1 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 04:50:16.20 LzLbjFSB0 1/77

苗木「ふぁーあ…」

大神「…苗木よ、大きな欠伸だな」

苗木「あっ…お、おはよう大神さん…」

大神「うむ」

苗木「…恥ずかしいところ見られちゃったね」

大神「フッ…気にするでない」

大神「隙があるということは平和の証拠だ」

苗木「…うーん、そう言われればそうなのかな…」

大神「我は今から珈琲を淹れてくるつもりだ。苗木もどうだ?」

苗木「あっ…それじゃあお言葉に甘えて…」

大神「うむ。少し待っていろ」スッ…

苗木「……」

苗木「…隙あり!」ぎゅっ…!

大神「…ぬっ?」

元スレ
苗木「女の子たちを後ろから抱きしめたらどうなるか」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380743416/

6 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 04:55:24.19 LzLbjFSB0 2/77

大神「…苗木よ。これはどういうつもりだ?」

苗木「あっ、ご、ごめん…」

苗木「ほら、大神さんって超高校級の格闘家だから…」

苗木「相手に隙を見せても、ちゃんと対応出来るのかなって気になっちゃって…」

大神「対応した方が良かったか?」

苗木「あはは…そう言われると…」

大神「今の苗木の行動には敵意を感じなかった」

大神「反応するまでも無い」

苗木「…こうやって男が女の子に抱き付いてるのに」

大神「……」ポンポン…

苗木「わっ…?」

大神「お主なら、じゃれてくる子犬みたいなものだ」

苗木「大神さん…」

大神「さぁ、大人しく待っていろ」

苗木「(あはは…大神さんにはかなわないなぁ…)」

10 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:01:01.82 LzLbjFSB0 3/77

大神「―――待たせたな」コトッ…

苗木「ありがとう。いただきます」

大神「うむ」

大神「しかし、苗木よ」

苗木「どうしたの?」

大神「お主の背後から抱擁をする行為…」

大神「相手が我だったからよかったが…」

大神「他の女生徒相手には決して行うものではないぞ?」

苗木「えっと…セクハラになっちゃうから?」

大神「うむ」

大神「苗木に対して嫌悪感を抱いてる女生徒はいないとは思うが、男子に免疫が無い者もおる」

苗木「……」

苗木「(そういう子の反応が見てみたいんだけどな…)」

大神「…何を考えている?」

苗木「な、なんでもないよっ!」

14 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:05:04.17 LzLbjFSB0 4/77

大神「それでは我は鍛錬にでも行くとするか」スッ…

苗木「あ、うん。僕もそろそろ…」

苗木「コーヒーごちそうさま」

大神「うむ」スタスタ…

苗木「……」

苗木「…さて」

苗木「(大神さんに、釘を刺されたわけだけど…)

苗木「(どうしたものかな…)」

不二咲「あ、おはよー苗木くん」

苗木「やぁ、不二咲さん」

不二咲「今朝は早いんだねっ」

苗木「……」

苗木「(不二咲さ…不二咲くん相手なら大丈夫かな…?)」

17 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:09:50.99 LzLbjFSB0 5/77

不二咲「何を飲んでたの?」

苗木「珈琲だよ。大神さんが淹れてくれたんだ」

不二咲「あ、大神さんがいたんだね」

不二咲「せっかくだからボクも飲もうかなぁ」

苗木「じゃあ、おかわりついでに淹れてきてあげるよ」

不二咲「ええっ?悪いよ、そんな…自分で淹れられるよ…」

苗木「遠慮することないよ。砂糖とミルクはどうする?」

不二咲「あ、ありがとぉ…」

不二咲「えっと……ブラックで……」

苗木「…ホントに?」

不二咲「…ミルク多めで」

苗木「ふふっ、了解」

不二咲「うぅ~…」

19 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:13:45.00 LzLbjFSB0 6/77

苗木「じゃあ、ちょっと待っててね」スッ…

不二咲「うん、ありがとう」

苗木「……」クルッ…

不二咲「……」

苗木「(…完全に僕が珈琲を淹れにいったと信じきっている背中だ…)」

苗木「(…そーっと近づいて)」

苗木「…えいっ!」ギュッ…!

不二咲「ひゃ、ひゃあっ!?」ビクッ…!

苗木「あはは、びっくりした?」

不二咲「な、苗木くん…!?」

不二咲「……」

不二咲「…だ、だめだよぉ…」

不二咲「…ボク、男の子だよ……」

苗木「……」

苗木「(…そうなんだよなぁ)」

25 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:17:21.67 LzLbjFSB0 7/77

苗木「い、いや…勘違いしないでね?」

苗木「これはその…スキンシップっていうか…」

不二咲「……」

不二咲「…そ、そうだよね」キュッ…

苗木「(…包み込むように僕の手を握ってきて……)」

苗木「……」ドキドキ…

苗木「…!」

苗木「(だ、だから相手は男の子なんだって!)」

苗木「じゃ、じゃあ!珈琲淹れてくるから!」ダッ…!

不二咲「あ…」

不二咲「う、うん…」

苗木「(なんでそんな切なそうな顔をするんだ…)」

26 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:22:07.49 LzLbjFSB0 8/77

苗木「―――はい、どうぞ」コトッ…

不二咲「あ、ありがとぉ」

不二咲「んっ…」コクッ…

苗木「どう?」

不二咲「……」

不二咲「…うえぇ」

苗木「…ミルク多めでも苦かったかー」

不二咲「うぅっ…ごめん…」

不二咲「せっかく淹れてきてくれたのに…」

苗木「いいよいいよ。ほら、砂糖」

不二咲「あ、ありがとう…」

不二咲「えへへ…苗木くんは優しいな…」

苗木「そんなこと…」

苗木「……」

苗木「(不二咲くんと交流を深めるのは良いけど何か忘れてる気がする…)」

28 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:25:48.52 LzLbjFSB0 9/77

不二咲「あ、あの…苗木くん…!」

不二咲「今日って暇…かな…?」

不二咲「良かったらボクと…」モジモジ…

苗木「あ、ご、ごめん…僕、そろそろ行かないと…」

不二咲「え…そ、そうなの…?」

苗木「ごめんね。また今度ゆっくり話そうね」スッ…

不二咲「あ…うん…」

不二咲「……」

不二咲「…はぁ」

苗木「……」

苗木「(…ホントに女の子だったらなぁ…)」

苗木「(さてと、これからどうしよう?)」

苗木「(とりあえずあても無く散歩でもしようかな…)」

31 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:32:24.23 LzLbjFSB0 10/77

苗木「(でも、あんまり意味も無くウロウロしてるだけじゃ不二咲くんにも悪い気がするし…)」

朝日奈「なえーぎ!おっはよ!」

苗木「わっ!?…って、朝日奈さん」

朝日奈「そんなビックリしないでよー。傷ついちゃうなー」

苗木「ご、ごめん…」

苗木「…って、あれ?そういえば今日は大神さんと一緒じゃなかったね」

朝日奈「あーうん。ちょっと今日は珍しく寝坊しちゃってさー」

朝日奈「さくらちゃん、もう食堂にはいない?」

苗木「あ、うん。大神さんなら鍛錬に行くって言ってたよ」

苗木「今は食堂は不二咲さん一人かな」

朝日奈「そっかそっか!んー、じゃあせっかくだし不二咲ちゃんとお茶してからさくらちゃんのところ行こうかな!」

朝日奈「教えてくれてありがとねっ!」スタスタ…

苗木「……」

苗木「…えいっ!」ギュッ…!

