだな」

女提督「むぅ……」

提督「おそらく、ですが」

隊長「なんだいたのか」

160 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:15:33.83 X2DysDUfo 84/577


提督「いましたよ。お偉いさん方は彼女たちの身体を調査したい、とでも思っているのでしょうな」

タ級「ええ?い、嫌だ……」

ヨ級「それだけは決してさせません」

提督「調査の質にもよりますがね。軽い診察か、あるいは解剖か」

タ級「ひぃ!」ガタガタ

提督「もちろん、診察だろうがさせるつもりはありません。私にはね」

ヨ級「それじゃあ、どうするんですか!」

提督「仕方ありません、密入国しちゃいましょうか」

女提督「はぁ!?」

タ級「そんなことできるの?」

提督「そこに、専門家たちがいるではありませんか。ね、隊長さん」

隊長「お、俺か?いやしかし、法を守るべき憲兵が密入国の手助けなど……」

提督「最終手段ではありますがね。もし交渉が決裂した場合です」

隊長「むぅ……でも、いや、うーん」

提督「別に断ってもいいですが、その時は本格的に法を犯すのみです。私たちみんなでね」

隊長「……」

艦娘s「……」ジー

161 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:16:31.68 X2DysDUfo 85/577


隊長「わ、わかった。そんな目で見られちゃかなわんからな……」

如月「まぁ!流石隊長さん!」

初春「悲劇の姫のために法すらも犯すなど、ドラマチックな男前じゃのう」

隊長「そ、そうか?」

大和「素敵ですよ」

「イケメン」

女提督「しょーらいはこーいうおとことけっこんしたいなー」

あきつ丸「流石は隊長であります」

隊長「そ、そうかなぁ~」テレテレ

提督「……ま、とにかく。連絡を待ちましょうか」

プルルルル

提督「噂をすれば。はい。……おや、そうですか。そりゃ残念。ではまた後ほど」

162 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:17:23.70 X2DysDUfo 86/577


プチッ

隊長「……ダメだったか」

提督「そうですね、男を上げるのはまた今度になりそうです」

女提督「ってことは、許可が出たってことだな」

提督「そゆこと」

隊長「そうか!よかった!」

提督「ひとまずは、ですがね」

タ級「よかったぁー!みんなありがとう!嬉しいわ!」キャッキャッ

ヨ級「皆様方の苦労も報われたというものです」ホッ

「おめでとー!よかったよかった!」

ワイワイ



「そこまでだ!」

163 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:18:32.73 X2DysDUfo 87/577


提督「……おや、あなたは」

ブラック司令「ふふふ……その二人をこっちに寄越しな」

女提督「貴様!保護命令は既に出ているぞ!」

ブラック司令「知ったことか!深海棲艦の検体、まさしく喉から手が出るほど欲しい!天龍!」

天龍「あいよ」ジャキッ

大和「軽巡洋艦の砲撃など……」

天龍「お前ならな、だがその三人はどうだ?」

提督「私たちですか」

女提督「ぐっ……」

隊長「まさか俺たちが足手纏いになるとは」

ブラック司令「残念だったな。それとも、天龍が撃つよりも早く艤装をつけて反撃でもしてみるか?」

如月「なんて、人なの……!」

初春「無礼者め!」

ブラック司令「ほざけ!さあどうする!?」


「こうさせてもらおう!」

女提督「え!?またっ!?」

164 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:19:39.58 X2DysDUfo 88/577


タ級「きゃっ!」

ヨ級「ああっ!」

ザブーン!

ブラック司令「なにっ!?」

天龍「ああっ!?」

レ級「我が輩だ!様子を見ていて正解だったな!」

ソ級「見ての通り、亡命は取り消させてもらうっすよ!」

大和「な、なぜ!?」

レ級「気が変わったとでも言っておこう!」

ブラック司令「くそっ!天龍!行け!」

天龍「おっしゃあ!!」

ズザァー!

ブラック司令「くそっ、あと少しだったのに……」

ゲシッ

ブラック司令「うおっ!?」

ザバーン

ブラック司令「だぁー!なんだ!?誰だ!?」

提督「掴まりなさい」スッ

ブラック司令「ぬぅっ」ガシッ

ズリズリ

ブラック司令「はぁ……はぁ……一体何のつもりだ!?」

提督「何って?」

隊長「最近平和で腕がなまっていてな」

女提督「ちょっと、付き合ってもらおうか」

ブラック司令「な!やめっ!暴行は犯罪だぞ!?」

隊長「俺は憲兵隊長だ」

ブラック司令「ひえっ」

165 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:20:51.11 X2DysDUfo 89/577


天龍「待ちやがれ!!」

レ級「ぶっちゃけ、お前など相手にもならんわ」

天龍「なんだとぉ!?」

レ級「だからこうする!」

ズドン!ズドン!

タ級「がぁっ……」

ヨ級「うぐっ……」

ドシャッ

天龍「な、なぜ殺した!」

レ級「裏切り者を処刑したまでだ」

天龍「……」

レ級「わかったら、さっさと失せろ」

天龍「……くそっ」



ソ級(なーんちゃってっすよ!)

タ級「???」

ヨ級「一体なんなんです」

ソ級「シッ、静かに」


166 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/02 22:22:10.89 X2DysDUfo 90/577



提督「とまあ、こんな具合で亡命は無事成功。彼女らを狙う者ももういないってわけです」

女提督「なるほど、死んだと思わせたのか」

隊長「うまいこと考えたな」

提督「そうですね、彼女たちには街で静かに暮らしてもらいましょう」

女提督「それがいい」

提督「隊長さんも守ってあげてくださいね。嗅ぎつけられないとも限らない」

隊長「任せておけ」

提督「ところで、住むところは……」

女提督「……」

隊長「……」

提督「え、決めてないん?」




深海棲艦の亡命騒ぎは無事に幕を下ろしました。
これから静かに暮らしていくそうなのですが……。

磯波「なーんで、ウチなのかなー」

タ級「まあまあ!家が決まるまでだから♪」

浜風「深海棲艦って何食べるんですか」

ヨ級「美味しいものなら何でも」

タ級「美味しくなきゃやだからね!」

磯波「はぁ……磯臭い……」

提督(……ここだけの話、艦娘も結構するんですよね。磯の香りが。磯波なだけにって訳じゃないですけど)


次回に続きます...

173 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/03 23:14:00.45 AT9AMfgGo 91/577



小ネタ37


「提督……あの時私は死を目前にしました……だから!お互い素直になりませんか……?」

ヨ級「なーんて感じでロマンチックに誘い出せばイチコロですよ」

磯波「そ、そうかなぁ」

ヨ級「それじゃあ、地中海的に裸で襲えば即ベッドインです」

磯波「は、恥ずかしいですよぉ」

ヨ級「いずれ全部見せることになるんですから、最初から見せるかそうでないかの違いです」


タ級「……」モジモジ

浜風「どうしました?」

タ級「ひゃっ!」

浜風「?」

タ級「かかか勘違いしないでね!地中海の子がみんなあんなんじゃないから!」

浜風「ええ?そ、そう、ですか……」

タ級「あの子がえっちぃだけなんだからぁ!」

浜風「……あのですね、あなたのその服装の方がえっちぃですよ?」

タ級「えっ」


この後滅茶苦茶服買った。

174 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/03 23:14:48.51 AT9AMfgGo 92/577



小ネタ38


浜風「大事な話です」

磯波「な、なに……?」

浜風「提督のこと、私だって憎からず思っているっていうのは言いましたね」

磯波「う、うん」

浜風「だから交渉です、まず提督のロリコンを治しましょう。せめてファッションロリコン程度には」

磯波「そんなことができるの!?」

浜風「やらなければ、将来成長した時にそーいう対象から外れることになるんですよ?」

磯波「それは大変だ、色々と」

浜風「だから協力をお願いします。提督はあなたなら反応するし、色々試せそうです」

磯波「う、うん……協力する」

浜風「よかった……断られたら初霜さんに頼むところでしたよ」

磯波「そっちのが絶対断られると思うよ」

浜風「じゃあ早速してきてください」

磯波「えっ、なにを」

浜風「セッ○ス」

磯波「」

浜風「あ、撮影は任せてくださいね。資料として撮っておきましょう」

磯波「」


浜風ちゃん、あなたもイレギュラーになってしまったというのか!?事務所はもう終わりDA!

179 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/04 23:39:41.91 l/RPpNC5o 93/577


【砲拳銃を持つ男】


「ついに完成だ……これはいいものだ、まさに芸術作品」

最上「やったじゃないか提督!」

「これさえあれば、裏切り者を始末することができるのさ」

最上「ええ?裏切り者?」

「そう、この僕を騙し続けてきた女がいるのさ……」

最上「一体誰なんだいそれは」

「君だよ最上」

最上「え?」

ズドン

最上「が……は……」

ザバーン

「うむ、威力は良好のようだね。弾が一つしか込められないのが欠点だが」

180 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/04 23:40:35.02 l/RPpNC5o 94/577



事務所


提督「……」ジー

磯波「はぁ。そんな小さいビリヤード、よく飽きませんねぇ」

浜風「ええ、不思議です」

提督「いやいや、なかなかこれがどうして、面白いのなんのって」コツン

コロコロ

提督「ちぇっ、また外れた」

磯波「しかも下手くそだし……」

提督「むぅ……」

ジリリリリリリ

提督「今忙しいのに……はい」ガチャ

『私ですよ、司令長官です』

提督「はぁ、なんでしょうか」

『実はですね、君に来て欲しいんですよ』

提督「ほう、何やら事件ですか」

『その通り、これは放ってはおけないものなんです。すぐ来てくれますね』

提督「ええ、呉までですね。わかりました、すぐ向かいます」

ガチャン

提督「磯波、事件です!」

磯波「はいっ!」

181 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/04 23:41:07.12 l/RPpNC5o 95/577






提督「久々に二人っきりですね」

磯波「事件がなければよかったんですが……」

提督「浜風さんは、まあ仕方ありません。彼女の心の傷もまだ癒えてはいないってことでしょう」

磯波「……」


~~~~~

浜風「今回は二人で行ってきてください」

磯波「ええ?どうして?」

浜風「ほら、ね?お若い二人だからですよ」

磯波「???」

浜風「適当なこと言ってごまかしときますから。あ、撮影よろしく」

~~~~~


磯波「……うーん」

提督「どうしました?」

磯波「いえ、別に……」

182 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/04 23:42:02.08 l/RPpNC5o 96/577



鎮守府


提督「どうも」

司令長官「よく来てくれました中佐。早速見て欲しいものがあります」

提督「見て欲しいものですか」

司令長官「それは彼女だ」

最上「……」

提督「これは、どうも。お怪我をなさっているようですが」

司令長官「最上くん。彼に胸の傷の写真を見せてもいいかな?」

最上「はい……」

司令長官「ではこれを」スッ

提督「ふむ……これは銃創ですか」

司令長官「そう、銃創です。すまないね、最上くん」

最上「いえ……」

提督「しかし、深海棲艦との戦いで銃創というのは聞いたことがありませんね。大抵は爆風の火傷ですから」

司令長官「そうなんですよ。じゃあ艦娘にやられたのか?と言いますと。これも違うのです」

提督「では、人間の仕業とでも言うのですか」

183 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/04 23:43:00.14 l/RPpNC5o 97/577


