1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:02:20.09 UH/I3NDjO 1/264

チュンチュン

ほむら「すぅ…すぅ…」

ほむら「ん…」ゴロン

ほむら「すぅ…すぅ…」

ピピピピピ

ほむら「ん…んん…」ボチッ

ほむら「…すぅ」



※関連記事
まどか「ほむほむめがほむ!」
ほむら「私からのプレゼント」
ほむら「さよならなんてあるわけない」

元スレ
ほむら「妹のいる世界」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1319364140/

2 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:05:08.62 UH/I3NDjO 2/264

ほむか「お姉ちゃん、朝だよ?」

ほむら「ん…」モゾモゾ

ほむか「早く起きないと遅刻しちゃうよ?」

ほむら「もうちょっと…」ゴロン

ほむか「もう…」

ほむら「ん…」



5 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:08:10.59 UH/I3NDjO 3/264

ほむか「おーきろー!」バッ

ほむら「きゃっ?」

ほむら「さ…さむい」プルプル

ほむか「おはよう、お姉ちゃん」

ほむら「…おはよう」

ほむか「ほら、顔洗ってきて?」

ほむら「…ええ」

ほむか「私は朝ごはん用意しとくから」

ほむら「わかったわ」



8 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:12:07.85 UH/I3NDjO 4/264

『てぃひひ』

『みんなの友達には瓜二つのふたごっているかな?』

『私にはいるよ』

『暁美ほむら』

『暁美ほむか』

『仲良し姉妹がね』

『その2人の生活が見れたらそれはとっても嬉しいなって』

『私はそう思うんだ』

『今回はその2人の日常を私と一緒に見てみようよ』


9 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:15:08.78 UH/I3NDjO 5/264

まどか「ほむほむめがほむ!」
http://blog.livedoor.jp/ayamevip/archives/12818503.html

ほむら「私からのプレゼント」
http://blog.livedoor.jp/ayamevip/archives/12819111.html

ほむら「さよならなんてあるわけない」
http://blog.livedoor.jp/ayamevip/archives/12801775.html


10 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:18:11.79 UH/I3NDjO 6/264

ほむら「ふわぁっ…」

ほむら「んーっ…」

ほむら「ふぅ…」

ほむら「どうも朝は弱いのよね」

ほむら「結局毎日ほむかに起こされてるし…」

ほむら「姉の私がしっかりしなきゃいけないのにね」

ほむら「ほむぅ…」

13 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:22:06.82 UH/I3NDjO 7/264

ほむら「…」パシャパシャ

ほむら「…」フキフキ

ほむら「…よし!」パチンッ

ほむら「今日こそは私が姉らしくしてみせるわ!」

ほむら「おまたせ、ほむか」

ほむか「うん、食べようよ」

ほむら「ええ」

ほむか「お姉ちゃんギリギリまで寝てるんだもん」

ほむか「また遅刻しちゃうよ?」

15 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:26:05.17 UH/I3NDjO 8/264

ほむら「ご、ごめん…」

ほむか「鹿目さんにまで迷惑かけてるんだからね?」

ほむら「え、ええ…」

ほむか「目覚まし時計もう1つ買う?」

ほむか「1つじゃお姉ちゃん起きないでしょ」

ほむら「だ、大丈夫よ!起きれるわ…!」

ほむか「ふぅーん…」

17 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:30:06.80 UH/I3NDjO 9/264

ほむら「なによ…もぅ」

ほむか「じゃあ明日は私起こさないからね?」

ほむら「…わかったわ」

ほむか「ほんとだよ?」

ほむら「ええ」

ほむか「遅刻しても知らないからね?」

ほむら「え…ええ」

ほむか「そう…それじゃ早く食べないと、鹿目さん来ちゃうよ?」

ほむら「そうね…」

18 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:35:08.35 UH/I3NDjO 10/264

ほむか「鹿目さんも毎朝待っててくれて助かるよ」

ほむら「…ねえ、ほむか」

ほむか「なに?」

ほむら「あなた、まだ本人の前でしか『まどかちゃん』って呼べないの?」

ほむか「…うん」

ほむら「なんで?」

ほむか「私…ずっと名字呼びだったから、まだ慣れてないんだ」

ほむか「でも、せめて鹿目さんだけは慣れないといけないんだけど…」

ほむら「そう…」

ほむか「そんなことより早く食べないと!」

21 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:40:09.22 UH/I3NDjO 11/264

ピンポーン

ほむら「あっ…」

ほむか「ほら、来ちゃった」

ほむら「仕方ないわ…今日はこのくらいにして…」

ほむか「うん、もう行かないとね」

ほむら「ええ」

ガチャッ

ほむら「ごめんね、まどか待たせちゃって」

まどか「ううん、いいよ」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 19:45:05.83 UH/I3NDjO 12/264

まどか「おはよう、ほむらちゃん!」

ほむら「おはよう、まどか!」

ほむか「まどかちゃん、おはよう!」

まどか「おはよう!」

まどか「それじゃ行こっ?」

ほむら「ええ」

ほむか「うん」

29 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:00:04.59 UH/I3NDjO 13/264

ほむか「ねえ、まどかちゃん」

まどか「なに?」

ほむか「お姉ちゃん毎朝なかなか起きないんだけど…どうしたらいいのかな?」

ほむら「ほ、ほむか!」

まどか「んー…ほむらちゃんは朝に弱いからね」

ほむか「そうだよね」

ほむら「もぅ…仕方ないでしょ!」

まどか「てぃひひ!」

31 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:05:06.79 UH/I3NDjO 14/264

ほむら「どうしても朝は弱いのよ…」

ほむか「それはわかるけど」

まどか「うーん…」

まどか「そうだ!」

ほむら「ほむ?」

ほむか「ほむ?」

まどか「私が毎朝モーニングコールするよ!」

33 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:10:07.77 UH/I3NDjO 15/264

ほむら「えっ?」

ほむか「そっか、まどかちゃんの声を聞けば起きるかも!」

まどか「うん!」

ほむら「まどかの…モーニングコール?」

まどか「あれ?…も、もしかして嫌…だったかな?」

ほむら「い、いえ!そんなわけないわ!」

ほむか「うんうん」

まどか「そ、そうかな…?」

35 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:15:11.43 UH/I3NDjO 16/264

ほむら「ええ!」

ほむか「だってお姉ちゃんだもん」クスッ

まどか「てぃひひ…ちょっと照れるな」

まどか「じゃあ明日からするね?」

ほむら「うん!」

ほむか「ふふっ」

マミ「…」テクテク

37 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:20:11.21 UH/I3NDjO 17/264

ほむか「あっ!」タタッ

ほむら「あら?あそこにいるの…」

まどか「マミさんだね」

ほむか「マミさんっ!」

マミ「?」

ほむか「マミさん、おはようございます!」

マミ「あっ!ほむかちゃん、おはよう!」

まどか「ほむかちゃん走っていっちゃったね」

ほむら「ええ、あの子マミに憧れてるみたいだし」

38 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:25:04.80 UH/I3NDjO 18/264

ほむか「マミさん、この時間に登校なんて珍しいですね」

マミ「今日は二度寝しちゃって…お母さんがいなかったら遅刻してたわ」

ほむか「へぇ…マミさんも朝弱いんですか?」

マミ「そうね…特別弱いってわけじゃないけど、昨日は夜更かししちゃってね?」

ほむか「何かしてたんですか?」

マミ「ううん、ただ眠れなかっただけよ」

39 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:30:08.79 UH/I3NDjO 19/264

まどか「マミさん、おはようございます」

ほむら「おはよう」

マミ「鹿目さん、ほむらさん、おはよう」

マミ「今日も3人で登校してたの?」

ほむか「はいっ!」

マミ「そう、相変わらず仲が良いのね!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「そうね」

41 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:35:16.98 UH/I3NDjO 20/264

マミ「でももう少し早く行かなきゃダメよ?」

マミ「いつも遅刻ギリギリでしょ?」

まどか「てぃひひ…そうですね」

ほむか「お姉ちゃんが早く起きないから…」

ほむら「べ、別に遅刻したことないしいいでしょ!」

マミ「ダメよ、余裕をもって行動しないと」

ほむら「ほむっ…!」

ほむか「マミさんの言う通りだよ、お姉ちゃん」

43 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:40:08.41 UH/I3NDjO 21/264

ほむら「まどか…」

まどか「ごめんね、ほむらちゃん」

ほむら「えっ?」

まどか「私も…マミさんと同じ意見…かな?」

ほむら「そ、そんな…」

ほむか「ほら、言ったでしょ?」

ほむら「うぅ…」

マミ「ふふっ」

46 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 20:45:04.10 UH/I3NDjO 22/264

まどか「だからね、ほむらちゃん」

ほむら「…」

まどか「明日からは早起きできるよう頑張ろう?」

ほむら「まどか…」

ほむか「そうだよ、明日から早起きできれば良いよ」

ほむら「…そうね」

ほむら「うん…明日からは頑張るわ!」

マミ「がんばってね」

ほむら「ええ!」

51 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:00:05.37 UH/I3NDjO 23/264

まどか「その意気だよ、ほむらちゃん!」

ほむら「うん!」

まどか「私も…」

ほむか「あっ!」

ほむら「?」ホムッ

マミ「どうしたの?」

ほむか「もう時間がないよ!急がないと…」

マミ「あっ、本当だわ!」

まどか「走らないと間に合わないかな?」

ほむら「そ、そうね…!」

54 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:05:10.18 UH/I3NDjO 24/264

ほむか「はぁっ…はぁっ…」

ほむら「ま、間に合った…」

まどか「あ、危なかったね」

マミ「ええ…久々に朝から走ったわ」

ほむか「はぁ…はぁ…」

ほむら「ほむか、大丈夫?」

ほむか「う…うん…」

まどか「ほむかちゃん…」

ほむか「ご、ごめんなさい…」

55 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:10:06.56 UH/I3NDjO 25/264

ほむか「わ…私…走るの苦手だから…」

ほむら「いえ、私が起きるのが遅いのがいけないから…」

ほむか「それは…関係ないよ…」

マミ「ねえ、ほむかちゃん」

ほむか「はい…」

マミ「よかったら私とランニングしない?」

ほむか「えっ…?」

マミ「私、放課後ランニングしてるのよ」

57 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:15:07.44 UH/I3NDjO 26/264

ほむら「なんで?」

マミ「えっ?」

まどか「?」

マミ「えと…ちょっとね」

ほむか「…!」

マミ「その…」

ほむら「どうしたの?」

マミ「さ…最近、その…」

ほむか「わかりました!私も一緒に走ってもいいですか?」

59 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:20:07.23 UH/I3NDjO 27/264

マミ「う…うん!」

ほむか「ほら、急がないと間に合いませんよ?」

マミ「そ、そうね!それじゃあ私はこっちだから!」

ほむか「はい!」

ほむら「?」

まどか「?」

ほむか「私たちも急ごうよ」

まどか「えっ…うん!」

ほむら「そうね…」

61 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:25:07.39 UH/I3NDjO 28/264

杏子「くー…」

さやか「ちょっと杏子!そろそろ起きなよ!」

杏子「ん…?」

さやか「そろそろホームルーム始まるよ?」

杏子「ふわっ…もうそんな時間か」

さやか「せっかく早く学校来たのに寝てたら意味ないじゃん」

杏子「眠いんだからしょうがないだろー?」

63 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:30:06.53 UH/I3NDjO 29/264

さやか「もぉ…」

杏子「あれ?まだあいつら来てないのか?」

さやか「ん?あぁ…まどか達まだ来てないんだ」

さやか「いつもホームルームの5分前ギリギリだけど…」

杏子「あと2分くらいしかないぞ?」

さやか「こりゃいよいよ遅刻だね!」

杏子「いつかはすると思ってたよな」

65 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:35:08.85 UH/I3NDjO 30/264

まどか「せ、セーフ!」

ほむら「間に合った…わね」

ほむか「はぁ…はぁ…」

杏子「ん?間に合ったか」

さやか「遅刻予備軍三人組!」

まどか「おはよう…さやかちゃを、杏子ちゃん」

さやか「おはよ!」

杏子「よっす」

67 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:40:04.22 UH/I3NDjO 31/264

さやか「ってまどか…噛んでる噛んでる」

まどか「えっ?うそ?」

杏子「『おはよう…さやかちゃを、杏子ちゃん』」

まどか「あ…」

さやか「あはは!そんなに急いでくるからだよ!」

まどか「うぅ…」

ほむら「まどかは悪くないわ!」

まどか「ほむらちゃん…」



70 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 21:45:05.92 UH/I3NDjO 32/264

