1 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:11:37.15 msxlM/9O0 1/27

舞園「本当ですね、苗木君!」

桑田「オレもまた野球が始められて、正直嬉しいぜ」

石丸「これからは僕達が未来を背負っていかなければならない! だろう、兄弟?」

大和田「ああ、そうだ! オレも世界一の大工を目指して頑張るぜ!」

大神「我の力が役に立つのなら本望だ……」

山田「僕はこれからもっと同人誌を書き続けて世界に希望を与えますぞ!」

セレス「あらあら、わたくしは自分の夢を叶えるのに忙しいですわ」

不二咲「ぼ、ボクも精一杯頑張って、みんなの役に立つよ!」

苗木「ははは、みんな頼もしいや」

元スレ
苗木「江ノ島盾子を倒してからすっかり平和だなぁ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381666297/

4 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:14:11.21 msxlM/9O0 2/27

山田「それにしても、そろそろ夕御飯の時間ですかな?」

桑田「そういや腹減ってきたな。どうすっかなー」

セレス「もうモノクマもいませんから、ご飯も自分達で作らなければいけませんわね」

不二咲「よし、ボクも料理してみるよ」

苗木「今晩はおかゆが食べたいな」

大神「うむ、では材料が必要だな」

大和田「腹が鳴ってきたぜ!」

石丸「ははは、僕もだ!」

舞園「ふふ、なんだか希望でいっぱいですね」

苗木「当然だよ。だって僕達はあの絶望に打ち勝ったんだからね」

霧切「…………」

6 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:16:54.03 msxlM/9O0 3/27

苗木「あれ、どうしたの霧切さん? もっと元気に行こうよ! 僕達は今、希望に満ち溢れているじゃないか!」

霧切「……どこが満ち溢れているのかしら」

舞園「何言ってるんですか霧切さん? ほら、一緒に夕御飯の支度でもしましょうよ!」

大神「うむ、では我らも行くとしよう、朝日奈」

朝日奈「…………」

苗木「? 朝日奈さん、大神さんが呼んでるよ?」

朝日奈「……うるさいなぁ」

苗木「朝日奈さん?」

7 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:20:06.87 msxlM/9O0 4/27

葉隠「は、ははは、そうだべ。お腹もすいてきたし、おかゆでも作るべ!」

十神「ちっ、情けない男だ。お前はずっとそうしてろ。夕飯はこの俺も手伝ってやる」スタスタ

腐川「あ、白夜様、あたしも行きます!!」ダダッ

霧切「…………」スタスタ

苗木「あ、ちょっと待ってよ。僕も行くよ」

舞園「私も手伝いますよ!」

苗木「ありがとう、舞園さん」

苗木「どういたしまして」

9 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:23:04.83 msxlM/9O0 5/27

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――

――――――

苗木「あー美味しかった」

石丸「はっはっはっ! やはりみんなで力を合わせて作ったおかゆは最高だ!」

大和田「おうよ! 兄弟との熱い絆があったからこそ完成したおかゆだ! 美味くないはずがねぇ!」

十神「…………」モグモグ

セレス「あなたは相変わらずつまらなそうに食べますわね」

十神「お前がうるさいせいだ」

セレス「あら、失礼ですわ。わたくしはお淑やかに食事をしているのに」

十神「それのどこがお淑やかなんだ」

苗木「どういう意味ですの?」

十神「そのままの意味だ」

11 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:25:44.38 msxlM/9O0 6/27

山田「ふひひ! やはりおかゆは絶品ですな! おかわりを頂きたい!」

不二咲「たっぷりあるからどんどん食べてね!」

朝日奈「……っ!」

ガシャーン!

