461 : VIPに... - 2014/08/05 00:23:39.74 5YASAg7a0 1/5

~風呂場にて~

伊介「ねぇ、武智乙哉って殺すことで性欲を満たしてる快楽殺人者なのよね?」

春紀「あぁ、そうらしいけど、いきなりどうしたんだ?伊介様」

伊介「じゃあさ、その快楽殺人者に媚薬を盛ったらどうなるのかしらねー?」

春紀「そりゃあ……どうなるんだろ?」

伊介「ね、気になるでしょ」

「……」

「何じゃ?二人して何を困ったような顔をしておる?」ガラガラッ

しえな「寒河江はともかく、犬飼までそんな顔をするなんてよほどのことだな」ガラガラッ

伊介「何それ、喧嘩売ってるの?」イラッ

春紀「まぁまぁ、伊介様」

伊介「まぁいいわ、今回は許してあげる」

「ところで何の話をしておったのじゃ?」

春紀「実は…カクカクシカジカ」

「ほう、確かに気になるのう…」

伊介「でしょ」

しえな「(武智の話題ってだけで嫌な予感しかしない…)」

「これは実際に盛ってみるしかないのう」

しえな「(ほらきた)さて、僕はもう上がるよ」ザバッ

伊介「春紀、確保」ニヤッ

春紀「ほいきた」ガシッ

しえな「な、なんだよ、離せよ!」

春紀「悪いな剣持、伊介様の命令なんだ」ニヤッ

「よいではないか剣持よ、今入って来たばかりであろう」

しえな「良くないよ!僕は関わりたくない!」

「しかしな、同室のお主が適任なのじゃ」

しえな「そんなこと知らない!僕は嫌だからな!」

伊介「いいじゃない、お薬を飲ませるだけの簡単なお仕事よ」

しえな「何が簡単な仕事だ!そもそも媚薬なんて誰も持ってないだろ!」

「あ…」


元スレ
悪魔のリドル短編SS投下スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399368608/


462 : VIPに... - 2014/08/05 00:24:20.59 5YASAg7a0 2/5

千足「なんだ?騒がしいな」ガラガラッ

「皆さん、こんばんは」ガラガラッ

春紀「よぉ、相変わらず仲がいいねぇ」

「おぉ、ちょうど良い所に」

「何の話をしていたのですか?」

春紀「実は…カクカクシカジカ」

千足「確かに気になるけど後が怖いな…」

「でも少し面白そうです」

しえな「…何も面白くないぞ」

「じゃが肝心の媚薬がなくての」ボソッ

「それなら僕が用意しますよ」ボソッ

千足「桐ケ谷、どうした?」

「なんでもないです」ニコッ

「フフッ、これで完璧じゃの」

しえな「完璧じゃない、僕は協力しないからな!」

「あんまり聞き分けがないとPOISONしちゃいますよ」ボソッ

しえな「……」サァァ

千足「桐ケ谷、どうした?」

「なんでもないです」ニコッ

「逃げ場なしじゃの」

伊介「面白くなってきたじゃない」

春紀「悪いな、剣持」

しえな「いじめだ!」

伊介「決行は明日ね」

「ワシは走りあたりに隠しカメラでも頼んでおくかの」




千足「話についていけてないんだが…」

「千足さんはそれでいいんだと思います」ニコッ



463 : VIPに... - 2014/08/05 00:26:07.89 5YASAg7a0 3/5

~翌日の5号室(風呂上り)~

しえな「…ハァ(気が重い…)」ガチャッ

乙哉「あ、しえなちゃんおかえりー!今日は遅かったね」

しえな「あぁ、ちょっとな」

乙哉「まぁ良いや」

しえな「興味ないなら聞くなよ!」

乙哉「アハハ、ごめんごめん」

しえな「ったく……な、なぁ武智、のど乾かないか?」

乙哉「ちょっと乾いてるかも、なんで?」

しえな「(もう引き返せない)い、いや、飲みかけで良ければ水いるかな、と思って…」

乙哉「しえなちゃん大胆だねー、せっかくだしもらうよ」

しえな「ほ、ほら」つ水in媚薬

乙哉「ありがとー」ゴクゴク

しえな「(ごめん、武智)」

464 : VIPに... - 2014/08/05 00:27:40.86 5YASAg7a0 4/5

--数分後--

乙哉「ねぇ、しえなちゃん」

しえな「な、なんだ?」

乙哉「なんかさ、身体が火照って来たんだけどさっきの水に何か入れてた?」

しえな「い、いや…その……」タジッ

乙哉「ふぅん、しえなちゃん、襲って欲しかったんだ…」スッ

しえな「…武智?」

乙哉「し・え・なちゃーん…」ダキッ

しえな「お、おい武智!?」

乙哉「しえなちゃんが悪いんだよ、媚薬なんて飲ませるから…」ペロッ

しえな「ひゃんっ!!」ビクッ

乙哉「お、しえなちゃん意外とかわいい声で鳴くんだね」ペロッ

しえな「ひゃっ、や、やめろ、た…けち」ビクビクッ

乙哉「あぁ、しえなちゃん可愛いー、我慢できなくなっちゃう」チョキチョキ

しえな「…!!!」ゾッ

しえな「う、うわあぁぁ!!」ドンッ

乙哉「イテッ」ドテッ

乙哉「もう、ひどいよしえなちゃん」ムクッ チョキチョキ

しえな「武智!鋏はしまえ!怖いから!」

乙哉「えー、やだよ、身体がうずくんだもん」



乙哉「            気持ちよくなりたいって……        」



しえな「ヒッ!」ゾッ

乙哉「どこから切ってほしい?アタシとしてはそのおさげからがいいんだけど…」

しえな「待て!武智、落ち着け!(足がすくんだ…やばい…)」

乙哉「ムリー、もう自分の性欲を抑えきれない…」チョキチョキチョキチョキ

しえな「お、おい…」

チョキチョキ

しえな「た、たけち…」

チョキチョキ

しえな「う…ぁ…」

チョキチョキチョキ

しえな「う、うわあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

465 : VIPに... - 2014/08/05 00:29:53.34 5YASAg7a0 5/5

~数日後、病院~

「いやぁ、おもs…怖いものを見せてもらったッス」

しえな(全身包帯)「今、面白いって言いかけたよな!僕は死にかけたぞ!」

「ホント生きてて良かったッスね、まさに”リドルじゃなきゃ死んでた”ってやつッス」ケラケラ

しえな「走り、退院したら覚えとけよ…」イラッ

「ごめんッス、まぁうちの医療スタッフは優秀ッスから安心するッス」

しえな「それでもお前らは許さない…!」

「まぁまぁ」

扉<コンコン

「お見舞いッスかね?…どうぞーッス」

しえな「勝手に入れるなよ!武智だったらどうする… 乙哉「しえなちゃん、この間はごめーん」

しえな「う、うわあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

  <おわり>

記事をツイートする 記事をはてブする