ほむら「私が…」

さやか「はいはい、わかってるって」

ほむら「ほむっ…!」

ほむか「おはよう、美樹さん、佐倉さん」

ほむら「…おはよう」

さやか「おはよう、双子さん!」

杏子「おはよ、遅刻予備軍さん」

75 : >>71ありがとう[] - 2011/10/23 22:00:05.93 UH/I3NDjO 33/264

ほむら「ほむぅ…」

仁美「もうすぐ先生が来ますよ」

まどか「あっ…席につかなきゃ」

ほむか「ほら、お姉ちゃんも」

ほむら「…うん」

ガラッ

和子「おはようございます、ほら席について」


77 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:05:07.10 UH/I3NDjO 34/264

キーンコーンカーンコーン

さやか「ふー、やっと昼休みだわ」

杏子「飯食おうぜ」

さやか「うん」

まどか「ほむらちゃん、ほむかちゃん、食べよっ!」

ほむら「ええ」ガサガサ

ほむか「うん」ゴソゴソ

ほむら「…」

ほむか「…」

78 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:10:07.35 UH/I3NDjO 35/264

まどか「どうしたの?」

ほむら「…」

ほむか「えへへ、お弁当もってくるの忘れちゃった」

ほむら「…私も」

さやか「どうせ朝バタバタしてて忘れたんでしょ?」

杏子「購買行く?私は行くけど」
ほむら「そうね」

ほむか「そうしよっか」

81 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:15:06.73 UH/I3NDjO 36/264

まどか「なら私も行くよ!」

さやか「私も」

ほむら「ごめんね、まどか」

まどか「ううん、いいよっ」

さやか「私は?」

ほむら「さやかは杏子と一緒にいたいだけでしょ?」

杏子「え?」

さやか「そ…それは…」

杏子「?」

ほむか「ふふっ」

83 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:20:06.69 UH/I3NDjO 37/264

杏子「私がどうかしたか?さやか」

さやか「な、何でもないわよ!」

杏子「?なら行こうぜ」

さやか「う…うん!」

まどか「さやかちゃん、なかなか素直にならないね」ボソッ

ほむら「ほんとよ、気付かない杏子も杏子だけど」ボソッ

ほむか「お姉ちゃんとまどかちゃんみたいに堂々といちゃいちゃしてる方が珍しいけどね」



86 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:25:07.88 UH/I3NDjO 38/264

さやか「…」

杏子「?」

さやか「ほ、ほら、行こ!」

杏子「ああ、おーい、行くぞー!」

ほむか「うんっ!」

まどか「まってー、行こうよ、ほむらちゃん」

ほむら「ええ」


88 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:30:05.87 UH/I3NDjO 39/264

杏子「えーと、私はこれとこれと…」

ほむら「ほむ…」

ほむか「お姉ちゃんはどれにする?」

ほむら「これとこれ…どっちにしようかしら…」

ほむか「んー…なら私がこれ買うからお姉ちゃんはこっちを買って?」

ほむら「えっ?」



89 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:35:05.26 UH/I3NDjO 40/264

ほむか「二人ではんぶんこしようよ、ね?」

ほむら「…うん、そうね!」

さやか「相変わらずの仲良し姉妹だねぇ」

まどか「てぃひひ!」

さやか「ね、まどか」

まどか「うん?」

さやか「あの二人って喧嘩とかするのかな?」

まどか「えぇ…うーん…」

91 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:40:07.59 UH/I3NDjO 41/264

さやか「想像できない?」

まどか「…うん」

さやか「やっぱり?私も」

まどか「だってあんなに仲が良いんだもん」

さやか「そうね」

まどか「時々羨ましく思っちゃうよ」

さやか「えっ?まどかが?」

まどか「…うん」

93 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 22:45:06.14 UH/I3NDjO 42/264

さやか「なんで?まどかも親友どころかほむらの恋人でしょ?」

まどか「うん…そうなんだけどね」

まどか「ほむらちゃんとほむかちゃんには、私でも入れない世界があるように思えてね」

まどか「ちょっと羨ましいなって、思っちゃうんだ」

さやか「…」

まどか「へ、変かな?」

さやか「いや…意外と欲張りだね」

まどか「…てぃひひ」

98 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:00:06.92 UH/I3NDjO 43/264

杏子「おまたせ!」

さやか「ううん、待ってないよ!」

杏子「そうか?なら今日はどこで食う?」

さやか「屋上行こうよ!」

杏子「わかった」

ほむら「ほむか、ありがとう」

ほむか「ううん、私もそれ食べたかったから」

まどか「私たちも行こうよ」

100 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:05:07.49 UH/I3NDjO 44/264

ほむら「そうね!」

ほむか「うん!」

さやか「杏子、何買ったの?」

杏子「ん?これだよ」

さやか「へぇ…おいしそう!」

杏子「なら…ほら、食うかい?」

さやか「えっ、いいの?」

杏子「ああ」

さやか「でも悪いよ、杏子のだし」

102 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:10:07.14 UH/I3NDjO 45/264

杏子「なら私の食べかけでいいならやるよ」

さやか「ほ、ほんとっ!?」

杏子「え?うん」

さやか「ありがとっ!杏子!」

杏子「…そんなに食いたいなら全部…」

さやか「いや、それは大丈夫だから!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「ほんと、わかりやすいわね」

ほむか「ふふっ」

マミ「…」

104 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:15:05.10 UH/I3NDjO 46/264

ほむか「あっ…」

ほむら「ほむっ?」

ほむか「マミさんだ!」

まどか「何してるのかな?」


マミ「…」オロオロ

マミ(どうしよう…一人で食べるのって恥ずかしいよ…)

マミ(どこか誰にも見られない場所探さないと…)

マミ「うぅ…」

106 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:20:05.84 UH/I3NDjO 47/264

ほむか「マミさんっ」

マミ「あ…」

ほむか「マミさん、どうしたんですか?」

マミ「ほむかちゃん…」

まどか「マミさーん」

ほむら「何をそんな挙動不審に…」

マミ「あ…それは、ね…?」サッ

ほむか「!」

107 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:25:13.41 UH/I3NDjO 48/264

ほむか(マミさん…お弁当隠した…よね)

ほむか(トイレの前…)

ほむか(…)

マミ「な、何でもないから!みんなは今からお昼なんでしょ?」

ほむら「ええ」

まどか「今からみんなで屋上に行くところなんですよ」

杏子「おい、行かないのか?」

さやか「あっ、マミさん」

109 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:30:07.52 UH/I3NDjO 49/264

マミ「ほら、みんなは行きなさい?」

まどか「あっ…はい」

ほむら「そうするわ」

マミ「…」

ほむか「マミさん!」

マミ「ほむかちゃん、あなたも早く…」

ほむか「私、マミさんと一緒に食べたいんですけど…」

マミ「えっ」

ほむか「マミさんはもう食べましたか?まだならこれから私たちと…」

112 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:35:06.92 UH/I3NDjO 50/264

マミ「あ…えっと…」

ほむか「だめ…ですか?」

マミ「い、いえ!私もまだ食べてないわ!」

ほむか「なら、私たちと一緒に食べましょうよ!」

マミ「…うんっ!」

ほむか「みんな、マミさんも一緒に食べるって!」

まどか「マミさんと?久しぶりですね!」

ほむら「最近は一緒に食べる機会はなかったわね」

114 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:40:06.65 UH/I3NDjO 51/264

杏子「おーい、置いてくぞー」

さやか「マミさんも早く早く!」

マミ「え、ええ!」

ほむか「マミさん、行きましょうよ!」

マミ「うん!」

まどか「私たちも行こうよ、ほむらちゃん」

ほむら「ええ!」

117 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/23 23:45:07.65 UH/I3NDjO 52/264

杏子「結構時間くっちまったな」

さやか「早く食べようよ!」

マミ「ごめんね、私のせいで…」

まどか「そんなことないですよっ」

ほむら「はい、ほむか」

ほむか「はい、お姉ちゃん」

ほむら「ふふっ」

ほむか「えへへ」

122 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:00:05.60 smRc6zV8O 53/264

ほむか「おいしいね!」

ほむら「うん!」

ほむか「私これ好きなんだ!」

ほむら「私もよ?」

ほむら「でも私はやっぱりこっちの方が好きかな」

ほむか「えーっ、そっちよりこっちの方がおいしいよ!」

ほむら「こっちが」

ほむか「こっちだよ」

ほむら「ほむむ…」

ほむか「ほむむ…」

124 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:05:07.41 smRc6zV8O 54/264

ほむら「…」

ほむか「…」

ほむら「ふふっ」

ほむか「えへへ」

ほむら「どっちもおいしいわね!」

ほむか「そうだね!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「ほむっ?」

ほむか「ほむっ?」

126 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:10:03.96 smRc6zV8O 55/264

ほむら「どうしたの、まどか?」

ほむか「どうしたの、まどかちゃん?」

まどか「ううん、やっぱり二人が喧嘩するところなんて考えられないなって」

マミ「そうね」

ほむら「まあ…」

ほむか「そうだね」

まどか「二人は絶対に喧嘩よ!」

129 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:15:06.65 smRc6zV8O 56/264

まどか「あ…!」

ほむら「えっ?」

ほむか「まどかちゃん?」

マミ「どうしたの、鹿目さん…?」

まどか「てぃひひ…また間違えちゃった」

ほむら「ふふ、まどか、そんかに焦らなくてもいいのよ?」

ほむか「そうだよっ」

まどか「ご、ごめんね」

130 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:20:04.75 smRc6zV8O 57/264

まどか「その、二人は絶対に喧嘩しないよ!」

まどか「って言いたかったんだけど…ね?」

ほむら「そうなの」クスッ

ほむか「私とお姉ちゃんに喧嘩させたいのかと思ったよ」クスッ

マミ「私もよ」

まどか「てぃひひ…」

マミ「でも、喧嘩するほど仲が良いともいうけどね」

まどか「さやかちゃんと杏子ちゃんのことですね!」

133 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:25:08.04 smRc6zV8O 58/264

まどか「でも、ほむらちゃんと、ほむかちゃんの場合は…」

まどか「喧嘩する必要がないほど仲が良い…」

まどか「って言うのかな?」

マミ「そうかもね」

ほむら「そういえば喧嘩らしい喧嘩はしたことないわね…」

ほむか「そうだね…なかった…うん」

マミ「それは良いことよ!」

135 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:30:01.04 smRc6zV8O 59/264

杏子「あいつら4人で盛り上がってるな」

さやか「私たちもいるのにね」

杏子「まぁいいか」

さやか「そうね、私たちは私たちで盛り上がろっか」

杏子「盛り上がるってもなぁ…」

さやか「う…」

杏子「あ、そうだ…ほら、食うかい?」

さやか「あっ!うん!ありがとっ!」

138 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:34:58.49 smRc6zV8O 60/264

さやか(やったー!)

杏子「間接キスになるけど気にすんなよ?」

さやか「へ?」

杏子「いや、私の食いかけだからさ」

さやか「そ…そうか…そうよね…!」

杏子「嫌なら別に食べなくてもいいぞ?私が食うからさ」

さやか「いや!食べる!食べます!」

杏子「そっか」

さやか「いただきますっ!」

142 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:40:03.35 smRc6zV8O 61/264

杏子「うまい?」

さやか「うんっ!」

杏子「へへっ、それ私のお気に入りだからな」

さやか「あ…ごめん、お気に入りなのに…」

杏子「いいよ、さやか食いたそうに見てたし」

さやか「あはは…」

杏子「そうだな、さやかのおかず分けてくれよ」

さやか「私の?いいよ!」

杏子「さんきゅー」

144 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:45:03.15 smRc6zV8O 62/264

杏子「んじゃ…この玉子焼きを…」

さやか「…」

杏子「ぱくっ」

杏子「もぐもぐ」

さやか「ど、どう?おいしい?」

杏子「ああ、うまい!」

さやか「よ、よかった…」

杏子「ん?」

さやか「それ作ったの私だからさ…」

149 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 00:59:58.88 smRc6zV8O 63/264

杏子「へぇ!さやか料理すんのか!」

さやか「最近始めたんだ」

杏子「ふーん、何で?」

さやか「えと…な、なんとなく…」

さやか(杏子に食べてもらいたいから)

さやか(なんて言えるわけないし…)

杏子「そっか、また食わせてくれよ!」

152 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:04:51.90 smRc6zV8O 64/264

さやか「う、うん!」

杏子「ありがとうな」

さやか「そうだ!明日はお昼の準備しなくていいよ」

杏子「なんで?」

さやか「さやかちゃん特製弁当作るよ!」

杏子「特製弁当…?」

さやか「杏子の明日のお弁当は私が作るってことだよ…!」

杏子「へぇ…楽しみだな!」

156 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:10:03.47 smRc6zV8O 65/264

さやか「任せて!」

まどか「さやかちゃん自分でお弁当作ってるんだ、偉いね」

さやか「まぁねー」

杏子「私はいつも購買だからな、楽しみ」

まどか「私はパパの手作りだよ」

マミ「私も去年まではお母さんに作ってもらってたわ」

ほむか「今は違うんですか?」

ほむら「ほむほむ」

157 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:15:07.25 smRc6zV8O 66/264

