【前編】 の続き。
288 : 1 - 2014/05/06 01:14:28.32 YU+sjrkT0 191/370

そして戦いの火蓋が切って落とされた!
(ナレーション:正宗一成)


ギャバン「ダークギャバン!行くぞ、お前たちの相手はこの俺だ!」

ダークギャバン「よかろうギャバン!我の力をとくと見せてやろう!」


V3「ゴルゴムの大神官ダロム!剣聖ビルゲニア!クライシス帝国のボスガン!貴様らはこのV3が相手だ!」

ダロム「仮面ライダーV3!」

ビルゲニア「我ら相手に一人で挑むとは愚かな男よ!」

ボスガン「返り討ちにしてくれるわ!」


ビッグワン「怪人軍団!」

アオレンジャー「貴様たちの相手は!」

バトルケニア「俺たちスーパー戦隊が相手だ!」

デンジブルー「行くぞ!」


「「ガァァァァァッ!!」」


こうして各戦士はそれぞれに別れて戦いを開始する。
宇宙刑事ギャバンは大帝王クビライが変身するダークギャバンと!

仮面ライダーV3は大神官ダロム、剣聖ビルゲニア、それにボスガンと!

そしてスーパー戦隊のアオレンジャー、ビッグワン、バトルケニア、デンジブルーはかつて自分たちの先輩や後輩が戦った怪人たちと!
それぞれかつて自分たちの仲間が戦った相手と戦闘を繰り広げていた!
(ナレーション:正宗一成)


289 : 1 - 2014/05/06 01:15:57.58 YU+sjrkT0 192/370

ギャバン「レーザーZビーム!」

ダークギャバン「なんの!ダークレーザーZビーム!」


バリッ!バリバリッ!!


V3「V3電熱チョップ!」


ドシュゥゥゥッ!


ダロムボスガン「ぐおおっ!?」

ビルゲニア「おのれV3!?」


アオレンジャー「ブルーチェリー!」

ビッグワン「ビッグ・バトン!」

バトルケニア「バトルショット5!」

デンジブルー「デンジスティック!」


「「ガガガガガガ!!」」


激しい戦いは続く!
悪の軍団に対して6人の正義の戦士たちは互角の戦いを展開させていた!
だが!?
(ナレーション:正宗一成)


290 : 1 - 2014/05/06 01:17:24.45 YU+sjrkT0 193/370

神官ポー「フフフ、今の内です。」

フェニックス「ヤツらが怪人どもに夢中になっている間に俺たちは…」

れんげ「みんな何してるん?」

神官ポー「何故ここに子供が!?」

フェニックス「こうなれば…構わねえ!一緒に連れて行け!」


シュンッ!


激戦の裏で暗躍する神官ポーたちはれんげを連れ去ったまま何処かへとテレポートしてしまった。
果たしてその行く先は?
(ナレーション:正宗一成)


291 : 1 - 2014/05/06 01:18:01.10 YU+sjrkT0 194/370



ギャバン「スパイラルキック!」


V3「V3反転キック!」


アオレンジャー「ブルーキック!」


ビッグワン「電撃キック!」


バトルケニア「バトルキック!」


デンジブルー「ブルースクリューキック!」


「「ぐわぁぁぁぁぁぁぁ!?」」


夏海「やったー!ヒーローたちのキックが炸裂だ!」

小鞠「これでもう勝ったも同然だね!」


292 : 1 - 2014/05/06 01:18:55.48 YU+sjrkT0 195/370

一穂「いやいや、安心するのはまだ早いよ。」

「そうですね、大体特撮ではこういう時に追い詰められた悪の連中が人質取ったり切り札を出したりするんですよね。」

「今も昔も変わらない特撮の定番ですね。」

ひかげ「二人とも不吉な事言うなよ…」

このみ「そうだよ!このままあっさり終わってくれるに越した事はないんだからね!」

楓たちの言うように戦いはそうあっさり終わる事はない!
そしてその言葉通り次第に空が不気味に曇り始め、そこからビジョンが映し出された!
(ナレーション:正宗一成)


293 : 1 - 2014/05/06 01:20:00.26 YU+sjrkT0 196/370



「「フハハハハハ!!」」


ギャバン「あ…あれは!?」

夏海「神官ポーが顔だけ映ってる!」

「それにフェニックスさんも!」

神官ポー『ヒーローたち、お前たちが優勢なのもここまでです。この光景を見なさい!』

ビッグワン「何だこれは…?」

ギャバン「こ…これは…まさか!?」


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ


空に映し出された光景、それは…!?
(ナレーション:正宗一成)


294 : 1 - 2014/05/06 01:23:06.88 YU+sjrkT0 197/370

神官ポー『そう、我らフーマが宇宙刑事の本星であるバードから奪取した超次元砲。
それを宇宙から地球を狙い撃てるようにしてあるのです!』


「「な…なんだってーーーーーー!?」」


そう!
映し出された光景とは地球の衛星軌道上で発射態勢を整えている超次元砲の姿であった!!
(ナレーション:正宗一成)

ギャバン「なんという事だ…
あの超次元砲が地球に命中すれば間違いなく地球は壊滅するぞ!」

V3「今V3ホッパーを飛ばして確認したがあの超次元砲は紛れもなく本物だ!
ギャバン、キミはすぐに超次元砲を破壊しに行ってくれ!ここは俺たちが喰い止める!」

フェニックス『そうはいかねえ!こいつを見な!』

そしてフェニックスの後ろから小さな影が現れる。
それは…
(ナレーション:正宗一成)


298 : 1 - 2014/05/06 06:31:57.32 YU+sjrkT0 198/370



(メタルヒーロー)


宇宙刑事ギャバン:一条寺烈
初代メタルヒーローにして宇宙犯罪組織マクーに立ち向かったバード星の銀河連邦警察の宇宙刑事。
超光速宇宙船の超次元高速機ドルギランはギャバンの頼れる相棒。
必殺技はレーザーブレードによるギャバン・ダイナミック。
これでどんな怪人も一刀両断で倒す事が出来る!


(仮面ライダー)


仮面ライダーV3:風見志郎
悪の秘密組織デストロンに父と母と妹を殺され仮面ライダー1号と2号を庇った風見志郎。
だがダブルライダーは彼を仮面ライダーV3として甦らせる。
26の必殺技を持ち(それと同時に死の弱点もある)バネのような強靭な脚力から繰り出される。
1号の技と2号の力を受け継いだ力と技の戦士。
愛車ハリケーンを駆って今日も悪の輩と彼は戦う!


(スーパー戦隊)


アオレンジャー:新命明
かつて黒十字軍に全滅させられた国際秘密防衛機構イーグルの東北支部の唯一の生き残り。
後にアカレンジャー(海城剛)に召集され元祖戦隊の秘密戦隊ゴレンジャーの一員となる。
マシンの操縦に長けておりバリブルーン、バリドリーンなどの機長を務める。

ビッグワン:番場壮吉
犯罪組織クライムと戦うジャッカー電撃隊、そんな戦いの日々の中、一人の男が現れる。
ニューヨーク本部科学技術庁長官となったジョーカーこと鯨井大介の後任として、
ジャッカー電撃隊の行動隊長となったのがビッグワン=番場壮吉だ。
神出鬼没で特技は変装の名人。
サイボーグ戦士であるジャッカー電撃隊の4人のメンバーが持つ核・電気・磁力・重力の4大エネルギーを全て併せ持ち、「白い鳥人」の異名をとる。
ちなみにジャッカー電撃隊は全員強化カプセルに入って変身しなければいけないのだが、
ビッグワンのみ単独での変身が可能だ。

バトルケニア:曙四朗
倉間鉄山将軍の指揮下で結成されたバトルフィーバー隊。
そのバトルフィーバー隊のアフリカ代表の戦士。
アフリカの特性を持つだけあって野生児な傾向があり動物との会話が可能。(ゴーカイジャーでの客演時でもパンダとの会話シーンあり)
バトルフィーバー隊の中では一番のパワーファイターなため、
トロピカルダンスやアニマルアクションといった俊敏な動きが得意であったりする。

デンジブルー:青梅大五郎
3000年前に滅ぼされたデンジ星の生き残った子孫の一人。
サーカス団員であった青梅大五郎はデンジ犬アイシーに導かれデンジブルーとなる。
元サーカス団員なだけあってアクロバットなスピード戦法を得意としその特技を生かしたブルースクリューキックを得意技とする。
ちなみにかなりのアンパン好き。
それはゴーカイジャーでの客演でもデンジパンという屋台を引いて売り歩くほどでもある。



300 : 1 - 2014/05/07 23:49:42.41 VaixeEK80 199/370

れんげ『みんなゴメンな、捕まってしまったん。』


「「れんげ!?」」


フェニックス『ついでにこのガキも捕まえておいたぜ!
ギャバン、テメェが近付けばこのガキがどうなるか…わかってるよな?』

ギャバン「くっ…」

デンジブルー「子供を人質に取るとは汚い手を!」

一穂「まさかれんちょんが人質とはまいったねこりゃ…
あれ?楓…黙ったままだけど…どったの?」


301 : 1 - 2014/05/07 23:51:33.57 VaixeEK80 200/370

「あの赤い怪人この私が絶対ぶっ倒す!!」パキッ!ポキッ!

夏海「ひぃぃっ!?れんちょんがさらわれたから駄菓子屋が酷い形相してる!?」

「だ…駄菓子屋さん落ち着いて!
けどあなたたちは今どこにいるんですか?ここにはいないみたいですけど?」

神官ポー『我々がどこにいるのかと…?
フフフ、我々がいる場所こそこの超次元砲の中なのですよ!』

フェニックス『だからお前らがここに来るにはまず宇宙に来なきゃいけねえんだよ!
だが、今のお前たちにそもそも宇宙に来る事は可能か?』

ギャバン「おのれ悪党どもめ…行くぞドルー!」

ダークギャバン「行かせん!貴様の相手はこのダークギャバンだ!
そしてダークドルーよ、ドルーの動きを止めるのだ!!」

ダークドルー「ガアアア!!」

ドルー「ギャアアアア!?」

ギャバン「しまった!ドルーがダークドルーに襲われている!?おのれ…ダークギャバン!!」

今いるヒーローの中で唯一宇宙に行ける能力を持つ宇宙刑事ギャバン。
だがその行く手をダークギャバンとダークドルーに阻まれてしまい超次元砲の発射阻止も人質となったれんげの救出もできない…
どうする!?
(ナレーション:正宗一成)


302 : 1 - 2014/05/07 23:52:00.93 VaixeEK80 201/370

V3「くっ、ギャバンが!?我々が代わりに行ってやりたいのだが…」

アオレンジャー「残念ながら私たちのマシンに宇宙まで行ける能力は…」

ビッグワン「うむ、バリドリーンやスカイエースには大気圏を脱出する能力はさすがに備わっていないからな…」

バトルケニア「いや待て!俺たちのバトルシャークやデンジタイガーなら…」

デンジブルー「ダメだ!先ほどから呼び出しているが何故か仲間たちと連絡が通じないんだ…」

ひかげ「ここ、田舎だから携帯が圏外なんだよね。」

「そんな理由でいいんですか?
けど…宇宙に行けるマシンを呼び出すには…そうだ!」

蛍は何を閃いたのか悶絶して横たわって戦力鎧扱いされていたゴーカイシルバーからゴーカイセルラーを抜き取った。
(ナレーション:正宗一成)


303 : 1 - 2014/05/07 23:53:00.22 VaixeEK80 202/370

「え~と確かタイムファイヤーキーをゴーカイセルラーにセットして…その後に0を3回押してコールボタンを押せば…」

夏海「ちょっとちょっとほたるん!今は玩具で遊んでいる場合じゃないって!」

小鞠「そうだよ!れんげが捕まって大変なんだから!ああ!もう!宇宙に行けるマシンとかないの!?」

「大丈夫ですよ先輩、もうすぐそのマシンが来ますので。」


「「え?」」


蛍の言う通りであった。
ゴーカイセルラーからの指令を受けて西暦3000年の未来よりあるマシンがこののんのん村に向かっていた。
それこそ…
(ナレーション:正宗一成)


304 : 1 - 2014/05/07 23:54:12.81 VaixeEK80 203/370



ドオオオオオン!!


バトルケニア「空から何かがやってきたぞ!」

デンジブルー「あれは確か…ゴーカイシルバーの…」

「はい、鎧さんのマシンである豪獣ドリルです。
ゴーカイジャーのTVシリーズ全話観ていたからマシンの呼び出し方わかっててよかったです。
これで宇宙まで一っ跳びですよ先輩!」

小鞠「さっすが蛍!冴えてる~♪」

夏海「よっしゃー!鎧!ちょっくら宇宙に行ってれんちょんを助けるついでに超次元砲も壊して来い!」

「れんちゃんを助けるついでに超次元砲壊すんだ…でも肝心の鎧さんが…」

ゴーカイシルバー「アハハ…この夢のドリーム戦隊…
天国ってこういう場所なのかな?
え?天国は他にもあるって…?それはジュウレンジャーのブライさんがいたあの時の止まった部屋?」

「あぁ…ダメです…鎧さんが悶絶どころか現実逃避を始めています!」


305 : 1 - 2014/05/07 23:54:40.74 VaixeEK80 204/370

「チッ!こうなったら…おい夏海!手を貸せ!」

夏海「え?駄菓子屋…気絶してる鎧を担いでどうする気なの?」

小鞠「待ってよー!私も行くから!」

「」コクッ

「先輩が行くなら私も!」

剛獣ドリルが来たが肝心の乗り手が戦闘不能の状態。
こうなれば手段は一つしかなかった!
(ナレーション:正宗一成)


306 : 1 - 2014/05/07 23:55:33.36 VaixeEK80 205/370

V3「こうなれば我々が剛獣ドリルに乗り込んで衛星軌道上にある超次元砲を破壊して少女を救い出さねば!」

ビッグワン「うむ、それしか手は…」


ド ド ド ド ド ド ド ド


バトルケニア「おい!剛獣ドリルが動いてるぞ!?」

デンジブルー「一体どういう事だ!?ゴーカイシルバーは意識を失っているはずでは…?」

確かに剛獣ドリルのパイロットであるゴーカイシルバーは意識を失っている状態であった。
だが今この剛獣ドリルを動かしているのはゴーカイシルバーではない。
動かしているのはなんと…!
(ナレーション:正宗一成)


307 : 1 - 2014/05/07 23:56:43.39 VaixeEK80 206/370



~剛獣ドリル(コクピット内)~


小鞠「うわあ…今私たち戦隊ヒーローのマシンのコクピットにいるんだ!」

「確かに感激ですけど…勝手に動かして大丈夫なのでしょうか?」

夏海「まあまあ大丈夫だって、けどなんとかなるモンですなぁ!ねえ、兄ちゃん!」

「」コクッ

「まさか戦隊のロボを動かせるとかお義兄さん器用過ぎですよ…」

「よーし!待ってろよれんげ!今助けてやっからな!」

なんとこの剛獣ドリルを動かしていたのはゴーカイシルバーではなくこの村の子供たちであった!
卓が操縦する剛獣ドリルはそのまま大気圏を突破し、一路衛星軌道上にある超次元砲を目指す!!
(ナレーション:正宗一成)


308 : 1 - 2014/05/07 23:59:42.40 VaixeEK80 207/370



~旭ヶ丘分校~


V3「なんという無茶な事を…」

アオレンジャー「いかん!危険過ぎる!すぐに止めなければ…」

ひかげ「あー、それ無理だわ。駄菓子屋はれんげの事になると実の姉妹の私らよりも心配しちゃうからね…」

一穂「それに今からじゃ止めるの無理でしょ。」

アオレンジャー「だが…大丈夫なのか?」

バトルケニア「アオレンジャー、ここはあの子たちを信じましょう!」

デンジブルー「そうです!悪に立ち向かうのは何も俺たち正義のヒーローだけではないはず!
あの子たちは自分の危険も顧みず友を救いに行った!
それにいざという時はゴーカイシルバーもいます、きっと大丈夫でしょう!」

アオレンジャー「うむ…!」

ビッグワン「それにまだ敵さんもウヨウヨ残っている!俺たちがここを離れるわけにはいかないぞ!」

V3「今我々に出来る事はあの子たちが戻ってくるまでに悪の連中からこの村を守り抜く事だ!」

ギャバン「頼んだぞ子供たち!それにゴーカイシルバー!必ずれんげちゃんを救い出してくれ!!」

校庭で戦う6人の戦士たちは剛獣ドリルで衛星軌道上に向かった蛍たちを見送りつつ、
自分たちはこの村を守るために再び悪の怪人軍団との戦いに身を投じた!
(ナレーション:正宗一成)


309 : 1 - 2014/05/08 00:01:42.57 C1qRPzyd0 208/370



~宇宙~


一気に宇宙空間に飛び出した剛獣ドリル。
だがその行く手には強大な悪の影が待ち構えていた!
(ナレーション:正宗一成)


~剛獣ドリル(コクピット内)~


夏海「うおお!みんな見て見て!宇宙だよ宇宙♪ウチら今宇宙に来てる!!」

「浮かれるなバカ!私らはれんげ助けに行く事を忘れんな!」

「」コクッ

小鞠「でも宇宙ってちょっと恐い…何か寒気が…」

「大丈夫ですか先輩?私の胸の中に抱き着いていいんですからね♡」

ゴーカイシルバー「う…うぅ…目が覚めたらいきなり剛獣ドリルに乗り込んで宇宙に来てるけど何があったんだろ?
確かレジェンドの方々にお会いした夢を見てた気が…ハッ!あれは何だ!?」

剛獣ドリルのモニターで確認するとそこには宇宙空間に浮かぶ巨大な砲門が確認された。
これこそ銀河連邦警察が開発し、そして不思議界フーマが強奪した超次元砲である!
(ナレーション:正宗一成)


311 : 1 - 2014/05/08 00:05:48.51 C1qRPzyd0 209/370

ゴーカイシルバー「話には聞いていたけどアレが超次元砲…」


カッ!


