1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 16:55:11.55 BGdl6dzq0 1/21

インデックスがイギリスより給料を貰って美琴より金持ちになり
インデックスが完全記憶能力をフルに生かし美琴より家事万能になり
インデックスが魔術使い放題かつ歩く教会装備になって美琴より前線で戦えるようになり
インデックスが一方通行や浜面経由で美琴よりシスターズや科学サイドと親しくなり
インデックスが上条さんと一つ屋根の下で相思相愛で付き合っていたりと
全てにおいて美琴涙目のSSを誰かお願いします

元スレ
上条「インデックスが本気を出した」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364370911/

3 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 17:09:49.77 UgOM0jnLO 2/21

勝利条件きついな

4 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 17:11:00.74 Gr/4MAiN0 3/21

>>1のおかげで本来のインデックスがどんな立場なのかよくわかった

7 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 17:24:55.86 9NnRnXaO0 4/21

インさんは本気を出したら他のどんなヒロインが束になっても勝てないから、あえて本気をだしていない


んだよ

24 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 18:17:39.15 hA3ekJAM0 5/21

美琴「はぁ?Level5の財力に敵うわけないじゃないwww」

禁書「今はそうだけど将来はわからないかも」

美琴「なにいってんのコイツwww」

禁書「短髪は奨学金で現在の財力をキープしてるけど私は禁書目録として『働いて』稼いでいるんだよ。それに公務員みたいなものな上に私にしか出来ないことだからクビはないんだよ。対して短髪はどうかな?数年後も今の財力を保てるのかな?」

美琴「ぐぬぬ……」

29 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 18:24:41.09 nWsJlSXc0 6/21

>>24
学園都市の能力者って大人になったらマジでどうなるんだろうな

42 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 18:56:48.15 hA3ekJAM0 7/21

>>24続き

美琴「だ、だったら料理で勝負よ!」

禁書「私に食べ物に関して勝負を挑むとはいい度胸かも」

美琴「はぁ?食ってばかりのクソシスターに常盤台で専門の講師に習ってるこの私が負けるわけないじゃないwww」

禁書「むっ、完全記憶能力を使えば一度食べた味は忘れないし、原典を解析するのに比べたら料理の解析、再現なんてよゆーなんだよ!こないだなんてとうまに満漢全席を作ってあげたんだから!」

美琴「ま、満漢全席!?」

禁書「ふっふーん」ドヤァ

美琴(ま、まぁどうせこのチビの妄言だろうけれどこの自信……料理の勝負はやめた方がいいかしら?それにしても言うに事欠いてあいつに作ってあげたですって?ほんとーにムカつくわコイツ)バチバチ

53 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 19:56:17.57 dxuVFj6P0 8/21

大事なことを忘れているぜ。いくら知識があっても技術がなければ何もならないんだ

つまりインデックスさんに魚が捌けるとは思えないしフライパンを振るえるとも思えない。わかっていてもそれを実行するには経験と技術が必要なんだ

結論として指に絆創膏巻いて涙目で料理を差し出すインデックスさんが最強ってことですはい

52 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 19:49:51.45 hA3ekJAM0 9/21

>>42続き

美琴「料理での勝負はやめよ!直接の勝負にしましょ」バチバチ

禁書「えっ」

美琴「なに?逃げるの?ならあいつのことは諦めることねwww」

禁書「むぅ、その勝負乗ったんだよ!」

美琴(まぁどうせすぐ泣いて逃げるだろうけれどそうわいかないわ!なんの能力も使えないゴミクズなんて消し炭にしてやるんだから!)

美琴「まずはその真っ白な修道服もどきを真っ黒にしてやるわ!」バチィ

59 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 20:12:40.15 hA3ekJAM0 10/21

>>52続き

禁書「ふっふーん」パキィーン

美琴「なっ!無傷!?」

禁書「その程度の攻撃じゃこの『歩く教会』は破れないんだよ」

美琴「何よそれ、何なのよそれ!私の、この第3位の力がこのクソチビまでも効かないなんてありえない!」ワナワナ

美琴「な、なら私の最大出力!これならどうだぁぁぁっ!」轟ッ

……モクモク

美琴「やったか!?」


禁書「どうやら短髪は私を殺す気できてるようだね。なら私も本気で相手をするんだよ」

美琴(なっ!?あの攻撃でも生きてる!?で、でもチビガキがどんな未知の攻撃をしても私の電磁波レーダーなら対処できるはず!)