マミ「ええ、来年から一人暮らしになるかもしれないから…」

マミ「料理の練習しとかないとね!」

ほむか「マミさん…志望校は遠いんですか…?」

マミ「ええ、家から通える距離だけど、一人暮らししようかなって」

ほむか「そう…なんですか」

マミ「…どうかしたの?」

ほむか「いえ…マミさんに会えなくなるのかな…って」

160 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:20:09.38 smRc6zV8O 67/264

マミ「大丈夫よ、その気になればいつでも会えるわ」

ほむか「…そうですね」

マミ「ふふ、ありがとう、ほむかちゃん」

ほむか「…えへへ」

まどか「ほむらちゃんはいつもどっちがお弁当作ってるの?」

ほむら「…ほむかよ」

ほむか「お姉ちゃん朝起きられないもんね!」

ほむら「…もう」

162 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:25:07.05 smRc6zV8O 68/264

まどか「てぃひひ…そうだったね」

ほむら「べ、別にお弁当くらい私にだって作れるわ!」

ほむか「…二人暮らしになってから毎日ごはん作ってるの誰かな?」

ほむら「それは…」

ほむか「私だよね?」

ほむら「…うん」

ほむか「見栄張っちゃダメだよ?お姉ちゃん!」

164 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:30:17.28 smRc6zV8O 69/264

ほむら「…」

まどか「ほ、ほむらちゃん!私もできないから…な、仲間だよ!」

ほむら「まどか…ありがとう」

まどか「そうだ!今度二人で一緒に何か作ろうよ!」

ほむら「一緒に…?」

まどか「うん!」

ほむら「そうね…うん、作ろう!」

まどか「決まりだね!」

167 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:35:06.78 smRc6zV8O 70/264

マミ「あら?もうすぐお昼休みが終わるわね」

ほむか「そうですね」

マミ「それじゃあ私は教室に戻るから…」

ほむか「はい」

マミ「今日はありがとう!」

ほむか「こちらこそ!」

まどか「マミさん、また一緒に」

マミ「…うん」

ほむら「私たちも戻らないとね」

169 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:40:07.82 smRc6zV8O 71/264

杏子「そうだな」

さやか「戻ろっか」

まどか「あんまり時間ないよ!」

ほむか「お姉ちゃん、行こっ?」

ほむら「ええ」

さやか「それにしても、暁美姉妹ってさ」

ほむら「?」ホムッ

ほむか「?」ホムッ

170 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 01:45:08.75 smRc6zV8O 72/264

さやか「家事全般は全部ほむかがしてるの?」

ほむら「それは…」

ほむか「…私がほとんどしてるのかな…?」

杏子「妹なのに頑張るな、ほむか」

ほむか「えへへ」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…」

175 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:00:06.69 smRc6zV8O 73/264

まどか「…さやかちゃん!」

さやか「あ…いや、ほむらも凄いよ!」

さやか「勉強と運動はトップだしさ!」

杏子「き、気にすんなって…」

ほむら「…」

ほむか「お姉ちゃん…えっと…」

ほむら「別に…気にしてないわ…」

まどか「ほむらちゃん…」

176 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:05:31.55 smRc6zV8O 74/264

ほむら「…急ぐわよ、授業が始まるわ」

まどか「う、うん」

さやか「ご、ごめん!ほむら!」

杏子「別に私たちは…!」

ほむら「だから、気にしてないわ」

さやか「そ、そう?」

ほむら「…」

ほむか「お姉ちゃん…」

178 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:10:05.61 smRc6zV8O 75/264

放課後

さやか「そんじゃ、私らはこっちだから」

杏子「じゃあなー」

まどか「ばいばい!」

ほむら「さようなら」

ほむか「さよなら!」

まどか「私たちも行こっか」

ほむら「ええ」

ほむか「うん」

182 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:15:10.05 smRc6zV8O 76/264

ほむか「お姉ちゃん」

ほむら「なに?」

ほむか「今日はマミさんとランニングするから、晩ごはん遅くなるけどいいかな?」

ほむら「いいわよ」

ほむか「ありがとう」

ほむら「がんばってね!」

ほむか「うんっ!」

まどか「でも何でマミさんランニングなんてしてるのかな?」

185 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:20:05.62 smRc6zV8O 77/264

ほむら「そうね…何故…?」

まどか「うーん…」

ほむか「ほら、もうすぐ受験だから体力つけないといけないんだよ!」

まどか「あ、そっか!そうかもね」

ほむら「…勉強していた方がいいんじゃないかしら」

ほむか「そうとも限らないよ!」

ほむら「ほむ…」

まどか「そうだね!」

189 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:25:21.38 smRc6zV8O 78/264

ほむら「まあ、そうなのかもね…」

ほむか「うん」

まどか「てぃひひ…あっ、私はこっちだから」

ほむら「そうね」

ほむか「じゃあお別れだね」

まどか「ばいばい!ほむらちゃん!ほむかちゃん!」

ほむら「ばいばい!」

ほむか「ばいばい!」

192 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:30:07.94 smRc6zV8O 79/264

ほむホーム

ほむら「ただいま」

ほむか「ただいま」

ほむら「ほむか、今から行くの?」

ほむか「うん、マミさんと公園で待ち合わせしてるんだ」

ほむら「そう、あなたは体力ないんだから無理しちゃダメよ?」

ほむか「うん、わかってるよ」

ほむら「ならいいわ、気を付けてね」

ほむか「うん、いってきます!」

ほむら「いってらっしゃい」

194 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:35:07.38 smRc6zV8O 80/264

公園

マミ「ほむかちゃん!」

ほむか「はぁっ…はぁっ…」

ほむか「お、お待たせしました…」

マミ「まだ約束の時間になってないわ、気にしないで」

マミ「でも…大丈夫?ほむかちゃん…」

ほむか「い、急いで来たから…」

マミ「そんなに急がなくてもよかったのに…」

196 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:40:07.20 smRc6zV8O 81/264

ほむか「えへへ…すみません…」

マミ「ほむかちゃん、あまり運動は得意じゃないのよね?」

ほむか「はい…」

マミ「なら今日はゆっくり走りましょう!」

マミ「苦しくなったら休憩もしなきゃね?」

ほむか「はい、ありがとうございます…」

マミ「いいのよ、付き合ってくれてありがとう」

199 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 02:45:06.69 smRc6zV8O 82/264

ほむか「私も、誘ってもらえて嬉しいです」

マミ「ふふ、そっか」

ほむか「はいっ」

マミ「それじゃ巴式ランニング体験コース、さっそく始めましょうか」

ほむか「なんですか、それ」クスッ

マミ「つっこんじゃダメよ?」クスッ

ほむか「はーい」

マミ「それじゃ行こっ」タタッ

ほむか「はい!」タタッ

204 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 03:00:07.50 smRc6zV8O 83/264

ほむホーム

ほむら「…」

まどか『ほむらちゃんはいつもどっちがお弁当作ってるの?』

ほむか『見栄張っちゃダメだよ?お姉ちゃん!』

さやか『家事全般は全部ほむかがしてるの?』

杏子『妹なのに頑張るな、ほむか』

ほむら「私は…」

227 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:12:54.91 smRc6zV8O 84/264

ほむら「私にだって…」

ほむら「料理くらい…!」

ほむら「今日はほむかの帰りが遅い…のよね」

ほむら「…」

ほむら「なら…今晩は私が…!」

ほむら「私にだって出来るって証明してみせるわ!」

ほむら「よーし…」

230 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:16:49.50 smRc6zV8O 85/264

ほむら「何を作ろうかしら…」

ほむら「ほむ…」

ほむら「…いざとなると思い付かないものね」

ほむら「冷蔵庫の中には…」

ほむら「大体のものは揃ってる…のかしら?」

ほむら「…さやかは玉子焼き作ってたわね」

ほむら「なら私は…!」

232 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:21:42.10 smRc6zV8O 86/264

まどか「ほむらちゃん、あのこと気にしてるのかな…?」

まどか「たしかに、ほむらちゃんは朝起きられなかったり」

まどか「料理できなかったりするけど…」

まどか「ほむらちゃんが頑張ってるって私は知ってるよ」

まどか「ほむらちゃん…大丈夫かな…?」

まどか「…とりあえず明日からは私が毎朝ほむらちゃんを起こさなきゃ!」

234 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:23:59.86 smRc6zV8O 87/264

ほむか「はぁ…はぁ…」

マミ「ほむかちゃん、大丈夫?」

ほむか「は、はい…」

マミ「…」

ほむか「はぁ…はぁ…」

マミ「…少し休憩しましょうか」

ほむか「でも…」

マミ「私疲れちゃった、ほらあそこで休もう?」

ほむか「…はい」

235 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:26:07.86 smRc6zV8O 88/264

ほむか「ふぅ…」

マミ「どう?巴式ランニング体験談コースは?」

ほむか「そうですね…楽しい…かな?」

マミ「楽しい?」

ほむか「はい、マミさんと一緒に走れて楽しいです!」

マミ「そう、ありがとう…ほむかちゃん!」

ほむか「…えへへ」

236 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:28:16.09 smRc6zV8O 89/264

マミ「あっ…」

ほむか「?」ホムッ

マミ「ちょっと待っててね?」タタッ

ほむか「え…はい」

ほむか「…疲れたなぁ」

ほむか「なんで私…運動できないんだろ…」

ほむか「お姉ちゃんはあんなにできるのに…」

ほむか「羨ましいな、お姉ちゃん…」

237 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:31:28.33 smRc6zV8O 90/264

ほむか「テストだって私、いつもお姉ちゃんに負けるし…」

ほむか「双子なのにな…」

ほむか「…」

マミ「…」ピトッ

ほむか「きゃっ?」

マミ「ふふ、冷たいでしょ?」

ほむか「ま、マミさん…」

マミ「はい、ポカリアス」

238 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:48:12.91 smRc6zV8O 91/264

ほむか「あっ…」

マミ「水分補給しないとね」

ほむか「お金を…」

マミ「気にしないで?そのくらい私がだすわよ」

ほむか「…ありがとうございます」

マミ「ふふ、どういたしまして」

ほむか「んく…んく…」

マミ「お姉ちゃんに嫉妬してるの?」

239 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 08:52:04.24 smRc6zV8O 92/264

ほむか「…嫉妬ってわけじゃないんです」

ほむか「ただ、なんで双子なのにこんなに違うのかな…って」

マミ「…」

ほむか「昔から勉強も運動もお姉ちゃんのができて…」

ほむか「お父さんもお母さんが誉めるのは私じゃなくてお姉ちゃん…」

マミ「ほむかちゃん…」

ほむか「運動会だって、いつも私はビリなのに…」

ほむか「お姉ちゃんはいつも1位だもん…」

240 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 09:00:14.38 smRc6zV8O 93/264

ほむか「友達にもいつもお姉ちゃんと比べられてたから…」

ほむか「私、悔しくて…」

ほむか「でもお姉ちゃんが頑張ってるのは知ってるし…」

ほむか「そんな私をいつも助けてくれるのもお姉ちゃんだから」

ほむか「大好きなお姉ちゃんだから…」

ほむか「嫉妬とかはしない…のかな」


241 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 09:03:46.04 smRc6zV8O 94/264

ほむか「だけど、せめて家事だけはなって…」

ほむか「お母さんにいっぱい教えてもらったんです」

マミ「そう…」

マミ「頑張ってるんだね、ほむかちゃん」

ほむか「そんな…」

マミ「私はね、ほむかちゃん」

ほむか「…はい」

242 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 09:06:42.11 smRc6zV8O 95/264

マミ「ほむらさんはとても頑張る子だって思うわ」

ほむか「…そうですね」

マミ「でもね、ほむかちゃんも負けないくらい頑張る子だって思うよ、私は」

マミ「ううん、鹿目さん達も同じこと考えてると思うな」

ほむか「…そうかな」

マミ「そうよ、みんなはちゃんと二人のことを見てるんだから」

244 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 09:34:55.63 smRc6zV8O 96/264

ほむか「そう…ですね」

マミ「そうよ!」

ほむか「えへへ、ありがとうございます」

マミ「うん!」

ほむか「私、まだまだ頑張りますから!」

マミ「そうね、もう少し休んだらまた走るわよ!」

ほむか「はい!」

249 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 10:13:17.16 smRc6zV8O 97/264

ほむホーム

ほむら「よし、オムレツを作るわ!」

ほむら「これなら私にだって…!」

ほむら「まずは卵をわって…」コツン

ほむら「あれ?」コツンコツン

ほむら「あっ…!」

ほむら「殻が入っちゃった…取り除かないと…」

ほむら「えと…かき混ぜて…」

251 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 10:17:15.57 smRc6zV8O 98/264

ほむら「…こんなものかしら」

ほむら「後はフライパンに入れて…」

ほむら「火をつけて…よし」

ほむら「後は焼けばいいのよね」

ほむら「…」

ほむら「油は…別にいらないわよ…ね?」

ほむら「…」

ほむら「ほむぅ…」

254 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 10:35:53.70 smRc6zV8O 99/264

