関連
杏子「ふぁいやーぼんばー?」Re.FIRE!!【前編】


112 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:26:09.16 xGt5v9q/0 107/285

第3話
「ブレイブ・ハート」


113 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:26:35.53 xGt5v9q/0 108/285

消毒液の匂いにはもう慣れてきた。通りがかった看護婦さんと目が合う。
何度か見たことのある顔だったので会釈をすると、向こうからも返してくれた。
静かな廊下に、足音だけが響く。腕に抱えた荷物を落とさないように気をつける。
鈍くさい私は、こういう時によくミスをしてしまうから。部屋の番号と掛けられた名札の文字を見て、扉を叩く。

マミ「はい…どうぞ」

まどか「鹿目です。こんにちは、マミさん」

部屋の中には西陽が差し込んでいた。ベッドの上には病人服を着たマミさんがいた。
抱えていた荷物を置いて、視線を送る。マミさんは窓の外を眺めたまま、返してはくれなかった。
勝手に座るのは気が引けた。一歩、距離を置いて立ちつくす。何かを口に出そうとしては、出ずに終わる。

マミ「座ったら?」

まどか「……はい」

マミさんは、一瞬だけこちらに視線を振った。ためらいながら、それに従う。
掛けてあったパイプ椅子を拡げてそれに座る。

マミ「鹿目さん。着替え、持ってきてくれてありがとう。入院はそれほど長くはないと思うけれど」

まどか「怪我は、大丈夫なんですか?」

マミ「ええ。魔法少女ってそういうものだから」

ほら、とマミさんは腕を広げて見せる。しかし、マミさんの言葉に少し距離を感じた。
暗に責められているような気がして、また私は言葉を失う。


114 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:27:07.25 xGt5v9q/0 109/285

マミ「でもね。歩けないの」

まどか「え……?」

マミ「ううん。身体は治ったっていうことは分かっている。前に魔女と戦った時にあれよりもっと酷い目にあったことだってある」

酷い目。その時のマミさんの姿を思い出して私は思わず自分の下腹部を抑えた。
その時を想像して、痛覚や恐怖が浮かび上がる。とてもじゃないが、自分には耐えられそうに無かった。

マミ「でも、何度ベッドから降りようと思っても足が竦んで立てなかった。自分の足が、自分のものではないような気がして」

マミ「……精神的な影響だって、言われたわ。…ふふっ」

まどか「マミさん?」

マミ「情けない。不甲斐ない。カッコ悪い。こんな姿、本当は見せたくはなかった。後輩の前では格好いい先輩でいたかった」

マミ「でも、そんなの自分勝手な考え。ただ、鹿目さんや美樹さんを仲間にしたかっただけ」

まどか「それはっ……違います!……マミさんは、悪くないです。カッコ悪くなんて、無いですよ!」

マミ「……鹿目さんは。私のせいで、危険な目にあったというのに」

まどか「それでも……マミさんは私の……憧れで……私は、何も……出来なくて……」

上手く言葉が続かない。私にできる事は下手な慰めの言葉をかけることだけ。
それは私が何も無い人間だから。私ではマミさんの辛さを受け止めきれない事が分かってしまう。 相手を支えてあげられるような度量もかけるべき言葉の知識も無い。どうして自分はこんな時でさえ何も出来ないのだろう。

マミ「窓、開けてもらえるかしら」

まどか「あ…はい」

自己嫌悪に陥っているとマミさんから頼み事をされた。マミさんは壁にかかった時計を少し気にした。
私は長居しないほうがいいのだろうかと思ってしまった。
出来ることならなんでもしたい。けれど、マミさんが一番に望んでいることは叶えてやれない。
もどかしさと、罪悪感。私は窓の鍵を回して開き、外の風を入れた。

マミ「ありがとう」

お礼の言葉が、少し苦しい。
椅子に戻る。外からアコースティックギターを弾く音が聞こえた。

115 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:27:40.14 xGt5v9q/0 110/285


http://www.youtube.com/watch?v=mtVea9Lt2AM

♫ 「お前にいつ出会えるだろう」

♫ SUBMARINE STREET で呟く俺は今日も

マミ「始まったわね。今日も」

まどか「これ、もしかして……熱気さん?」

♫ 果てしない砂漠を さまよう2人

♫ 穴があいている 俺の心には

マミ「ええ。少し前から、ここで定時ライブを開いてるみたい。なんでも、ここの院長先生が路上ライブをしていた彼の歌を気に入ったらしくて」

まどか(熱気さんのイメージってもっと激しい感じがしたけれど……こんな歌もあるんだ……)

♫お前に逢いたい この寂しさ 分かち合える

♫ お前をずっと 呼び続ける 声の限り

マミ「魔女と戦っている時は、ただ邪魔なものとしか感じなかったけれど。こうやって戦いから遠ざかってみると、彼の歌もそう悪くないかなって思えるの。不思議ね」

♫ 夢の中で見た 美しいお前の

♫ 瞳に映る虹を いつか一緒に見たい

熱気さんの歌が少しだけ私達の間を縮めてくれた気がした。
私は、マミさんの何を知っているのだろう?彼女が本当に求めているものが何かを、正しく理解できているのだろうか。
そう考えていくと、色んなことが浮かんできた。歌が言葉を紡ぐのを助けてくれるようにも思えた。

116 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:28:35.61 xGt5v9q/0 111/285

まどか「マミさんが魔法少女になった時の願いは何だったんですか?」

マミ「……大した理由なんかじゃ無いわよ。それに、考える余裕も無かった。参考にはならないと思うけれど」

まどか「あの、違うんです」

マミ「違う?」

まどか「参考にしたいとかそういうのじゃなくて、私、マミさんのことをよく知りたいんです」

マミ「……交通事故があったわ」

マミさんはぽつり、ぽつりと話しだした。

マミ「大きな交通事故。何人もその事故に巻き込まれた」

マミ「その”何人も”の中に私と、両親もいた」

マミ「衝撃と大きな音。身体も動かない。目の前には動かなくなったパパとママの姿。朦朧とした意識の中で、視線を向けてくる存在に気がついた」

マミ「そして、私はこう願ったわ。『助けて』と」

まどか「キュウべえが、そこにいたってこと…?」

マミ「ええ。今、考えると。もしかしたらその事故も魔女の仕業の一つだったのかもしれない。不可解な事件が当時よく起こっていた事は噂になっていたし。だから、キュウべえもそこにいた」

まどか「あの……ごめんなさい。マミさんの両親の事、知らなくて……」

マミ「別に、謝る必要は無いわ。嫌なら話してなんかいないし、鹿目さんはキュウべえに選ばれたのだから知る資格がある」

マミ「それにね。私が鹿目さんに知ってほしいと思ったのよ。私と違ってまだ選択肢のあるあなたには同じような辛い目にあってほしくない。正しい選択をしてもらいたい」

まどか「私に……」

マミ「普通の人は、可哀想だとか、気の毒だって思っても結局は他人事でしかない。でも、あなたは違う。資格があるあなたは、いつ理不尽な目にあって契約をしてしまうか分からない」

マミ「そうなったら……あなたは優しい人だから私以上に辛く感じてしまうかもしれないわね。魔法少女の世界は……私が口で言うよりもずっと……分かるでしょ?」

マミさんは俯きながら私にそう言いました。

117 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:29:06.19 xGt5v9q/0 112/285

まどか「……やっぱり、マミさんは強いです」

思った事が、そのまま直接言葉に出た。

マミ「え…?」

まどか「そんな風に、心配してくれるなんて嬉しいですし」

マミ「ちょっと…お世辞ならよしてよ。自分が一番カッコ悪いって分かっているんだから」

まどか「私は、そんな風には思いません。どんな失敗をしたって、マミさんは私にとっての憧れで、頼り甲斐のある先輩だと思っています」

マミ「……ふう。参ったわね……そんな風に言われるなんて」

まどか「あ……ええと……迷惑でした…?」

マミ「ありがとう」

ようやく、マミさんの笑顔をまた見れた。

マミ「でも、あなたと……これは美樹さんにも言わなければならないわね。お願いがあるの」

まどか「お願い、ですか?」

マミ「絶対に、私の代わりに戦うという理由で魔法少女にならないこと。私は、そんな事を望んではいないしこの街には他にも魔法少女はいる。だから、焦ったりしてそんな契約をしないこと」

マミ「どうしても緊急事態でそうする必要があるのなら……それは仕方ないかもしれないけれど。それに強制は出来ないからあくまでお願いということ」

まどか「……はい。分かりました」

私は、固く返事をした。
熱気さんの歌が、一曲終わった。 窓から姿が見えないかと椅子から立って少し覗いてみる。

まどか「あれ……」

マミ「どうかしたの?バサラさん見えた?」

まどか「いえ、見えませんでしけど……さやかちゃんが」

マミ「美樹さん?」

さやかちゃんが病院へと駆けて来る姿が見えた。
その旨をマミさんに伝える。言ってから、気付く。

まどか(あ、そういえば上条君もこの病院だもんね)

多分急いでいるのはマミさんに会うためでは無いのだろうなあと思うと、私の中に気まずさがまた少し生まれたのでした。

118 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:36:39.63 xGt5v9q/0 113/285

さやかは自分が今どんな表情をしているのかが分からなかった。
震える手で胸を抑えて荒れた息を整える。どんな表情を作ればいいか。どんな声をかけて扉を叩けばいいのか。
扉の前で足が止まる。それからの一歩がとても遠い。いつもならば、この一歩を踏み出すことがとても嬉しかったはずである。 それからどんな話をするかということが考えずとも湧いて出る。それが、一日で、一瞬で、一言で変えられた。
嘘であってほしいとさやかは願っていた。しかし、そうでないことは話をしていた看護師の表情や語調から分かった。

さやか(違う。本当はもっと前から分かっていた)

本当はもう動かないのではないのかということ。扉の向こうで自分の幼馴染がどんな表情をしているのかが、ずっと見てきたはずなのに、さやかには想像できなかった。

さやか(じゃあ、私はどうすればいいの?)

さやかは頭の中で自問自答をする。最高の答えでなくても、自分が出来る最善は何か。
テストと違って友達にノートを見せてもらえない問題の答えを必死に考える。

出した結論は、結局ありきたりなものでしか無かった。おそらく、前にテレビか、漫画か何かで見たような陳腐な解決策。 それは、いつも通りの自分でいること。
変に気を遣えば向こうはそれを咎めるかもしれない。 無神経だと思われるかもしれない。
もし、そうだとしてももう後戻りは出来ない。扉は開かれてしまっていた。
考えるよりも手が先に動いていた。さやかは改めて自分の人間性に気がついて心の中で毒を吐く。

恭介「やあ」

そこには、いつもと変わらない表情で出迎えてくれた幼馴染がいた。

さやか「うん。……あのさ、これ」

さやかも、買ってきたCDを袋から取り出す。

恭介「…ありがとう。でも、今はいいや」

さやか「あ…そ、そう。うん、聞きたくない時だってあるよね」

いつも通りに振る舞おうとしてもそのいつも通りの形が作れない。
言葉を選ぶことの難しさを今になって思い知る。

119 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:37:22.54 xGt5v9q/0 114/285


さやか「リハビリはどう?」

恭介「まだ何かに掴まってないと立つことすら覚束ないよ。ずっと寝ていたから筋力も落ちたみたいだし」

さやか「恭介が身体を鍛えている姿なんて想像つかないよ。恭介っていつも……」

バイオリンを弾く恭介の姿。
それを聞く自分の姿。
さやかは記憶の中のステージと観客席を眺める自分を思い浮かべていた。

恭介「さやかはさ」

さやか「え、何?」

恭介「僕にどうしろっていうんだい?」

さやか「どうって……」

恭介「少しは現実を見なよ、ほら」

恭介が包帯の巻かれた左腕を引きずるように差し出してみせる。

恭介「動かないんだ、『これ』。感覚も無い。まだ、付いているのに」

これ、と自分の左腕のことをそう言った。

さやか「…き、きっと動くようにな「医者に言われたんだよ!もうバイオリンは弾けないって!」

恭介「終わりなんだよ……僕は!」

さやか「恭介」

恭介「……出て行って」

さやか「え」

恭介「もう僕に構わないでくれ。そのCDも。嫌味のつもりかい?」

さやか「そんなこと……恭介」

恭介「これ以上、僕をいじめないでくれよ」

喉奥が締め付けられたような声を恭介が発した。
さやかはそれから一言も口にすることなく、病室を後にした。

恭介「……すごいや、僕って。さやかに向かって、あんな事言えるんだ」

動く右腕で目を覆う。笑い声が漏れだした。次第に、涙声が混じっていく。

恭介「はは……幻滅したろうな。こんな、僕みたいな弱音を吐くやつなんて好きじゃないだろうから」

窓へと視線を向ける。身体を起こして端に座り、動く足と手を基点にして壁へと体重をかけるようにして立つ。 それを伝っていき、窓の側まで行くと鍵を開けてスライドさせる。抜けていく風と共に歌声が流れていく。

恭介「今日は、屋上でやってるのか」

少なからず興味はあった。自分が弾けない物を弾いているバサラを羨む気持ちもあった。

恭介「……もう、僕には関係の無い世界か」

呟いて視線を窓から戻し、ゆっくりと閉じる。閉じた瞳から涙が流れた。


120 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:37:50.04 xGt5v9q/0 115/285

マクロス7 アクショ

世の中に合法という言葉がある限り、違法という言葉もあり続ける。
普通マクロス7に居住する人々は居住艦であるシティ7にて然るべき手続きを取り、そこで生活を営んでいる。 しかし、様々な理由によりシティ7での居住をしない者たちも中にはいる。経済的な面やその人物の素行的な面などによる理由だ。
バサラたちファイヤーボンバーもアクショと呼ばれる公式には存在しない、違法地域のアパートの一室を根城としていた。治安もいいとは言えず、発足時ならばともかくファイヤーボンバーのように売れているバンドならばもっと良い所に住めるだろうが、メンバーはこの違法地域を気に入って住み続けている。 そこを訪れる場違いな程ぴっしりとした服装の男。その男がここに来た理由は、聞きたい事があるからだ。息を整え、襟などを正すと扉にノックをして声をかける。

ガムリン「すみません、ガムリンです。誰かいらっしゃいますか?」

程なくして扉が開かれる。

レイ「これはガムリンさん。お久しぶりです」

ガムリン「ええ、お久しぶりです」

ガムリンは中を少し見渡す。部屋の奥でビヒーダが一瞬視線を向け、その後いつものようにビートを刻み始めた。

レイ「丁度、ミレーヌは買い出しに行ってもらったところです。10分くらいで戻るとは思いますが……散らかっていてすみませんね」

ガムリン「いえ、お構いなく……あれ、なんですそれは?以前は見なかったと思いますが」

レイがいじっている機械の類にガムリンは興味を示す。

レイ「ああ、これですか。これは…辺りの周波数や電波を解析して、それに上書きして音声を流すことが出来る装置で……」

ガムリン(それはつまり……電波ジャックでは?)

幾分か犯罪臭のする機材に不安を覚えながらも、ファイヤーボンバーの役目を考えるとここは見過ごすべきなのだろうと心の中で折り合いをつける。


121 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:38:45.70 xGt5v9q/0 116/285

レイ「そう言えば、今日はどんな用件でこちらへ?」

ガムリン「そ、そうでした。バサラのことなのですが」

レイ「何か分かりましたか?」

ガムリンは首を横に振る。
ガムリン「残念ながら、依然として進展はありません。そこで、無いとは思うのですが……何かかしら彼の動向について思う所があればお伺いしたいと思って」

レイ「そうですか…しかし我々にとってもバサラの行動については未だに理解が難しい部分がありますから。残念ながらお伝え出来るような事は……。それにしても、今回の捜索は難航しているようで」

ガムリン「ええ。これから、千葉大尉の協力を本格的に打診する予定です」

ビヒーダのドラムの音が止まると同時に、扉が開く。

ミレーヌ「お待たせー買い物行ってきたよ。あ!ガムリンさん、いらっしゃい!」

ガムリン「おじゃましています」

ミレーヌ「あれ、お客様だっていうのに。何も出してないの?全くもう」

レイ「おっと、そうだったな……すまん」

ミレーヌ「何か飲み物でもいかがです?お酒は……出撃がある時は駄目ですよね……ええと他には……」

ガムリン「いえいえ、そんなお構いなく!こっちが連絡もなしに訪ねただけですから」

ミレーヌ「いいですって。ガムリンさんには忙しい中バサラを探してもらって凄く感謝しているんですからこのくらい」

ガムリン「いや実はそんなに忙しいわけでも……。手がかりなんて殆ど無いに等しいから捜しようがないというのが本音なのですが」

ミレーヌ「はい、どうぞ。レモネードですけど」

袋から取り出された缶ジュースを半ば強引にガムリンへと手渡す。

ガムリン「あ……ではいただきます」

ミレーヌ「それじゃあ色々仕舞わなきゃいけないものもあるので」

そう言って、冷蔵庫のある部屋へと降りていった。このアパートはぼろいので床や天井が抜け落ちており、いくつかの部屋と部屋が繋がってしまっている。

122 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:39:37.51 xGt5v9q/0 117/285

レイ「ミレーヌのこと、どう思います?」

ガムリン「え、な、何がです?」

レイ「前に比べると、だいぶ落ち着いたような感じがしませんか」

ガムリン「あ、ああ…そういう……ええ、確かに」

レイ「ミレーヌがこの調子なら、ライブの方はどうにかなるとは思いますよ。なので、あまり気負わずに捜索をお願いします」

ガムリン「ありがとうございます。……あの、ところで少し噂を聞いたのですが」

レイ「噂?」

ガムリン「いや、まあゴシップ誌に載るようなくだらない事だというのは理解しているのですが。『ファイヤーボンバーは解散間近』とかいう話を聞いたもので」

レイ「解散……はは、まあ半分くらいは当たっているか」

ガムリン「え!?」

ビヒーダがシンバルを鳴らす。

ミレーヌ「ん、何の話してるの?」

階下から上がってきたミレーヌが声をかける。ガムリンの表情が硬直する。

ガムリン「い、いえ別に特別なことを話しているわけではなくて」

咄嗟に自分が聞いていたことをミレーヌに隠すように振る舞った。ミレーヌに対して今はこういう話をするべきではないのではないかと思ったからだ。レイもガムリンの機微を察して話を続ける。

レイ「バサラの捜索につながるような手がかりが欲しいんだそうだ。ミレーヌ、お前は何か手がかりになりそうなものは持ってるか?」

ミレーヌ「手がかり?うーん、そういうのがあったら自分で捜しに行っちゃうだろうしなあ」

少しだけ考えてからぽん、と手をたたく。肩に乗った毛むくじゃらの銀河毛長ネズミの方を見た。

ミレーヌ「あ、そうだ!グババならバサラの居る所、だいたい分かるんじゃないかしら?」

そう問われてグババは少し首を傾げてから自信有りげに身体を揺らして意思を示す。

ミレーヌ「決まりね。ガムリンさん、グババをお貸しします。この子ならバサラの居る所を感じ取ることが出来るはずですから」

ガムリン「え、それは本当ですか!?」

ミレーヌ「はい。……といっても、どこまでの範囲までかは分かりませんけれど。でもきっとお役に立つはずですよ。ね、グババ」

短い鳴き声をあげてグババはガムリンの肩に乗る。

123 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:40:34.80 xGt5v9q/0 118/285

ガムリン「うむ、よろしくなグババ。それではミレーヌさん。少しの間お借りしますね。……ところで、今更ですがミレーヌさんは本当に捜索に加わらなくてもよろしいのですか?」

ミレーヌ「私はファイヤーボンバーの一員。私達の歌を求めている人がいるのに他の事にかまけていてはダメでしょ?今はライブに集中するのが私達の仕事ですから」

ガムリン「分かりました。そういうことであれば、私も責任を持ってグババと共にバサラ捜索にあたります。それでは、私はこれで」

ガムリンは軽く頭を下げて、立ち去る。アパートから出た所に停めてある車は、ガムリンのパーソナルカラーと同じ黒を基調とした色のはずだが、
一時間も経たない内に赤や青色のラッカー塗装がされていた。どう見ても、ガムリンの趣味ではない。

ガムリン「やはり、こうなったか」

電子キーで鍵を開けると中から布巾を取り出す。元の色とは違う塗装がされた部分を拭くと、すぐに落書きは消えた。

ガムリン「ま、なんの用意もせずに来たわけではない」

以前は塗装を落とす為に数時間立ち往生する羽目になった事を思い出し、そのリベンジが出来たとほくそ笑む。車を走らせ、舗装された道に入った所でガムリンは思慮を始める。

ガムリン「……半分当たっているとは一体どういう意味なのだろうか」

ハンドルを回しながらレイが発した一言を思い出す。
初めは、ゴシップ誌によくある噂の一つとして笑い話にでもするつもりだった。だが、予想外の反応が返ってきた。

ガムリン「全く、異星人との交渉も控えているというのに。それもこれも、バサラが悪い」

若干苛立ちながら呟く。グババが同意を示すように鳴く。

ガムリン(しかし……バサラを見つける手がかりがまさかこんなにも無いとはな。何か私達の知らない力が動いているとでもいうのか)

ハンドルに手を掛けながら険しい顔が一層険しくなる。隣から、鳴き声。視線を向ける。

124 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:42:23.93 xGt5v9q/0 119/285

ガムリン(ミレーヌさんの話ではグババはバサラを探すのに役立つと言っていたが……正直な所、あまり期待はしていない)

軍人としてのメンツもあった。自分たちが手を尽くして探しまわっている人物をそう簡単に見つけられるものかという思いもある。

ガムリン「グババ。ミレーヌさんはああ言っていたが、別に無理をしなくとも良いからな。もしバサラが、手がかりになるようなものが見つからなかったとしても責めるつもりは一切ない」

そう言うと、心外だとでも言うかのように少し飛び跳ねながら声をあげる。小さいのに、自信だけは一丁前だと感心させられる。

ガムリン「分かった。……それにしても、これが軍人の仕事か」

ガムリンは信号待ちの間、ハンドルに顔を伏せる。
バサラの歌によって戦いが集結して以来、戦いらしい戦いというものは殆ど発生しなかった。
もし、異星人と接触したとしても、必ず歌による文化的な接触から試みられる事が決まっている。
そして、バサラの歌はほぼ全ての異星人に対して影響力を持つ。武力は必要とされなくなり、軍人の仕事はみるみるうちに減っていった。

ガムリン(自分の……軍人として……パイロットとして、他に何か出来る事はないのだろうか)