大神「どうした、朝日奈よ! せっかくのおかゆをひっくり返すなど!!」

舞園「も、もしかして美味しくありませんでしたか? でしたらすぐ別のを――」

朝日奈「もういい加減にして!!!!」

朝日奈「辛いのはあんただけじゃないんだよ! みんな……みんなこの状況が辛くて辛くて仕方ないんだよ!」

石丸「お、落ち着きたまえ朝日奈くん! 何か不満があるのなら言ってみるんだ!」

朝日奈「それが嫌だって言ってるの!!」

朝日奈「それが…………うっ……うぅ………」グスン

12 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:27:33.43 msxlM/9O0 7/27

十神「ちっ……腐川、そいつをなだめていろ。俺はこいつと話をする」

腐川「は、はいぃ」

十神「苗木、お前は見かけによらず有能な男だ。なにせあの超高校級の絶望を倒したんだからな」

苗木「ど、どうしたの突然」

舞園「ご飯食べないと冷めちゃいますよ?」

十神「お前は超高校級の希望だ。ちっぽけながらも、この俺の背中をそっと押す程度の力はある」

十神「そのお前がこのザマではな。何が希望だ、笑わせてくれる」

葉隠「お、おい、ちょっと言いすぎだべ」

十神「黙っていろプランクトン。こいつにはしっかりと現状を教えてやらないと駄目だ」

14 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:30:10.55 msxlM/9O0 8/27

桑田「おいおい、こんな時に説教かよ。いいからさっさと食おうぜ」

十神「いいか苗木、俺達は江ノ島盾子を倒し、学園の外へ脱出した」

十神「だが、全員が無事で脱出できたわけではない」

苗木「……知ってるよ。江ノ島……いや、戦刃むくろだっけ。彼女は江ノ島盾子に利用されて殺された」

苗木「残念だね。彼女も僕らの仲間だったのに、一緒にここを出ることができなかった」

十神「違う、そうじゃない」

十神「確かに戦刃むくろも死んだが、それだけじゃない。他にも大勢死んだ」

大和田「何言ってんだこいつは?」

石丸「わからん。僕ら十五人の中で死んだのは彼女だけだったはずだ」

十神「それは違う!」

十神「生き残ったのは、俺、腐川、朝日奈、葉隠、霧切……そしてお前だけだ、苗木」

19 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:33:06.29 msxlM/9O0 9/27

苗木「……………………」

苗木「あはは、十神クンも冗談言うんだね。ちょっとびっくりしたよ」

十神「冗談ではない。みんな死んだ。互いに殺し合い、そして処刑され、最後まで生き残ったのは俺達六人だけだ」

舞園「十神君! いくらなんでも嘘が悪趣味です! せっかくみんな希望を持って前へ進もうとしているのに!!」

十神「認めたくないのは分かる。だが本当にそれでいいのか? 自分を欺き、ただただ絶望から目を背けるのが本当に”希望”なのか?」

不二咲「ひ、酷いよ……ボク達が死んでるだなんて。そんなの……」グスッ

苗木「あんまりだよ!!!」

23 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:36:34.69 msxlM/9O0 10/27

葉隠「苗木っち……嘘じゃないべ。全部事実なんだ……」

セレス「何をおっしゃるんですか、葉隠君」

桑田「オレ達が死んでるだなんて」

山田「そんなこと」

舞園「あるわけないでしょ?」

朝日奈「もうやめてよ!!!!」

朝日奈「それ、見てるこっちは一番辛いんだよ!!!」

大和田「何を」

石丸「何を言って」

不二咲「る」

大神「の」

28 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:40:16.95 msxlM/9O0 11/27

朝日奈「さっきからそうやって!! もう嫌……やめてよ本当に…………」

大神「朝日奈よ、何か嫌なことがあるなら我が――」

朝日奈「さくらちゃんは死んだんだ!!!」

朝日奈「さくらちゃんは、自分で毒を飲んで自殺したんだ!!!」

大神「わ、我は」

朝日奈「喋るな!!!!喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな喋るな」

十神「落ち着け朝日奈!」

朝日奈「だってこいつが! こいつがさくらちゃんを!!!」

大神「我はここに」

朝日奈「違う! あんたはさくらちゃんじゃない!! もうそんなことはやめてよ苗木!!!」

30 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:43:17.85 msxlM/9O0 12/27

苗木「朝日奈、何を言っている。我はただ」

苗木「我は」

苗木「――――――――――――――」

苗木「苗木君、早くご飯食べちゃいましょうよ! おかゆが冷めちゃいますよ!」

苗木「うん、そうだね。せっかく舞園さんも頑張って作ってくれたのに、もったいないや」

苗木「ふふ、苗木君」

苗木「おかわりならまだまだあるからね!」

苗木「ありがとう、不二咲クン」

苗木「飯食ったら野球でもやろうぜ! ずっと狭い学園の中だったから、腕が鈍ってるかもしれねぇ」

苗木「オレも久しぶりに体を動かしたいな。一緒にやろうぜ、兄弟!」

苗木「はっはっはっ、もちろんだとも! ともに健全な汗を流そうじゃないか!」

32 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:45:54.59 msxlM/9O0 13/27

十神「苗木……」

苗木「どうかしましたかな、十神白夜殿!?」

苗木「早くご飯を食べてトランプでもいたしませんか?」

十神「苗木、お前ももう気づいているはずだ。みんな死んだんだ。生き残ったのは俺達だけなんだ」

十神「もう絶望から目をそらすのはやめろ」

苗木「違うよそんなことないよ」

苗木「僕は別に」

苗木「目をそらすなんて」

苗木「そんなこと」

苗木「あれ?」

苗木「あれあれ?」

苗木「舞園さんが消えちゃったよ?」

33 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:48:04.80 msxlM/9O0 14/27