ほむら「よし、ひっくり返すわ」

ほむら「…」

ほむら「ひっくり返らない…」

ほむら「あれ…?」

ほむら「…」

ほむら「す、スクランブルエッグよ!」

ほむら「…作り直そう」

ほむら「よし…」

256 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 10:38:00.32 smRc6zV8O 100/264

ほむら「卵を…」ツルッ

ほむら「あっ!」

ガシャーン

ほむら「…」

ほむら「な、なによ…もう!」

ほむら「片付けないと…」

ジュウゥゥゥ

ほむら「あっ!」

257 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 10:43:10.95 smRc6zV8O 101/264

ほむら「火…消し忘れてた!」

ほむら「ほむむむ…」

ほむら「か、換気扇…!」

ほむら「焦げてる…」サッ

ほむら「あつっ!?」

ガシャーン

ほむら「きゃっ?」

ほむら「…」

ほむら「えぇ…」

260 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 10:56:41.03 smRc6zV8O 102/264

ほむか「はぁ…はぁ…」

マミ「今日はこのくらいにしときましょうか」

ほむか「は…はい…」

マミ「がんばったわね!」

ほむか「そう…ですか?」

マミ「ええ!」

ほむか「…えへへ」

マミ「どう?明日からも続ける?」

ほむか「はいっ!」

262 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 11:12:37.18 smRc6zV8O 103/264

マミ「じゃあ今日はここまで!」

マミ「帰りましょうか」

ほむか「はい、今日はありがとうございました」

マミ「ううん、私もほむかちゃんと一緒に走れて嬉しかったわ」

マミ「また明日もよろしくね」

ほむか「はい!」

マミ「私の家はこっちだから…また明日ね、ほむかちゃん」

ほむか「さようなら!」

マミ「ばいばい」

263 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 11:16:59.88 smRc6zV8O 104/264

ほむか「さて…帰ってごはん作らなきゃ」

ほむか「お姉ちゃん待ってるしね!」

ほむか「急がなきゃ」

ほむか「今日は何にしようかな…?」

ほむか「お姉ちゃんに聞こう!」

ほむか「もうすぐ帰るからね、お姉ちゃん!」

265 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 11:26:19.15 smRc6zV8O 105/264

ほむホーム

ほむら「どうしよう…」

ほむら「ほむかが帰ってくる前に片付けしなきゃ…!」

ほむら「えっと…雑巾はどこにあるのかしら…」

ほむら「いつも、ほむかに任せてるからわからないわ…」

ほむら「…どこ?」ガサゴソ

ほむら「ない…とりあえずティッシュで…」フキフキ

267 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 11:32:09.20 smRc6zV8O 106/264

ほむら「こんなところ…ほむかに見せるわけには…」

ほむら「…我ながら酷いありさまだわ」

ほむら「…ほむかに馬鹿にされちゃう」

ほむら「姉らしくしないといけないのに…」

ほむら「私がお姉ちゃんなんだから…!」

ガチャッ

269 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 11:35:19.45 smRc6zV8O 107/264

ほむら「!?」

ほむか「ただいまー」

ほむか「ごめんね、お姉ちゃん待った?」

ほむか「…ん?」

ほむら「あ…」

ほむか「えっ?どうしたの?」

ほむら「えっと…」

ほむか「台所ぐちゃぐちゃだよ?」

270 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 11:38:01.26 smRc6zV8O 108/264

ほむら「ご、ごめん…」

ほむか「ほら、掃除しなきゃ!」

ほむら「…ええ」

ほむか「お姉ちゃん、雑巾持ってきて?」

ほむら「えと…」

ほむか「早く、私は片付けするから!」

ほむら「その…どこにあるの?」

ほむか「えっ?」

272 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 11:40:47.24 smRc6zV8O 109/264

ほむか「雑巾だよ?」

ほむら「…うん」

ほむか「…わからないの?」

ほむら「…うん」

ほむか「はぁ…」

ほむら「!!」

ほむか「私が全部するから、お姉ちゃんは見てて?」

ほむら「…ごめん」

ほむか「…うん」

274 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 11:51:56.74 smRc6zV8O 110/264

ほむか「お姉ちゃん、何してたの?」

ほむら「その…料理を…」

ほむか「お姉ちゃん、まだ料理できないんだから一人でしたら危ないよ?」

ほむら「…」

ほむか「ほら、フライパンのここ、焦げちゃってるし…」

ほむか「卵が散乱してるし…」

ほむら「…」

ほむか「今度は一人でしちゃダメだからね?」

277 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:02:20.94 smRc6zV8O 111/264

ほむら「…」

ほむか「お姉ちゃん?」

ほむら「…」

ほむか「わかった?私のいないところで…」

ほむら「…ほむかはいいよね」

ほむか「えっ?」

ほむら「家事ができて」

ほむか「うん…いつもしてるし」

ほむら「…」

278 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:07:30.23 smRc6zV8O 112/264

ほむか「お姉ちゃん?」

ほむら「…私はできないのに…ずるいわ」

ほむか「えっ?」

ほむら「ずるいよ、ほむかは」

ほむか「なっ、なんで?」

ほむら「…私のこと馬鹿にしてるでしょ?」

ほむか「そんなことないよ!」

ほむら「…」

ほむか「お姉ちゃん!」

279 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:10:43.93 smRc6zV8O 113/264

ほむら「…うそね」

ほむか「うそじゃないよ!」

ほむら「だって、今日もずっと私のことを…」

ほむか「あれは馬鹿にしてたわけじゃないよ!」

ほむら「…どうだか」

ほむか「…やめてよ」

ほむら「…」

ほむか「…怒るよ?」


281 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:13:57.23 smRc6zV8O 114/264

ほむら「…ふん」

ほむか「お姉ちゃん、今のはお姉ちゃんが悪いよ?」

ほむら「…」

ほむか「…私だって好きで毎日家事してるわけじゃないのに」

ほむら「…私がしないからでしょ?」

ほむか「…うん」

ほむら「わかったわ、明日から私の分は私がするから」

ほむら「ほむかは何も…」

ほむか「無理だよ」

282 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:16:56.07 smRc6zV8O 115/264

ほむら「なっ…」

ほむか「今まで何もしてこなかったのに、明日からいきなりは無理だよ」

ほむら「…できるわ」

ほむか「無理だってば」

ほむら「…」

ほむか「意地張んないで、私に任せておけばいいよ」

ほむら「…」

ほむか「謝れば許すから」

283 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:24:47.94 smRc6zV8O 116/264

ほむら「謝るって…なんで」

ほむか「いくら妹に対してでも、失礼だよ」

ほむら「失礼って…私は…」

ほむか「お姉ちゃんがつまんない意地張ってるだけだよ」

ほむら「…そんなことないわよ」

ほむか「そうだよ」

ほむら「ちがう」

ほむか「ちがくない」

285 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:30:37.22 smRc6zV8O 117/264

ほむら「なによ…」

ほむか「こっちの台詞だよ」

ほむら「ほむか…!」

ほむか「お姉ちゃんが悪いよ」

ほむら「…」

ほむか「だから謝ってよ」

ほむら「…嫌よ」

ほむか「お姉ちゃん!」

ほむら「私は…」

ほむか「そろそろ怒るよ?」

ほむら「…もう怒ってるでしょ」

287 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:34:17.88 smRc6zV8O 118/264

ほむか「…お姉ちゃん!」

ほむら「ほら、怒ってるじゃない」

ほむか「…ばか!」

ほむら「えっ…?」

ほむか「お姉ちゃんのばか!何でそんなこと言うの?」

ほむら「だって、ほむかが」

ほむか「お姉ちゃんが悪いからでしょ!」

ほむか「お姉ちゃんが余計なことするから!」

ほむら「…よけいなこと?」

289 : 速報は放置しそうだから行かない[... - 2011/10/24 12:38:54.24 smRc6zV8O 119/264

ほむか「余計なことだよ!できもしないくせに料理なんてしようとするから!」

ほむら「…!」

ほむか「私が片付けしないといけないんじゃない!」

ほむら「それは…」

ほむか「ほらお姉ちゃんが悪いでしょ?」

ほむら「私はそんなつもりで…」

292 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 12:43:19.81 smRc6zV8O 120/264

ほむら「それに…できもしないくせにって…!」

ほむか「だってそうでしょ?」

ほむら「ほむか…!」

ほむか「だから謝ってよ!」

ほむら「嫌よ!謝らない!」

ほむら「謝るのはほむかよ!」

ほむか「なんでよ!」

ほむら「やっぱり私のこと馬鹿にしてるじゃない!」



295 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 13:00:15.83 smRc6zV8O 121/264

ほむか「してないよ!」

ほむら「してる!」

ほむか「してないって言ってるでしょ!」

ほむら「ほむか!」

ほむか「ばかっ!なんでわかってくれないの!?」

ほむら「ばかはほむかよ!」

ほむか「なんで!」

ほむら「うるさいっ!」

ほむか「…」

ほむら「…」


297 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 13:03:26.91 smRc6zV8O 122/264

ほむら「…ふんっ」

ほむか「…ふんっ」

ほむか「…もう好きにしなよ」

ほむら「ええ、言われるまでもないわ」

ほむか「私は何もしないから」

ほむら「構わないわ」

ほむか「ふんっ…」

ほむら「ふんっ…」

299 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 13:06:15.88 smRc6zV8O 123/264

ほむら「じゃあね」

ほむか「うん、話しかけないでねほむら」

ほむら「…!」

ほむか「なに?ほむら」

ほむら「…ふんっ」スタスタ

ほむか「…」

ほむか「ばか」

ほむか「…もう知らない」

300 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 13:11:51.57 smRc6zV8O 124/264

ほむルーム

ほむら「…」

ほむら「何してるのよ私は…」

ほむら「ほむかは何も悪くないのに…」

ほむら「私に代わって家事してくれてるのに…」

ほむら「…悪いのは私よ」

ほむら「…」

ほむら「後で謝らなきゃ」

306 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 14:07:50.01 smRc6zV8O 125/264

ほむかルーム

ほむか「お姉ちゃんのばか…」

ほむか「何であんなこと言うの…?」

ほむか「…私は悪くないもん」

ほむか「お姉ちゃんが悪いんだから…!」

ほむか「お姉ちゃんなんて知らない…」

ほむか「…ふんだ」

308 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 14:09:52.66 smRc6zV8O 126/264

台所

ほむら「…」

ほむら「片付いてる…」

ほむら「ほむか、ごめんね?」

ほむら「私がダメだから…」

ほむら「ほむ?」

ほむら「手紙?」

ほむら「『夜は一人で食べてよ、私は関係ないから』」

ほむら「…ほむか」

309 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 14:11:50.06 smRc6zV8O 127/264

ほむら「謝らなきゃ…」

ほむかルーム前

ほむら「ね、ねえ、ほむか…」

ほむか「…」

ほむら「その…あなたに言いたいことが…」

ほむか「…」

ほむら「ほむかっ」

ほむか「…」

ほむら「…寝てるの?」

310 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 14:15:37.84 smRc6zV8O 128/264

ほむら「ね、ねえ…」

ほむか「…」

ほむら「…また後でくるから」

ほむか「…」

ほむら「…夜はコンビニ…でいいかな」

ほむら「…」トボトボ

ほむら「はぁ…」

ほむら「なんであんなこと言ったんだろ…」

311 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 14:17:48.82 smRc6zV8O 129/264

ほむか「…」

ほむか「…お姉ちゃん」

ほむか「…私、怒ってるから」

ほむか「…」

ほむか「ほむ?」

ほむか「…メールだ」

ほむか「あっ!マミさんからだ!」

ほむか「えっと…」

312 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 14:20:45.71 smRc6zV8O 130/264

ほむか「『ほむかちゃん、明日の朝良かったら一緒に登校しない?』」

ほむか「『ほむらさんと鹿目さんも一緒にね』」

ほむか「『明日からほむらさん早起きするんでしょ?』」

ほむか「『だから明日は私と同じ時間に行こうよ』」

ほむか「…」

ほむか「返信しなきゃ」

317 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 15:11:32.09 smRc6zV8O 131/264

ほむか「『はい、一緒に登校しましょう』」

ほむか「『お姉ちゃんは鹿目さんと一緒に行くみたいですから』」

ほむか「『私たち2人でいきましょう』」

ほむか「…」

ほむか「送信っと」

ほむか「…お姉ちゃん、自分で起きるって言ってたし」

ほむか「鹿目さんも電話してくれるだろうから…大丈夫だよね?」

330 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 16:34:33.87 smRc6zV8O 132/264

コンビニ

ほむら「…」トボトボ

イラッシャイマセー

ほむら「…何買おうかな」

ほむら「…このお弁当でいいか」

アリガトーゴザイマシター

ほむら「はぁ…」ポンポン

ほむら「?」

331 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 16:38:06.56 smRc6zV8O 133/264