グババが大きな声で鳴く。
その声に気づくと同時に、背後からクラクションを鳴らされ続けていることに気がついた。
信号が青から点滅してまもなく黄色に変わろうとしている。

ガムリン「あ…!す、すみません!!」

慌てていても左右の確認は怠らず。しかしいつもより速いスピードで交差点を走り抜けた。



125 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:42:51.16 xGt5v9q/0 120/285

学校

和子「……えー、そういう訳で。過去の話を事細かく覚えていてそれを根に持つような男性というのは得てして嫌われるものであり」

和子「過去に囚われず未来に目を向けていく事こそが重要というわけです。つまり、今が悪くとも明日はどうなるか分からない」

和子「例え今は全く出会いが無くとも明日になれば素敵な出会いが待っているかもしれない。そう信じる事こそが真実の愛を掴めるのです。つまりここは過去形では無く未来形を……」
キーンコーンカンーコーン

和子「といった所で今日は終了。明日は確認の小テストを行いますので準備をしてきてください」

キリーツ レーイ

さやか「まどか、ちょっと放課後、いい?」

まどか「あ、さやかちゃん。うん、いいけど」

さやか「そう。じゃあ、門の所で待っているから」

まどか(さやかちゃん……なんだか余裕がない感じがする。大丈夫かな……)

仁美「鹿目さん?」

まどか「へ?あ、仁美ちゃん」

仁美「どうかなされましたの?今日はなんだか朝から少し様子がおかしな気がいたしましたけれど」

まどか「え、ええと…なんでもなく…はないんだけど。でも、なんていうか」

仁美「あまり心配事を抱えているのは良いことではありませんわ。相談できることでしたら、私にでも」

まどか「ありがとう仁美ちゃん。……でも、ちょっと複雑なことで……」

仁美「複雑……はっ!そ、そういうことですの!分かりました、理解いたしましたわ!!」

何かを盛大に勘違いしている仁美と別れの挨拶を交わす。こうなると当分は「戻って」こない事をまどかはよく知っていた。
教室を出て、階段を降りる。気の早い部活の人たちのランニングの掛け声が聞こえた。
校門の前に、待ち合わせた人物がいた。


126 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:44:14.68 xGt5v9q/0 121/285

さやか「なんか、いつもと違う感じ」

まどか「うん。私達だけ別の世界にいるような…」

さやか「誰も、魔女やマミさんが戦っていたことなんて知らない。私達も、そうだった」

まどか「……ずっとあんな事が、私達の知らないところで」

さやか「まどかはさ」

さやかが立ち止まる。
俯いていた顔を上げてまどかの眼を見つめた。

さやか「今でもまだ魔法少女になりたいと思う?」

まどかは口を噤んで顔を俯かせる。マミが魔女に食われたことを、その後の彼女の言葉を思い出して肩を震わせる。

さやか「……そうだよね。うん、仕方ない」

まどか「何か私達に出来ることは……無いのかな?」

さやか「無いよ、何も。私達は結局何の力もないただの一般人だもん。もし、助けになれるとしたら、それはマミさんと同じ……」

まどか「でも……あんなのを見たら……それに、マミさんも自分の代わりに魔法少女になってほしくないって」

さやか「……本当、優しい人だよ……マミさんは」

まどか「さやかちゃん……?」

さやか「本当は辛いはずなのに、そうやって全部一人で抱え込んで。頼れる人も居なくて」

まどか「……」

さやか「私達が、弱いからだ」

まどか「さやかちゃん…それは……」

さやか「…あ、ご、ごめん。別に、私だってあんな危険な目にあいたくなんてない。心配しなくてもいいよ」

まどか「う、うん。そうだよね」

さやか「じゃあ…私はこっちだから」

まどか「え……病院じゃないの?」

さやか「……あ、ええと恭介が今リハビリで忙しいっていうから。なんか、邪魔かなーって」

まどか「その、マミさんが来てほしいって」

さやか「あ、そっか……でもなあ……」

まどか「上条君と何かあった?」

さやか「うえ、え、ぜ、全然!全く、そんなことないし、何も、別に……」

まどか「そ、そうなの?」

さやか「う、うん。そ、それじゃあ、マミさんには今度お見舞いの品を何か持っていきますって行っておいて」

そう言いながらさやかはまどかとは別の道を歩いて行った。

127 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:45:07.31 xGt5v9q/0 122/285


病院

リハビリが終わって、車椅子に乗って病院内をうろつく。
片腕で、車輪を回す。当たり前だけど、足も腕もまともに動かないような人のための車椅子はあっても、バイオリンは無い。
見舞いに来る人はいないから気楽で、暇だ。休憩所の自販機で買った缶ジュースは半分を切った。
やることも無く、出来る事も少ない。暇を潰せる場所は限られていた。

外に出る。秋風。銀杏の葉が黄色くなっていた。
辺りを回ろうと思っていた。病院の周りは他にも散歩をする患者などがいた。
自然のものとは違う音楽が聞こえる。
音楽というよりは、音の羅列。まだ、曲では無い。誰が弾いているのか興味を持った。

男がいた。跳ねた髪型で、高い身長にジャケットがよく似合う。
屋上で曲を弾いていた男が、今はベンチに座ってギターを触りながらメロディーを口ずさんでいた。

その姿を、少しの間見つめる。
これは、僕がもう二度と出来ない行為だ。

左腕を右手で握りしめる。腕が震えて、胸の奥がざわついた。

バサラ「どうしたんだよ、そんなしょぼくれた顔してさ」

不意に、男から声をかけられた。

恭介「……何でもないですよ。見ちゃいけなかったのなら、すみません」

バサラ「別にそんなんじゃないけど。これに興味あるんじゃないの?」

恭介「今は、もう無いですよ」

バサラ「本当か?」

恭介「……あの、どうして声をかけたんですか」

バサラ「どうしてって。沈んだ顔をしているやつに声をかけるのに理由なんているのか?」

恭介「普通はいると思いますよ」

あまり他人と会話をしたくはなかったから、少し語気を強めて言った。

バサラ「そうか?」

けれど、その男は僕の言葉を事も無げに返す。

バサラ「俺の歌、聴いたか?」

恭介「病室で、少しだけ聞こえました」

バサラ「そうか。で、どうだった?」

恭介「どうって?」

バサラ「もしかして……何も感じなかったのか?」

恭介「感じるって言われても……」


128 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:45:54.27 xGt5v9q/0 123/285

バサラ「なら、今ここで聴いていけ!行くぜ!」

♫ 「お前にいつ 出会えるのだろう?」

♫ Submarine Streetで 呟く俺は今日も

無言で聞いていた。名前も知らない男の歌は、確かに上手いと思った。
けれど、それだけだった。

バサラ「なんで聴かないんだ?」

恭介「え……!?」

そんな僕の心を見透かしたように、男は歌を止めた。

バサラ「お前、今全然聴いていなかっただろ」

恭介「え、ええと……すみません」

謝る。けれど、なんで謝らなくちゃいけないのか自分でもよく分からなかった。

バサラ「まあ、いいけど。けど、まるでハートが感じられないぜ、お前」

恭介「ハート……?」

思わず、自分の左胸へと視線が行く。
自分の根幹を成していたもの。真っ先に思い浮かんだのはバイオリンを弾いていた、昔の自分。

バサラ「悩みでもあるのか?」

会話など、あまりしたくは無いはずだった。しかし、口から出る言葉を止められない。

恭介「……一番大切なものが失くなって。それで、途方に暮れてしまって」

バサラ「一番大切なもの?」

恭介「バイオリンを弾いていたんです。けれど……これのせいで、もう無理だって言われて」

腕を見せながら言う。苦笑いを向けたが、向こうの表情は真顔のままだった。

恭介「……こんなこと、他人にいう話じゃないですよね。すみません」

バサラ「お前の大切なものは、『バイオリンを弾くこと』なのか?」

恭介「は……?」

バサラ「バイオリンを上手く弾くことが、お前の夢なのか?」

恭介「……言っていることが、よく分かりません」

バサラ「そうか。……俺はみんなに、見てきたものを、感動を、凄えって思ったことを、熱いハートを伝えたいと思って歌っている」

バサラ「お前はどうしてバイオリンを弾いているんだ?」

意味がよく分からなかった。
何故、自分がバイオリンを弾いているのか、だって?
ただ、上手いと言われた。天才だと。将来は有望だと。


129 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:46:54.51 xGt5v9q/0 124/285

それだけが自分の目標だった。
周りに求められるだけ、自分の力を出した。
それ以上の何かを考える必要なんてあるのだろうか。

恭介「僕は……上手くバイオリンを弾いて…プロになって」

バサラ「違えよ」

恭介「え、違うって……?」

バサラ「もっと大事なコトがあるだろ?お前が弾くのにさ」

恭介「そんなこと急に言われても……。大体、そういうのって何に関係があるんですか?」

バサラ「何にって、音楽っていうのは魂なんだから関係あるに決まっているだろ」

恭介「魂?」

バサラ「ああ。熱い魂を音や歌に乗せる。お前も、そうだったんじゃないのか?」

恭介「……いいですよ、もう」

バサラ「え?」

恭介「わけが分かりません。それに、僕はもう終わった人間なんですから。そんなこと考えたって、どうにもなりませんよ」

ずっとこの道を進んでいこうと思ったのに。あの事故が、動かなくなった腕が、僕の行く手を阻んだ。
だから、僕は諦めないといけない。無理なものに、いつまでもしがみついているわけにはいかないから。

バサラ「嘘だな」

恭介「嘘じゃないですよ。医者にだって、そう言われたんですから」

バサラ「違う。人の言うことなんざ、どうでもいいよ」

恭介「……?」

バサラ「俺には、お前が音楽を諦めているようには思えない」

130 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/03 21:47:26.84 xGt5v9q/0 125/285

……そう思えたからといって、出来ないものは仕方ない。
自分でも、何度も考えた。音楽をどうにかして続けていく方法を。
でも、それは周りの期待とは大きくかけ離れている。
もし、仮に何かの手段で、バイオリンをもう一度弾けたとしても、それは普通に腕が動いた時よりも遥かに劣る児戯のようなものにしかならないだろう。

恭介「……もし、あなたが声を失くしたら。どうしますか?」

バサラ「どうするかって?」

恭介「歌手なら、声が出ないと、歌えないと駄目なんじゃないですか?」

バサラ「関係ねえよ」

ベンチから立ち上がって、その人は言った。

バサラ「例え声が出なくなったとしても、俺は歌い続けるさ」

話が通じないことが、今更になって理解できた。
この人は、自分が同じような目にあったことがないからそういう風に言えるのだろう。

恭介「……当事者の気持ちが分かるわけないか」

小声で呟くように言って、僕はその場から立ち去ろうと車椅子を反転させる。

バサラ「おい!」

背後から声。首だけを振り返らせて応える。

恭介「なんですか……?」

バサラ「名前は?俺は、バサラだ」

恭介「……上条恭介です」

聞かれたことだけを応えて僕は車椅子を動かす。
あまり関わりたくないタイプの性格だと思った。自分の世界がどんどん壊されていくみたいで、遠慮が無い感じがする。

恭介「この腕がどうなっているかなんて、他の人に分かるわけないか」

車輪を動かすためのハンドリムがいつもより重く感じられた。


131 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:20:17.88 pagBBv/q0 126/285

まどか「あ、上条君」

病院内に戻ると、思いがけない人物の声がした。

恭介「や、やあ。鹿目さん」

まどか「怪我の具合は……」

恭介「あ……う、うん……まあまあかな」

目を合わせずに言う。心配そうな目が今は心苦しい。

まどか「リハビリで忙しいってさやかちゃんが言っていたけれど」

恭介「え?」

まどか「?」

怪訝に思う鹿目さんを見て、さやかの意図が分かった。
心配症な友人を心配させまいとして、そういう風に言ったのだろうということがすぐに分かった。

恭介「え、う、うん。大丈夫。少しずつだけど……何かに掴まって歩いたりとかは」

まどか「そうなんだ。良かった……その、さやかちゃん。なんだか表情が暗かったから、何かあったのかと思って」

息を飲む。流石に、2人とも付き合いが長いということか。

恭介「……さやかは他に何か言っていたかい?」

まどか「え?他には……別に」

少し、胸のつかえが取れる。

恭介「じゃあ、これからまたリハビリがあるから……鹿目さんはまた先輩のお見舞い?」

まどか「うん。マミさん、身寄りが居なくて……こういう時に寂しい思いとかしてほしくないから」

別方向へと向かいだしてから、僕は彼女に対して少し尊敬の念を抱いていた。
同学年の友達ならまだしも、先輩に対して甲斐甲斐しくお見舞いに向かうような人を僕は知らない。

さやかは?

彼女はどうしてお見舞いに来てくれる?付き合いが長いから?何故いつもCDを持ってくる?彼女の目的は?僕が弾く曲を聞きたいから?

期待。プレッシャー。重圧感。僕はそれに耐え切れなかった。
僕の才能は、夢は、もう潰れてしまった。それなのに。それなのに。

恭介「動かない腕で、どうやって弾けっていうのさ」

バサラという男の言った言葉を思い出す。
彼の言っている事は、ひどく抽象的で、現実味がない。

なのに、なぜか胸を突く。

恭介「苦手だな。ああいう人は」

一言、つぶやいた。誰も居ない病室でカーテンだけが揺れていた。


132 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:21:36.79 pagBBv/q0 127/285

マミ「前に一度美樹さんが来てくれたことがあったけれど。それっきり。やっぱり、幻滅されちゃったかなあ」

まどかが病室に入って挨拶もほどほどに。いきなり聞かされたのはマミの沈んだ声だった。

まどか「そ、そんなこと無いですよ。病院に来ないのは…多分、別の理由ですから」

マミ「別の理由?」

まどか「上条君っていうさやかちゃんの幼馴染もこの病院にいて……ちょっと何かあったらしくて。それで行きにくくなっているというか……」

マミ「そう…なんだ。良かったあ」

まどか「それに、私達がマミさんのことを悪く思うなんてことは絶対に有り得ません。マミさんは私とさやかちゃんの命の恩人なんですから」

マミ「……」

まどか「え、ええと。どうかしましたか」

マミ「初めてだわ」

まどか「へ?」

マミ「そういえば、こうやって助けた人に後から直接面と向かってお礼を言われたのって無かったかも。いつもは、魔法でその時の事を忘れさせたりしちゃうから」

まどか「どうして、そんな事を?」

マミ「それは、あんな非日常的な怖い思いをして、それが普通の日常に影響してほしくないから。それと……」

マミ「どこか、お礼を求めちゃいけないって思い込んでいたからかもね。理想的なヒーローでいたいって」

まどかは、何故さやかがマミのことをしきりに尊敬するのかその理由が分かった気がした。
さやかがそういうヒーローを好んでいた事をまどかも知っていた。そして、そういう風になりたいと思っていたことも。


133 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:22:11.76 pagBBv/q0 128/285

マミ「でもね。やっぱり、そういうのって凄く苦しい。ストイックに生きようと思ったって、なかなかお話の中みたいにはいかない」

マミ「鹿目さんに言われて、はっきりと分かった。自分はやっぱり、見返りを求めてしまうなあって」

まどか「それって、いけないことなんですか?」

マミ「……分からないわ。別にお礼を求めちゃいけないなんて事は無いし、魔法少女の存在を隠さないといけないなんてルールで決められているわけでもないけれど」

マミ「でも、普通の人から見たら私達だって十分恐ろしい存在よ。魔法や戦っている姿を見て、全員が好感を得るわけじゃない」

まどか「さやかちゃんは、マミさんに憧れています。それだけは、はっきりと分かります」

マミ「ええ、私だってそれは分かってる。でも、だからこそ選択を誤ってほしくない。ねえ、鹿目さん。お願いしてもいいかしら」

まどか「何をですか?」

マミ「もし美樹さんが何かを抱えているのであれば、あなたが彼女の支えになってほしい」

それは、まどかも常に思っていた事だ。誰かの助けになりたい。
まどかの理念は、基本的に自分のためでなく人の為になるように動こうとする事だ。

まどか「私に、何が出来るかは分かりませんけれど……やれるだけ、やってみます」


134 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:22:56.35 pagBBv/q0 129/285

歓楽街の外れにあるマンション。
そこが、魔女の結界と化していた。そこにどんな魔女がいるのかは、もう知っている。
どんな攻撃をしてくるのかも、どうすれば効率よく倒せるのかも。知らないのは、彼女が何を思って魔女となったのかくらいだ。

鳥かごの中に魔女の本体がいる。それが、何の意味を持ってその姿になったのか別に興味は無かった。
ただ、一つ気になる点があるとすればそれはこの魔女の弱さだ。
なぜ、この魔女はこんなにも弱いのか。

時間を何度も巻き戻し、様々な魔女を倒し、他の魔法少女とも接触した結果、ある事に気がついた。
それは、歳が上の魔法少女がとにかく少ないということだ。

大人の魔法“少女”というとなんだか少し語弊があるようだが、私が知るかぎりではそのような存在を見たことはない。
どんなに過酷な戦闘であろうと、必ずどの世界にもロートルはいる。つまり、魔法少女の世界には年齢が上がるに連れてそのシステムを遂行出来なくなる要素が含まれていると考える。

魔法少女の強さは、それから発生する魔女の強さに代わる。
この魔女が弱いわけは、その年齢のせいではないかと私は推測する。

結界内に入る。
無遠慮な使い魔を避け、魔女の眼前へ。

盾に組み込まれた砂時計を操作する。私だけの孤独な世界が始まる。
爆弾は後の為に温存しておきたい。この程度なら、手榴弾で十分だろう。

2、3個投げて、世界をもとに戻す。
鳥かごが粉砕される。破片や衝撃を受けた使い魔たちが飛散する。

あとは、簡単だ。軽機関銃を盾から取り出し、弾を装填する。大人の男でもまともに撃つためには固定する必要があるその銃を、私はただそのまま抱えて撃つ。

つくづく、人間離れしていると自分でも思う。装填した弾の半分も使い切らない内に、穴だらけになった魔女は力を失って落ちていく。

最後に、焼夷手榴弾を一つ投げる。魔女の身体が燃えていき、断末魔の悲鳴が聞こえる代わりに火の中をもがく姿と散らばる宝石が見えた。

結界が晴れていき、辺りは静かになった。グリーフシードは、今回は手に入れられなかったが問題はないだろう。
ソウルジェムを見る。反応がある。魔女がどこかで発生したようだ。

それだけなら、想定内の事だった。しかし、ソウルジェムの点滅のパターンが変わった。
何度も時間をやり直していて、その反応が起こらずにワルプルギスの夜を迎えたことも少なくない。
それほど稀な反応なので、私はそれが示す意味をはっきりと覚えていた。戦慄が走る。

ほむら「どうしてこのタイミングで魔女の結界が同時に発生しているの……!?このままじゃ……まどかが……!」

135 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:23:39.68 pagBBv/q0 130/285

鹿目まどかの行動は、まず他人を思いやることから始まる。
帰り道で、友達がいたから声を掛けた。反応は無い。心配して、正面に立って、ようやく相手は自分の存在を認識する。
稽古事でもあるのかと思ったがどうやら違うらしい。制服姿なのにカバンも持たない。首元には、マミから教えられた魔女の手による痕が見えた。

引き止めても、歩みは止まらない。出来たのは、付いて行くことだけ。
対抗出来うる力を持つ人へと連絡が出来ないことを後悔した。

まどか(どうしよう……このままじゃ……でも、放っておけないし……)

非力な自分に何が出来るか、自分でも分からない。何も出来ないかもしれない。

それでも、見過ごせない。

まどか(何か……私に出来る事……)

たどり着いたのは、廃工場。ついこの間まで稼働していたのか、ベルトコンベアの上には作りかけの製品がいくつか乗っていた。
辛うじて辺りが判別できるくらいの数の電球が点いている。
光を失った眼をして佇む人々。バケツ、注意書きの書かれたポリタンク。背後で、シャッターが閉じた。

仁美「これから、私達はみんなで素晴らしい世界へと旅立ちますの」

まどかは、母が昔きつく注意したことを思い出した。
『混ぜるな危険』、そう書かれた洗剤を扱う時は特に気をつけなければならない、一歩間違えれば家族全員が危険な目にあうと。
特に小さな弟がいるからこその、母の真剣な声はまどかもしっかりと覚えていた。

洗剤がバケツの中へと注がれる。硫黄系の臭いがした。
窓を見渡すと鍵が全て閉じられていた。換気扇も、勿論止められている。


136 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:25:24.52 pagBBv/q0 131/285

何をしようとしているのかが分かった瞬間、まどかは駆け出してバケツを掴むと遠くへ投げようとする。
背後から襟を掴まれ、バケツは意図した飛び方はせずに中身の液体を撒き散らした。

仁美「いけませんわ、鹿目さん。私達の神聖な儀式を邪魔しようだなんて」

まどか「だって……!あれ、危ないんだよ……死んじゃうんだよ!?」

仁美「分かっていらっしゃらないのですね。肉体など、不要なのです。私達の素晴らしい、新たな世界にとっては」

まどか「……うっぐ!?」

仁美に腹を殴られ、苦しさに膝をつく。先程から放たれている悪臭が不快感を増した。

仁美「そうだ。鹿目さんも一緒にどうです?」

まどか「……っえ……?」

仁美「そうですわ。それがいいですわ。ですから、ほらこっちへおいでなさい」

まどか「っ!離してっ!!」

腕を引かれるが、必死に振りほどく。よろめいた足を起こして逃げる。
うめき声を上げて近寄ってくる人々の姿を見て、背筋が凍る。逃げた先は、不運にも壁だった。

まどか「助けて……っ、助けて……マミさん……ほむらちゃん……さやかちゃん……ママ……パパ……誰か……っ」

迫る人々の動きは、突然のエンジン音と窓ガラスをぶち破って登場した真っ赤なバイクに乗った男の存在によって止められた。
バイクが車体を横にしながら減速し、まどかの側に停車した。

バサラ「へっ……!」

まどか「熱気さん……!?どうしてここに……?」

ギターを激しく掻き鳴らす。時折、シャウトボイスが混ぜられる。
声の残響が工場を震わせると、バサラは口端を上げて笑みを見せた。


137 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:28:17.48 pagBBv/q0 132/285

バサラ「行くぜ、PLANET DANCE!!」

http://www.youtube.com/watch?v=5on0DBGgRcY


♫ さあ始まるぜ SATURDAY NIGHT 調子はどうだい?