「大変です!超次元砲が撃ってきましたよ!?」

ゴーカイシルバー「くっ…この!?…ってあれ?」

ヒュンッ!ヒュンッ!

「」カチャカチャ

夏海「さっすが兄ちゃんだ!見事な操縦テクで攻撃を全部躱してるよ!」

小鞠「これで一気にれんげを救いに行けるね!」

「待ってろよれんげ!」

ゴーカイシルバー「…どうでもいいですけどそんなに上手く操縦されると俺の立場が…」

「鎧さんも一応ハイスペックなんですけどお義兄さんには負けますよね…」

超次元砲からの攻撃を余裕で躱す剛獣ドリル。
このまま超次元砲に余裕で辿り着ける、そう思ったのもつかの間!?
(ナレーション:正宗一成)


312 : 1 - 2014/05/08 00:09:03.05 C1qRPzyd0 210/370



ウィィィィィ!


ゴーカイシルバー「大変だ!超次元砲がエネルギーチャージを始めていますよ!?」

夏海「つまりどういう事?」

「たぶんですけど地球に向かって撃たれちゃうんじゃ…?」

小鞠「そんな…!地球が滅んじゃうよ!?」

そこへ超次元砲を操る神官ポーとフェニックスから通信が!
(ナレーション:正宗一成)


313 : 1 - 2014/05/08 00:10:46.80 C1qRPzyd0 211/370

神官ポー『まさかここまで追ってくるとは思いませんでした。』

フェニックス『だがこれでお終いだ!
これより超次元砲のエネルギーをフルチャージして地球に向けて撃ってやる!
ついでにお前らも片づけてやるぜ!!』

神官ポー『え?ま…待ちなさいフェニックス!?』

小鞠「大変!どうするの!?」

ゴーカイシルバー「こうなったら…剛獣神に変形だ!」


ガシャンッ! ガシャンッ!


ゴーカイシルバー「完成!剛獣神!!」


「け…けど剛獣神になったからってどうするんですか!?」


314 : 1 - 2014/05/08 00:11:15.63 C1qRPzyd0 212/370

ゴーカイシルバー「この距離からじゃ発射を防ぐのは無理だ…
だったら剛獣神で超次元砲の威力を喰い止めてやる!」

「大丈夫なのか!?」


ゴーカイシルバー「一か八かやるしかありません!行くぞ!豪獣トリプルドリルドリーム!!」


フェニックス『超次元砲発射!!』



ドッゴオオオオオオオオオオン!!



剛獣神の必殺技と超次元砲の威力が激しいぶつかり合いを起こした!
その結果…
(ナレーション:正宗一成)


315 : 1 - 2014/05/08 00:12:05.66 C1qRPzyd0 213/370



バチバチッ! バチバチッ!


ゴーカイシルバー「うぅ…みなさん大丈夫ですか?」

「」コクッ

「先輩!大丈夫ですか?」

小鞠「だ…大丈夫だからあんまり強く抱っこしないで~!息が出来な…」

夏海「ウチも平気だよ、けど何がどうなったの?」

「それよりもれんげはどうなった!?」

ゴーカイシルバー「たぶん無事なはずですよ。ほら、正面に見える超次元砲がありますから。
それにさっきの超次元砲の威力も剛獣トリプルドリルドリームで相殺できたから地球も無事です。
けど…」

確かに地球は無事だ、しかしその代償は大きかった…
互いの威力で相殺したとはいったものの剛獣神の方が破損個所は酷い状態で80%近くの機能が破壊されてしまった。
(ナレーション:正宗一成)


316 : 1 - 2014/05/08 00:14:13.06 C1qRPzyd0 214/370

ゴーカイシルバー「あっちは地球を一撃で葬る兵器ですからね。
それを相殺できただけでも良しとすべきでしょうけど…
80%も機能が破壊されたから変形もできないしこのまま戦う事だってできません…
無事なのは生命維持システムと通信システム…それに時間移動のためのタイムトンネル発生装置くらいしか…」

夏海「それじゃあれんちょんを救いに行けないじゃんかよ!?」

「文句言っちゃ駄目ですよ夏海先輩…」

小鞠「そうだよ…とにかく地球が助かっただけでもよかったと思わなきゃ…」

「クソッ、れんげがいるとこまで目と鼻の先だってのに!」

機能の大半が低下して動く事もままならない豪獣神。
だがそれは超次元砲にいるフェニックスと神官ポーも同じであった…
(ナレーション:正宗一成)



317 : 1 - 2014/05/08 00:18:38.51 C1qRPzyd0 215/370



~超次元砲内部~


ヴィー!ヴィー!ヴィー!


れんげ「何か音がうるさいのん!」

神官ポー「無茶な事をしてくれましたねフェニックス。
私は止めたのにあなたが先ほど急な発射をした所為で超次元砲は暫く使い物にならなくなってしまいましたよ。
どうしてくれるのですか?」

フェニックス「俺に指図するんじゃねえ!
大体エネルギーのチャージやら修理なんてすぐにできるだろうが!
心配するまでもねえだろ!」

神官ポー「その間に誰も攻めてこないという保証があるのですか?」

フェニックス「…」

れんげ「フェニックスマヌケなん。」


318 : 1 - 2014/05/08 00:21:35.16 C1qRPzyd0 216/370

フェニックス「あーっ!うるせえ!こうなったら奥の手を使うまでだ!!」

神官ポー「奥の手ですか?あなたの言う事はどうも信用ができませんが…

フェニックス「いいから俺さまのやりたいようにやらせろ!」

神官ポー「では私は別行動を取らせて頂きます…」

フェニックス「ケッ!勝手にしやがれ!うん…?」

れんげ「そうはさせないんな!」ポカポカ

フェニックス「やかましい!優しくしてれば付け上がりやがって!
まあいいや、そうやって暴れているのも今の内だ!これから面白い光景を見せてやるよ!」

れんげ「?」

れんげはたった一人、敵の基地内で反抗をしていた。
だが悲しいかな、所詮は子供の力…敵うはずが無い…
そしてその頃、地上でも戦いに動きがあった!
(ナレーション:正宗一成)


319 : 1 - 2014/05/08 00:22:25.27 C1qRPzyd0 217/370



~地上~


ギャバン「ディメンションボンバー!」


ドガッ!


ダークギャバン「おのれ!」

V3「戦いは我らに優勢だな!」

ビッグワン「一刻も早くこいつらを倒して宇宙にいるゴーカイシルバーたちの救援に向かわねば!」

一方、地上ののんのん村ではギャバンたちスーパーヒーローの活躍でダークギャバン率いる怪人軍団に対して優勢に戦っていた。
だが…
(ナレーション:正宗一成)



320 : 1 - 2014/05/08 00:23:04.26 C1qRPzyd0 218/370



ドン・ホラー「ヒーローたちよ!いつまでも!」


魔王サイコ「調子に乗るなぁぁぁぁぁ!」


「「なんだと!?」」


しかしそこに復活したが今まで隠れ潜んでいたドン・ホラーと魔王サイコが突然姿を現しヒーローたちに襲い掛かってきた!?
(ナレーション:正宗一成)


「「うわぁぁぁぁぁぁ!?」」


ひかげ「あぁっ!?ヒーローたちが…」

このみ「うわわ…途端に劣勢になっちゃったよ…」

一穂「こりゃまずいね…」


321 : 1 - 2014/05/08 00:23:38.40 C1qRPzyd0 219/370

ダークギャバン「よくやったぞドン・ホラーに魔王サイコ!
今までのお返しだ、者ども!この村を火の海にしてしまえ!!」


「「オォーーーーーーーーーー!!」」


ゴォォォォォォォォォォォォォォォ!!


ビルゲニア「フハハハハ!燃えろ!燃えろ!」

ダロム「これでこの村は焦土と化すわ!」

ボスガン「これでもし仮に子供たちが戻って来たとしても村は焼け野原、絶望に沈む顔が見ものだな!」

地上ののんのん村では怪人軍団の猛攻の末、村が大火事に!
これでは子供たちの帰る場所が無くなってしまう!どうなるのか!?
(ナレーション:正宗一成)


322 : 1 - 2014/05/08 00:24:19.45 C1qRPzyd0 220/370



~豪獣神~


そして豪獣神のコクピットでもゴーカイシルバーと蛍たちが村が大火事になっている光景を目撃していた。
(ナレーション:正宗一成)

ゴーカイシルバー「なんてヤツラだ!村に火を付けるなんて…」

小鞠「そんな…私たちの村が…」

夏海「これじゃあウチらの帰る場所が無くなっちゃうよ!?」

「このssシリーズ始まって以来の大ピンチですよ!どうしましょう…」

突然の光景に動揺を隠せない蛍たち…
だが超次元砲の内部にいるフェニックスからある通信が入ってきた!
(ナレーション:正宗一成)



323 : 1 - 2014/05/08 00:25:11.11 C1qRPzyd0 221/370

フェニックス『どうやら地上でも大変な事になってるらしいな人間ども!』

「フェニックスさん!?」

「おいお前!れんげはどうした!?何かあったらタダじゃすまないからな!!」

フェニックス『れんげ?このチビがどうかしたか?』

「れんげ無事か!おいれんげ…?」

れんげ『…』

モニターに映っていたれんげは自分の村が燃えている村を見て無言になっていた。
当然である、れんげよりも年上の蛍たちでさえこの光景を見て動揺しているのだ。
幼子のれんげが見ればそれは絶望に追い込まれてもおかしくはないはずだ。
(ナレーション:正宗一成)


324 : 1 - 2014/05/08 00:26:54.36 C1qRPzyd0 222/370

「れんちゃん…でも待って…絶望?もしかしてフェニックスさんの狙いは!?」

フェニックス『そうだ!ギャバンの時は失敗したがこのガキを絶望させてファントムを生み出すんだ!!
ファントムってのはな、こういう何も知らねえ世間知らずなガキの方が強いファントムが生まれやすいのさ!
さあガキ!絶望してファントムを生み出しやがれ!!』

ゴーカイシルバー「何てヤツだ!
あんな小さい子をファントムを産むためのゲートに使うだなんて…!?」

小鞠「そんな…れんげ!」

夏海「れんちょん!チクショー!許さないぞフェニックス!!」

「おいやめろ…れんげには手を出すなーーーー!!」

フェニックス『ハーッハハハハ!!無駄無駄!!諦めるんだな!!』

豪獣神のコクピットに響き渡る必死の叫び。
その叫び声を無駄だと嘲笑うフェニックス、だが…
(ナレーション:正宗一成)


325 : 1 - 2014/05/08 00:27:41.68 C1qRPzyd0 223/370

れんげ『お前…何言ってるん?』

フェニックス『あん?何でお前絶望しねえんだ?』

れんげ『そんなの決まってるん、ヒーローのみんなが頑張ってるんな!
ヒーローのみんなが頑張ってくれてる限りウチも頑張るん!!絶対に絶望なんかしないのん!!』

フェニックス『な…なんだと!?』

そう!れんげは絶望などしてはいなかった!
未だにのんのん村で諦めずに戦い続けるスーパーヒーローたち。
彼らの姿がれんげの心を絶望に向かうのを喰い止めていたのだ!
(ナレーション:正宗一成)

フェニックス『おのれ…!
こうなれば絶望しないゲートに用なんかねえ!お前を殺してやる!!』


ボォッ!


フェニックスは自らの手に炎を宿し、その手でれんげを焼き殺そうとしようとした!
このままではれんげはフェニックスの手により殺されてしまうぞ!?
(ナレーション:正宗一成)


326 : 1 - 2014/05/08 00:28:55.64 C1qRPzyd0 224/370

ゴーカイシルバー「れんげちゃん!?
頼む!動いてくれ!豪獣神!
子供の危機に何も出来ないなんて…これじゃ俺…正義のヒーロー失格だよ!?」

「鎧さん…」

「クソッ!れんげ…」

ゴーカイシルバーの必死の叫びも虚しく豪獣神は動く事はできなかった…
しかしその時であった!
(ナレーション:正宗一成)


ピー…ガガー…


『だ…か…き…え…る…か…こちらは…』


「あれ?豪獣神の通信機器に何処からか連絡が来てますよ?」

ゴーカイシルバー「通信…?ひょっとしてマーベラスさんがこの事態を察知して助けに来てくれたんじゃ!?」

夏海「とにかく出てみようよ!兄ちゃんちょっと通信開いて!」

「」コクッ

ピッ!

正体不明の相手からの通信、果たしてその相手は?
(ナレーション:正宗一成)


327 : 1 - 2014/05/08 00:29:52.34 C1qRPzyd0 225/370

三浦『ようやく繋がったか!
やあゴーカイシルバー、私はU.A.O.Hの三浦参謀長だ!!』

「うわっ!また同じ顔の人が出た!?でもU.A.O.Hって何だろ…?
あの鎧さんは何か知ってますか…ってあの鎧さん!?」

ゴーカイシルバー「ああああああああああああああああああああああああああああああ…」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」


328 : 1 - 2014/05/08 00:32:01.26 C1qRPzyd0 226/370

ゴーカイシルバー「ああああああああああああああああああああああああああああああ…」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」


329 : 1 - 2014/05/08 00:32:28.34 C1qRPzyd0 227/370

ゴーカイシルバー「ああああああああああああああああああああああああああああああ…」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」


330 : 1 - 2014/05/08 00:33:15.23 C1qRPzyd0 228/370

ゴーカイシルバー「ああああああああああああああああああああああああああああああ…」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」


331 : 1 - 2014/05/08 00:34:25.99 C1qRPzyd0 229/370

ゴーカイシルバー「ああああああああああああああああああああああああああああああ…」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あああああああああああああああああああああああああああああああ」

ゴーカイシルバー「あなたさまは!?
U.A.O.H(the United Air force OHranger)
つまり超力戦隊オーレンジャーを指揮する三浦尚之参謀長さまじゃないですか!!」

「鎧さん…驚き過ぎですから…」


332 : 1 - 2014/05/08 00:35:42.12 C1qRPzyd0 230/370

「それでアンタが助けに来てくれるのか?」

三浦『いや、残念ながらどうやら我々のいる世界とキミたちの世界はどうも違うらしい。
すまないが我々U.A.O.Hには異世界を行き来する事は出来ん…
こうやって交信するのがやっとな状況なんだ。』

小鞠「そんな…」

夏海「それじゃ打つ手無しって事じゃんかよ!?」

三浦『だが諸君、心配するな!
ゴーカイシルバー、キミが乗っている豪獣神だがそのロボにはタイムレンジャーのタイムマシンの機能があるはずだね!』

ゴーカイシルバー「は…はい!でも豪獣神はもう機体ダメージが大きいから動けないんですけど…」


333 : 1 - 2014/05/08 00:36:31.15 C1qRPzyd0 231/370

三浦『いや、豪獣神を動かす必要はない!
豪獣神に組み込まれているタイムトンネルの発生装置!それを使ってヒーローたちを呼び出すんだ!!』


「「ヒーローたちを呼び出す!?」」


三浦『そうだ!それしか手が無い!
タイムトンネル発生装置のスイッチを押すんだ。
そうすればキミたちが望むヒーローたちが助けに来てくれるはずだ!』

ゴーカイシルバー「なるほど、この状況をなんとかしてくれるヒーローを呼べばいいんですね!」

三浦『ただし、ヒーローを呼ぶのは強い意志を持った子供でなければダメだ。
他の異世界への移動は何が起こるかわからんからな!
純粋な想いが強くなければヒーローたちも呼びかけに応じてくれないかもしれん!』

「という事は私やお前じゃダメって事か…」

ゴーカイシルバー「純粋ってだけなら俺だって負けないんですけど…」


334 : 1 - 2014/05/08 00:37:49.46 C1qRPzyd0 232/370

夏海「よーし!それじゃウチらがヒーローを呼ぶぞー!」

小鞠「そうだね!最新のヒーローたちを呼ぼう!!」

「」コクッ

「最新のヒーローといえば仮面ライダー鎧武に烈車戦隊トッキュウジャーですね!」


ポチッ!


そして三浦参謀長の言う通り、越谷家の子供たちが豪獣神のタイムトンネル発生装置のスイッチを押した!
(ナレーション:正宗一成)


シュンッ!


シュンッ!


シュンッ!


そして突如宇宙空間にタイムトンネルが発生!
そこから三つの光がトンネルの中から現れて一つは超次元砲の内部へ。
もう一つは豪獣神の近くへ、そして最後の光は地球ののんのん村へと飛んだ!!
(ナレーション:正宗一成)


342 : 1 - 2014/05/08 21:32:29.77 C1qRPzyd0 233/370



~超次元砲内部~


フェニックス「あばよクソガキ!死ね!!」

れんげ「!?」


ガシッ!


れんげ「あれ?ウチ…無事なん!」

フェニックス「なっ…!俺の邪魔をするのは誰だ!?」

れんげに迫りくるフェニックスの魔の手!
だがそのフェニックスの魔の手から一人の男がれんげを救い出した!
その男とは…かつて何度ものんのん村を訪れたあの…黒き太陽の宿命を持つ男!!
(ナレーション:正宗一成)


343 : 1 - 2014/05/08 21:34:26.38 C1qRPzyd0 234/370

光太郎「大丈夫かいれんげちゃん?」

れんげ「光太郎!光太郎が来てくれたん!?」

フェニックス「な…なんだお前は!?」

光太郎「俺の名は南光太郎、かつてこの子に何度も助けられた者だ!
れんげちゃんの命を奪おうとするとは…ファントム!許さん!!変……身!!」


ギッチギチ!!


