1 : 以下、名... - 2014/07/29 16:56:05 jgliRUo. 1/22


「──う…ぅ」


俺は今、目を覚ましたはずだ。

なのに周囲は真っ暗で、瞼を開けていないかのような錯覚を感じる。

腕を動かすと、じゃらりという鎖が擦れる音が響いた。

四肢を繋がれ大の字に固定されているのだ。

しかも屈辱的な事に、全ての着衣を奪われた上で。


どのくらいの時間が経ったのだろう。

俺は…選ばれし勇者たるはずの俺は魔物の砦に攻め込み、敗れ、囚われた。

砦に潜む魔物の数は想像を遥かに超えていた。

そしてその砦が魔物の軍勢にとってどういう施設なのかもまた、予想だにしないものだった。

元スレ
サキュバスの砦、囚われの勇者
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1406620565/

2 : 以下、名... - 2014/07/29 16:56:38 jgliRUo. 2/22


「目覚めたか、囚われの勇者殿」


不意に視界が明るくなる。

…とはいっても、たかが松明一本が灯されただけだが。

それでもさっきまで暗闇に慣らされていた目は、眩むような感覚に襲われた。


「…あはっ、勇者ともあろう者が良いザマじゃの」


声の主は少女のような外見をしている。

しかしその背には蝙蝠のそれに似た翼が生え、淡い桃色の頭髪からは羊のような二本の角が覗いていた。

3 : 以下、名... - 2014/07/29 16:57:11 jgliRUo. 3/22


「なぜ、俺を生かしている」

「それはこれから解ろう、嫌というほどのぅ」


外見上の年齢にそぐわない喋り方で、魔族の少女は俺の心をわざと逆なでする。

くすくすと悪戯に笑うその表情は、幼く見えるはずなのにやけに淫猥に映った。


「どれ…せっかくじゃ、まずは妾が味利きするとしようかの」


彼女はその左腕を俺に翳し、聞き取れないほど小さな声でなにかの魔法を詠唱したようだった。

4 : 以下、名... - 2014/07/29 16:57:41 jgliRUo. 4/22


「うっ…!?」


途端に身体が力を失う。

もともと鎖に吊るされた状態であったため、自分の足で立ってはいなかった。

しかし今は四肢に動作を命令する事さえできないほどに、全ての筋肉が弛緩した状態だ。


「なにを…した…」


決して滑舌はよくないが、かろうじて喋る事は可能らしい。

少女は少し驚いた顔をする。


「呼吸のための筋力にはできるだけ作用せぬよう心がけはしたが、まさか口がきけるとはの…さすが勇者といったところか」

「…嬉しくないな」

5 : 以下、名... - 2014/07/29 16:58:47 jgliRUo. 5/22


「ちょうどよいわ、より興が増すというものじゃ。どうせ舌を噛み切るほどの力は入るまい」


話しながら、一歩ずつ俺に近寄る少女。

ほとんどが露わなのではないかと思えるその肌は、艶やかに白い蝋人形のようだ。

あと数歩というところまで近づいた時、ふと俺の鼻を甘ったるい香りがくすぐった。


「う…ぅ……」


身体が痺れる感覚、なのに鼓動だけは僅かに早まったように思える。

そして──


「おうおう…待ちきれぬ様子じゃのぅ」

「くっ…なんだ、これは…」


──全身が弛緩していたかに思えた、しかし部分的に例外が生まれる。

強く鳴る鼓動によって血液を送られ、その身を固く大きく強張らせた性器だ。

6 : 以下、名... - 2014/07/29 16:59:18 jgliRUo. 6/22


「なるほど、立派ではないか」


目の前まで歩んだ少女が、白く細い指でそれを撫でる。

決して強い刺激ではない、それなのに力が入らないはずの全身が大きく痙攣した。

それほどの快感に襲われたのだ。

彼女は反対の手で桃色の髪をかき上げ、その顔を俺の胸元に寄せる。

艶やかな唇の隙間から、人間のそれより多少長いであろう舌が延られる。


「ほれ、どうじゃ──」


舌の先端が俺の胸をなぞり上がり、乳首を弄ぶように舐め絡めた……その瞬間の事だった。

7 : 以下、名... - 2014/07/29 16:59:53 jgliRUo. 7/22


「うあぁっ!? あっ! あぁっ…!! あっ…あっ…ぁ…」


一瞬、理解が及ばなかった。

突如として全身を快感が貫いた。

彼女の指は俺の性器に触れていただけ、それは決して動かされてはいなかった。

それなのに上半身に僅かな悪戯をされただけで──


「あはははっ! なんと…子供のようじゃのう…!」

「くっ…ぅ……!」


──俺の身体は達し、大量の精液を撒き散らしたのだ。

8 : 以下、名... - 2014/07/29 17:00:32 jgliRUo. 8/22


「なにを…俺に何をした…っ」

「なにもしてはおらぬ、見ていたじゃろうに…妾はそなたの乳首を軽くなぞっただけじゃ」


触れる事も叶わない性器の先からは、だらしなく白濁とした涎が糸をひいて垂れている。