杏子「食うかい?」

ほむら「杏子…」

杏子「なーに暗い顔して買いもんしてんだよ」

ほむら「別に…」

杏子「ふーん…ま、いいけどさ」

杏子「私は友達の暗い顔は見たくないね、ほら食うかい?」

ほむら「…ありがとう」

333 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 16:45:55.83 smRc6zV8O 134/264

杏子「んで、なんで弁当なんか買ってんの?」

杏子「今日はほむかいないのか?」

ほむら「…ええ、そんなところよ」

杏子「そっか」

ほむら「…」

杏子「…ほむら、家に帰ったら顔洗いなよ?」

ほむら「え…?」


335 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 16:49:20.54 smRc6zV8O 135/264

杏子「こんな時は顔洗ってさっぱりするといいってさ」

ほむら「…そうなの?」

杏子「ああ」

ほむら「そう…わかったわ」

杏子「何があったかは知らないけどくよくよすんなよー?」

ほむら「…ええ」

杏子「じゃあ気を付けて帰りなよ、私は寄るとこあるから」

ほむら「ええ、さよなら」

杏子「じゃあな」

337 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 16:52:55.72 smRc6zV8O 136/264

杏子「…ほむら、たぶん泣いた後だな」

杏子「目が真っ赤だったぞ」

杏子「あいつが泣くなんて…何があったか知らないけど」

杏子「今はそっとしておくべき…ってやつかな」

杏子「明日も様子が変なら助けないとな」

杏子「さーて、私はさやかの家に行くとするか」


339 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 16:58:23.08 smRc6zV8O 137/264

杏子「…」

杏子「でもやっぱり心配だな…」

杏子「でも私には話してくれなさそうだし…」

杏子「こういう時は…そうだな、あいつに頼むのが一番だ」

杏子「メール送っとくか」

杏子「えーと…」ピッピッ

杏子「そーしん、と」

340 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:01:03.27 smRc6zV8O 138/264

ほむら「…」トボトボ

ほむら(私…なにしてるんだろ…)

ほむら(ほむかに酷いこと言って…)

ほむら(優しいあの子があんなに怒るんだもん…)

ほむら(ほんと、私がばかね…)

ほむら「ほむか…」

まどか「ダーレダ?」

341 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:04:41.33 smRc6zV8O 139/264

ほむら「…鹿目まどか!」

まどか「てぃひひ、張れちゃった!」

まどか「声変えたつもりだったんだけどなぁ」

ほむら「私がまどかを間違えるわけないでしょ?」

まどか「…そうだね!」

ほむら「でも、どうしてここに?」

まどか「んっとね…」



342 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:08:25.37 smRc6zV8O 140/264

まどか(杏子ちゃんがメールでほむらちゃんの様子がおかしいから)

まどか(助けてやれ、コンビニの近くにいるはず…)

まどか(なんて言うから飛び出してきたんだけど…)

ほむら「まどか?」

まどか「お、お散歩してたんだ!」

まどか「そしたらほむらちゃんを見かけたから…!」

ほむら「そう」

344 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:11:38.59 smRc6zV8O 141/264

ほむら「でも、もう夜よ?女の子一人で出歩いちゃ危険だわ」

まどか「そ、そうだね…」

ほむら「そうよ」

まどか「でも、ほむらちゃんだって同じだよ?」

ほむら「…私はいいのよ」

まどか「そうかな?」

ほむら「いいの」

まどか「てぃひひ、わかったよ」

ほむら「ふふっ」

345 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:14:11.10 smRc6zV8O 142/264

まどか「ほむらちゃんは何をしてたの?」

ほむら「これを買ってたのよ」

まどか「…お弁当?」

ほむら「ええ」

まどか「あれ?ほむかちゃんはどうしたの?」

ほむら「…ほむかは」

ほむら「ほむかは…」

まどか「?」

346 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:17:02.58 smRc6zV8O 143/264

ほむら「…ほむかはマミと一緒に食べるみたいだから私はこれなのよ」

まどか「そうなんだ!ほむかちゃんマミさんと仲良くできてよかったね!」

ほむら「…そうね」

まどか「じゃあほむらちゃんは今から一人で食べるの?」

ほむら「ええ」

まどか「なら私の家においでよ、私はもう食べちゃったけど…」

ほむら「…ありがとう」

347 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:19:18.25 smRc6zV8O 144/264

まどか「来てくれる?」

ほむら「ええ、お邪魔するわ」

まどか「それなら早く行こうよ!」

ほむら「そうね」

まどか「…ほむらちゃん、最近寒いよね」

ほむら「そうかしら?」

まどか「うん、寒くなったよ」

ほむら「なら早く帰らないとね」

348 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:21:35.52 smRc6zV8O 145/264

まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「なに?」

まどか「てぃひひ…手を繋いでもいいかな?」

まどか「ほむらちゃんの手、あったかいから…!」

ほむら「…実は私もすこし手が寒かったのよ」

ほむら「まどか」スッ

まどか「うんっ!」ニギッ

まどか「あったかいね!」

ほむら「そうね!」

349 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:23:48.01 smRc6zV8O 146/264

ほむかルーム

ほむか「…」

ほむか「お姉ちゃん、遅いな…」

ほむか「やっぱり謝らないと…」

ほむか「…でも、お姉ちゃんから謝ってもらいたいな」

ほむか「…ううん、2人で一緒に謝りたいよ」

ほむか「早く帰ってこないかな…」

352 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 17:26:37.90 smRc6zV8O 147/264

ほむか「2人で謝って、2人で仲直りして」

ほむか「今晩はお姉ちゃんの好きなもの作ろうかな」

ほむか「…うん、あの時は気が立ってたからあんなこと言っちゃったけど」

ほむか「お姉ちゃんと喧嘩なんて嫌だよ」

ほむか「大好きなお姉ちゃんだもん…!」

367 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 18:47:21.70 smRc6zV8O 148/264

ほむら「ごめんね、こんな時間に」

まどか「ううん、いつものことだし」

ほむら「それもそうね」

まどか「うん!」

ほむら「それじゃあ私はお弁当食べてもいい?」

まどか「うん、いいよっ」


368 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 18:50:14.65 smRc6zV8O 149/264

ほむら「…いただきます」

まどか「うんっ」

ほむら「…ほむっ」

まどか「おいしい?」

ほむら「…あまり美味しくない…かも」

まどか「えっ?そうなの?」

ほむら「うん…」

まどか「私もあそこのお弁当たまに食べるけど…」

370 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 18:53:16.07 smRc6zV8O 150/264

まどか「コンビニの中じゃ…」

ほむら「違うの」

まどか「えっ?」

ほむら「…ほむかの手料理の方がずっと…」

ほむら「ずっと美味しいから…だから…」

まどか「…そうだね」

ほむら「あ…ご、ごめんね?まどか、変なこと言ってしまって…」

371 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 18:56:20.82 smRc6zV8O 151/264

まどか「ううん、変じゃないよ?」

まどか「ほむかちゃんの美味しいもん、仕方ないよ」ウェヒヒ

ほむら「…そうね」

ほむら「そうだよね…!」

まどか「でも、私はほむらちゃんの手料理、食べてみたいな!」

ほむら「えっ?」

まどか「きっとすっごく美味しいと思うなぁ!」

ほむら「まどか…」

373 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 18:59:19.24 smRc6zV8O 152/264

ほむら「でも、私は…」

まどか「ほむらちゃん、お昼の約束覚えてる?」

ほむら「えっ…」

ほむら「まどかと一緒に何か作る…かしら?」

まどか「うん!それだよ」

まどか「私ね、パパにお料理教えてもらうことにしたんだ!」

まどか「だからね、ほむらちゃん」

ほむら「…うん」

375 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:01:34.50 smRc6zV8O 153/264

まどか「その時はほむらちゃんも一緒にしようよ!」

ほむら「まどかのお父さんと一緒に?」

まどか「うん!」

ほむら「でも…迷惑じゃないかしら…」

まどか「そんなことないよ!大歓迎だよっ」

ほむら「…ふふっ、ありがとう」

まどか「だから一緒に、ね?」

ほむら「ええ!」

376 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:03:41.20 smRc6zV8O 154/264

ほむホーム

ほむか「…」

ほむか「お姉ちゃん…まだかな…?」

ほむか「どこに行ったんだろ…」

ほむか「もう夜なのに…」

ほむか「…あの時、私が無視したから怒ったのかな…?」

ほむか「お姉ちゃん…」

378 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:08:22.20 smRc6zV8O 155/264

数時間後

まどか「てぃひひ!」

ほむら「ふふっ」

まどか「ほむらちゃん、元気になってくれてよかったよ!」

ほむら「ありがとう、まどかと話してるうちに楽になったわ」

まどか「最初は元気なかったから心配したよ」

ほむら「…ごめんね」

まどか「謝らなくていいよ?」


379 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:10:30.87 smRc6zV8O 156/264

ほむら「そう…ありがとう」

まどか「どういたしまして!」

ほむら「…ふふっ」

まどか「てぃ…あっ!」

ほむら「?」ホムッ

まどか「ど、どうしよう!いつの間にかこんな時間になってるよ!」

ほむら「え…?」

ほむら「ほ、ほんとだ」

ほむら「帰らなきゃ…!」

380 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:13:02.98 smRc6zV8O 157/264

まどか「ごめんね、こんな時間まで…」

ほむら「いえ、もともとは私が悪いから…」

ほむら「帰るね、ほむかが待ってる!」

まどか「う、うん…!」

ほむら「お邪魔しました!また明日ね!」

まどか「気を付けて帰ってね?」

ほむら「うん、ばいばい!」

まどか「ばいばい!」

381 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:15:08.70 smRc6zV8O 158/264

ほむホーム

ほむか「…」

ほむか「もう…こんな時間だよ…」

ほむか「結局夜はカップ麺食べちゃった…」

ほむか「お姉ちゃん…どこにいるの…?」

ほむか「…」

ほむか「私のことなんて、どうでもいいのかな…」



382 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:17:07.94 smRc6zV8O 159/264

ほむら「た、ただいま!」

ほむか「あっ…お姉ちゃん」

ほむら「ほ、ほむか…」

ほむか「…」

ほむら「…」

ほむら「えっと…」

ほむか「…ねえ、どこに行ってたの?」

ほむら「…まどかの家」

ほむか「!」

383 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:19:16.27 smRc6zV8O 160/264

ほむか「…晩ごはんは?」

ほむら「…まどかの家で」

ほむか「ふーん…」

ほむら「…」

ほむか「やっぱり私より、鹿目さんの方が大事なんだ」

ほむら「それは…」

ほむか「…ずっと待ってたのに」

ほむら「!」

385 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:21:33.70 smRc6zV8O 161/264

ほむか「…ばか」

ほむら「っ!」

ほむか「ほむらの馬鹿!」

ほむら「ほ、ほむか…」

ほむか「ほむらのことなんて知らない!」

ほむら「待って…」

ほむか「ふんっ!」スタスタ

ほむら「ほむかぁ…!」

387 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 19:25:35.43 smRc6zV8O 162/264

ほむら「ほむか…!」ガチャガチャ


ほむら「鍵をあけて…ほむか…!」

ほむか「…」

ほむら「ほむかぁ!」

ほむか「出てってよ!」

ほむら「…ほむか」

ほむか「早く!」

ほむら「…」トボトボ

394 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:00:06.72 smRc6zV8O 163/264

ほむらルーム

ほむら「…」

ほむら「ほむかぁ…」

ほむら「どうして…こうなるのかな…」

ほむら「謝らないといけないのに…」ウルウル

ほむら「うぅっ…」

ほむら「ほむ…かぁ…」グスッ

ほむら「ごめ…なさ…ぃ…」

396 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:02:12.27 smRc6zV8O 164/264

ほむかルーム

ほむか「…」

ほむか「お姉ちゃん…」

ほむか「私よりも…鹿目さんと一緒にいる方時間の方が大切なんだね…」

ほむか「謝ってくれるって思ったのに…」

ほむか「謝りたかったのに…」

ほむか「…ばか」

ほむか「うぅっ…」

397 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:05:19.25 smRc6zV8O 165/264

数時間後

ほむか「…」グスッ

ほむか「もう…夜中だ…」

ほむか「明日も学校…寝なきゃ…」

ほむか「明日はマミさんと…」

ほむか「…」

ほむか「お姉ちゃんなんて…知らない…」

ほむか「…おやすみ」

399 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:08:34.00 smRc6zV8O 166/264

ほむら「…」

ほむら「もう…夜中…」

ほむら「…寝ないといけないのに」

ほむら「…眠られない」

ほむら「明日は…ちゃんと謝らないと」

ほむら「…ほむかと喧嘩しっぱなしなんて嫌よ」

ほむら「ほむか…」

401 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:11:18.66 smRc6zV8O 167/264

チュンチュン

ほむか「ん…」

ピピピピ

ほむか「…」ポチッ

ほむか「…あんまり眠れなかったな」

ほむか「でも起きなきゃ」

ほむか「…朝ごはんとお弁当作らなきゃ」

ほむか「一応…二人分、ね」

403 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:16:06.25 smRc6zV8O 168/264

ほむか「お姉ちゃん…」

ほむか「一人で起きられるかな…?」

ほむか「ここで私が起こしたら、どうなるのかな…?」

ほむか「仲直り…できるかな?」

ほむか「でも…」

ほむか『…もう好きにしなよ』

ほむら『ええ、言われるまでもないわ』

ほむか『私は何もしないから』

ほむら『構わないわ』

405 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:18:37.30 smRc6zV8O 169/264

ほむか「…ここで起こしたらお姉ちゃんに良くないよ」

ほむか「鹿目さんもいるし…きっと大丈夫だよね?」

ほむか「…朝ごはん食べよう」

ほむか「ほむっ…」

ほむか「…」

ほむか「一人で食べても美味しくないや…」

ほむか「…ごちそうさまでした」

ほむか「…マミさんと約束の時間だ」

ほむか「…いってきます」

406 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:21:04.71 smRc6zV8O 170/264

ほむら「すぅ…すぅ…」

ピピピピ

ほむら「ん…」ポチッ

ほむら「…すぅ」

ほむら「すぅ…すぅ…」

ホムラチャン!デンワダヨ!ホムラチャン!デンワダヨ!