光太郎が両腕の拳に力を込める!
そして飛蝗男の姿を経て彼はのんのん村の子供たちが知る黒き勇者の姿に変身した!
(ナレーション:正宗一成)


BLACK「「仮面ライダーBLACK!!」」


れんげ「おぉー!仮面ライダーBLACKなんな!!」

344 : 1 - 2014/05/08 21:35:39.51 C1qRPzyd0 235/370

フェニックス「仮面ライダー…?BLACK…?そういえば指輪の魔法使いとちょっと似てやがるな?
だが指輪の魔法使いと比べると妙に古臭そうなヤツだ、こんなヤツに俺さまが負けるかよ!
来い!メデューサ!グレムリン!あの野郎を倒すぞ!!」

メデューサ『…』

グレムリン『…』

無言の傀儡と化したメデューサとグレムリンを引き連れ仮面ライダーBLACKと三対一の戦いを行うフェニックス!
(ナレーション:正宗一成)

BLACK「トァッ!」

フェニックス「中々やるな!だが三対一だ、お前に勝機は無いぜ!
それに他の連中だって同じだ、お前ら全員諦めて絶望しやがれ!」

BLACK「悪いが絶望などする気は無い!
それにこのピンチに駆けつけたのは………俺一人だけじゃない!!」

BLACKの言う通り、この危機に駆けつけたヒーローたちは他にもいた。
それは大破した豪獣神の下にも…
(ナレーション:正宗一成)


345 : 1 - 2014/05/08 21:36:15.97 C1qRPzyd0 236/370



~豪獣神~


神官ポー「フフフ!」

ゴーカイシルバー「お前は神官ポー!?
そうか!豪獣神が壊れてる隙を狙って侵入したんだな!!」

神官ポー「抵抗するのは無駄ですよ。
私が率いている戦闘員ミラクラーたちがお前たちを逃がしません!」

「チッ!」

小鞠「うぇぇ…これじゃあれんげを救うどころの話じゃないよ!」

夏海「あれ…?
ちょっと待った!これモニターに何かでっかいのが映ってない?」


346 : 1 - 2014/05/08 21:37:27.08 C1qRPzyd0 237/370

「本当ですね…あれってもしかして基地じゃ…?」


「「基地!?」」


蛍の言う通りだった!
この宇宙空間に突如として基地が出現したのだ!
その基地とは…
(ナレーション:正宗一成)

ゴーカイシルバー「あれってひょっとして…マグマベース…?そうだ間違いない!マグマベースですよ!!」

「マグマベースって確か…」

小鞠「ファイブマンの星川兄妹のお家だね!」

「あぁ、うちの店にも置いてあるDXマックスマグマか。あれ高過ぎて全然売れないんだよな…」

突如として現れたのはマグマベースとは…
地球戦隊ファイブマンの基地であり本来は宇宙船でもあるのでこうして宇宙空間での活動も可能だ。
そんなマグマベースから牽引ビームが出されてボロボロの豪獣神を格納しようとする。
(ナレーション:正宗一成)


347 : 1 - 2014/05/08 21:38:07.29 C1qRPzyd0 238/370



ガシャンッ!


神官ポー「これはどうなっているのですか!?」

ゴーカイシルバー「マグマベースに豪獣神が格納されたんだ!」

それだけではない!
格納された豪獣神の内部に5人の青年たちがやってきた!
(ナレーション:正宗一成)


「「フーマ!お前たちの好きにはさせないぞ!!」」


神官ポー「お前たちは何者ですか!?」

小鞠「あ…あの人たちは!?」

夏海「間違いないよ!あの人たちは…兄弟先生だ!!」


348 : 1 - 2014/05/08 21:39:23.53 C1qRPzyd0 239/370

ゴーカイシルバー「おおおおおおおおおおおおおお!!あの方々は…!?
かつて星川博士が惑星シドンで植樹作業をしていた最中に現れた銀河宇宙の征服を目論んだ混成エイリアン軍団、銀帝軍ゾーン!
銀河皇帝メドーにより999個の惑星を滅ぼされてついにその魔の手は地球へ…
しかし地球には星川博士の子供たちである星川兄妹がいたんです!!
そしてあの方々こそ…その…星川兄妹!
学さん、健さん、和美さん、レミさん、文也さんの5兄弟のみなさんですよ!!」

「鎧さん、いつもながら説明お疲れ様です。」

「話は全てU.A.O.Hの三浦参謀長から聞いている!行くぞみんな!」

「オウッ!兄貴!」

文也「俺たちは14番目のスーパー戦隊!」

和美「そして奇跡の絆で結ばれた兄妹!」

レミ「守れよ、その愛で!大切な人を、大切な人の未来を!」


「「ファイブマン!!」」


変身の掛け声を上げると同時に星川兄妹はそれぞれの変身用のVチェンジャーブレスとVチェンジャーコンパクトを掲げた!
そして見よ!彼らこそ銀帝軍ゾーンと戦った5人の戦士たちだ!!
(ナレーション:正宗一成)


349 : 1 - 2014/05/08 21:40:43.11 C1qRPzyd0 240/370



ファイブレッド「星川学、ファイブレッド!」


ファイブブルー「健、ファイブブルー!」


ファイブブラック「文矢、ファイブブラック!」


ファイブピンク「数美、ファイブピンク!」


ファイブイエロー「レミ、ファイブイエロー!」



「「地球戦隊!ファイブマン!!」」



神官ポー「ファ…ファイブマンだと!?」

夏海「うひゃー!ウチらが観てるスーパー戦隊がやってきたよ!」

小鞠「うん!ニュータウン小学校の兄妹先生たちだよ!」

「」コクッ

ゴーカイシルバー「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
星川兄妹の生変身をこの目で見れるなんて俺感激です!!
ファイブマーン!ファイブマーン!!あとでサインくださ~い!!」 

「あの…最新の戦隊だから…トッキュウジャーは…?」


350 : 1 - 2014/05/08 21:41:43.74 C1qRPzyd0 241/370

ファイブレッド「神官ポー!この子たちには指一本触れさせはしないぞ!」

神官ポー「小癪な…こうなればミラクラーたちよ!ファイブマンを倒すのです!!」

ミラクラー「「ショワショワショワー!」」

ファイブレッド「そうはさせん!」

ファイブブルー「兄貴!まずはこの雑魚どもから片づけようぜ!」

ファイブイエロー「行くわよ!」


「「ファイブラスター!」」


ドシュッ!ドシュッ!

ミラクラー「「ショワワ~!?」」

ファイブブラック「次は!」

ファイブイエロー「これよ!」


「Vサーベル!」


ズバッ!


ミラクラー「ショワギャァァァァ!?」

神官ポー「おのれファイブマン!?」


351 : 1 - 2014/05/08 21:43:13.16 C1qRPzyd0 242/370

小鞠「やったー!ミラクラーたちがあっという間に倒されたよ!」

夏海「さっすがファイブマンの兄妹先生たち!」

「なんだか知らんが今時の戦隊(?)も意外とやるもんだな。」

「」コクッ

ゴーカイシルバー「ファイブマーン!頑張って!!」

「まさか仮面ライダーBLACKとファイブマンが駆けつけてくれるとは予想しませんでした…
あれ…?でも確かさっきタイムトンネルから現れた光は三つだからあと一つは一体?」

蛍が最後の光の正体について疑問を抱いていた頃、地上でも異変が…
(ナレーション:正宗一成)


353 : 1 - 2014/05/08 21:48:13.99 C1qRPzyd0 243/370



~地上~


ゴォォォォォォォォォォ!!


ダークギャバン「フハハハハハ!燃えろ燃えろ!炎よ、全てを焼き尽くすのだ!!」

ドン・ホラー「正義のヒーローどもよ!恨むのなら我らではなく不甲斐無い自分たちを恨むのだな!」

魔王サイコ「そうだ、貴様たちが無駄な抵抗をしなければ我らとてこの様な手段に応じる事も無かったろうに!」


「「ワーッハハハハハハハ!!」」


ギャバン「おのれフーマめ!既に勝った気でいるとは…」

V3「だが我々にはこの火事を鎮火させる能力が無いとは…」

デンジブルー「このままでは子供たちの故郷を焼け野原にされてしまうぞ!」

アオレンジャー「諦めるな!我我が諦めたらそれまでだ!」

ビッグワン「そうだ!どんな時でも希望は必ず残されているはずだ!」

バトルケニア「森も動物も苦しむ声が聞こえてくる…こんな卑劣な事をするとは許さんぞフーマ!!」

既に勝利を確信したのかヒーローたちとのんのん村の住人たちを嘲笑うフーマの怪人軍団!
そしてその光景を目の当たりにしている一穂、ひかげ、このみの三人…
(ナレーション:正宗一成)


354 : 1 - 2014/05/08 21:49:24.09 C1qRPzyd0 244/370

一穂「これは本当にやばいかもね…」

ひかげ「こんな火事じゃ消防団だって消せないよ!」

このみ「このままじゃ私たちの家まで引火しちゃうよ!どうしたら…」

三人がこの事態を目の当たりにしているとそこに先ほどの黒い傘を被った修行僧がやってきた!
(ナレーション:正宗一成)

修行僧(黒)「どうやらここはワシの出番じゃな!」

このみ「あ、さっきのまだ一人だけ正体を明かしてないお坊さんだ!」

ひかげ「え~とお坊さんも正義のヒーローなの?」

一穂「だったらこの事態をどうにかしてくれんかねぇ…」

修行僧(黒)「残念ながらワシはヒーローという訳ではない。何故ならワシは…ハッ!」


バサッ!


そして黒の笠の修行僧がついに己の正体を明かす!
なんとそこには驚愕の姿が…!?
(ナレーション:正宗一成)


355 : 1 - 2014/05/08 21:51:24.66 C1qRPzyd0 245/370

正木「私は警視庁特別救急警察隊の正木俊介本部長だ!」

ひかげ「警視庁…?」

一穂「特別救急警察隊…?おやおや警察の人でしたか。でもあれ?そんな組織聞いた事ないような…?」

ひかげと一穂は聞いた事も無い組織の名前に思わず首を傾げる。
しかしこのみは正木の正体を知り驚きを隠せずにいた!
(ナレーション:正宗一成)

このみ「ま…正木本部長さん!?うわぁ~!本物だぁ!ちょっと感激しちゃうよ!
あとで越谷家の子たちに自慢しちゃおうっと!」

ひかげ「ちょっとちょっと!このみ…このおじさんの事知ってるの?」

このみ「勿論だよ!だってこの人は…」



356 : 1 - 2014/05/08 21:52:25.10 C1qRPzyd0 246/370

正木「その前にちょっといいかな?
竜馬、正木だ!事態は把握しているな!すぐに消火作業に掛かってくれ!!」

正木は携帯電話を取り出し『竜馬』という人物に指示を送った。
それと同時にサイレンの音を鳴らす白いパトカーがどこからともなくやってきた!
(ナレーション:正宗一成)


ファンッ! ファンッ! ファンッ! ファンッ!


ひかげ「白い…パトカー…?」
 
一穂「正直今はパトカーじゃなく消防車に来てほしいんだけどねぇ…」

このみ「待って!あのドアに書かれてる『WSP』のマークはもしかして…」

白いパトカーは正木やこのみたちの近くにやってきた。
そこから一人の黒い革ジャンを着た青年とそれに上空からは緑と黄色のロボットまでもが現れた!
(ナレーション:正宗一成)


357 : 1 - 2014/05/08 21:53:13.91 C1qRPzyd0 247/370

正木「紹介しよう。
彼らは警視庁特別救急警察隊の隊長の香川竜馬、それにサポートドロイドのバイクルとウォルターだ!」

竜馬「本部長、ただいま現地に到着しました!」

ウォルター「しかしいきなり訳も分からず来てみればこんな田舎の村で大火災とは…」

バイクル「えらいこっちゃで!急いでなんとかせにゃならんきに!」

正木「うむ、この村を絶対に焼け野原にしてはならん!全員直ちに消火作業に掛かってくれ!!」

竜馬「了解!」

ウォルター「イエッサー!」

バイクル「まかせてチョ!」

ひかげ「あれ?警察ってレスキュー活動もするんだっけ?」

このみ「勿論!なんてったってこの人たちは…」


358 : 1 - 2014/05/08 21:53:59.53 C1qRPzyd0 248/370

そして香川竜馬が乗る白いパトカー、ウインスコードは爆音を上げて炎の中に突っ込んで行く!
(ナレーション:正宗一成)


ブロロロロロロ!!


ギャバン「あれは…パトカーか?」

デンジブルー「いかん!ここは危険だぞ!?」

ダークギャバン「パトカーだと?馬鹿な人間め、飛んで火にいる夏の虫とはまさにこの事だ!」

ドン・ホラー「そのまま燃え死ぬがいいわ!」


「「ガハハハハハハ!!」」


ウォルター「あいつら…我々を完全に舐めきっているな!」

バイクル「ワシらの力を見せつけてやるがね!」

竜馬「行くぞ二人とも!SPカードイン!着化!!」


ウィィィィィィィ!!


『着化』、香川竜馬がその言葉を発すると同時にウインスコードはファイヤースコードに変形していく!
そしてバイクルとウォルターも装備を換装して消火活動を行う!
(ナレーション:正宗一成)


359 : 1 - 2014/05/08 21:54:46.70 C1qRPzyd0 249/370

ウォルター「マルチパック、ファイヤーバージョン!」

バイクル「クラッパー、液体窒素弾!」

?????「ケミカルディスチャージャー!」


シュゥゥゥゥゥ!


ダークギャバン「なんだと!?」

ビルゲニア「我々が起こした炎の海を…」

ダロム「瞬時に消しおった!?」

バトルケニア「やったぞ!これで形勢逆転だ!」

ギャバン「だが彼らは一体何者なんだ…?」


360 : 1 - 2014/05/08 21:56:01.95 C1qRPzyd0 250/370

消火作業を終わらせたバイクルとウォルター、それにファイヤースコードから赤いクラステクターに身を包んだ香川竜馬が現れた!
(ナレーション:正宗一成)


ファイヤー「警視庁特別警察隊、特警ウインスペクター隊長ファイヤー!!
この村を焼き尽くそうとした貴様らを我々は絶対に許さないぞ!!」


バイクル「そうだがね!」


ウォルター「悪党どもめ、神妙にしろ!」


ギャバン「そうか!彼らがこの地球の平和を守る新たなるメタルヒーローなのか!」

ファイヤー「はい、しかし我々はメタルヒーローというよりもレスキューヒーローですけどね!」

V3「なるほど、新しいメタルヒーローか。」

アオレンジャ「だがまさかレスキューヒーローとはな!」

ビッグワン「しかも人命救助を第一に活動するとはさすがはあの正木本部長が組織しただけの事はあるな!」

バイクル「おいウォルター!本部長がいっぱいおるで!?」

ウォルター「本部長は四つ子だったのか…?」


361 : 1 - 2014/05/08 21:57:09.70 C1qRPzyd0 251/370

新旧ヒーローたちの会合、その光景をひかげたちが目の当たりにしていた。
(ナレーション:正宗一成)

ひかげ「特警…?」

一穂「ウインスペクター…?
そういえばれんちょんがいつも日曜の朝にそんな番組を観てたような気が…」

このみ「うんそうだよ!特警ウインスペクターっていうのはねぇ…」


特警ウインスペクターとは、平和を愛し、友情を信じ、
人の命を守る為犯罪に立ち向かう、『警視庁特別救急警察隊』の事である!!
(ナレーション:正宗一成)


このみ「せっかく説明しようとしたらどこからともなく聞こえてくる渋い声のナレーションさんに先を越されちゃったよ…」


362 : 1 - 2014/05/08 21:59:29.12 C1qRPzyd0 252/370



~豪獣神~


そして地上でのこの光景をモニターを通して子供たちも目撃していた!
(ナレーション:正宗一成)

夏海「ひゃっほー!特警ウインスペクターまできてくれたよ!」

小鞠「さすがこの村の最新のヒーローたちだね!ヒーローのみんな!頑張って!!」

「」コクッ

「…」

小鞠「あれ?蛍どうしたの?」


363 : 1 - 2014/05/08 22:00:16.46 C1qRPzyd0 253/370

「確かに最新のヒーローがこのピンチに駆けつけてくれました…」

「けど…」

「けど…!」


「最新のヒーローといっても…
『この村の』最新のヒーローじゃないですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!???」


「でも別に嫌じゃないので、むしろ大変よろしいのでみなさん頑張ってください!」

ゴーカイシルバー「蛍ちゃん耐性が付いたというか…なんというか…諦めの境地だね…」

「単にもう慣れただけです、ウフフ…」


379 : 1 - 2014/05/10 19:58:30.38 RxbCwBpn0 254/370

仮面ライダーBLACK、地球戦隊ファイブマン、それに特警ウインスペクターの参戦により戦況は正義のヒーローたちに一気に傾いた!


~マグマベース~


格納された豪獣神からファイブマン、それに神官ポーが出てきた!
(ナレーション:正宗一成)

神官ポー「ミラクラーを全て倒すとは…」

ファイブレッド「覚悟しろ神官ポー!ここなら思いっきり戦えるぜ!」

ファイブブルー「兄貴!さっさとやっちまおうぜ!」

神官ポー「だがまだ私はやられるわけには…こうなれば!」


ズズズズズズズ!