朝日奈「ひゃっ!?」ビクッ…!

35 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:37:59.79 LzLbjFSB0 11/77

朝日奈「え、ちょ、ちょっと…な、苗木っ…!?」

苗木「……」ギュー…!

朝日奈「な、なに…!?え、えっ…!?」

苗木「…ダメかな?」

朝日奈「え…あ…」

朝日奈「……」

朝日奈「だ、だめー!はなせー!」ジタバタ…!

苗木「わっ…!?ご、ごめん…!」バッ…!

朝日奈「い、いきなりなんなのっ!?ばかっ!!」

苗木「いや…その…」

苗木「(しまった…大神さん、不二咲くんと来てたから…)」

苗木「(いざ、こうやって普通の反応をされた時、どう言い訳すべきなのかを考えてなかった…)」

朝日奈「む~…!」

37 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:42:18.83 LzLbjFSB0 12/77

朝日奈「ばか、ばかっ!」

苗木「…ごめんなさい」

朝日奈「謝るぐらいなら、最初からしないのっ!」

苗木「その通りだね…」

朝日奈「……」

苗木「……」ショボン…

朝日奈「あ…うぅっ~…!」

朝日奈「…今回だけだよ!」ギュッ…!

苗木「え…?」

朝日奈「……」

苗木「…えっと…朝日奈…さん…?」

苗木「(な、なんで僕が朝日奈さんに正面から抱きしめれているんだ…?)」

41 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:45:50.08 LzLbjFSB0 13/77

朝日奈「…はい!もうおしまいっ!」

苗木「あの…」

朝日奈「……」

朝日奈「…別にちゃんと言ってくれるぶんには良いんだから」

苗木「…え?」

朝日奈「なんでもないよーだ!」

朝日奈「それじゃ、ばいばいっ!」ダッ…!

苗木「……」

苗木「(…柔らかかったな)」

苗木「(それと…今の反応って…)」

苗木「(もしかして…僕のこと…)」

苗木「……」

苗木「(…これ以上はやめておいた方が良いかな)」

44 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:49:24.20 LzLbjFSB0 14/77

翌日

苗木「…あっ」

苗木「…みんな、おはよう」

大神「うむ」

不二咲「な、苗木くん…おはよう…」

朝日奈「あ、お、おはよ…」

大神「…ぬ?」

不二咲「…えへへ」モジモジ…

朝日奈「……」モジモジ…

苗木「……」

苗木「(…気まずい)」

大神「…苗木よ」

苗木「…!」

苗木「な、何かな…大神さん…」

47 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 05:54:36.67 LzLbjFSB0 15/77

大神「我は忠告をしたはずだが?」ゴゴゴゴゴ…!

苗木「な、なんのことかな…?」

苗木「(まずい…完全にバレてる…)」

苗木「(好奇心だけであんなことするんじゃなかった…)」

大神「……」

大神「…まぁ、良い」

大神「二人も満更というわけでも無いようだしな」

苗木「え?」

不二咲「な、苗木くん…!今日こそ僕と…!」

朝日奈「…苗木のえっち」

大神「…ちゃんと責任は取るのだぞ」

苗木「あ、えーっと…その…あはは…」

大神「…無論、我に対してもだ」

苗木「……」

苗木「…えっ?」  終里

57 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 06:00:17.76 LzLbjFSB0 16/77

超高校級風紀委員として遅刻するわけにはいかないのでここで終わります!!
乗っ取りは歓迎だぞ強大!!

65 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 06:10:59.24 LzLbjFSB0 17/77

希望は前に進むんだ!!!


あとは任せたよ

118 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 10:08:54.69 GEQWklrGi 18/77

十神「…ふん」ペラッ

苗木「あ、読書に戻っちゃうんだ」ギュー

十神「別に読書の邪魔さえしなければどうとでもしろ」

苗木「ふーん、じゃあ抱きついたままだからね!」

十神「…」ペラッ

苗木「…ねぇ、なに読んでるの?」

十神「お前には関係ない」

苗木「つれないなぁ」

十神「…きょ、今日は冷えるからな」

苗木「え?」

十神「人肌が恋しくなることもあるだろう…」

苗木「つまりなにが言いたいのかな?」

十神「たまにはこういうのも悪くない…ということだ、理解しろ馬鹿者」

苗木「あ、照れてるもしかして?」

十神「ふん…バカ言え…」ペラッ

124 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 10:32:01.19 GEQWklrGi 19/77

苗木「なんだか十神くんもまんざらじゃなかったみたいだ…」

苗木「もっと可愛らしい反応がみたいなぁ…」

苗木「女の子の方が…」

不二咲「あ!苗木くん!」

苗木「不二咲さん?どうしたの?」

不二咲「えへへ、探してたんだよ?」ギュッ

苗木「な、なんで手を」

不二咲「あ、やっぱり…今日は寒いから手が冷たいね…」ジッ

苗木「そんなに見つめられると照れるよ…」

不二咲「苗木くんは…寒くないかなぁ?」ジッ

苗木「ぼ、ボク次の人のところにいかなくちゃ!」

不二咲「あっ!苗木くぅん!」

苗木「次はだれにしようか…」

128 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 10:41:47.65 GEQWklrGi 20/77

苗木「そうだ!霧切さんにしよう!」

苗木「案外可愛い反応かも…さて探さなくちゃ…」

苗木「霧切さんはどこかな?」

霧切「呼んだかしら」

苗木「ぬふぅ!?」

霧切「苗木くんの癖に山田君みたいなリアクションなんて生意気よ」

苗木「い、いつからそこに」

霧切「私はいつでも後ろにいるわ…覚えておきなさい」

苗木「真正のストーカーだよ!?」

霧切「そう言えば私のことを探してたみたいだけどどうかしたかしら?」

苗木「あ、いや…その…」

霧切「…そう、わかったわ。もう少しロマンチックな場所に行きましょう」

苗木「何がわかったんだよ…」

霧切「大丈夫、心配しないで」

苗木「くっ…主導権を握られっぱなしだ…なんとか隙をついて後ろにまわらないと…」

131 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 10:57:45.39 GEQWklrGi 21/77

霧切「さあ、入って」

苗木「霧切さんの部屋…まで来たんだけど…入っていいの?」

霧切「私は今入ってと言ったはずよ」

苗木「あ、うん。おじゃまします」

霧切「座るところはないからベッドにでも腰掛けてちょうだい」

苗木「そうさせてもらうね…それにしても」

霧切「色気のない部屋で悪かったわね」

苗木「そ、そんなこと考えてないよ!!なんだかいい匂いがするなって」

霧切「…っ!?」カアッ

苗木「なんだか心落ち着くような…うん、僕は好きだな」

霧切「あ、あまりかがないでちょうだい…」

苗木「…霧切さんの匂いなのかな?」

霧切「黙りなさい、苗木くんの癖に生意気よ…コーヒーでもいれるわ。少し待ってて」

苗木(!ここだ!コーヒーを入れるために僕に背を向けた!ここしかない!)