最上「そうだよ、やったのは提督さ」

提督「……あなたの提督、ですか」

最上「うん……」

提督「一体どうやって……通常の拳銃弾では艦娘の装甲を貫通するのはまず無理だ」

最上「それは、彼の持ってた銃に秘密があると思う」

提督「銃?」

司令長官「彼女が言うには、そいつは艦娘の12cm単装砲を改造した拳銃。言うなれば『砲拳銃』なるものを作ったそうだ」

提督「なるほど、砲拳銃を持つ男……」

司令長官「人間が撃たれれば、まず間違いなく即死だな」

提督「つまり司令長官、自分たちに死者は出したくないから横須賀にいるどこの馬の骨とも知れぬ男にやらせようってわけですね」

司令長官「な、何を言うんですか!そんなつもりは……」

提督「引き受けましょう」

司令長官「えっ!?」

提督「そんかわり、報酬はたっぷりいただきますからね」

司令長官「……すみません、助かります」

提督「それと、最上さん。あなたにも協力してもらいます」

最上「はい……」

184 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/04 23:44:02.13 l/RPpNC5o 98/577



ホテル


提督「磯波、記録を」

磯波「はい」カタカタ

提督「君の提督……いや、元君の提督について教えてくれませんか?」

最上「うん……彼は改造や改修が趣味だったんだ」

提督「艦娘の艤装の、ですね」

最上「そう。それでボクたちの装備も色々と強化してもらったんだけど……」

提督「それが突然牙を剥き、『砲拳銃』とやらを作り出した」

最上「あの人は、ボクのことを裏切り者と言っていたんだ……でもなんのことだかわからなくて……」

提督「ふむ、ではまずそれから突き止めなければなりませんね」

最上「時雨や野分たちも心配だし、早く何とかしないと」

磯波「えーっと、本当に心当たりは?」

最上「ないよ、ずっと騙し続けてきたーとか言われても、何の得にもならないのに……」

磯波「……何かを勘違いしてたとかじゃないんですか?」

最上「何かを?何を勘違いするって言うんだい」

提督「あるかもしれませんが、どっちにしても直接問いただしたほうがいいみたいですね」

磯波「そうですね、早いところ解決しないと第二の被害者が出るかも……」

最上「恐ろしいよ、一体何が悪いって言うんだ……」

提督「あなたが悪いなんてことありません。必ず真相を突き止め、彼に然るべき罰を与えてやります」

195 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 09:58:06.25 W0DYwRO4o 99/577



提督「では、電話でもしてみますか」テチテチ

プルルルル

『はい、呉第三艦隊ですが』

提督「君が提督かね」

『その通りだが』

提督「ちょっとお話があるのでね、近くのファミレスにでも来てはいただけないでしょうか」

『……いいとも、それにしても君』

提督「なんです?」

『いい声をしてるね、きっと素敵な男性なんだろうな』

提督「どうして、そう思うのです?」

『声でわかるさ。それじゃあファミレスだね』

提督「え、ええ……そんじゃまた……」

プツン

提督「……」ゾォー

磯波「提督?どうしましたか?」

提督「行きたくなくなっちったぼちゅ」

磯波(ぼちゅ?)「何か言われたんですか?」

提督「ええ……ちょっとね……ひょっとしたらわかっちゃったかも」

磯波「事件の真相がですか?」

提督「うん、まあ聞いてみないことには、ただの憶測ですから」

196 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 09:58:57.30 W0DYwRO4o 100/577



ファミレス


提督「はい、お待ちどさん」

「はぁ……」

提督「人の顔を見た途端にため息とは、失礼な方ですね」

「いや、これは感嘆のため息さ……こんな素敵な男性に巡り会えるだなんてね」

提督「……お名前は?」

「僕は穂波大佐。君は?」

提督「私は、広川中佐です。さて、あなたにいくつか質問があります」

「最上のこと、だろう?」

提督「よくご存知で」

「あいつは、騙したんだ。僕に愛されようと、男のフリをしていた……」

提督「……はい?」

197 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 09:59:42.40 W0DYwRO4o 101/577


ドンッ!

ホモ提督「男のフリだ!」

提督「……男のフリって?」

ホモ提督「ズボンや口調などで、男のフリをしていたんだ!」

提督「……あのねぇ、彼女は女の子でそういう性格なんですよ」

ホモ提督「でも、こんな素敵な君と出会わせてくれたなんて……殺すのは惜しかったかもしれない……」

提督「……」ゾワゾワ

ホモ提督「ねえ、このあと暇かい?」

提督「めちゃ忙しいですね」

ホモ提督「残念だ……」シュン

提督「えー、それじゃあ、お代は私が持ちますんで、さいなら」ポイッ

ピュー

ホモ提督(僕の分まで……やっぱり僕に……♥)キュン

198 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 10:01:21.11 W0DYwRO4o 102/577


提督「はぁ……はぁ……ただいま……」ゼェゼェ

磯波「どうでした?」

提督「いや、その……一応確認しておくべき事ができまして……」

磯波「確認?」

提督「最上さん、あなた本当に女の子ですか?」

最上「ひどいよ!ボクだってこんななりだけど女の子なんだよ!」

磯波「そうですよ、何を言ってるんですか?」

提督「そう、ですよね……」ホッ

最上「ほら!見てよ!」ズルッ

提督「えっ」

磯波「きゃー!?ちょちょちょちょっと!!」

最上「これを見てもボクが男だって言うの!?」

提督「いや、誰もそんなことは、あなたは女の子ですよ立派に」

最上「もう!いっつも言われてもううんざりだよ!」ブツブツ

磯波「と、とんでもない人だなぁ~……」

提督「ふーむ、それを始めっから言ってれば問題は起こらなかったのかも……」

磯波「あの、提督?話が見えてきませんけど、あと顔色悪いし」

提督「とにかく、彼の鎮守府に行きましょう。案内してくれますね?」

最上「……も、もうお嫁に行けないよぅ///」シクシク

磯波「あわわ、ほら!提督謝って!」

提督「いや、自分で脱いだんじゃないの……」

磯波「いいから!」

提督「ごめんなさい」


199 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 10:02:16.51 W0DYwRO4o 103/577



ホモ提督鎮守府


提督「……できれば入りたくないんだけど、仕方ありません」

最上「どうして?」

提督「いや、うん、色々あるんです色々」

最上「ふぅん」

磯波「改造ってのは工廠で?」

最上「そうだよ、案内しよう」



工廠


提督「ふむ……結構凝った趣味ですね。なんだろこのメガネ」

磯波「わあ、似合ってますよ」0人

最上「そのメガネは……なんだったっけ」0人

提督「さあね。二人とも0人ですって」

最上「……思い出した、経験人数のやつだ」

磯波「ええ!?貸してください!」

提督「ほい」スッ

磯波「……」スチャ

提督「言ったでしょう、別に嘘なんかついたりしませんよ」0人

磯波「ほっ」

最上(あの人童貞なんだ……)

提督「なんですかその顔は」

最上「いえ別に」

200 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 10:03:52.76 W0DYwRO4o 104/577


磯波「このスプレー缶は?」

最上「あ、それは気をつけて。催淫スプレーだから」

磯波「へぇー」スッ

最上(しまっちゃったよ!)

提督「……この銃がもしかして」

最上「それが……」

「そう!砲拳銃さ」

最上「!!」

ホモ提督「またただ12.7cmの艦娘砲を拳銃サイズにしたものだがね。しかし最上、生きていたとは……」108人

最上「提督……」

磯波(うわぁ……108人って……煩悩の数だけ……)

提督「おやおや、これは」スタスタ

磯波「……なんで私の後ろで小さくなってるんですか?」

提督「……」チョコン

ホモ提督「最上などどうでもいい、僕に会いに来てくれたのかい、嬉しいよ」

提督「いや、そんなつもりはないです、ねえ?」

磯波「ええ?はぁ」

ホモ提督「ふふふ……いいんだよ、隠さなくても」

提督「い、磯波ぃ」ギュゥ

磯波「そ、それじゃあ、私たちこれで……」

ホモ提督「残念だねぇ、またおいでよ。今度は一人でね……ふふ」

201 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 10:04:50.83 W0DYwRO4o 105/577



ホテル


提督「……あとは、憲兵とかに、任せたいな~、なーんて」ゲッソリ

磯波「提督……どうにかして元気でないかな。これじゃあ任務を続けられないよ」

最上「うーん……」

磯波「……そういえば、これ」スッ

最上「ああ、それ持ってきちゃったんだ」

磯波「具体的にどんなものなの?」

最上「それは……催淫は催淫だよぉ!すごく効くらしいから絶対嗅いじゃダメだよ!」

磯波「ふぅん」

最上「じゃあちょっとお風呂行ってくるね」

磯波「うん」

スタスタ

磯波「ちょっとだけなら……」シュッ

ポワワーン

202 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 10:05:25.15 W0DYwRO4o 106/577


磯波「うふ、提督♥」

提督「……どうしたんです急に」

磯波「そんなに、あの気持ち悪い人が嫌なんですか?」

提督「そうですね、あーいうのはすげー苦手です」

磯波「じゃあ、こーいうのは……?」スルッ

提督「え、ちょっと」

磯波「好きですよね、知ってます、提督のことなら何でも♥」スリスリ

提督「あ、あの、そりゃ、好きですけど」

磯波「提督ぅ……♥」ギュッ

提督「……いけませんよ、磯波」

磯波「……」ムスー

提督「でもそうだなぁ、キスぐらいなら」

磯波「んむっ!」チュッ



チュゥ……チュルル……レロォ……

最上(つ、使っちゃったんだねアレを!脱衣所から出られないじゃないか!///)カァー






ホモ提督「絶対に、許さない……僕を裏切って、あんな女と……!」

207 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 19:58:58.87 W0DYwRO4o 107/577



ホテル、ロビー

今回のお話では最上は自身の提督に殺されかけたり、傷口を写真に撮られ見せられたり、
ウニャウニャを見せつけちゃったり、磯波たちのチョメチョメを見せつけられたり、脱衣所で寝たり、
自身の提督がホモであったことが判明したり、殺されかけたのが勘違いのせいだったりで散々であったッ!