♫ LET'S STAND UP BEATを感じるかい

♫ ここは空飛ぶパラダイス 忘れかけてるエナジー

♫ NOW HURRY UP 取り戻そうぜ

まどか「なんで……この人……」

♫ NO MORE WASTIN'TIME まるで夢のように

♫ 何もかも流されてしまう前に

まどか「歌っているの……?」

♫ HEY EVERYBODY 光を目指せ 踊ろうぜ!

♫ DANCIN'ON THE PLANET DANCE

その声は、歌は、その場の雰囲気をあっという間に変えていった。
まどかはバサラへと近づいていた。よくは知らないが、まるっきり知らない人というわけでもない。
少なくとも、1人でいるよりは心強かった。

♫ HEY EVERYBODY 心のままに 叫ぼうぜ! 

まどか(歌って……)

♫ DANCIN'ON THE PLANET DANCE Yey yey ye....

バサラの目には、魔女に操られた人たちさえも観客としか映らなかった。
観客に対して、バサラはただ歌うだけ。たったそれだけの事なのだとまどかは理解した。

バサラ「おい、まどか!お前、ビビってるのか!」

まどか「え……は、はい!」

バサラ「へへっ。なら、歌えよ!!怖い時こそ歌うんだぜ、ボンバーーーーーーーッ!!!」

♫ HEY EVERYBODY 心のままに 叫ぼうぜ!

♫ HEY EVERYBODY HEY EVERYBODY

まどか(え、え~!!?こ、こんな所で……歌うの……!?)

気恥ずかしさと、そんな事をしている場合じゃないという常識観がまどかに歌わせるのを躊躇わせた。

C'MON EVERYBODY! HEY EVERYBODY

「……へい、えぶ……でぃ」

まどか「え……?」

♫ JUMPIN’ON THE PLANET DANCE

仁美「ジャンピン…オンザ…プラネット…ダンス……」

まどか「みんな、まさか……歌っているの?」

魔女に操られているのに?まどかに疑問が芽生える。
しかし、当のバサラはそんな疑問など些細な事だとでも言うかのように晴れた顔で歌い続ける。

138 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:29:17.95 pagBBv/q0 133/285

♫ HEY EVERYBODY HEY EVERYBODY! C'MON! EVERYBODY !

ギターの音が激しさを増す。観客が、バサラに釣られて歌い出す。
最高潮に達した時、そこは廃工場ではなく、最早一つのライブハウスと化していた。

♫ HEY EVERYBODY ! YEAH YEAH YEAH......

まどか「う、歌いきっちゃった」

仁美「…………え……?ここは……どこですの……?」

観客の目に次第に生気が戻っていく。

まどか「仁美ちゃん!?よかっ」

バサラ「うおぉっ!?何だお前ら!?」

まどか「え、熱気さん!?きゃっ!」

バサラの身体が急に倒されたと思うと、まどかも足元をすくわれた。
白い天使のような形状をした使い魔が身体を運ぶ。
扉を開け、狭い部屋に入るとパソコンに光が灯っていた。

バサラ「いきなり何しやがる……!?」

バサラが、それに次いでまどかがそのパソコンの画面の中へと放り込まれていく。

一面、青色の世界。まるで水の中にいるような錯覚を受けてまどかは息が苦しくなる。

まどか(ね、熱気さんは……?)

視線を向けると、まどかは驚愕した。

まどか(何かを叫んでいる……いや、歌っている!?こ、こんな状況でも……!?)

その内、使い魔たちがバサラへとつきまとう。
それを振り払いながらもバサラは歌い続けたが、次第にその腕も脚も抑えられ、身体を引き伸ばされていく。

139 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:30:09.80 pagBBv/q0 134/285

まどか(熱気さんっ!)

まどかはバサラへと手を伸ばす。その手を掴んだのは使い魔の一体。

まどか(ひっ……)

笑顔のような顔をした使い魔がまどかの周りを囲んでいた。

まどか(そんな……『また』なの……?)

目の前で、誰かが傷つくのを見ているしか無い。
何も出来ない。何かが出来る力がない。

まどか(私に力が無いから、私が魔法少女じゃないから……?)

違う。

『今こうやって私の事を見ていてくれる。応援してくれる人がいるっていうだけでも結構うれしいものよ』

マミの言葉をまどかは思い出した。
本当に、自分は非力なのか?本当に、何も出来ないのか?

まどか「あ……」

気づいた。

確かに、自分は非力かもしれない。確かに、何も出来ないかもしれない。

けれど、

まどか「まだ…私は…出来る事を全部やってない」
 
悲観するのは、その後だ。
この状態で出来ることは限られている。けれど、何もやらないまま終わりたくない。
使い魔がまどかの腕を抱える。これから何をされるのかを想像し、一瞬恐怖が思考を埋め尽くす。

まどか(怖い……怖い……!けれど……)

『ビビっているのか?』

まどか「けれど……!」

『なら、歌えよ!ボンバーーーーーーーッ!!』

……さあ 始めまるぜ SATURDAY NIGHT 調子はどうだい

 LET'S STAND UP BEATを感じるかい 

たどたどしく、しっかりとした歌声では無かった。
それでも、歌である。先程バサラが熱唱した歌をまどかが歌っていた。

バサラの身体を引き延ばそうとしていた使い魔がまどかの方を向く。
その刹那。刃が使い魔の顔を貫いた。

「だあああああああっ!!」

まどかたちに纏わりついていた使い魔が、切断されてまどかの腕を離す。

パソコン型の魔女が、腕を回転しながら現れた少女に向かっていく。
少女はそれに気がつくと、真っ向から受けに行った。

「とおりゃああああああ!!」

一閃。回転が、2つに分かれて落ちた。
結界が晴れる。

まどか「え……?さやか……ちゃん……」

さやか「どう?初めてにしては、上手く出来たほうでしょ」

手には剣。まどかが見慣れた制服とも、私服とも違う友達の格好。

まどか「……どうして」

自然とまどかは口に漏らしていた。

さやか「ごめん、まどか。私……なっちゃった」

どうして、の先は言葉にならなかった。

140 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:31:49.07 pagBBv/q0 135/285


放課後。病院へ向かうための道。
さやかは病院に行くことを少し渋っていたが、何かを決心したような顔をした後は逆にまどかを先導するように歩いていた。
途中、反対側から来る仁美と会った。

仁美「なんだか夢遊病のような症状が出た人が大勢いて……私も検査の為に病院に行ってきたところですの」

さやか「はは、何それー?っていうかお昼に早退したんでしょ。それなら今日くらい学校休んじゃっても良かったんじゃん?」

仁美「それは駄目ですわ。家の者に心配をかけるようなことはしたくありませんもの」

さやか「お、おお……優等生だ。偉いなー」

仁美「……そういえば、昨日。記憶がうろ覚えなのですが、鹿目さんもあの場所にいたと思ったのですが……?」

まどか「いっ!…え…ええと……」

仁美「それと……なんだかお歌も聞こえていたような気がしたのですけれど」

さやか「ゆ、夢だよきっと。だって、まどかがそんな所にいるわけないじゃない。それに、街中で歌ってるようなやつなんてそうそういるものでもないし」

咄嗟のフォローに、まどかは恥ずかしげに俯きながら頷いた。
仁美はなんだか少し釈然としない面持ちでまどかたちと別れる。

さやか「いやー、昨日は危なかったね。まあ、でもこれからは私がいるんだから安心してよね!この魔法少女さやかちゃんに任せなさい!」

まどか「さやかちゃんはさ、怖くないの?」

さやか「ん?そりゃ、ちょっとは怖いけれど……昨日は上手くやれたし。それよりも、友達二人が死んじゃう方がよっぽど怖い」

まどか「後悔とか、無いの?」

さやか「後悔?はは……そんなの、あるわけないよ。自分で悩んで決めた道だからさ、どんなに苦しくったって大丈夫だよ」

まどか「そう……なんだ」

さやか「さーてーは、何か変なこと考えてない?自分だけ力になれないとかさ」

そんなこと、とはまどかは言えなかった。自分に戦う力が無いのは事実であり、それを嘆いた事もあったからだ。

さやか「私はさ、叶えたい願いがあって、命がけで戦える理由があるから魔法少女になったんだ。だからさ、まどかは心配なんてしなくていいよ」

さやか「これからは、この魔法少女さやかちゃんがこの街をガンガン守っていきますから!」

目の前の友人の声は、必要以上に明るい気がした。

141 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:33:42.19 pagBBv/q0 136/285

病院

マミ「そう。魔法少女になったのね」

まどか「……ごめんなさい。マミさんに言われたばかりなのに」

マミ「あなたに責任は無いわ。選んだのは美樹さんなのだから」

上体を起こしたマミがパイプ椅子に座る二人を見る。
まどかとは対照的にさやかは笑顔を振りまいていた。

さやか「いやあ、さっきもまどかに散々心配されましたけれどね。でも、私は大丈夫ですよ。昨日だってもう魔女を一体やっつけましたし」

マミ「それは凄いわね」

さやか「えへへ。そうでしょう?だから、これからは私がマミさんを助けますよ。魔法少女コンビで平和を守るんです!」

マミ「あら、どうかしら?あなたが実力をつけたらこの街の縄張りを手にして、いつか私は追い出されてしまうかもしれないわ」

さやか「ははは、そんなこと、絶対ありえませんって……え……?」

さやかは、マミの目が冗談を言っているものではないことに気がつく。

マミ「言ったでしょう?魔法少女は、基本的に相容れないものだって。私も、あなたも、裏切らないなんていう保証はない」

さやか「そ、そんなこと……私は絶対に……」

マミ「ないと言い切れるの?言うのは簡単よ。でも……」

強い視線がさやかに刺さる。

マミ「美樹さん。もし、今ここであなたに銃を突きつけたら、あなたは私と戦えるのかしら?」

さやか「い、いきなり何を言っているんですかマミさん、冗談きついですよ!」

マミは、無言で見つめる。その剣幕に、さやかは慄く。二人を見ていたまどかも気を揉んだ。

さやか「だ、だいたいこんなところでそんなコトしたら、病院にいる他の人にも被害が」

無言。マミが微かに腕を動かした事さえも今のさやかにとっては恐れを生み出す行動となった。

マミ「戦えないと言うのなら……」

マミが腕を動かそうとした瞬間に、さやかは口を開いた。

さやか「……や、やれますよ!戦えます!!」

さやかは病室だということも忘れて大声で応える。
マミは一度視線を落とし、それから笑顔をさやかに向けた。


142 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:35:33.14 pagBBv/q0 137/285

さやかは病室だということも忘れて大声で応える。
マミは一度視線を落とし、それから笑顔をさやかに向けた。

マミ「……そう。なら、今の私から言うことは特に無いわ。そもそも、誘ったのは私だからきちんと面倒は見る。そこは、安心して」

まどか「マミさん……」

さやか「わ、分かっていますって。魔法少女が、大変なものなんだってことは」

マミ「一応、聞くけれど。あなたが叶えたかった願いって何?私のように、選択の余地が無かったわけでは無いのでしょう?」

さやか「え、ええと。それは……」

マミ「答えたくないのなら別にいいけれど。でも、戦う理由は重要よ。それが願いと通じているのなら尚更」

さやか「私は、家族とか、大切な人や、この街を守りたいっていう理由で」

マミ「本当に?」

さやか「ほ、本当ですよ。あ、す、すみませんけど、他に用事があるんで。それじゃあ、まどか。後は頼んだ!」

まどか「え、あ、う、うん。じゃあ」

マミ「慌ただしいわね……まあ、それが美樹さんらしさなのかもしれないけれど」

まどか「あの、マミさんは、さやかちゃんを心配してあんな風に言ったんですよね」

マミ「一応はね。でも、酷いことを言うようだけれど魔法少女の世界では裏切りや、縄張り争いなんて日常茶飯事」

マミ「そんな世界に、美樹さんが耐えられるとは……」

まどか「やっぱり、無理していますよね」

マミ「覚悟なんて、普通の中学生が本当に心から理解するなんて難しいわ。私だって……」

腿に手を置いて、マミは深刻な顔をした。


143 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:37:35.83 pagBBv/q0 138/285


まどか「マミさん、お願いです。さやかちゃんを見捨てないでくれますか?」

マミ「大丈夫。あんな事を言ったはものの本音を言えばほしかった後輩だもの。導くのは先輩の役目だから」

マミ「それと、彼女を支えるのは私だけではないでしょう」

驚くまどかに、マミは指をさす。

まどか「え、私……?」

マミ「私は、魔法少女の美樹さんを支えることは出来る。でも、いつもの美樹さんと接することが出来るのは鹿目さん。あなたが適任よ」

まどか「……はい。分かっています」

以前に言われたことも含めてまどかは胸の中にしっかりとその言葉を刻んだ。

マミ「それにしても、コンビかあ。だからかな。きつく言ってしまった理由は」

まどか「どういうことですか?」

マミ「以前、コンビを組んでいた魔法少女がいたのよ。佐倉さんって言うの。でも、仲違いしちゃってそれっきり」

まどか「やっぱり、縄張りとかの問題で仲良く出来ないものなんですか?」

マミ「いいえ、彼女はそういうことでは無くて。彼女は……丁度、美樹さんみたいに正義感が強くて、少し捻くれていたけれど人のことを思いやれる人だった」

マミ「でも、魔法少女という存在になったせいで大切なものを失ってしまった」

まどか「大切なものって?」

マミ「家族」

マミは、今でもその時の杏子の表情を思い出すことができる。
溢れだす感情をどう制御したらいいのか分からず、杏子は焼け焦げた教会で泣いていた。
そんな杏子に槍を向けられて、マミは銃を構えざるを得なかった。魔法少女は相容れぬものだと、心のどこかではそう思っていたから。
だが、構えた銃で相手を狙うことは出来なかった。殺気の無い銃弾では、止められない。マミもそれは分かっていた。

マミ「私も佐倉さんの気持ちが痛いほどよく分かったから、止めるなんて出来なかった」

まどか「その人は、今は……?」

マミ「風のうわさで、隣町を縄張りにしているって聴いたけれどそれっきり。今頃、どうしているのかしら……」

沈んだ声でマミは呟くように言った。まどかは、話を聞いている内に疑問を抱いた。
なぜ、魔法少女がこんなにも辛い目に合わなければならないのか、そして、

まどか(どうして、魔法少女は戦わなければならないんだろう……)

まどか「……マミさん、あの」

マミ「さてと、私もそろそろ復帰しないと。応援してくれる人も、後輩だっているんだから……ん、何かしら?」

まどか「……いえ。その、どうか気をつけて」

マミ「ええ。もう油断なんかしないから」

窓元に置かれたソウルジェムを見て、まどかは言おうとした言葉を止めた。


144 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:38:02.24 pagBBv/q0 139/285


マクロス7 外部 宙域


ガムリン「バサラの機体反応が最後に確認されたのはこの辺りのはずだが……」

モニターに記録されたポイントを確認して、ガムリンは呟く。
見渡す限り、デブリや遮光が必要な光を発する星も無いため宇宙遊泳には適した宙域である。
共に搭乗しているグババも、困惑した様子でコックピットから見える景色に注意を払っていた。
必死に毛を伸ばし、辺りを探る様子を見せるが良い結果は得られず終いだった。

ガムリン「グババでも、何も分からないのか……」

ガムリンは機体の速度を緩め、そのまま機体を停めた。無駄な燃料を使わないためというのと、少し考える時間がほしかったからだ。

ガムリン「アイツなら……ここで何をする?」

居なくなった時、バサラが何をしていたのかを考える。
バサラの行動パターンをいくつか思い浮かべるが、そのどれもがガムリンのするような行動とは真逆の事ばかりで頭を悩ませる。

ガムリン「一人で……静かな場所で……ヤツがすることといえば……歌……?」

♫ さあ はじまるぜ さたでないと ちょうしはどうだい

♫ れっつだんす びーとをかんじるかい

1フレーズだけ口ずさんでみる。
グババが、全身の毛を逆立てたまま硬直していた。

ガムリン「……っ!お、俺とて、なにも好きで歌っているわけではない!!」

顔をそむけながら、ガムリンはエンジンに再び火を入れた。
グババの硬直は、艦に帰着するまで続いた。


145 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:40:31.38 pagBBv/q0 140/285

マクロス7艦隊 バトル7 格納庫

着艦した機体のハッチが開き、中からパイロットが降りてくる。

ガムリン「ふう。……結局、何の手がかりも得られなかったか」

ミレーヌ「ガムリンさん、お・つ・か・れ・さ・ま」

ガムリン「ああ、どうも……って!?ミレーヌさん!どうしてここに」

ミレーヌ「私もバルキリーの整備とかあって、ちょっと寄ってみたら丁度ガムリンさんが戻ってくるのが見えて」

グババが嬉しそうな鳴き声をあげてミレーヌの肩へと飛び移る。

ミレーヌ「グババもお疲れ様。ところで、バサラは?」

ガムリン「……グババにまで協力してもらいながら、このザマですよ」

落胆した表情のガムリンを見て、ミレーヌは慌てる。

ミレーヌ「が、ガムリンさんがそんな風に思う必要は無いですよ!元はと言えば、あいつが勝手にどこかに行ったのが悪いんですから」

ガムリン「いえ、それだけでは無いのですよ。実は、最近その、色々と思う所があって……」

ミレーヌ「思う所?」

ガムリン「あ、個人的な悩みですから。別にミレーヌさんに聞かせるような話ではなくて」

ミレーヌ「……なんかそれ、私が頼りないって言われてる感じがします」

ガムリン「え、そ、そんなつもりでは」

ミレーヌ「なんか最近、ガムリンさん様子が変ですよ。いつもはもっとハッキリした感じなのに」

ガムリン「変……ですか。そうかもしれません」

ミレーヌ「うーん、もう!じゃあ、分かりました。ガムリンさん!」

ガムリン「え、何がですか?」

ミレーヌ「今度、デート行きましょう!デ・エ・ト!」

ガムリン「…………へ?」

唐突な申し出に、今度はガムリンが硬直していた。

146 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:42:38.13 pagBBv/q0 141/285

病院

エレベーターを待ちながら車椅子の恭介はさやかに話しかけた。

恭介「急に腕が動くようになって驚いたよ。こういうのって、奇跡って言うんだろうね」

さやか「う、うん。きっと、そうだよ」

恭介「そういや、さやかの先輩もここの病院に入院しているんだっけ。そっちの用事は、もう済んだの?」

さやか「大丈夫だって。それより、他におかしいところとかは無いの?」

恭介「無さ過ぎて怖いくらいさ。あの事故が悪い夢だったかのようにさえ思えるよ」

さやか「そっか、良かった」

恭介「うん……良かった……のかな」

恭介が呟くように言った瞬間にエレベーターが着いたアナウンスが聞こえた。
扉が開き、車椅子を押して二人が乗る。屋上へと登って行く間、二人は沈黙したままだった。

エレベーターから降りた二人を迎えたのは、病院のスタッフたちと恭介の親だった。

恭介「え、どうしてみんなが」

さやか「脚より先に手が治っちゃったから、前祝いみたいな」

バイオリンケースを初老の男性が恭介へと手渡す。

上条父「お前からは処分してくれと頼まれたが、どうしても捨てられなかった」

上条父「さあ、試してごらん。怖がらなくていい」

ケースを開くと、恭介の手に馴染んだ楽器が姿を現した。

恭介「僕の……」

鎖骨の付け根で支え、顎を軽く乗せる。バイオリンの木の匂いが懐かしく感じられた。
弦を持って弾き始める。曲名は、『アヴェ・マリア』。

147 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:43:48.33 pagBBv/q0 142/285

さやか(良かった。あたしの願い……)

恭介「……っ」

曲が、中断される。
その場にいた観客がどよめく。

さやか「え……?」

上条父「どうした?もしかしてまだ腕が」

恭介「……違う。僕のバイオリンは」

上条父「違う?」

恭介「駄目だ、こんなんじゃ弾けない」

さやか「ど、どうして?だって、腕は治ったんだよね?ちゃんと動くんだよね?」

恭介「ごめん。折角集まってもらって悪いけど、今は弾く気になれない」

さやか「だって、あんなに弾きたがっていたのに」

恭介「そのはずなんだ。でも、弾こうとしても……どうしてかは分からないんだ」

さやか「分からないって、そんな……何それ」

恭介「……ごめん」

さやか「弾いてよ」

恭介「さやか?」

さやか「だって、弾けるんでしょ?弾きたかったんでしょ?それなのに……それなのに!」

少し泣き声の混じった声で恭介へと詰め寄る。
俯いた恭介。その表情を見て、さやかも言葉を無くす。

恭介「本当に、ごめん。入院中も、さやかには迷惑をかけっぱなしだったし、酷いことも言った」

恭介「でも、今は弾けない」

さやか「……そう、分かった。病み上がりなのにいきなりこんな事するあたしが、馬鹿だったってこと」

恭介「さやか?」

そのまま、病院のスタッフたちを残してさやかは1人階下に駆け降りていく。
降りていく途中で、ふと脚を停めた。階段は、普段あまり使っている人がいないのか人気が無かった。
座り込んで、顔を伏せる。

さやか「はは。どうして、あたしって……こう自分勝手に先走っちゃうのかなあ……はは……は……」

乾いた笑い声に、嗚咽が混じった。

148 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:46:24.24 pagBBv/q0 143/285

先日 ハコの魔女とさやかが対峙する数時間前


さやかは病院から出た後にキュウべえへと呼びかけていた。 人通りの少ない場所へ行き、キュウべえと向かい合う。

さやか「キュウべえ。本当に、どんな願いでも叶うんだね?」

キュウべえ「大丈夫。君の祈りは間違いなく遂げられる。1人の身体を治すくらいなら問題ないよ」

さやか「じゃあ、お願い」

そうさやかが言うと、さやかの身体の内側から何かが抜け出るような感覚がした。
眩い光が収まると、そこに青く光る宝石が現れていた。

キュウべえ「さあ、受け取るといい。それが君の運命だ」

手に取って改めて、自分がマミと同じ魔法少女になったのだという実感が湧いた。
そして、点滅する光。見覚えがあった。

さやか「え、これって、魔女が……!?」

キュウべえ「どうやらどこかに結界が発生したようだね。反応を見る限りでは少し離れていそうだけれど」

さやか「も、もう初仕事!?いきなり過ぎるんだけど」

キュウべえ「別に逃したって構わないよ。もし強い魔女だったら、新米の君にはまだ荷が重いだろうから」

さやか「……行くよ。あたしが見逃したせいで誰かが犠牲になったら悔やんでも悔やみきれないもん」

さやかは反応のあった方へと向かう。その様子をキュウべえは眺めていた。

キュウべえ「比較判断材料は多いほうがいい。君の魂が宇宙に還元されるのが先か、或いは」

キュウべえの身体に、穴が空いた。
原型を留めていられないほどの銃弾を浴びてキュウべえは動きを止めた。

ほむら(美樹さやかが契約してしまった。こうなると、ほぼ確実に……)