苗木「…霧切さん…」ギュッ

143 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 11:52:04.07 GEQWklrGi 22/77

霧切「ひゃん!?」

苗木「霧切さぁん…」ギュー

霧切「あっ…ああ…」

苗木「霧切さん、かわいい…」

霧切「だ、ダメよ、苗木くん…段階を踏んで…その…」

苗木「霧切さんは僕のこと嫌い?」

霧切「きら…いなわけ…な…あっ…」

苗木「好きだよ、霧切さん」ギュッ

霧切「あっ…ダメ…ダメなの…こ、コーヒーい、いれなきゃ…だから苗木くん…」

苗木「ずっとこうしていたいよ…ダメ…かな?」

霧切「…苗木くんの癖に…バカ…」

苗木「なんてね!」

霧切「えっ」

146 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 11:58:06.04 GEQWklrGi 23/77

苗木「霧切さんって後ろから抱きつかれたらああ言う反応なんだね!」

霧切「…」

苗木「うん、今実は色んな人に抱きついて反応を見てるんだ」

霧切「…」

苗木「いやぁ、可愛らしかったなぁ…霧切さん」

霧切「…」

苗木「あ、もちろん、霧切さんのことは大好きだよ?でもまだ性的な関係になるまでは…」

霧切「…って」

苗木「え?」

霧切「責任とって」

苗木「責任!?」

霧切「そうでなければ私と一緒に死になさい」

苗木「なんでぇ!?」

150 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 12:17:34.85 GEQWklrGi 24/77

霧切「…苗木きゅん…いえ…アナタ…どこへ行ったの…?」

苗木「やべぇよ…やべぇよ…」

霧切「ふふふ、逃がさない…どこにも行かせないわ…」

苗木「霧切さんが壊れたぁっ…!」

霧切「子供はサッカーチームくらいは欲しいわね…ふ、ふふふ」

苗木「だめだ…見つかったら…○られる!」

霧切「苗木きゅん…苗木きゅん…」ウロウロ

苗木「き、霧切さんに見つからないように次の人の所に行かないと」

苗木「このボクの知的好奇心を満たすために!」

霧切「ハァハァ…いない…ここにも…」

苗木「とにかく見つかったらダメだ!早急に次に行かないと…誰にしよう?」

159 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 12:38:15.23 GEQWklrGi 25/77

苗木「ハァ…ハァ…て、適当な部屋に逃げ込んだけど…ここは?」

葉隠「んお?どしたべ苗木っち、ずいぶん息きらして」

苗木「あ、葉隠くんの部屋だったんだ」

葉隠「なんだべ、知らんと入って来たんか」

苗木「いや実は僕は今ひとつ修羅場を繰り広げて来てまして…」

葉隠「…いや、まぁ聞きたくねえけどよ…ほどほどにしとくべ?」

苗木「うん…」

葉隠「ま、なんか知らんけどよ、ゆっくりしてけ!」

苗木「ありがとう!助かるよ」

葉隠「んだら、暇だし占いでもすんべ?金は…今回はまけといてやるべ!」

苗木「ははっ、持ってないからね!」

葉隠「んじゃ、水晶のぞくからよ!少し待つべ」

苗木(よし、一心不乱に水晶を覗き始めた!ここだ!後ろに回り込んで…)

162 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 12:54:33.88 GEQWklrGi 26/77

苗木「はっがくれっくん!」ダキィ

葉隠「んおおお!?な、なにすんべ!?」

苗木「えっへへー」

葉隠「お、おれにそんな趣味はねぇぞぉ!?」

苗木「僕にだってないよ!」

葉隠「じゃあ、なんで……ってなるほど…」

苗木「え?」

葉隠「まぁ、確かに?未来も見えねえ不安になる生活だべ…仕方ねぇべな…うんうん」

苗木「えっえっ?」

葉隠「まぁ、多分俺、苗木っちより年上だしな!年上ってだけで頼りたくなることもあるべ!」

葉隠「俺なんてよ…あんま頼りになんねぇけど、苗木っちがそれでいいって言うなら俺の背中いつでもかしてやんべ!な!」ニッコリ

苗木「…き、君葉隠くんだよね?」

葉隠「それどういうことだべ!?」

165 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 13:01:44.30 GEQWklrGi 27/77

苗木「…くそっ…葉隠くんなんかにときめくなんて…」

苗木「…ボクノンケちゃうかもしれんな…」

苗木「いや!ノンケだよ!!女の子の方がすきだもん!」

大神「むぅ…苗木よ…」

苗木「うわぁ!?ど、どしたの大神さん」

大神「主よ…何をした?」

苗木「え?」

大神「異形と化した霧切がそこらを徘徊しておる…苗木…と名を呼びながらな…」

苗木「ええー…ドン引きだよ霧切さん…」

大神「我をもってしても完全にとめきることはできなんだ…」

苗木「完全に妖怪じゃないか!!」

大神「まぁ、何をするにも…ほどほどにな…」

苗木「あ、ありがとう…」

苗木「ここらが潮時かな…どうしようかな次の人の所に行こうかな…?」

174 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 13:21:15.95 GEQWklrGi 28/77

苗木「うん、こういう時はアイドルに癒してもらうに限るね!」

苗木「と、言うわけで舞園さんに会いに行こう!」

苗木「ちょうどいい時間だし、食堂かな?」

舞園「…」パクパク

苗木「な、なんでぼっち飯…」

舞園「あ!苗木くん!」パアァ

苗木「くっ!100点のスマイルだよ!舞園さん!」

舞園「あの、実は苗木くんを待ってたんです…でもなかなかこないから先に食べちゃって…ごめんなさい!」

苗木「待っててくれたんだ…こちらこそごめんね、舞園さん」

舞園「いえ!いいんです!苗木くんを待つのも楽しかったですから!だって私…」

苗木「えっ…も、もしかして…」

舞園「…えへへ!秘密です!」

苗木「ひ、秘密なんだ…」

舞園「それに私、待つ女の子ですから!」

舞園「苗木くんから…ね?ずぅっとまってますよ!ふふっ」

186 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 13:42:38.21 GEQWklrGi 29/77