最上「ボクの精神はもうズタボロだよ」

磯波「誰に向かって話してるんですか?」

提督「それじゃ、出るから。これで」スッ

「あ、お客様。お手紙が届いております」

提督「手紙ですか?」

「ええ。こちらです」スッ

提督「……」ペラッ

[絶対に許さない。必ず女を始末して、僕のものにしてみせる! 君の愛しの穂波]

提督「ひえっ、もう泣きそう」

磯波「どうしました?……うわっ」

最上「これは……ひどいね……」

提督「早いところこんなクソみたいな町出ましょう。もう二度と来たくない」

磯波「でもあいつはどうするんですか?」

提督「知りません!」

磯波「えぇー!?」

208 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 19:59:42.04 W0DYwRO4o 108/577






提督「……いたよ」

ホモ提督「ふふふ……」

提督「磯波、逃げます」ダッ

磯波「あ!ちょっと!」ダッ

最上「待ってよ!」ダッ

ホモ提督「絶対逃がさないよ……」



提督「ど、どこに逃げれば……」

磯波「提督、もう諦めて戦いましょうよぉ」

最上「それがいいと思う」

提督「……それなら、再び鎮守府へ向かいましょう」

磯波「提督?」

提督「考えてみれば磯波を殺すと脅されて、私が黙って逃げるのは許されません」

磯波「……」

提督「今更になって怒りが湧いてきました。決着をつけましょう」

209 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 20:00:30.96 W0DYwRO4o 109/577



ホモ提督の鎮守府、工廠


ホモ提督「ここから彼の臭いがする……」

提督「ご名答」

ホモ提督「ふふふ、まさか僕の鎮守府に来てくれるなんてね……」

提督「正直、あなたが私に恋慕の想を抱こうがどうでもいいです」

ホモ提督「うん?」

提督「しかし最上さんの件と私の磯波を始末すると書いた件については、勘弁罷り成りません」

ホモ提督「ほほう、どうするって言うんだい?」

提督「あなたには正当な裁きを受けていただきます。大人しく投降したまえ」チャキ

ホモ提督「そんな物騒なもの向けられちゃ、興奮しちゃうよ……♥」

提督「うえっ……」

ホモ提督「おっと!」チャキ

提督「……」

ホモ提督「君は甘いな、僕なら撃っていたよ。君は人を撃ったことはないんだろう」

提督「誤って友人を殺しかけたことならありますがね」

ホモ提督「僕はある、最上を撃った」

提督「……」

210 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 20:01:39.69 W0DYwRO4o 110/577


ホモ提督「でも……君だけは撃てないよ……」

提督「……なぜ」

ホモ提督「君は僕が、愛した人だk」

ズドン

提督「確保!!」

ホモ提督「うぐぅ、か、肩を!まだ喋ってる途中なのにっ!!」

時雨「えい!黙れ!」ゲシッ

ホモ提督「うぐっ!」

野分「よくも最上さんを!!」ボコッ

ホモ提督「げほっ!」

提督「はぁ……気色悪いっつんだよ」

磯波「提督、それはちょっと卑怯ですよ……」ガビーン

提督「……やっぱり女の子がいいな、こういうのはね」ギュー

磯波「もう、誤魔化さないでくださぃ……///」モジモジ

最上「あーお二人さん?」

提督「なんです?」

最上「あの人、虫の息だけど……」

時雨「キモイんだよ!死んでしまえ!」

野分「えーっと、よ、よくも最上さんを!」

ボコボコ

ホモ提督「が……ぐ……」ピクピク

提督「あああ!ちょっと!待ちなさいってんだよ!」

211 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/06 20:02:50.11 W0DYwRO4o 111/577


この気持ち悪い人は逮捕されました。ボロ雑巾のようになりましたが、退院後に法によって裁かれるでしょう。
彼もやっぱり、艦娘たちを利用して男を集めていたそうです。
まあその人たちも同性愛者だったらしいので、ただ不快なだけだったそうです。
でも自分の部下である最上さんを撃った、それだけでもう許せるような人物ではありません!


……私と提督?キスしただけですよ、本当に。本当ですよ!


浜風「……このメガネの0人ってのはなんなんですか?」

提督「気にしなくていいんじゃないでしょうか」0人

磯波「そ、そうだよ、うん」0人

浜風「ふーん。私は……0人か。みんな0人ですね」0人


ほらね?


浜風「このスプレー缶は?」

提督「それは、捨てときましょうか」

磯波「えー」


次回に続きます...

218 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/07 22:05:21.12 FZcUu9AHo 112/577



小ネタ39


チュポン

磯波「はぁ……はぁ……提督、キスだけじゃ足りませんよぉ」

提督「こ、困ったなぁ、私はこういうのはちゃんとしたほうが良いって思ってるんですよ」

磯波「ふんっ」プイッ

提督「あらまぁ……」

磯波「それはまるで童貞の考えです」

提督「まるでじゃなくて童貞なの。あなたも処女でしょうが」

磯波「じゃあ、こっちの提督にキスしちゃいましょうか。ん~」チュッ

提督「あっ、ちょ、待ちなさい」ピクッ

磯波「ちゅっ、ちゅっ、ちゅぅ……」チュルチュル

提督「うぐっ」ビクッ

ビュルルッ

磯波「うあっ……ちょっと、早いですよ……」ベトベト

提督「ひ、ひどい……あんまりだ……///」プルプル

磯波「うふふ、提督の匂い………………ふえっ!?なんで私こんな!?///」カァー

提督「あー……やっぱりあのスプレーを使ったんですね」

219 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/07 22:05:54.11 FZcUu9AHo 113/577


磯波「~~~~///」

提督「はぁ、お風呂に行きましょうか」

ガチャッ

最上「あ、終わっ…………」

提督「あっ」ギンギン

磯波「えっ」ベトォ

最上「でやあああああああああああああああああああああああ!!」ビエー


まさか、ボクがここで3Pだなどと……

提督「しませんよ」


220 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/07 22:07:31.75 FZcUu9AHo 114/577



小ネタ40


最上「……提督。やり直せるよ」

ホモ提督「無理だ、どうしろって言うんだ……」

最上「この、ボクが作った更生プログラムがあるんだ」

ホモ提督「更……生……?」

最上「そうさ。大丈夫、ボクは提督の味方だから」

ホモ提督「君を、殺そうとしたのにかい?」

最上「……うん、それでもやっぱりボクの提督はあなただけだよ」

ホモ提督「わかった、このプログラムやってみるよ!」

最上「その意気だね」

ホモ提督「ありがとう、最上……」

最上「さあ、服を脱いで」

ホモ提督「えっ?」

221 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/07 22:08:27.78 FZcUu9AHo 115/577



数週間後


提督「……で、本当にホモじゃなくなったわけ?」

ノンケ提督「そうさ。最上のおかげだよ

最上「ボクの手にかかればこんなもんさ」

提督「……まあナニをヤッたかは大体想像できるけど」

時雨「相変わらず気持ち悪いけどね」

ノンケ提督「ありがとうございます!」ハァハァ

時雨「うわっ」

野分(もうどっか他所行きたい)

最上「とにかく、もう怯える必要はないよ」

ノンケ提督「ああ、もう男なんてまっぴらさ。君も今はなんとも思わないよ」

提督(ひょっとして艦娘はみんなこうなのでしょうか……?)



ところで後日、更生プログラムのマニュアルが浜風の下に届いた。

浜風「このプログラムを改良し、提督のロリコンを亡き者にしてやります」

磯波「なんでそんなに必死なの……」


229 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/08 22:36:04.85 WHKnL/WQo 116/577



小ネタ41


タ級「え~~~~!?い、嫌だよぉ~~!」

浜風「下履いていないからてっきり受けてくれるかと思いましたが」

タ級「それとこれとは話が別だよ!なんで好きでもない男に!だいたいあんたもノーブラじゃん!」

浜風「最近はブラつけてますから」

タ級「最近って……え!?最近!?」ガビーン

浜風「それじゃあ、このぱんつを履いてください」

タ級「ええ?……子供っぽいなぁ、くまさんなんて」

浜風「……」ガバッ

タ級「!?あ、あなたも履いてるのね……」

浜風「気がついたら下着類が全部くまさんシリーズですよ。提督もそうです」

タ級「あの人も!?」

浜風「じゃあこれ履いてください」

タ級「なんで~~~」



タ級「どう……?」

浜風「ぶっくく……に、似合ってますよ……くふふ……」クスクス

タ級「おい」

230 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/08 22:37:20.70 WHKnL/WQo 117/577



小ネタ42


タ級「さて、家も決まったことだしバイトとかしなきゃね」

ヨ級「ええ?生活資金は支給されていますが」

タ級「せっかく人間の姿になれたんだから、満喫しなきゃダメでしょ?」

ヨ級「ダメってことはないでしょうけど」

タ級「実は!色々と調べたんだ~♪」

バサッ

ヨ級「……はぁ。色々ありますね」

タ級「それで!この深海商店ってところにしようと思ってるの!」

ヨ級「シンカイショーテン?どーいう意味かはわかりませんが、まあ好きにしたらいいんじゃないですか」

231 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/08 22:37:58.43 WHKnL/WQo 118/577



後日...


タ級「それでねー、高橋さんがねー」ペラペラ

ヨ級(うぅ……これでは私が働かせているみたいではありませんか……)

タ級「聞いてる?」

ヨ級「ええ?ええ、はい……」

タ級「元気ないけど、どうしたの?」

ヨ級「……私も、バイト始めてみようかなと」

タ級「ええ!?そんな、いいのに」

ヨ級「よくありませんよ。私も働きます」

タ級「何するの?」

ヨ級「……つ、釣り?とか?」

タ級「よし!バイト探そう!」

232 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/08 22:40:11.03 WHKnL/WQo 119/577



コンビニ


ヨ級「年齢確認ボタンを押してください」

「ああ?俺が未成年に見えるのかよ?」

ヨ級「未成年でないなら押してください」

「だから!!俺が未成年に見えるのかよ!?」

ヨ級「申し訳ございません、未成年の方にお酒を売ることはできませんので。さいなら」

「ああ!?あれっ!?」ガビーン


ファミレス


ヨ級「ココア入れてきました。あっ」コケッ

バシャーン

「DAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!」

ヨ級「……」スタスタ

「お、おいちょっと待ってくれ!」

233 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/08 22:42:08.52 WHKnL/WQo 120/577



警備員


ヨ級「怪しい奴め!待ちなさい!」

七光提督「あああ!!何もしてないのに!!ちょっと!瑞鶴助けてーーー!!」

瑞鶴「提督さーん!!」


ペットショップ


夕立「ちょっと!もうちょっと上等な餌が欲しいっぽい!」

ヨ級「そんなこと言われましても……」

夕立「店長に言ってよそっちから!交渉するんだよ!」

ヨ級「え、ええ……」


回転寿司


ヨ級「そのマグロ、アカマンボウなんすよ」

234 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/08 22:43:11.87 WHKnL/WQo 121/577



ヨ級「全部クビか……私はダメな艦だ……」ガーン

タ級「まあまあ。あたしは、あなたが一緒にいてくれるだけで十分よ」

ヨ級「パ、パトリア様……」ウルウル

タ級「ふふ、なんなら一緒のバイトにしてみる?」

ヨ級「それだけはご勘弁を」

タ級「なんで!?」

ヨ級「ぷ、プライド的な?」

タ級「何それ」


結局釣りで落ち着いた。

235 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/08 22:45:09.59 WHKnL/WQo 122/577



小ネタ43


浜風「な、なんですって!?口で!?」

磯波「うん……///」

浜風「いいな!じゃない!つまりは!い、一線をついに……」

磯波「そこまではいってないんだけどね///」

浜風「ど、どうでしたか、その、あ……味は……?」

磯波「わ、わかんなかったよぉ、スプレーの効果が効いてたから」

浜風「スプレー?ひょっとしてあのスプレー缶の事ですか?」

磯波「うん……捨てたよね?惜しいことしたかも」

浜風「実はまだ持ってるんです」

磯波「あ、そうなんだ。ちょっと使っただけでもう……すんごい」

浜風「そんなに……提督にかけると私たち二人とも、その……されてしまうんでしょうか」

磯波「提督はそういうところはきちんとしたいって言ってたからやめてね」

浜風「……じゃあ、そのきちんとしたところが終わったら」

浜風「ぐひひ」

浜風「な!違う!私は提督のロリコンを治すんだった!別に私欲とかそーいうんじゃ!」

磯波(一人で盛り上がりだした)


浜風ちゃん……やはりイレギュラー化しているのか!?