ほむら(……あまり気は進まないけれど。早急に佐倉杏子と接触して協力を得たほうがいいわね)

動かなくなった白い生き物を一度踏みつけてから強く蹴り飛ばして、少女はその場から離れた。

149 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:57:11.32 pagBBv/q0 144/285

第4話

「アヴェ・マリア」

150 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:58:08.47 pagBBv/q0 145/285

魔女の結界


さやか「っ!このっ!!」

飛び回る2つの人の影。それらから逃げようとする動物の顔をした影たち。
白黒の世界の中で縦横無尽に駆けまわるその影達にさやかは持っていた剣を投げつけるが、捉えられず地面に穴を開けるのみだった。

マミ「美樹さん落ち着いて。私が動きを止める」

胸のリボンを解くと、螺旋を描いた。それで動物の影を縛り上げる。

マミ「引きずり出してあげる。はっ!」

白い背景の元へと影の一匹が投げ出される。そこへ、さやかが剣を持って斬りかかる。

さやか「これでぇっ!」

リボンごと真っ二つに切断すると、影が雲散する。それと同時に、結界の中に文字が現れ消えていく。

さやか「くっ!まだ残ってるのに。逃げられる!」

マミ「美樹さん、深追いはしないで。どうやら相手は使い魔だけのようだし、これ以上は諦めましょう」

さやか「でも、放っておいたら誰かが奴等に襲われて……!」

マミ「分かってる。それでも、結局は本体を倒さなければ根本的な解決にはならないわ」

マミ「今日はあなたの指導も兼ねているのだからここは一旦引いて。慎重にならないと……」

そう言われて、ようやくさやかは納得したのかゆっくりと頷く。

さやか「……すみません。浮かれていました」

マミ「美樹さんはまだまだ戦い方に無駄が多いわ。もう少し配分を考えて動かないと」

さやか「う……は、はい。難しいなあ」

マミ「でも、最後の連携は上手くいったと思うわ」

マミが笑顔を少し見せると、さやかの表情が一気に綻んだ。

さやか「え、本当ですか!へっへー、あたしってやっぱり才能あったりして」

マミ「コラ。調子に乗らないの」

たしなめながら、マミは一瞬目の前に映る相手を別人と重ね、目線を遠くに向ける。

マミ(比べたりするのは悪いことよね。それに、彼女とはもう関係ないのだから)

マミ(……それでも、また仲良く出来るのなら……これって、鹿目さんの影響かしらね)

さやか「あれ、マミさんどうかしました?」

マミ「あ、な、なんでもないわ。じゃあ、今の戦いの反省も兼ねて家でお茶でも飲みましょう?」

マミ「そうだ、この前買ってきた新商品のケーキもあるわよ」

さやか「やった!」

喜ぶさやかを尻目に、マミは自分のソウルジェムを見つめる。
ほんの少しだけ曇っていたが、まだグリーフシードが必要な程では無かった。

マミ(入院中にグリーフシードは使っていない。暁美さんから渡されたグリーフシードを回復のために使ってそれっきりのはず)

マミ(その時、ソウルジェムは少し濁りが残っていた。肉体の再生には大幅に魔力を消費するからグリーフシードを使いきっても全快には足りなかった)

マミ(なのに、今のソウルジェムの輝きは入院する前よりも透明になっている。一体、どういうことなのかしら……)

マミ(……ソウルジェムには、まだ私が知らない秘密が隠されているとでも?)

マミ「キュウべえに、聞いてみる必要があるかもしれないわね」

小声で呟き、マミは変身を解いた。

151 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:59:17.95 pagBBv/q0 146/285

浮かない顔をしながらまどかは自分の部屋のベッドに仰向けになっていた。
手に持ったノートに書かれていたのは、魔法少女になろうと思って書いた衣装の絵。
それを見るたび、心が痛む。

まどか「みんな、どんどん先に行っちゃうんだ」

昔からそういう状況になって、そう感じたことは多かった。

まどか「私は、いつも遅れていて……みんなに迷惑かけてばかり」

魔法少女になるという選択。叶えたい夢があって、その為にたとえ命の危険があるようなことでさえも受け入れる。

まどか「私って、何が出来るんだろう。魔法少女になる勇気も、願いも無くて……それでも」

何かをしたいと思わずにはいられなかった。

知久「まどか。ちょっと手伝ってほしいから降りてきて」

階下から父親の声が聞こえて、まどかは身体を起こした。
下に降りると、野菜を切る父親の姿が見えた。

まどか「パパ。手伝いって」

知久「ん、この野菜いちょう切りにしちゃって。切ったら水につけておいてくれればいいから」

まどか「はあい」

知久「……?まどか、どうしたんだい。なんだか元気がないね」

まどか「そう……かな。ううん、そういうのじゃなくて。ちょっと、悩み事」

知久「悩みかあ。それは辛いね。パパに話せることなら、聞くよ」

まどか「ほんと。あ、でも……」

野菜を切る手を止めて、魔法少女の話はあまりにも常識離れしていると思い直す。

152 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 00:59:46.67 pagBBv/q0 147/285

知久「なんだい?」

まどか「ええと、ね。みんな、夢があるの。叶えたい願いとか、そういうのがあって。でも、私だけそれが無くて」

知久「うん。それで?」

まどか「それで……なんだか……上手く言えないんだけど……」

知久「寂しい?」

まどか「……うん。そう、なのかな。よく分からないけど」

知久は鍋の火力を低くして、息をつく。

まどか「パパは……何時頃から、今のパパになろうと思ったの?」

知久「うーん。そうだね、まどかが生まれた時からかな」

まどか「え?わ、私?」

知久「そう。ママと話し合って、どっちが家の仕事に向いているのか、外の仕事に向いているのか。それで、パパは家を選んだ」

まどか「でも、夢とか……あったんじゃ?」

知久「昔は、違う夢があったよ。でも、今のパパの夢は」

まどかの頭に手をのせる。

知久「ママやタツヤ、そしてまどかが元気でいてくれること」

父の気遣いに、まどかは心の中で感謝した。

知久「まどか。今は将来の夢とか、そういうことをたくさん考える時期だよ。だから、たくさん悩んでもいい」

知久「けれど、悩みを抱え過ぎてまどかの元気な姿が見れなくなるのは嫌だな」

まどか「うん……」

知久「焦らなくても、大丈夫だよ。まどかはまだ若いから、これからもっと色んな事を知ったり、経験したり出来る」

知久「そうしたら、それからゆっくり決めていけばいいよ」

まどか「ありがとう、パパ」

知久「パパもママも、まどかを応援しているよ。……おっと、それじゃあ切った野菜を入れないとね」

料理を手伝いながら、まどかは言われた事と、自分がしたいことを考える。
まだ、その答えが明確に出ないことへの不安は軽減した。


153 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:02:04.74 pagBBv/q0 148/285


シティ7 アーケード街

落ち着かない。

全く、落ち着かない。

アナログな腕時計に目を落とす。長針は「6」の所を指していた。
……30分「しか」ない。
心の準備がまだ終わっていなかった。そして、30分ではその準備は終わりそうにない。

ミレーヌさんとデートをするのは初めてではなかった。
しかし、その時はまだ自分が相手のことをよく知らない内のことだったので今とは状況がかなり違う。
待ち合わせ場所は、こんなありきたりの場所で良かったのだろうか。
もっと変わった場所とかロマンティックな場所…例えば……夜の公園だとか……いや……おかしいか?

しかし、なぜ今デートをするのだろうか。いや、嬉しいことには違いないのだが。
それでも、理由がどうにも思い当たらず悶々としていた。

ミレーヌ「あ、ガムリンさん!」

声の方を見ると快活な少女が手を振っていた。
手を振り返して、声に応える。

ミレーヌ「やっぱり早く来てた。そうだと思ったんだ」

ガムリン「あ、いや……別に急かしたりするわけではなくて」

ミレーヌ「分かってますって。ガムリンさんは、そういう性格だってこと。それじゃ、行きましょうか」

ガムリン「え、ええと。行き先は決めているのですか?」

ミレーヌ「うーん、大体は決まっているけど……あとはその場の気分次第ってことで」

ガムリン「気分、ですか」

計画のない行動。気分次第。
周りからも真面目だと言われる自分にとっては殆ど縁の無い言葉であった。

ガムリン「……任せたのだから、従うしかないか」

小声でそう呟いてミレーヌさんの横に並ぶ。
歩いている間はとりとめもないことをミレーヌさんが話し、それを聞くという形が続いた。

ミレーヌ「あ、ここ、ここ!」

ミレーヌさんが指をさした先は、ゲームセンターだった。

154 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:03:51.97 pagBBv/q0 149/285

ガムリン「ここ……ですか」

流行りのゲームなどにはあまり詳しく無いが、大丈夫だろうか。そう思いつつ、ミレーヌさんの後に続いて中へと入る。
プライズ品を手に入れるクレーンゲーム、銃型のコントローラーを使ったシューティングゲーム。
それらは細部は異なってはいても、何十年と同じ形式で、これからもそういう形のゲームはあり続けるのだろうなと思わせる。

ミレーヌ「ガムリンさん。こっち、こっち」

声に呼ばれて向かうと、コインの山が入った容器を抱えていた。
コインは換金することができるので、実質お金の山だ。

ガムリン「そのコインは?」

ミレーヌ「たまに来た時に増やした分を貯めていたらいつの間にかこんなに増えちゃってて。ママも若い頃にゲーセンで稼いでいたって言うし」

ガムリン「あの市長が!?」

ミリア市長に操縦を教わっていた時に感じた事は、まず恐ろしさである。
高い成績を要求する上に自身も凄腕のパイロット。自信を喪失し、脱落していく同僚も少なくは無かった。
その市長がゲームセンターでお金を稼いでいたとは……そう思った矢先に映ったのはポッド型の操縦席のあるゲームだった。

ガムリン「……ああ、なるほど」

すぐに合点がいった。確かに、これで勝てる相手はまずいないだろう。
軍でも訓練用に使われているフライトシミュレーターの対戦ゲームである。勿論、軍用よりも難易度は下げられており、操縦も簡易的にはなっている。

ミレーヌ「対戦しましょうよ」

ガムリン「私とですか」

ミレーヌ「コンピューター相手じゃ、ガムリンさんにとっては物足りないでしょう。稼ぎすぎてお店のコインを打ち止めにしちゃうのも悪いですし」

ガムリン「……分かりました。お相手いたしましょう」

ポッドの中の操縦席に座り、操作方法を確かめる。
軍で使用していたものよりいくつか簡易的にはなっているものの、大部分は同じであった。

ミレーヌ「あ、ガムリンさん」

ガムリン「はい?」

ミレーヌ「手加減したら、怒りますからね」

そう言って、ミレーヌさんもポッドの中へと入っていった。

155 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:07:09.13 pagBBv/q0 150/285

コインを入れると、シミュレーターが始まる。
機体はバルキリー型とクァドラン・ロー型がある。ゼントラーディ人には勿論後者のほうが人気だ。 黒のバルキリー型を選び、オプションパックを選ぶと発進画面になる。ポッドの中の全周囲型モニターの景色が変わった。

ガムリン「……ガムリン機。出るぞ!」

……思わずパイロットとしての癖で、そう言ってしまった。ポッド型で声が周りに聞こえなかったことが幸いだ。

LEVEL α START

機械の音声の後、発進ランプが点灯し、バルキリーが飛び立つ。

フィールドは重力下で空中だった。眼下には海が広がっている。発進してすぐにロックオンを知らせるアラート音が聞こえた。

スロットルレバーに力を込め、旋回運動をしつつ機銃を避ける。
高速でピンク色の機体が通り過ぎて行く。
自分も撃ち返すが、最小限の上下の動きだけでそれを避けられる。
ミサイルが発射されるのが見えた。

ガムリン(まずい!)

高度を上げたがミサイルは追尾してくる。
そして、その逃げた先で待ち構えていたかのようにミレーヌさんの機体がいた。

ガムリン「くっ!」

錐揉み旋回をしつつ急上昇。急な動きの変化にミサイルの誘導が一瞬遅れた。
そのまま変形。手に持った機銃でミサイルを撃ち落としていく。

ガムリン「……やはり、市長の。いや、教官の娘ということか」

一瞬でも気を抜けば落とされる。圧力のかけ方も上手く、難しい避け方をなんなくしてみせる天才的な操縦のセンスもある。
先の戦いの中でも、これほどの相手と戦ったことは無かったかもしれない。
寧ろ生死がかかっていない分、より動きに迷いがないのかと思う。

ガムリン「だが、本職が負けてなるものか!」

156 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:08:22.99 pagBBv/q0 151/285

自分にも軍人としての意地がある。
ファイターへと機体を変形させて背後から急激に接近するミレーヌさんの機体へと対応する。上を、下を、交互に自分と相手の機体位置が急激に入れ替わりながら互いにチャンスを伺う。
操作が簡易化されているということは、それだけ出来る動きにも制限がかかるということである。 しかし、ミレーヌさんはそんな制限をものともしていない。
このシミュレーターで可能な動きを知り尽くしている、限界まで引き出せているという感じだ。

ガムリン(動きが速い……照準の補正も追いつかない……だがっ!)

加速していた機体を急降下させる。海の表面が風圧で割れた。空中で変形をし、ガウォーク形態になるとホバーで浮かびながら急なUターンをする。

ガムリン(背後を取った、そこだっ!)

尾翼へ向けての機銃。
しかしその動きが来ることを見透かしていたかのように、ミレーヌさんは機体を上空へと反らしつつ機銃をかわす。

ガムリン「外れたっ!?」

すぐにガウォークからバルキリー形態へと変形し、後を追う。ここでガウォークのままでいれば機動性の違いからすぐに背後を取られてしまう。

だが、そこで自分の考えは浅かったことを思い知らされる。シミュレーターでも、天候や磁気嵐などの天災のような状況が再現されているということは、上空へ昇ろうとした自分を迎えるのはつまり……。

ガムリン「はっ!狙いはっ……!!」

太陽の光の中に紛れ、鳥が水中の魚を取るかのような角度で戦闘機が機銃とミサイルを乱射しながら降下してくる。

157 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:08:49.58 pagBBv/q0 152/285

ガムリン「うおっ!」

この距離ではミサイルを全ては撃ち落とせない。
かといって回避行動を取ろうとすれば体勢を崩したところを本体の追撃で落とされる。そういうチャンスを見逃すような相手ではない。

ガムリン「ぐぅっ!!」

空中でバトロイド形態へと変形し、腰部の機銃も全て使って少しでもミサイルを撃ち落とす。 しかし、撃ち漏らしたミサイルが機体へと命中する。

ガムリン「まだだっ!」

向かってくるミサイルに対してぶつけて爆発させたのは切り離した推進剤の入っているファストパック。中に入った燃料が誘爆を起こしその爆風で弾を吹き飛ばしてミサイルからの直撃を防ぐ。爆風をかき分けるようにこちらが撃った機銃が相手の左翼に当たり、火花をふかす。墜落を防ぐためにミレーヌさんの機体はガウォークへと変形してで水上に浮かぶ。その隙をついてさらに機銃を撃ちながら近づく。 そう簡単には当たらない。だが、それは予想の上。弾を撃ち尽くすと機銃を捨て、拳に光を纏う。

ガムリン「格闘戦なら!」

ピンポイントバリアを纏った拳がガウォークの持つ盾のバリアと反作用を起こして弾かれる。 その反動を利用して、相手は後方へと宙返りをしつつガウォークからバトロイドへと変形。着地して右手の機銃で応戦してくる。 だが、こちらに被弾を気にする余裕は無い。
ここで一気に畳み掛ける。 射撃戦から格闘戦への移行はコンマ数秒の戦いだ。意識の切り替えが速いほうがそのまま優位に立つことが出来る。盾を構えながら機銃の中へと突っ込んでいく。 バトロイド形態ではエンジンの余剰出力を防御にまわすことが出来るから、このくらいの弾幕ならば突っ切れるはず。数字で表された機体の耐久値もまだ余裕がある。

ピンポイントバリアパンチが相手の手を機銃ごと正面から叩き潰した。 片腕になったミレーヌさんの機体に照準を定める。実戦ならばむごいが、シミュレーションならば格闘でコックピットへの直撃を狙うことはやぶさかではない。

ガムリン「これで終いだ!」

左拳が続けて繰り出そうとした瞬間。腕が止まった。 表示されたのは試合が終了したという文字。

ガムリン「……なっ!?」

機体の腹部にナイフが刺さっていた。
いつの間に抜いたのか。 いつ刺されたのか。ミレーヌさんの技量を甘く見ていたわけではなかったが、その動きは自分の予想をさらに超えていた。画面に映った敗北の文字を見ながらも自分は少しの間思考が止まっていた。

158 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:09:25.12 pagBBv/q0 153/285


魔女の結界

使い魔たちに銃を向けながらふと思う。
私は、あとどれだけの銃弾を撃てば戦いを終えることが出来るのだろうかと。

……おそらく、私達の戦いに終わりなどというものは無いのだろう。
自分もそういうシステムの中に入ってしまった以上はそれを受け入れるしか無い。
自分より大きな存在が道を定めてしまっているような感覚。

もし、それを覆せる存在がいるのだとすれば、それは『人』では無いのかもしれない。
魔法少女と呼ばれるものでさえ、この程度なのだ。
だとすれば、お伽話や本の中に出てくるような……神や悪魔のようなもの。

ほむら「こんなことを考えても、意味はないわね」

自嘲でしかない呟き。
見滝原市と風見野市の分かれ道の近く。『彼女』の縄張りの境界線。
この辺りで使い魔を狩っていれば、その内彼女は出てくるだろう。彼女は効率を重視する魔法少女だ。
将来魔女となる使い魔を減らしていく事には敏感に察知するはずだ。そして、止めにくる。
そういう相手だからこそ交渉するのは比較的楽な方だ。他と違って目的が分かりやすいから、共闘をしやすい。

そのはずなのに。

ほむら「もう使い魔がいなくなりそうなのに、どうして来ないのかしら」

来る気配が全く無かった。休息でもとっているのだろうか。
彼女の拠点であるホテルへ向かおうかと考える。しかし、いきなり拠点に見知らぬ人が来れば警戒するに違いない。
私の目的は彼女と共闘することだ。無駄に交渉の成功率を下げるようなことはしたくない。

空になった弾倉を補充すると、もう銃口を向ける相手がいないことに気がついた。
考えている内に結界の奥まで辿り着いてしまったようだ。
一瞬、見逃してしまおうかとも考えたがやはりグリーフシードは欲しいので扉を開けて結界の最奥へと入ることにした。

頭部のピンク色をした髪のような部分が大きく揺らいでいる。
犬のように四足で動き、こちらを見据えるとゆっくりと近づいてくる。
盾の中からこの相手に見合った武器を探し出す。

ほむら「まずは、これくらいでいいかしらね」

小型で連射が出来る軽機関銃を取り出した。
拳銃と弾が共有できる物で、使い勝手がいい。
目測で相手との距離はまだ50m程あった。射程距離としてはギリギリの距離だ。
無駄弾は撃ちたくない。相手があと数歩近づけばすぐさま撃てる用意はできている。


159 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:09:53.54 pagBBv/q0 154/285

銃は簡単だ。決められた通りに扱えば、決まった結果を出してくれる。
人とは違って、ずっと扱いやすい。そして、勝手なこともしないから愚かでもない。

あと一歩。

そう思った瞬間、相手が大きく飛び出してきた。
驚いて反応が遅れる。

真っ直ぐ向かってくる。そう理解した瞬間に引き金を弾いていた。
数発は当たったはずだ。しかし、それを受けてなおこちらへと向かってくる。
止められない。横に転がって突進を避ける。

相手はすぐに方向を転換し、また向かってくる。

ほむら「っ……!」

銃を片手で持って盾の中から武器を取り出す。
取り出したものから口でピンを引き抜き、逃げながら数秒数える。

背中に相手が向かってくる風を感じた瞬間にそれを置き、飛び退いて伏せる。
炸裂音がした。背中に少し衝撃を受ける。

ほむら(敵は……?)

爆風に怯んだのか動きを止めて頭を振るような仕草をしていた。
そこから再び動き出す前に大口径の拳銃を構えて放つ。
動物に似た魔女のうめき声が聞こえた。

あともうひと押しで倒せる。そう実感した時に欲が生まれた。時を止めてしまおうかどうか。
元々、佐倉杏子をおびき寄せる為のちょっかいである。それに貴重な魔力を消費して良いものか。
それに相手の魔女はそれ程強い相手でもない。このまま倒しきってしまえるのではないのかと。

一瞬の躊躇いが相手に動く隙を与えた。向かってくるなら迎撃出来る。しかし、その魔女が取った行動は逃走だった。

ほむら「あっ!」

迂闊だった。一気に魔女との距離を離され、銃の射程距離から遠くなる。
結界が晴れていく。仕方なく、自分も変身を解いて大通りの方へと戻る。

ほむら(仕留め損ねたか……けど)

魔女の行方よりも、目当ての人物が現れない事のほうが気がかりだった。
大して魔法を使わなかったとはいえ、魔法少女が戦う以上彼女くらいの魔法少女なら探知出来るはず。
人の流れに乗って歩きながら、バスの停留所を探す。ちょうど駅へと向かうバスが来たのでそれに乗る。

次に思い当たる場所へと私は移動することにした。


160 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:11:33.67 pagBBv/q0 155/285

シティ7 喫茶店

ゲームのポッドから出た二人を迎えたのは大きな拍手と歓声だった。
しかし、その歓声の中から「あれって、FIRE BOMBERのミレーヌじゃないか?」というような声が聞こえた為、すぐにゲームセンターから出て適当な店へと入った。

ミレーヌ「だーかーらー、あれはたまたま。偶然ですって。実戦だったら、ガムリンさんの方がずっと上手ですよ」

ガムリン「……お気遣い、結構です」

ミレーヌ(ああ、もう!私のバカバカ!ガムリンさんを元気づけるためにギリギリで負けるつもりだったのに!つい熱くなりすぎちゃうなんて……!)