「それだけでそなたは絶頂を迎えた。まるで精通したての少年が淫らな夢をみただけで下着を汚すようにのぅ…ふふふっ」

「くそっ…!」

「じゃが、無理もない。妾の汗も唾液も…人間には強烈過ぎるほどの媚薬。さぞ心地よかった事じゃろう」

9 : 以下、名... - 2014/07/29 17:01:07 jgliRUo. 9/22


「なんだと…貴様はっ」

「そうじゃ、ようよう気づいたか…妾はサキュバス、この砦の主じゃ」


そう、剣を交えた魔族の騎士が口にしていた。

この砦の主は美しき淫魔、サキュバスだ…と。

そしてこの砦の正体は──


「勇者よ…貴様を生かした理由を訊いておったな?」

「なんて…事だ…」

「もう解ろう? 貴様の子種を搾り取り、魔族に与えるためじゃ…あはははははっ!」


──新たな魔物を創り出すための、研究施設だと。

16 : 以下、名... - 2014/07/30 14:33:55 JCEWg54I 10/22


サキュバスはいかにも楽しそうに笑う。

人間の精力を糧とする彼女にとっては性欲と食欲、更にはこの施設の目的を果たすための研究意欲さえも満たされるのだ、当然だろう。


纏わりつく俺の精液を長い舌で舐めとって、美しくも憎むべき淫魔はその指を鳴らした。

暗闇の中から、ずるり…という音がたつ。


「それでは準備に取り掛かるかの……来るのじゃ、スライム娘」

「kskmrmst…」


人には理解できない言語、そして明らかに人とは違う足音。

松明に照らされたその主は、美しい女性の姿をしたスライム族の魔物だった。

薄い水色で透き通った肌は固体と呼ぶには流動的で、液体と呼ぶには形状が整いすぎている。

17 : 以下、名... - 2014/07/30 14:34:31 JCEWg54I 11/22


「では勇者殿に癒しの抱擁を、くふふっ…」

「くそが…! 近寄るなっ!」

「…otnsk snsi」


スライム娘と呼ばれた魔物が俺の右脚に腕を延ばす。

ひんやりとした掌が内腿に触れ、そのまま形状を変えながら巻きつくように身体を登ってゆく。


「うっ…く…」

「nrnr n stagr…」


肌に密着したまま這い上がってゆくその感触は、腹立たしくも官能的な快感をもたらした。

魔物の身体は、味わった事もない滑らかなぬめりをもつ液に濡れていたのだ。

18 : 以下、名... - 2014/07/30 14:35:05 JCEWg54I 12/22


しかもその体液は砂糖のように小さく、透明で硬い粒子を含んでいる。

その潤滑性とざらつきは多量の唾液を滴らせた舌のようで、それが股の間や脇腹を舐める際には思わず声が漏れそうになった。


「おうおう…堪らん光景じゃの」


俺の身体に巻きつき、半分その姿を崩したスライム娘。

登りきったところで止まっているはずなのに、身体に接した部分は絶えず蠢き快感を与え続けている。

19 : 以下、名... - 2014/07/30 14:35:38 JCEWg54I 13/22


いや、それだけではない──


「なにを…入ってくるなっ!」

「htt n nrmsyu…?」


──感覚で解る、その粘質の身体は僅かずつ俺の皮膚に染み込んでいる。

おそらく肉を染み通り血管へ、そして身体の随所へ。


「スライムの身体、そして体液の殆どは蛋白質でできておっての……見ての通り、それはあらゆる姿や大きさに変形できる」

「ffffff…」

「いや…変形だけではない、あらゆる有機物に変質できるのじゃ。どういう事か解るかの?」


言いながら淫魔は再び俺の性器に手を伸ばした。

20 : 以下、名... - 2014/07/30 14:36:08 JCEWg54I 14/22


触れた途端に指の媚薬は痺れをもたらし、更にスライム娘の体液のぬめりによって快感が増幅されている事に気付く。

ぐちゅっという卑猥な音をたてて性器の裏側を淫魔の指が撫で上げる。


「うぁっ…!」

「kmtii…?」


そして彼女がその小さな掌で俺自身を握り、ほんの数度しごくように動かした…それだけで。


「うぅっ! あ…あぁ…あっ…あっ…あっ…!」


また俺は腰を痙攣させながら、精液を吐き出したのだ。

21 : 以下、名... - 2014/07/30 14:36:39 JCEWg54I 15/22


しかもその射精感は通常ではあり得ないほど深く、大きい。


「く…そっ…! うわあぁっ!!」


これが淫魔の媚薬、その効力なのか。

汗も唾液も、全ての体液がそうだと言った。

激しい運動など全くしていない彼女の掌が僅かに纏った汗だけでこの有様なら、もしも性器を口に含まれたら、彼女自身の膣内へと導かれたら一体どうなってしまうのか。


そんな不安に駆られるも、思考は長続きしない。

別の疑問が湧いたからだ。


「うっ…うぅっ! な…なんでっ…いつまで…!!」


どくんどくんという大きな拍動をもって、性器は夥しい量の精液を噴いてゆく。