249 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 19:52:20.42 nC2I10lCo 123/577


ちょっと長めの小ネタ44 


深海アジト


ヲ級「今日も自信作揃いだよ」

レ級「またくだらんもんばっか作ってるんだろ」

ヲ級「まずはこれ!アベコベスイッチ!」

レ級「なんだいそりゃ」

ヲ級「これを使えばあべこべ、反対になっちゃうのさ」

レ級「何が?」

ヲ級「え?」

レ級「何が反対になるんだ?」

ヲ級「…………次行こう」

レ級「そんなわけのわからんもの作るなよ!」

ヲ級「お次はこいつらさ!」

もりさん「もがもが!」

さくらさん「んー!んー!」

レ級「誘拐じゃないか!何やってんだ!」

ヲ級「GUNPだよ」

250 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 19:54:11.17 nC2I10lCo 124/577


レ級「……女神が転生しそうなやつじゃないの?」

ヲ級「それはGUMP。こっちはGUNP」

レ級「ああそう……あとで解放してあげてね」

ヲ級「『艦これ、一航戦、出ます!』角川スニーカー文庫より発売中だよ!買ってね!」

レ級「いきなりなんだよ……」

ヲ級「全くわがままだな、次行こうか。ガイアメモリだ!こいつはすごいよ!」

レ級「ガイアメモリ?」

ヲ級「地球の記憶がプログラムされたUSBメモリ型アイテムさ。使用したいメモリに応じて専用のコネクタ手術を行い、コネクタからメモリを体内に挿入することでドーパント、これはドーピングする者の意ね、そいつに変身できる。手術なしの接続では接続箇所から拒否反応として激痛が生じたり、また事故で精神のみがドーパント化して肉体が伴わない分大幅に弱体化した状態になったり、メモリとの適合率が高すぎると変身を解除しても体外に排出されないなど問題も」

レ級「えっ?えっ?」

ヲ級「手術したら、パワーアップが可能だよ」

レ級「我が輩は手術嫌いだ、もううんざりだし」

ヲ級「残念」ポイッ

レ級「もっとないのかね」

ヲ級「うーん……ないなぁ……」

251 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 19:54:57.08 nC2I10lCo 125/577



一方事務所、浜風の部屋


浜風「で、例の鎮守府からの戦利品がこれですか」

磯波「そっ。二つしかないけどね」

浜風「ふむ……こっちは守備範囲が広がる薬……」

磯波「どう広がるんだろうね」

浜風「さぁ……あさっての方向に広がって獣姦とかし始めたら困るし……」

磯波「じゅーかん?って?」

浜風「いや、なんでも。こっちは……ロリコンが直る薬!?」

磯波「おお!」

浜風「まさに求めていたものです!……あ、でもこれ半日しか効かないみたい」

磯波「ああ、そうなの」

浜風「試してみる価値はありそうですね」

磯波「そうだね。でもどうする?」

浜風「ご飯に混ぜます」

252 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 19:56:08.95 nC2I10lCo 126/577




提督「……」モグモグ

浜風(よし!食べた!)ジー

磯波(どうなるんだろ)ジー

提督「そ、そんなに見られちゃ食べづらいですよ……ん」

磯波「どうしました?」

浜風「何か変化でも?」

提督「いや、なんでも」シラー

浜風「……うーん」

磯波「明らかに雰囲気変わったね」ヒソヒソ



提督「……」ボー

磯波「ど、どうしたんですか?」

提督「いや、なんだか心のぽっかり穴が空いたような……」

磯波「……」チラ

浜風「……」コクコク

磯波「て、提督……///」スルッ

提督「風邪ひきますよ」

磯波「あの時の続き、しませんか……?」

提督「気持ちは嬉しいのですが、なーんか今日は全然そーいう気が起きないんですよ」ダラー

磯波「あ、そう、ですか……」シュン

浜風「それなら、私とは」プルン

提督「いえ、別にいいです。二人ともどうしちゃったんですか?」シラー

浜風「……」ションボリ

提督「ダメですよ、男の人の前で裸になったら。私だから何もなかったけど」

253 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 19:57:11.03 nC2I10lCo 127/577



磯波「ひょっとして、提督からロリコンを取ったらなんにも残らないんじゃ……」

浜風「かもしれません。別にロリコンじゃなくなったところで、ロリ以外に興味が出るわけではなかったのでしょう」

磯波「効果切れるまであの調子なのかなぁ」

浜風「……催淫スプレーなら、あるいは」




提督「……」コツン

コロコロ

提督「あら、またひとっつも入らなかった」

浜風「ビリヤードやってるとこ申し訳ありません」

提督「なんです?」

浜風「これでもくらえ!!」プシュー

提督「うっ!?げほっげほっ!」

浜風「やったか……!?」

提督「なんですかもう」

浜風「あ、あれ?」

提督「あ、それはあのスプレーですね?」

浜風「……」

提督「どうしました?」

254 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 19:59:10.62 nC2I10lCo 128/577



浜風「ダメです、この薬は使えなさそうですね」

磯波「ロリコンが治ったせいで性的対象が無くなったから性欲まで無くなった、ってことでしょうか……」

浜風「地道に直していかないと、こういうことになるということがわかっただけでも……」

磯波「……ところで、半日ってどのぐらい?」

浜風「12時間ぐらいでは?」

磯波「夜の八時までかぁ」

浜風「一つ疑問ですが、このスプレーちゃんと効くんですかね?」シュッ

ポワワーン

磯波「あっ」

浜風「い、磯波……♥」ハァハァ

磯波「いやーーーーっ!!」ダッ

255 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 20:00:13.46 nC2I10lCo 129/577



提督「……」ボー

磯波「提督!助けて!」

提督「え!?なんです!」

浜風「ふふひひひひひひ!」

提督「また使ったんですかあれ!」

磯波「ちょっとだけですけど!浜風ちゃんを止めてください!」

提督「んな無茶な!」

浜風「提督……」

提督「な、なんですか」

浜風「不公平です!」

提督「何が……?」

浜風「上司として部下は公平に扱うべきなんです、これはわかりますよね?」

提督「え、ええ……」

浜風「じゃあ私にもキスしてください」ガシッ

提督「えっ」

浜風「んむっ」チュッ

提督「んんっ!?」

磯波「あーーーーーっ!!」

256 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 20:01:35.82 nC2I10lCo 130/577




提督「はぁ……全く。なんでこんなことを」

浜風「すみません……」

磯波「そうだよ!効果あるって言ったじゃない!」プンスカ

浜風「……」

提督「やれやれ、こいつはもう処分してしまいましょう」

ジリリリリ

提督「おや、もしもし」ガチャ

隣提督『ちょっとマズイ事になったわい!来てくれんか!』

提督「分かりました」

磯波「事件ですか?」

提督「どうやらそのようです。行きましょう二人共」

「「はい!」」









隣提督「炭に火がつかなくてな、つけてくれたらバーベキューに混ぜてやってもいいぞ」

提督「そんなん普通に呼んでくれればいいじゃないですか……」

榛名「一緒に食べましょう!」

257 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/10 20:02:14.31 nC2I10lCo 131/577



そんでもって夜、事務所


提督「いや、美味しかったですね」

磯波「そうですねぇ」

浜風「バーベキューは久しぶりです」

磯波「しかし、霧島さんの一発芸はホントすごかったね」

浜風「提督なんか笑いすぎて倒れてましたもんね」

提督「抱腹絶倒とはこの事ですよ」

浜風「……もう九時か」チラ

提督「じゃあさっさとお風呂入っちゃってください」

磯波「あ、そう言えばスプレー缶」

提督「ああ、捨てときますよ」

磯波「中身抜かなきゃいけませんよね」

提督「そうですね。こいつでちょちょいと」ガスッ

浜風「あ!それって!」

プシュー

提督「あっ」

ポワワーン

269 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:19:56.15 JYgy7rTXo 132/577


【離島の怪異】


とある離島


「ああ!俺たちの畑が荒らされてる!」

「いったい誰が……!」

「これは……人の足跡?」

「あ!あそこに!」

「!」サッ

「待て泥棒!!」



「くそ……どこに……」

「あ!あれ!海の上に人が!」

「~~~~!」

「え!?今なんて……」

「し、沈んでいったぞ……まさか、深海棲艦!?」

270 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:21:35.28 JYgy7rTXo 133/577



隣鎮守府


ジリリリリリ

ガチャ

榛名「はい、横須賀第二艦隊です……はい。今代わります。提督」

隣提督「はいはい。もしもし、今代わりましたが。ええ?深海棲艦?わかりました、すぐ向かわせます」

ガチャン

隣提督「榛名、今日空いてる者は?」

榛名「えーっと……ああ、いませんね」

隣提督「それなら連中に任せるか。こういうの好きそうだし」ポチポチ

プルルルルル

隣提督「……あ、広川くん。ちょっと行って欲しい場所があるんだが……はぁ?休み?軍隊に休みなどあるか!」

榛名「……?」

隣提督「ええ?スプレー?腰が痛い?湿布でも貼って我慢しろ!もう知らん!」

ガチャン

隣提督「全く!せっかくバーベキューに参加させてやったのに!たるんどるぞ!」

榛名「どうしたんですか?」

隣提督「なんでも腰が痛いとかでブッ倒れとるらしいんじゃよ」

榛名「へぇ……まさかね」

隣提督「とにかくどうしよう、困ったのう」

バン!

「その依頼、あたしにやらせて!」

271 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:22:04.80 JYgy7rTXo 134/577


隣提督「な、なんじゃあんた!」

探偵提督「あたしだよ!」

磯風「司令、ノックぐらいしような……」

隣提督「……誰?」

榛名「さぁ……」

探偵提督「あたしは三森少佐!好きなものはパーティーだよ!」

磯風「誰も聞いてないだろ」

隣提督「とにかく、二人が調査を受けてくれるんだな?」

探偵提督「そう!任せてよ!泥船に乗った気持ちでいてもいいよ!」

磯風「大船、な」

隣提督「わかった、まあ見たところあんたも海軍らしいからな。任せよう」

272 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:22:41.20 JYgy7rTXo 135/577



とある離島


磯風「なぜ数ある交通手段から気球を選んだんだ……」

探偵提督「さて、証拠を探して犯人を追い詰めるよ!」

磯風「証拠もなにも、畑を荒らしたやつの正体を掴むんだよ」

探偵提督「あれ?殺人事件じゃなかったっけ?」

磯風「はぁ……」

「あんたらが派遣されてきた海軍の……気球?」

磯風「ああ、気にしないで」

探偵提督「わかった!犯人はあなただ!」

「ええ!?」

磯風「これも、気にしないで。それで?荒らされた畑というのは」

「ああ、こっちだよ」

スタスタ

探偵提督「待ってよぉ……あ!珍しいちょうちょ!」

273 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:23:41.72 JYgy7rTXo 136/577




「海のあそこに沈んでいったんだ」

磯風「ふむ……わかった。戻っていてくれ。調査を始める」

「頼んだよ、生活がかかってるんだ」

探偵提督「さて!証拠集めだね!」

磯風「……なぜ水着を?」

探偵提督「それはもちろん調査のため!」

磯風「……まだ水が冷たいと思うが」

探偵提督「じゃあ海は任せた!」ポイッ

磯風(ビキニの下から制服が現れた……どうなってるんだ?)

探偵提督「じゃあ行ってくるねー!」ピョンピョン

磯風「……」

274 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:24:32.31 JYgy7rTXo 137/577



砂浜


探偵提督「あっさりーしーじみーはまぐりさーん♪ねえ深海棲艦知らない?」

シーン…

探偵提督「そっか!ありがと!……ん?」

ポツーン

探偵提督「あれは誰かな」

スタタタ

「……」

探偵提督「こんにちは!」

「!」

探偵提督「どうしたの?」

「……」

探偵提督「あなた艦娘?」

「……」コクコク

探偵提督「お名前は?」

「U-511……」

275 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:25:14.20 JYgy7rTXo 138/577


探偵提督「そっか!あのねえ、ここらで深海棲艦の目撃情報があったんだけど……」

U-511「深海棲艦……見てない」

探偵提督「そっかー、残念!」

U-511「あの……それよりも……」

探偵提督「どうしたの?」

U-511「いや……なんでもないです……」

探偵提督「そっか!それじゃあ調査があるからまたね!」



磯風「……深海棲艦の形跡はないが、何かがいたのは確かなようだな」

ピロリン

磯風「ん……」テチッ

探偵提督[お腹すいたから戻ろう!]