夏海「あ!神官ポーの姿が変わっていくよ!?」

小鞠「怪人に変わっちゃうんだ!」

そう、神官ポーは遂に自らの本当の姿を現した!
その姿は鬼女!それも恐らくこの世で最も醜い醜悪な鬼女である!!
(ナレーション:正宗一成)


380 : 1 - 2014/05/10 19:59:26.56 RxbCwBpn0 255/370

不思議獣ポー「遂にこの姿を晒さなければならないとは…
本当はこの美しい地球をそのまま手に入れたかった…ですがお前たちヒーローが現れた所為でそれも敵わぬ夢となった!
我らフーマは今ではこの青い星を欲しようとは思わない…ただ…破壊するのみ!!」


バリバリバリバリッ!


ファイブイエロー「キャァッ!?」

ファイブブラック「不思議獣になった神官ポーの電撃攻撃が!?」

ゴーカイシルバー「こうなったら俺も行きますよ!」

ファイブピンク「待ってゴーカイシルバー!」

ファイブブルー「こいつは俺たちが倒す、キミは子供たちを守るんだ!」

ファイブレッド「行くぞ!お前の相手は俺たちファイブマンだ!」

不思議獣ポー「来るがいい、ヒーローたちよ!」

そして地球戦隊ファイブマン対不思議獣ポーの戦いが始まった!
(ナレーション:正宗一成)


381 : 1 - 2014/05/10 20:00:11.66 RxbCwBpn0 256/370



ファイブレッド「まずは俺からだ!Vソードアタック!」


ファイブブルー「続いては俺だ!ツインアレイ!」


ファイブブラック「行け!パワーカッター!」


ファイブピンク「キューティーサークル!サークルフィニッシュ!」


ファイブイエロー「メロディータクト!ドレミ拳!」


ドシュッ! ドガッ! バシュッ!


ファイブマンたち兄妹戦士たちの華麗な技が次々と不思議獣ポーに炸裂する!
(ナレーション:正宗一成)


382 : 1 - 2014/05/10 20:00:59.36 RxbCwBpn0 257/370

夏海「さっすが兄妹先生!」

小鞠「見事な連携攻撃だね!」

「」コクッ

ゴーカイシルバー「うおおおお!ファイブマンの往年の必殺技を間近で見られるなんて俺感激です!!」

「けどこうして戦隊ヒーローの戦いを間近で見ると5対1ってかなり卑怯だよな…」

「駄菓子屋さん…そういう野暮なツッコミはやめましょう…」

ファイブレッド「よし、今だ!アースカノン!」

その掛け声と同時にマグマベース内部よりファイブマンのサポートロボットであるアーサーG6が出動する!
(ナレーション:正宗一成)


383 : 1 - 2014/05/10 20:02:28.76 RxbCwBpn0 258/370



キィィィィン!


「あ、何かやってきたぞ!」

小鞠「あれはアーサーだよ!アーサーG6だ!兄妹先生たちの親代わりのアーサーG6だよ!!」

「思うんですけど親代わりのロボットをバズーカにするってどうなんでしょうか…?」

アーサーG6「ファイブマン!行くよ!」

ゴーカイシルバー「しかも変形して…あれはまさか!?」

そしてアーサーG6はファイブマンの必殺バズーカ砲へと変形していく、その名も…
(ナレーション:正宗一成)


ファイブマン「「アースカノン!レディ!ターゲットロック!」」


不思議獣ポー「くだらない…そんな物でこの私をたおせるわけが!」

夏海「大変だ!不思議獣ポーが迫ってきた!」

小鞠「ファイブマン危ないよ!?」


384 : 1 - 2014/05/10 20:03:11.70 RxbCwBpn0 259/370

ファイブレッド「大丈夫だ小鞠ちゃん!
神官ポー、たとえどんな理由があろうと地球を破壊するのは俺たちファイブマンが許さない!行くぞ、ファイヤー!!」

アーサー「Go!」


ドッガァァァァァァン!!


不思議獣ポー「ギャァァァァァァ!?」

夏海「やったー!」

小鞠「不思議獣ポーを倒したよ!」

「でも戦隊のパターンだと…この後間違いなく…」

「あぁ…あれだよな。あのパターンになるよな…」

「」コクッ


カッ!


ゴーカイシルバー「ハッ!大変ですよみなさん!?不思議獣ポーが巨大化しました!?」

「「やっぱり…」」


385 : 1 - 2014/05/10 20:16:13.52 RxbCwBpn0 260/370



~宇宙~


不思議獣ポー『ガァァァァ!!』


巨大化した不思議獣ポーはマグマベースを抜け出し外からマグマベースを破壊しようとした。
だがファイブマンも負けてはいない。マグマベースからファイブマシンを出動させたぞ!
(ナレーション:正宗一成)

ファイブレッド「みんな、合体だ!」


ファイブブルー「オウッ!」


ファイブマン「「合体!トリプルジョイント!」」


そして現れたのは!
スカイアルファ、キャリアベータ、ランドガンマ、の3つのマシンが合体したファイブロボだ!!
(ナレーション:正宗一成)

ゴーカイシルバー「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!
ファ…ファ…ファイブロボですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
全高:36.5m、重量:268t、出力:180万hpのあのファイブロボが俺の目の前で合体してるぅぅぅぅ!!」

「はいはい、鎧さんは落ち着きましょうね。」

小鞠「ファイブロボってうちにもあるよね。」

夏実「そうそう、母ちゃんが三つに変形するから三人で遊べるだろって!」

「」コクッ

「お義母さま…中学生の子供に戦隊ヒーローの玩具を買い与える親ってちょっとどうかと思いますが…」


386 : 1 - 2014/05/10 20:17:12.70 RxbCwBpn0 261/370



ファイブレッド「銀河に一つのこの星を守りたまえ!」


ファイブマン「「超次元ソード!!」」


ドバッ!


不思議獣ポー『グギャァァァァァァァァ!!??』


ファイブロボの超次元ソードの斬撃を受けて不思議獣ポーは宇宙空間で大爆発を起こした!
(ナレーション:正宗一成)

夏海「やったね!」

小鞠「さっすがファイブマン!」

「」コクッ

ゴーカイシルバー「くぅ~!やっぱりファイブロボカッコいいですね!!」

「先ほどから本当にこの村の子たちや鎧さん得な展開ばかりですね。」

「よし、これで邪魔者はいなくなったしさっさとれんげを迎えに行くぞ!」


「「オォー!!」」


こうして不思議獣ポーを倒したファイブロボとマグマベースはそのまま超次元砲へと向かった!
(ナレーション:正宗一成)


387 : 1 - 2014/05/10 20:17:40.51 RxbCwBpn0 262/370



~地上~


V3「V3パンチ!V3きりもみチョップ!」


ガシッ! バシッ!


ダロムボスガンビルゲニア「「ぐっ…グハァッ!?」」


一方地上で戦いも決着が着こうとしていた。まずは仮面ライダーV3からだ!
(ナレーション:正宗一成)

ダロム「おのれV3!」

ビルゲニア「我ら三人を相手に猪口才な!」

ボスガン「こうなれば三人同時に仕掛けるぞ!」


388 : 1 - 2014/05/10 20:18:10.36 RxbCwBpn0 263/370



バッ!


ひかげ「うわっ!あいつら一緒になって仕掛けてきた!?」

このみ「V3頑張って!」

V3「ああ!今こそV3の力を極限まで高めてやる!!」

一穂「おや?V3がベルトにパワーを集中しているね?」


ギュゥゥゥゥゥゥゥゥ!!


V3の変身ベルトであるダブルタイフーンの風車がとてつもない勢いで回転を始める!
それは彼を改造手術した仮面ライダー1号と2号から受け継がれた力と技を全て解放するためだ!!
(ナレーション:正宗一成)


389 : 1 - 2014/05/10 20:18:55.39 RxbCwBpn0 264/370



V3「トォッ!V3マッハ…キィィィィィック!!」


ダロム「グオオオッ!?」


V3「次はお前だボスガン!V3回転三段キィィィィィック!!」


ボスガン「うぎゃぁぁぁぁぁっ!?」


ビルゲニア「おのれ…ダロムとボスガンが!?
だが俺はヤツらと違って貴様になど負けんぞ!ビルセイバー!ダークストーム!!」


ビルゲニアの必殺技であるダークストーム!
辺りに突風が発生して常人なら息も満足に出来ない状況だ!だが…
(ナレーション:正宗一成)


390 : 1 - 2014/05/10 20:20:13.02 RxbCwBpn0 265/370

V3「ならばこちらも!レッドランプパワー解放!行くぞ!トォッ!!」


V3が空高くジャンプをする、そしてレッドランプパワーを解放した必殺技が今放たれる!!
(ナレーション:正宗一成)


V3「V3必殺キィィィィィィーーーーーック!!!!」


ビルゲニア「なっ何ぃぃぃ!?今度こそ創世王になれると思ったのに………
ぐ…ぐわぁぁぁぁぁぁ!!???」


ドッカァァァァァァァン!!


こうしてライダーV3の連続の必殺技により大神官ダロム、剣聖ビルゲニア、ボスガンの三人は再び倒された。
そして他の怪人たちも…
(ナレーション:正宗一成)


391 : 1 - 2014/05/10 20:21:58.99 RxbCwBpn0 266/370



ビッグワン「そろそろお前たちとの戦いに決着を付けよう!」


アオレンジャー「我らの必殺技を受けてみろ!」


「「トォッ!!」」


戦隊ヒーローであるビッグワン、アオレンジャー、バトルケニア、デンジブルーが同時に空高くジャンプする!
そしてそれぞれの武器で怪人たちを目掛けて必殺技を放つ!!


ビッグワン「ビッグワンフィニッシュ!!」


アオレンジャー「ウルトラブルーチェリー!!」


バトルケニア「ペンタフォース!!」


デンジブルー「デンジパンチ!!」


「「う……うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!????」」


ドッゴォォォォォォォン!!


往年の戦隊ヒーローたちによる必殺技を受けて大帝王クビライが甦らせた戦隊ヒーローと過去に戦った怪人たちは全て倒された。
(ナレーション:正宗一成)


392 : 1 - 2014/05/10 20:23:16.48 RxbCwBpn0 267/370

ビッグワン「一度甦った者など我らの敵ではない!」

ひかげ「あぁ…だから再生怪人って雑魚ばっかなんだ…」

一穂「それは言っちゃいけないお約束だよ。」

このみ「次はギャバンさんだね!」

393 : 1 - 2014/05/10 20:23:54.46 RxbCwBpn0 268/370

ダークギャバン「おのれ…!我が甦らせた怪人たちを次々と倒しおって!?」

ギャバン「次はお前の番だぞダークギャバン!行くぞ、レーザーブレード!!」


ブオンッ!!


宇宙刑事ギャバンの必殺武器レーザーブレードだ!
そしてギャバンのゴーグルが光り出すと同時にレーザーブレードへ刃に、
ダイナミックレーザーパワーが注入され文字通り光の剣となった!!
(ナレーション:正宗一成)


ギャバン「これで終わりだ!ダークギャバン!」


ダークギャバン「ほざけギャバン!死ぬのはお前の方だ!ダークレーザーブレード!!」


しかしダークギャバンも負けてはいない!
同じく悪の剣、ダークレーザーブレードを取り出しギャバンに斬りかかった!
(ナレーション:正宗一成)


394 : 1 - 2014/05/10 20:29:03.27 RxbCwBpn0 269/370



ギャバン「「ギャバンダイナミック!!」」


ダークギャバン「「ダークギャバンダイナミック!!」」


ドバッ!!


ひかげ「うおお!ギャバンとダークギャバンが同時に斬りかかったよ!?」

一穂「え~と…どっちが勝ったんだい?」

このみ「見て!あれって…」


バチッ!


ギャバンの肩から火花が散った。
どうやらダークギャバンはギャバンの肩を斬りつけていたようだ。
(ナレーション:正宗一成)


395 : 1 - 2014/05/10 20:30:32.89 RxbCwBpn0 270/370

このみ「そんな…じゃあ勝負は!?」

正木「いや待て!勝負は最後までわからんぞ!」


ダークギャバン「フハハ!どうだギャバン!我のか……ち……だ……」


ズルッ…


ドオオオオオオオオオオン!!


その台詞を言う前にダークギャバンの身体は正面から真っ二つに斬り裂かれていた。
それもそのはず、ギャバンの肩を斬りつけたと同時にギャバンはダークギャバンの身体を一刀両断していたのだ!
(ナレーション:正宗一成)

ギャバン「たとえ俺の姿はコピーできてもそこに正義の意志が無いのなら恐れる事はない!!」

このみ「やったね!ダークギャバンを倒したよ!」

正木「よーし!これで残るは…」


396 : 1 - 2014/05/10 20:31:21.75 RxbCwBpn0 271/370

魔王サイコ「くっ!まさかダークギャバンが敗れるとは…」

ファイヤー「魔王サイコ!お前の相手は私たちウインスペクターだ!」

バイクル「大人しくしいや!」

ウォルター「そうだ!大人しく逮捕されろ!」

魔王サイコ「おのれ…まるで我が宿敵宇宙刑事シャリバンを思い出させる赤いメタルヒーローめ!
こうなれば貴様らだけでも…!!」


バチッ!バチッ!


「「うわぁぁぁぁぁぁぁ!?」」


特警ウインスペクターが魔王サイコを取り囲む。
しかし魔王サイコは強力な高圧電流を流しウインスペクターたちを圧倒する!
(ナレーション:正宗一成)


397 : 1 - 2014/05/10 20:32:10.49 RxbCwBpn0 272/370

ファイヤー「スゴイ電流だ…だが負けてはいられないぞ!ウォルター!」

ウォルター「了解、ディスライダーシールドモード!」

魔王サイコ「なんだと!電流が防がれている!?」

バイクル「お次はワシだがね!バイスピア!」


ドガッ!バシッ!


だがウインスペクターも負けてはいない!
ウォルターのディスライダーのシールドで電流を防ぎ、バイクルのバイスピアで応戦だ!
(ナレーション:正宗一成)


398 : 1 - 2014/05/10 20:37:30.52 RxbCwBpn0 273/370

ファイヤー「よし、今度はこっちがヤツに電流をお見舞いするぞ!デイトリックM-2、ショックウェイブ!!」


バシュゥッ!!


魔王サイコ「グォォッ!?」


正木「バイクル、ウォルター!今の内にヤツの動きを封じるんだ!」


バイクルウォルター「「クラッパー、アンカーユニット!」」


正木の指示通りにバイクルとウォルターはクラッパーのワイヤーで魔王サイコの身体を拘束させる。
そしてファイヤーが魔王サイコに止めの一撃を加える!
(ナレーション:正宗一成)


ファイヤー「マックスキャリバー!レーザーソード!!」


ズバッ!!


魔王サイコ「うぎゃぁぁぁぁぁぁ!?」


そしてファイヤーのマックスキャリバーの一撃が炸裂!
魔王サイコは断末魔の悲鳴を上げると共に消滅してしまった…
(ナレーション:正宗一成)


399 : 1 - 2014/05/10 20:43:33.65 RxbCwBpn0 274/370

このみ「やったー!これで全員倒せたね♪」

ひかげ「あれ…?全員?」

一穂「え~と…確かギャバンが大帝王クビライが変身したダークギャバンを倒して…
それから他の怪人たちもV3やビッグワンたちが倒して…
それにたった今魔王サイコは倒せたわけで…はて?何か忘れている気が…?」


ドン・ホラー「「まだだ!まだ終わってはいないぞ!このドン・ホラーがいるのを忘れるな!!」」


ひかげこのみ一穂「「すっかり忘れてた!?」」


すっかり忘れていたかも知れないがまだドン・ホラーが生き残っていたのだ!
卑怯にも戦いの決着を影で眺めていたドン・ホラーは、
ヒーローたちが怪人たちを倒して油断しているこの瞬間を狙っていた!
(ナレーション:正宗一成)


400 : 1 - 2014/05/10 20:43:59.71 RxbCwBpn0 275/370



ドン・ホラー「ハァァァァァ!!」


シュバッ! シュバッ!