ガムリン「それに、ミレーヌさんの動きはやはり素晴らしいですよ。操縦はセンスが大きく出ますから。シミュレーターであれほどの動きが出来るなんて」

ミレーヌ「そ、そうですか?まあバルキリーは子供の頃からおもちゃ代わりだったし、あのシミュレーターも小さい頃からやっていたから。実はスタッフロールの所にパパとママの名前が載っていて……」

ミレーヌ(って違うでしょうが!ガムリンさんを励ますためのデートが……はあ)

コロコロと表情の変わるミレーヌを見つつもガムリンは少し俯く。

ミレーヌ(やっぱりガムリンさん。何かおかしいなあ)

ガムリン「あの、ミレーヌさん。実は、少し聞きたいことが」

意を決したようにガムリンが言う。
ようやくかとミレーヌは少し緊張する。

ミレーヌ「なになに?何でも聞いて」

ガムリン「いや……その、噂話といいますか。FIRE BOMBERが解散するという噂を聞いたのですが、それは一体?」

しかし、切りだされた話題はミレーヌが考えていた事とは別のことだった。

ミレーヌ「なあんだ。はあ、解散じゃなくて活動休止の事ね」

ため息をつきながらもあっけらかんとミレーヌは答えた。
あまりの躊躇いの無さにガムリンは肩を落とす。

ガムリン「そんな軽いものなんですか!?」

ミレーヌ「だって、バサラはああいう感じだし、レイもプロデュースの方に興味があるって言っていたし、ビヒーダは他のバンドからも依頼がわんさか来てる」

ガムリン「活動休止っていうと、なんだか寂しいような感じがするのですが」

ミレーヌ「寂しくない……っていうと少し嘘になるかな。でも、FIRE BOMBERが失くなるわけじゃないから」

ミレーヌの背中合わせに座っていた人物が立ち上がって席の横に立つ。
かけていたサングラスを外して胸元に下げつつ、ミレーヌに声をかけた。

161 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:16:58.90 pagBBv/q0 156/285

「今の話、少し詳しくお聞かせ願えるかしら?」

ミレーヌ「ええと、あなたは?」

「あら、失礼。私はこういうものよ」

名刺を胸から取り出しミレーヌに渡す。

ミレーヌ「フリーライター……ジャネット…ジョンソン……ジョンソンってもしかして……?」

ジャネット「ええ。兄のアレックスがいつもお世話になっている……いえ、お世話を焼いている、かしら?」

ガムリン「それで、マスコミがどうしてこんな所に」

ジャネット「今話しているのはこちらのお嬢さんで、貴方ではないわ。軍人さん」

ガムリン「!なぜ私が軍人だと……」

ジャネット「ほら『銀河スポーツ』って、知っているでしょ?あそこ、前に私がいた場所。記事になった人の事は覚えているわ」

その名前を聞いて、ガムリンの背中に悪寒が走った。その名前が、というわけでは無いがガムリンにとってゴシップ記事を載せるようなマスメディアの存在は苦々しいものだった。
以前バサラの恋愛スキャンダルが話題になった時期があり、その時にガムリンもバサラとそのような関係があるのでは?と、とばっちりをくらった過去があるからだ。

ガムリン「……まさか、あの記事を書いたのは」

ジャネット「興味深い話ではあったけれど他の社も似たような事書いていたみたいだし。つまらなかったから私は関わってなかったわ」

ガムリン「お、俺は決してどっ、同性愛者などではない!ノーマルだ!!」

ジャネット「それよりも、ミレーヌさん。活動休止って言っていたけれど」

ミレーヌ「え、ええ。そうですけど」

ジャネット「活動休止の本当の理由は何かしら?」

ジャネット「もしかして、歌手としての情熱が失くなってしまったから……とか?」

ガムリン「な……そんな馬鹿な話」

ジャネット「馬鹿な、と思うでしょうけれど。突然FIRE BOMBERの活動休止を知らされた人たちはどう受け取るかしらね」

ジャネット「メインボーカルである熱気バサラは何度も失踪を繰り返し、新曲も最近出ていない。そう思われても仕方が無いんじゃないかしら」

ジャネットの物言いにガムリンは少し肩を震わせる。
バサラの事を分かっていないと心の中で憤慨した。

162 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 01:17:26.37 pagBBv/q0 157/285

ミレーヌ「……ふふっ。そんなことは絶対にあり得ませんよ。バサラは歌うことしか頭に無いんですから」

ガムリンとは対照的にミレーヌは余裕の態度であった。

ジャネット「あら、どうしてそう言い切れるのかしら?」

ミレーヌ「それは……バサラならきっとこう言うと思いますよ。『俺の歌を聴けば分かる』って」

ミレーヌ「それに私、活動休止というのが少し楽しみでもあるんです」

ジャネット「楽しみ?」

ミレーヌ「FIRE BOMBERの枠を越えて、みんな自分の才能をより活かせるように、それぞれの道を色んなカタチで試すことが出来る。それって、すっごくわくわくすることじゃないですか」

ジャネット「なるほど。FIRE BOMBERの殻を破ると言う事が本当の理由と」

ジャネット「取材協力に感謝するわ。……失礼な事を言ってごめんなさいね」

ミレーヌ「え……」

その瞬間、ミレーヌとジャネットの視線が交錯した。ミレーヌの表情は笑顔になった。

ジャネット「迷惑料として、ここの支払いはさせてもらうわ。私も、あなた達のファンのひとりとして、必ず納得のいく記事を書いてみせるから。それじゃ」

伝票を手に取るとジャネットはすぐに歩いて行ってしまった。

163 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:04:26.92 pagBBv/q0 158/285

ガムリン「ミレーヌさん!」

ミレーヌ「な、なにガムリンさん?どうしたの?」

少し苛立ちと怒気を含んだ声でガムリンがミレーヌに声をかける。

ガムリン「どうしたもこうしたもないでしょう!あんなマスコミに好きに書かせていいんですか!?」

ミレーヌ「大丈夫だと思いますけれど」

ガムリン「いいえ!大丈夫じゃありません!こうしちゃいられない……すぐに追いかけます。ミレーヌさんは少し待っていてください」

ミレーヌ「あ、ガムリンさん!……はあ、相手の目を見れば分かると思うんだけどなあ。分からないのかしら?」

ミレーヌの呟きはガムリンの耳には届かず、言うが早いかガムリンは後を追って店を出る。
バイクに跨り、ちょうどエンジンをかけたばかりといった様子であった。

ジャネット「あら、軍人さん。私に何か用?」

ガムリン「記事にどんなことを書くのかきちんと説明してもらう。そうでなければ納得はしない」

ジャネット「それは彼女がそう言ったの?」

ガムリン「……いや、そうではないが」

ジャネットはヘルメットを被りエンジン音を鳴らす。

ジャネット「なら、あなたにそれを言う権利は無いわね。言論の弾圧よ。私達は自由に物を書いてもいい権利がある」

ガムリンは無言でジャネットの顔を睨むように立つ。

ジャネット「あなた随分マスコミが嫌いなのね」

ガムリン「ああ、そうだ。俺は根も葉も無いような噂を世に出すようなやつらの気は知れん。そんな奴が権利などと」

ジャネット「なら、あなたはあのお嬢さんの権利も侵害しているって事は理解しているかしら?」

ガムリン「何?」

ジャネット「あの子は私に記事を任せると言ったのよ。なら、それを尊重するのが筋では無くて?」

ガムリン「それは……」

ガムリンは言葉に窮する。元々、真面目な性格であるのでこういう言い争いは得意な分野とは言えなかった。

ジャネット「あなた、彼女の事を少し子供扱いしすぎよ。彼女はあなたが思っているよりずっと大人だって理解してあげなさいな」

そう言って、ジャネットはガムリンをよけてバイクを走らせて行った。

ガムリン「過保護……俺が……?」

言われて、見に覚えが無いことではなかった。
ガムリンは走り去るバイクを少しの間呆然と眺めていた。

164 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:05:29.27 pagBBv/q0 159/285

学校

昼休みになるとまどかの席を中心として仁美とさやかが集まる。
持ってきたお弁当を広げて食べる準備を始める。

さやか「いつもながら、まどかのお弁当って綺麗だよね。パパさんてばほんと料理上手」

まどか「ママは料理とかあんまり得意じゃないから、頑張って覚えたって言ってたけど」

仁美「愛する者の為に努力する夫。はあ、美しき夫婦愛ですわね」

他愛無い会話をしながらも、まどかはさやかに目を配っていた。
前の休み時間に、マミに呼び出されあることを探るように頼まれていた。

まどか(マミさんは様子がおかしいって言っていたけれど……やっぱりよく分からないや)

さやかは元々、自分の心象をあまり態度に表さない方だ。周りに心配をかけないように取り繕うのが上手い。

まどか(でも、もし何か心配事を抱えているのなら。ちゃんと力になってあげなきゃ)

さやか「ん、どうしたのまどか。なんかさっきからこっちばかり見てるけど」

まどか「へ……な、なんでもない……よ?」

逆に疑われてしまう。どうも自分はこういうことに向いてないのかもしれない。

まどか「ええと、ほら。上条君学校にようやく来たから……久々の学校で大丈夫かなーって」

慌てて視線の先を逸らす。

さやか「ああ、恭介なら……うん……」

仁美「どうかなされました?」

さやか「いや、大したことじゃないんだけどね……」

そう言ってさやかは恭介の方へと向けた視線をまどかへと戻した。

まどか「リハビリってまだ続いているんだよね。私も一緒にお見舞いに行こうかな」

仁美「そう言えば、さやかさんは入院中に何度もお見舞いに行っていたとお伺いしましたが……お二人の関係は?」

何気ない言葉であったが、一瞬空気の流れが止まったことがまどかにも分かった。

さやか「あたしと恭介?ただの腐れ縁っていうか……はは、何だろうね」

仁美「……へえ。そうですの」

含みのある言い方だとは思ったが、まどかは何と聞けば良いのか分からなかった。
自分の恋愛経験の無さを少し悔しく思う。

165 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:08:04.03 pagBBv/q0 160/285

まどか「えっと、今もリハビリは続いているんだよね。まだお見舞いとか行くの?」

さやか「……まあ、私も今は忙しくなったし、恭介も色々大変みたいだし。リハビリの邪魔になると悪いから最近はあまり」

仁美「忙しい?さやかさんって何か部活動とかなされていましたっけ」

さやか「あ、ええと。ちょっと課外活動をね」

仁美「まあ、それは。私も習い事をたくさん抱えている身ですから苦労は察せられますわ」

会話が続いている中、まどかはさやかの調子が少しズレたと感じた。

まどか(マミさんの言っていたこと、当たっているのかも)

ただの課外活動であるなら、何も心配はいらない。
しかし、その課外活動は生死がかかっている。微かな違和感でも重大な事のようにまどかには思えた。

まどか(マミさんは、私のほうが悩みを聞くのに適任だって言っていたけれど……でも、私よりやっぱりマミさんの方が)

まどか(だって、私はマミさんのように頼りがいも無いし。いろんな経験だって少ないし……)

さやか「まーどーかー?」

まどか「ひえっ?」

さやか「なーに難しい顔してんの。まどからしくないよ、そういうの」

まどか「そ、そんなに変な顔してた?」

さやか「してたしてた。こーんな顔」

そう言って、さやかが変顔を作る。 笑い声が机を包んでいた。

何事も無く終わる一日。そういう日がずっと続いていくものだとまどかは信じていた。
だから翌日にさやかが無断で学校を欠席するということは、まどかも仁美も思っていなかった。


166 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:09:03.31 pagBBv/q0 161/285

病院

恭介「ありがとうございました」

恭介は頭を下げつつリハビリ室から出る。腕の方は違和感無く動くのに、脚の方がまだ治らない。
腕と脚の治療の速度に少し疑念を抱くが、もう動かないと言われたものが折角動くのだから深くは詮索しないようにしていた。

動きを確かめるように手を何度か握っては閉じる。
事故に遭う前までは、その動きは当然のものだった。

恭介(これでまたバイオリンが弾ける。……そのはずなのに)

両親とさやかがいる前で楽器を持った瞬間、動くようになったはずの腕は自由を失くした。
曲を忘れたわけでも、バイオリンの音が出なかったわけでもない。
何故か、弾けなかった。

恭介「どうして……僕は」

落胆した両親の顔を思い出すと胸がきつくなった。
バイオリンは父親から教わった。事故があっても、バイオリンを捨てることが出来なかった事からも未練があったのだろう。
その期待を裏切るようなことをしてしまった自分に腹が立つ。

恭介「……あいつが余計な事を言うから」

バサラに言われた事がじくじくと蝕むように恭介の思考を埋めていく。
意味の分からない言葉だと思った。雑念を振り払う為に外へと出る。

病院の庭は主に高齢者や入院患者たちの散歩場所になっている。
そこのベンチに例の男がギターを持って座っていた。

バサラ「よう。腕と脚、良くなったのか」

見つけて、硬直してしまった。
目を合わせないように離れようとしたが、逆にその動作が不自然だったのか見つけられてしまった。
声をかけられてしまっては、逃げ出すわけにもいかない。取り敢えずベンチの前まで行く。

恭介「ここで何やっているんですか」

バサラ「新しい曲を考えている。相変わらずの目が覚めるような歌を聞いたからな。俺も負けてらんないぜ」

恭介「?」

やはりわけが分からない人物だと思った。
しかし、彼の言動にはどうしてかいつも引っかかる部分がある。

恭介「前に言ったこと覚えてます?」

本当は会話などしたくないはずなのに、それでも会話を続けてしまう。


167 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:11:09.25 pagBBv/q0 162/285

バサラ「前に言ったこと?」

恭介「音楽は魂って、何なんですか」

バサラ「何って……言ったとおりの意味だろ」

恭介「言ったとおりって、そんなの意味が分からないですよ。ちゃんと説明してください」

バサラ「急にどうしたんだよ。そんなこと聞いて」

恭介「ちゃんと教えてください……じゃないと……僕は……」

杖を抱えた腕をもう一方の手で抑える。
弾けない腕なら、無いものと同じだ。

恭介「大人なら、自分の言ったことに責任を持つものでしょう」

バサラ「魂は魂だよ。感じたままに、伝えたいことをハートに叩きつける」

恭介「それじゃあ分かりませんよ!」

バサラ「だから……あーもう!分からないやつだな!」

ギターを膝に乗せ直して弾き始める。

恭介「何を?」

バサラ「歌うんだよ!分からず屋のハートにもすぐ分かるサウンドってやつを見せてやる!」

http://www.youtube.com/watch?v=bXw4UDFpV90

♫ お前が 風になるなら 果てしない 空になりたい

♫ 激しい雨音に立ちすくむ時は

♫ ギターをかき鳴らし心を鎮めよう

♫ COME ON PEOPLE 感じて欲しい

♫ 今すぐ 分からなくていいから

♫ COME ON PEOPLE 命の限り

♫ お前を 守り続ける MY SOUL FOR YOU

突然歌い出すバサラを唖然として見ていた恭介だが、次第に歌を聞くために立ち止まる人々が現れることに気がつく。

168 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:12:39.46 pagBBv/q0 163/285

恭介「だから、どういうこと」

恭介(この歌が何の答えだって言うんだ)

♫ おまえが道に迷ったら

♫ 微笑みで闇を照らそう

♫ お前の悲しみが癒やされるなら

♫ 声が枯れるまで 歌い続けよう

♫ COME ON PEOPLE 信じて欲しい

♫ いつまでも 変わらない俺を

♫ COME ON PEOPLE 太陽のように

♫ お前を 輝かせる MY SOUL FOR YOU

恭介の言葉に対して、バサラは歌うだけだった。
この歌こそが答えだとでも、自信を持って言うかのように。

恭介(なんで……そんな風に)

間近で聞くと分かる。
ただ、上手いだけでは無い。活力を、元気を、何か含んでいるものを受け取ることが出来る歌だと思った。

バサラ「……何がどうとか、言葉だけじゃ上手く伝わらないことってあるだろ」

バサラは間奏を弾きながら恭介に話しかける。

恭介「弾けないんですよ。バイオリンが」

つい、言葉に出してしまった。

恭介「理由が全然分からなくて……これじゃあ腕が治っても、何も意味がなくて」

恭介「あなたは、分かるんですか?僕が弾けない、その理由を」

バサラ「お前って、どうしてバイオリン弾いているんだ?」

恭介「どうして……って」

また、同じ質問だった。
その答えをまた言おうとして、それが違うということが自分で分かった。

バサラ「大事なコト。ちゃんと分かってるのか?」

恭介「……そんな事、全然考えたことないですよ」

正直に答えた。
しかし、バサラの顔は微笑んでいた。

バサラ「なら、頑張って見つけなきゃな。結構苦労するもんだぜ」

そう言ってバサラはまた歌い出す。

恭介「音楽は……魂」

小声で呟いた。
答えが教えられないことに少し反感を抱いたが、同時に自分が甘えていたことに気がつく。

恭介(自分の……大切なコトを……)

自然と腕に力が篭った。
恭介は、バサラの歌へ耳を傾ける。

169 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:13:53.89 pagBBv/q0 164/285

学校

まどかは初め、そういう事もたまにはあると思った。
登校中にさやかと会わずに学校へ向かう事に多少の寂しさと違和感を覚える。けれど、学校へ行けばまたいつもの日常が始まる。
そう思っていた。

和子「美樹さんは欠席……ですか?学校に連絡が来ていないのですが」

担任が困惑した表情で言う。まどかは空いた席を見て曇り顔になった。

まどか(どうしちゃったんだろう)

さやかは病弱というタイプではない。魔法少女になってからは尚更だ。
まどかは登校する途中で仁美と会ったが、何故かあまり会話が出来なかった。
まどかが沈黙に耐えかねて何か話題を振っても仁美から話が返ってくるということはなく、ただ空返事がされるだけ。

まどか(さやかちゃんと、何かあったのかな)

出欠確認と先生の話が終わると、まどかは仁美の席へと向かう。

まどか「仁美ちゃん。聞きたいことが」

仁美「何でしょう?」

まどか「さやかちゃんの事、何か知らない?休むきっかけになりそうな事とか、何か話していなかった?」

仁美「……さやかさんが休む理由は、知りませんわ。ただ、昨日少しお話はいたしましたが」

まどか「話って?」

仁美「恋のお話ですわ」

きっぱりと、そう言い切った。
仁美は、まどかを意に介さないとでも言うかのように、さっさと次の授業の支度を始めてしまった。

まどか「それって、どういうこと」

それでも、まどかは踏み込む。
しばらく、仁美は表情を変えずにまどかをじっと見ていた。

170 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:14:28.54 pagBBv/q0 165/285

仁美「ある、勝負をしていますの。ある殿方をめぐっての勝負を。けれど、その人はさやかさんとの付き合いも長い」

仁美「ですから、私は先に愛を伝える機会をお譲りいたしました。今日まで、ですけれど」

あまりそういう話が得意でないまどかでも、仁美の言う殿方が誰かは分かった。

まどか「どうして、そんなことを」

仁美「私はただフェアな試合がしたいだけですわ。でも、もしこの欠席がその勝負から逃げることを意味するのでしたら……さやかさんには少し幻滅いたしますわね」

まどか「逃げてなんか!」

仁美「まどかさん?」

まどか「分からないけど……多分、違うよ」

仁美「あなたがさやかさんの事をどう思っていらっしゃっても、私は構いません。しかし、約束は約束。今日が終われば、彼女の優先権は失くなる」

まどか「優先権だとか……なんだかそれって……」

仁美「鹿目さん。あまり、人の恋路に口を挟むものではないと思いますわ。それでは、あなたも授業の準備をなさったほうがよろしいかと」

まどかの心中は穏やかでなく、授業を受けるよりも今直ぐにでもさやかの元へ駆けつけたい気分だった。
しかし、自分が学校を勝手に抜けだしたとしてどこに向かう?その事が親に伝わって心配させたら?それを見て、他のクラスメイトはどう思うだろうか?
そういう事を考えると今のまどかに出来る事は限られていた。自分が、色々なものに縛られている身分や年齢であることを歯痒く思った。

171 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:15:33.66 pagBBv/q0 166/285


行き先を告げるアナウンスがバスの中に響く。
運転席の頭上にある料金が上がり、停車ボタンが押されて赤く点灯する。

さやか「あたし……何やってるんだろ……」

なぜ、自分がバスに乗っているのか。
明確な理由はさやか自身にも分からなかった。思考が渦巻いて上手く答えが出てこない。
強いて言うのなら、通学途中、ふと立ち止まった所がバスの停留所で、たまたまバスが停まったから。

さやか「学校……どうしよう……」

今から降りて、反対方向のバスに乗ればまだ間に合う。
連絡もなしで、大遅刻。最近また振られたばかりで傷心中の担任の気を揉ませる事は明らかだ。

それに、バスを降りたいとは思わなかった。
学校に行きたくないのかと自分で思ったが、ズル休みをするのは気が引けた。
だから、取り敢えず通学だけはしようと思った。……思っていた。

「次は、終点、風見野駅前。本日もご利用いただき誠にありがとうございます」

考え事をしていると、降りざるを得ないところまで来てしまっていた。
あまり来たことの無い隣町。だが、それ故知っている人と出会う事はまずないだろう。

さやか(これからどうしよう)

『正しい』道は、何だろうか。

戻って、学校に遅れてでも登校することだろうか。
……それなら、初めからバスに乗ること自体が間違いだ、と、自分で自分を責める。

バスを降りる。
親などと一緒に来たことが無いわけではなかったが、一人で来るのは初めてだ。
どこに何があるのか分からず、地図の前でしばらく立ち止まる。

さやか「バスの停留所は……」

見滝原市行きのバスを探す。時間を見て、次は30分後だと書いてあった。

さやか(ずっと待っているのも暇だし、少し散歩でもしようかな)

そう思って駅の周りを歩く。
平日の朝ということもあってか、自分の記憶よりずっと人通りが少ない。

172 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:16:28.47 pagBBv/q0 167/285

路地に入ると、前も後ろも人がいなくなる。制服姿の中学生がこんな時間にこんな所にいる。 なんとなく、自分が悪いことをしているような気がして少し高揚する。

さやか「……って、ホント私ってば何やってんだか。こんなの、ただの現実逃避だっての」

逃避。逃げること。
仁美と交わした会話が胸を突く。表面では軽く流したつもりだったが、内心では戸惑いや焦りを感じていた。

しかし、それだけが今、自分がここにいる理由だろうか。
確かに、仁美やその話から逃げたかったという気持ちもあった。だが、それと同じくらいに魔法少女の使命が重く感じていた。
自分で選んだ道で、先輩からは何度も念を押されていた。だから、文句は言えない。言ってはいけない。
町を、みんなを守っているのに、その事に気付かれず、感謝もされない。