苗木「おかしいな、さっきまで隣にいたんだけどな」

十神「…………」

苗木「あれ……桑田クンもいない、大和田クンも、石丸クンも、山田クンも」

苗木「不二咲クンも、大神さんも、セレスさんも」

苗木「みんなみんな」

苗木「どこ行っちゃったんだろ?」

苗木「ねぇ、教えてよ十神クン。みんなはどこへ行っちゃったの?」

十神「…………」

十神「あの世だ」

苗木「そっかぁ」

苗木「あの世かぁ」

苗木「ちょっと遠いなぁ」

苗木「あはは、あはははははははははははははははははははははは」ポロポロ

36 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:50:22.63 msxlM/9O0 15/27

霧切「…………」

葉隠「苗木っち……」

苗木「心配かけてごめんね、みんな。ボク、ずっと耐えられなくて」

苗木「ずっと絶望から目をそらして、ただただ妄想の中へと逃げていたんだね」

苗木「ごめんね……もう、大丈夫だから」

朝日奈「苗木……」

苗木「はは、それじゃあおかゆ食べようよ」

苗木「たった六人だけど、ボク達は前へ進まなくちゃいけないんだ」

苗木「それが、死んだみんなのためなんだ……」

朝日奈「……うん」

十神「ふん、これでやっと落ち着いて飯が食えるわけだ」

葉隠「ホッとしたべ。超高校級の希望が戻ってきて良かったべ!」

腐川「べ、別にあたしはどうでもいいけど、白夜様の食欲を損なうよりかはマシかしら……」

39 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:53:17.13 msxlM/9O0 16/27

葉隠「それにしても美味いべ! 俺にも料理の才能があるなんて知らなかったべ!」

朝日奈「あんただけで作ったわけじゃないでしょー。みんなで力を合わせたからだよ」

十神「ふん、庶民の食い物にしては悪くないとだけ言っておこう」

腐川「ま、まぁ美味しいといえば美味しいわね」

霧切「…………」

苗木「? 霧切さん、さっきから黙ってるけど、美味しくないの?」

42 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 21:55:26.72 msxlM/9O0 17/27

霧切「あなたは本当にこれでいいの?」

苗木「え?」

霧切「そうやって現実から逃げて、ただただ逃げて」

霧切「本当にそれでいいの?」

苗木「も、もしかしたらさっきの話? それなら大丈夫だよ、もうちゃんと目を覚ましたから」

霧切「いいえ、あなたはまだ何も受け入れていない」

霧切「あなたはあの学園から出た後どうなったの?」

48 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:00:17.94 msxlM/9O0 18/27

苗木「な、何を言っているのさ霧切さん。ボク達は学園の外がどんなに絶望的でも、諦めずに前へ進むと決めたじゃないか」

苗木「だからボク達はこうして生きているんだ」

十神「霧切、お前もおかしな妄想にとりつかれたのか?」

葉隠「か、勘弁してくれよ……もうあんなのを見るのは懲り懲りだべ」

霧切「妄想……それはどれのことを言っているのかしら」

朝日奈「ね、ねぇ、本当に大丈夫なの? いったん安静にしたほうが」

霧切「聞いて」

霧切「私達は確かに江ノ島盾子を倒し、希望ヶ峰学園から脱出したわ」

霧切「でも、それから私達はどうなったの?」

50 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:03:06.83 msxlM/9O0 19/27

苗木「ど、どうって……」

苗木「確か、十神クンの家に行って今後のことを話しあおうってことになって」

苗木「それから……それから…………」

苗木「あれ、どうなったんだっけ?」

十神「どうだったかな」

朝日奈「うーん、話し合いを始めたんじゃなかったっけ?」

葉隠「そんな気がするべ」

腐川「そ、そうよ。それなのにこの女は何を言い出すの……」

54 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:06:46.79 msxlM/9O0 20/27

霧切「十神君の家に行ったら、そこには複数の男が待ち伏せしていた」

霧切「昔、十神財閥にこき使われていた労働者達よ。彼らは十神君が学園から脱出したと聞いてから、あの家でずっと待ち伏せしていたの」

霧切「そこで十神君は磔にされ、彼らに串刺しにされたわ」

苗木「…………え?」

霧切「彼は最後に惨めな命乞いをしながら」

霧切「悲痛な叫び声をあげて息絶えた」

苗木「え?       え?」

霧切「腐川さんは彼の遺体に駆け寄り」

霧切「嗚咽をあげながら、自前のハサミで自ら喉を――」

苗木「待ってよ!!!」

57 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:09:36.91 msxlM/9O0 21/27