バイクル「おわわっ!?」

ウォルター「おのれ!このような触手で我々の動きを拘束するとは!?」

ファイヤー「バイクル!ウォルター!?」

ドン・ホラー「部下たちよりも自分の心配をしろ!次はお前だ!!」

ファイヤー「くぅ…」

ドン・ホラーの脅威の力の前にさすがのウインスペクターも苦戦する!
だがそんな時、どこからかともなくエンジン音が聞こえてきた!
(ナレーション:正宗一成)


401 : 1 - 2014/05/10 20:44:42.29 RxbCwBpn0 276/370

ギャバン「サイバリアンスピン!」

ドン・ホラー「ぐへっ!?おのれギャバン…」


ギャバン「ファイヤー!力を合わせてヤツを倒すぞ!レーザーブレード!!」


ファイヤー「ハイ!マックスキャリバー!!」


正木「そうだファイヤー、ギャバンと共に力を合わせるんだ!」

一穂「これは新旧ヒーローのお決まりの合体技のフラグだね。」

ひかげ「ヒーローモノの定番だよね。」

このみ「頑張ってファイヤー!」


402 : 1 - 2014/05/10 20:45:32.68 RxbCwBpn0 277/370



ギャバン「ギャバン!」


ファイヤー「ファイヤー!」



ギャバンファイヤー「「ダイナミィィィィィーーーーック!!!!」」



ドン・ホラー「な…なんだとぉぉぉぉぉぉ!?!?」


なんとまさかの展開!
宇宙刑事ギャバンと特警ウインスペクター隊長ファイヤーの新旧ヒーローの合体技ギャバンファイヤーダイナミック!!
その威力は凄まじくあの強敵であるドン・ホラーを一撃で仕留めるほどだ。
(ナレーション:正宗一成)


403 : 1 - 2014/05/10 20:46:26.21 RxbCwBpn0 278/370

ファイヤー「ありがとうございますギャバン。あなたの助太刀が無ければヤツを倒せませんでした。」

ギャバン「それはお互い様だ。
キミたちが駆けつけてくれなければこの村は灰と化していたかもしれないんだからな。」

正木「うむ、まさにヒーローたちの協力で倒せたな。」

一穂「これはいいコラボだね。れんちょんに見せてあげたかったよ…」

このみ「うんうん!後で絶対小鞠ちゃんたちに自慢しちゃお♪」

ひかげ「それじゃあここにいる連中は片付いたし後はれんげを助け出せば…」

この場にいるフーマの悪の怪人軍団は確かに滅んだ。
だがその時!
(ナレーション:正宗一成)


404 : 1 - 2014/05/10 20:49:22.38 RxbCwBpn0 279/370



クビライ『おのれヒーローたちめ!!』


アオレンジャー「大帝王クビライ!?バカな!まだ生きていたのか!?」

ビッグワン「なんという事だ…ヤツは魂のままでも生きていられるのか…!」

クビライ『我は永遠に不滅だ!まだ奥の手はある!来いダークドルーよ!』

ダークドルー「ガアアア!!」

バトルケニア「おお!大帝王クビライの魂がダークドルーに憑依してしまったぞ!」

デンジブルー「しかもそのまま宇宙に飛んで行った!?」

ギャバン「ヤツはこれから何をする気なんだ?」

ダークドルーに憑依した大帝王クビライはそのまま空高く飛び宇宙へと去って行った。
そしてその頃、宇宙にある超次元砲内部では…
(ナレーション:正宗一成)


410 : 1 - 2014/05/11 17:42:46.32 2J2qMqep0 280/370



~超次元砲内部~


BLACK「行くぞロードセクター!スパークリングアッタック!!」


グール「「グギャギャギャギャギャ!?」」


フェニックス「クソッ!グールどもが全滅だと…!?たかが一人を相手になんでこんな事に…」

れんげ「やっぱりBLACKは強いんな!」

その頃、超次元砲内部では仮面ライダーBLACKが捕らわれの身であったれんげを救出して単身ファントムたちと戦っていた。
(ナレーション:正宗一成)


411 : 1 - 2014/05/11 17:43:26.78 2J2qMqep0 281/370

BLACK「今度はお前たちの番だ!」

フェニックス「ふざけるな!返り討ちにしてやるぜ!メデューサ!グレムリン!
あの黒いヤツを倒せーーーー!!」

メデューサ『…』

グレムリン『…』

フェニックスの命令でBLACKに襲いかかるメデューサにグレムリン!
だが…
(ナレーション:正宗一成)


バシッ! ゲシッ!


メデューサ『グヘッ…』

グレムリン『ガハッ…』

フェニックス「何だこれは…?お前らこんなに弱かったかよおい!?」


412 : 1 - 2014/05/11 17:45:34.71 2J2qMqep0 282/370

BLACK「こんな魂の無い人形がこの俺の相手になるものか!行くぞファントム!!」


ビカァァァァ!


フェニックス「眩しい!なんだこりゃ!?」

れんげ「BLACKのバイタルチャージなん!仮面ライダーの必殺技が発動するのん!」


BLACK「「ライダーチョップ!!」」


メデューサ『!?』


BLACK「「ライダーパンチ!!」」


グレムリン『!?』


仮面ライダーの必殺技が二体のファントムに命中!
ファントムたちは身体から燃え盛る炎とともにその姿は消滅していった!
(ナレーション:正宗一成)


413 : 1 - 2014/05/11 17:46:36.31 2J2qMqep0 283/370

フェニックス「メデューサ!?それにグレムリン!?この役立たずどもが!」


BLACK「次はお前だフェニックス!覚悟しろ!
れんげちゃんをこんな目に合わせたお前を絶対に許さん!!」


フェニックス「ひっ…ひぃぃ…!?」


BLACK「「ライダーキィィィィィーーーーック!!」」


バキィィィィ!!


フェニックス「グオォォォォォ!?」


必殺のライダーキックがフェニックスに命中!
フェニックスもまた先ほどのファントムたちと同じく炎に包まれ消滅しようとした…
その時!?
(ナレーション:正宗一成)


414 : 1 - 2014/05/11 17:47:44.49 2J2qMqep0 284/370



フェニックス「ハハハハハハ!!」


BLACK「何!?こいつ何故ライダーキックを喰らって生きているんだ?」

フェニックス「俺はフェニックスだ!俺の特性は死と再生、何度倒されようがその度に甦るんだよ!
そして……パワーアップしてな!!」


ボォォォォォ!!


れんげ「フェニックスが炎に包まれて……あれは…?パワーアップしてるん!?」

BLACK「なんだって!?」

れんげの言う通りだった。
ライダーキックを喰らい一度は倒されたフェニックスであったが…
彼の特性である死と再生の力を使い、パワーアップして甦ったのだ!
(ナレーション:正宗一成)


415 : 1 - 2014/05/11 17:48:39.11 2J2qMqep0 285/370



フェニックス(進化体)「おおおおお!力だ!有り余る力を感じやがるぜぇ!
こいつはスゲェ!まるで賢者の石でも取り込んだかのような力だ!!」


BLACK「これがヤツがパワーアップした姿か…
身体が先ほどよりも刺々しく顔つきもさらに凶暴になっているとは!?」

ライダーの言うようにフェニックスの身体はかつて仮面ライダーウィザードが戦ったグレムリンの進化体と同じような姿であった。
それもそのはず…
仮面ライダーBLACKの持つ太陽の石キングストーンが同じく炎の属性を司るフェニックスに運悪く力を与えてしまったのだ。
仮面ライダーBLACKにとってこれほど相性の悪い相手は他にいないだろう…
(ナレーション:正宗一成)


416 : 1 - 2014/05/11 17:49:30.62 2J2qMqep0 286/370

BLACK「だがどんな姿に変わろうと…俺は何度でもお前を倒す!」

フェニックス(進化体)「バカめ!最早俺はさっきとは違うんだよ!」


ガシィッ!!


BLACK「なんだと!?…ぐっ…この力は…うわぁぁぁぁぁ!?」

れんげ「フェニックスがライダーを力でねじ伏せているんな!?」

フェニックス(進化体)「弱え!弱えぞライダー!アハハハハハハハ!!
所詮お前らヒーローなんざこんなモンよ、さてと…止めを刺させてもらうぜ!!」

れんげ「か…仮面ライダーが…炎に飲み込まれているん!?」

フェニックス(進化体)「ハハハ!どうだガキ?
お前が頼りにしていたヒーローってのは所詮はこの程度だぜ!
どうだ?これに懲りて絶望したかぁ?」

まるでれんげを嘲笑うかのように問い詰めるフェニックス。
だがれんげは…
(ナレーション:正宗一成)


417 : 1 - 2014/05/11 17:51:20.34 2J2qMqep0 287/370

れんげ「大丈夫なん!ライダーはお前のようなヤツには絶対に負けないのん!!」

フェニックス(進化体)「何をバカな事を…この野郎は俺の炎でもうすぐ死ぬんだ…って何だ!?」



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!



BLACK「なるほど…お前は一度太陽にその身を生きながら焼かれていたらしいな…
それに俺の力の源である太陽の石キングストーンの力に影響されてパワーアップされたわけか…
だが!太陽の力は決して悪のモノなどではない!」

フェニックス(進化体)「な…なんだこいつ!?何故俺の炎で焼き尽くされないだと!?
こんなの指輪の魔法使いだってありえねえぞ!!??」

BLACK「ファントム!
俺はお前の炎…いや…太陽の力に負ける事は絶対にあり得ない!何故なら俺は…ハァッ!!」


418 : 1 - 2014/05/11 17:52:04.67 2J2qMqep0 288/370




ヴァァァァァァ!!



その時、不思議な事が起こった!
仮面ライダーBLACKの体内に埋め込まれているキングストーンが炎の力を全て吸収したのだ!!
そしてライダーの身体が黒とオレンジの二色に変化した。
(ナレーション:正宗一成)


フェニックス(進化体)「なんだこいつ…姿が変わっていく…お前は何者だ!?」


ロボライダー「俺は炎の王子!RX!ロボライダー!!」


フェニックス(進化体)「ロ…ロボライダーだと…?まあいい!誰であろうが俺の炎に適うモノか!!」

れんげ「フェニックスがロボライダーを燃やそうとしてるんな!
けど大丈夫なん!ロボライダーはそんな炎なんかへっちゃらなのん!!」


419 : 1 - 2014/05/11 17:56:28.43 2J2qMqep0 289/370

フェニックス(進化体)「ふざけた事言ってんじゃねえ!
俺の炎を喰らって今まで無事だったヤツは一人もいねえんだよ!ウラァッ!!」


ゴォォォォ!


れんげ「フェニックスが炎のパンチを繰り出したん!ロボライダー!」


バシッ!


ロボライダー「この程度の炎の拳ではこの俺は倒せんぞフェニックス!」

れんげ「フェニックスの火なんかロボライダーには通じないんな!」

フェニックス(進化体)「バ…バカな!?
何故俺の炎に焼かれているのに貴様は平然として…いや…それどころか益々パワーを増しているんだ!?」

ロボライダー「教えてやる!炎は俺の力となるのだ!喰らえ!ボルティックシュータ!!」


ビシュンッ!


フェニックス(進化体)「ぐはっ!?だ…だが…まだだ…まだやられちゃいねえ!」


420 : 1 - 2014/05/11 17:58:08.27 2J2qMqep0 290/370

ロボライダー「これではキリがないな…ヤツを倒すにはどうすれば…?
そうだ!ファントムは確か人間が絶望して死亡して生み出された存在!ならば…」


カッ!


れんげ「ロボライダーの身体が水のように青くなったん!これはもしかするともしかするん!!」

フェニックス(進化体)「な…なんだこいつは!?俺に纏わりついてきやがる!?や…やめろ!!」


シュバッ!


フェニックス(進化体)「ようやく俺の身体から出やがったか…!
待て?お前は…青い身体をしてるな…さっきのヤツはどうした!?それに誰を抱えてやがる?」


421 : 1 - 2014/05/11 17:59:12.43 2J2qMqep0 291/370

バイオライダー「俺は怒りの王子!RX!バイオライダー!!
俺が今抱えているのが誰かだと?よく見ろ!これはお前自身だ!!」

フェニックス(進化体)「なっ…!?
そいつはかつてワイズマンが引き起こしたサバトでゲートとして死んだはずの俺の本体…
確か名前は…藤田雄吾!?何でお前がそいつを抱えているんだ!?」

バイオライダー「俺は身体をゲル化させてお前の体内に侵入した。
そしてお前が持つ不死身の特性を利用してゲートである藤田雄吾を甦らせたのだ!」

フェニックス(進化体)「だがそれがどうしたってんだ!?………あ…なんだ…身体から力が抜けていく!?」

バイオライダー「お前たちファントムはゲートと呼ばれる人間を媒介にして生まれるそうだな。
その人間が生き返ったのならばお前たちファントムは消滅するしかないはずだ!喰らえ!バイオブレード!!」


ドバッ!


フェニックス(進化体)「ぐ…うぅ…なんてこった…苦しい!俺はこんなとこで終るのか!?」

れんげ「フェニックスが苦しんでるん!今なんな!」


カッ!!


バイオライダーがさらなるフォームチェンジをする。
その姿はロボライダーでもバイオライダーでもない、仮面ライダーBLACKの進化形態である!
その名も…
(ナレーション:正宗一成)


422 : 1 - 2014/05/11 18:00:48.43 2J2qMqep0 292/370




RX「「俺は太陽の子!仮面ライダーBLACKRX!!」」



フェニックス(進化体)「RX…?た…太陽の子だと!?」

RX「そうだ、俺は太陽の子!お前に地獄の苦しみを与えた太陽はこの俺には命の恵みでもある!!
フェニックス、お前は先ほど俺にとってお前は相性の悪い相手と言ったがそうではない!
お前にとってこの俺こそが最も相性の悪い相手だったんだ!!」


フェニックス(進化体)「よ…よせ!やめてくれ!?」


RX「問答無用!行くぞ!RXキィィィィック!!」


バシッ!!


フェニックス(進化体)「ぬわぁぁぁぁぁぁ!?」

RXキックをまともに喰らってしまったフェニックス。
いつもなら再生する事が可能であるがRXがゲートである藤田雄吾を甦らせたために、
フェニックスの特性は既に無くなってしまい後は消滅を待つしかなかった。
(ナレーション:正宗一成)


423 : 1 - 2014/05/11 18:02:13.30 2J2qMqep0 293/370

れんげ「RX…フェニックスはどうなるん?」

RX「このファントムは既にゲートである人間が再生してしまったためにもう自分の存在を保てないでいるんだ。
哀れなヤツめ、だがこれも今まで大勢の人間をファントムにしてきた報いだ。
これで全て終わった。さあれんげちゃん、地球へ…みんなのところへ帰ろう。」

れんげ「わかったんな!」

RXはライドロンを呼び出してれんげと意識を失っている藤田雄吾を乗せると超次元砲内部から脱出しようとした。
だが…
(ナレーション:正宗一成)


435 : 1 - 2014/05/13 17:50:31.26 Bcc5uI7w0 294/370




ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド



RX「何だこの禍々しい気配は…?まだ何かあるというのか!?」


「「グガガガ…!!」」


れんげ「RX!アレを見るん!さっき倒したファントムたちが合体していくのん!?」

RX「なんだって!?」


「「ウガァァァァ!!」」


れんげの言う通りであった。
RXとれんげの目の前に現れたのはフェニックス、メデューサ、グレムリンが合体した姿…
その名も!
(ナレーション:正宗一成)


436 : 1 - 2014/05/13 17:51:18.65 Bcc5uI7w0 295/370



ファントムキメラ「「ガァァァァ!!」」


RX「こ…これは!?
先ほど倒したはずのフェニックス、メデューサ、グレムリンの顔を併せ持ったキメラの化け物が…
そうかわかったぞ!フェニックスは不死の力が無くなったために屍となったメデューサとグレムリンの力を吸い取ったんだな!
しかしそれと引き換えにファントムとしての人格を失い最早ただの凶暴なだけの化け物と化したわけか!?」

ファントムキメラ「「ウガアアアアア!!」」

れんげ「おわわわわわなん!?」

RX「しまった!ライドロンに乗せたれんげちゃんが…ファントムキメラにライドロンと一緒に捕まってしまった!?」

既に理性を失ったファントムキメラはライドロンに乗っていたれんげと藤田雄吾を体内の内部に取り込んでRXが攻撃できないように仕組んだ。
それと同時にこの超次元砲内部にまるでドラゴンの鳴き声が鳴り響いた!
(ナレーション:正宗一成)


437 : 1 - 2014/05/13 17:52:34.10 Bcc5uI7w0 296/370

ダークドルー「ガァァァァァァ!!」

ファントムキメラ「「グガァァァァ!!」」

RX「この黒いドラゴンは…確か地上で宇宙刑事ギャバンが戦っていたはずでは…?」

クビライ『フフフ!まだ奥の手が残されているわい!』

そこに現れたのは大帝王クビライが憑依したダークドルーであった。
それにもう一人…
(ナレーション:正宗一成)

神官ポー「お…お爺様…」

クビライ『オォ…我が孫ポーよ…生きておったか…!』

神官ポー「は…はい…ファイブロボにやられる寸前に咄嗟に元の姿に戻り難を逃れました…
お爺様!私の最後の力をお爺様に託します!そして正義のヒーローどもを一網打尽にしてみせましょう!!」

クビライ『よくぞ申した!それでこそ我が孫だ!!』


「「ハァァァァァァ!!」」


RX「な…なんだと…これは!?」

そして神官ポーは最後の魔力を振り絞る。
大帝王クビライの魂を憑依させたダークドルーに超次元砲の動力を搭載させて今までの数倍ものパワーを得る事に成功したのだ!
(ナレーション:正宗一成)


438 : 1 - 2014/05/13 17:53:07.41 Bcc5uI7w0 297/370

神官ポー「完成しましたわ!これぞ我がフーマが誇る最終兵器!その名も…」



「「ガァァァァァァァ!!!!!」」



クビライ『フハハハハ!超次元砲の動力を得た最強のドルー!超次元フーマドルーだ!!』

RX「超次元…フーマドルーだと!?
そうか、超次元砲は先ほどフェニックスが無茶な発射をした所為で故障してしまった…
本来なら修理が必要なはずだが俺たちが攻めてきたから敢えて修理ではなくこうしてダークドルーに動力を移した方が手っ取り早いという事か!」

れんげ「なんか意外とシンプルな名前なん。」

超次元砲の動力を得てパワーアップしたダークルー改めフーマドルー!
その姿は先ほどのダークドルーよりもさらに禍々しくそして電子星獣ドルーよりも数倍ものパワーを誇る!!
(ナレーション:正宗一成)

RX「フーマドルーめ!この俺が相手だ!」

神官ポー「ご安心なさい、あなたの相手はこのファントムキメラがやってくれますよ。」

ファントムキメラ「「ガアーーーーーーーー!!」」

RX「くっ…」

突如として出現するフーマドルー!
だがRXの前にはファントムキメラが立ちはだかる!
フーマドルーはそんなRXを無視して外に出て縦横無尽に暴れ始めた!
(ナレーション:正宗一成)


439 : 1 - 2014/05/13 17:53:45.38 Bcc5uI7w0 298/370



~宇宙~


同じ頃、この光景を超次元砲に接近するファイブロボに乗っているファイブマン、それに蛍たちも目撃していた。
(ナレーション:正宗一成)


フーマドルー「「ギャォォォォォォ!!」」


ゴーカイシルバー「な…超次元砲にダークドルーが入ったかと思ったら…」

「なんかダークドルーよりもでっかいのが出てきましたね…」

夏海「あれって地上でギャバンが戦っていたダークドルーだよね?なんかパワーアップしてない?」

小鞠「うん…さっきよりも凶暴そうでしかも大きくなってるし…」

「」コクッ

ファイブピンク「そうね…安易に近付くのは危険よ。」

ファイブブルー「あんなの見かけ倒しだ!兄貴、やっちまおうぜ!」

ファイブレッド「あぁ!どの道ここで引き下がるわけにはいかない!」

「そうだ!あそこにはれんげがいるんだ!待ってろよれんげ!」

「でもこういう時に無理して敵に挑むと…」

そんな蛍の心配を余所にファイブマンたちはファイブロボをフーマドルーに接近させる!
(ナレーション:正宗一成)


440 : 1 - 2014/05/13 17:55:06.64 Bcc5uI7w0 299/370

ファイブレッド「ツインカノン!」

クビライ『フハハハハ!効かぬ!効かぬぞ!』

ファイブブラック「ならこれだ!ダブルショットガン!」

クビライ『無駄だ!無駄だ!お前たちの攻撃などこのフーマドルーには効かぬのだ!』

ファイブピンク「なんてヤツなの!?」

クビライ『今度はこちらの番だ、ドルファイヤー!』

ファイブイエロー「気を付けて!超高火炎よ!?」


ボォォォォォォ!!