苗木「多少の危うさが感じられるけど…ここはやるしかない…!」

舞園「あの、苗木お昼ご飯食べましたか?まだだっだら…その…」

苗木「あ、まだだよ!じゃあ一緒に食べよっか?」

舞園「はい!」パアァ

苗木「じゃあ、とってくるね?」

舞園「じゃあ、私も飲み物をとってきますね?」


苗木「さて…あ、もうテーブルについてる」

舞園「あ、苗木くんの飲み物も入れておきました!アイスティーですけどいいですか?」

苗木「ありがとう!じゃあ、いただきます!」

舞園「ふふっ、いただきます」

苗木「あ、舞園さんはオムライスにしたんだ?」

舞園「はい、好きなんですわりと!苗木くん一口どうですか?」

苗木「じゃあ、お言葉に甘えてもらおっかな?とるね?」

舞園「だめですよぉ!はい、あーん」

苗木「…あれ、これボク幸せすぎて死ぬんじゃあ?あーん…うん!おいしい!」

194 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 14:03:41.75 GEQWklrGi 30/77

舞園「ふふっ、よかったー。もう一口食べますか?」

苗木「だめだよ!舞園さんの分がなくなっちゃうから!」

舞園「じゃあ…苗木の食べてるハンバーグ一口と交換でどうですか?」

苗木「それならいいよ?えっと…」

舞園「あーん」

苗木「だよね、はい、あーん」

舞園「…うん、美味しいです!…ずっと…こうしていられたら…」

苗木「ん?」

舞園「いいえ!なんでもないです!ふふっ、はい、あーん」

苗木「さっきもらったのにいいの?じゃ、しゃあ…うん、美味しいね!」

舞園「うふふ」

苗木「あはは」

朝日奈「…」

不二咲「…」

200 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 14:12:06.87 GEQWklrGi 31/77

舞園「食べ終わっちゃいましたね…」

苗木「そうだね、美味しかったなぁ…」

舞園「じゃあ、私食器片付けてきます!少し待っててくださいね?」

苗木「うん…」

苗木(あ、危ない!目的を忘れかけてた!今ちょうど舞園さんは食器を片付けるために背を向けてる…いまだ!)ササッ

舞園「……どうかしましたか?」

苗木「うわあああああああ!!!???」

舞園「驚くのはこっちです!もう!なんで人の後ろにいきなり立つんですか!?」

苗木「そ、そんな、超高校級のアルタイルと呼ばれた僕のスキルが…」

舞園「質問に答えてください!どうしてこんなことしたんですか?もしかして…私を殺そうと…?」

苗木「それはないよ!ボクの人生をかけてもいい!!あの、その…」

苗木「その…その…ま、舞園さんに後ろから抱きついたら…どうなるかな…って」

舞園「…」ジッ

苗木「ごめんね、僕みたいな人間のクズが…やっちゃダメだったんだ…」

舞園「…そうですよ、後ろからなんてダメです…」ギュッ

206 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 14:17:25.64 GEQWklrGi 32/77

苗木「えっ!?」

舞園「後ろからなんて嫌です…ちゃんと顔が見えなきゃ…」ギュ

苗木「ままま舞園さん!?」

舞園「ちゃんとこうやって向かいあって…」

舞園「大好きだよって言いながら抱きついてくれなきゃ嫌です…」

舞園「苗木くん…大好き…」

苗木「…ごめんなさ…」

舞園「違います、言って欲しい言葉は謝罪じゃなくて…」

苗木「えっと…」

舞園「わかりませんか?」

苗木「…好き…だよ?」

舞園「足りません…もっともっと。ね?」

苗木「…大好き」ギュッ

舞園「…うん…うん…えへへ、幸せです…」

247 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 16:15:17.46 GEQWklrGi 33/77

舞園「苗…木くん…」

苗木「舞園さん!?キスはダメだよ!ルール違反だよ!!」

舞園「えー、ケチ…」

苗木「それに…ばれたら殺される…」

舞園「え?何かいいましたか?」

苗木「いや、なんでもないよ」

舞園「そう言えばさっき私のこと好きって…」

苗木「う、うん!言ったよ!?」

舞園「じゃあ…はい!ください!」

苗木「え、何この手」

舞園「助手から本妻にレベルアップしたわけじゃないですか?」

舞園「ってことは部屋は一緒であるべきですよね?」

舞園「だから…鍵ください!苗木くんの部屋の!」

苗木「えっ、えっ!?」

265 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 17:29:15.07 GEQWklrGi 34/77

舞園「苗木くーん、いや、誠くーん?どこですかー?」

舞園「どうして逃げるんですか?おかしいですよ?」

舞園「あ、もしかしてやましいことがあるとか?」

舞園「大丈夫ですよぉ、内容によっては許してあげますから!」

舞園「そうですね…浮気はアウトです。で、女の子とキスもアウトですね」

舞園「うーん、浮気につながる可能性もあるので肌が触れるのもアウトです!」

舞園「と言うか、他の女の子を見るのもアウトです!うふふっ!」

苗木「くそっ!くそっ!さっきまでいちゃらぶ純愛だったのに!」

舞園「誠くーん、どこですか…?さみしいです、さみしくてさみしくて。気が狂いそうです…えへへ、大好きです」

苗木「いつの間にやらヤンデレサイコホラーだよ!なんでだよ!」

舞園「私何か変なこと言いましたか?鍵渡してくださいっていっただけですよね?その鍵を使って愛の巣に一生二人でいようって言っただけですよね?」

苗木「あの人頭おかしい…に、逃げなきゃ、誰か別の人がいる所に!!」

275 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 17:45:22.06 GEQWklrGi 35/77

苗木「そ、そうだ!セレスさんの所へ…逃げさせてもらおう!目的も果たせて一石二鳥だよ!」

舞園「あっ!誠くんみぃーつけた」

苗木「くそぅ!見つかった!助けて大神さん!」

大神「だからほどほどにしろと我は言ったはずだがな…」スッ

苗木「いや今回はあっちがおかしいよ!多分!ご飯食べてただけだもん!」

大神「そうか…まぁ、あれは止めねばなるまい…さぁ、来るがいい!」

苗木「ありがとう、じゃあ行ってきます!」

苗木「さて…セレスさんは…といたいた」

セレス「あら、苗木くんごきげんよう。お茶でもしませんこと?」

苗木「あ、いいね…ちょうど喉も乾いてたし」

セレス「では、食堂で…」

苗木「ダメだよ!今あそこの周辺は魑魅魍魎が跋扈してるから!!」

セレス「あら、そうですか…では私の部屋にきませんか?」

280 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 17:56:09.38 GEQWklrGi 36/77