磯風「……もうそんな時間か。確かに空が赤くなってきたな」

276 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:25:46.06 JYgy7rTXo 139/577



民宿


探偵提督「ごめんなさい、ただで泊めてもらって!」

「いいんですよ、軍人さん」

磯風「ありがとうございます」

探偵提督「どうだった?」

磯風「いや、深海棲艦じゃないってことだけは確かだが、それだと一体何者なのか……」

「もしかしたら、幽霊とか……」

磯風「ゆ、幽霊」

探偵提督「誰かに呪われるようなことがあったの?」

「いや、別にこの島ではそんな出来事はありませんでしたが……」

磯風「じゃあ違うんじゃないか」

探偵提督「でもおばけの可能性も無きにしも非ずかぁ」

磯風「絶対違う、幽霊なわけがない」

探偵提督「怖いの?」

磯風「いや、別に、怖くない」

277 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/11 18:26:37.96 JYgy7rTXo 140/577


「お、おい!軍人さん!ちょっと!」

探偵提督「なあに?」

「来てくれないか!」



「見てくれ、あれ!」

探偵提督「わあ綺麗だね!」

「海の上に火の玉が出てるんだよ!」

磯風「ひ、火の玉……」

探偵提督「やっぱり幽霊なのかな」

磯風「ね、寝る!先に寝る!」

探偵提督「何言ってるの、夜からも調査するんだよ」

磯風「うそぉ!」

285 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:43:11.53 +ZIomJJUo 141/577



憲兵隊詰所


隊長「夜間も捜索を続けていますが、まだ情報は無いようです」

独提督「そうですか……」

ビスマルク「提督、きっと大丈夫、あの子は必ず見つかるわ」

隊長「我々が必ず見つけ出してみせます」

独提督「……」

ビスマルク「そう気を落とさないでよ……」ウルウル

隊長「しかし、やはり海軍にも知らせることをお勧めします」

独提督「それは……むぅ……我がドイツ海軍の……」

隊長「……あんた、いい加減にしなさいよ。メンツと彼女の命どっちが大切なんだ」

独提督「ぐぅ……」

隊長「気持ちはわからんでもないがね。だが明日発見できなければ、海軍に通達し大規模な捜索を始める。いいね?」

独提督「本当に、申し訳ない……」

隊長「ビス子ちゃん、U-511はいつまで持つ?」

ビスマルク(ビス子ちゃん?)「荷物には来週までの物資が入ってたわ。失くしていなければまだ大丈夫」

隊長「ふむ、落としていないといいんだが……」

286 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:43:40.64 +ZIomJJUo 142/577



とある離島、海岸近くの林


探偵提督「肝試しみたいだね!」

磯風「」ガクガクブルブル

探偵提督「どうしたの?」

磯風「や、やっぱり、部屋に戻ろうかなぁ」

探偵提督「どうして?」

磯風「暗いうちに探したって見つからないかも……」

探偵提督「最初は夜に目撃されたんだよ!夜に行かなきゃ!」

磯風「う、うん……」

探偵提督「まあ、別に一人でも大丈夫だけど、体調悪いの?」

磯風「ま、まあそんなとこ?」

探偵提督「じゃあここから一人で戻ってね!行ってくるねー!」スタタター

磯風「ええ!?ちょっと……」

シーン…

磯風「……はぁ」

287 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:44:56.99 +ZIomJJUo 143/577



ザッ……ザッ……


磯風「!?」ビクッ


ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…


磯風(ちちち近づいてくる!!)ブルブル


ザッザッザッザッザッザッ


磯風「……」ゴクリ


ガサガサッ!!


磯風「きゃああああああああああああああああああああああ!!!」ダッ

「ギャァーーーーーーーーーーーーーー!!」

288 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:45:58.10 +ZIomJJUo 144/577


キャアアアア

ギャーーー

探偵提督「らんらら~ん♪……ん?」トコトコ

ガバッ

探偵提督「きゃっ」ドテッ

磯風「しれぇ!しれぇ!」ギュー

探偵提督「いてて、磯風?あはは!おばけみたい!」

磯風「おばけ!?どこっ!?どこっ!?」キョロキョロ

探偵提督「どうしたの?」

磯風「あ!おばけ!いた!いた!」ガクブル

探偵提督「へぇー、よかったじゃない」

磯風「よくないよかえろうよしれぇ!」ポロポロ

探偵提督「んー、そのおばけどこにいたの?」

磯風「しらん!しらん!」

探偵提督「うふふ、磯風ったら可愛いんだから!おんぶしてあげるから行こう!」ダキッ

磯風「ううぅ……」

スタスタ

289 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:47:02.25 +ZIomJJUo 145/577



ちょっと遡って


U-511(お野菜、やっぱり返さなきゃ……でも道がわからない……こっちかな)スタスタ

……ダネ!

U-511(あれ?人の声がする……近づこう!)

ザッザッ

U-511(……あそこだ)

ザッザッ

U-511(きっと村の人だ、お野菜返して謝ろう、そして日本に連れてってもらおう)

ガサガサッ!!

「きゃああああああああああああああああああああああ!!!」ダッ

U-511「ギャァーーーーーーーーーーーーーー!!」ビクッ

タッタッタッ…

U-511「……」ジワッ

290 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:47:47.44 +ZIomJJUo 146/577



探偵提督「こっちの方?」

磯風「うん……」ギュー

探偵提督「ちょっと、苦しいよ」

磯風「……」

探偵提督「さっきのところに戻るんだね」

グス……スンスン……ウゥ……

磯風「ひぃ」ギュッ

探偵提督「うげっ!ぐ、ぐるじぃ」

ウゥゥ……グスン……スンスン……

磯風「すすり泣く声が……」

探偵提督「ちょっと行ってみようか」

磯風「えっ」

291 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:48:15.20 +ZIomJJUo 147/577




U-511「うぅ……」グスグス

探偵提督「こんばんは!」

U-511「ひっ!」ビクッ

探偵提督「また会ったね!怖がらなくていいよ!」

磯風(よかった、おばけじゃなかったんだ……)ホッ

U-511「あ……あなたは……」ゴシゴシ

探偵提督「こんなところでどうしたの、ゆーちゃん」

U-511「ゆーちゃん?」

探偵提督「Uボートだからゆーちゃん!」

U-511「……」

探偵提督「ワケありって感じだね」

U-511「U-511は……」

探偵提督「待って!推理するから!ここは離島、そしてドイツ軍籍……むむむ」

U-511「推理って……」

磯風「また無茶なこじつけだよ」

292 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:50:28.37 +ZIomJJUo 148/577


探偵提督「ドイツから日本まで遠洋航海に来てたけど日本近海ではぐれちゃって無線も投げ出されちゃって何とか今ある物資で食いつなごうとしたけどそれも流されちゃってやっとの思いでここに流れ着いたのはいいけどお腹が空いちゃって畑の野菜を盗んでしまったけどやっぱり罪悪感で食べることができなくってそれで返しに行こうと夜中畑を探していたら磯風と遭遇して磯風の叫び声に驚いてここでうずくまってすすり泣いていた!」

U-511「」

磯風「何言ってるんだ……」

U-511「実は、その通りなの……」

磯風「えー!」

U-511「どうして、わかったの」

探偵提督「この三森少佐の冴え渡る推理力ってところかな」

磯風「推理の範疇を超えてるだろ!」

U-511「あなた、艦娘?」

磯風「え?あ、ああ」

U-511「じゃあ海軍の人……」

探偵提督「そうだよ!迷子なら本土まで送り届けてあげるよ!」

293 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/12 20:52:30.96 +ZIomJJUo 149/577



民宿


U-511「本当に、ごめんなさい……」ペコッ

「……顔を上げなよ、お嬢ちゃん」

「そういう事情があったのなら、怒ることはできないわね」

「しょーがねーさ、よし!それじゃあ腹も減ってるんだったらこの野菜を使ってうまいもん食わしてやってくれよ!」

「軍人さんたちも食べていきなさい」

探偵提督「いいの!ありがとう!」

磯風「どうも、ありがとうございます」


怪異の正体は迷子の潜水艦U-511だったみたい!
無事解決、一件落着だね!よかったよかった!


隊長「まだ見つからないのか!」

ビスマルク「一体、どこに行っちゃったの……U-511」グスグス

プリンツオイゲン「お姉さま……」ウルッ


まあこの人たちのところにも後で行くから大丈夫!

あ、海上の火の玉の正体はやっぱり捜索隊だったみたい!あきつ丸ちゃんたちだね!
それからあたしは前スレの最後の方にチラッと出たから新提督じゃないよ!
でもまともに話してはいないから新提督と言えば新提督なのかな!?
それからもう一つ!

次回に続くよ!前から思ってたんだけど一、二回の投稿で完結する話が続いてるんだから次回に続くっておかしいよね?まあいいか!

298 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/14 17:24:20.10 6RmPb+3Qo 150/577


【スペースデストロイヤー・イソナミ】


米国宇宙秘密基地


「いや、“アヴェンジャー計画”もついに最終段階ですな」

「……そうですね。全く感慨深いものです」

「さあ、あとはこちらの準備を整えるだけです」

「……公子さん」

「ヤヴォールシスター」

ガシッ!

「な!離せ!なぜだ!」ジタバタ

「やはり、あなた方アメリカ人は霊的に生まれ変わらなければなりません」

「シスター、あなたもアメリカ人じゃなくって?」

「そうですね、計画が成就した際には私も……ふふふ」

299 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/14 17:24:49.21 6RmPb+3Qo 151/577



事務所


カチャカチャ

提督「聞いた話によると、睦月型の改修計画が持ち上がったそうですね」モグモグ

磯波「らしいですね、なんでも如月ちゃんも選ばれたとか」パクパク

浜風「今度如月さんにお祝い持っていかないといけませんね」ムシャムシャ

ジリリリリリリ

磯波「あ、出ます」

提督「いえ、私が出ましょう」

ガチャッ

提督「あー、今食事中なんで後にしてもらえますか?」

『広川中佐ですね』

提督「ええ、そうです」

『悪いですが、緊急事態です』

提督「食事とどっちが大切ですかね」

『……食事かなぁ。ともかく、部下を連れて憲兵隊詰所まで出頭してもらいます』

提督「わかりました、食事の後でね」

ガチン

提督「……で、如月さんには何を持っていきましょうかね」

磯波「ん~……飾り物は、どうなのかなぁ」

浜風「中将から何かいただくでしょうから、食べ物とかお花がいいと思います」

300 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/14 17:26:04.31 6RmPb+3Qo 152/577



憲兵隊詰所


提督「お待たせしました」

隊長「来たか」

提督「さて、電話の主はいらっしゃいますか?」

あきつ丸「あ……ロリコンの広川殿ではありませんか」

提督「そういう君は、面食いのあきつ丸さん」

隊長「おいおい……」

提督「まあまあ隊長、彼女にも真実の愛というものが分かる日が来ますよ」

隊長「お前のロリコンを真実の愛とは認めたくないものだな」

「諸君、集まりましたね」

提督「あなたが……おや?」

「どうかしましたか、一郎くん」

磯波「え……」

浜風「磯波にそっくり……」

提督「あなたって、ひょっとして神風型駆逐艦だったりしません?それも初代」

「しませんねぇ、今は。なんでここに居るか話すと長ーくなりますのでまた後日」

提督「……」

浜風(磯波の性格悪くしたらこんな感じの顔になりそう)