「「うわぁぁぁぁぁぁ!?」」


ファイブレッド「なんてヤツだ!ビクともしないぞ!?」

ファイブブルー「それよりも向うのパワーは明らかにこっちよりも上だぜ…」

「やっぱり…ラスボスがパワーアップした直後に挑むとやられちゃうのはヒーローモノのお約束ですね…」


441 : 1 - 2014/05/13 17:55:48.07 Bcc5uI7w0 300/370

「クソッ!最後の最後になってこれかよ…」

クビライ『今こそ我らフーマの復讐を果たす時!
かつては欲したがその所為で我らフーマを滅亡の危機にまで追い込んだ忌々しい地球…
だが最早躊躇する事もあるまい!
この超次元砲の砲台をこのまま地上に貴様らの村にぶつけてやろう!!』


「「なんだって!?」」


ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ!!


その時である!
超次元砲に取り付けられている噴射装置が動き出した。
この巨大な超次元砲の砲台が地球に向けて発進したのだ!!
(ナレーション:正宗一成)


442 : 1 - 2014/05/13 17:56:22.88 Bcc5uI7w0 301/370

ゴーカイシルバー「そんな事をすれば地上はとんでもない被害を受けますよ!?」

「ていうか私たちの村なんか跡形もなく吹っ飛んじゃいますよぉ…」

小鞠「そんな…私嫌だよ!自分の住んでる家が無くなるなんて…」

夏海「ウチだって嫌だよ!あんな何も無いとこでもウチの大事な家なんだぞ!」

「」コクッ

「ふざけた事しやがって…絶対にぶっ飛ばす!」

ファイブレッド「そうだ!大帝王クビライ!お前の好きにはさせないぞ!」


ガシンッ!


ファイブマンは傷ついたファイブロボを動かし再び超次元砲目掛けて突進する。
だがそこには…
(ナレーション:正宗一成)


443 : 1 - 2014/05/13 17:56:56.56 Bcc5uI7w0 302/370

クビライ『来るか屑鉄め!
我がフーマの戦闘機、それに戦闘母艦たちよ!その木偶の坊を木端微塵にしてしまえ!!』


ヒューン! ヒューン! ヒューン!


ピシューンッ! ピシューンッ! ピシューンッ!


「「うわぁぁぁぁぁ!?」」


ファイブブルー「兄貴!敵の戦闘機に戦闘母艦がファイブロボを取り囲んでいるぞ!?」

ファイブレッド「こいつらどうあっても俺たちを行かせない気でいるな!」

ファイブイエロー「一体どうすれば…」

絶体絶命のピンチに陥るファイブマンに蛍たちのんのん村の子供たち…
それは超次元砲内部で戦っているRXも同じであった。
(ナレーション:正宗一成)


444 : 1 - 2014/05/13 17:57:57.50 Bcc5uI7w0 303/370



~超次元砲内部~


ファントムキメラ「「ガガァァァァ!!」」

RX「くっ…!」

れんげ「RX!ウチに構わず戦うんな!」

RX「ダメだ!もし下手にファントムキメラに攻撃すればヤツに取り込まれているライドロン…
それに乗っているれんげちゃんたちにまで危害が加わってしまう!
バイオライダーでヤツの侵入も試したが他のファントムの特性の所為かそれも不可能だった…
なんとかしなければ…
一刻も早くこの超次元砲を止めなければ地球が…のんのん村が…だがそれには!?」

れんげ「RX!?」

迂闊にファントムキメラに攻撃を加えることが出来ないRX。
そこへ神官ポーがRXに語りかけてきた。
(ナレーション:正宗一成)


445 : 1 - 2014/05/13 17:59:20.85 Bcc5uI7w0 304/370

神官ポー「まったく、あなた方正義のヒーローとやらはつくづく愚かですね。
地球を救いたいのならその小娘を犠牲にしてファントムキメラを倒して、
この砲台を動かしている噴射装置をさっさと破壊すればいいのです。
ちなみに噴射装置のコントロール装置ですが…それはこのファントムキメラの中に仕掛けてございますけどね。」

RX「なんだって!?」

神官ポー「あのフェニックスという男はどうにも思慮の浅いのが見え見えでしたからね。
このような超次元砲が使えなくなった時に備えてあの男を太陽から救出した時に私が細工を施したのですよ。
いざという時はあの男共々こうして地球に落下させようとね…」

神官ポーの言う事は本当であった。
RXが自らの超視覚であるマクロアイで確認すると確かにファントムキメラの体内にそのコントロール装置があるのが確認された。
だがその部分はライドロンに乗っているれんげたちが捕らわれている場所でもあった!
(ナレーション:正宗一成)


446 : 1 - 2014/05/13 18:00:37.85 Bcc5uI7w0 305/370

神官ポー「予期せぬ偶然とは恐ろしいものですね。
まさか取り込まれた子供がいるところがあの制御装置のある場所だとは…ホホ!
もしその制御装置を破壊すれば既に不死の力を失ったファントムキメラも消滅してこの超次元砲の落下も止まるでしょう。
ですがそこにいるれんげという娘は確実に死ぬ事だけは理解なさい。」

RX「おのれフーマ!許さん!!」

れんげ「RX!ウチに構わずにやるん!」

RX「れんげちゃん!?」

れんげ「ウチ一人が犠牲になれば地球は…村は救われるん!
だからRX…!お願いなん!ウチの大事な人たちがいる村を救ってほしいんな!!」

神官ポー「おやおや、今時我が身を犠牲にするとは幼気な娘だこと!
さて、仮面ライダーBLACKRX。あなたはこの娘の文字通り命懸けのこの願いを聞き入れるのですか?」

確かにれんげの言う通りである。
れんげの命を犠牲にすれば地球は…いやのんのん村が救われるのは間違いないのだろう。
だがRXの返答は…
(ナレーション:正宗一成)


447 : 1 - 2014/05/13 18:03:23.22 Bcc5uI7w0 306/370

神官ポー「まあ!」

れんげ「な…なんでなん!?」

RX「いいかいれんげちゃん!
今この瞬間、キミの事を心配してくれている蛍ちゃんや夏海ちゃんや小鞠ちゃんたちの大切な友達、
それに駄菓子屋さんやお姉さんたちの大事な人たちがいるじゃないか!
キミが死んだりしたらあの人たちはどうなる!?きっと悲しみに暮れてしまうはずだよ…
諦めるんじゃない!こんな時こそ…俺たちヒーローを頼ってくれ!!」

れんげ「で…でも!」

RX「それに俺は前にれんげちゃんに助けてもらった事があるからね…今度は俺がキミを助ける番だ!!」

れんげ「RX…」


448 : 1 - 2014/05/13 18:04:48.60 Bcc5uI7w0 307/370

神官ポー「フフ、やはり正義のヒーローとは愚かですね。
このままこの少女を犠牲にすれば大勢の命が救われたはずなのですがね。
あの銀河連邦警察ですら小数を犠牲にする決断を下したというのに…」

RX「だがそんな事をすれば一人の少女の未来が失われてしまう…
いいか覚えておけ神官ポー!この世に犠牲にしていい命なんて一つも無いんだ!!」

神官ポー「まったく…なんと諦めの悪い男でしょうか…
ですがあなた一人が粋がっていても既にどうする事も出来ないのですよ。」

RX「お前の言う通りだ。
確かに俺一人ではこの状況はどうにもできないだろう…」

神官ポー「ホホホ!」

RX「そうだ…俺…『一人』ならな!!」

れんげ「?」


451 : 1 - 2014/05/13 18:08:54.33 Bcc5uI7w0 308/370



状況は絶望的だ…


超次元砲はその機能を停止したモノの今度はその巨体を利用して地上ののんのん村に落下寸前。


これを阻止するためには超次元砲に設置されている噴射装置の制御装置を停止させねばならないが…


その装置はれんげが取り込まれているファントムキメラの内部に設置されているために迂闊に手を出すことが出来ない。


まさに絶体絶命のピンチ!?


だがしかしその時!まさに………その時であった!!


『その時!!奇跡が起きた!!!!』


(ナレーション:正宗一成)



454 : 1 - 2014/05/13 21:05:18.66 Bcc5uI7w0 309/370



~宇宙~


クビライ『フーマの戦闘機たちよ!ファイブロボを破壊せよ!!』

ファイブレッド「おのれ!クビライ!?」

「イヤァァァァァ!?」

大帝王クビライの指揮で傷つきボロボロになったファイブロボに迫るフーマの戦闘機たち。
だがその時…
(ナレーション:正宗一成)


455 : 1 - 2014/05/13 21:06:12.28 Bcc5uI7w0 310/370



ドンッ!ドンッ!ドンッ!ドッカーン!!


小鞠「キャァァァァ!?………やられちゃった?」

ファイブブルー「いや…ファイブロボは無事だぞ?」

ファイブイエロー「よく見て!やられているのはフーマの戦闘機たちよ!?」

ファイブブラック「一体何がどうなっているんだ?」

どこからともなくやってくる砲撃により瞬く間に破壊されるフーマの戦闘機たち!
その正体は何なのかとファイブロボのコクピットのモニターを最大限に確認するとそこに映っていたのは…!?
(ナレーション:正宗一成)


456 : 1 - 2014/05/13 21:07:22.68 Bcc5uI7w0 311/370

ギャバン「みんなー!無事かー?」

バトルケニア「遅れてすまない!」

デンジブルー「これよりは俺たちも参戦するぜ!」

ゴーカイシルバー「あぁーーー!?あれは地上で戦っていたギャバンさんたちですよ!?
それに彼らが乗っているのは…」


ギャバン「そうだ!ダークギャバンのいない今なら俺たちだって宇宙に行く事が可能だからだ!
行くぞ、電子星獣!ドルーーーーーー!!!!!」


ドルー「「ガアアアアアアアアアアア!!」」


なんとそこに現れたのは!
地上でダークギャバン率いるフーマの怪人たちと戦っていた宇宙刑事ギャバンたちであった!!
彼らはギャバンの強力な味方である電子星獣ドルーに乗ってこの宇宙へ駆けつけてくれたのだ!!
(ナレーション:正宗一成)


457 : 1 - 2014/05/13 21:08:07.92 Bcc5uI7w0 312/370

クビライ『おのれギャバン!ここまで追ってくるとは…』

ギャバン「フーマめ!よくもこんな酷い作戦を考えたモンだな!
だがもう俺は…俺はも二度と花を…!命を踏みつける事は絶対にしないぞ!!
クビライ!今こそお前たちフーマとの戦いに決着を付けてやる!!」

バトルケニア「ギャバン!俺たちも!」

デンジブルー「ヤツとの戦いに付き合うぜ!」

クビライ『バカめ!返り討ちにしてやる!やれ!フーマドルー!!』


フーマドルー「「グガァァァァァァ!!」」


そしてこの宇宙を舞台にギャバン、バトルケニア、デンジブルーの乗る電子星獣ドルーと、
大帝王クビライの魂が憑依したフーマドルーの壮絶な死闘が始まった!
(ナレーション:正宗一成)


458 : 1 - 2014/05/13 21:08:50.33 Bcc5uI7w0 313/370

ファイブレッド「ギャバンたちのドルーとフーマドルーの決戦だ…」

ファイブブルー「この一騎打ち…俺たちが割って入っていいものじゃないな…」

ファイブピンク「フーマドルーとの戦いは彼らに任せましょう!」

夏海「そうだよ!ウチらは早くれんちょんを助けに行かないと!」

ゴーカイシルバー「そうですよれんげちゃんを助けに…って待った!
正面にフーマの戦闘母艦がいますよ!?」

ファイブイエロー「そんな…ファイブロボはボロボロでちょっとまずいかも…」


459 : 1 - 2014/05/13 21:09:51.65 Bcc5uI7w0 314/370



「「おーい!」」


ファイブレッド「何だ?無線が繋がっている?これは…マグマベースからだ!?」

V3『大丈夫かファイブマン!』

アオレンジャー『我々がいる事も忘れるな!』

正木『今からそっちに救援を向かわせる!』

ビッグワン『行くぞ!スターキャリア発進!』

ビッグワンの掛け声と共にマグマベースから発進される宇宙船スターキャリア。
そのスターキャリアから通信が届いた!
(ナレーション:正宗一成)


460 : 1 - 2014/05/13 21:10:36.12 Bcc5uI7w0 315/370

ファイヤー『ファイブマン!私たちも参戦するぞ!』

ファイブレッド「ウインスペクターのファイヤー!あなたが操縦しているのか!?」

ウォルター『人命救助は我々の使命だ!』

バイクル『ワシらも協力させてもらうでね!』

小鞠「やったー!ウインスペクターのみんなが来てくれたよ!」

夏海「やっぱりヒーローは頼りになるなぁ!」

「」コクッ

「先ほど私たちが見たスーパーヒーロー大戦みたいなシチュエーションそのものですね。
まさにスーパーヒーロー大戦N(のんのんびより)とでもいうべきでしょうか…」


461 : 1 - 2014/05/13 21:11:57.98 Bcc5uI7w0 316/370

ファイヤー『変形!スターラウンド!』

ゴーカイシルバー「うおおお!あれはスターファイブですよ!!
いいなぁ…俺もスターファイブに乗りたいよぉ…」

「あぁ…うっせ!?
あとでうちに置いてあるスターファイブとマックスマグマの玩具売ってやるから黙ってろ!」

「この状況でも商売を忘れない駄菓子屋さんの商魂も大したものだと思います。」

ファイヤー『ファイブマン行くぞ!』

ファイブレッド「あぁ!」


ファイブレッドファイヤー「「兄弟ロボフライングアタック!!」」


ドッゴォォォォォォン!


夏海「ファイブロボとスターファイブの合体技だ!」

小鞠「二機の連携技でフーマの戦闘母艦も一撃だよ!」

ゴーカイシルバー「なんという俺得なシチュエーションですか!くぅぅ…もうさっきから興奮が止まりません!!」

「鎧さんはこの状況でも全然ブレないですねぇ…」


462 : 1 - 2014/05/13 21:12:36.53 Bcc5uI7w0 317/370

ファイヤー『ファイブマン!合体するぞ!』

ファイブレッド「了解!」


「「合体!スーパーブラザージョイント!!」」


ファイブブラック「レッグアーマー、OK!」


ファイブブルー「アームカバー、OK!」


ファイブレッド「ヘッドギア、OK!」


「「完成!スーパーファイブロボ!!」」


ファイブロボとウインスペクターたちの乗るスターファイブが合体!スーパーファイブロボの登場だ!!
(ナレーション:正宗一成)


463 : 1 - 2014/05/13 21:13:18.39 Bcc5uI7w0 318/370

ファイヤー「ファイブマン!このまま超次元砲内部に突入しよう!」

ファイブレッド「わかった!」

「けど待ってください!まだ周りにはフーマの戦闘機たちが私たちを取り囲んでいるんですよ!?」

小鞠「本当だ!?」

「まったく鬱陶しいヤツらだな…れんげを助けに行く邪魔すんじゃねえ!」

スーパーファイブロボの進行を妨げるように位置するフーマの戦闘機たち。
だがそこへマグマベースから通信が!
(ナレーション:正宗一成)


464 : 1 - 2014/05/13 21:14:15.57 Bcc5uI7w0 319/370

V3『大丈夫だ!』

アオレンジャー『こいつらの相手は我々がする!』

ビッグワン『キミたちは超次元砲内部へ急ぐんだ!』

ファイブレッド「ですがこのフーマの戦闘機はどうすれば…?」

正木『心配ない!こいつらの相手は我々がする!』


「「えぇっ!?」」


アオレンジャー『よし、アーサーG6!マックスマグマを起動させるぞ!』

アーサーG6『で…でもマックスマグマを起動させるにはスーパーファイブロボと合体させなきゃ…』

ビッグワン『心配ない、大破した豪獣神をスーパーファイブロボの代わりにすればいい!合体!マックスクロス!!』

ビッグワンの掛け声と同時にマグマベースは人型巨大要塞マックスマグマへと姿を変える。
そして本来ならスーパーファイブロボを格納しなければならないのだがそれを大破した豪獣神で取り繕ったのだ!
(ナレーション:正宗一成)


465 : 1 - 2014/05/13 21:15:38.64 Bcc5uI7w0 320/370



「「完成!マックスマグマ!!」」


ゴーカイシルバー「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!
マックスマグマだああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!
登場回数がたった2回しかないあのマックスマグマが俺の目の前にぃぃぃぃぃぃぃ!!」

夏海「そういえばあの玩具メッチャ高いから買えないんだよね。」

小鞠「さすがにアレは私たちもいらないわ…」

「」コクッ

ファイブマン「「………」」

「目の前にその玩具で戦っているヒーローのみなさんがいるというのになんという暴言を…」


466 : 1 - 2014/05/13 21:16:51.61 Bcc5uI7w0 321/370

正木『行くんだファイブマン!ウインスペクター!』

アオレンジャー『キミたちは早くれんげちゃんを助けるんだ!』

ファイブレッド「わかりました!だがもう時間も無い…このまま一気に行くぞ!」

小鞠「でもどうするの?」

ファイブイエロー「これからちょっときついけどみんな我慢してね。」

ファイブブルー「みんなしっかり捉まってろよ!」

「なんでしょうか…嫌な予感が…」


467 : 1 - 2014/05/13 21:17:42.79 Bcc5uI7w0 322/370



「「高速ジェット、ON!スーパーベクトルパンチ!!」」


ゴオオオオオオ!!