さらに、命の恩人だというのに仁美はあたしにあんな事を言う。

さやか「あたしが、あの時いなかったらどうなっていたか……」

つい、そんな事を考えてしまった。
その事の重大さに気づいて、息を飲む。こんな気持ちでいてはいけない。

気分を変えなければ。そう思って目に入ったのはゲームセンターだった。
友達と遊びの一環で入ったことはあっても、あまり自分から行くような場所ではない。
それでも、今の気分にはちょうどよいと思った。
自動ドアの前に立つ。UFOキャッチャーがずらりと並ぶ通路を抜けていく。
どれもやったことのないゲームばかりだ。平日の朝ということもあってか、人はほとんどいない。

その中で、一際目立つ存在がいた。音楽に合わせて矢印の方向にステップをするダンスゲーム。
自分と同じくらいの年齢の少女がそれに興じていた。

さやか「おお、上手い」

軽やかな動きに思わず見とれる。最後のステップを踏み、少女が大きく息をついた。
結果の画面が出る。ボタンを押してその画面をスキップすると、「GO TO THE EXTRA STAGE!!」と表示が出る。


173 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:17:35.62 pagBBv/q0 168/285

「そこのあんた」

振り返って、突然声をかけられる。

さやか「え、あ、あたし?」

「一曲、やらない?もうあたし疲れちゃってさ」

さやか「いや、いいよ、あたし全然やったことないしさ」

「簡単なレベルの曲にしてやるからさ。どう?」

いつもなら、見知らぬ他人からの勧めなど自分は断るはずだと思う。
けれどその時は、『たまにはそういう事をしてみるのもいいかな』と思った。

さやか「じゃあ……折角だから」

鞄を置いて台の上に昇る。

「レベルは……初めてだしこんなもんでいいかな。よし、始まるよ」

さやか「え、もう!?」

画面にゲージが表示され、曲合わせてキャラクターが踊り始める。

さやか「え、ええっと。上、右、下、右」

不慣れながらも、表示に合わせてステップを踏んでいく。
少女はそれを見て「上手い上手い」と言ったり、「動きが大きすぎるからもっと小刻みに」などとアドバイスを出す。

58COMBOと書いてあった。今のところ、一度も踏み外していない。

さやか「へへっ、あたし才能あるかもね」

少し得意気に言う。

「あ、この曲そこから速くなるよ」

さやか「え?」

さやかが気づいた時には、今までの3倍位のスピードで矢印が動いていた。

さやか「ちょっ、まっ、わっ!?」

「ほら、無駄な動きをしない。もっと足を速く動かす」

さやか「あたしっ、初めてっ、なんだけど!?」

「いけるいける。あともう少しだって」

忙しなく動くさやかとは対照的に暢気な様子で言う。
何度も踏み外し、ゲージのメモリが減っていく。緑色から赤色へと度々変わる。
曲が終わった時、クリアのアナウンスがされた。


174 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:39:30.90 pagBBv/q0 169/285

さやか「はーっ、はーっ……ギリギリ……クリア?」

「初めてにしてはなかなか上手いじゃん」

1人だけの小さな拍手。一応、礼を言う。

「……ま、同じなら当然か」

さやか「?」

何かを言っていたようだったが、よく聞こえなかった。
ゲームの音が大きい所為だろう。

「ところでさ、あんたこれからどっかに行く用事とかあるの?」

さやか「用事……?特にはないけど」

「え、じゃあ何でこんな所に」

さやか「何でって、それは……えーと、何となく?」

人に話すような話でもない。それに、自分でも上手く理由の説明は出来ないと思った。

「んー、ここで会ったっていうのも何かの縁だし。あたしのうちに来ないか?お菓子とかあるし」

お菓子があるからといってそれに釣られるような歳ではない。
しかし、相手の意図が分からない。なぜ、見ず知らずの相手にそんな事を言うのか。

さやか「悪いけど……あたし、あんたの事よく知らないんだけど」

「うっ……それは」

たまたま立ち寄ったゲームセンターで、遊ばせてもらっただけの間柄だ。
それなのに、どこか馴れ馴れしい。

さやか「それに、あたしはこれから学校に戻らないといけないの。それじゃあ」

「学校、サボったんじゃないのか」

さやか「ぎくっ」

「その制服、見滝原中だろ。学校サボってこんな所にいましたって学校に言われたらまずいんじゃないの」

さやか「そ、それは」

まさか、脅迫されるとは思わなかった。というより、自分の行動の迂闊さを呪った。

「あたしに付き合うなら、黙ってておいてやる。どうだ?」

さやか「ぐっ……」

返答に窮する。何だか怪しい感じがした。
普通、出会ったばかりの人に対してこんなふうに言うだろうか。警戒心が強まった。

「……だああ!もう!とにかく!お前みたいなの見てるとほうっておけないの!だから、ついて、来る!」

迷っていると、向こうが強引に話を進めようとしてきた。腕を引かれる。

さやか「ちょ、ちょっと!?名前も知らない相手についていけるわけ」

「名前?ああ!そっか、そうだな。あたしは杏子。佐倉杏子。お前は?」

さやか「さ、さやか。美樹さやか。」

杏子「よし!よろしくな、さやか。じゃあ行くか!」

さやか「え、いや、ちょっと、待ってってば!?」

腕をひかれつつも、何となく悪いことはされなさそうだと思った。
そういう事を考えられるようなタイプでは無いのだろうということは態度から分かる。

さやか(まあ、少しくらいならつきあってやってもいいか)

次の見滝原方面行きのバスに乗ることは諦めた。


175 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:40:23.74 pagBBv/q0 170/285

バトル7 医務室

ガムリンが部屋の前に立ち、ボタンを押す。

「入ってくれ」

中から声がする。開けると、一世を風靡したアイドルであるリン・ミンメイのポスターが所狭しと飾られていた。
初めは驚きと嫌悪感があったガムリンだったが、今ではもう慣れたものである。その中にFIRE BOMBERのポスターも追加されていたことには少し驚いた。

ガムリン「千葉大尉。バサラの件で話とは?」

統合軍の軍医であり、音エネルギーについての研究をしているドクター千葉は先の戦争において多大な功績を残した人物の1人だ。
彼のおかげで音エネルギーをより増幅させる装置やそれに関する兵器をいくつも作り出すことが出来た。

Dr.千葉「ああ。見て欲しいものがある……と、その前にこれを」

ヘッドホンを手渡され、言われたままにかけてみる。

♫ さあ はじまるぜ さたでないと ちょうしはどうだい

♫ れっつだんす びーとをかんじるかい

ガムリン「んなっ!!千葉っ!これはっ!?」

思わぬ自分の歌声に羞恥心と怒りが入り混じる。

Dr.千葉「聞いての通り君の歌だ。コックピットのボイスレコーダーから抽出したものだが」

ガムリン「な、なぜこれを抽出する必要がある!?」

Dr.千葉「まあ、落ち着き給え。実は君がバサラを捜索しながら歌っている時、興味深いデータが取れた……ほら、この線だ」

ガムリン「興味深いデータ?何やらジグザグの線が見えるが」

Dr.千葉「それは君の声紋だ。その下の線だよ」

下方に合った微弱な反応に印をつける。

ガムリン「……んん?起伏が小さくてよく分からないな。何かのノイズじゃないのか?」

Dr.千葉「ところがな、これを拡大して見てみると……実は私の持っているサンプルデータと照合するのだよ」

ガムリン「サンプルデータと?……!それはつまり……」

Dr.千葉「そう。バサラの声紋だ。形からして、歌っていたようだな。何の曲かは分からないが」

ガムリン「ということは、やはりバサラはあの近くに……?」

Dr.千葉「……いや、どうやらそういうわけでも無いらしい。彼の歌エネルギーは強大だ。もし付近に居るのだとすればもっと反応があるはず」

Dr.千葉「私は、彼の歌が持つエネルギーがフォールド波に影響を与えたという仮説を立てている。その結果、どこか遠くの場所へと飛ばされたのではないかと」

ガムリン「しかし、どうして突然その場所にフォールド波が検出されたのか」

Dr.千葉「仮説の段階だから断定は出来ない。しかし、何らかの力が働いた事は確かだ。それが何なのか、どこの誰が何の目的で発したのかは謎だがね」

176 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:41:17.80 pagBBv/q0 171/285


ガムリン「……決定的な手がかりにはまだ遠いか」

Dr.千葉「もしかしたら、の話だが」

ガムリン「何か手段があるのか?」

Dr.千葉「君の歌声に反応したのだとすれば、もっと大きな歌エネルギーを用いればバサラからの反応もより大きくなるかもしれん。反応があれば位置を探知することも可能だ」

ガムリン「大きな歌エネルギー……となると、ミレーヌさん達の協力が必要か。ありがとう、ドクター千葉。ご協力感謝する」

Dr.千葉「ああ。……話は変わるのだが、一つ聞いてもいいかね」

ガムリン「何か?」

Dr.千葉「君は、私を恨んだりしているかな」

ガムリン「恨む?なぜ、そのようなことを」

Dr.千葉「いや、いきなりこんなことを聞いてすまない。君はまだ歌の力に対して理解がある。だが、軍の中には歌の力、ひいては私の研究に対して否定的な考えを持つ者も多いと聞いてな」

ガムリン「確かに……そのような者がまだいるという話は聞いているが、しかし現に我々は歌の持つ力に救われていてそれを否定するなどということは」

Dr.千葉「救われたから、だよ。自分たちの力で無いものに救われたことが気に入らない。つまり、自分たちの生き方を否定されたような気になってしまっている。

Dr.千葉「……軍に所属する者としては彼らの気持ちを汲んでやりたいとも思うのだが」

自分も、その事について考えたことが無かったわけではない。
歌があれば、戦いは必要ない。戦いをしなければ軍人もいらない。信念や覚悟を持って軍人になったはずなのに、その存在意義を否定される。
しかし……。

ガムリン「バサラ達は少なくとも自分たちの生き方を否定している訳ではないと思う。例え軍人であっても、それ自体を否定しているのではなく、戦いそのものに対して反抗しているのだと」

ガムリン「私たち軍人も、他者を脅かしたり、自ら進んで戦いをしたいと考えているのではない。自分たちの生活を守るため、そして争いを止めるために存在している」

ガムリン「だから、きっとバサラ達とは手段が違ってはいても目指す所は同じだと信じられる。自分は、少なくともそう考えている」

Dr.千葉「全員がそのように考えてくれればいいのだがね」

ガムリン「時間はかかるだろう。だが、決して不可能ではないはず」

Dr.千葉「私もそう思うよ。ありがとう、意義深い話が出来て私も楽しかったよ」

ガムリン「では、私はこれで」

ガムリンが部屋から出て行ったのを見てから艦内通話機のボタンを押す。

Dr.千葉「……あの話、艦長に私の方から彼を推薦しておくか」


177 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:43:22.80 pagBBv/q0 172/285

風見野市

さやか(そういえば、こいつもあたしと同じくらいの歳だよね……サボりにサボりって言われてもなあ)

慣れない道を歩きながら、さやかはそんな事を考えていた。

杏子「もうすぐ着くけど……おーい、聞いてるか?」

さやか「うえっ、いや、ええと何?」

杏子「もうすぐ着くよって。ほら、あの建物」

杏子が指さしたのは白く大きな建物に、遊び場のような広い庭のある施設だった。
客用の玄関から入ってさやかを招き入れる。杏子たちが家の中に上がったという時に、駆け足の音が聞こえた。
その勢いのまま、小さな少女が抱きついて来たのを杏子が受け止める。

ゆま「キョーコ!おかえりなさい」

杏子「ただいま。でも家の中を走るなって言ったろ」

ゆま「うん、ごめんなさい。……あれ、そっちは?」

杏子「ああ。ええと……友達……かな、うん、そうだ」

ゆま「キョーコの友達!?はじめまして、千歳ゆまです!」

さやか「あ、うん。美樹さやか……よろしく」

ゆまの威勢の良さに少したじろぎながらも自己紹介を済ませる。

ゆま「そうだ、キョーコ!園長先生が探していたよ。礼拝堂に」

杏子「ああ、分かってる。すぐに行くって園長先生に伝えておいて。さやか、こっち。案内する」

さやか「案内って?」

杏子「ん……そういえばさやかの家は宗教とか禁止されてることはあるのか?」

さやか「いや、別に無いと思うけど」

杏子「なら良かった。昼の礼拝が始まるからさ、興味ある?」

さやか「礼拝?別に興味は……」

笑顔の杏子に見つめられる。期待を込めた眼差しである。

さやか「……まあ、あるかな」

それを聞くと杏子は嬉しそうな表情を見せる。

杏子「おっし。それじゃあ、着いてきて」

さやか「どこに?」

杏子「礼拝堂。向こうにあるんだ」

来客用のスリッパを履いて歩きながらさやかは聞く。

178 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 02:44:20.21 pagBBv/q0 173/285

さやか「そういえば、なんかやることあるんじゃないの?」

杏子「大丈夫。まだ出番までの時間はあるからさ」

そう言いながら、礼拝堂へと辿り着く。
黄色がかった木の机と椅子がずらりと並び、中央の廊下の先には宗教の象徴が掲げられていた。

さやか「あたし、こういうのよく知らないんだけどいいの?」

杏子「別に何も信じてない人だってたくさん居るよ。お祈りの後のお菓子目当てに来る近所の子供だっているし」

自分はそういうつもりで来たわけでは無いのだと言いたかったが、口の中で留めた。

杏子「じゃあ、ちょっと用があるから。適当な場所に座っててくれ」

そう言うと、杏子はさっさと礼拝堂の奥へと向かっていった。
残されたさやかは、落ち着くためにため息をついた。
自分と同じくらいの相手とはいえ、見知らぬ他人について行き、自分が今居る場所がどういう所かさえも分かっていないということに改めて少し恐怖を感じる。
自暴自棄になっているという思いはあった。省みて、軽率な行動に頭を抱える。

さやか「……はあ、なんか流されてる気がする。これって、怪しい新興宗教とかじゃないよね……?それとも、怪しいダイエット商品とか買わされたり……なわけないか」

ゆま「独り言?」

さやか「うんそう独り言……ってえ!?」

ゆま「こんにちは!キョーコの友達」

さやか「あ、ああ。さっきの」

小さな身体の割にはしっかりしているという印象を受けた。

さやか「ゆまちゃんだっけ?挨拶が出来て偉いね。小学生……だよね」

ゆま「う……うん」

何故か言いにくそうにする相手に、さやかは疑念を抱く。
そういえば、この時間なら小学生は学校に通っている時間である。
それなのに、何故この少女はこんな場所にいるのだろうか。

さやか「学校、今日は休みなの?」

ゆま「え、ええっと……その……」

まずい、と思ったのはさやかの方だった。

さやか「あ、ご、ごめん、ごめん。言いたくなければ別にいいよ。あたしだってほら、サボりだし。はは」

さやか自身も、あまり休んだ理由は言いたくない。
相手もそうかもしれないのに、聞くのは間違いだったと気づいた。

ゆま「お家が無くなっちゃったから、今は学校に行けないって」

さやか「え……?」

ゆま「でもね。キョーコが助けてくれたの。それで、ここが新しいゆまのお家だって。だから、全然寂しく無い」

そう言う少女の目は薄っすらと赤みがかっていた。

179 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:10:37.52 pagBBv/q0 174/285


さやか「ゆまちゃん……」

ゆま「あ、お祈りの時間が始まるよ!座って、静かにしないと」

さやか「あっ……そ、そう」

気丈な少女だとさやかは感心した。そして、自分がいる場所がどういう人達がいる場所なのか少し理解することが出来た。
ゆまの隣に座って少し経つと音楽が聞こえ始める。壇上でオルガンの奏者が曲を弾き、その曲の間に衣装を身にまとった少年少女達がぞろぞろと現れた。

さやか「これからなにが?」

ゆま「お歌だよ」

さやか「歌……?」

最近、自分が聞いた歌にあまりいい思い出がないさやかとしてはどうにもいい感じがしなかった。
子どもたちの中から1人が前に出て一礼をして、指揮を取り始める。

http://www.youtube.com/watch?v=2bosouX_d8Y

さやか(この曲……)

流れだした曲にさやかは聞き覚えがあった。
子供の頃、発表会で恭介がバイオリンで弾いた曲。
恭介との話題を作るために聞いていたクラシックのCDで、いきなり歌声が聞こえ出したから余計に印象に残っていたのかもしれないと思った。
歌詞の意味は殆ど理解していない。それでも、聞いていると穏やかな気持ちになる。
そういう曲であり、歌であることは理解していた。

歌が終わると、拍手が起こる。
さやかも少し遅れながらも拍手を送る。

ゆま「私もね、来年はあそこで歌うんだ。キョーコと一緒に」

自慢気に少女が話す。その顔にはもう湿っぽさは無くなっていた。

さやか「へえ!すごいね。みんなゆまちゃんより大きな子たちばかりに見えるけれど、大丈夫?」

ゆま「大丈夫。だって、キョーコがいるもの」

さやか「ゆまちゃんは、あいつの事すごく信頼しているみたいだけれど、どうして?助けてもらったって言っていたけれどさ」

ゆま「ゆまが怪物に襲われそうになった時にキョーコが助けてくれたの!こうやって、ズバーンって」

怪物。
その単語を聞いて、さやかが真っ先に思い浮かんだのが魔女である。

さやか「……ねえ、ゆまちゃん。もしかしてあいつは……こういうのを持っていなかった?」

さやかはソウルジェムを取り出してゆまに見せる。

ゆま「あ、キョーコのと同じだ。色が違うけれど」

さやかは、一瞬息ができなくなった。
壇上の袖へと退場する杏子の姿を目で追いかけ、震える手を握りしめた。


180 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:11:41.67 pagBBv/q0 175/285

学校

まどか(それじゃあ、マミさんは魔女を追わないといけないから)

マミ(ええ。……美樹さんのことはあなたに任せるわ。歯がゆいけれど、私よりあなたの方が彼女の行きそうな場所とかが分かるだろうし)

まどか(さやかちゃんにテレパシーは通じないんですか?)

マミ(なんだか上手く繋がらないのよ。1人になりたいって事なんだろうけれど)

まどか(……ほむらちゃんにも協力してもらえれば)

まどかは視線をほむらの方へと動かす。姿勢正しく、表情を変えずにただ黒板の方を向いていた。
視線に気がついたのか、少しだけ首を傾けたのを見てまどかは気まずさから視線を戻した。

マミ(それって……)

マミは負傷した自分にグリーフシードを投げてきた存在を思い出す。
油断をしていたとはいえ、自分が苦戦したお菓子の魔女を難なく撃破した魔法少女。

マミ(あの子はおそらく協力してくれないと思うわ。こんな言い方をしたくは無いけれどお人好しって柄ではなさそうだから)

まどか(マミさんからは、ほむらちゃんと協力しようと思わないんですか?)

マミ(どうかしらね。なんにしろ、相手の事が分からないとどうしようも無いわ。彼女、あまり他人に心を開いている感じがしないもの)

まどか(そう……ですよね。悪い人では無いと思うんですけど)

マミ(私は少し調べたいこともあるから、鹿目さんは美樹さんを)

まどか(……はい!)

和子「はい。それでは、最近風邪でお休みする生徒もいらっしゃるようなので健康には気をつけるように」

和子「あと、特に男子諸君は相手がいるにも関わらずに気持ちを考えず、他の女の人との距離を考えないような気遣いの出来ない人にはならないように」

当番の人が号令をかけて、一日の授業が終わる。部活動の準備をしている生徒たちもいるが、まどかは一目散に教室を出ようとした。

仁美「お待ちになられて」

教室を出ようとして、仁美に声をかけられた。

181 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:12:56.15 pagBBv/q0 176/285

まどか「仁美ちゃん……」

仁美「美樹さんを探しに行かれるのですわね」

まどか「うん。そうだけど……」

仁美「なら、言伝を頼みますわ。正々堂々とした勝負を私は望んでおりますから」

まどか「それで、伝えたいことって」

はやる気持ちでまどかは尋ねる。

仁美「夜の8時ちょうど。公園でお待ちいたしますわ。もしそれより少しでも遅れた場合、私の不戦勝とさせていただきますわ」

まどか「……それって、勝手に決めていいのかな」

仁美「勝手?構いませんわ。恋は戦争。手段など、選んでいられませんわ」

堂々と、仁美は言い切る。まどかは反射的に否定の言葉を投げかけたかったが、それを言っていいのは自分ではなく当事者でしか無いのだと気付く。

まどか(ここでも……か)

仁美「それでは、どうぞお行きなさい。どうか美樹さんが負け犬になる前に、見つけて差し上げて」

いつもの仁美からは考えられないような言葉である。
恋とは、ここまで人を狂わせるものなのだろうか。経験の無いまどかにはその心理がよく分からなかった。

校舎を出てさやかの家へ電話を掛けるも、家の人は朝に家を出て行った事以外は何も分かっていない様子であった。
あまり深刻視をしている様子ではなかったが、事情を少なからず知っているまどかとしては、気が気でなかった。

まどか(さやかちゃんが行きそうな場所……)

よく友達と話をするハンバーガー屋。買い物に行くショッピングセンター。よく遊びに行く場所。
ざっと思いつくだけでも探す場所は中学生の少女にとってそれなりに広い範囲だ。

182 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:13:22.04 pagBBv/q0 177/285

まどか(通学路からまずは探してみよう)

校門からさやかの家の方へと歩き始める。
さやかへの電話は通じなかった。おそらく、通じないように電源を落としているか設定を変えているのだろう。

まどか(さやかちゃんには助けてもらってばかりだった)

さやかとは小さい時からの付き合いだが、性格は対照的。
内向的なまどかと、勝ち気なさやか。だが、互いに互いの優しさを理解しあっている。だから、友達でいられる。
まどかはさやかが、自分には勿体無いくらいの友人であると思い、いつかは自分が受けた恩恵を返したいと思っていた。

まどか(だから、今度は私が)

魔法少女か否か。その距離を埋めるために何をすればいいのか。
非力な自分に出来る事は何か。親友であるなら、何が出来るのか。

まどか(さやかちゃんが苦しんでいるなら、その苦しみを少しでも分かってあげたい。もし、寂しいのなら少しでもそばに居てあげたい)

中学生のまどかにとって、さやかという親友は自分の世界を構成するのに無くてはならない要素だ。
家族や、学校、日常の生活と同じように掛け替えの無いもの。
それを失うような事はあってはならない。

まどか(……でも、もし)

さやかが自分の手が届かない所に行ってしまったなら?
掴もうとした手を振り払われてしまったら?