67 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 20:22:54.57 hA3ekJAM0 11/21

>>59続き

禁書「第二十九章第三十三節。『ペクスヂャルヴァの深紅石』――――完全発動まで七秒」

美琴「くるっ!正面!?いや上から!?」

禁書「下からなんだよ」

…ゾゾゾゾゾゾ

美琴「ぐぎゃぁぁぁぁっ!!、あ、足がぁ!!」

禁書「可哀想だから手加減してあげたんだよ」

69 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 20:39:27.28 hA3ekJAM0 12/21

美琴「ぜぇ…ぜぇ…ぜぇ…」

禁書「これは私の勝ちでいいのかな?」

美琴「ま、まだよ!私一人ではかなわなくても私には強力な仲間がいるんだから!」

禁書「それで?」

美琴「さ、三十分後にもう一度こんどは団体戦で勝負よ!言っとくけど公平にするためにもあいつを仲間にってのはなしだからね」

禁書「わかったんだよ、人数はどうするの?」

72 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 20:46:22.72 hA3ekJAM0 13/21

美琴「そうね3体3で勝負よ!」

禁書「わかったんだよ、ちょっと電話してくるんだよ」スタスタ

美琴(3体3にして正解ね、初春さんと佐天さんじゃ戦力外すぎて盾にしかならないし。ここは予定通り黒子と混合さんを呼ぶとしましょ。……あれ金剛さんだっけ?ま、どっちでもいっか)

~30分後~

黒子「お、お姉様どうしたんですの?」

婚后「み、御坂さんお顔がすぐれないようですが……」

美琴「な、なんでアンタたちがクソチビの助っ人にくるのよ!?」ワナワナ

一方通行「あ?特に理由はねェな、ただのヒマツブシだ」

未現物質「私は打ち止めさんたちに付き添いに行ってあげて、と頼まれてしまいまして」


禁書「さぁ勝負なんだよ!」

美琴「いやこれムリでしょ!」

終わり

これ以上続けられん

78 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 21:03:24.90 5siBFTlJ0 14/21

>>72
いい感じにインさんが無双しててワロタ
呼ぶなら神裂さんとケンティウスさんじゃないのかw

54 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 19:58:25.08 JdkrTrAl0 15/21

みことは格下相手に喧嘩売るほどクズじゃないぞ

80 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 21:07:54.44 yLWeIb2e0 16/21

>>54
一巻で思いっきりやってましたがな

111 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 22:52:28.16 hA3ekJAM0 17/21

>>72から続き

上条「一体なんの騒ぎだ?」

禁書「あ、とうま!」

美琴「あ~!アンタ!」

一方通行「よォ、もう買い物は済ませたのか?」

未現物質「すいません、ちょっと呼び出されてしまいまして」

上条「おお!ばっちしだ。でも大変だったんだぞ!途中で不良にからまれるわ、転ぶわ、そもそもなんで主役の俺が買い物なんて」ブツブツ

115 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 22:57:38.75 hA3ekJAM0 18/21

一方通行「いいからさっさと先帰れ、おめェがいねェと始まるもンも始まらねェ。オレ達ももうすぐ帰る」

上条「おっとそうだな、みんなを待たせると悪いし。…それで一体何があったんだ?」

禁書「短髪がいきなりケンカをふっかけて来たんだよ!」

上条「美琴が?なんでまた」

禁書「短髪によると『私の方が人気あるのにあいつの隣にーー」

美琴「わー!わー!もう終わったことだから!はいっ!これで解散!」

上条「?」

116 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 23:02:03.56 hA3ekJAM0 19/21

上条「まぁいいや、インデックスお前も主役なんだから早く行こうぜ」

禁書「わかったんだよ、じゃあね短髪」スタスタ

上条「またな!美琴」スタスタ

未現物質「では、しつれいします」スタスタ

一方通行「ふン」スタ…

美琴「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」

一方通行「あン?」

117 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 23:08:16.10 hA3ekJAM0 20/21

美琴「学園都市トップ2を引き連れて一体何しようとしてるのよ!」

一方通行「ただのパーティだが?ちなみにオマエ以外のLevel5は全員出席してるンだがな。おっとこれは秘密だったか」

美琴「な、なんのパーティだか知らないけれどなんでこの私が呼ばれてないのよ!」

一方通行「だってオマエ、あのシスターのこと良く思ってねェだろォ?他の奴らは親切でオマエをよばなかったよォだがな」

美琴「な、なんでそこでクソチビが出てくるのよ!」

一方通行「……」

美琴「いいなさいよ!」

120 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2013/03/27(水) 23:13:08.05 hA3ekJAM0 21/21

一方通行「…あのシスターと上条の婚約記念パーティーなンだが、オマエ来るか?」

美琴「」

一方通行「まァ、気を確かにな」スタスタ

美琴「」

美琴「」

黒子「…私たち空気ですの」

婚后「…そうですわね」

黒子「…これから二人で何か美味しいものでも食べに行きません?」スタスタ

婚后「…いいですわね」スタスタ

美琴「」

美琴「」グスン

終わり

これで>>1のやつは一応全部やった

記事をツイートする 記事をはてブする