セレス「あまり綺麗な所ではありませんが…」

苗木「いつ見ても…すごい内装だね」

セレス「あら?お嫌い?」

苗木「ううん、こういうちょっと非現実的な感じ僕は好きだよ!」

セレス「ふふ、もうすでに非現実的な日常を送っていると言いますのに苗木くんは面白いことをいいますのね」

苗木「そ、そんなに不思議なことは言ってないはずなんだけど…」

セレス「さて、ではお茶にいたしましょう」

苗木「うん、楽しみだよ!」

セレス「…」

苗木「…」

セレス「ほら、早く準備して?」

苗木「ええ!?ボクがするの!?」

セレス「苗木くんが私のためにしてくれた…と言うのがいいんですわよ、ほらほら早く!…ふふ」

282 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 18:03:15.96 GEQWklrGi 37/77

苗木「わかったよ…紅茶くらいなら入れられるし…」

セレス「ロイヤルミルクティーにしてくださいませ。あと、スコーンとクリームをお願いします」

苗木「注文多いね!?」

セレス「私のナイトになると言うのにそれぐらいのことができなくてどうしますの?」

苗木「あ、ナイトになることは確定なんだね…」

セレス「ええ、特別な…ね」

苗木「…と、ところでさ。ロイヤルミルクティーってどういれるの?」

セレス「それでよく私のナイトがつとまりますわね…はぁ」

苗木「うう…すみません…いや、なんかおかしいよ…」

セレス「全く…わかりました。今回は隣で教えますから覚えてくださいませ?」

287 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 18:11:02.04 GEQWklrGi 38/77

苗木「で、まずミルクティーとロイヤルミルクティーではどう違うの?」

セレス「簡単に言えば茶葉を直接牛乳で煮出す方法をとったものですわね」

苗木「ふーん…」

セレス「ふーんじゃありませんの!!ほら、いきますわよ」

セレス「まず、多めの茶葉をあらかじめ湯に浸しておきます」

セレス「次に…」

苗木(ん、これって…説明に集中してて背後がおろそかだ!ここしかない!)

セレス「ちょっと苗木くん、聞いて…」

苗木「セレスさん…」ギュッ

セレス「!?」ビクゥ

苗木「ん…」ギュー

セレス「え、あ?な、なにを!?」

292 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 18:19:59.28 GEQWklrGi 39/77

苗木「セレスさん、すごくいい香りがする…」

セレス「何を、何をしてますの!?」

苗木「こうして姫を直接お守りするのもナイトの務めでありますから?」ギュッ

セレス「あわ、あわわわ」ビクンビクン

苗木「おや?いつものポーカーフェイスはどこへ?」ニヤリ

セレス「ちょ、調子にのって…お、怒りますわよ!?」

苗木「セレスさんはこうボクにされるのはお嫌ですか?」

セレス「え、あ、その」

苗木「…セレス様」ボソッ

セレス「あっ…そ、そんな耳元で…」

苗木「セレス様…お慕いしております…あなただけを…」ギュッ

セレス「なえ…ぎ…くん…」カアッ

セレス「わ、私も…あ、なたのことが…あっ…ああ…」

299 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 18:27:51.65 GEQWklrGi 40/77

苗木「あ、ミルクティーが沸いちゃったね」パッ

セレス「あっ…」

苗木「うーん…上手くできたのかなぁ…?」

セレス「…」ポーッ

苗木「あれ?セレスさん?」

セレス「…」ポケーッ

苗木「まさかこんなに反応が良いとは…」

セレス「うふ」

セレス「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」

苗木「あ、壊れた」

セレス「誠。私に一生従うと言いましたわね?」

苗木「言ってません」

セレス「貴方なら私の本名で呼ぶことを許可して差し上げてもよくてよ?さぁ、お呼びなさい、多恵子様…と!そして永遠の愛を誓いなさい!」

苗木「嫌だよ!?流石に重すぎだからね!?」

308 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 18:36:25.62 GEQWklrGi 41/77

セレス「大丈夫ですわ、誠」ガチャ

苗木「さりげに下の名前でよんでるし、今さりげなく鍵をかけたね?」

セレス「貴方さえ居れば私、なにも必要ないと気がつきましたの」

苗木「これは…病んだんじゃなくて暴走モードにはいったのか!?」

セレス「うふ、ふふふ、ここが二人の愛の城!ここには誰も入れませんし、出ることも罷りならない…!」ゾクゾクゥ

苗木「うん、逃げよう。三十六計逃げるに如かずだね」

セレス「さあ、誠…もう一度私を熱く抱きしめて…?」

苗木「あ、飲んでないけどお茶美味しかったよ!じゃね!」ガチャ

セレス「うふふっ、どこへ行こうというのですか?」

苗木「さて、どうしようかなこれぇ!次はどうしようか!?何かいい案でてこないかなぁ!?」

324 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 18:48:23.40 GEQWklrGi 42/77

苗木「困った時の戦刃さんだね…なんでもできるからね!残念だけど!」

苗木「それに、戦刃さんなら…」

苗木「戦刃さん!ちょっといいかな?」

戦刃「…呼んだ?」

苗木「呼べばすぐきてくれるし!」

戦刃「えっと、その…な、何か用かな?苗木くんが呼んでくれて、嬉しい…」

苗木「えっと、用ってほどのことでもないんだけど…」

戦刃「?」

苗木「戦刃さんさえよかったら遊ば」

戦刃「あらゆる障害を排除してでも苗木くんと遊ぶ」

苗木「うん!いいはんのうだ!」

戦刃「えへへ…嬉しいなぁ…苗木くんと遊べるなんて…」

苗木「なんだか申し訳ないくらい喜んでくれてるね…あ、もし妖怪みたいなモノにあったら僕を守ってほしい…んだけど」

戦刃「一生守るよ…?」

351 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 19:10:52.39 GEQWklrGi 43/77

苗木「で、娯楽室に来たわけで。うん、ビリヤードとか楽しいよね!」

戦刃「なにする?苗木くんが選んでほしい…な」

苗木「えっと、ボクは戦刃さんに選んで欲しいと思ったんだけど…」

戦刃「そ、相思相愛…」カアァッ

苗木「…ウン、ソウダネ」

戦刃「ここはいいところ見せないと…!」

苗木「うん、口に全部でてるよ?」

戦刃「ダーツとか…どうかな?シンプルに投げて当たったところの点数が大きい方の勝ち」

苗木「いいね!…でも、ボク上手くできないかもしれないから教えて欲しいな…」

戦刃「任せて…か、か、体に触ってもいいんだよね?」

苗木「…ウン」

戦刃「…よし…がんばる…!」

362 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 19:21:43.72 GEQWklrGi 44/77