ほむら「すぅ…すぅ…」

ほむら「ん…」ゴロン

407 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:23:32.89 smRc6zV8O 171/264

まどか「…」プルルプルル

まどか「あれ?」オカケニ ピッ

まどか「ほむらちゃん、電話にでないよ」

まどか「…寝てるのかな?」

まどか「ほむかちゃんが起こしてくれるとは思うけど…大丈夫かな?」

まどか「…また後で電話してみよう」

まどか「…ママを起こさなきゃ」

410 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 20:25:41.17 smRc6zV8O 172/264

マミ「ほむかちゃん」

ほむか「…マミさん」

マミ「おはよう!」

ほむか「おはよう…ございます」

マミ「あら?寝不足?」

ほむか「…はい、昨日は眠れなくて」

マミ「そうなの…ごめんね?誘っちゃって」

ほむか「いえ、大丈夫ですよ!」

419 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:00:05.69 smRc6zV8O 173/264

マミ「ほむらさんは?ちゃんと起きれた?」

ほむか「…はい」

マミ「そっか、やればできるじゃない」

ほむか「…そうですね」

マミ「じゃあ鹿目さんと2人で登校するのね?」

ほむか「はい」

マミ「ふふ、じゃあ私たちも2人で行きましょうか」

ほむか「はい!」


420 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:02:09.98 smRc6zV8O 174/264

ほむら「ん…」

ほむら「すぅ…すぅ…」

ホムラチャン!デンワダヨ!ホムラチャン!デンワダヨ!

ほむら「ん…」

ほむら「ほむかぁ…もう少し…」

ホムラチャン!デンワダヨ!ホムラチャン!デンワダヨ!

ほむら「すぅ…すぅ…」

423 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:05:15.18 smRc6zV8O 175/264

まどか「…出ないや」ピッ

まどか「どのみち、ほむらちゃんの家に行かなきゃいけないし」

まどか「大丈夫だよね?」

まどか「いってきまーす!」

まどか「ほむらちゃん、どうしたのかな?」

まどか「ほむかちゃんも起きてない…のかな?」

まどか「電話に気づいてないだけ…?」

424 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:07:39.20 smRc6zV8O 176/264

ほむか「マミさん、今日のお昼もよかったら一緒に食べませんか?」

マミ「いいの?」

ほむか「はいっ」

マミ「ふふ、じゃあお願いするわ」

ほむか「今日は2人で食べましょうよ!」

マミ「2人で?」

ほむか「はい!」

マミ「…わかったわ、そうしましょうか」

426 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:09:21.80 smRc6zV8O 177/264

ほむか「ありがとうございます!」

マミ「こちらこそ、ありがとう」

ほむか「えへへ」

マミ「もう学校についたわね」

ほむか「お喋りしてると早いですよね」

マミ「そうね…じゃあまたお昼休みに」

ほむか「はい、また後で」

429 : >>425確実にさるくらうから3... - 2011/10/24 21:12:02.80 smRc6zV8O 178/264

マミ「ほむかちゃん…助かるな」

マミ「…教室にいづらいんだもん」

マミ「…」ガラッ

マミ「お、おはよう…」

「あっ、ケーキさんおはよう」

「ちょっと、ケーキに失礼でしょ?」

「あはは、そうね」


430 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:14:17.64 smRc6zV8O 179/264

マミ「…」

「じゃあ何?」

「うーん…デミさん?」

「あはは」

マミ「うぅ…」

「ちょっと、あんた達!巴さんに謝れって言ったでしょ!」

「巴さんのどこがデブなのよ!あんた達巴さんに嫉妬してるだけでしょ!」

マミ「…」

433 : >>431助かります、ありがとう... - 2011/10/24 21:17:45.02 smRc6zV8O 180/264

「別にデブとか言ってないけど?」

「嫉妬とかしてないしー」

マミ「…」

「あんたらねぇ…醜いよ?」

「嫉妬してるようにしか見えないけど?」

「うぜぇ…」

マミ「…」ウルウル

「だ、大丈夫だよ、マミちゃん」

「マミは太ってないよ、ね?」

436 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:21:40.59 smRc6zV8O 181/264

マミ「ううん…私がこんなだからいけないの」

「そんなことないって!」

「あいつらマミを目の敵にしてるみたいだけど、気にしちゃダメだよ」

マミ「…」

「そうだよ!私の方がた、体重あるし…」

「マミちゃん、無視しようよ、ね?」

マミ「…うん」

438 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:23:53.36 smRc6zV8O 182/264

「巴さん…」

マミ「ご、ごめんね…ちょっとお手洗いに…」

「私もついてくよ!」

「私も!」

マミ「ううん、1人で大丈夫だから」

「…マミ」

「マミちゃんは何も悪くないのに…」

「許せないよね…」

441 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:26:35.55 smRc6zV8O 183/264

さやか「杏子ー暇だよー」

杏子「私は眠いんだよ…」

さやか「かまってよー」

杏子「後でな」

仁美「さやかさん、なら私と…」

さやか「仁美ー杏子が冷たいよー」

杏子「眠いだけだって…」

仁美「あらあら」

443 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 21:30:06.02 smRc6zV8O 184/264

ほむか「…」ガラッ

仁美「あら?ほむかさん」

杏子「ん?もうそんな時間か…?」

さやか「あれ、今日は早いね」

ほむか「おはよう、みんな」

仁美「おはようございます」

さやか「おはよー」

杏子「あれ?ほむらとまどかは?」

ほむか「今日は別々で来たんだ」

さやか「へぇ、珍しいじゃん」

杏子「…ふーん」

454 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 22:00:20.44 smRc6zV8O 185/264

まどか「ついちゃった」

まどか「ほむらちゃん起きたかな?」

まどか「んと…」

ピンポーン

まどか「…」

まどか「あれ?」

まどか「ほむらちゃん…?」

ピンポーン

まどか「…どうしたんだろ?」

455 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 22:02:04.26 smRc6zV8O 186/264

ピンポーン

ほむら「すぅ…すぅ…」

ほむら「ん…」

ほむら「ほむか、でてぇ…」

ほむら「んん…」モゾモゾ

ピンポーン

ほむら「すぅ…すぅ…」

ほむら「ん…」ゴロン

457 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 22:04:10.91 smRc6zV8O 187/264

まどか「…」

まどか「もう行っちゃったの…かな…?」

まどか「えぇ…私おいてけぼり…?」

まどか「ひどいよ…」

まどか「…あれ?」

まどか「玄関が少しあいてる…」

まどか「まだいるのかな?」

462 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 22:07:31.71 smRc6zV8O 188/264

まどか「…」

まどか「お、おじゃましまーす…」

まどか「…あっ、ほむらちゃんの靴だ」

まどか「ほむかちゃんのは無いけど…」

まどか「ほむらちゃん、まだいる…?」

まどか「ほむらちゃーん?」

まどか「いるのー?」

464 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 22:10:04.22 smRc6zV8O 189/264

まどか「…部屋?」

まどか「…勝手に入っても大丈夫かな?」

まどか「んー…」

まどか「ほむらちゃん、ごめんっ」

ガチャッ

ほむら「すぅ…すぅ…」

まどか「…ほむらちゃん?」

ほむら「ん…ほむかぁ…?」



467 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 22:11:50.40 smRc6zV8O 190/264

まどか「ち…ちょっと!ほむらちゃん!」

ほむら「ん…」

まどか「ほむらちゃん!起きて!朝だよ!」

ほむら「…ほむかぁ」

まどか「まどかだよ!」

ほむら「まどか…えへへ」

まどか「えぇ?お、起きてよ!」ユサユサ

ほむら「んーっ…」

470 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 22:14:45.87 smRc6zV8O 191/264

ほむら「…」ムクッ

まどか「ほむらちゃん、目が覚めた?」

ほむら「え…?まどか…?」

まどか「うん!」

ほむら「どうして…」ハッ

ほむら「い、今何時!?」

まどか「もう遅刻ギリギリだよ!」

ほむら「な…ほむかは?」

まどか「…もう行っちゃったみたい」

471 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 22:18:02.12 smRc6zV8O 192/264

ほむら「な、なんで?」

まどか「知らないよ!」

ほむら「何で起こして…」

ほむら「あ…」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「ううん…き、着替えなきゃ…」

ほむら「…昨日お風呂に入るの忘れてたわ」

ほむら「今から間に…」

まどか「あわないよ…」

486 : >>485いつか買ってみようと思... - 2011/10/24 23:00:06.82 smRc6zV8O 193/264

まどか(どうしたんだろう…ほむかちゃんが先に行っちゃうなんて…)

まどか(それも、ほむらちゃんを起こさないで…)

まどか(…あれ?よく見たらほむらちゃん、目が…)

まどか(泣いてたのかな…?)

ほむら「…」

まどか「…ほむらちゃん、ほむかちゃんと何かあったの?」

ほむら「…!」


488 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:02:13.79 smRc6zV8O 194/264

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…やっぱりおかしいよ!」

まどか「何かあったんでしょ?」

ほむら「…」

まどか「私で良ければ何でも聞くから…」

まどか「何でもするから…!」

まどか「教えて…くれないかな?」

ほむら「まどか…」

490 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:05:54.08 smRc6zV8O 195/264

まどか「ほむらちゃん…私を頼ってよ…!」

ほむら「…わかったわ」

まどか「…うん!」

ほむら「実は…その…ほむかと…」

まどか「ほむかちゃんと…?」

ほむら「け、喧嘩…しちゃって…」

まどか「…え?」

ほむら「ほむかに悪いこと…したの」

492 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:10:27.03 smRc6zV8O 196/264

ほむか(お姉ちゃんと鹿目さん…まだ来ないな)

ほむか「…」

さやか「ねえ、ほむか?」

ほむか「なに?」

さやか「まどかとほむら、まだ来ないね」

ほむか「…そうだね」

さやか「もう5分切ったよ?今日は起こしてあげなかったの?」

ほむか「…うん」

さやか「えっ?ほんとに?」


494 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:13:43.05 smRc6zV8O 197/264

ほむか「…そうだよ」

さやか「なんで?」

ほむか「それは…」

杏子「なあ、ほむか」

ほむか「…佐倉さん」

杏子「昨日、ほむらと何かあったでしょ」

ほむか「う…」

さやか「?」

杏子「私さ、見たんだよね、ほむらが泣いてたのさ」

496 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:16:13.85 smRc6zV8O 198/264

さやか「泣く?あのほむらが?」

杏子「まあ正確には泣いた後だけどさ」

ほむか「…」

杏子「昨日は会えて聞かなかったけど、ほむかは知ってるよね?何があったのか」

ほむか「…うん」

杏子「よかったら話してくんない?やっぱほっとけないしさ」

さやか「私も気になる」

ほむか「…」

497 : ×会えて○あえて[] - 2011/10/24 23:20:09.16 smRc6zV8O 199/264

ほむか「その…」

キーンコーンカーンコーン

ほむか「あっ…」

さやか「やばっ!始まった!」

杏子「後でな!」

ほむか「う、うん…」

さやか「結局まどかとほむら間に合ってないじゃん…」

和子「はいはい、席について」


498 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:22:27.20 smRc6zV8O 200/264

和子「出席を取ります」

和子「ほむかさん」

ほむか「は、はい」

和子「ほむらさん」

ほむか「…」

和子「ほむらさん?あら…?」

和子「ほむかさん、ほむらさんは?」

ほむか「えと…」

和子「今日は一緒じゃないの?」

ほむか「は、はい…」

500 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:27:34.48 smRc6zV8O 201/264