301 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/14 17:28:11.36 6RmPb+3Qo 153/577


「まぁ、呼びづらいと思うので私のことは『I』と呼んでもらいましょうか」

提督「それで、なにがしのIさん。どうして私たちを?」

「ではまずはこれを」パサッ

提督「これは、米国の通信記録ですか。“アヴェンジャー計画”……」

「そうです、なにやらコソコソやってたらしくてですね」

提督「しかし、よくこんなものを手に入れましたね」

「まぁ、我々退役艦娘たちの手にかかればね」

提督「ふむ……これは、深海棲艦に対する大規模反攻計画ですか」

「そう、それもわざわざ宇宙から」

提督「……詳しい内容が載っていませんね」

「そこまでは掴めなかったのです、残念ながら」

提督「つまり、米国はイチかバチかの宇宙からの攻撃を企てているということですか」


磯波「さっきから思ってたんだけど」

浜風「私も同じこと思ってました」

((二人とも喋り方が同じだから紛らわしい……))ガビーン

302 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/14 17:29:57.20 6RmPb+3Qo 154/577


「それでは、本題です。米国が一体何をやっていたか調べて欲しい」

提督「……それを、どうして私に」

「こういうのは、得意でしょ?」

提督「あなた方退役艦娘たちがやるというのは」

「こっちも色々忙しいの。それでね、深海棲艦絡みの可能性があります」

提督「なんですって?」

「宇宙からの通信記録に救難信号の暗号が紛れ込んでいます」

提督「暗号ですか」

「現場の職員の最後の悪あがきでしょう」

提督「やはり深海棲艦に入り込まれたということですか」

「ええ、人間相手なら連中も自分なんとかするでしょうが、出来てないということは、ですね」

提督「深海棲艦が組織的な情報戦を行っているというのは最近までは明らかにされていませんでしたから」

「そんなことあるはずがない、とね。その結果がこのザマです」

提督「どうやら引き受けるしかないみたいですね」

「ご協力を感謝しますよ、一郎くん。それから今夜にこのBARに向かってください」

提督「ええ?はあ、わかりましたが」

303 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/14 17:31:04.86 6RmPb+3Qo 155/577



とあるBAR


提督「……」

「……隣いいかね?」

提督「どうぞ」

「君はどこまで知っている?」

提督「どっかのマヌケが母屋を奪われたってところまでですかね」

米諜報員「私は日本に配属されていたから助かった。他の私の仲間たちはみんな殺されたか行方不明だ」

提督「それはお気の毒に」

米諜報員「こうなったら私も日本に協力せざるを得ない。もはやCIAは機能不全に陥ってるからな」

提督「北米の深海棲艦は相当に熾烈のようですね」

米諜報員「ああ、彼らが怨恨の化身だというのなら当然の報いだろうさ」

提督「それで、協力というのは?」

米諜報員「私の情報を全部渡す。部屋まで案内しよう」

提督「これは、嬉しいお誘いだ」

304 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/14 17:33:37.98 6RmPb+3Qo 156/577



米諜報員「情報をくれてやる。正直艦娘の通信技術が現れてから暇で暇でしょうがなくてな」

提督「へえ」

米諜報員「艦娘の通信は傍受できても解読ができない。艦娘たちもこの件にだけは非協力的だ」

提督「それで、どんなプレゼントをくれるのかな」

米諜報員「ここに残されている情報によると、核だ」

提督「核……」

米諜報員「ああ、私たちは宇宙からの核攻撃を企んでいた。地上からの発射は今のアメリカでは敵に発射場を襲撃される可能性が高い」

提督「かなりの危険地域になってしまったようですね」

米諜報員「ああ。そこで宇宙に目を向けた。睨んだ通り深海棲艦は敵意のないロケットに攻撃はしなかった」

提督「それで、宇宙に兵器を運んでそこから攻撃をね」

米諜報員「その通り。だが、深海棲艦は我々の計画を察知し、スパイを送り込んだのだ」

提督「そして、奪われたと……」

米諜報員「今はまだ準備中だが、整えば奴らは世界中に核攻撃できるようになる」

提督「……よくもまあそこまで迂闊になれますね」

米諜報員「ここまで追い詰められてもまだ深海棲艦を侮っている連中がいたということさ」

提督「では、宇宙に向かえばいいのですね?」

米諜報員「ああ。私の部下に艦娘はいない、仲間も消えた。頼れるのはお前たちだけだ」

提督「わかりました。協力ありがとうございます」

米諜報員「ありがとう……」

提督「ところで、なんで米国の諜報員がここ日本に?」

米諜報員「もうチョロチョロしたりせんよ、私の上司も仲間もみんな消えた」

305 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/14 17:34:45.34 6RmPb+3Qo 157/577



それから私たちは3日ほどの訓練で宇宙まで飛ばされることに……。


磯波「3日ですよ?絶対無理でしょ。行きの便で死にますよ」

提督「いや、ホントに宇宙行けってんだから笑っちゃいます」

浜風「……」ワクワク

提督「生きて帰って来れるといいですね。真っ先に死ぬのは私かな」

磯波「もう、冗談にならないですよ……」


ゴゴゴゴゴゴ…

311 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:07:03.69 ud2/2Wdxo 158/577



ピピー

提督「これより、ステーションにドッキングする」

『了解、長旅ご苦労』

提督「さぁ準備はいいですか」

磯波「了解です……!」

浜風「……」ワクワク

ピピピ

提督「おや」

明石『やっほー!久しぶり!』

提督「通信?明石さんですか」

明石『寂しかったでしょ?』

提督「いや全然」

明石『んもう。みんな初めての宇宙だと思うから私が解説などなど!行っていきますよ!』

提督「逆に初めてじゃない人って数える程しかいないと思いますがね」

明石『それじゃあまず敵のステーションだけど、かなり厳重な警戒みたい。CIAの情報だけどね』

提督「ふむ、それは困りましたね」

312 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:07:42.87 ud2/2Wdxo 159/577


明石『だから装備品の入ったボックスを開けてみて』

提督「ええ」

パカッ

提督「これは拳銃ですか、見たことのない形ですが」

明石『そっ、あなた専用の拳銃。この間の砲拳銃を参考にしたセミオートマチックの拳銃。消音器もついてますよ!』

提督「ほう」

明石『もちろん深海棲艦に通用するけど、艦娘にもダメージが入るからそれだけは注意してくださいね』

提督「ですって」

浜風「え?すみません全然聞いてませんでした」ワクワクソワソワ

提督(遊びに来てるんじゃないんですけど)

明石『実は特一型駆逐艦の主砲を改造したものですから、磯波ちゃんとお揃いですよ♪』

提督「ですって」

磯波「見た目全然違うからそんな感じはしませんねぇ……」

明石『まあまあ。それからもう一つのスマートフォンだけど、色々機能が付いた便利な代物ですよ!』

提督「それは嬉しい」

313 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:08:26.86 ud2/2Wdxo 160/577


明石『電話、電子メール、カメラ、通常のアプリはもちろん、こちらから送られる指令や情報を確認、共有したり、バイザー機能がついていたり』

提督「バイザー機能?」

明石『ええ!カメラに捉えた物をスキャンしたり、透視したり……あ!女の子の服を透視しちゃダメですからね!』

提督「ご心配なく。あなたは見ません」

明石『……そうか、心配いりませんね、あなたはロリコンでしたから』

提督「これでもちょびっと広がったんですよ、先日からはロリ巨乳も好きになりました」

明石『へーどうでもいい。とにかく!様々な機能がついている超優れものです!』

提督「なるほどね。電話とアプリしか使わなさそうだ」

明石『えぇー!』

提督「ともかく、楽しそうなおもちゃどうもありがとうございます」

明石『それじゃあ、私はモニターしてるから。何かあったら呼んでくださいね!』

提督「了解です。さて、そろそろですね」

ゴゴゴゴゴゴ…ガチャン

ウィーン

314 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:09:04.51 ud2/2Wdxo 161/577



「いやお疲れ。ちょっと休んで行けよ」

提督「休む暇なんてありませんよ」

「そうかい、熱心だな」

提督「でもちょっと付き合ってもらいたい事があります」

「なんだい?」

提督「新兵器の実験かな」チャキッ

プシュッ

「ぐぅっ!」バタッ

ゴソゴソ

提督「……やはり深海棲艦が変装をしていましたか。二人共」

磯波「はい!」

浜風「ふわわわ!すごいですよ!」フワフワ

提督(遊びに来てるんじゃないんですけど)

315 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:09:36.20 ud2/2Wdxo 162/577



ステーション、セキュリティルーム


「……ドッキングハッチにて異常発生!」

「直ちに確認に向かえ」

「戦艦棲姫ビッグ7様。もしかすると侵入者かもしれません」

ビッグ7「馬鹿な、ここは宇宙だぞ?宇宙人でも来たというのか」

「我々の計画を察知したのかと……」

ビッグ7「うーむ……よし、見回りを強化せよ!私も回る!」

「はっ!」

ビッグ7「それから今やって来たスペースシャトルも調査しろ!」

316 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:10:23.25 ud2/2Wdxo 163/577



明石『深海棲艦レーダー機能もついていますから、活用してくださいね』

提督「……」テチッ

ピピッ

提督「一人、二人、三人……どうやら感づかれたか」

磯波「どうします?」

提督「ここは三つに分かれましょう。各自、スマートフォンは持ってますね?」

浜風「はい、では何か見つけたらすぐ情報をアップします」

提督「よし、行きましょう」

フワリフワリ

提督「……無重力っちゅーのは歩きにくいですね」

317 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:11:12.81 ud2/2Wdxo 164/577



磯波「……」スイスイ

「侵入者が入ったんやて!」

「そんなんありえへんやろ~、宇宙やでここ」

「せやな、もし仮におっても宇宙に放り出しゃええ」

「せやせや」

磯波(……見つかったらおしまいか)

「それより聞いた?もう発射準備は完了しとるんやて」

「ほな今日中に発射するんとちゃうか」

磯波「……明石さん」

明石『ええ、聞こえてましたよ。二人にも伝えます。時間がないとね』

318 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:12:12.09 ud2/2Wdxo 165/577


浜風「~~♪」ピョンピョン

「景気いいな!」

浜風「!?」ビクッ

「あたしも飛ぶよ!」ピョーン

ゴスッ

「いったーい!」

浜風「だ、大丈夫ですか?」

「あんたが噂の侵入者だね!」

浜風「……!」

ワ級「あたしは熊野丸!」

浜風「え?熊野丸?」

ワ級「そう!真名!あたしは深海名は名乗らないようにしてんだ!」

浜風「捕まえないんですか?」

ワ級「捕まえないよ。あたしはこの計画反対だから」

浜風「……じゃあどうしてここに」

ワ級「これをステーションの中心部に設置する」

浜風「爆弾?」

ワ級「ついてきてくれ」

明石『浜風、どうやら時間がないみたいだけど……どうしたの?』

浜風「彼女は味方のようです」

明石『ふむ、まあ気をつけて』

319 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:13:17.53 ud2/2Wdxo 166/577