戦刃「えっとね…肘の高さはこれくらいで…足はこう…」

苗木「うん…こうかな?」

戦刃「そ、そう、な、苗木くんにこんなにくっつけるなんて頭が沸騰しそうだよぉ…!」

苗木「あ、あはは…」

戦刃「でね、基本的には真ん中のダブルブルもしくはシングルブルを狙えば的には当たるから…」

苗木「あ、あれそう言う名前なんだ…物知りだね!」

戦刃「…られたぁ…褒められたよぉ…!」

苗木「うん、なんだか本当にうん!」

戦刃「あの真ん中に向けてダーツを投げるの。ちょうど敵兵の目に当てるように」

苗木「ええ…」

376 : >>371兄弟おっすおっす! - 2013/10/03(木) 19:34:51.66 GEQWklrGi 45/77

苗木「えっと…それ!」

戦刃「うん、11のダブルだね…22以上か…」

苗木「やっぱり真ん中にいかないなあ…」

戦刃「外枠は得点が二倍だからいいんだよ?」

苗木「そうなんだ!」

戦刃「…えい」

苗木「20…だね!僕の勝ち?」

戦刃「ごめんね、20のトリプルで60点…」

苗木「そ、そう…流石だね!」

戦刃「えへへ…」

苗木「なんとなく慣れてきたし賭けでもする?」

戦刃「か、賭け?」

苗木「うん、勝ったら相手の言うことなんでも一つ聞く…でどう?」

戦刃「勝つ」

苗木「うん…」

385 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 19:46:41.20 GEQWklrGi 46/77

苗木「ふふっ、戦刃さんは忘れてるみたいだけど、僕の才能は…」

苗木「それ!」

戦刃「あっ…」

苗木「超高校級の幸運だよ?」

戦刃「…ダブルブル…」

戦刃「…またもう一度20のトリプルを出せばいいだけだから…」

苗木(…もちろん忘れてないよ目的を…後ろから抱きつくことが目的なんだから…ふふ、モーションに入った…後ろがガラ空きだよ!)

戦刃「…」スッ

苗木「戦刃さん!」ダキッ

戦刃「!?」

397 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 19:57:02.24 GEQWklrGi 47/77

苗木「えへへ…すきあり」ギュー

苗木「ダーツ落としたんだから僕の勝ちだね?」ギュッ

戦刃「…」

苗木「戦刃さん?」

戦刃「…うっ…うっ…」ポロポロ

苗木「な、な、泣くほど嫌だった!?」

戦刃「ごめんね、盾子ちゃん…」ポロポロ

戦刃「お姉ちゃん…もう絶望できないよぉ…」ポロポロ

苗木「なにそれぇ!?」

戦刃「ああ…世界ってこんなにキラキラしてるんだ…」

苗木「な、なんだこれは…」

戦刃「苗木きゅん…えへへ…えへへ…」

苗木「…えっと、ご、ごめん?」

戦刃「えへへ…私の負け…かな…なんでもいいよ?なんでも言うこと聞くよ?奴隷でも便器でも、なんでも…」

415 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:20:05.20 GEQWklrGi 48/77

苗木「いや、いいよ…ズルしたわけだし…」

戦刃「勝負は非情なものだから、敗者は敗者だよ」キリッ

苗木「かっこよくないからね!?」

戦刃「えへへ…抱きしめられちゃったよぉ…」

苗木「トリップ型の反応だったね…」

戦刃「あーあ…、勝負に負けちゃったから言うこと聞かされちゃうんだ…エッチなこととかエッチなこととかエッチなこととか…」

苗木「三回も言わなくてイイです」

戦刃「もしくは…ボクの嫁になれとか…?」

苗木「お、お嫁さんに?」

戦刃「うん、なるぅ!」

苗木「言ってないよ!?と、とりあえずどうしよっかな、まずは出なきゃ」ガチャ

霧切「」

苗木「」バタン

426 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:27:37.06 GEQWklrGi 49/77

苗木「」ガチャ

朝日奈「苗木?なにこれ、どういう」バタン

苗木「」ガチャ

不二咲「苗木くぅん…僕男の子だけど頑張るかr」バタン

苗木「」ガチャ

霧切「」バタン

苗木「」ガチャ

舞園「あ・な・た?」バタン

苗木「」ガチャ

セレス「誠?何をしてますの?早く城へ」バタン

苗木「あかん」

戦刃「わ、私が苗木くんの嫁として苗木くんをまもるよ?」


大神「だから我はほどほどにしておけと言ったのだ…」

433 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:33:15.82 GEQWklrGi 50/77

苗木「さて、その後僕がどうなったかというと」

朝日奈「苗木…おはよー!」ムギュー

苗木「…当たってる、と言うか顔が埋まってるよ…」

朝日奈「好きでしょ?」

苗木「嫌いじゃないけど…あ、おはよう」

朝日奈「ねぇ…今日暇?暇だったら一緒に泳ごうよー」

苗木「うん…そうしたいのはやまやまなんだけど…」

朝日奈「簡単じゃん!」

朝日奈「他の女…と男一名、全部振って私を選べばいいんだよ?」

439 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:37:27.97 GEQWklrGi 51/77

苗木「毎日胃痛に悩まされています」

不二咲「…苗木くぅん」

苗木「あ、不二咲さん、どうかしたの?」

不二咲「あのね…」

不二咲「僕なら他の女の子たちができないプレイとかもできると思うんだ!」

苗木「そりゃそうだろうね!」

不二咲「だから…ね?」

不二咲「選んてくれなきゃやだよ?」

446 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:41:48.18 GEQWklrGi 52/77

苗木「主にストレスによるものです」

霧切「確保」カシャン

苗木「…あのさ」

霧切「連行するわ。来なさい」

苗木「毎度毎度手錠はめるのやめてよ!!」

霧切「何を言っているの?これは二人を繋ぐ赤い糸よ」

苗木「せめて赤に塗ってから言ってよ!」

霧切「私はきれさせないわ、この繋がりを」

霧切「ずっと…ずっと。永遠に」

452 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:46:49.61 GEQWklrGi 53/77

苗木「好奇心、猫をも殺すと言いますが」

舞園「なーえーぎくん!」

苗木「ふわああああ!?」

舞園「来ちゃいました!」

苗木「来ちゃいましたって…何時だと思ってるの!?そしてここ僕の部屋のベッドの中!!」

舞園「ふふっ、なにいってるんですか?」

舞園「夫婦なんだから同じベッドでねるのは当たり前じゃないですか!」

453 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:49:35.99 GEQWklrGi 54/77

苗木「果たして僕が悪いのでしょうか」

セレス「ふふっ、誠」

苗木「まぁだ、トリップしてるの…セレスさん…」

セレス「愚か者!私のことはセレス様と呼びなさいといいましたわよね?」

苗木「はいはい、セレス様…」

セレス「今日は何をしようかしら」

セレス「貴方と一緒なら永遠ね…」

455 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:53:28.86 GEQWklrGi 55/77