まどか(その時は……私も……)

何でも願いが叶う。
その契約の対価は、戦いという恐怖。
それに、見合うか。

まどか(……)

今のまどかには答えが出せなかった。しかし、もしその時が来たのならば願いを叶えようとしてしまうかもしれない。

まどか(失いたくない。けれど、戦うのは怖い)

まどか(私……我が侭だ)

183 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:15:14.62 pagBBv/q0 178/285

まどか「……契約」

キュウべえ「僕が必要かな?」

思わずつぶやいた言葉の先に、白い小動物がいた。

まどか「え、キュウべえ?どうしてここに」

QB「僕の役目は君のような魔法少女の素質を持った子を監視することだからね。呼べば、すぐに来ることは出来るよ」

まどか「そ、そうなんだ。……ねえ、キュウべえ。あなたからさやかちゃんに話しかける事は出来ないの?」

QB「魔法少女で無いなら一方的に話しかけることもできるけれど、今の彼女はもうなってしまっている」

QB「テレパシーは自由に遮断できるから、僕が話しかけても通じない可能性が高いよ」

まどか「そう、かあ」

契約のことがふと頭に思い浮かぶ。
もし、何かに巻き込まれていて自分に助ける力が必要ならば契約が必要になるかもしれない。

まどか「……キュウべえ。契約をして叶えられる願いって本当に何でも叶うの?」

QB「その願いがエントロピーを凌駕するものなら、魔法少女となって魔女と戦う使命を受け入れる事が出来るのなら、叶えることは出来るよ」

まどか「エントロピー……って?」

聞きなれない単語に首を傾げる。

QB「そういえば、まどかには僕達の使命について話した事がなかったね。君は、魔法少女という存在がどうして必要なのか分かるかい?」

まどか「魔女がいるから……じゃないの?」

QB「いいや、それが理由ではないよ。僕たちの使命はこの宇宙の寿命を少しでも伸ばすこと。その為に魔法少女が必要なのさ」

まどか「寿命をのばす?どうしてそれに必要なの?」

QB「そこでエントロピーの話が出てくる。エントロピーというのは……簡単に例えると、焚き火で得られる熱エネルギーは木を育てる労力と見合わないということさ」

QB「エネルギーは形を変換する毎にロスが生じる。宇宙全体のエネルギーはどんどん目減りしていく」

QB「だから、熱力学の法則に縛られないエネルギーを探し求めて来た」

QB「感情をエネルギーに変換できるテクノロジーはあっても、そのエネルギーの源になる生き物がいない」

QB「そこで、君たち人間に目をつけたのさ。君たちの感情から得られるエネルギーはエントロピーを覆す事が出来る」

まどか「つまり、宇宙のため……?そのために、私達を魔法少女に?」

QB「それが、使命だからね。その使命の為に僕たちは対価を与え、契約を交わす」

まどか「でも……それは……」

正直な話、まどかにとって『宇宙のため』などという話は想像を超えた話であり、あまり実感のわくものではなかった。
そして、それがどれほど重要な事であったとしても、魔法少女たちがその為に苦しい戦いを強いられる事に納得が出来るものではないと感じた。

QB「言っただろう?覚悟があるのならば、とね。あくまで、君たちとの合意を前提として契約をしているのだから十分良心的だとは思うけれどね」

そう言い切るキュウべえの顔からは以前まどかと話す時に見せていた感情のようなものは見えず、まどかは無機質な物体と会話をしているように感じた。

まどか「キュウべえ……あなたは……」

私達を何だと思っているのか。

184 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:17:25.60 pagBBv/q0 179/285


そう問おうとした瞬間、目の前のキュウべえは穴だらけになっていた。
何が起きたのか分からず、戸惑いの声が出る。

まどか「え……?」

力を失くして倒れるキュウべえの身体を見て、ようやくそれが何者かによって殺されたのだとまどかは理解した。

まどか「ひ、ひぃっ!?」

どこから?
何も音や気配もしなかった。視界にも何も入っていない。少し開けた場所であること以外、普通の道である。
周囲を見回す。次に狙われるのは自分。そう、まどかは本能的に察した。

まどか「え……なんで……!?どうして……!?」

まどかには狙われる意味が分からなかった。魔女の結界の中というわけではない。
魔法少女に関わってはいるが、何も能力を持たない普通の中学生。
それが何故狙われなくてはならないのか理由が分からず恐怖した。
道の脇にある塀に背中を付けて、警戒を強める。呼吸が荒くなる。人影が見えた。

まどか「だ、誰なの……」

ゆっくりと近づいてくる存在に注視する。
それが、知人だと分かって胸をなでおろす。

まどか「はあ……良かった。ほむらちゃんか……」

そう思った矢先、まどかは考えなおす。
今、これを撃ったのは目の前のほむらではないのだろうか?
そうなると、このまま接近を許してしまっても良いのだろうか?
逃げるべきか、判断に迷う。

ほむら「あら、鹿目さん。奇遇ね」

迷っていると、先に声を掛けられた。

まどか「え、う、うん」

ほむら「どうしたのかしら。塀になんてへばりついて」

まどか「え、ええっと……これは……」

どう説明するかまどかは悩む。疑うのが悪いことだとは分かっていても、少しだけそう思ってしまう。
目の前にその襲撃者がいるかもしれないのに、「何者かに襲撃を受けている」とは言えなかった。

ほむら「あら、そこにあるのは……キュウべえ?」

まどか「そ、そうなの!見て、これ……」

ほむら「……!誰かに撃たれたようね。一体誰が……」

まどか「この辺りにまだいるのかも……もしかしたら、私も狙われて……」

ほむら「……分かった。鹿目さんは危ないからこの場から逃げて。私がそいつを見つけ出すから」

まどか「え……でも」

ほむら「大通りの方に行けば、相手も無闇な事は出来ないでしょう。今のところ辺りに気配は無いから、早く」

まどか「分かるの?」

ほむら「ええ。魔法少女ですもの」

少し信憑性に欠ける話ではあったが、まどかはほむらの言うことを素直に信じて逃げ出すことにした。
ほむらが自分に対して害意を持つ存在では無いと信じていたから、というのも信じた理由だ。

185 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:17:54.44 pagBBv/q0 180/285


ほむら「……ふう。まどかに近づくから、こういう事になるのよキュウべえ……いえ、インキュベーター」

塀の上から降りてきた新しい身体のキュウべえを睨みつけてほむらは言う。

QB「君だったのか。最近、やたらと僕達の事を襲ってくる魔法少女は」

QB「無意味に潰されると困るんだよね。代わりはいくらでもあるけれど」

キュウべえは口に対して大きすぎるはずの穴だらけの身体を難なく飲み込むと、「きゅっぷい」と一息つく。

ほむら「鹿目まどかに近づくのなら、何度でも」

QB「やれやれ。どうやら君は、何か思い違いをしているようだ」

ほむら「何ですって?思い違い……?」

QB「君は、僕達が積極的に鹿目まどかに対して契約をしようとしていると考えているんじゃないかな?」

ほむら「……ええ。そうよ。何が違うのかしら」

QB「言っておくけれど、現時点では僕達が鹿目まどかに対して契約を勧めるつもりは殆ど無いと言ってもいいよ」

ほむら「どういうこと?あなた達にとって、まどかは魅力的なはず。それを見捨てるなんてこと」

QB「僕達にも考えがある。鹿目まどかとの契約はリスクがある。より、リスクが少ない方を選択しようとしているだけさ」

ほむらにとって、このキュウべえの反応は全くもって意外であった。
今までどのループをたどっても、キュウべえがまどかとの契約に固執しないはずが無かったからだ。

ほむら「じゃあ、その考えがなんなのか教えてもらいましょうか」

QB「今はまだ話すわけにはいかないな。話してしまえば、意味が無くなってしまうかもしれないからね」

ほむら「その真新しい身体、また穴だらけにされたいのかしら?」

ほむらの殺気には躊躇が無かった。その威圧感に、キュウべえは寧ろ興味を覚えるほどである。
年端のいかない、自分とあまり接点が無いはずの少女がどうしてここまで自分たちの事を憎めるのか。

QB「暁美ほむら。なぜ君がそれほどまでに僕達に敵意を向けるのか分からないよ」

ほむら「分かる必要は無いわ。分かってほしいとも思わないから」

QB「それより、僕をどうやって穴だらけにするつもりだい?少なからずこの辺りには人もいる。誰かがこの道を通る可能性だってある」

QB「武器や何かを持っている所を見られたら、あまりよく無いんじゃないのかな?人間のルールはよく知らないけれど、普通の人間はそんなもの持っているはずがないんだから」

ほむら「あら、心配してくれるの。あなたにしては殊勝な心がけね」

そう言って、ほむらはその場から立ち去る。キュウべえは疑問を感じる。

QB「結局何もしないのかい?君なら、多少の事なんて気にせずに何かをすると思っていたけれど」

ほむら「私は優しいのよ。あなた達と違って。それに、今日は用事があるの。あなたにばかり構っていられない」

そう言って、ほむらは立ち去る。
その立ち去った姿を見届けてから、キュウべえは塀の上に飛び乗ろうと跳躍をした。
その跳躍は届かず、再び穴だらけになった身体が道に落ちる。

ほむら「見逃すとは言ってないけれど」

QB「……そう……か……君の…………特性……は……」

キュウべえの断末魔の言葉を気にかけることはなく、ほむらは髪を振り払って目的地へと向かった。

186 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:18:27.86 pagBBv/q0 181/285

養護院

杏子「よっ、お待たせ。どうだった?」

聖歌隊の衣装から着替え終わった杏子がさやかに近付きながら声をかけた。

さやか「う、うん。大丈夫」

杏子「ん?さっきの歌の事聞いているんだけどな」

さやか「え、ああ。そっかあ……、たはは」

さやか(不自然にならないように、あいつの企みを見抜かないと)

ゆまに言われたことから、さやかは目の前の人物が自分と同じ魔法少女であり、何か意図を持って近づいて来たのだろうと考えていた。
そう考えていることを見ぬかれないように自然に振る舞おうとして、逆に不自然な受け答えになってしまっていた。

杏子「……はあ。やっぱりあたしじゃまだまだか」

さやか「さっきの歌の事……だよね?」

杏子「そうだけどさ。ほら、なんか良いとか悪いとかさ。ない?」

さやか「う、うーん。そういうのはよく……」

よく聞いていたクラシックにしても恭介と違って詳しい事までは分からない。

さやか「でも、聞いたことのある曲だったから驚いちゃったな」

杏子「へえ。まあ、結構有名な曲だからな。退屈しなかったのなら良かったけど……」

さやか「好きなの?歌」

杏子「ああ。といっても、つい最近の話。歌って、なんか普通の言葉よりも中に入っていくような感じがしてさ」

さやか「歌……ねえ」

熱っぽく語る杏子を見て疑われずに済んだと思う反面、藪蛇を突いてしまったかなと少し後悔する。

杏子「あたしなんかじゃまだそのレベルに達していないけど、本気になってるやつの歌ってここに来るんだよな」

自分の胸を親指で突きながら杏子は言う。
話半分に聞き流していたが、とうとう耐え切れずにさやかは疑念を口にした。

さやか「はあ……あのさ。演技とかもういいから」

杏子「は、演技……?」

さやか「何を企んでいるのかは知らないけれど。もし妙な事を考えているのなら」

杏子「おい、何の話だよ」

さやか「とぼけないでよ!あんた、あたしが魔法少女だって知ってここへ連れてきたんでしょ」

杏子「それは……、そういうわけじゃ」

さやか「じゃあ、いったいなんのつもりだったっていうわけ?油断させて、どうこうするつもりだったんじゃないの?」

杏子「そんなこと、するもんか!」


187 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:19:01.13 pagBBv/q0 182/285

さやか「他にどんな理由があるっていうのよ!魔法少女同士は、普通馴れ合わないものなんでしょう?だったら……」

杏子「……そういう、普通はこうだからとかこれはこういうものだって決めつけるのが」

さやか「な、何を」

杏子「あたしはあんたが放って置けなかった。そう言っただろ!」

さやか「う、嘘!」

杏子「嘘なんかじゃない!そういう性格なんだよ、あたしは。悪いか!」

勢い良く啖呵を切る杏子に、さやかは圧倒される。

杏子「あ……ごめん。けど、ほんとそんなつもりじゃなくって」

さやか「……いや、こっちこそ。変に疑ったりしちゃって……ええと」

互いに顔を見合わせる。どういう風に言葉をかければいいのかお互いに分からず、手持ち無沙汰にソウルジェムを取り出す。

さやか「魔法少女だって気がついたのはいつ?」

杏子「それはここに向かう途中。その指の紋章が見えたからさ」

魔法少女は、その証として中指に指輪と爪の部分に紋章が浮かんでいる。
そう言えば、とさやかは杏子の中指を見ていなかった事を思い出す。自分の注意力の無さに呆れる。

さやか「それじゃあ、そっちも魔法少女だってことは隠してたってわけじゃなかったのね。それなのにあたしってば……」

杏子「いいよ。……こんなお人好しみたいな事、ちょっと前だったら絶対しなかったから。そっちが疑うのだって仕方ないよ」

さやか「それが、どうして?」

杏子「いろいろあったっていうか。結局、色々理由をつけたって自分が本当にやりたいことをやらなきゃ気持ちが悪いだけだって。だからあたしは好きに生きる事にした」

さやか「……それってなんだか自分勝手?悪いことするやつの言い分みたい」

杏子「いいんだよ、自分勝手でさ。それが、間違っていなければ」

杏子は歯を見せて笑う。吹っ切れたような澄んだ笑顔にさやかもつられて微笑む。

さやか「そんな生き方、ねえ」

もし、それが出来るのなら。
現実的ではないとしても、惹かれるものがある。
自分の行動を省みて、さやかはそう思った。

杏子「……ちょっと、ソウルジェムで探れるか?」

杏子の雰囲気が変わる。

さやか「魔女?」

さやかは杏子のソウルジェムに目をやる。点滅していた。魔女の結界が近くにあるという印だ。

さやか「ここも、魔女が出るのね……早く行かないと!」

杏子「ちょっと待った。一応、ここはあたしの縄張りだって」

さやか「手出しするなってこと?そんなの」

杏子「そんなこと言わないよ。けれど……あたしのやり方に従ってほしいんだ」

さやかにとって、今回は土地勘の無い場所での戦いである。地形に詳しい人の先導が嫌なわけではなかった。
しかし、それだけでは無いとさやかは杏子の表情から察する。

さやか「あんたのやり方、ね。よく分からないけれど出来ることならいいよ」

杏子「……ありがとう」

二人の少女は養護院を後にして魔女の反応を追った。


188 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:19:39.26 pagBBv/q0 183/285


魔女の結界

杏子「一気に駆け抜ける。ついて来いよ!」

マネキンのような使い魔たちには目もくれず、杏子は次々と扉を抜けていく。

さやか「無視していいの!?放っておいたら、誰かに危害が」

杏子「魔女さえ倒せば、使い魔も居なくなる。雑魚に構うだけ魔力の無駄だ」

さやかは辺りを見渡して使い魔の動きを観察する。
確かに、この結界の使い魔たちは自分たちに攻撃をするような事は無く、ただ回っているだけのように見えた。

さやか「杏子、前に!」

意図してこちらに向かって来たのかどうかは分からないが、使い魔たちが回転しながら杏子の進路を阻むように塞がった。

杏子「よっ、と」

その使い魔たちを片足のステップだけで悠々とかわしていく。勢いを落とさずに回避をする杏子を見て、さやかは思わず舌を巻く。

さやか(あんな風に動けるものなの!?)

先輩であるマミと比べれば、さやかは自分の動きがまだ雑であるということを分かっている。
しかし、マミとは得意とする戦いの距離が異なる事もあって具体的な動きというものを見せられた事が殆どなかった。
杏子の動きは自分と似通った距離での戦い方であり、参考にするべきものだとさやかは感じていた。

杏子「ま、ざっとこんなもん?お手本は見せてやったよ」

さやか「お手本って、真似しろってこと?」

杏子「出来るのならな!」

挑発に、さやかは乗った。さやかも速度を落とさないようにして使い魔達を避けていく。
流石にお手本に見せられたような滑らかな動きでは無かったが、「へえ」と杏子が感嘆する。

杏子「ひよっこにしては、なかなかいい動きじゃん」

さやか「ひよっこって……あんただって同じくらいの歳じゃない。なんでそんなに偉そうなのよ」

杏子「あたしの方がこの世界じゃ先輩なんだよ。先輩は敬えってな」

杏子の物言いに腹が立ち、それに比例して負けん気も強くなる。
だが、杏子の動きは言うだけあって素早く、遅れないようにさやかは追うしかなかった。

杏子「……反応が強くなってきた。ここだな」

会話をしながら、扉を開く。
開けた瞬間、奥から四足で走ってくる存在に気がつく。

杏子「避けろ!」

さやか「うわっ!?」

杏子とさやかは慌てて飛び退き、魔女の突進から逃れる。
桃色の毛並みをした犬のような魔女が杏子達と対峙する。

189 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:21:21.56 pagBBv/q0 184/285


さやか「こいつが魔女?」

杏子「ああ。らしいな」

毛の中から表情のようなものが見える。
叫び声を上げる生気の無い顔。杏子はそれを見て、舌打ちをする。

さやか「ん?なんかこいつ、傷が」

杏子もさやかの言葉で目の前の魔女が負傷している事に気がつく。

杏子(何かと戦った?この辺はあたしの縄張りのはずなのに)

さやか「何でボロボロなのかは知らないけれど、さっさと倒しちゃうんだから。行くよ!」

言うが早いか、さやかは低姿勢から一気に加速を付けて魔女へと斬りかかる。
顔に向けて一閃。斬られた魔女が悲鳴を上げながら退く。

さやか(入った!……けど、簡単すぎる)

杏子「気を抜くな!」

斬られた毛が再生し、さやかにまとわりつく。

さやか「うわっ!?ちょっと!」

割って入るように身動きを封じる毛を杏子が切断した。

杏子「全く、見てらんないよ」

さやか「う……ありがと」

杏子「……なあ、さやか。こいつの目的ってなんだと思う」

さやか「は?」

杏子「こいつだって、何の目的も無く人を襲ったりしているわけじゃない。何かあるはず」

さやか「何かって、ただ人を襲いたいから襲っているだけなんじゃないの?」

杏子「いいや。魔女には意思とか感情とかがあるはずなんだ。だから、こいつにも」

さやか「ちょ、ちょっと待ってよ!そんな事言ったら、あたし達が倒してきたのは……」

杏子の発言はさやかにとって突拍子も無いものであり、到底信じられるものではなかった。
それにその発言を認めるということは、自分や巴マミが今まで相手にしてきたものはただの物言わぬ怪物などでは無位ということでもある。

190 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:22:22.58 pagBBv/q0 185/285

杏子「いきなりは信じられないか。そりゃそーだ、あたしだってこんな事考えたことすらなかったもん」

さやか「だって、どう見たってこいつに」

目の前の魔女を見る。
さやかが見た限りでは魔女に表情などは見えない。魔女の中にはそもそも顔や表情のような人間と同じパーツが無い個体も存在する。

杏子「……もし、こいつが初めから絶望を撒き散らす存在では無かったなら」

さやか「それって……」

それは、考えにくいことだった。可能性が低いから考えにくいのではなく、魔法少女として、考えたくないことだったからだ。

さやか「だからって……だからって、こいつが人を襲うことを見過ごすわけにはいかない」

杏子「それで、倒しちまうのが本当に正しいのかよ!」

さやか「……っ」

杏子「あたしは諦めたくない。心があるのなら、戦いを避ける方法だってあるはずだってことを」

杏子は槍を地面に突き刺して手放す。
手を胸の前で組み、祈るような形を作るとさやかの前に結界を張る。
丸腰の杏子と魔女が対峙する。

さやか「な、何!?」

杏子「何があっても、手を出すなよ」

魔女を見定めると、手をだらりと下げる。

杏子「来いよ。お前を全部受け止めてやるから」

さやか「は……!?ま、待ってよ!あんた、そんな馬鹿な事したら!」

さやかの叫び声は虚しく、魔女は一直線に杏子へと向かう。
桃色の毛の中に隠れていた口が開き、飛びかかる。後ずさる。

杏子(馬鹿、か。そうさ、こんな事するのは馬鹿のやることだ)

杏子(グリーフシードを手に入れるためだけにずっと戦ってきた相手に、今更どうしようっての)

杏子(罪滅ぼし?自己満足?……それでもっ)

さやか「杏子!」

杏子「っ!!」

前足が肩に乗り、衝撃が身体に加わる。牙が首筋を狙った。
血が滴る。数歩後ずさって、衝撃を殺した。牙の到達点は身をよじったおかげで首までは達しなかったものの、右胸の上部から肩峰が魔女の顎で覆われた。

杏子「っあ!!」

痛みに耐えかね、苦痛の声が漏れる。
さやかが結界に手をかけ、杏子の元へと向かおうとする。
だが、結界の力はさやかの想像以上に強く叩いたくらいでは微動だにしなかった。

さやか「くっ……なんで、これ!解いてよ!」

杏子「あっ……はっ、手を……出すなっての……」

苦しみながら杏子がさやかに声を向ける。
魔女の胴体へ空いている手を回す。
痛みで弱る力を精一杯込めて、魔女を抱く。

191 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:23:49.23 pagBBv/q0 186/285

杏子「……は、はーっ……満足……かよ……これで」

杏子は魔女に語りかける。当然の事ながら、返事は無い。
それでも、杏子は腕の力を弱めない。語りかける言葉を止めない。

杏子「苦しくて……辛くて、誰かを傷つけて……誰もいなくなって……一人ぼっちになって……それって」

杏子「……寂しいもんな」

魔女の牙はより深く杏子に刺さる。呻き声。杏子は魔女の眼を見つめる。

杏子「っ……でも……そうやって、大切なものや、守りたかったものまで傷つけていったら……どうしようもないじゃんか!」

杏子の言葉は、さやかの耳にも届いていた。
自分が抱きかけた暗い感情。それを魔女も抱いている事を杏子は確信しているのだとさやかは思った。

さやか「もし、本当にそうなら……」

同情や哀れみ。魔女という存在に対して少しだけ共感が出来る。
魔女の動きが止まる。深く身体に刺さった牙が抜かれることは無かったが、それ以上肉を貫く事も無かった。

さやか(魔女の気持ちが理解出来る?……それって、まるで)