提督「こう足が長くてスタイルがいいと、狭い場所じゃ不便ですね」

明石『何言ってるんです、時間がありませんよ』

提督「もう計画が動き出しているんですね」

明石『磯波ちゃんの掴んだ情報です。それから浜風も何やらステーションの中心部に潜入しています』

提督「何かあったんですか?」

明石『なんでも協力者を発見したそうです』

提督「へえ」

明石『彼女らはステーションの中心に爆弾を仕掛け、すべてを木っ端微塵にしようとしています』

提督「最悪の場合、心中ですね」

明石『……それを何とかするのがあなたの役目です、提督』

提督「そう怒んないでよ」

「いたぞ!侵入者だ!」

提督「!」プシュッ

「うわっ!」バタッ

提督「長々と話をしている場合ではないようです」フワッ

明石『ご武運を、提督』

320 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:14:43.92 ud2/2Wdxo 167/577


磯波「あららら」

「動くなよ!そのまま!」

磯波「捕まっちゃった……」

ビッグ7「ふっ、どうやってここに来たかは知らんが見上げた根性だ」

磯波「あなたが首謀者なの?」

ビッグ7「私はその一人、戦艦棲姫ビッグ7さ」

磯波「あなたたちは一体核をどうしようっていうの?」

ビッグ7「撃つのだ、もちろんワシントンにな」

磯波「まさか、あなたは……」

ビッグ7「少なくとも私は復讐のためにこの宇宙にやってきた。他ならぬアメリカに対してのな」

磯波「復讐は、何も生みは」

ビッグ7「少なくとも、溜飲は下がるものだ」

磯波「……」

ビッグ7「では、貴様は艦娘の歴史に残ってもらおう、偉業だぞ」カチッ

ウィーン

ビッグ7「さぁ、扉の奥に行け」

磯波(あっけない、私の最期はまた……)

ウィーン

ビッグ7「宇宙旅行へご招待だ!」カチッ

バシュッ

磯波「」

321 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:15:41.01 ud2/2Wdxo 168/577



明石『提督!磯波ちゃんが宇宙空間に!』

提督「コンタクトは取れますか?」

明石『何とか通信してみます!』

提督「艦娘ってのは宇宙空間に出ても大丈夫なんでしょうかね」

明石『理論上、生存は可能です。戦艦、潜水艦なら実験で生存していますが、駆逐艦は……』

提督「望みは薄いということでしょうか」

明石『……』

提督「なら、もうコソコソする必要は無くなったわけですね」キュルキュル

明石『消音器を?』

提督「ええ、いらんでしょうもう」

「侵入者だ!」

提督「……」ズドン

「がぁっ!」

明石『変な考えはよしてくださいよ、提督』

提督「さあどうでしょうか」

322 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:16:20.85 ud2/2Wdxo 169/577



ガンガン!ドドドド!

浜風「なんか騒がしいですね」

ワ級「どうやらひと暴れしてるみたいだぜ」

明石『浜風、残りはあなただけです』

浜風「ええ?」

明石『二人共、任務は続行不可能。あなたにかかっています』

浜風「……了解」

明石『冷静ですね』

浜風「味方がやられたからって、取り乱すような素人ではありません。任務を続行します」

明石『わかりました、そのまま中心部へと向かってください』

ワ級「電話は終わったか?」

浜風「ええ」

ワ級「よし!行くぞ!」

フワフワ

323 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:17:02.46 ud2/2Wdxo 170/577



ステーション管制室


「……」

「シスター、どうするの?」

シスター「もちろん続行しますよ、公子さん」

プリンツ「でもねぇシスター。このままだと私たちも」

シスター「脱出ポッドを用意しています」

プリンツ「あなたは」

シスター「もちろん、ここと心中しましょう」

プリンツ「……」

「誰だ!ぐわっ!」

プリンツ「!」

シスター「……」

浜風「ついに見つけました、あなたたちが首謀者ですね」

シスター「ご名答」

プリンツ「だが、もう少し隠れてるべきだったな」チャキッ

浜風「……」

シスター「あなたたちには残念ですが、私たちの壮大な復讐劇は実現しますよ」

324 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:18:00.95 ud2/2Wdxo 171/577


浜風「復讐劇?」

シスター「そう、私は国のために働いた……でも最期は標的艦……この勲章はその証」

浜風「艦艇にとって、名誉ある最期です」

シスター「ただの標的艦なら、ですね。しかし、忘れもしない、1946年7月1日」

プリンツ「そして、7月25日。クロスロード作戦だ」

浜風「核実験ですか」

シスター「私は、長崎の後にどこかに落とされるなんて思いもしなかった。二度と使わせないために戦っていた」

浜風「裏切られたんですね、祖国に」

シスター「そう!あんなものは!あんなものを使う国は!この世にあってはならない!」

プリンツ「まずはワシントン、モスクワ、ロンドン、パリ、北京を標的とする」

シスター「それだけではありません、デリー、イスラマバード、エルサレムとテルアビブ、平壌なども!」

浜風「全ての核保有国を壊滅させようってわけですね」

シスター「その通り、素晴らしいとは思いませんか!核無き世界!新たな時代!」

浜風「なるほど、名案ですね。大勢の市民が死ななきゃならないって点を除けばね!!」

325 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/15 18:18:45.55 ud2/2Wdxo 172/577


シスター「まさか!あろうことか!あなた方日本人に妨害されるとは!再び裏切られた気分ですよ!」

浜風「もっとやり方はあるはず!」

シスター「これしか道はありません!公子さん!」

プリンツ「我々の計画を邪魔しないでいただこう!失せろ!」ズドドド

浜風「くっ!」ヒョイッ

明石『浜風!不利です!一旦引いてください!』

浜風「くそぉ……!」

シスター「ミサイル発射準備!まずはワシントンです!」


333 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:29:40.12 FDvruoKqo 173/577



ゴゴゴゴゴ

ウィーン

磯波(あわわわわ!ぶつかる!)

ビタン!

磯波(……でも、なんとか助かったのかな?)



ビー!ビー!

シスター「……おや」

「あれ?」

プリンツ「どうした!何があったんだ!」

「ミサイルに何かがぶつかったようです」

プリンツ「なにぃ?ビッグ7に繋げ!」



ドンドン!ドドドド!

プリンツ『おい!』

ビッグ7「なんだ!今忙しいの!」

プリンツ『ちょっとミサイルに何かがぶつかったようだ!見てこい!』

ビッグ7「なんだと!?生身で行けと!?」

プリンツ『スーツがあるだろ!早く行け!発射ができない!』

ビッグ7「わ、わかった!おいお前ら!相手は一人だ!抑えとけよ!」

「はいぃ!」

ウィーン

ビッグ7「スーツはちっちゃいから嫌いなんだ」イソイソ

334 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:32:16.74 FDvruoKqo 174/577



磯波「  」ボー

明石『聞こえる?磯波ちゃん』

磯波「    」コクコク

明石『あ、喋らなくていいわ脳波に直接語りかけてるの、仕組みは……まあいいか。心配しないで、艦娘は宇宙じゃ死なないわ』

磯波「     」ホッ

明石『あなたが掴まってるのは……やだ、核ミサイルね』

磯波「  」ギョッ

明石『まあいいわ、まずは落ち着いて、それから壁から手を離さずにゆっくりハッチまで向かうの』

磯波「      」ソロー

明石『……!マズイ、追手だ!』

ビッグ7「            」パクパク

明石『あいつなんか喋ってるけど気にしないで。ヤツはジェットパックを装備しているみたいね、まず落ち着いて腹を狙って』

磯波「  」ジィ

明石『一発当てて吹っ飛ばすのよ、撃て!』

磯波「     」

ビッグ7「  」ビスッ

明石『うまい!そのまま下に見える建物まで飛んで!いい?真っ直ぐ飛ぶの!変なところに力が入らないように!』

335 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:34:15.62 FDvruoKqo 175/577


磯波「   」シュタッ

ビッグ7「    」プンスカ

明石『よし!ヤツが来たわ!ステーションを背にしているから下手に撃てないはず』

ビッグ7「   」ガシッ

磯波「  」ジタバタ

明石『掴みかかってきたわね。落ち着いて、背中のジェットパックを撃ち抜きなさい!』

磯波「   」スッ

ビッグ7「           」ギョッ

明石『そして思いっきり、蹴りを入れて!』

磯波「    」ゲシッ

ビッグ7「   」アワアワ

磯波「     」フリフリ

ビッグ7「            」ジタバタ

明石『私が代わりに言ってあげる。“宇宙旅行の招待券、そのままあなたにお返ししますよ!”』

336 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:35:07.88 FDvruoKqo 176/577



ビッグ7(ぐわあああああああああ!!く、くそおおお!!)


「あ、ビッグ7様だ。飛んでってる」

「手振ってるぞ!おーい!」フリフリ


ビッグ7(た、助けてくれえええ!!誰か!!)


「あ、振り返してきた」

「こうして見ると立派だなぁ」

「さて、侵入者を倒しに行くぞ!」


ビッグ7(待ってくれ!頼む!こんな広いところに一人は嫌だああああああああああ!!)



磯波「   」

明石『それでは、スマホを起動してそこのハッチをカメラで写してください』

磯波「  」スッ

明石『ハッキングしてハッチを開けますから、しばらくお待ちを』

337 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:35:57.61 FDvruoKqo 177/577



提督「……」ガンガン

「DAAAAAAAAAAAAAAA!」

「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!」

「でやあああああああああああああああ!」

提督「……弾切れか」

「いたぞ!」

提督「このまま星になるのも悪くない」

ズドン!

「ぐげっ!」

提督「……?」

磯波「はぁ……はぁ……提督!」

提督「磯波?はて、宇宙空間に飛ばされたはずじゃ」

磯波「艦娘は宇宙じゃ死ななかったみたいです」

提督「へぇ……そう……磯波……」ジワッ

磯波「提督!」ヒシッ

提督「よかった、本当に」ギュッ

ゴゴゴゴゴ

提督「おや……どうやらミサイルが発射されたようです」ゴシゴシ

磯波「止めなくては」

明石『実はスペースシャトルには武装が施されています。乗ってください!』

磯波「でも、浜風ちゃんが!」

明石『彼女にも脱出を促します!』

338 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:36:56.36 FDvruoKqo 178/577



ワ級「浜風、爆弾は仕掛けた」

浜風「すぐに爆発させて」

ワ級「ええ?でもあんたは……」

浜風「どうやら脱出ポッドがあるみたい」

ワ級「脱出ポッド……ああ!知ってる!行こう!」

明石『浜風!そちらは!』

浜風「手筈は整いました。深海棲艦の脱出ポッドを使います」

明石『了解!無事帰ってきて!』

浜風「……ええ」

ワ級「モタモタするな!行くぞ!」

浜風「……残ります、決着をつけないと」

ワ級「なんだって……?」

浜風「二人のいない世界に、未練はありません」

ワ級「おいおい、誰だか知らんがそんなことを望むと思うか?」

浜風「……でも」

ワ級「わかった!あたしが悲しむから二人で脱出するぞ!」ガシッ

浜風「うぐっ、は、離して……」

339 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:37:42.91 FDvruoKqo 179/577



脱出ポッド格納庫


ワ級「よし、ここだ」

浜風「……」

プリンツ「おっと動くな」

ワ級「な!」

プリンツ「まさか、お前にも裏切られていたとはな……熊野丸!」

ワ級「……共感してたと思うか?お前たちなんかに!」

プリンツ「なぜだ、わからんな、お前の憎悪はどこに消えた?」

ワ級「憎悪なんか持ち合わせてはいない、あたしは誰かを助けるために生まれてきた」

プリンツ「まさか……情報が漏れたのはお前が……」

浜風「くらえ!」ズドン

プリンツ「ぐわっ!おのれ!」ズドドド

浜風「うっ!」

ワ級「浜風!」ダッ

ガシッ!