ほむか「私…巴先輩と一緒に登校したので…」

ほむか「今日は姉と鹿目さんと一緒に来なかったんです…」

和子「そうなの?となると鹿目さんも…?」

和子「寝坊かしら?でも詢子が…」

和子「…連絡が来てないか後で確認しときます」

和子「次…」

502 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:31:48.71 smRc6zV8O 202/264

まどか「…それが昨日あったことなんだね?」

ほむら「…ええ」

まどか「だから昨日はコンビニで…」

ほむら「…」

まどか「話してくれてありがとう、ほむらちゃん」

まどか「でも、すぐに頼ってほしかったな」

ほむら「…ごめん」

まどか「うーん…とにかく謝らないとね、ほむかちゃんに」

503 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:34:23.86 QXWCnHJ20 203/264

元々はほむらがほむかに料理を教えてたのに
世界が完全に改変してから、ほむらが料理できなくなってるのは違和感があるなぁ

512 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/24 23:57:16.21 smRc6zV8O 204/264

後日談とは言ったものの正直ほむかの存在以外は
前作までと殆ど変わったようにしてしまったからなぁ
まどか以外全員変えたつもり

515 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:00:16.90 fHQvVtZrO 205/264

まどか「…とりあえず学校の準備しなくちゃね」

まどか「もう始まっちゃったけど」ウェヒヒ

ほむら「あ…本当にごめんね、まどか…」

まどか「学校には遅刻するって連絡しなきゃ…」

ほむら「う、うん…」

まどか「私が連絡しておくから、ほむらちゃんはシャワー浴びてきて?」

ほむら「…うん」


517 : おk好きなように書く[] - 2011/10/25 00:05:01.39 fHQvVtZrO 206/264

キーンコーンカーンコーン

さやか「一限目おわったー」

杏子「よし、ほむか」

ほむか「…うん」

さやか「言いたくないことは言わなくてもいいよ?」

ほむか「ありがと、美樹さん」

ほむか「でも、ちゃんと話すね」

杏子「ああ、頼むよ」


518 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:07:17.05 fHQvVtZrO 207/264

ほむか「実は…その…お姉ちゃんと…」

さやか「ほむらと…?」

ほむか「け、喧嘩…しちゃって…」

さやか「…え?」

ほむか「お姉ちゃんに酷いこと…いっちゃった」

杏子「…」

さやか「えぇぇ…?」

杏子「まさかとは思ったけど…やっぱそうか」

520 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:11:04.41 fHQvVtZrO 208/264

さやか「なんで?ほむかとほむらが喧嘩?どうして?」

ほむか「それは…」

杏子「もしかして私らが余計なこと言ったからか…?」

さやか「え?家事がどうのこうのってやつ?」

杏子「それくらいしか心当たりないし」

ほむか「…私もよくはわからないんだ」

ほむか「家に帰ったらお姉ちゃんが台所散らかしててね」

ほむか「私は軽く注意しただけのつもりだったんだけど…」

522 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:15:41.74 fHQvVtZrO 209/264

さやか「ほむらが台所…ねぇ」

杏子「やっぱ気にしてたか…しまった」

ほむか「でもね、お姉ちゃんの様子が変で…」

ほむか「私がずるいなんて言い出して…私がお姉ちゃんを馬鹿にしてるって」

さやか「えぇ…?それ被害妄想じゃないの?」

ほむか「うん、私はそんなつもりなかったんだ…最初はね」

杏子「ん?」

525 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:18:47.98 fHQvVtZrO 210/264

ほむか「私、お姉ちゃんのこと馬鹿にしたことはないよ?」

ほむか「むしろ勉強も運動もできるお姉ちゃんに嫉妬してるもん」

ほむか「だけど、家事だけは負けたくなかったから…一生懸命頑張ったのに」

ほむか「なのに…ずるいって言われて少し、むっとしたんだ」

さやか「あー…わかるわ、それ」

杏子「なるほどねぇ」

ほむか「お姉ちゃんは意地張ってて引こうとしないし…」

528 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:24:03.74 fHQvVtZrO 211/264

ほむか「私もお姉ちゃんが家事や料理ができないことを…見下してたのかも…しれないんだ…」

さやか「み、見下すって…」

ほむか「うん、無意識だったけど…心のどこかでそう思ってたのかもしれない…」

ほむか「だから、料理もできないくせにって…」

ほむか「ばかって…お姉ちゃんが悪いから謝って、って言っちゃったんだ」

さやか「うーん…どっちかと言えば悪いのは、ほむらじゃん」

ほむか「でも…」

532 : 疲れてると言うか、見直しながら書... - 2011/10/25 00:27:45.44 fHQvVtZrO 212/264

杏子「ほむか、ほむらと仲直りしたいの?」

ほむか「も、もちろんだよ!」

ほむか「だからやっぱり謝ろうって…仲直りしようって思ったんだ」

ほむか「なのに…お姉ちゃん家を出ていったっきり、帰ってこなくて…」

さやか「なにやってんのよ、ほむらは!」

杏子「あ…」

ほむか「私ずっと待ってたんだよ?」

533 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:31:37.06 fHQvVtZrO 213/264

ほむか「なのになかなか帰ってこなくて…」

ほむか「やっと帰ってきたと思ったら…鹿目さんとごはん食べてって…」

ほむか「私はずっと待ってたのに…謝ろうって思ったのに!」

ほむか「私よりも鹿目さんが大事なんだ…お姉ちゃんは…」

ほむか「だから頭にきちゃって…それからお姉ちゃんを無視してるんだ」

さやか「ありゃぁー…」

杏子「あー…ほむか、ごめん」

536 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:35:04.37 fHQvVtZrO 214/264

ほむか「え?」

杏子「私さ、ほむらと別れた後、不安だったからまどかにメールしたんだ」

杏子「ほむらを助けてやれってさ、だからほむらは、まどかん家にいたんだと思う」

ほむか「そ、そうだったんだ」

さやか「なるほどね」

杏子「んで何時ごろに帰ってきたんだ?ほむらは」

ほむか「…11時前だったよ」

さやか「おそっ!」

杏子「え?そんなに?」

537 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:38:23.17 fHQvVtZrO 215/264

杏子「私が会ったの8時前だったぞ?」

杏子「私もその後ちょっとさやかの家で遊んだけど」

さやか「9時には帰ったもんね?」

ほむか「…」

さやか「うーん…ほむらが悪いね、これは」

杏子「ほむらは謝ろうとはしてこなかったのか?」

ほむか「…何度か話しかけてきたけど、私は無視してたから…」

さやか「あぁ…ほむか、やっぱ無視はよくないね」

540 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 00:43:29.10 fHQvVtZrO 216/264

杏子「たぶん謝ろうとしたんだろうな、ほむら」

さやか「だね」

ほむか「…でも」

杏子「仲直りしたいんだったら、ほむらが来たら謝らないとな」

杏子「ほむらだって、すぐにでも謝ってくると思うぞ?」

さやか「そうだね、あいさつ変わりに謝ればいいんだよ」

ほむか「…うん」

さやか「まあ、ほむらはまだ来てないけどね」

546 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:00:11.34 fHQvVtZrO 217/264

さやか「たぶん、まどかが慰めてるんじゃないの?」

杏子「そうだな」

ほむか「…うん」

さやか「とにかく会ったら謝る!これで一件落着!」

ほむか「そう…だね」

杏子「心配すんなって、大丈夫さ」

杏子「そろそろ休み時間終わるし、席につくか」

さやか「うん」

ほむか「ありがとう…佐倉さん、美樹さん」

杏子「仲直りできるといいな」

さやか「絶対できるって!」

547 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:04:00.31 fHQvVtZrO 218/264

まどか「ご、ごめんなさい…失礼しました…」ピッ

まどか「ふぅ…てぃひひ、怒られちゃった」

まどか「ほむらちゃんはシャワー浴びてるし、私は朝ごはん作っておこうかな」

まどか「勝手に冷蔵庫あけてごめんね?」

まどか「…あれ?これは…」

まどか「…ほむかちゃん、準備してくれてたんだ」

551 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:08:22.25 fHQvVtZrO 219/264

ほむら「…ふぅ」フキフキ

ほむら「後で謝らないとね…」

ほむら「あ…私の目…真っ赤に…」

ほむら「泣いたのも…久しぶりだものね」

ほむら「…結局、姉らしいことは何もできてないし」

ほむら「私…姉失格ね」

まどか「そんなことないよ」

ほむら「まどか…」

553 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:12:10.17 fHQvVtZrO 220/264

まどか「昨日は失敗しちゃっただけだよ、今日からまた頑張ればいいと思うな」

まどか「今はちがくても…なっちゃえばいいんだよ!」

まどか「カッコ良いお姉ちゃんに!」

ほむら「…そうね、がんばるわ!」

ほむら「なってみせる…カッコ良いお姉ちゃんに…!」

まどか「てぃひひ、まずは寝坊助さんを治さないとね」

ほむら「う、うん…」

556 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:14:38.13 fHQvVtZrO 221/264

まどか「朝ごはん食べるでしょ?」

ほむら「ええ」

まどか「ほら、これ」

ほむら「ありがとう、まどか、作ってくれたのね」

まどか「ううん、私は何もしてないよ?」

ほむら「えっ?」

まどか「ほむかちゃんだよ、作っててくれたんだよ、ほむらちゃんに」

ほむら「ほむか…」

557 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:20:20.26 fHQvVtZrO 222/264

まどか「ほら、お弁当も」

まどか「口はきいてくれなくても…やっぱり、ほむかちゃんはほむかちゃんだよ」

まどか「ほむらちゃんの事が大好きなんだって、私は思うなっ」

ほむら「…えへへ」

まどか「だから謝ろうね?」

ほむら「ええ!」

まどか「私も一緒に謝るよ」

ほむら「いえ、これは私たちの問題だから…」

まどか「そっか、がんばって」

560 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:24:31.18 fHQvVtZrO 223/264

マミ「…」

「マミちゃん、今日はお昼一緒に食べようよ」

「うん、食べよ」

マミ「あ…ごめんね?今日は用事があるから」

「そっか、なら仕方ないね」

マミ「…うん」

「そういえば私、デミがトイレの前で弁当もってキョドってるの見たよー!」

「うわっ、マジでいるんだ!便所飯!」

「ありえねー!」

562 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:27:30.49 fHQvVtZrO 224/264

マミ「うぅ…」

「巴さん、あんなの気にするだけ無駄よ」

「そうだよ!」

マミ「う、うん…」

「あいつら、前のターゲットが不登校になったら次のターゲットをマミにしてさ」

「最低だよね」

マミ「…」

「マミちゃん、私たちがついてるから!」

「あんなやつら無視よ無視!」


563 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:30:57.28 fHQvVtZrO 225/264

マミ「ありがとう…みんな」

「気にしないでよ!」

「私たち友達でしょ!」

マミ「…うん!」

マミ(でも…私がいけないんだ…)

マミ(だから痩せなきゃ…)

マミ(それに私がいるとクラスの雰囲気が悪くなるもん…)

マミ「…はぁ」

565 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 01:35:28.40 fHQvVtZrO 226/264

さやか「何時になったらあの二人は来るのさ」

杏子「もう次で昼休みだぞ?」

さやか「まさか…まどかと添い寝でも…」

ほむか「えっ…」

さやか「あ、冗談だから、冗談!」

杏子「言うならもっとマシな冗談言えよな」

さやか「んじゃお手本みせてよ!」

杏子「え…」


571 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:00:05.34 fHQvVtZrO 227/264

杏子「うーん…」

さやか「ほら、早く」

ほむか「…」

杏子「えー…あ、あんこ真拳?」

さやか「…」

ほむか「…」

杏子「…」

杏子「なんだこの空気は!?」

さやか「はぁ…」

杏子「いや!なんで私が悪いみたいになってるんだよ!」

572 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:05:06.84 fHQvVtZrO 228/264

ほむか「ふふっ」

さやか「あんこ真拳ってなによ…」

杏子「な、なぜか頭に真拳が出てきたから…!」

さやか「いや、あんたはツッコミ役でしょ?」

杏子「そうだけどさ…!」

ほむか「なんの話?」

さやか「気にしないでいいよ」

杏子「う、うん!」

ほむか「?」ホムッ

574 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:09:11.01 fHQvVtZrO 229/264

さやか「ほらほら、あんこちゃんは席について、もう休み時間終わるよ?」

杏子「あんこじゃねぇ!」

さやか「自分で言ったじゃん」

杏子「さやかが無茶ぶりするからだろ!?」

さやか「わかったわかった、もうやめてー遊戯ー!」

杏子「あんずでもねぇよ!」

ほむか「な、なんのことだか…」

576 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:12:38.93 fHQvVtZrO 230/264