苗木「ボクにはわかりません…」

戦刃「苗木くん?あの…」

苗木「え、あの時の勝負のやつはもういいよ!」

戦刃「よくない!!勝負で私はまけたんだから…」

苗木「じゃあ、このことはもう言わないと言うお願いを…」

戦刃「却下」

苗木「戦刃さんが選ぶんじゃん!おかしいよ!!」

戦刃「なんでもいいんだよ?」

戦刃「なんなら他の女全部殺して来いでもいいんだよ?」

459 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 20:59:29.17 GEQWklrGi 56/77

苗木「どうしたらいいのかな…」

葉隠「いや、どう考えても苗木っちがわりいべ?」

十神「お前…俺にやったことを女子にもしたのか…」

大神「自分でなんとかするが良い…自分でまいた種だ…」

苗木「そんな!!助けてよ!このままじゃ死んじゃうよ…」

十神「お前…俺以外にも…」

葉隠「十神っちがなんかおかしいべ!?」

大神「そうだな…まぁ、殺されかけたら呼ぶが良い、その時は助けよう…」

苗木「ははは…この世は絶望だよ…希望なんてなかったんだ…」

「苗木くん?」

苗木「もうやめてくれえええええええ!!!!」



終里

465 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:01:59.34 GEQWklrGi 57/77

あ、すまなかったな兄弟…のっとっちまってよ

471 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:10:08.15 LzLbjFSB0 58/77

おや、少し席を外したら終わっていたか
大層乙だったぞ兄弟!!
乗っ取ってくれてありがとう!!!

481 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:27:21.05 LzLbjFSB0 59/77

>>41から分岐

苗木「(朝日奈さんが僕のことを…)」

苗木「……」

苗木「(なんて、そんなの自意識過剰が過ぎるかな…)」

苗木「(でも、さっきのことで僕のことを意識しているのだとしたら…)」

苗木「(…僕って最低なのかもしれない)」

セレス「…あら?」

セレス「冴えない表情ですわね」

セレス「可愛らしいお顔が台無しですわよ?」

苗木「あ…」

苗木「(…セレスさん)」

苗木「……」

苗木「(大神さん、ごめん…)」

苗木「(好奇心には…勝てそうにもないや…)」

483 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:30:38.36 LzLbjFSB0 60/77

苗木「……」

セレス「……」

セレス「(心此処に在らず、って感じですわね)」

セレス「(気にはなりますが…)」

セレス「(今は相手にするだけ無駄でしょうか)」スタスタ…

苗木「……」

苗木「…えいっ」ギュッ…!

セレス「…!?」

セレス「苗木…くん…?」

苗木「(…やってしまった)」

苗木「(…セレスさんだと、どうなるんだろう)」

苗木「(やっぱり罵倒とかされちゃうのかな…)」

セレス「……」

488 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:34:55.51 LzLbjFSB0 61/77

セレス「…苗木くん」

苗木「ご、ごめん…!僕…!!」

セレス「…もっと優しく包み込むように」

苗木「……」

苗木「…えっ?」

セレス「お姫様の身体は硝子細工のように繊細なのですよ?」

苗木「え、えっと…」

セレス「……」

苗木「…こうで、いいのかな」きゅっ…

セレス「…フフッ」

セレス「及第点…ってところでしょうか…」

苗木「(これは、予想外の反応だ…)」

苗木「(…僕はこういった反応を期待していたからこそ、また同じ過ちを繰り返してしまったのかもしれない)」

苗木「(…やっぱり僕は最低だな)」

494 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:39:16.03 LzLbjFSB0 62/77

セレス「しかし、流石は超高校級の幸運…といったところでしょうか」

苗木「えっ?」

セレス「運というものは時に大胆に味方をするもの」

セレス「今の苗木くんの行動は超高校級のギャンブラーである私の心を大きく揺さぶっています」

セレス「ギャンブラーにおいて、心が揺れるということは命取り…」

苗木「……」

苗木「(なるほど…)」

苗木「(セレスさんはこの状況も一つの駆け引きと認識しているのか…)」

苗木「(…心が揺れ動いているのは僕の方なんだけどなぁ)」

セレス「…けれど、ツメが甘かったですわね」

苗木「…?」

496 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:44:24.62 LzLbjFSB0 63/77

セレス「大方、私のポーカーフェイスを崩す為、このような行為に及んだのでしょうけど」

セレス「お生憎様」

セレス「背後からの抱擁じゃ、私の表情は確認出来ませんわね?」

苗木「あ、う、うん…」

苗木「(別に勝負を挑むために、こんなことをしたわけじゃないけど…)」

セレス「……」

セレス「…正面から来られたら、私の惨敗でしたわね」

苗木「えっ?」

セレス「うふふ…貴方はやはりCランク止まり…」バッ…!

苗木「…っと」

苗木「(手を振りほどかれた…)」

セレス「…けれど」クルッ…

苗木「…あ」

498 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:48:06.44 LzLbjFSB0 64/77

セレス「…なかなか素敵でしたわよ?」ニコッ

苗木「……」

苗木「(セレスさん…顔、真っ赤だ…)」

苗木「……」

苗木「(僕まで、顔が熱くなってきた…)」

セレス「そ、それでは…私は用がありますので…」

セレス「御機嫌よう…」スタスタ…

苗木「……」

苗木「(セレスさんが去り際に僕に見せてくれた、あの笑顔…)」

苗木「(今まで見たセレスさんの笑顔の中で、一番素敵だったな…)」

苗木「……」

苗木「(あ、熱い…冷たい水で顔でも洗ってこよう…)」

500 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:48:40.55 LzLbjFSB0 65/77

大和田「すまねぇな…」

大和田「俺が弱いばかりにセレスだけしか書けなくてよ…」

507 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 21:55:48.69 LzLbjFSB0 66/77

―――パシャパシャ…

苗木「…ふぅ」

苗木「……」

苗木「(ダメだな…まだ火照りが取れない…)」

苗木「(好奇心で抱き付いたくせに、意識し過ぎだな、僕…)」

苗木「…って、あれ?」

苗木「(しまった…ハンカチが無いや…)」

苗木「(仕方ない…見つからないように自分の部屋まで戻るか)」

苗木「(濡れた顔で誰かに会うのもみっともないしね)」スッ…

霧切「……」

苗木「……」

苗木「(タイミングばっちりだ…)」

510 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:00:45.40 LzLbjFSB0 67/77

苗木「(こ、ここは自然に挨拶をして切り抜けよう…)」

苗木「あはは…おはよう、霧切さん…」

霧切「……」

霧切「はい」スッ…

苗木「えっ?」

苗木「…ハンカチ?」

苗木「(意外と可愛らしい絵柄だ…)」

霧切「使っていいわよ」

苗木「え、でも…」

霧切「その顔で施設内を出歩くのはみっとも無いわよ」

苗木「…お言葉に甘えます」スッ…

霧切「ええ。どうぞ遠慮なく」

苗木「(うう…男子ならともかく霧切さんにみっともないとこ見られちゃうなんて…)」

苗木「(僕ってホントに超高校級の幸運なのか…?)」

515 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:05:19.91 LzLbjFSB0 68/77