ゴーカイシルバー「ウホォォォォォ!
スーパーファイブロボのスーパーベクトルパンチですよ!
両足の高速ジェットで加速して全身のエネルギーを右拳に込めて体ごと相手に飛び込む必殺技だぁぁぁ!!」

小鞠「け…けどこれ…」

夏海「反動が…きついんだけど!?」

「やっぱり嫌な予感が当りました…グエッ…」

スーパーベクトルパンチの加速でそのまま超次元砲に突入していくスーパーファイブロボ。
その後ろではマックスマグマが戦闘態勢に入っていた!
(ナレーション:正宗一成)


468 : 1 - 2014/05/13 21:19:29.82 Bcc5uI7w0 323/370

V3「スーパーファイブロボは行ったようだな。」

アオレンジャー「さあ、我々はこのフーマの戦闘機の後始末をするぞ!」

ビッグワン「一斉砲撃だ、マックスストーム!」


ドーンッ! ドーンッ! ドーンッ!


正木「まだいるな…こうなればマックスマグマ最大の必殺技をお見舞いしてやるか!」


「「必殺!ダイヤモンドマックス!!」」


ドシュゥゥゥゥゥゥ!!!!


ドドドドドドドドドドドドドド!!!!


アーサーG6「スゴイ!大量にいたフーマの戦闘機を一撃だ!」

正木「よーし!我々はここまでだ!」

V3「後は頼んだぞみんな!」

アオレンジャー「れんげちゃんを救い出してくれよ!」

ビッグワン「おっとみんな!まだ敵さんは湧いてくるぞ!我々はここで露払いをするぞ!!」

「「オゥッ!!」」

アーサーG6「ところでこの顔が同じおじさんたちは一体何なんだろ?ウチみたいな四つ子の兄弟??」


469 : 1 - 2014/05/13 21:20:12.92 Bcc5uI7w0 324/370



~超次元砲内部~


((ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ))


れんげ「なんか揺れてるん?」

RX「これは…何かが近付いてくるんだ!」

神官ポー「まさか…」

超次元砲内部に響き渡る振動、その正体は…
(ナレーション:正宗一成)


470 : 1 - 2014/05/13 21:20:53.69 Bcc5uI7w0 325/370



ゴッ!!


RX「あれは…巨大ロボット!?」

れんげ「スーパーファイブロボなん!」

この震動は突入してきたスーパーファイブロボが原因であった!
そしてスーパーファイブロボからファイヤースコードに乗ったファイヤーとホークアローを駆るファイブマンたちが現れた!!
(ナレーション:正宗一成)

RX「みんな!」

ファイブレッド「RX!今こそこの悪魔たちを俺たちスーパーヒーローの力を合わせて戦おう!!」

RX「しかしあのファントムキメラにはれんげちゃんたちが取り込まれたままなんだ…」

ファイブブルー「では迂闊に手は…」


471 : 1 - 2014/05/13 21:22:17.29 Bcc5uI7w0 326/370

ファイヤー「いや大丈夫だ!人命救助のレスキューは我々ウインスペクターに任せてくれ!」

ウォルター「その通り!」

バイクル「ワシらに任せてチョ!」

RX「大丈夫なんだなファイヤー?」

ファイヤー「あぁ!だがチャンスは一回きりだ、それにはキミたちの協力が必要だ!」

ファイブレッド「任せろ!子供の命を守るためなら!」

RX「ああ!俺たちが力を合わせてれんげちゃんを救うんだ!!」

集いし同じ時代を生きる正義のヒーローたち!今こそ力を合わせて小さな命を守るんだ!!
(ナレーション:正宗一成)


472 : 1 - 2014/05/13 21:22:54.72 Bcc5uI7w0 327/370



~宇宙~


ギャバン「「ドル…ファイヤァァァァァァァァァ!!!!」」


クビライ「「フーマドルーファイヤー!!」」


ドルー「「ガァァァァァァァ!!」」


フーマドルー「「グガァァァァァァ!!」」


電子星獣ドルーと悪のフーマドルーとの戦い。
格段にパワーアップしたフーマドルーが圧倒的な戦力差で勝利を確信していたがそうでもなかった…
(ナレーション:正宗一成)


473 : 1 - 2014/05/13 21:23:52.47 Bcc5uI7w0 328/370

クビライ『バカな…フーマドルーのパワーが押されているだと!?
何故だ…性能ならこのフーマドルーの方が圧倒的に有利なはずだぞ…!?』

ギャバン「それは俺たちが正義のスーパーヒーローだからだ!」

バトルケニア「俺たちの戦いは今を夢見て生きる子供たちと!」

デンジブルー「そして俺たちの姿を見て育った大人たちが応援してくれるから!」


「「「俺たちは戦えるんだ!!!」」」


ガカッ!!



フーマドルー「「ガガガガガ!?」」


クビライ『何!?』

ギャバンたちの圧倒的な迫力に押されたフーマドルー。
その隙を見逃さなかったドルーが一気にドルファイヤーで押し出したのだ!!
(ナレーション:正宗一成)


474 : 1 - 2014/05/13 21:24:59.31 Bcc5uI7w0 329/370

ギャバン「今だ!」

バトルケニア「ヤツを倒すぞ!」

デンジブルー「俺たちの力を合わせるんだ!」

ギャバンたちはフーマドルーに止めを刺すべく突進していった!
(ナレーション:正宗一成)

クビライ『動け!フーマドルー!?何故動かぬのだ!?』

先ほどのドルファイヤーのダメージで機能が停止してしまったフーマドルー。
そんな大帝王クビライの下に電子星獣ドルーの頭上に立つギャバン、バトルケニア、デンジブルーの三人の姿があった!
ギャバンはレーザーブレード、バトルケニアはコマンドバット、デンジブルーはデンジスティックを持ち構えていた!!
(ナレーション:正宗一成)


475 : 1 - 2014/05/13 21:25:49.77 Bcc5uI7w0 330/370



バトルケニア「これで最後だ!」


デンジブルー「今こそ!」


ギャバン「三人の力を一つに!行くぞォォォォォ!!」


「「オーバー!ダイナミックーーーーーー!!!!!」」


ズバッ!!


クビライ『な…ナニィィィィィィ!?』


フーマドルー「「ギャァァァァァァァァ!!???」」


一刀両断!
フーマドルーは真っ二つになり宇宙空間で大爆発を起こした!!
(ナレーション:正宗一成)


476 : 1 - 2014/05/13 21:26:50.21 Bcc5uI7w0 331/370



~超次元砲内部~


神官ポー「そんな…お爺様が…」

同じ頃、神官ポーはフーマドルーが大破して祖父の大帝王クビライが負けた事を察知した。
しかし戸惑いつつも神官ポーはこの超次元砲を地球ののんのん村に向けて落下させるのを止めはしなかった…
(ナレーション:正宗一成)

神官ポー「まだ…私がいる!
私がいる限りフーマも…お爺様の復讐も終わりはしない!!」

RX「なんという執念だ!」

ファイヤー「神官ポー!もうやめるんだ!」

ファイブレッド「そうだ!こんな事をして何になるんだ!?」

神官ポー「黙りなさい!
私たちフーマの誇りを汚した正義のヒーローどもめ!絶対に許しは…ムッ?」


477 : 1 - 2014/05/13 21:27:57.93 Bcc5uI7w0 332/370

その時であった!
(ナレーション:正宗一成)


ガシッ!


神官ポー「なっ…巨大な…腕が!?」


神官ポーを巨大な腕が捕まえたのだ!それはスーパーファイブロボの腕であった!
(ナレーション:正宗一成)

ファイブレッド「あれはスーパーファイブロボの腕?誰が操縦しているんだ!?」

スーパーファイブロボのパイロットであるファイブマンは機体から出ており本来なら動かせるはずないのだが…
(ナレーション:正宗一成)


478 : 1 - 2014/05/13 21:29:00.71 Bcc5uI7w0 333/370

夏海「いやー、人生で一度はスーパーヒーローの巨大ロボを動かしてみたいよね!」

小鞠「けど…勝手に動かしていいのかな?」

「」イガイトヨユウダヨ

「え~と…ヒーローのみなさんたち!
私たちが神官ポーを押さえていますからその間にれんちゃんを助けてください!」

「頼むぞ!アンタたちが頼りなんだからな!」

なんとスーパーファイブロボを動かしていたのは蛍たちであった。
子供たちがくれたチャンスを逃すわけにはいかない、今こそスーパーヒーローたちの必殺技を放つ時だ!!
(ナレーション:正宗一成)


479 : 1 - 2014/05/13 21:31:00.94 Bcc5uI7w0 334/370



RX「リボルケイン!」


ファイヤー「ギガストリーマー!マキシムモード!!」


ファイブマン「「ファイブテクター!」」


三大スーパーヒーローたちはそれぞれが必殺武器が構えられた!
RXの光の剣リボルケイン、ファイブマンの強化プロテクターであるファイブテクター、
そしてウインスペクター隊長ファイヤーの最強武器ギガストリーマー、とヒーローたちは各々の最強の必殺技を放った!!
(ナレーション:正宗一成)

480 : 1 - 2014/05/13 21:31:31.47 Bcc5uI7w0 335/370



RX「トゥァッ!!」


ファイヤー「プラズマ光波弾!発射!!」


ファイブマン「「必殺・ファイブテクター!!」」


ファントムキメラ「「ウギャギャギャァァァァァァァァァァ!!??」」


三大ヒーローの必殺技を喰らい残間妻の悲鳴を上げるファントムキメラ!
それは内部に取り込まれているライドロンにも響き始めていた!
(ナレーション:正宗一成)


481 : 1 - 2014/05/13 21:32:57.44 Bcc5uI7w0 336/370

れんげ「ウチ…もう…ダメなんな…最後にみんなに会いたかったのん。」

子供ながらに目を閉じて覚悟を決めるれんげ…
だがれんげが死ぬ事は決してなかった!
(ナレーション:正宗一成)


ガシャンッ!


ファントムキメラが爆発するまさにその直前、ライドロンに二本のワイヤーが投げ込まれた!
それはウインスペクターのウォルターとバイクルだ!
(ナレーション:正宗一成)

バイクル「やったがね!れんげちゃんを捉えたで!」

ウォルター「よし!このまま引っ張り出すぞ!」

れんげ「これはどういう事なん!?」

ウォルター「ファントムキメラが爆発する直前になら無防備になるはずだと思ってね!今引っ張るからね!」

しかしそう簡単にはいかなかった。
ファントムキメラの爆発は凄まじくこのままではバイクルとウォルターも巻き込まれる危険があった!
(ナレーション:正宗一成)


482 : 1 - 2014/05/13 21:33:49.61 Bcc5uI7w0 337/370

バイクル「あかんがなウォルター…このままじゃワシらまで…!?」

ウォルター「ダメだ!死んでも手を離すな!」

バイクル「せめてあと一人助けがおったらなんとかなるんやけど…」

サポートドロイドのバイクルとウォルターですら危険この上ない爆発の衝動!
だがそこへ最後の救援が駆けつけた!
(ナレーション:正宗一成)


483 : 1 - 2014/05/13 21:34:22.86 Bcc5uI7w0 338/370

ゴーカイシルバー「ゴールドモード!!」

ウォルターバイクル「「ゴーカイシルバー!?」」

そこに現れたのはゴーカイシルバーゴールドモードであった!
(ナレーション:正宗一成)

ゴーカイシルバー(G)「俺だってスーパーヒーローの一人ですからね!
パワー全開で行っきますよぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」


ゴーカイシルバー(G)「「ゴーカイレジェンドリーム!!」」


バイクル「ゴーカイシルバーの必殺技で爆発の衝動が抑えられてるがね!」

ウォルター「今の内だ!ライドロンを引っ張り上げるぞ!」

ゴーカイシルバーのおかげでライドロンを引っ張り上げてれんげの救助に成功するバイクルとウォルター。
しかし!?
(ナレーション:正宗一成)


484 : 1 - 2014/05/13 21:36:14.63 Bcc5uI7w0 339/370

クビライ『オノレ…』

ゴーカイシルバー「お前は…大帝王クビライ!?」

神官ポー「お爺様!生きておられたのですね!?
ですが…霊魂のみになってしまってなんと御労しい姿に…」

クビライ『モハヤ…ホトンドノチカラヲウシナッテシマッタ…コウナレバゴーカイシルバー…オマエダケデモミチヅレニシテヤル…』

ゴーカイシルバー「なっ…身体が動けない!?」

クビライ『サイゴノチカラヲフリシボリオマエノカラダヲウゴケナクサセタ、コレデバクフウニマキコマレテオマエダケハシヌノダ!』

ゴーカイシルバー「そんな…こんなとこで死ぬのかよ…!?
けど…子供の命は救えたんだし…よしとするか…!」

自分の命と引き換えにれんげの命を救えた事に満足した鎧は後悔もせずに覚悟を決めた。
そして…
(ナレーション:正宗一成)


485 : 1 - 2014/05/13 21:37:12.97 Bcc5uI7w0 340/370




ドッガァァァァァァァン!!!!



大爆発が起こりゴーカイシルバーは脱出できずにその爆発に巻き込まれてしまった。
(ナレーション:正宗一成)


れんげ「鎧ぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」


バイクル「ゴーカイシルバーが…爆発に巻き込まれてしもうたで!」

ウォルター「なんという事だ…我々が付いていながら…」

そこにれんげを心配してスーパーファイブロボから降りてきた蛍、小鞠、夏海、卓、楓の5人の姿が…
(ナレーション:正宗一成)

「鎧さん…」

夏海「鎧…いいヤツだったのに…」

小鞠「ちょっとヲタクだったけど…私たちにスーパー戦隊の事教えてくれたのに…」

「」コクッ

「れんげ、大丈夫か?」

れんげ「駄菓子屋…ウチは…大丈夫なん。けど鎧がウチを助けるために…」

みんなが爆発の光景を見守る中、ふとある事に気付いた。
(ナレーション:正宗一成)


486 : 1 - 2014/05/13 21:39:07.14 Bcc5uI7w0 341/370

れんげ「あれ?RXはどこ行ったん?」

夏海「そういえばファイブマンもいないね?」

バイクル「隊長もいつの間にかおらんで?」

ウォルター「まさか…!」

「み…みなさん!?見てください!爆発の中から誰か出てきますよ!?」

蛍の言う通りであった。
爆発の中から数人の者たちが傷ついたゴーカイシルバーを抱えて出てきたではないか!
それこそ…
(ナレーション:正宗一成)


487 : 1 - 2014/05/13 21:40:23.24 Bcc5uI7w0 342/370

ゴーカイシルバー「み…みなさん…お手数掛けてすみません…」

「鎧さん!生きてたんですね!?」

RX「ゴーカイシルバー、よく頑張ってくれたな!」

れんげ「RXなん!」

ファイブレッド「まったく無茶しすぎだぞ。」

小鞠「ファイブマンだ!」

ファイヤー「どうやらキミにも立派なレスキュー魂があるようだな!」

ゴーカイシルバー「ハ…ハイ!ゴーゴーファイブのみなさんの大いなる力を受け継いでいますから!
だから心にレスキュー魂もちゃーんとありますよ!」

あの大規模な爆発からゴーカイシルバーを助けたのは、
RX、ファイブマン、それにウインスペクター隊長ファイヤーの三大ヒーローたちであった。
彼らはゴーカイシルバーが爆発に飲み込まれる瞬間にその身を挺してゴーカイシルバーを救ったのだ!!
(ナレーション:正宗一成)


488 : 1 - 2014/05/13 21:41:15.79 Bcc5uI7w0 343/370

クビライ『オノレ…ヒーロードモメ!』

神官ポー「お爺様!ここは一先ずこの場を脱出していずれまた再起を…」

再び身体を失った大帝王クビライの魂と神官ポーはこのドサクサ紛れに逃げようとしていた。
だがそうはいかない!
(ナレーション:正宗一成)