プリンツ「うお!は、離せ!」

340 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:38:34.12 FDvruoKqo 180/577


ワ級「浜風!行け!」

浜風「うぅ……」

明石『……彼女の言う通り、ポッドに乗りなさい』

浜風「……」

ウィーン

浜風「熊野丸……」

ワ級「さようなら、浜風」

プリンツ「お、おのれ、おのれえええええ!!」

ワ級「古いセリフ」ズドン

シュゴォォォォォォ

プリンツ「な!貴様!壁に穴を!うおおおおおおお!!!」

ワ級「今度は、役に立てたみたいだね」カチッ

341 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:39:53.07 FDvruoKqo 181/577



スペースシャトル


ドォーン

磯波「爆発……」

提督「浜風は……」

明石『無事です。深海棲艦の脱出ポッドに乗って地球に向かっています』

提督「……ほっ」

ドンドン

提督「おや、ハッチが鳴いてますね。ちょっと透視してみましょう」テチッ

磯波「……ああ、深海棲艦が」

提督「ハッチを開けましょう」

ウィーン

提督「何のご用ですか?」

「わ、我々も地球に返してくれ!」

「上司の命令だったんだ!」

「脱出ポッドももう残ってない!」

磯波「提督」

提督「もちろんどうぞ、詰めてくださいね。それから武器も捨ててきなさい」

342 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:40:31.76 FDvruoKqo 182/577


「おおー!」

「助かった……」

提督「……磯波、砲拳銃の弾を」

磯波「ええ?はい」

提督「……」カチャカチャ

ズドン

シスター「がぁ……」

提督「勲章を外すべきでしたね、シスター・サラ」

シスター「ち、くしょう、めが……」

提督「心中するんでしょう?大人しく留守番してなさい」

シスター「はぁ……はぁ……お前たちの、理想でもあるはずだ……!」

提督「大勢の死体の上に立つ理想など、日本人は持ち合わせてはいませんよ。理解はするかもね」

シスター「ぐっ、ぐごごごぎぎぎぎぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

ズドン

シスター「がぁっ……」バタッ

提督「もういないようですね、扉を閉めましょう」

ウィーン

磯波「どうして、わかったんですか?」

提督「浜風が得た情報がスマホにアップされてましてね。さっき目を通しておいたんです」

明石『さあ、時間がありません!核ミサイルを破壊しましょう!』

343 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:41:50.66 FDvruoKqo 183/577



シュゴゴゴゴゴ

提督「……あれですね」

明石『さあ、盛大にぶっぱなしてください』

提督「もちろん」

カチッ



浜風「あの爆発は……なんでしょうか」

明石『あー、浜風。伝えるべき事がありまして……』

浜風「なんでしょう」

明石『二人は実は生きてます』

浜風「……はぁ?」

明石『今の爆発は核ミサイルを破壊したものです。二人がスペースシャトルで破壊したんです』

浜風「それなら、もっと、早く……よかったぁ~~~~~」ビエー

明石『ごめんね、ドタバタしてたから……まあ死んだとは言ってないし許してちょんまげ♪』

浜風「うえ~~~~~~~……」ポロポロ

明石『ほ、ホントごめん』

344 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/16 18:43:41.96 FDvruoKqo 184/577



横須賀、臨時司令部


明石「……ふぅ~~。全員無事生還、任務は成功!完全勝利です!」

オォー!パチパチパチパチ

明石「それじゃあ、今回のMVPにインタビューですね。船内のカメラにアクセスします」

I「純国産ロケットの偉業ですから、さらに言えば艦娘史にも残る偉業です。実を言いますと皇居、首相官邸、世界各主要泊地にて生中継ですよ」

明石「へえ!それはそれは!天皇陛下もさぞかしお喜びになるでしょう!」

I「まさに世界を救った英雄ですからね」

明石「映像入りました、モニターに映し出します!」

I「世紀の瞬間だ」

ブィーン


『あぅ……提督ぅ……ダメですよぉ……』

『こうして、生きて帰れるんだから』

『帰ればいつでも出来るじゃないですかぁ』

『帰ったら浜風もいるじゃないですか、今はあなただけがいい』

『浜風ちゃん拗ねちゃいますよ?』

『拗ねた彼女も、見てみたいと思いません?』

『もうっ。んっ……ちゅっ……』

『れろっ……はむっ……』


ザワ……ザワ……

キャー アラアラ ヒエー

明石「あのロリコン……」ハァ

I「……彼は、一体何をしているのかね」

明石「おそらく……大気圏への突入を試みているものかと……」


【スペースデストロイヤー・イソナミ】完

352 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/17 23:00:08.80 yDjQoqpxo 185/577



小ネタ45


明石「……司令長官がカンカンですよ」

提督「え、なんで」

明石「なんでって……自分の胸に聞いてみては?」

提督「……首謀者を逮捕しなかったからですか?」

明石「帰りのスペースシャトルで盛ってたからです!!」

提督「は?なんで知って……え?」

明石「モニターされてたんですよ、カメラついてたんです!」

提督「え?なんで言ってくれなかったの?」

明石「事前に通信は送りました、でもまさかそんなことやってるなんて思わないじゃないですか!!」

提督「……もう泣きそう」

明石「泣きたいのはこっちですよ!!私まで巻き添えで昇進も報酬も無し!費用と労力ばっかりかかって!」

提督「どれくらいの人が見たんですか……」

明石「わかりません」

353 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/17 23:00:47.17 yDjQoqpxo 186/577


提督「ええ?」

明石「司令室の他に皇居や首相官邸、世界中の主要泊地に同時中継でしたからね。すぐ消しはしましたが」

提督「」

明石「……どうします、磯波ちゃんには」

提督「隠し通した方がいいでしょう」

明石「はぁ……」

提督「お隣の方々も、知ってるってことですよね」

明石「ええ知ってるでしょうね。私たちの後ろで見てましたから確実に」

提督「」

明石「……別に、私は悪いことしてはいませんけど、一応。ごめんなさい」

提督「いえ、いいんです……ただ世界中に実名公表でイチャイチャしてるのを見せつけただけですから……」

明石「これが重巡とか戦艦とかだったら問題視されなかったんでしょうが駆逐艦ですからねぇ……」


ふええ、もう他所の泊地行けないよぉ……///と思った提督であった。

354 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/17 23:02:21.16 yDjQoqpxo 187/577



小ネタ46


「報告によりますと、熊野丸はインド洋に降ってきたそうです」

駆逐棲姫「えぇー!?」

「しかし大気圏突入時のダメージが激しく、戦闘能力はありません」

駆逐棲姫「期待してないよ!そんなになってまで働いてもらわなくても!」

「では、マラッカの入渠ドックに連絡を入れます」

駆逐棲姫「頼んだぜ」

「はっ!」

スタスタ

駆逐棲姫「ふぅ……」

駆逐棲姫(よかったよかった、市場を潰されちゃあ困るんだなこれが)

「ミユキ様!旧S社の工業機械をついに接収しました」

駆逐棲姫「ご苦労!そこは組織はともかく機材は一流だ」

駆逐棲姫(米露欧はともかく、インドや中国は稼ぎどころだからね)

「食品製造工場についてですが……衛生環境が悪くて……」

駆逐棲姫「やっぱダメだったか……清掃させろ。おっと、現地人は使うなよ。ここのは特にアレだからな」

駆逐棲姫(どんなガラクタでも日本製って言えばある程度売れるしな。まあ実際日系深海棲艦が作ってるんだけどさ)

「わかりました」

駆逐棲姫(他の泊地のみんなはわかってないんだな、武力による戦争は終わりだってことさ)

355 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/17 23:03:48.80 yDjQoqpxo 188/577


「ミユキ様、ご友人です」

駆逐棲姫「あー……またか……今月でもう7回目だな……」

「ミユキさん!許して欲しいのです!」

駆逐棲姫「もういいってば……許すって言ったじゃん!」

「ダメです!私にはまだ罪が」

駆逐棲姫「はぁ……」

駆逐棲姫(とにかくこのミユキ様の持論だと、勝つための戦いはもう古い!これからは稼ぐために戦うのさ)

「それじゃあ!恥ずかしいところを見せてやるのです……///」

駆逐棲姫「やめろ!やめろ!あたしはノーマルなんだ!」

「じゃあどうすればいいのですか!!!!!!!!!!」

駆逐棲姫「そりゃあたしのセリフだよ!!!!!!!!!!!!」

駆逐棲姫(最終的には、ふふ……日本を“買う”のさ!金でね!!)


日本を影から支配しようと企む、深海商店の大ボスがついに現れた!

359 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/18 01:30:14.03 RgLwJRI2o 189/577

ふと思いついたので小ネタ47


かなり昔


提督「~~♪」バシャバシャ

「て、提督、あの……」

提督「はぁーい♪」

「シャンプーは、その……ご自分のを使ってくださいね……」

提督「ええ?はあ……」

「お願いしますね……」

提督(シャンプーなんかどれも一緒でしょうに……)


結構昔


提督「~~♪」バシャバシャ

「提督?」

提督「はぁーい♪」

「シャンプー、また使いましたね……?」

提督「ええ?はあ……」

「もう……使ってもいいですけど、同じやつ買ってきてくださいね」

提督(シャンプーなんかどれも一緒でしょうに……)

360 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/18 01:31:29.12 RgLwJRI2o 190/577



それなりに昔


提督「~~♪」バシャバシャ

「提督……あのですね」

提督「はぁーい♪」

「私のシャンプーは使わないでいただきたいのですが」

提督「ええ?はあ……」

「髪質とかあるんです、それに高いんですよ?気をつけてください」

提督(シャンプーなんかどれも一緒でしょうに……)


少し昔


提督「~~♪」バシャバシャ

「提督!」

提督「はぁーい♪」

「私のシャンプー使わないでって言ったじゃないですか!」

提督「ええ?はあ……」

「ご自分の髪質にあったのをじっくり選んでそれから」クドクド

提督(シャンプーなんかどれも一緒でしょうに……)

361 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/18 01:32:21.65 RgLwJRI2o 191/577



ちょっと昔


提督「~~♪」バシャバシャ

「提督……」

「提督!」

提督「はぁーい♪」

「あのですね!混ぜたらバレないとでも思ってるんですか!?」

「そうですよぉ、髪質とか考えて買ってきてるんですから、そういうことされると困ります」

提督「ええ?はあ……」

「自分で買いに行ってください、明日!」

「ちゃんとしたやつですからね!」

提督(シャンプーなんかどれも一緒でしょうに……)


ちょびっと昔


提督「~~♪」バシャバシャ

「はぁ……提督」

提督「はぁーい♪」

「買って来いとは言いました。でもなんですかあれ?」

「百均で買ってきたんですか?」

提督「ええ?はあ……」

「安物ったって限度があります!」

「髪に良くないですよ!安くてもいいですけどきちんとしたメーカーの物を……」クドクド

提督(シャンプーなんかどれも一緒でしょうに……)

362 : ◆TLyYpvBiuw - 2015/05/18 01:34:10.59 RgLwJRI2o 192/577






提督「~~♪」バシャバシャ

「提督」

提督「はぁーい♪」

「提督のシャンプーそろそろ空になりそうでしたよね」

提督「ええ?はあ……」

「提督の分の詰め替え、ここ置いときますから無くなったら入れてください。入れ間違えないでくださいね」

提督(シャンプーなんかどれも一緒でしょうに……)


君は気にする派?それともなんでもいい派?


続き
【艦これ】提督「磯波、事件です!」磯波「はいっ!」【中編】

記事をツイートする 記事をはてブする