ほむホーム

まどか「それじゃ練習通りに謝ろうね」

ほむら「ええ、ありがとう」

まどか「いいけど、練習してたらもうお昼だよ」ウェヒヒ

ほむら「さすがに行かないと不味いわね…」

まどか「うん、それじゃ行こっか」

ほむら「ええ!」

579 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:18:17.90 fHQvVtZrO 231/264

キーンコーンカーンコーン

マミ(今日はほむかちゃんと2人ね)

マミ「…」スタスタ

「また便所飯?」

「ぼっちさんかわいそー」

マミ「…!」ピクッ

マミ「ぼ、ぼっちじゃないもん!」

「そうだよ、私たちがいるもんね」

「そうだそうだ!」



581 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:23:13.33 fHQvVtZrO 232/264

「やっと反応したね、自覚あるんじゃないの?ぼっちさん」

マミ「それは…」

「いいよ、巴さんは行くところあるんでしょ?」

マミ「う、うん」

「早く行きなよ、反応するとあいつら面白がるから」

マミ「…うん」タタッ

「逃げてやんのー」

「だっさー」

マミ「うぅ…」

582 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:27:36.70 fHQvVtZrO 233/264

さやか「杏子!はい、さやかちゃん特製弁当!」

杏子「おっ、さんきゅー、楽しみ」

さやか「さっそく食べようよ!」

杏子「ああ…ほむか、弁当食おうぜ」

ほむか「ごめんね、今日はマミさんと2人で食べる約束してるんだ」

さやか「そうなの?」

杏子「そっか、じゃあな」

ほむか「うん」タタッ


583 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:31:12.44 fHQvVtZrO 234/264

杏子「んじゃ私ら2人で食べるか」

さやか「2人で…」

杏子「嫌か?」

さやか「ううん、ぜんっぜん!」

杏子「ん?なら早く…」

さやか「うん!」

杏子「…無駄に元気あるな」

さやか「そう?」

585 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:34:11.00 fHQvVtZrO 235/264

ガラッ

まどか「結局お昼休みになっちゃったね」

ほむら「付き合わせて悪かったわ…」

まどか「いいよ」

さやか「あ、やっと来た」

杏子「おそいぞー」

まどか「こ、こんにちは?さやかちゃん、杏子ちゃん」

ほむら「…こんにちは」

587 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 02:36:58.61 fHQvVtZrO 236/264

ほむら「ねえ…ほむかは?」

さやか「マミさんと一緒に食べるって走っていったよ」

ほむら「そう…」

杏子「早く謝りなよ?」

ほむら「…知っているのね」

さやか「そりゃまあね」

杏子「仲直りしないとな」

ほむら「ええ!」


606 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 08:20:18.62 fHQvVtZrO 237/264

マミ「…」

ほむか「マミさんっ」

マミ「…ほむかちゃん」

ほむか「今日はどこで食べます?」

マミ「そうねぇ…私はどこでも構わないけれど…」

ほむか「それじゃあ今日は中庭にしましょうよ」

マミ「わかったわ」

ほむか「はい、こっちです」

マミ「うん」

607 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 08:22:21.23 fHQvVtZrO 238/264

ほむか「この辺りでいいですか?」

マミ「いいわよ」

ほむか「えへへ、それじゃ食べましょうよ」

マミ「うん」

ほむか「いただきます!」

マミ「いただきます」

ほむか「…あれ?」

マミ「?」

608 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 08:24:35.83 fHQvVtZrO 239/264

ほむか「マミさん、それだけですか?」

マミ「お弁当?」

ほむか「はい」

マミ「…ええ、あまり食欲ないから」

ほむか「そうなんですか?さすがに少ない気が…」

マミ「心配してくれるの?」

ほむか「はい」

マミ「ふふ、ありがとう」

610 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 08:29:32.69 fHQvVtZrO 240/264

マミ「でも大丈夫よ?夜はちゃんと食べてるから」

ほむか「そうですか、昨日も少なかったから…」

マミ「気にしないでもらえると助かるかな?」

ほむか「あっ、ごめんなさい…」

マミ「別に謝らなくても良いのよ?」

ほむか「はい…すみませ…」

ほむか「あっ…」

マミ「ふふ、だから謝らなくてもいいって」

611 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 08:43:03.29 fHQvVtZrO 241/264

ほむら「ほむか…邪魔してはダメね」

ほむら「後で謝らなきゃ」

まどか「私たちもお昼にしようよ!」

ほむら「そうね」

杏子「んじゃ今日も屋上行く?」

さやか「あっ…」

まどか「…ちょっと待ってね?」


612 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 08:47:12.44 fHQvVtZrO 242/264

まどか「ほむらちゃん」ボソッ

ほむら「?」

まどか「さやかちゃんと杏子ちゃん、2人っきりにさせてあげようよ」

さやか「…」ソワソワ

杏子「?」

ほむら「…そうね」

まどか「うん」

まどか「ごめんね杏子ちゃん、私たちは教室で食べるよ」

まどか「だから2人で食べてきて?」

613 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 08:49:35.78 fHQvVtZrO 243/264

杏子「ん?なら私たちも教室で…」

さやか「わ、私は屋上がいいな!」

まどか「そうだよ、行ったら良いよ」

ほむら「ええ」

杏子「さやか、そんなに屋上がいいのか?」

さやか「うん」

杏子「なら行こっか」

さやか「うん!」

614 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 08:53:44.52 fHQvVtZrO 244/264

まどか「てぃひひ」

ほむら「さすがまどかね、私は気づかなかったわ」

まどか「さやかちゃんは分かりやすいから」ウェヒヒ

ほむら「ふふっ、それもそうね」

まどか「私たちも食べようよ」

ほむら「ええ」

まどか「いただきます!」

ほむら「いただきます」

615 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 09:00:26.87 fHQvVtZrO 245/264

杏子「おっ、今日も誰もいないな」

さやか「意外と屋上って、人来ないんだよね」

杏子「そうだな」

さやか「杏子、食べようか」

杏子「ああ」

さやか「いただきます!」

杏子「いっただきまーす」

616 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 09:04:13.00 fHQvVtZrO 246/264

杏子「どれどれ…?」パカッ

さやか「…」ドキドキ

杏子「おっ旨そうじゃん!」

さやか「そ、そう!?」

杏子「これ全部さやかが作ったのか?」

さやか「うん!」

杏子「へぇ…すごいな」

さやか「た、食べてみてよ」

杏子「うん、それじゃ…」

杏子「あむっ」

619 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 09:32:50.41 fHQvVtZrO 247/264

さやか「…どう?」

杏子「んー」

さやか「…」ソワソワ

杏子「何て言うか…」

さやか「…うん」

杏子「優しい…味?」

杏子「うん…優しい味だ!」

さやか「や…やさしい…?」



620 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 09:38:18.81 fHQvVtZrO 248/264

杏子「早い話が旨いってこと」

さやか「そ、そっか!」

杏子「さやかはすげぇな…私には無理だ、作れねぇ」

さやか「いっぱい練習したからね!」

杏子「そうか…私にもできるかな?」

さやか「できるよ!」

杏子「なら恩返ししないとな」

さやか「恩返し?」

杏子「ああ、さやかに恩返し」

621 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 09:47:06.13 fHQvVtZrO 249/264

さやか「私に恩返し?」

杏子「私も弁当さやかに作らないとな」

さやか「ほ、ほんと!?」

杏子「ああ」

さやか「ありがとっ!」

杏子「いつになるか分からないけどな」

杏子「気長に待っててくれよ」

さやか「うんっ」

625 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 10:36:44.71 fHQvVtZrO 250/264

ほむら「ほむほむ」

まどか「ほむらちゃん、おいしい?」

ほむら「ええ!」

まどか「てぃひひ!流石ほむかちゃんだよね」

ほむら「…そうね」

まどか「私も貰っていいかな?」

ほむら「いいわよ、どれがいい?」

まどか「んっと…これ」

ほむら「わかったわ」

626 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 10:39:42.84 fHQvVtZrO 251/264

ほむら「まどか、あーん」

まどか「あーん」パクッ

まどか「うんっ!おいしい!」

ほむら「ふふっ」

まどか「私のも食べる?」

ほむら「うん!」

まどか「じゃあ…これを、あーん」

ほむら「あーん」ホムッ

ほむら「うん、相変わらずおいしいわね!」

627 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 10:42:59.12 fHQvVtZrO 252/264

まどか「てぃひひ!パパの料理は本当においしいもん!」

ほむら「そうね」

まどか「でも、ほむかちゃんもパパに負けないくらいおいしいよ!」

ほむら「…ええ」

まどか「いつかは私たちもこのくらい美味しく作れるといいね」

ほむら「そうね、がんばらなきゃ」

まどか「うんっ」

635 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 11:53:33.57 fHQvVtZrO 253/264

「あれ?あそこにいるのデミじゃね?」

「ぼっちで弁当たべてんの?」

「ん…いや、誰かと食べてるし」

「誰あれ?」

「知らない顔ね」

「1年か2年じゃないの?」

「ふーん」

639 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 12:29:29.47 fHQvVtZrO 254/264

マミ「…ごちそうさま」

ほむか「…ほんとに足りるんですか?」

マミ「…うん、大丈夫」

ほむか「でも、それじゃ」

マミ「気にしないで?」

マミ「大丈夫…だから」

ほむか「…そうですか」

643 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 13:11:28.71 fHQvVtZrO 255/264

ほむか「そうだ、私の食べませんか?」

マミ「ほむかちゃんの?」

ほむか「はいっ」

マミ「…でも悪いわ」

ほむか「今日のは自信作なんです!」

マミ「…そう、なら一口貰おうかな」

ほむか「えへへ」

644 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 13:23:24.90 fHQvVtZrO 256/264

ほむか「どうぞ」

マミ「ありがとう」パクッ

ほむか「どうですか?」

マミ「うん、美味しいわ」

ほむか「えへへ」

マミ「ほむかちゃんが作ったのでしょう?」

ほむか「はい!」

マミ「私のよりもずっと美味しいわ」

ほむか「そんなことないですよ」テレッ

マミ「ほんとよ?」

647 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 13:32:42.12 fHQvVtZrO 257/264

マミ「毎日お姉ちゃんの為に頑張ってるんでしょ?」

ほむか「…はい」

マミ「ふふ、ほむらさんは幸せものね」

ほむか「えっ?」

マミ「姉思いの妹がいるんだもの」

マミ「羨ましいわ」

ほむか「…」

648 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 13:37:51.03 fHQvVtZrO 258/264

ほむか「そんなこと…ないですよ」

マミ「えっ」

ほむか「私は…ダメな妹です」

マミ「…なんで?」

ほむか「だってお姉ちゃんに酷いことしたし…」

マミ「…?」

「おーいぼっちちゃーん!」

マミ「!」

651 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 13:50:27.44 fHQvVtZrO 259/264

杏子「なぁ、さやか」

さやか「ん?」

杏子「料理する時ってさ」

さやか「うん」

杏子「どんなこと考えながら作ってんの?」

さやか「え?」

杏子「いやさぁ、なんか気になって」

さやか「うーん…」

653 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 14:17:02.06 fHQvVtZrO 260/264

さやか(どう答えようかな…)

さやか『明日は杏子にお弁当作るって言ったけど…』

さやか『大丈夫かな…?』

さやか『…今日はおいしいって言ってくれたくれたし』

さやか『うん、大丈夫…大丈夫』
さやか『よし、予行練習やろう』

さやか『…脳内シミュレーション』



654 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 14:26:48.41 fHQvVtZrO 261/264

さやか『杏子、はいこれ、お弁当』

さやか『さやか…私のために…ありがとな』

さやか『ううん、杏子のためならこのくらい朝飯前だよ』

さやか『さやか…』

さやか『ほら、食べてみてよ』

さやか『いただきます!』

さやか『どう?』

655 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 14:39:39.06 fHQvVtZrO 262/264

さやか『うまい!』

さやか『やったー!』

さやか『さやかは料理の天才だな!』

さやか『まぁね!』

さやか『私もうまくできたらな』

さやか『なんなら見滝原の料理の鉄人さやかちゃんが杏子に特別レッスンしてあげよう!』

さやか『ほんとか?』

さやか『杏子は特別だからね!』

656 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 14:42:48.89 fHQvVtZrO 263/264

さやか『さやか…』

さやか『杏子…』

さやか『きゃー!』

さやか「…」

杏子「おーい、さやかー?」

さやか「…」

杏子「さやか!」

さやか「…ん?」

杏子「いや、ん?じゃなくてさ」

657 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2011/10/25 14:54:48.94 fHQvVtZrO 264/264

杏子「だから料理する時何考えながら作ってんの?」

さやか「杏子のこと」

杏子「えっ」

さやか「えっ」

杏子「私のこと考えながら作ってんの?」

さやか「あ…」

杏子「なんで?」

さやか「あー…いやぁ」

※注記
このスレはこれで落ちてしまいました。別のスレに続きます。

記事をツイートする 記事をはてブする