ギャバン「シルバービーム!」

神官ポー「なっ!?」

バトルケニア「おっと、逃がしはしないぜ!」

デンジブルー「俺たちから逃げられると思ったかい?」

そこには先ほど大帝王クビライと激しい一戦を終えたギャバンたちが既に待ち構えていた。
最早二人に逃げ場などはありはしなかった…
(ナレーション:正宗一成)


489 : 1 - 2014/05/13 21:41:48.08 Bcc5uI7w0 344/370

れんげ「ギャバンなん!」

小鞠「よかった!無事だったんだね!」

「じゃあもう後は…」

ギャバン「あぁ、地球へ帰ろう。俺たちの故郷へ…」

そして彼らは地球へ、自分たちの母なる故郷である地球へと帰って行った…
(ナレーション:正宗一成)


490 : 1 - 2014/05/13 21:42:59.20 Bcc5uI7w0 345/370



~のんのん村~


一穂「れんちゃんやみんなはどうしたのかねえ?」

ひかげ「さっきギャバンやV3たちが追いかけて行ったけど…あれから音沙汰ないよね。」

このみ「心配だよね。」

みんなの安否を祈る一穂たち、だが上空を見上げているそこに巨大な物体が現れた!
そう、マグマベースだ!
(ナレーション:正宗一成)


491 : 1 - 2014/05/13 21:43:30.18 Bcc5uI7w0 346/370

このみ「ねえ見て見て!あれって確か駄菓子屋さんに昔から置いてある全然売れない大きな玩具だよね!」

ひかげ「あぁ…そういえばあんなでっかい玩具が私らが小さい頃から駄菓子屋にあったわ…」

一穂「そういえばあの玩具…ウチの小さい頃からあったような…って誰か手を振ってるねぇ。
あれは…」


「「おーい!おーい!」」


このみ「あれって…間違いない!越谷家の子供たちだよ!」

ひかげ「それにれんげや駄菓子屋もいるぞ!」

のんのん村の旭ヶ丘分校の校庭付近に降り立つマグマベース。
そこから子供たちと変身を解いたヒーローたちが次々と降りてきた。
(ナレーション:正宗一成)


492 : 1 - 2014/05/13 21:45:16.74 Bcc5uI7w0 347/370

れんげ「ねえねえ!ただいまなん!」

「うっす先輩、れんげは無事ですから。怪我一つしてませんよ。」

一穂「おぉ、れんちゃんも楓も無事で何よりだね。」

ひかげ「まったく心配かけるなっての!」

夏海「このみちゃん!ウチら越谷兄妹ちょっくら宇宙に行ってきたよ!地球マジで青かったわ!!」

小鞠「それに私たち何気に地球救っちゃったもんね!」

「」コクッ

このみ「うんうん!みんな無事で良かったね!」

「どうでもいいですけど…誰も私の心配してくれないとか…ちょっと寂しい…」

小鞠「蛍、うっすら涙目になってるけど大丈夫?」

「先輩が気に掛けてくれた、それだけで私はもう充分です!」


493 : 1 - 2014/05/13 21:45:59.56 Bcc5uI7w0 348/370

安堵の表情を浮かべる子供たち。
そこへギャバンに捕まった神官ポーと大帝王クビライが…
(ナレーション:正宗一成)

神官ポー「覚えておくがいいわお前たち!」

クビライ『ワレワレハマタイツノヒカヨミガエリオマエタチニフクシュウスルダロウ!』

捨て台詞を吐くフーマの者たち。
しかしそんな彼らに対して一条寺烈は…
(ナレーション:正宗一成)

「フーマよ、今回はある意味お前たちに教わったよ。
俺たちヒーローは何があろうと花を踏みつけてはいけないとな…
だがそれとこれとは話は別だ!」

竜馬「今回お前たちが起こした事件は決して許されるものではない!よって逮捕する!」

ガシャンッ!

手錠を掛けられて拘束される神官ポーと大帝王クビライの魂。
全てが終わったと全員が安堵したその時、上空を見上げると二人の人の影が出現する!
(ナレーション:正宗一成)


494 : 1 - 2014/05/13 21:46:43.10 Bcc5uI7w0 349/370

ボイザー『烈、どうやらもう立ち直ったようだな。』

「ハイ父さん!」

影の正体、一つは一条寺烈の父であるボイザーの魂であった。
そしてもう一つは…
(ナレーション:正宗一成)


495 : 1 - 2014/05/13 21:47:16.74 Bcc5uI7w0 350/370

マジエル『ホッホッホッ、どうやら全てが無事解決したようだねぇ。』

ひかげ「うわっ!?空からでっかい白いお婆ちゃんが現れた!?」

「あれ…?この婆ちゃんどこかで…」

一穂「ヘドリアン女王?」

れんげ「魔女バンドーラさまなん!」

夏海「そうだ!バンドーラさまだよ!」

小鞠「でも前に会った時とは雰囲気がちょっと違う様な…?」

マジエル『ヘドリアン?バンドーラ?一体誰の事だい?まあ地上の者には私の事などわかるわけは…』


496 : 1 - 2014/05/13 21:47:45.05 Bcc5uI7w0 351/370

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」


497 : 1 - 2014/05/13 21:48:26.38 Bcc5uI7w0 352/370

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」


498 : 1 - 2014/05/13 21:49:03.68 Bcc5uI7w0 353/370

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」

「ここここここここここここここここここここここここここここここここここここここ」


499 : 1 - 2014/05/13 21:50:28.71 Bcc5uI7w0 354/370

「この御方は…魔法戦隊マジレンジャーの天空聖界マジトピアの長であられる天空聖者マジエルさまですよ!?」

マジエル『まさか地上の者が私の事を知っておろうとは意外じゃのう…!』

「さすが公式の戦隊ヲタ…」

ボイザー『実は今回こうして魂の存在になった私がお前に語りかけられるのはこちらにおられるマジエルさまのご厚意のおかげなんだ。』

「そうでしたか、ありがとうございますマジエルさま!」

マジエル『フンッ!私は何も知らんぞ!この者が勝手にどうしてもと言うたので渋々のぅ…』

「何だこの人?」

「マジエルさまはツンデレ気味なんですよ!」


500 : 1 - 2014/05/13 21:51:46.00 Bcc5uI7w0 355/370

マジエル『やかましい!それよりも…宇宙刑事ギャバン。どうだね、お前の心の悩みはもう解決したのかい?』

「はい!銀河連邦警察は宇宙の平和を守るためとはいえ超次元砲という兵器を使用した。
それは間違いだった、俺たち宇宙刑事…いや!正義のヒーローは花を…命を踏みつけてはいけなかったのです!!
そんな当たり前な事に気づかせてくれたのがこの子たちでした…」

れんげ「この子たちって…?」

小鞠「もしかして私たちの事?」

夏海「いやぁ、照れますなぁ!」

「」コクッ

「ちょっと感激かも…」


501 : 1 - 2014/05/13 21:52:11.18 Bcc5uI7w0 356/370

「それに当時、俺たちの活躍を見ていてくれた今の若者たちも。
彼らが立派に成長して次の世代の子供たちを守ろうとしてくれている…
俺たちが戦ってきた意味を見出してくれたのかもしれません。」

「立派ねぇ…」

一穂「ちょっと照れくさいねえ…」

ひかげ「二人とも立派な大人とは…ちょっと言い難いけどね。」

このみ「こういう時に野暮な事は言っちゃダメだよ!」


502 : 1 - 2014/05/13 21:52:50.08 Bcc5uI7w0 357/370

「そして今回のピンチに駆けつけてくれた地球のスーパーヒーローたちのみんな。
ありがとう、キミたちが駆けつけなければ一体どうなっていたか…」

風見「ああ、我々スーパーヒーローはこれからも助け合って悪と戦って行こう。」

番場「うむ!仮面ライダー、宇宙刑事、それにスーパー戦隊の誓いの握手を交わそう!」


ガシッ!


一穂「おお!往年のヒーローたちが交わす誓いの握手とか燃えるよねぇ。」

「はい!みなさん元祖ヒーローですからね!!くぅ~!燃えるぜ!!」

「あれ…?
でも風見さんと番場さんはライダーと戦隊の始祖ではないんじゃ…?」

「ま…まあ固い事は言わないで!」

新命「何か解せない気がするが…」


503 : 1 - 2014/05/13 21:54:36.72 Bcc5uI7w0 358/370

それぞれ誓いの握手を交わす元祖ヒーローたち。
それは今現在こののんのん村のTVで活躍するヒーローたちも一緒であった。
(ナレーション:正宗一成)

光太郎「みんな、今回はありがとう。」

「水臭いな光太郎さん、子供たちを守るのは俺たち教師の務めでもあるんだ!」

竜馬「そうさ、我々もまた先輩たちと同じくこれからも協力してこの平和を守って行こう!」

れんげ「光太郎たちも誓いの握手してるん!」

夏海「うおお!ウチらのヒーローたちが友情の握手とか燃えるわ!」

「」コクッ

「やっぱりヒーロー同士の友情っていいですよね。
都会でも最近戦隊とライダーの競演があったと聞きましたけど…」

「烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャルですね!」

こうして戦いは無事終わった。
この自然豊かなのんのん村を守ってくれたスーパーヒーローたちよ、さらば!!
(ナレーション:正宗一成)


504 : 1 - 2014/05/13 22:06:59.28 Bcc5uI7w0 359/370


―――

―――――

―――――――


マジエル『な~んてねぇ!』


「「え?」」


マジエル『まさかお前たち、これで終わりだと思ってはいないだろうね?』


「「終わりじゃないの~!?」」


マジエル『この村の子供たちはまだお前たち地上のスーパーヒーローたちが一斉に集まった光景をまだ見てないんだよ!』

「そういえば…」

小鞠「みんなバラバラに現れたからね。」

夏海「でもどうするのマジエルさま?」

マジエル『決まっておるだろう、スーパーヒーローたちよ。
最後なんだからお前たちが変身して揃った姿を見せてあげたらどうだい?』


505 : 1 - 2014/05/13 22:07:56.52 Bcc5uI7w0 360/370

れんげ「ウチみんなの揃ったとこ見たいのん!」

光太郎「わかったよれんげちゃん!よし、やろうみんな!!」

正木「そうだな、子供たちの夢を叶えるためにも…みんな!頼んだぞ!!」

竜馬「了解!」

バイクル「ウォルター!ワシらも行くでー!」

ウォルター「うむ!」

「先輩たちもどうですか!」

風見「うむ、私たちも望むところだ!」

番場「我々の雄姿、とくとご覧あれ!」

「よーし!行くぜみんな!!」


「「オゥッ!!」」


そしてスーパーヒーローたち全員が変身の掛け声を響かせた!
(ナレーション:正宗一成)


506 : 1 - 2014/05/13 22:09:33.54 Bcc5uI7w0 361/370



風見「変…身…Vスリャァァァァ!!」


光太郎「変……身!!」


新命「Go!!」


番場「ビーッグワン!!」


「フィーバー!!」


青梅「デンジスパーク!!」


、数美、レミ文也「「ファイブマン!!」」


「蒸着!!」


竜馬「着化!!」


新旧ヒーローたちの変身シーン!これに胸を躍らせる子供たちと大人たち!!
(ナレーション:正宗一成)


507 : 1 - 2014/05/13 22:10:16.41 Bcc5uI7w0 362/370

「ヒーローのみなさんたちが次々と変身していきますよ!」

小鞠「変身したヒーローたちが分校の屋根の上に降り立ったよ!」

「うおおおおおおお!!
戦隊ヒーローがゴレンジャーのアオレンジャーを始め、ジャッカー電撃隊のビッグワン!
それにバトルフィーバーJのバトルケニア、デンジマンのデンジブルー!」

「鎧さんは変身しなくていいんでしょうか?」

夏海「仮面ライダーはV3、それにRXだ!」

れんげ「メタルヒーローは宇宙刑事ギャバンに特警ウインスペクターのみんなが揃ってるん!!」

そして旭ヶ丘分校の屋根に降り立ったスーパーヒーローたちは次々と名乗りを上げていく。
見よ!この雄姿を!!
(ナレーション:正宗一成)


508 : 1 - 2014/05/13 22:16:37.59 Bcc5uI7w0 363/370



V3「「仮面ライダーV3!!」」


RX「「俺は太陽の子!仮面ライダーBLACKRX!!」」


アオレンジャー「「秘密戦隊ゴレンジャー!!」」


ビッグワン「「ジャッカー電撃隊!!」」


バトルケニア「「バトルフィーバーJ!!」」


デンジブルー「「電子戦隊デンジマン!!」」


ファイブマン「「地球戦隊ファイブマン!!」」


ギャバン「「宇宙刑事ギャバン!!」」


ファイヤーバイクルウォルター「「特警ウインスペクター!!」」


変身を遂げてそれぞれ名乗りを上げるスーパーヒーローたち!
それはこの場にいる子供たち、いや…当時を知る大人たちにも感動を与えた!!
(ナレーション:正宗一成)


509 : 1 - 2014/05/13 22:17:24.72 Bcc5uI7w0 364/370

れんげ「みんな!カッコいいのん!!」

小鞠「本当だよ!正義のヒーローたちが勢揃いなんて夢の光景だよ!」

夏海「うおー!この村に生まれて良かった!」

「」コクッ

「お…俺も!この村に来なかったら絶対こんな夢のような光景に出会えなかったはず!もう感激です!!」

「私らの懐かしのヒーローまでいるんですよね。」

一穂「時代は変わろうと昔見た憧れのヒーローたちの姿はいつまでも変わらないんだねぇ。」

「憧れのヒーローはいつまでも変わらない…か…それなら…」

こののんのん村の…いや!子供たちの未来を守るために戦った正義のスーパーヒーローたち!!
彼らの活躍によりこの村の平和と子供たちの夢と未来が守られた。
戦士たちよ、ありがとう…!!
(ナレーション:正宗一成)


510 : 1 - 2014/05/13 22:18:34.05 Bcc5uI7w0 365/370



~宇宙~


ゴオオオオオオ!!


地球を後にして超次元高速機ドルギランでバード星の帰路につく一条寺烈。
そんな彼の下に部下の十文字撃から連絡が入った。
(ナレーション:正宗一成)

「隊長、ご無事でしたか?
こっちは全員無事ですよ。救助作業が思ったより捗りましてね。
なんでもギター担いだ風来坊な男が『救助作業は俺が日本一だ!』とか言ってやってくれたんで…」

「撃、全て終わったよ。
なあ撃、今回の事だが俺たち宇宙刑事は全宇宙を守るためとはいえ今回とてつもなく恐ろしい事をしてしまった…
俺は今回の事を踏まえて隊長を辞めようかと…」

「辞めないでくださいよ!」

「…」


511 : 1 - 2014/05/13 22:19:14.92 Bcc5uI7w0 366/370

「宇宙刑事ギャバンの称号は俺と隊長の二人のモノなんです!
あなたにはこれからも宇宙の平和を守ってもらわないと困るんですからね!」

「撃…」

「それとこっちに元宇宙刑事の伊賀電さんと沢村大さんが来てますよ。早く帰ってきてください!」

「電と大が…よーし!待ってろ!超特急で帰るからな!!」

こうして一条寺烈はこれからも宇宙刑事ギャバンとして宇宙の平和を守っていくのだった。
戦え!宇宙刑事ギャバン!!
(ナレーション:正宗一成)


512 : 1 - 2014/05/13 22:21:01.92 Bcc5uI7w0 367/370



後日…


~バス停~


夏海「バスだ~!待って~!?」

れんげ「ウチら朝寝坊してしまったん!」

小鞠「二人とも急いで!バスが出ちゃうよ!?」

「」コクッ

「あの事件から数日後、私はみなさんに仮面ライダー大戦のチケットを渡して、
今日はこれから隣町の映画館に仮面ライダー大戦映画を観に行く事になりました。
あれほど戸惑っていた映画のチケットを何故渡したのかって?
それは私にも思うところがあったのとそれに…」


513 : 1 - 2014/05/13 22:21:54.13 Bcc5uI7w0 368/370

夏海「仮面ライダー大戦!楽しみだね♪」

小鞠「でも私はちょっと悪寒が…また酷い事にならなきゃいいけど…」

「こまちゃん大丈夫なん!またライダー同士で戦いが起きてどうせも実は演技だったとかって事に決まってるん!」

「」コクッ

「簡単に説明すると免疫がついたというべきでしょうか…
あの事件の後、みなさん興奮冷めやらぬので映画のチケットを渡したらみなさん揃って行きたがってしまったので。
それに…」

れんげ「それに大丈夫なん!
どんな困難があろうと正義のヒーローたちは悪の怪人に打ち勝ってくれるに決まっているん!!」

小鞠「そうだね!うん、きっとそうだよ!」


514 : 1 - 2014/05/13 22:22:42.50 Bcc5uI7w0 369/370

夏海「おー!隣町が見えてきたよ!」

「…とどうやら映画館に近付いてきたようです。
さて、映画を観た私たちがどんな感想を語るのかは…それは…いずれまた機会があったらという事で…」

れんげ「みんな!早く映画館に行って仮面ライダー大戦を観るのん!!」


「「おぉー!!」」


お し ま い ♪


515 : 1 - 2014/05/13 22:26:27.69 Bcc5uI7w0 370/370

最後駆け足だったけどこれでこのssはお終いなん。

実を言うとこのssを5月のGW前には仕上げたかったん…

それなのにこの時期にまで伸びるとか…もうライダー大戦の映画は近隣の映画館じゃどこも公開終わってるん!

再来週からキカイダーの映画が始まっちゃうん!

ウチもまさかここまで長くなるとは思わなかったん、長文読みづらくてゴメンな。

記事をツイートする 記事をはてブする