普通ならそれは激しくも途切れ途切れに、幾度かに分けた吐出になるはずだ。

22 : 以下、名... - 2014/07/30 14:37:15 JCEWg54I 16/22


しかし今は途切れない。

拍動により強弱はあるものの、まるで水風船の口から手を離したかのように、連続的に精液が溢れ出してゆく。

それはつまり射精時の快感が絶え間無く襲い続けるという事だ。

薄暗い石畳の床に、見る間に白濁とした水溜りができてゆく。


「スライム娘は貴様に溶け込み、身体を駆け巡った後…どこにゆくと思うかの?」

「fffffff…」

「はっ…あぁっ……ぅ…」


淫魔が手の動きを早める。

射精中の神経が更に激しく刺激されて、頭が真っ白になる。

23 : 以下、名... - 2014/07/30 14:37:50 JCEWg54I 17/22


「やめっ…! うあぁっ…やっ…やめて…くれっ!!」

「あはははっ、身体で解ってしもうたようじゃの! そうじゃ、貴様の陰嚢には無限に精液が補充され続けておる……どうじゃ? 普通、女が性交で味わう以上の快楽ぞ?」


終わらない。

出しても出しても、いくらでも溢れて噴き出てゆく。

気を失いそうなほどの強い性的快感に、もともと力の入らない下半身は壊れたように震えている。


「ぁ…あ……ぁあっ…はぁーっ…はぁっ…」

「むう…しかしさすがに精液を排出するための筋肉や前立腺が疲労して、脈動が落ちてきておるのぅ」


快感を浴び続けること、一分以上。

亀頭から吐出される精液の量は変わらないが、次第にそれは噴き出すというよりも垂れ流しに近い状態になった。

24 : 以下、名... - 2014/07/30 14:38:32 JCEWg54I 18/22


少し残念そうな顔で、サキュバスは陰茎から手を離す。

ようやく解放された…そう安堵しかけた時だった。


「スライム娘」

「ryuki、syksy w sunyu sms…」


脇腹に這わされていたスライム娘の腕がその形状を変えてゆく。

小指ほどの太さで蛇のように滑らかな触手。

それは根元から三つに枝分かれし、それぞれが自在に蠢いている。


「ukir nsi…mtt kmtyk stagr…」

「うっ…!?」

25 : 以下、名... - 2014/07/30 14:39:02 JCEWg54I 19/22


その内の一本が俺の身体を滑り降り、力の入らない肛門にねじ込まれてゆく。

身体に触れる他の部分よりは幾分固い、しかし同じぬめりをもつ体液に覆われているため、なんの抵抗もなく侵入を果たした。


「なに…を…する…っ!」

「att kkdn…」


腹の中で触手が渦を巻き、何かを捉える。

同時に残り二本も片方は陰茎を、片方は陰嚢に絡みついていた。

26 : 以下、名... - 2014/07/30 14:41:48 JCEWg54I 20/22


「ほれ…媚薬も欲しかろ…?」


サキュバスは俺の性器の真上で舌を垂らし、唾液を糸引かせながらとろりと落とした。

それが陰茎に伝わるのを待ってから、触手は──


「itpi dstn…?」

「うっ! わあぁっ…ひっ! あぁっ…あっ…あっ…あぁっ…!」


──陰茎を螺旋状に擦りあげ、先端で亀頭を弄り、陰嚢を絞めつけて滑り、腹の中ではおそらく前立腺を乱暴に弾き、揉みしだいた。

俺は口を閉じる事さえできずに、情けない喘ぎ声をあげ続けている。

サキュバスはその唇を俺のそれに近寄せ、舌を差し込んで唾液を飲ませた。


「くっ…ああぁっ……ぁ…」

「失神するでないぞ? 喘ぐ音が聞こえねばつまらぬ」

27 : 以下、名... - 2014/07/30 14:42:21 JCEWg54I 21/22


媚薬のせいで、いくら射精しても興奮がやまない。

スライム娘に補給され続け、吐き出すモノが尽きる事もない。

いくら身体の機能が衰弱しようと、筋肉も器官も直接むりやりに動かされ、絞られてゆく。


勢いすら衰える事なく白い体液は噴き出し、いつの間にか淫魔はミルク壺のような器にそれを受けている。


「あっ…あっ…あっ…ぁ…」

「おうおう…見る間に溜まってゆくわ」


器に唇をつけ、喉を鳴らしてそれを飲むサキュバス。

うっとりとしたその表情を見ながら、俺は呆然としつつも媚薬の覚醒力で意識を失えない。

28 : 以下、名... - 2014/07/30 14:43:44 JCEWg54I 22/22


「ikrdm sbtt agr krn…ffffff──」

「さて…器にみっつほど採ったら、次は狐娘と交わってもらおうかの…あはははははっ──」


スライム娘は反対の腕をも触手に変化させ、俺の耳を、乳首を、あらゆる性感帯を刺激し始めた。

きっと俺は死ねない。

首筋を触手になぞられ、サキュバスの指が太腿に伝うのを感じながら、既に俺の意識は次の刺激に怯えている。

そして、それを乞いている──



〈おしまい〉

記事をツイートする 記事をはてブする