苗木「―――ふぅ」

苗木「…もう大丈夫かな?」

霧切「ええ。先ほどに比べれば随分ね」

苗木「あはは…厳しいな…」

苗木「あ、ハンカチありがとう。洗って返すよ」

霧切「別に構わないわよ。顔を拭いたぐらいで」

苗木「そういうわけにもいかないよ」

霧切「私が良いって言ってるのよ」

霧切「ハンカチの持ち主に口答えなんて、苗木君のくせに生意気よ」

苗木「あ、やっぱりそれ霧切さんのハンカチなんだ?」

霧切「…?」

霧切「私が持っていたのだから、私の所有物に決まってるじゃない?」

苗木「あはは…いや、霧切さんのにしては随分可愛らしい絵柄だなって思ってさ」

霧切「……」

霧切「…~っ///」カァァッ…

519 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:09:19.09 LzLbjFSB0 69/77

霧切「わ、悪かったわね…」

霧切「似合わないハンカチなんて所持してて…」

苗木「いや、似合わないだなんてそんな…」

霧切「…『私のにしては』って言ったじゃない」

苗木「それは、えーと…言葉のあやっていうか…」

霧切「……」ジトー

苗木「…ごめん」

霧切「…まぁ、別にいいけど」

霧切「…髪の毛も少し濡れてるわよ」

霧切「部屋に戻って大きめのタオルでドライしておくのね」

苗木「あ、うん。そうするよ」

霧切「それじゃ、私はこれで」スッ…

苗木「……」

521 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:14:06.81 LzLbjFSB0 70/77

苗木「(朝日奈さんにセレスさん…)」

苗木「(…一応、不二咲くんも)」

苗木「(大神さんに釘をさされてからも僕は3人の子を後ろから抱きしめて…)」

苗木「(抱き付いた自分の方が相手のことを意識していて…)」

苗木「(正直、学園の女の子はみんな魅力的な女の子ばかりだ)」

苗木「(だからこれ以上、後ろから抱きしめる行為は、僕自身歯止めが効かなくなってしまう恐れがある…)」

苗木「(だけど…)」

霧切「……」スタスタ…

苗木「(もう一度…もう一度だけ…)」

苗木「(僕は…この好奇心と共に前に進みたい…!)」

苗木「…えいっ!」ギュッ…!

霧切「…え!?」ビクッ…!

525 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:18:08.51 LzLbjFSB0 71/77

霧切「ちょ、な、苗木君…!?」

苗木「……」ギュッ…!

苗木「(霧切さん…)」

苗木「(線が細くて…優しく抱きしめないと壊れてしまいそう…)」

苗木「(だけど…)」

霧切「あ、あなた…なにをしてるのっ…!?」

霧切「は、離しなさいっ…!」グッ…!

苗木「……」キュッ…

霧切「…ぁっ!」

霧切「…っ」

霧切「……」

苗木「……」

苗木霧切「(…暖かい)」

530 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:24:30.48 LzLbjFSB0 72/77

霧切「(…どうしてかしら)」

霧切「(こんな突然…背後から抱きしめられて…)」

霧切「(イヤなはずでしょう?)」

霧切「(でも、そう思ったのは最初の一瞬だけで…)」

霧切「…安心するわ」

苗木「…えっ?」

霧切「何故かしらね?」

霧切「相手が、貴方だから?」

苗木「……」

苗木「僕も、霧切さんをこうしていると安心するよ…」

霧切「…そう」キュッ…

苗木「(…霧切さんは一言呟いて僕の手に自分の手を重ねてくれた)」

苗木「(感じるのはかわいた手袋の感触…そのはずなのに…)」

苗木「(その感触には、確かな暖かさがあった…)」

535 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:28:45.28 LzLbjFSB0 73/77

霧切「―――ふぅ」

苗木「霧切さん…」

霧切「……」

苗木「…その」

霧切「何も言わなくて良いから」

苗木「え?」

霧切「行為の理由なんていらない」

霧切「謝罪の言葉はもってのほか」

苗木「でも…」

霧切「……」

霧切「私、イヤじゃなかった…と思う…」

苗木「霧切さん…」

霧切「…それじゃ、またね」スッ…

苗木「……」

苗木「(ごめん…霧切さん…)」

538 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:33:21.78 LzLbjFSB0 74/77

苗木「……」

苗木「(好奇心から始めた、女の子に後ろから抱き付く行為…)」

苗木「(女の子達の反応を見る限り、セクハラと思われてはいなかったと思うけど…)」

大神「―――何か、思うことがあったか?」

苗木「…!?」ビクッ…!

苗木「お、大神さん…?」

大神「我は釘を刺しておいたのだがな…」

大神「けれど、苗木。お主には今回の経験は良い薬になったと言っても過言ではないかもしれぬな」

苗木「……」

苗木「大神さん…」

苗木「僕は…」

大神「……」

542 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:37:53.86 LzLbjFSB0 75/77

大神「…苗木よ」ポンポン…

苗木「わっ…?」

大神「お主は優しい心を持っておる」

大神「だがしかし、今はまだ未熟だ」

苗木「……」

大神「けれども、その未熟な心で試行錯誤を繰り返し…」

大神「時には他者を傷つける時もあるやもしれぬ…」

大神「しかし、そうして人は成長する」

大神「…共に精進しようぞ」

苗木「……」

苗木「…うんっ!」

大神「フッ…良い眼だ…」

544 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:41:01.26 LzLbjFSB0 76/77

苗木「ありがとう、大神さん」

大神「…フッ」

大神「さて、苗木よ」

大神「お主の心をかき乱すやもしれぬが…ここで大きな問題があるのだ」

苗木「大きな問題?」

大神「うむ」

不二咲朝日奈セレス霧切「……」じーっ…

苗木「…!?」ビクッ…!

大神「心が昂ぶった者達…」

552 : 以下、名... - 2013/10/03(木) 22:48:48.10 LzLbjFSB0 77/77

腐川、戦刃、江ノ島、舞園「……」じーっ…

苗木「…!?」ビクッ…!

大神「取り残された者達…」

大神「これからの学園生活において…」

大神「全てを相手にしつつ、心の成長を達するには…」

大神「超高校級の幸運といえども、骨が折れそうではあるな?」

苗木「あ…う…」

大神「さて、お主を待つ未来は希望か絶望か…」

大神「じっくりと拝ませてもらうぞ」

苗木「……」

苗木「いっそ、全員と関係と持つというのは…」

大神「ぬぅっ!?」

大神「……」

大神「…不束者だがよろしく頼む」

苗木「……えっ?」 終里

記事をツイートする 記事をはてブする