さやかがある男の顔を思い出した時、魔女に動きがあった。
前足に力が込められ、杏子の身体が後ろに飛ばされる。牙が抜けた所から、関を失くしたように血が溢れる。

杏子「ぐぅっ!」

さやか「杏子!……このおっ!」

思い浮かべかけた事よりも、目の前に起こったことでさやかの思考は一杯になった。
杏子が危ない。結界を壊してでも助けにいかなければ。
そう思って魔女の方を見た。その姿にさやかは戸惑う。

さやか(……なんで)

戦っていて、それ程ダメージを与えたわけではない。戦う前からあった傷も、致命的なものでは無かったはずだ。
それなのに眼前の敵は苦しむような声を上げながら杏子の元へと歩み寄っていた。

さやか「やめて、やめてよ!それ以上杏子に近寄らないで!」

杏子をこれ以上傷つかせないためか。
それとも、これ以上傷つけさせたくないからか。
曖昧な感情で言葉を発する。

さやか「聞こえているんでしょ!だったら……だったらもう……やめなよ……ねえ」

剣を握り締める。
今の杏子の状態ならば、結界の力も弱まっている。いつでもさやかは魔女へと飛びかかることが出来る。
それをしないのは、杏子に釘を刺されたからだ。出会って間もない。頑固で、少し刺があるけれど本当は優しい。
魔法少女なのに、戦うことを好まない。戦うことよりも寧ろ困難な道を行こうとしている。

さやか(杏子は……まるで……)

しかし、現実は甘くない。
先輩の魔法少女であるマミから魔法少女のいろはを教えてもらったが、自分の考えていた理想とは殆どかけ離れていた。
正義が勝って、悪が滅ぶ。そんな単純な世界ではない。だから、魔法少女は生きるために戦い、争う。

192 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:24:28.99 pagBBv/q0 187/285

杏子「つっ……!」

さやか「杏子!」

杏子「さやか!」

自分に任せろという意味なのだろうとさやかは理解した。しかし余裕がないのか、さやかへ視線は向けずに膝をつく。

さやか「どうして……どうしてあんたはそこまで」

杏子「あいつが……諦めていないから……あたしも……」

さやか「あいつ……?杏子!」

杏子が顔を上げた時にはもう魔女はすぐ側にいた。
何度か死線をくぐり抜けたこともある杏子は、頭の中で命の危険が訴えられている事を十分に理解していた。
それでも、退こうとはしなかった。口が開かれる。魔女の口の中は真っ暗だった。
暗闇の中に、入るものは何も無い。
轟音が数度した後に、魔法少女が姿を現した。

杏子「あ……?」

何が起こったのかを理解できずに杏子は呆けた声を出す。
力が抜けたのか、膝をついて消えていく魔女の姿を見る。

ほむら「危ない所だったわね。取り逃した魔女の足止めをしてくれて感謝するわ」

そう言った後、ほむらは杏子の傷を見て顔をしかめる。

ほむら「あなたにしては随分手酷い傷を受けたものね。佐倉杏子」

杏子「てめえ、何者だよ」

杏子はほむらを睨みつけて言う。

さやか「お前っ!」

結界が無くなって、さやかがほむらの眼前まで駆ける。
右ストレート。空振って、さやかはよろけた。


193 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:25:21.15 pagBBv/q0 188/285

ほむら「いきなり、何をするのかしら?殴られる覚えは無いのだけど」

さやか「あれはっ、あの魔女は……杏子が!!」

杏子「さやか。いいよ」

さやか「だって、こいつが……!」

杏子(……やっぱり、あたしじゃ足りないのかもしれない。けど)

杏子(きっと、この前のあいつだって、同じ気持ちだったんだ)

さやか「杏子」

杏子が敵意を持たない事を知って、さやかは拳を下ろす。

ほむら「他人の縄張りに入ったことなら謝るわよ。けれど、敵対しようと思っているわけじゃないわ」

杏子「そうかい。……それじゃあ、見逃してやるよ。どっかに消えな」

ほむら「協力して欲しいの。あなたにとっても、利益のある話よ」

杏子「あのさ、言葉は分かる?消えろって言ってるんだよ」

傷を治しながら杏子は地面に刺した槍を抜いて、ほむらに向ける。
さやかもそれに次いで剣を構える。

ほむら(それにしても、佐倉杏子と美樹さやかが接触しているとは予想外だったわ)

ほむら「あなたはもっと理性的な人だと思っていたわ。佐倉杏子」

杏子「お前はあたしの事を知っているみたいだけど、あたしは知らないね。それで、やる気かい」

ほむら「……言ったでしょ、敵意は無いって。それで、これは私からのささやかな友好の証。治療にでも使って」

ほむらはそう言って、杏子に数個グリーフシードを投げ渡す。

杏子「なっ!?何でこんな物を簡単に渡せるんだよ!これで恩でも着せたつもりか」

杏子の言葉に、ほむらは盾の中からグリーフシードを手の平に収まりきらない程の数を出してみせる。
その量に、杏子とさやかは驚愕する。
ほむらの持つグリーフシードの量は常軌を逸していた。

ほむら「私にとってグリーフシードの1つや2つ、大したものじゃないわ」

杏子「なんなんだよ……てめえは……」

ほむら「ここだと落ち着いて話せないわね。明日、私の家に来て頂戴。そこで話すわ」

さやか「ま、待ちなさいよ転校生!あんた自分が何をしたのか、分かってんの!?言う事くらい、あるでしょ!?」

ほむら「魔女を倒すのが魔法少女の使命。たまたま自分の追っていた魔女がいたから攻撃をして、結果的に助ける事になった。感謝こそされど、あなたに非難される覚えは無いわね」

杏子「さやか、いいって。こいつは別に、間違ってはないよ」

でも、とさやかは言おうとして思いとどまった。
ほむらからは見えないが、さやかには杏子の表情が見える。
悔しさで顔が歪んでいる。それを見ると、さやかが言える言葉は失くなった。


194 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:29:50.69 pagBBv/q0 189/285

ほむら「私は建設的な会話が出来る事を望むわ。佐倉杏子。家の場所は分かったかしら?」

ほむらは頭を指差して言う。テレパシーで頭に地図を思い浮かべ、それを送れたかという意味だ。

杏子「ああ、頭にしっかり伝わったよ」

さやか「ちょ、あたしにまで教えてどうすんのさ!?しかも、拠点を教えるなんて」

ほむら「不用心過ぎる、とでも?違うわ。知ったとしても問題にも脅威にもならないから面倒な手間を省いたのよ」

ほむらの言い方にさやかはまた殴りかかりたくなったが、杏子の手前であるので抑えた。
そのまま、ほむらは立ち去る。居なくなるのとほぼ同時に結界が晴れる。

さやか「ねえ、杏子はいつもこんな戦い……いや、やり方でやってんの?」

杏子「いや、つい最近始めたばっかりかな。やっぱり、上手くいかないか」

さやか「戦いたくない……っていうのは何となく分かるよ。けれど、それだけの怪我をしてまでの価値ってあるの」

杏子「そういう問題じゃない。……って、あいつなら言うんだろうな」

さやか「あいつ?さっきから言っているけれどそれって誰?」

杏子「馬鹿だよ。歌が好きな馬鹿。歌バカ」

3度も同じ言葉を続けて言う。

さやか「え……よっぽど嫌いなんだ。そいつのこと」

さやか(なんか、その人物に思い当たるフシがあるけれど……まさか、ね)

杏子「でも、だからかな。あいつって、すごい真っ直ぐなんだ。だから、あたしもあいつみたいに真っ直ぐになりたい」

杏子「結構、回り道をしちまったけれど。道を踏み外したことだってたくさんある。それでも、もう一度真っ直ぐ歩いてみたくなった」

杏子の言葉には飾った所がない。心の底から思ったことをそのまま口に出すことが出来る。

さやか(そっか。だから、杏子は……)

さやか「なんかさ、杏子って凄いよね。あたしと同じくらいの歳なのに」

杏子「凄い?あたしが、か」

さやか「そういう困難な道を自分から進んでいくってさ。それって……まるで」

さやか(ヒーローみたいな。……いや、杏子はそれよりもっと暖かくて包み込むような)

養護院で聞いた曲をさやかは思い出していた。その曲のイメージと杏子の姿が重なる。


195 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:30:33.75 pagBBv/q0 190/285

杏子「はっ。あたしは、馬鹿になりきれなかった愚か者さ。悪かったよ、こんなことに付きあわせちまって」

さやか「え?」

杏子「こういうことするんなら、他人の迷惑になっちゃいけない。馬鹿を見るのはあたしだけでいい」

さやか「迷惑?あんた、1人でこんなことするつもり?」

杏子「ああ。当たり前だろ」

さやか「じゃあ、あたしも手伝うよ」

杏子「は……?って、何言ってんの」

さやか「何って……うーん、恩返しっていうのかな」

杏子「恩?」

さやか「最近色んな事があって、頭の中がごちゃごちゃしてた。それで、とにかくそこから逃げ出したくて学校をサボって……」

さやか「そしたら、杏子に会った」

杏子「あたしが、何かしたっけか?」

さやか「したよ。だってさ、杏子は逃げたりしないんでしょ?だったら、あたしもやらなきゃって気になる」

杏子「別に、そんな大層なものじゃないっての。……1人でいると、良くないってだけで……それに、あたしの手伝いなんざ危ないっての」

さやか「でも、杏子はやってる」

杏子「あたしは!……まあ、そうだけれど」

さやか「戦わなくて済む方法を見つけられるように、あたしもあたしなりの方法で協力したい。ダメかな?」

杏子「べ、別にダメとは言わないけれど……」

さやか「えへへ。じゃあ」

さやかが右手を屈んでいる杏子に差し伸べる。

杏子「……お前も、馬鹿ってことか」

杏子は苦笑しながらその手を取り、立ち上がって固く握手をした。


196 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:31:36.00 pagBBv/q0 191/285

まどか(はあ……考えられる所は全部探したし、あとは……さやかちゃんの家に行くくらいしかないか)

先に帰って連絡がつかないままだけの可能性もある。
中学生が出歩く時間としては、そろそろ遅い。
遅くなる場合は家に連絡をしないといけないことを思い出してまどかは電話をかける。

まどか「あ、パパ。ごめん、今日は帰りが遅くなる。今さやかちゃんの家の近くにいるから……うん。なるべく早く帰るから」

電話を切って、マンションのエントランスの中に入る。
部屋の番号を入力しようとして、思いとどまる。
さやかは親に迷惑をかけないようにしたいはずである。それなのに自分が訪ねたりしたら、さやかの親は重大なことと認識してしまうのではないのか。

まどか「ここで、待とう」

柱に背をもたれて立つ。一日中歩き通しだったためか、脚の感覚が少し痺れていた。
携帯電話の電源を入れて時間を確認する。携帯の着信に記録はない。
魔法少女ならば、優れた身体能力で街中を探すことが出来る。

まどか(……魔法少女でない普通の子がいなくなった友達をどうやって探すか、なんて)

方法は限られていた。時間も。考えられる限り、出来る事はやったはずだとまどかは思った。

まどか「はあ……疲れた……あんな話まで聞かされて」

さやかの身を案じながら、キュウべえが言っていた言葉を思い出す。
キュウべえの使命。それに協力して、命がけで魔女と戦う運命を持つのが魔法少女。
マミは知っていたのだろうか。さやかは知らされていたのだろうか。

もし、知らずに契約をしたのならばそれはなにかがおかしいとまどかは思う。

だが、1人だけ例外でありそうな人物がいる。


197 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:32:03.72 pagBBv/q0 192/285

まどか(ほむらちゃんは、もしかして知っていた?)

契約を避けるように何度も忠告をしてくれた転校生の魔法少女。
会話をすることが少ないせいか、未だにあまりほむらの事をよく知らないままであった。

まどか「私、知らないことだらけだな」

完全に知り合いたいわけではない。それは、難しい事だと分かっていた。
それでも、少しでも分かり合おうとするのなら相手のことをよく知る必要があった。

まどか「何も知らなくて、何も……持っていなくて」

さやか「なーにしょぼくれた顔してんのさ、まどか」

声に顔を上げた。
今の自分に友人が言いそうな言葉を、友人の顔が言っていた。

まどか「あ……!ほんとに、さやかちゃん……!?」

さやか「いや、あたしの家なんだしそんなに驚かなくても。こっちこそ、まどかがうちに来てるなんて驚いた……わっ!」

立ち上がって、まどかがさやかに抱きつく。

さやか「……ごめん。心配かけたんだよね。もしかして、あたしの事をずっと待ってたの?」

まどか「……色んな所を探して。それでも、いなくて……」

さやか「はあ……。全く、ねえ」

さやかは涙を浮かべるまどかの肩を抱き返す。

さやか「あたしってほんとバカだな。友達にこんなに心配かけるなんて酷いやつ」

まどか「でも、でも……とにかく良かった。何もなくって」

さやか「あ、うん。まあ、何も無かったってわけじゃなかったけれどね。でも、気持ちは落ち着いた。だから、安心して」

まどか「あ、そ、そうだ!仁美ちゃんが!」

まどかが突然声を張り上げる。

さやか「え、何?仁美?」

まどか「さやかちゃんに伝言頼まれていたんだった。夜、公園に来てって……ああ!もう時間が無い、急がないと」

さやか「ちょっと待って。仁美があたしに話があるってことは、まどかは内容知ってるの?」

まどか「話す内容まではわからないけれど、公平な勝負をしたいってことは知ってる」

さやか「はあ、まあ隠すことでも無いし。なるほどね。決着はそこでつけようってわけ」

さやかはまどかから離れると眼を閉じて大きく深呼吸をして呼吸を整える。

さやか「行こう。まどか、疲れてるだろうし来なくても大丈夫だよ」

まどかは静かに首を横にふる。その返答を見て、さやかは笑う。

さやか「ありがとう、まどか。……本当は不安だった」

公園の入り口まで歩みを進めるとさやかは立ち止まる。


198 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:32:31.79 pagBBv/q0 193/285


さやか「……よし。こっからは1人で行く」

まどか「大丈夫……だよね」

さやか「平気だって。ちょっと仁美と話をつけてくるだけだからさ」

そう言ってさやかは指定された場所へと向かっていく。
1人残されたまどかは近くにあったベンチへと腰掛ける。やはり疲れが溜まっていたのか少し気が抜ける。

仁美「鹿目さん」

まどか「ふえっ!?」

仁美「しーっ、お静かに、ですわ」

まどか「ひ、仁美ちゃん!?なんで」

さやかを呼び出したはずの仁美が、身を隠すようにベンチの背後に身を屈めていた。
人差し指を立てて口元に当てるのを見て、まどかは自分の口を手で塞いで頷く。

仁美(約束通り伝えてくれて感謝しますわ)

仁美が小声で話しだす。

まどか(う、うん。でも、それじゃあさやかちゃんに話があるのって……仁美ちゃんじゃないの?)

仁美(ええ。私よりも、もっと重要な話をしなければならない方ですわ)

まどか(……でもどうして?そうしたら、仁美ちゃんは)

仁美(あら、まどかさんは私が恋愛のためならば友情さえも厭わないような不躾な人とお思いになられましたの?それは心外です)

仁美(最近のさやかさんはどうにも腑抜けたご様子。そしてそれは上条君のご退院から。なれば、関係があると考えるのは容易に想像出来ますわ)

まどか(それは、合ってるけれど……でも、ちょっとやり過ぎじゃない?)

仁美(あら、あのお二人にはやり過ぎくらいが丁度いいと思いますわ。もし、ここまでやって気持ちを明らかにしないのであれば私はいじらしいを通り越して呆れます)

さやかが何度もお見舞いに行ったことは明らかに義理だけの行為ではない。それはまどかの目から見ても分かっていた。
それに気づいていないのか、上条からの反応は薄い。そして、さやかもはっきりと自分の気持ちを言うことは無いだろう。

199 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:33:15.38 pagBBv/q0 194/285

まどか(確かにこれくらいやらないとダメかもしれないね。でも、驚いた。それじゃあ、仁美ちゃんも上条君の事が好きだったっていうのも演技?)

仁美(いいえ。それは本心ですわ)

まどか(えっ!?)

仁美(鹿目さん。一つ教えて差し上げますわ)

仁美(恋というのは、障害が大きければ大きいほど燃え上がるものですのよ)

さやかは指定された所で辺りを見回す。
仁美らしき姿は無い。時間は丁度。約束を忘れるような相手では無いはずなので、疑問に思う。

さやか「あれ、ここに居るんじゃないの?おかしいなあ」

恭介「あ、さやか」

さやか「え、恭介?なんでこんな所に」

まだ歩くのに不自由で、杖を片方だけ使って歩く恭介がいた。

恭介「なんでって……さやかが呼び出したんだろ。話したいことがあるって。電話とかでも良かったのに」

さやか「呼び出した?……もしかして」

そこでさやかは仁美が意図していた事に気がつく。

さやか(仁美のやつう~!)

恭介「さやか?どうかしたのかい」

さやか「ええっと、そ、それよりさ。そこに座ろう」

促した先には倒木を削って座れるようにした椅子が置いてあった。
大きさは2名が身を寄せて座れるくらい。そういう相手を想定して作られた椅子なのだろう。
その事に気づきながらも促してしまった手前、引き下がれなくなったさやかは固まった。


200 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:33:44.34 pagBBv/q0 195/285

恭介「どうしたの?さやかも座れば」

おそらく気づいていないのか、恭介はさっさと座ってさやかを待つ。
その様子を見て、さやかは意識することをやめた。

さやか(そういえば、退院してからちゃんと話したことなかったな)

病院の屋上で、演奏を聴くはずだった。
それが、自分の望んだことであったはずだとさやかは思う。

さやか(話したいこと……話してもいいのかな)

気まずい時間が流れる。
何を話題にしたらいいのか分からなかった。

恭介「……あのさ。実は、僕もさやかに話があるんだ」

さやか「え……?」

恭介の表情は心なしか緊張しているようにさやかには見えた。

恭介「さやかは僕をずっと支えてくれた。入院する前からずっと、僕を」

さやか「そんな、大したことしてないよ」

恭介「だから、その恩に報いたい」

恭介がさやかの顔を真っ直ぐ捉える。

恭介「僕は……」

さやか(え……これって、本当に……?)

少なからず昂揚する。

まどか(これって……)

仁美(……上条君)

3人が見守る中、恭介が口を開く。

201 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:35:10.64 pagBBv/q0 196/285

恭介「僕は、バイオリンをまた弾くよ。そして、世界一のバイオリニストになる」

さやか「………へ?」

恭介「僕はバイオリンが好きだって気づいた。好きってことを誰にも負けたくない」

さやか「…………」

さやかの聞きたかった言葉だった。
対象が違うことを除けば。

恭介「この決意を、一番にさやかに伝えたかった」

さやか「……そ、そうなんだ」

表情が固まる。

恭介「やっぱり、おかしいかな?世界一なんて子供じみてるっていうか」

さやか「い、いやそんな事はないって!頑張って欲しいし、恭介……のバイオリンはあたしも好きだし

恭介「ありがとう。さやかならきっとそう言ってくれるって思ってた。ところで、さやかの話って?」

さやか「あ、あたし?あたしは……ええっと……ああ別に大したことないよ、うん」

恭介「え?いいのかい」

さやか「いいっていいって全然大丈夫だから!うん!」

恭介「え、そ、そう……」

陰でその様子を見守っていた二人が目を見合わせる。

まどか(……これ、どうなの?)

仁美(……私も、あんな事を言われた後に思いを告げる度胸は流石にございませんわ)

恭介の頭の中にはバイオリンの事しか無い。
それが好きで、得意なことだから仕方が無い。そして、その姿に少女たちは惹かれた。

仁美(……ふふ)

まどか(仁美ちゃん?)

仁美「燃えて参りましたわ!恋というのは、やはりこういうものでなくては!」

まどか(こ、声が大きいって!見つかるよ!)

仁美「上条恭介!いつの日か必ずや!私に振り向かせてみせますわ!!」

まどか(だから見つかっちゃうって!仁美ちゃん!)

止めても声高々に決意表明をしようとする仁美を抑えながら、まどかは安堵の笑みを浮かべていた。
恐れていたことが何も起きなくて良かったと、心からそう思った。

202 : ◆DcdG4DxDDg - 2015/02/04 03:36:01.39 pagBBv/q0 197/285





マミ「そん……な……それじゃあ、私達がしてきたことは……」

マミ「騙していたの!?私達を、ずっと!」

QB「君たちはいつもそうだね。事実をありのままに伝えると決まって同じ反応をする」

QB「訳が分からないよ。魂の在処にこだわるなんて、不合理なのにさ」

マミはマスケット銃をキュウべえへと向ける。
眼には涙が浮かび、構える手は震えていた。

QB「聞かれなかったから説明を省略したまでさ。事実、その話を聞かなくとも君は戦うことが出来ただろう?」

QB「そもそも、騙すという行為自体が僕達には理解できない。そんな事をしても無駄でしか無いからね」

マミ「どうでもいいわよ……!そんなこと……!」

QB「君は、怒っているのかい?そういった感情のエネルギーが、僕達には無い。だから君たちには協力してもらわなければならないんだ」

マミ「そんなこと……そんなこと言ったって!あなたがしてきたことは、魔女となった少女たちにしてきたことは!」

QB「だから誤解しないで欲しいのは、僕たちは君たちに悪意があるわけでは無いということ。人類が家畜を扱うよりかはずっと譲歩しているつもりだよ」

マミ「家畜……ですって?」

QB「曲がりなりにも、僕たちは知的生命体と認めた上で交渉をしている。選択だってさせているだろう」

自分が契約を迫られた瞬間を思い出して身震いする。
粉砕されたガラス片。ひしゃげた車。押しつぶされた両親の姿。シートに染み込んだ血。

マミ「あれが……選択?ふざけないで。あんなのが選択であるわけが!」

QB「やれやれ。だから言っているだろう、認識の相違だとね。君がどれほど否定しようとインキュベーターと人類が歩んできた歴史は変わらない」

QB「それに、それが嫌ならばそのまま死ねばよかったじゃないか」

QB「やがて魔女になる存在である魔法少女にならずにね」

マミはマスケット銃の構えを下げていた。
膝が折れ、その場に座り込む。

QB「君のその選択は正しいよ。撃ったとしても何も意味は無く、新たな身体が引き継ぐだけだ。それに最近は替えの損耗が激しくてね。少しでも浪費は抑えたい」

立ち去っていくQBの姿をマミは見ることが出来なかった。

マミ「……私は、どうすればいいの……鹿目さん……美樹さん……」



続き
杏子「ふぁいやーぼんばー?」Re.FIRE!!【後編】


記事をツイートする 記事をはてブする