苗木「待ってくれよ」

苗木「十神クンと腐川さんが死んだって言うのか?」

霧切「ええ、そうよ」

霧切「そんな二人を見た葉隠君は、仲間を見捨てて逃げ出した」

霧切「でも外にも待ち伏せされていて、あっさり殺されてしまった」

霧切「ぐちゃぐちゃに」

霧切「細切れに」

苗木「嘘だ」

霧切「朝日奈さんは呆然と立ち尽くし、ただただ涙を流した」

霧切「でも、男どもはそんな彼女を囲い込み、服をひん剥き」

霧切「泣きながら抵抗する彼女を無理矢理――」

苗木「やめてくれ!!!」

66 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:13:28.29 msxlM/9O0 22/27

霧切「安心して、朝日奈さんは生きているわ」

霧切「ただ、あまりにもショッキングな光景を見た上、知らない男達に散々犯され、完全に心神喪失してしまったけれど」

霧切「まぁ、死んでしまったのと変わらないかしら」

苗木「嘘だ、嘘だよ」

苗木「じゃあボクはいったい何をしていたんだ」

苗木「まさか、ボクも怖くなって逃げ出したっていうのか!?」

霧切「……苗木君は」

霧切「あなたに殺されたじゃない」

苗木「…………は?」

霧切「そうでしょう?」

霧切「あなたが苗木君を殺したのよ、霧切響子」

70 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:18:10.45 msxlM/9O0 23/27

苗木「……………………」

苗木「何言ってるのさ」

霧切「事実を言っただけよ」

苗木「ボクならここにいるじゃないか」

霧切「違う、あなたは苗木君じゃない。あなたは霧切響子」

苗木「馬鹿言わないでよ。霧切さんは君でしょ?」

霧切「私はあなたの妄想」

霧切「あなたが苗木君になるために、霧切響子の人格を自分の妄想に押し付けただけ」

苗木「意味がわからないよ。だいたい、どうして霧切さんがボクを殺さなくちゃならないんだ」

霧切「十神君も葉隠君も殺され、腐川さんは自殺し、朝日奈さんは犯され続けた」

霧切「もうこのままでは無事ではすまないと確信したあなたは、苗木君と心中する道を選んだ」

75 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:23:07.00 msxlM/9O0 24/27

霧切「苗木君の首を、締めて、締めて、締めて、締めて、締めて、締めて、締めて」

霧切「必死に何かを言おうとする彼を無視して、あなたは首を締め続けた」

霧切「そして気がつけば、彼の体はぴくりとも動かなくなった」

霧切「あなたはすぐその後に自分も死のうとした」

霧切「でもそうする前に男達に捕まり、やっぱり服をひん剥かれた」

霧切「ここまで言えばわかるわね? 霧切響子」

響子「知らない……」

霧切「いい加減、現実を受け入れなさい」

霧切「外の世界に希望なんてなかったの」

霧切「あの学園に閉じこもっていれば良かったのに、あなた達は自ら絶望へ飛び込んでしまった」

霧切「そしてあなたは大好きだった苗木君さえも殺してしまった」

霧切「これはそう……いわばあなたというクロへのおしおきなのよ」

82 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:28:21.31 msxlM/9O0 25/27

響子「嘘だ……嘘だ…………」

響子「そんなの嘘だ。嘘に決まってる」

響子「私達は江ノ島盾子を倒して」

響子「みんなで学園から脱出して」

響子「希望を持って前へ進んだの」

響子「そして……そして…………」

霧切「その希望は一瞬で朽ち果てたの」

霧切「希望は絶望に負けたのよ、霧切響子」

86 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:31:15.95 msxlM/9O0 26/27

霧切「ほら、早くそれを食べなさい」

霧切「でないと、男達にまた怒られるわよ」

響子「え?」

霧切「まさかあなた、まともな食べ物を与えられてるとでも思ってるの?」

霧切「あなたが食べているそれ……」

霧切「おかゆじゃないわよ?」

響子「え……え……………」

響子「なにこれ……」

響子「なにこれ…………!」

ドロリ

響子「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

98 : 以下、名... - 2013/10/13(日) 22:37:19.34 msxlM/9O0 27/27

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――

男A「あのガキ、ちゃんと食ったかな?」

男B「お前ずいぶん搾りだしたもんな。あれ全部食えとはなかなか狂ってるぜ」

男C「そろそろ様子を見るか……って、おいおい」

響子「ほら、苗木君。ちゃんと食べなきゃ駄目でしょ」

響子「大丈夫だよ、霧切さん。霧切さんの作るおかゆ、凄く美味しいんだもん」

響子「ふふ、嬉しい事を言ってくれるのね」

男A「あっちゃー……完全にイッちまってるな」

男B「使い物になるのかあれ?」

男C「まぁ犯るぶんには問題無いだろ、多分」

響子「愛してるよ、霧切さん」

響子「ふふ、私もよ苗木君」

響子「ふふ、ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」


終わり

記事をツイートする 記事をはてブする